※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勇魚会 - いさなかい -内検索 / 「www.http://mxxx.pro/xxx/russian-mother-raped-by-son-1.html/isana_kai」で検索した結果

検索 :
  • その他の勇魚会企画
    その他の勇魚会企画 勇魚会では年一度の勇魚会シンポジウムとともに、様々なニーズにあわせた企画、催しを行っています。勇魚会会員の発案によって、企画をたて、発案者とともに勇魚会がそれをサポートする、というものですので、ぜひ企画を勇魚会に持ち込んでください! これまでの勇魚会企画 フォーラム スタン・クジャイさん特別講演会 下記のワークショップにて来日された南ミシシッピ大学のスタン・クジャイ教授をお招きして、フォーラムを開催いたします。直接お話ができるよい機会ですので、平日の開催となりますがぜひお立ち寄りください。発表は英語となりますが、スライドには日本語訳をつける予定です。皆様のご参加をお待ちしております。 開催日時:2008年10月1日(水) 14 00- 場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 幸島研究室                  大岡山西3号館6階611号...
  • 会員のホームページ
    会員のホームページ(リンク集) 勇魚会ホームページのリニューアルに伴い、現在会員のみなさまからのホームページリンクを受け付けております。勇魚会のホームページからリンクをつけてもよい、という方、会員ホームページリンク希望にアクセスして、情報を送信してください。 名前(Name)会員番号 自己紹介(所属、海棲哺乳類とのかかわりなど) ホームページの紹介 氏名 あ か さ た な ま あ 青木かがり(Kagari AOKI)#344 東京大学海洋研究所 特任研究員。データロガー(小型記録計)を用いて、マッコウクジラの潜水行動を調べてます。とくに深い潜水を行なう種の行動や生理に興味を持っています。 動物の行動・周辺環境を調査するプロジェクト(UTBLS)の一部として、マッコウクジラの研究を紹介してます。このHPには、魚類から哺乳類まで、様々な動物を対象と...
  • トップページ
    2012年4月1日より勇魚会HPを以下に移行しました. 勇魚会HP http //isanakai.web.fc2.com/index.html 勇魚会(海棲哺乳類の会)のホームページにようこそ。イルカ、クジラ、アザラシなどの最新情報満載でお届けいたします。 勇魚会事務局・編集局 タイトル写真:ハラジロカマイルカ(Dusky dolphin; Lagenorhynchus obscurus) ○●最新情報●○ 東北地方太平洋沖地震、長野県北部地震で被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。勇魚会として何かできることがございましたらご連絡いただければ幸いです。(勇魚会会長 森阪 匡通) ・勇魚だよりUP致しました 2012-02-11 勇魚だより【号外版】 ・壁紙プレゼント...次回更新をお待ちください。 ・機関紙『勇魚』第54号は7月に発送い...
  • 会長のブログ
    会長のブログができました! 以下のページから見ることができます。 http //isanakai.blog43.fc2.com/ ブログの更新情報 showrss プラグインエラー RSSが見つからないか、接続エラーです。
  • 勇魚会掲示板
    掲示板を作りました! 以下のページから見ることができます。 http //ppp.atbbs.jp/isanakaimember/ 現在(2009年5月19日-6月18日)一ヶ月間の 試用運営中です. 皆様のご意見など,お聞かせください.
  • 事務局員の紹介
    ○勇魚会について ○勇魚会会則 ○入会案内 事務局員の紹介 森阪匡通 (Tadamichi MORISAKA) 会員番号#285.会長.今年からできた京都大学野生動物研究センター所属,日本学術振興会特別研究員(PD).動物,特にイルカ類の音を用いたコミュニケーションやその進化に興味があります.生まれも育ちも大阪. http //www23.atwiki.jp/cetacea 神田幸司 (Koji KANDA) 会員番号#313.副会長.京都大学農学部卒業.名古屋港水族館勤務.興味がある分野は鯨類の生理・生態・進化から動物トレーニングや動物福祉まで,仕事柄多岐にわたります.シャチの飼育・トレーニング・繁殖生理や行動の研究・環境エンリッチメントの実践をしています. 中束明佳 (Sayaka NAKATSUKA) 会員番号#262.副会長・勇魚だより係.東京海洋大...
  • 勇魚執筆要領
    勇魚会機関誌「勇魚」へのご寄稿の手引き (2004年6月30日) サンプルファイル(ワード形式)はこちらISANAsample2008.doc 執筆要領 ご執筆の際には,次のような点にご留意ください. 文体は「です・ます」調,「である」調のどちらでも結構です. 一般の読者のために,なるべく平易な表現をお使いください. 適宜,小見出しをつけてください. ご所属は,本文原稿の氏名の前に記入してください.記載されなくても結構です. 図・写真は,白黒印刷されますので、コントラストが鮮明なものをご用意ください。A4版を越える大きいものは縮小コピーしてご送付ください.また,挿入する場所は,編集委員会にご一任願います.レイアウトにつきましては,編集委員会にご一任ください.また,原稿内での文体や表記の統一をはかるため,原稿の一部を内容に影響がない範囲で修正させていただくことがありますのでご了承く...
  • リンクにつきまして
    リンクおよび著作権につきまして <リンクにつきまして> 勇魚会(海棲哺乳類の会)のホームページをご利用くださいまして、まことにありがとうございます。当ホームページは基本的にリンクフリーです。リンクをされる場合には下記の注意事項をご一読の上ご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。注意事項を遵守いただけない場合は、お断りする場合もございます。 ■リンク場所について リンクは下記のアドレスにお願いいたします。これ以外のアドレスについては、ホームページ上などでの事前の通知なしにアドレスを変更する場合がございます。 勇魚会(海棲哺乳類の会)ホームページ:http //www26.atwiki.jp/isanakai/ ■リンクの方法について 勇魚会(海棲哺乳類の会)のホームページにリンクしていることがわかるようにリンク元には必ず「勇魚会(海棲哺乳類の会)」の名称を明記...
  • リンクについて
    リンクおよび著作権について <リンクについて> 勇魚会(海棲哺乳類の会)のホームページをご利用くださいまして、まことにありがとうございます。当ホームページは基本的にリンクフリーです。しかし、リンクをご希望の方のウェブページの内容や、リンク先によってはお断りする場合もあります。リンクをされる場合には下記の注意事項をご一読の上ご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ■リンク場所について リンクは下記のアドレスにお願いいたします。これ以外のアドレスについては、ホームページ上などでの事前の通知なしにアドレスを変更する場合がございます。 勇魚会(海棲哺乳類の会)ホームページ:http //www26.atwiki.jp/isanakai/ ■リンクの方法について 勇魚会(海棲哺乳類の会)のホームページにリンクしていることがわかるように以下の点にご留意ください。勇魚会...
  • 編集委員の紹介
    編集委員の紹介 笠松雅彦 (Masahiko KASAMATSU) 会員番号#208,鳥羽水族館の獣医師.2006年より機関紙「勇魚」の編集長に就いております.なんとなく過ごすのが苦手な性分から,色々なことに興味をもち,なんとなくやっていても面白くないし,成功しないという信念から,根拠に基づく○○をしようと心がけています.よって、獣医業だけでなく,研究にも大変興味があります.私にも当てはまりますが,ホームページ以外の文字を読む機会が減っているように思います.面白い「勇魚」を作っていけば,海洋動物を知りたいときのツールとして「勇魚」を手にとってもらえるはず,と信じてコツコツ勇魚づくりをしています. 篠原正典 (Masanori SHINOHARA) 会員番号#152.帝京科学大学環境科学科講師.赤松編集長の時代に編集委員に誘っていただいて以来の古株の編集委員です.小型鯨類の行動や...
  • 2009年度勇魚会シンポジウム
    2009年度勇魚会シンポジウムは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。 2009年度シンポジウムアンケート結果 2010年3月21日(日)、22日(月・祝) 静岡県清水区 東海大学海洋学部 アクセスマップ 東海大学 海洋学部HP 大きな地図で見る 各種〆切 〆切日 残り 研究発表申込 2月20日(金) 締め切りました 宿泊申込 2月20日(土) 締め切りました 発表演題・氏名・要旨提出 2月28日(日) 締め切りました 写真展出品 3月5日(金) 締め切りました 展示ブース申込 3月15日(月) 締め切りました 参加(宿泊なし) 3月15日(月) 当日参加でお越しください 懇親会 3月15日(月) 締め切りました シンポ弁当申込 3月10日(水) 締め切りました お知らせとお願い 1. 事前参加申込は締め切りました。会場に余裕がございますので、当...
  • 2010年度勇魚会シンポジウム
    2010年度勇魚会シンポジムは無事終了いたしました。 シンポジウム報告(pdf形式) シンポジウムアンケート結果(Excel形式) 2011年2月11日(金・祝) 東京大学 駒場Iキャンパス 18号館 1階ホール アクセスマップ 東京大学駒場キャンパスHP 主催: 勇魚会(海棲哺乳類の会) 後援: 東京大学教養学部附属教養教育高度化機構生命科学高度化部門&東京大学生命科学ネットワーク 各種〆切 〆切日 残り 事前参加申込(発表なし) 1月27日(木) 日 事前懇親会申込 1月27日(木) 日 研究発表(要旨含)・写真展申込 1月27日(木) 日 参加・懇親会申込(事前申込後) 1月27日(木)以降先着順 お早めに! 事前申込は1月27日で締切ましたが、会場の定員に余裕がございますので、参加希望の方は事務局まで連絡ください!懇親会も若干名...
  • 勇魚シンポ・フォーラムアンケート
    勇魚会シンポジウム・フォーラム開催に関するアンケート 本年度もぜひ勇魚会シンポジウムを開きたいと思っております。現在事務局では、シンポジウムについて、日程、場所、テーマその他を選定中です。今回はインターネット、メールを用いて、みなさまからのアイデアなども併せて募集したいと思います。こんなシンポジウムがよいのでは?こんなことしてみたい。などございましたら、 http //www.formpro.jp/form.php?fid=33818 にアクセスしていただき、ご記入ください。「私(の施設)がホストを務めるので、こんなことを勇魚会とやってみたい!」というホスト制の提案も大歓迎です。これらの結果を踏まえ、最終的には事務局で決定を行います。 また、シンポジウムよりも規模は小さく、特定の事柄について深く掘り下げるなど、特定の目的をもった「フォーラム」なども行いたいと思います。会員の...
  • 勇魚34号
    「勇魚」第34号(2001年6月25日発行) 特集:水族館と研究 さぁ,水族館で研究しよう!(志村 博) 水族館での研究(駒場 昌幸) 水族館で研究すること(村山 司) 水族館で研究を"させていただく"前に−イルカ研究を志す学生さんへ−(吉岡 基) 連載 マスメディアと海獣類 「生きもの地球紀行」の現場から(片桐 あずさ) 勇魚会シンポジウム「クジラとヒト-その多様な関係-」 はじめに(勇魚会事務局) 総説 ドルフィン・アシステッド・セラピー -イルカとヒトの特別な関係-(出口 宝) クジラとヒトの関係における言説と体験ー人類学の立場から Anthropological perspective on human-whale relationships - discourse and experience(秋道 智彌) パネルディスカッショ...
  • 登録情報を変更したい
    ■会員の登録情報を変更したい■ 会員の登録情報(住所、メールアドレス、所属等)を変更される場合は勇魚会事務局にご連絡ください。 1.メールフォームから 2.電子メールから 3.郵送またはファックスから 1.メールフォームから (1)勇魚会事務局・名簿係メールフォームに、変更点のみを記入してください。 (2)入力が終わったら「確認」ボタンを押してください。 (3)変更内容確認ページで内容を確認後「送信」ボタンを押していただくと完了です。         ↓ こちらから ↓  ▽勇魚会事務局・名簿係メールフォーム▽   *氏名、メールアドレスは必ずご記入ください。 2.電子メールから (1)下記のメールフォーマットを用いて、変更項目のみご記入ください。 (2)勇魚会事務局【isanaoffice"atmark"gmail.com】まで...
  • 各種お問い合わせ
    勇魚会事務局(名簿係・会計係・勇魚だより係など)・編集局(機関紙『勇魚』)へのご意見・ご質問・情報等の各種お問い合わせは以下のメールフォームまたは電子メールにてお送りください。 ▽ 勇魚会事務局 ▽ 勇魚会事務局メールフォーム        または E-mail isanaoffice"atmark"gmail.com     (↑迷惑メール防止のため@を"atmark"と表記しています) 本ホームページに関するお問い合わせもこちらへどうぞ。 ▽ 機関紙『勇魚』編集局 ▽ 機関紙『勇魚』編集局メールフォーム ■返信まで、少し時間がかかることもございますのでご了承ください■
  • お役立ちサイト
    海棲哺乳類の研究や情報収集に役立つサイトを集めてみました。これらのサイトは管理者が独自に集めたもので、それぞれのサイトからの許可は受けておりませんのでご了承下さい。 海棲哺乳類に関わる学術団体 海外 The Society for Marine Mammalogy 海棲哺乳類学会。2年に一度開催される学会大会はまるでお祭りのよう。Marine Mammal Scienceという海棲哺乳類の研究を集めた学術雑誌を年4回発刊している。 European Association for Aquatic Mammals ヨーロッパの海棲哺乳類学会。こちらは一年に一度の学会大会(EAAM)がある。こちらもAquatic Mammalsという海棲哺乳類の研究を集めた学術雑誌を年4回発刊している。 European Cetacean Society こちらもヨーロッパの海棲哺乳類...
  • 入会案内
    ○勇魚会について ○事務局員の紹介 ○勇魚会会則 入会案内 会の趣旨にご賛同いただき,入会を希望される方は,お手数ではございますが,入会申し込み用紙をダウンロードして必要事項をご記入の上,下記までメール,Fax,あるいは郵便にて送ってください.また,会費4000円を郵便振替にてお納めくださいますようお願い申し上げます. 入会申し込み用紙(Word) 入会申し込み用紙(PDF) 入会された方には年に二回,機関誌「勇魚」を郵送するほか,ニュースレター「勇魚だより」を配信します.また,勇魚会主催のシンポジウムなどの参加費が割引になることがあります. 送付先 勇魚会事務局・名簿係 〒606-8203 京都市左京区田中関田町2-24 京都大学野生動物研究 センター気付 勇魚会事務局 Tel 075-771-4399 Fax 075-771-43...
  • 本紹介
    このページは様々な海棲哺乳類に関わる本を紹介するページです。これらの情報に関しては、記入者の独断ですので、勇魚会とは全く関係がありません。 Rational Animals?(Hurley S Nudds M (eds), Oxford Univ Press, 2006) オルカをめぐる冒険(水口博也著、徳間書店、2007年) Last modified 2008-09-11 Rational Animals?(Hurley S Nudds M (eds), Oxford Univ Press, 2006) Rational Animals? 「理性的な(合理的な)動物?」・・・近年、動物の認知心理学の分野では、いわゆる「社会的知性(social intelligence); 社会のなかでうまくやっていくことのできる能力、知性」についての研究がさかん...
  • 2008年度シンポジウム
     2008年度の勇魚会シンポジウムは無事、終了いたしました。お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました。 2008年度シンポアンケート結果  2008年度の勇魚会のシンポジウムは、東京海洋大学楽水会館にて、2009年3/7(土)-8(日)に開催いたします。今年は「海棲哺乳類の歩んできた道」と題し、海棲哺乳類の進化について、様々な側面から研究されている方々にお越しいただき、お話をしていただきます。また、特別講演として、北村正一先生にハズバンダリートレーニングの歴史や進歩のお話を、また、東京海洋大の加藤秀弘教授に鯨類研究の歴史や発展といったお話をしていただきます。なお、一日目には、一般の口頭発表も行います。  今年も写真展を開催し、会場を彩る予定です。さらに今年も茶話会を開催いたします。勇魚会の現状を知り、今後について重要なお話をさせていただきますので、勇魚会会員の...
  • 松島町公民館への行き方
    松島町公民館への行き方 仙台駅から松島町公民館への行き方を案内いたします。 行程① JR仙台駅 JR仙石線 (高城町駅行き) →JR松島海岸駅下車 →松島海岸駅前よりー連絡バスに乗り換え1駅ー高城町駅下車 →正面建物が中央公民館 ◎松島海岸駅前バス時刻表↓↓↓↓↓ http //www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/topics_news/Pdf/2011_07/0716bus-ih4-time.pdf 行程② JR仙台駅 JR仙石線 (高城町駅行き) →JR高城町駅下車(終点) →徒歩10分ほどで中央公民館に到着 ◎JR東北本線 松島駅から会場までは、徒歩で20-30分ほどかかかりますので、お間違えのないようお気をつけください より大きな地図で 2011年度勇魚会シンポジウム を表示
  • 勇魚だより
    事務局からのお知らせ、学会・シンポジウム・イベント・新刊情報、その他海棲哺乳類に関する情報をお届けしています。   【定期版】 毎月20日発行予定      *発行が遅れることがございますがご了承ください。   【号外版】 不定期     *お伝えしたい情報があるときにお送りしています。 new! 2012-02-11 勇魚だより【号外版】 2012-01-20 勇魚だより【定期版】 ▽勇魚だより係への情報・投稿お待ちしております▽    ・勇魚会事務局メールフォーム    ・E-mail isanaoffice"atmark"gmail.com     (↑迷惑メール防止のため@を"atmark"と表記しています) 勇魚だよりバックナンバー 《会員のみ閲覧可》 2011-12-30 勇魚だより【号外版...
  • 事務局からのお知らせ
    事務局からのお知らせ 2009-10-28 2009年度勇魚会シンポジウムについて 2009-10-28 勇魚会次期会長(2010-2011年度)立候補者の受付について 2009-05-16 勇魚会事務局E-mailアドレスの変更について 2009-05-15 新事務局員のお知らせ 2009-01-30 勇魚および勇魚だより発行 2008-06-25 勇魚シンポ&フォーラムアンケート 2008-06-24 助成金情報の追加 2008-04-01 新事務局発足 2009-10-28 2009年度勇魚会シンポジウムについて 勇魚会事務局では、本年度の勇魚会シンポジウムの開催を企画いたしております。来年2010年は勇魚会創立30周年の年にあたりますので、これを機に勇魚会の歴史を振り返り、今後の勇魚会の方針をみなさまとともに考えられればと思い、勇魚会創設者の白神悟志氏をはじめ、会長経...
  • 退会手続き
    退会手続き  今まで勇魚会をご愛顧いただきましてありがとうございました。またのご入会をお待ちしております。退会をご希望される方は,フォームへアクセスの上お送りいただくか,退会届をダウンロードして必要事項をご記入の上,下記までメール,あるいは郵便にて送ってください. 退会届フォーム こちらから送信できます. ダウンロード用 退会届(Word) 退会届(PDF) 送付先 勇魚会事務局 名簿係 〒606-8203 京都市左京区田中関田町2-24日本学生支援機構内3F 京都大学野生動物研究センター気付勇魚会事務局 Tel 075-753-9530 Fax 075-771-4394 Email isanaoffice"atmark"gmail.com(←迷惑メール防止のため@を"atmark"と表記して...
  • 論文・本を探す
    論文・本を探す 学術論文を探す方法を集めてみました。 論文の探し方は、まず、自分の探したい論文を、下記「学術論文などの検索」に挙げた検索サービスを用いて調べます。調べ方は各サイトで異なりますが、キーワード検索を使って調べます。これにより、論文のタイトルと、収録雑誌、巻号、ページの情報がわかりますので、これをもとに、Webcat plusなどを用いて、その雑誌がどこにあるのかを検索します。ここでは無料のサイトを掲載しましたが、他に様々な有料サービスもあります。 大学や研究機関で論文・本を探す 各大学や研究機関の図書館のホームページなどに様々な検索サービスがありますので、そちらをご覧下さい。 学外、研究機関外で論文・本を探す 無料で利用できる様々な論文検索サービスがあります。ただし論文自体を閲覧できるものは限られています。 学術論文などの検索 どの雑誌・本にどんな論...
  • 勇魚43号
    「勇魚」第43号(2005年12月25日発行) #ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (ISANA43.JPG) 特集1 知床  特集「知床」      明田 佳奈  世界遺産知床におけるトドの来遊状況と今後の課題 石名坂 豪  知床半島周辺の鯨類 宇仁 義和  知床の海鳥     福田 佳弘 特集2 プレゼンテーションのコツ  プレゼンは気合いだ 佐藤 克文  プレゼンテーションはエンターテイメントであるべき 小木 万布  英語でプレゼン体験記・・・怖いのは質疑応答 渡辺 佑基 新編集委員長の挨拶  笠松 雅彦 博士論文紹介  ハクジラ亜目の発する音のデザイン 森阪 匡通 修士論文紹介  マッコウクジ...
  • 勇魚36号
    「勇魚」第36号(2002年6月25日発行) 特集 飼育下での鯨類の繁殖 はじめに(笠松 雅彦) 最近の鯨類の飼育下繁殖に関する話題から(吉岡  基) 飼育下における鯨類の繁殖 (宮原 弘和,植田 啓一) 水族館でのバンドウイルカの繁殖(遠藤 智子) イロワケイルカの繁殖(神宮 潤一,中田 朋孝) 資料〜最近の飼育下での鯨類繁殖事例〜 (勇魚編集委員会) 勇魚会シンポジウム「クジラと科学技術−鯨類研究最前線−」 自律型海中ロボットによるザトウクジラの認識と追跡 (浦 環) 水生哺乳動物と中・深層生物(内藤 靖彦) マイクを背負ったスナメリ(赤松 友成) 総合討論                      勇魚会シンポジウムに参加して(渡辺 寛子) シンポジウムに参加して(山本 智) 連載 マスメディアと海獣類 クジラを忘れてみよう(木元 俊...
  • 勇魚24号
    「勇魚」第24号(1996年6月25日発行) 特集:海牛類 特集を読む前に 日本から発見されている海牛類の化石について(大澤進) The West Indian Manatee in Florida(C. Marshall) マナティフロリダ紀行(絵本)(岩田雅光) よみうりランドのマナティ,マミーと京生(中村良一) 沖縄のジュゴン(平手康市) 鳥羽水族館におけるジュゴンの飼育(若井嘉人) マーメイドシンポジウム参加レポート 「ジュゴンに関する国際シンポジウム」に参加して(高倉ひろか) マーメイドシンポジウムに出席して(岩崎俊秀) ステラーカイギュウ:人間が犯した罪の物語(レイノルズⅢ,吉岡基(訳)) ヨウスコウカワイルカの音響生態調査雑感(赤松友成) フロリダ学会に参加して(篠原正典) はじめての海外の学会発表(森恭一) シンポジウム「日本のザトウ...
  • バックナンバー販売
    バックナンバーの販売について 「勇魚」のバックナンバーは、有料で配布しております。みなさまに、過去の「勇魚」を、もっと気軽に知っていただこうと、3年以上前のものを値下げいたしました。但し、2年以内の勇魚は、1冊で2000円です。2冊で勇魚会年会費と同じなので、最新情報の入手には、ニュースレター「勇魚だより」も配布される会員になったほうがお得です。 以下、最新号が100号の場合の例 最新号を含む、最近2年分の4冊 1冊 2000円  例:100,99,98,97号が該当 3年〜5年前までの3年分の6冊 1冊 1000円  例:96,95,94,93,92,91号が該当 上記以前 1冊  500円  例:90号以前 ※いずれも、送料込み。 ※1−18, 20、30号は、在庫がありません  19,21,23,25,27-29,31,32,35,...
  • 勇魚21号
    勇魚」第21号(1994年12月25日発行) 特集:海産哺乳動物関連団体 はじめに アイサーチ・ジャパン I.C.E.R.C Japan(大下英和) ORCALAB SUPPORT SOCIETY(OSS)(四ッ谷隆文) DLコミュニケーションズ〜人とイルカの明日を考える〜(尾上聡) 西日本鯨研究会の紹介(白木原美紀) 日本アシカ研究会の紹介(伊藤徹魯) 日本海セトロジー研究グループ(佐野修) ホエルコの足跡(元吉勝美) 海産哺乳動物学の分野で職業を得るためには(吉岡基,森恭一共訳)  −Strategies for Pursuing a Career in Marine Mammal Science− 続・静岡と鯨類 〜鯆地蔵見聞録〜(前島依子,森恭一) 「勇魚」総目次 創刊号-第20号 最近の海産哺乳動物に関する研究発表から 獣医学会,家畜繁...
  • 勇魚44号
    「勇魚」第44号(2006年6月25日発行) 特集 海棲哺乳類観察の知られざる足場 海棲哺乳類観察の知られざる足場 篠原正典 さいはての海獣 和田昭彦 知床・根室海峡海域での遠隔ホエールウォッチング 佐藤晴子 襟裳岬での海獣ウォッチング 石川慎也 カマイルカにイシイルカ 青森ー函館の津軽海峡横断フェリー 柴田泰宙 青森県陸奥湾横断フェリー「かもしか」に乗って,ホタテの海に跳ね踊るイルカを見に行こう! 玉置さやか 太平洋航路(関東〜北海道)から見る鯨類 林与志弘 外房のスナメリ サーファーの友達,釣師の敵 林与志弘 伊豆諸島航路から見る鯨類 林与志弘 "小笠原流"定期航路の楽しみ方 森恭一 大阪湾のスナメリ カーフェリー南海淡路ライン 神田育子 北九州のスナメリ 林与志弘 魅惑の錦江湾(鹿児島湾) 久保信隆 勇魚会シンポジウム 「卒・修・博論・研究計画発表大会」...
  • 壁紙カレンダーダウンロードサイト
    2011年11月-12月壁紙できました! イシイルカ(リクゼンイルカ型) Phocoenoides dalli truei-type 撮影場所:岩手県上閉伊郡大槌町・大槌湾沖 撮影者:森阪 匡通 以下よりダウンロードしてください。 数字は画面の解像度を表します。 1400*1050 (4 3; 他に800*600, 1024*768, 1400*1050もこちら)(標準) 1440*900 (8 5; 他に1280*800, 1680*1050もこちら)(ワイド) 1280*1024 (5 4) 1280*768 (5 3; 他に1024*600,1920*1152もこちら) 1366*768 [Windowsダウンロード・設定方法] 1)ダウンロードしたい壁紙を表示し、画像の上で右クリック。 2)表示されたメニューの中から「壁紙(背景)に...
  • 勇魚14号
    「勇魚」第14号:1991年6月25日発行 特集1:クジラの仕事 流し網への混獲を防ぐ(赤松友成) シャチと踊る(田原隆子) 鯨のお医者さん (大池辰也) 特集2:クジラとイルカに関するアンケート調査(若林郁夫) 第3回国際海洋生物研究所研究集会レポート(吉岡基),IBIの国際シンポジウムに参加して(吉田英可) 最近の海産哺乳動物に関する研究発表から クジラ事件2題 横浜港に漂着したマッコウクジラについて(藤瀬良弘) サラワクイルカ調査(天野雅男) 文献紹介 IWC Special Issue Series(吉岡基) セタシア・ニュース,インフォメーション,勇魚会・新入会員名簿 表紙:田口淳子
  • 勇魚47号
    「勇魚」第47号(2007年12月25日発行) 特集 ストランディング個体を用いた研究ーできる研究,したい研究ー 特集にあたって 勇魚編集委員会 ストランディング個体を用いた研究の可能性を考える 田島木綿子 アザラシ類,特にゼニガタアザラシを例として 小林由美 根室・納沙布岬の定置網で混獲されたアザラシは,20年前と何がどのように変わったか? 小林万里 長崎県大村湾にストランディングしたスナメリの胃内容物解析 鈴木夕紀 スナメリの有機スズ化合物汚染 松平知帆 日本近海におけるネズミイルカの遺伝子解析ー北太平洋東西海域間における遺伝的交流の可能性ー 田口美緖子 連載 「イルカトレーニングの世界」 イルカトレーニングの世界III〜オペラント条件づけ〜 志村博 博士論文紹介 ミナミハンドウイルカの社会行動に関する研究 酒井麻衣 学会参加報告 SWTAC N...
  • 勇魚28号
    「勇魚」第28号(1998年6月25日発行) 特別寄稿 イルカリンパ球の分子生物学的研究(白井活光) 鯨類の分類と種と個体群の現状−国際自然保護連盟(IUCN)鯨類保護のための活動計画 1994-1998より−(三重大イルカゼミ訳) 現生鯨類の分類 種と個体群の現状, モナコ世界海棲哺乳類学会 はじめに(編集委員会) 海産哺乳類学会 in モナコ(大谷誠司) World Marine Mammal Science Conference in Monaco(鈴木美和) 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム 「わが国の鯨類研究における最近の動向と今後の展開」(吉岡基) 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウムに参加して(高山麻砂美) 東大海洋研シンポジウムに参加して(井上顕) シンポジウムに参加して思ったこと(明田佳奈) 最近の海棲哺乳類に関する研...
  • 最新ニュース
    海棲哺乳類の最新ニュース Yahoo!Japanで掲載されている、海棲哺乳類関係の最新ニュースを自動で配信しています。 showrss プラグインエラー RSSが見つからないか、接続エラーです。
  • 編集長より
    ごあいさつ 「勇魚」編集委員長 笠松 雅彦  本号より,前赤松編集委員長の任期満了に伴い編集委員長が交代になりました.新しく編集委員長を務めさせて頂くことになりました笠松がご挨拶させて頂きます.「勇魚会」の会長,機関紙「勇魚」の編集委員長といえば,自己紹介の全く必要の無い方々がこれまで務められてきたように思いますが,私の場合はそうはいかないでしょう.まず簡単に自己紹介させて頂きます.  私は,今年4月より鳥羽水族館の獣医師として勤務しております.それまでは北海道にある酪農学園大学にて獣医学を学び,その後同大学獣医学研究科博士課程へ進学し,そして学位を取得しました.学部および研究科においては,いくつかの水族館にご協力頂きながら,海棲哺乳類の栄養学や血液学,特に炎症に関連する血清タンパク質の解析などを行ってきました.鳥羽水族館へ入社する直前までは,飛行型質量分析装置を用いたプロテ...
  • 勇魚15号
    「勇魚」第15号:1991年12月25日発行 特集:オルカ! 特別寄稿“Message from Dr. Paul Spong”,Orca Facts(木村信生) 研究はいま・・・:シャチにおけるひじょうに反復の多い1,579bpのDNA構成要素の特性(木村信生) 尿中ホルモンによるシャチの発情周期の推定と妊娠中のホルモン動態(吉岡基) アイスランド及びノルウェーのシャチの鳴音分析(村山司) オルカラボの研究とメッセージ(四ッ谷隆文) 勇魚会・知多会合開催さる ショートノート,知多会合に参加して -1(川崎奈美) 同-2(田中惠理) 同-3(中原史生) モスクワシンポジウムだより シンポジウム at モスクワ(村山司) アフターシンポジウム(赤松友成) キプロス紀行(岡本一宏) セタシア・ニュース,インフォメーション,勇魚会会員...
  • 勇魚33号
    「勇魚」第33号(2000年12月25日発行) 特集:海獣類の落とし物 キタオットセイの落とし物(米崎 史郎) 海牛類の落とし物(明田 佳奈) イルカの落とし物ーハンドウイルカのフンをめぐる迷想(篠原 正典) ザトウクジラの落とし物(山口真名美) 研究室紹介 海獣類の (が) 落し物-国立科学博物館動物研究部の海棲哺乳類調査の巻-(田島木綿子) 博士・修士論文紹介 博士論文 DNA多型によるコビレゴンドウ(Globicephala macrorhynchus)の群構造の解析に関する研究(景 崇洋) 修士論文 日本近海に生息するミンククジラの摂餌履歴をヒゲ板から推定する(三谷 曜子) イシイルカの回遊と生活史(仲松  謙) 日本近海に生息するイシイルカ(Phocoenoides dalli)における有機塩素化合物の汚染とその蓄積特性(梶原 夏子) ...
  • 勇魚4号
    「勇魚」第4号:1986年4月21日発行 鯨と潜水艦と新婚さん(笠松不二男) 「太平洋のトンガでのお話−イルカ」(Jean Tufui著,岡本一宏訳),訳にあたって(岡本一宏) 西部北太平洋のアラリイルカ(Stenella attenuata)の頭骨および舌骨の形態に関する研究(山崎万記子)
  • 勇魚22号
    「勇魚」第22号(1995年6月25日発行) 特集:シンポジウム「鯨類学入門」 はじめに(事務局) 特別講演:「鯨類の生活史」(粕谷俊雄) 一般講演−1:分類(天野雅男) 一般講演−2:繁殖(吉岡基) 一般講演−3:感覚(赤松友成) 一般講演−4:知能(村山司) 一般講演−5:イルカの飼育(松崎健三) ポスター発表:小笠原の鯨類(森恭一,佐藤文彦,山口真名美) シンポジウム「鯨類学入門」に参加して(志村博) シンポジウム「鯨類学入門」に参加して(武岡英雄) シンポジウム「鯨類学入門」に参加して(栗山夏実) 米国生活と海獣類 My Last Five Years(Tomoharu EGUCHI) アメリカの海洋哺乳類研究あれやこれや(千葉早苗) エコトキシコロジーと海獣類(青木美香) 電子メールで海獣類の情報を!(吉岡基) 日韓カワウソシンポジ...
  • メニュー
    トップページ 海棲哺乳類の情報最新ニュース テレビ番組 本紹介 論文・本を探す お役立ちサイト 勇魚会掲示板 new!11-12月用up壁紙プレゼント 会員限定最新の学術論文 海棲哺乳類写真 関連学会等の情報 勇魚会シンポジウム 2011年度シンポ +過去のシンポジウム 2010年度シンポ 2009年度シンポ 2008年度シンポ その他の勇魚会企画 +勇魚会について 勇魚会について 事務局員の紹介 勇魚会会則 +機関誌「勇魚」 機関誌「勇魚」 編集委員の紹介 編集長より バックナンバー +会長のブログ 最近のエントリー showrss プラグインエラー RSSが見つからないか、接続エラーです。 +会員のホームページ リンクにつきまして 会員のホームページ 入会案内 会員の皆様へ 事務局からのお知ら...
  • 機関誌「勇魚」
    機関誌「勇魚」 勇魚会では,年に2回,機関誌「勇魚」(ISSN 1347-6378)を発行しております.海棲哺乳類についての情報が満載です.・編集長より・編集委員の紹介・投稿規定はこちら・転載許可について・バックナンバー・バックナンバー販売 55号以降 54〜51号 50号~41号 40~31号 30~21号 20~11号 10号~創刊号 旧HPはこちらをどうぞ
  • 勇魚51号
    「勇魚」第51号(2009年12月25日発行) 特集1 個体識別 ザトウクジラの個体識別事始め 森恭一 ゼニガタアザラシ Phoca vitulina stejnegeri の個体識別 川島美生 尾びれが「顔」のマッコウクジラ 佐藤晴香 東京都御蔵島におけるミナミハンドウイルカの個体識別 高縄奈々 トドの個体識別 磯野岳臣 アマゾンマナティーの個体識別方法 菊池夢美 くーちゃんを追え!―ラッコの個体識別― 服部薫 海棲哺乳類の個体識別について 塚田仁次 ドルフィン・ウォッチングのススメ~個体識別は飼育の基本~ 久保信隆 特集 2 いまさら聞けない海棲哺乳類の素朴な疑問に答えます! Part 2 ファインディングニモで,ニモのお父さんがクジラに吸い込まれて,噴気孔から出てくるシーンがあったが,それは実際に可能なのか? 大池辰也 なぜイルカの赤ちゃんは闇夜の大海でも...
  • 勇魚13号
    「勇魚」第13号:1990年12月25日発行 10周年記念特集 あなたにとって「クジラ」とは クジラへの旅 ホニアラのイルカ(志村悦子) “Whale Watching in Alaska”(佐々木昭子) 小笠原のホエールウォッチング(森恭一) ザトウクジラだより・沖縄編(島田裕之) IWC 90年総会こぼれ話(舟橋直子) ゼニガタアザラシの棲む岬で(石川慎也) 最近の海産哺乳動物の研究発表から セタシア・ニュース,インフォメーション,勇魚会会員名簿1991年版(別冊) 題字・表紙:若林郁夫
  • テレビ番組
    海棲哺乳類関係のテレビ番組 現在、Infoseekのサービス停止により、テレビ番組情報が入らなくなっています。他のを探しますので今しばらくお待ちください。 海棲哺乳類に関係するテレビ番組を自動で集めています。 キーワードはイルカ・クジラ・シャチ・イッカク・アザラシ・アシカ・アザラシ・セイウチ・ジュゴン・マナティ・ラッコ・ホッキョクグマで探しています。時々関係ないもの(例えば、歌手のイルカさんとか。。。)が含まれていますがご容赦ください。 showrss プラグインエラー RSSが見つからないか、接続エラーです。
  • 右メニュー
    ●会員ログイン● 勇魚会事務局 〒606-8203 京都市左京区田中関田町2-24 3階 京都大学野生動物研究センター気付 勇魚会事務局 Tel 075-771-4399 Fax 075-771-4394 Welcome! today/all(~070216) - / - Archive 07/02/16-10/5/25 31050 更新履歴 取得中です。 メニュー 右メニュー @ウィキ ガイド @wiki 便利ツール @wiki
  • 勇魚45号
    「勇魚」第45号(2006年12月25日発行) 特集1 海棲哺乳類の遺伝子を探る  鯨類のY染色体を探る−性決定遺伝子と父系からみた鯨類の系統関係−   西田 伸  DNAから推定できる種判定,個体識別と親子判定   角田 恒雄  保全遺伝学の古くて新しいアプローチ−鯨類のMHC解析−   曾根 恵海  鯨類における後肢形成遺伝子Tbx4の解析   遠部 香里  遺伝子の窓から視覚を探る   岸田 拓士  ラッコの遺伝子をさぐる 集団遺伝解析と性判別   服部 薫 特集2 海棲哺乳類学を志す人の海外留学  海の外へと続く橋   三谷 曜子  留学の音   白木 里香  私の海外留学   鈴木 栄里  私の海外留学   平野 貴美子  私の大学,大学院留学   熊谷 佐枝子  イギリスでのポスドク生活体験記   高橋 晃周  不惑間近の海外留学   森...
  • 勇魚会について
    ○事務局員の紹介 ○勇魚会会則 ○入会案内 勇魚会について 発足 1981年(機関誌第1号発行:1981年10月6日) 海棲哺乳類,およびそれらの研究機関についての情報交換の場として,クジラ・イルカ好きの学生数名によって発足 目的 海棲哺乳類に関心のある人々,または関係機関などと相互の連絡を図りながら,海棲哺乳類に関する研究の発表や技術知識の交換をすることによって,知識を共有すること,及び研究活動を育成・発展させることを目的とする. 会長 森阪匡通(京都大学) 副会長 神田幸司(名古屋港水族館) 中束明佳(東京海洋大学) 事務局 〒606-8203 京都市左京区田中関田町2-24 日本学生支援機構内3F 京都大学 野生動物研究センター気付 勇魚会事務局 Tel 075-753-9530; Fax 075-771-4394 会員...
  • '08勇魚シンポアンケート
    2008年度勇魚会シンポジウムアンケート すべてのアンケートの集計とわかりやすい図表をエクセル形式でまとめてありますので、よろしければ以下をダウンロードしてください。 アンケートすべてのデータと図表(Excel  60KB) 参加者総数 124名 (うち会員63名、非会員61名) アンケート回答者数 62名(うち会員23名、非会員39名) 【職業】 1) 大学生 18人、2) 水族館関係 14人、3) 社会人 9人、4) 研究職 8人、5) 大学院生 5人、5) 専門学校生 5人、7) 専門学校職員 2人、8) その他 2人 【参加エリア】 1) 関東甲信越 40人、2) 東海 8人、2) 近畿 8人、4) 東北 2人、5) 北海道、中国、九州、中華人民共和国 それぞれ1人 【シンポを知った媒体】 1) 知人の紹介 20人、2) 勇魚だより 19人、...
  • @wiki全体から「www.http://mxxx.pro/xxx/russian-mother-raped-by-son-1.html/isana_kai」で調べる

更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 | wiki内検索

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。