勇魚26号

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「勇魚」第26号(1997年6月25日発行)


特集1:海産哺乳類のDNA研究

はじめに
DNAからみた海生哺乳類の系統進化(小澤智生,木村敏之,林誠司,林宏則)
DNA解析にもとづく鯨類の地域個体群の判別(吉田英可)
鯨類のゲノムDNAの解析手法(景崇洋)
鰭脚類と分子集団遺伝学(佐々木裕之)

特集2:勇魚会・箱根シンポジウム

はじめに(勇魚会事務局)
フィールドワークのいま−ツーリズムとの関わりから(水口博也)
西九州沿岸海域でスナメリの生態を調べました(白木原美紀)
続・北海道の春−ネズミイルカの酸素消費実験(大谷誠司)
ハンドウイルカの“同性愛”行動(篠原正典)
ストランディングを見つけたら・・・漂着,迷入,混獲の場合(石川創)
鯨類の分布調査−ボランティアベースによる情報収集の試み−(森恭一)
箱根シンポを終えて−シンポジウムができるまで−(峯岸素子)

ECSに参加して(中村耕司)


最近の海産哺乳類に関する研究発表から

水産学会,獣医学会

インフォメーション



表紙:河合晴義,表紙デザイン:小松徹,題字:佐藤晴子
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。