勇魚25号

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「勇魚」第25号(1996年12月25日発行)


特集:イルカ・クジラの研究フィールド

はじめに
国立科学博物館でイルカの解剖学に取り組む(伊藤春香)
母島イルカ探検記(河演)
南知多ビーチランドにおける鯨類のストランディングの対応について(駒場昌幸,大池辰也)
北海道の春−ネズミイルカの行動と鳴音の研究−(中村耕司)
太地イルカ追い込み漁業での試料採取と練習船「勢水丸」による鯨類目視調査(吉岡基)


日本鯨類研究所で開発されたバイオプシーシステムとその応用(川崎真弘,松岡耕二,西脇茂利)
モルディブ訪問記(大池辰也)
メーリングリスト“イルカグループ”のその後(吉岡基)
「勇魚」版海産哺乳類書籍目録(「勇魚」編集委員会(編))


最近の海産哺乳類に関する研究発表から

獣医学会,繁殖生物学会,水産学会,哺乳類学会,動物行動学会,極域生物シンポジウム

インフォメーション



表紙:河合晴義,表紙デザイン:小松徹,題字:佐藤晴子
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。