勇魚11号

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「勇魚」第11号:1989年11月26日発行


勇魚会・東京ミニシンポジウム・プロシーディング

はじめに(吉岡基)
自然標識を用いた鯨類の研究と日本での現状(森恭一)
日本海ーオホーツク海系イシイルカの回遊と繁殖(天野雅男)
北太平洋およびその周辺海域におけるイシイルカの寄生虫相(倉持利明)
小型歯鯨類のアイソザイムとミトコンドリアDNAによる集団遺伝学(志村悦子)
ヒゲ鯨耳骨の形態学的研究(天羽綾郁)
鴨川シーワールドでの実習を終えて(木村信生)
イルカの人工繁殖の可能性(吉岡基)
イルカ類の視覚能力について(村山司)
鯨類の音声コミュニケーション(島田裕之)
討論会レポート・討論会「私の捕鯨感」(光明義文)
東京ミニシンポジウムに参加して(青木美香)
“勇魚会ミニシンポ”に参加して(赤川泉)
勇魚会シンポジウムに参加して(岩崎俊秀)

水棲哺乳類専門学会誌“Marine Mammal Science”紹介(村山司)


シンポジウム「鯨類の資源研究と管理」参加報告(吉岡基)


最近の海産哺乳動物の研究発表から

解剖学会,獣医学会,水産学会,寄生虫学会より

セタシア・ニュース,インフォメーション&編集後記,会員名簿



題字,表紙:佐藤晴子
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。