※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「part4嫌傑集後半」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

part4嫌傑集後半 - (2006/09/28 (木) 23:37:47) のソース

*part4嫌傑集後半 

**英雄部隊 
520 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/02 23:51 

圧倒的な力を持つ魔王軍の前に追いつめられた国王軍。 
そこに突如現れた戦争英雄とその指揮下の部隊。 
彼らは死を恐れず、途切れがちな補給をものともせずに戦い、崩れかけた戦線を建て直す。 
感激した国王軍上層部は、英雄の部隊を視察し、その強さの秘密を知る。 

英雄の部隊は、ある種の精神疾患者を集め、それをさらに追い詰めて調教し、 
死の意味を理解せず、肉体の限界を超えた力を奮い、 
倒した敵や戦友の屍肉を喰らうようにした狂気の部隊だった…

**魔界帰還兵 
545 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/06 11:49 

魔王軍の一大反攻により、王国軍は各地で撤退を余儀なくされていた。 
敗残兵「まだ、おまえらは戦争を続けるのか」 
勇者「畜生!」 
敗残兵「戦争を長引かせるのはやめろ!」 
勇者「くっそったれ、俺たちは負け犬じゃない!」 
敗残兵「やめろ!!」

547 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/07 20:18 

>>545 
ラストはこんな感じか? 

勇者「何も終わっちゃいねえ!何も!言葉だけじゃ終わらねえんだよ! 
 俺の戦争じゃなかった、あんたにやれって言われたんだ! 
 俺は勝つためにベストを尽くした だが誰かがそれを邪魔した! 
 シャバに戻ってみると港に蛆虫どもがぞろぞろいて 抗議しやがるんだ! 
 俺のこと赤ん坊殺したとかなんとか言いたい放題だ やつらに何が言えるんだ 
 ええっ!奴等はなんだ俺と同じあっちにいてあの思いをして喚いてんのか!」 
将軍「みんな失望し苦しんでいたんだ もう過ぎたことだ」 
勇者「あんたにはなァ!俺にはシャバの人生なんか空っぽだ 
 戦場じゃ礼節ってもんがあった 助け合い支えあっていた ここじゃ何もねえ!」 
将軍「おまえは私にとって最後の一人だ 野垂れ死にをしてくれるな」 
勇者「あっちじゃドラゴンも飛ばした 魔剣も握れたよ!100万もする武器を自由に使えた! 
 それが国に戻ってみれば関所の衛兵にもなれないんだ!! 
 畜生・・みんなどこ行ったんだ クソ・・ 
 海軍にも友達がいた みんないい奴だった あっちじゃ友達はごまんといた 
 それなのにどうだ ここには何もねえ・・」 

**戦争を止めた勇者 
566 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/10 05:56 

魔族の侵攻から救ってもらうために、異世界から召喚した勇者が……ネズミ講の幹部。 
得意の舌先三寸で敵も味方も丸め込み、どっちも経済的に疲弊させて戦争どころではなくさせる。 


……あれ、なんとなく平和的に解決してしまうんじゃないかコレ(笑)。

**混ぜるな嫌展 
577 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/11 00:18 

本格的なミステリー。 
ただし扱う事件は「連続死体蘇生事件」 
次々と生き返る凶悪犯を蘇生させている犯人を捜す捜査官。 


578 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/11 00:24 

土曜サスペンスを観てて思いついたんだけど 
「ラノベ殺人案内」 
毎回、ラノベの有名個所が舞台になる連作ミステリー 
なぜか観光名所化していて 
「滅びの山に突き落とされ死亡」とか 
「銀河鉄道の時刻表を使ったトリック」とか 
「実は犯人はグイン」とかいう展開が… 
売れたらタイアップ料貰えるかな? 


579 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/11 01:50 

 リナ・インバースが盗賊のアジトを吹っ飛ばしたときの巻き添えで死亡。 


580 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/11 02:26 

魔王殺人事件。 
難攻不落の魔王城にて魔王が殺された。国際警察の主人公は、 
犯人を捉えることが出来るのか?、事件直前に現れた4人組の 
正体はいったい?

**若き勇者 
610 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/13 02:47 

ていうか、「勇者が幼女」 
魔王軍と王国軍が一進一退の戦いを繰り広げる不毛の世界、 
そんななか、なにを勘違いしたか王立幼稚園年中もも組の 
マリア(5)が世界を平和に導くために立ち上がった! 
図画工作の時間に作ったダンボールの剣を片手に 
各地の戦場を渡り歩くマリアさん。 
魔王軍に単身乗り込んでは道に迷い、見かねた兵士に 
指揮官の下まで連れて行ってもらう始末。 
「ありがとうございました」とその兵士にお礼を言ってから、 
やおら指揮官に剣を突きつけ「コーフクしないとこのけんのさびにしちゃうんだから!」 
指揮官、やる気を失って撤退。 


611 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/13 03:13 

>>610 
魔王はロリコンで、実は世界征服=全ての幼女を我が手元にという構図。 
だから、村などで子供を差し出したりしてる訳なのです。 

…正直、部下はやる気ゼロなんだろうなぁ。 


612 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/13 15:45 

>>611 
類が友を呼んでいて、全員、やる気MAXだったら、嫌だなぁ 

**推定無罪 
649 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/17 01:20 

同姓同名の魔王が複数いることが、最後の最後で明かされる。 


650 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/17 03:04 

>649 
勇者が倒した魔王は冤罪。

**秘密兵器 
656 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/17 18:40 

ジャーナリストの視線を通して描く物語。 
戦場での運用を前提とした戦闘ロボットの開発秘話、その裏側をさぐる話だ。 

「この件には鼻をつっこむな。わかったな」 
友人の元自衛官から忠告。三日後に死亡した彼から――無記名の封筒が届く。 
「報道に出ているようなことばかりですよ。うちのような弱小がやっているのは」 
送られてきた書類に記載されていた研究所へと、主人公は調査に向かう。 
「この会社はな、風俗産業だぜ。軍みてえなものとは、さっぱりつながらねえ」 
情報屋からもたらされた、意外な事実。はたしてその関係は? 

無数の糸が絡み合う中、主人公はついにロボットの開発現場をシャッターに捕えた! 
「俺、もっと巨乳がいいー」「い、や、だぁーッ! ロリロリロリロリ、幼児体型っ!」 
「金髪が萌えます」「どうせ作り物なんだからさぁ……青!」「いや、ピンクだろう」 
「目、もっと大きくしたいね」「右手はドリル、外装はメイド服。重層ケブラーで」 
「こんなマルチのオメコ舐めたいと、軍人が思ってくれるかっ! 気合を入れて作り直せ!」 
そして――事実は闇の中へと沈んでいく。 

**中世ヨーロッパ(リアル系) 
700 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/24 16:02 

一時期の中世ヨーロッパに忠実なファンタジー世界観 

公衆浴場から伝染病がひろがったせいで、 
垢は体を守る鎧 と皆が本気で言い張り、産湯以外は 
一生風呂に入らないなんてザラ 
某女王がひと月に二度、風呂に入っただけで 
病的な風呂好き、精神に病があるのでは、と言われる始末 
でもって汚物は窓から路地にまき散らし 
猫は魔女の使い、とか言って狩り立てたもんだから 
ペストを媒介するネズミが大繁殖(ノンフィクション) 

現代日本に生まれてよかった 

701 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/24 17:40 

>>700 
そりゃ誤解だ、汚くなるのは近世。中世の方が湯浴みもするし 
まだまし。 

**定期的に蘇る御約束 
704 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/24 21:50 

かって世界を暴力と殺戮で席巻し、人間世界を滅亡の縁にまで追いやった魔王。 
だが、一人の勇者が奇跡を起こした。 
「まさか人間ごときにこの我が倒されるとはな…… 
 だが忘れるな。いつの日か我は再び蘇り、今度こそ貴様らを滅ぼしてくれる。 
 もっとも、その時にはお前はもう死んでいるだろうがな」 
「人間をなめるな魔王よ。例え俺が死んでいようが、 
 俺の子孫達が再びお前を滅ぼしてやる」 

そして長き時が流れた。 
魔王の言葉は真実となり、ついに復活の時を迎える。 
時に宇宙歴305年。 
復活した魔王軍 VS 惑星警察特殊急襲部隊の死闘が始まろうとしていた。 

**精神分析探偵 
737 名前: イラストに騙された名無しさん 02/05/28 14:03 

名探偵が毎回、フロイト流精神分析で犯人を言い当てる。 
助手は精神医だけど、心の中で突っ込むだけでなにもしない。 
「奥さん、貴方は旦那の性欲の弱さに我慢がならなかった、 
だから無理な凌辱プレイをして殺した!!」 
「そんな、私は殺してない!」 
「警部、逮捕を!」

**扱いに困る 
751 名前: ザザムシ派 02/05/30 23:13 

魔王軍の侵攻で危機に陥った魔法王国が、異世界から勇者達を召還。 

勇者・メキシコ人失業者 
 路地でテキーラを嘗めながらぐずっていたところを召還される。 
戦士・アフリカ人少女ゲリラ 
 反政府ゲリラに誘拐され訓練を受け、最初の作戦行動中に召還される。 
僧侶・ロシア人未決囚 
 新興宗教団体の教祖。殺人教唆で収監中に召還される。 
賢者・中国人プログラマー 
 台湾への出張の帰りに、旅客機のトイレで用を足しているところを召還される。


**防御型と攻撃型の完璧なコンビネーション 
810 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/04 18:03 

それぞれ魔王の片腕として世界最強の攻撃力と世界最強の防御力を持つ 
双子の青年。 
・・・なのだが、そのかわり兄は防御力がゼロで、弟は攻撃力がゼロ。 


と言う小説をこの間友人に読ませてもらった。 
基本的に無害な弟と蚊に刺されただけで死んでる兄にワロタ。 


811 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/04 18:41 

>>810 
確かに嫌な設定だな。つーかむしろ漏れも読みてえ(w 

**突然死 
854 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/06 21:09 

ラスボスが脳卒中や心筋梗塞で唐突に死ぬ。 
しかも、何の伏線も無く、意味無く突然死ぬ。 
もしくは今流行のエコノミークラス症候群ネタ。強大な帝国の皇 
帝が威信をかけて隣国に攻め入ろうとするが、輿に乗った上に強 
行軍したせいで、途中で突然死してしまい、隣国は助かったとい 
うただそれだけの話。

**だーれだ? 
919 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/10 23:26 

???「だ~れだ?」 
主人公「この手の感触は…、ヒロインちゃんだね!?」 
そこで主人公が振り返って見た光景は 

切断されたヒロインの手首を両手に持ち、笑顔で立っている 
サブヒロインの姿だった。

**バロールの魔眼 
939 名前: イラストに騙された名無しさん 02/06/15 00:07 

目を合わせるだけで相手を殺すことができる「第三の目」を持つ男。 
が、よりによって股間にある(袋の真ん中)。 
いつも裸にコートをまとい、有事となれば瞬時に身をはだける男。 
「今さら銃把を握ったって遅い・・・もう、終わりだ」 
袋をソフトに握り締め、角度を精確に計算して「目」を敵に向ける。 

難点は人のいるところでは大っぴらに使えないことと。 
何より、相手が「目」のことを知らなくても反射的に股間から目を逸らしてしまうこと。 
そのため、相手の目を「目」に──股間に──釘付けにすることが重要となってくる。 

暗い路地裏で男の漆黒のコートがはためく。 
その下は──素肌。 
(ろ、露出狂!?) 
しかし殺人者はコンマ1秒で動揺を殺した。 
これは相手の混乱を誘う、くだらない策だ。 
スコットランドの兵士でもあるまいに・・・。 
そのとき、殺人者の目に「それ」が映った。 
(ッ!?) 
もはや彼は、動揺を制することができなかった。 
男の股間からニョッキリと伸びる、白く長い──ダチョウの首。 
そして・・・その下に妖しく蠢き、爛々と輝く「目」を。 
ハッ、と混乱から覚めた殺人者は懐に手を伸ばすが、 
「今さら銃把を握ったって遅い・・・もう、終わりだ」 

驚愕の表情を浮かべながら呆気なく死にいく殺人者の姿を、 
男の3つの目と、つくりもののダチョウが静かに見守った・・・。

**伝説の馬具 
954 名前: イラストに騙された名無しさん 02/08/06 00:11 

伝説の鍛冶屋が魔剣の破片でこしらえた蹄鉄。 
ひとたび馬に付けたら二度と外れず、すり減ることもない。 
打ち間違えたら馬の蹄が腐って死ぬ。 
そのかわり風よりも速く駆けることが出来る。で、寿命が半分になる。 
最終更新: