※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なぜ、「狂人は吊られるのが仕事」なのか?」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

なぜ、「狂人は吊られるのが仕事」なのか?」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 狂人は狼にとって、”計算できる吊り逃れ先”。
 
 「狼は村陣営を噛み(or狐を噛みで捕捉し)、狂人は狼の代わりに吊られて時間を稼ぐ」
 のが、重要な役割分担。
 だからこそ、「村を混乱させてかき回せ!」、とも要求される。
 
 よって、
-2人以上を道連れ>役職道連れ(Ex.占いロラ>霊ロラ)>素村一人道連れ(Ex.●特攻)
->内訳的に村を混乱させて吊られ>>>グレラン吊られ>>(越えられない壁)>>潜伏噛まれ
+2人以上を道連れ>役職道連れ(Ex.占いロラ>霊ロラ)>素村一人道連れ(Ex.●特攻)>
+内訳的に村を混乱させて吊られ>>>グレラン吊られ>>(越えられない壁)>>潜伏噛まれ
 
 というのが狂人の仕事としては必要になる。
 もちろん、真占い吊の前座として、○もらい狼の漂白噛まれなどで、目的が達成されるなら噛まれもよし。
 
 12Bならば村視点5吊4人外の吊余裕1回なので、誰かを道連れに吊られれば、十分でしょう。
 (狐勝ち率も増えてしまうことにはなるけど)
 ただ17Aだと、狂特攻ぐらいでは不十分かも。
 
 蛇足ながら、「狂人が狩に出てはいけない」というのも、この理由。
 →噛めてしまって吊りを稼げないうえ、狼が真と誤認する