「PASELI」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

PASELI」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 //jubeat以外でもPASELIについて確認できるように作成してます。
 //そのため「jubeatでのPASELIl利用」以外にはわざとjubeat特有の情報は入れていません。
-&sizex(4){&bold(){&font(red){※2019年5月現在の記事です。今後事情が変わっていく可能性あり。}}}
+&sizex(4){&bold(){&font(red){※2019年11月現在の記事です。今後事情が変わっていく可能性あり。}}}
 *&this_page()
 #contents
 **PASELI(パセリ)って?
 PASELI公式サイト:http://paseli.konami.jp/
 e-amusementサイト:http://p.eagate.573.jp/
 my KONAMIサイト:https://my.konami.net/
 ----
 KONAMIが2009年9月より始めた電子マネーサービス。
 PASELI(パセリ)は''Pa''y ''S''mart ''E''njoy ''Li''fe.の略語(造語)。
 (PASE''R''Iと誤表記されていることが多い。なお、野菜のパセリは「parsley」。)
 プリペイド型で、事前に「[[e-amusement pass>https://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_09d01e43]]」にチャージし、使用することができる。
 2016年7月1日より通貨単位が「P」→「円」へ変更された。
 ※以下PASELIの単位は「 円」と表記(円の前に半角スペースあり)。
 
 2017年4月17日より、一部ゲームセンターに設置されている[[「シンカターミナル」でプレー代金の支払い>https://www.konami.com/amusement/paseli/howto_use_thin.php]]にも利用できるようになった。
 ただし&b(){2016年4月頃/2018年9月頃より販売されている新型e-amusement passのみ対応}
 裏側にPASELIのロゴマークあり/20桁の数字のみコード・[[アミューズメントICカード>https://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_09d01e43]]マーク の2種あり)で、
 &b(){e-amusement passのサイトで、PASELIの利用設定を「暗証番号省略OK」にする必要あり}
 旧e-amusement passやおサイフケータイ、その他電子マネータイプのe-amusement passでは、支払い不可。
 電子マネーそのものを使用しての支払いは可(例:WAONカードでWAONで支払う等)
 
 #region(close,参考情報)
 PASELI単体の読み取り機を設置することにより、他社のゲームプレー代金の支払いやゲーム以外で使用できる計画があった。
 [[セガとの共同展開による電子マネー支払い機器にPASELIも導入予定>https://sega.jp/topics/161006_arcade_2/]]
 上記のセガとの共同展開が発表され、単体でのリーダの展開は無くなったと思われる
 JAEPO2014でお弁当が買えるプロモーションが行われていた。2014年8月・2015年1月に実店舗でのロケテストも行われていた。
 #endregion
 
 **注意点
 PASELIは正確には「[[e-amusement pass>https://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_09d01e43]]」でなく「[[KONAMI ID>https://my.konami.net/]]」にチャージされている。
 複数の「e-amusement pass(以下e-passと表記)」を持っている場合、
 1つの「KONAMI ID(以下IDと表記)」で紐付けされている全てのe-passと共用で利用できる。
 なお、IDはいくつも発行でき、他のIDにチャージしている残高をまとめる等はできない。
 ([[後述のPASELIチャージ機でIDを発行している場合は特に注意>http://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_39f00c17]])
 (他のe-passと1つにしたい場合、チャージ残高を使いきり残高のあるIDへe-passを移す(残高を残したままでも一応可)。)
 「e-amusementサイト」で「利用を停止する」こともできる。
 
 PASELI利用の可否は店舗が決めているため、対応ゲーム機が設置されていても使えない、
 メンテナンス時間帯(毎日5~7時)や、KONAMIのサーバートラブル等で使えない場合もある。
 
 利用期限は最終利用(チャージ・支払)から1年で、1年を超えると残高は削除される。
 前述の「利用を停止する」にしても期限が延長されたりはしない。
 PASELIサイトのTOPページに有効期限が記載されている。
 
 **チャージ方法
 チャージはゲームセンター等の店舗、PASELIの専用サイト(https://my.konami.net/)で行う。
 
 1円=PASELI 1円単位で、1つのKONAMI IDにチャージできる額は100,000 円まで。
 但し後述のPASELIチャージ機や年齢登録がされていない場合は20,000 円まで。
 また、1ヶ月にチャージできる額は200,000 円まで。
 チャージ方法により、1度にチャージできる額が異なる。
 //↓現在の設定なら100,000 円になるはずですが確認ができてませんのでコメントアウトにします。(確認できる方がおられれば再編集お願いいたします。
 //チャージで残高が20,000 円を超えてしまう場合はチャージができない。
 //(PASELIチャージサイトの場合、チャージを行うと20,000 円超えてしまう金種がクリック(タップ)できなくなる)
 他、年齢制限もあり、15歳以下は月間5,000 円まで。16・17歳は月間10,000 円まで チャージできるとなっている。
 
 #region(close,参考情報)
 ~2018年4月15日まで チャージの上限額は全てのチャージ方法で20,000円までだった。
 #endregion
 
 
 ***PASELIチャージ機
 設置店舗検索:https://p.eagate.573.jp/game/facility/search/p/index.html?gkey=PCHARGER&cm_mc_uid=71527611884213660706505&cm_mc_sid_50340000&___REDIRECT=1
 全ての店舗に設置されてはいない。複数台設置している店舗もある(公式設置店舗サイトに台数の表記はない)。
 チャージ時間はKONAMI側で7:00頃~23:59までに設定されている。
 24時間営業の店舗でも、時間外はチャージができない。
 非対応時間の対策として、後述のPASELIカードを取り扱っている店もある。
 
 ゲームセンター等に設置されているチャージ機。
 チャージは1000 円単位で''1000円札のみ対応''。(※500円のチャージはできない)
 &b(){20,000 円までチャージ}できる。
 
 チャージ手順
  【1と2の手順は逆でも可】
  1:チャージ機右上タッチパネルの「チャージ」→「PASELI利用規約に同意してPASELIをチャージする」をタッチ
  (必要なら「PASELI利用規約を表示」を先にタッチ)
  2:e-amusement pass(おサイフケータイ・各種電子マネー含)をタッチパネル少し下の読取機にタッチ
  (これ以降e-amusement passは不要、財布にしまって構わない)
  3:タッチパネルでe-amusement passの4桁のパスワードを入力
  4:1000円札をタッチパネル下の挿入口へ入れる(1000円札のみ対応、2000円札以上は両替しておく必要あり)
  (2000円チャージしたいならさらに1000円札を入れる(1枚ずつしか受け付けない))
  5:タッチパネルの「チャージ終了」をタッチ
  (チャージしない場合は1000円札を入れずにチャージ終了をタッチする)
 なお、KONAMI IDに登録されていない「[[e-amusement pass>>https://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_09d01e43]]」は仮の「[[KONAMI ID>>https://my.konami.net/]]」が自動で発行される。
 初めてPASELIをチャージ、KONAMI IDも無い状態ならかまわないが、
 既にKONAMI IDを持っていたり、2枚目のe-amusement passの場合、チャージ額が分散してしまう。
 このスタイルでかまわなければいいが、1つのIDで複数のカードでPASELIを使いたい場合、
 e-amusementサイトでKONAMI IDとの紐付け設定をしてからチャージする。
 
 また、何もプレーデータが無い新規の「[[e-amusement pass>>http://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_09d01e43]]」ではチャージできない。
 (対応しているゲームを1度プレーしてパスワードが発行されている状態でないとチャージできない)
 
 #region(close,参考情報)
 //旧記事なのでわざと大文字のe-AMUSEMENT PASS表記にしてます
 開始~2013年8月14日まではKONAMI IDを登録しe-AMUSEMENT PASSと紐づけした状態でないとチャージができなかった。
 8月15日からその場で仮IDが付与されるように変更され、紐付け設定をしていなくてもチャージできるようになった。
 (その代わり既にKONAMI IDを持っている場合、上記記載通りチャージ額が分散してしまう。)
 #endregion
 
 ***BitCash
 公式サイト:http://bitcash.jp/
 
 コンビニ等で買える電子マネーで店舗により購入方法・取扱金額種が異なる。
 (定額(2000円とか) or 一定額以上(1500円とか)~1円単位で買える)
 
 購入後PASELIチャージサイトでチャージする。
 500 円/1,000 円/2,000 円/3,000 円/5,000 円/10,000 円/30,000 円 単位でチャージできる。
 
 PASELI以外に使う予定が無い場合、チャージ額ピッタリの金種で購入すると無駄がない。
 
 #region(close,参考情報)
 2015年5月31日まで「BitCash ST」と「BitCash EX」という2種類がありどちらでもチャージできた。
 (EXは20歳以上しか購入できなかった)6月1日より区分が撤廃され現在の「BitCash」となった。
 ~2018年4月15日まで 500 円/1000 円/2000 円/3000 円/5000 円の区分だった。
 #endregion
 
 ***WebMoney
 公式サイト:http://www.webmoney.jp/
 
 コンビニ等で買える電子マネーで店舗により購入方法・取扱金額種が異なる。(上記のBitCashと似ている)
 (定額(2000円とか) or 一定額以上(1500円とか)~1円単位で買える)
 
 購入後PASELIチャージサイトでチャージする。
 500 円/1,000 円/2,000 円/3,000 円/5,000 円/10,000 円/30,000 円 単位でチャージできる。
 
 PASELI以外に使う予定が無い場合、チャージ額ピッタリの金種で購入すると無駄がない。
 
 #region(close,参考情報)
 2016年7月4日より対応になった。開始~前日まで同じ方式のものはBitCashだけだった。
 2016年7月4日~2018年4月15日まで 500 円/1000 円/2000 円/3000 円/5000 円の区分だった。
 #endregion
 
 ***クレジットカード
 「[[KONAMI ID>https://my.konami.net/]]」に登録している、クレジットカード。
 登録していない場合、カード番号を入力することでチャージできる。
 
 本人確認サービス対応のためクレジットカード会社のサイトで別途登録が必要な場合あり。
 (この方式に対応していないクレジットカードでもチャージできる)
 デビットタイプ・プリペイドタイプのクレジットカードでもチャージできる場合あり。
 (公式のよくある質問では、「使用できない場合があります」と記載されている)
 
 500 円/1,000 円/2,000 円/3,000 円/5,000 円/10,000 円/30,000 円 単位でチャージできる。
 
 前述のようにカード番号をKONAMI IDに登録しているかしていないかで、若干手順が異なる。
 上記のチャージ額選択後規約画面に同意すると、
 -カード登録が無い場合
 --「カード番号」「カード有効期限」「セキュリティコード」を入力。
 -カード登録がある場合
 --KONAMI IDのパスワード入力後 カード番号の入力画面が出るが、「セキュリティコード」のみ入力。
 を入力すると次画面で購入確認画面が出る。
 
 さらに次の画面で3Dセキュアのパスワードを入力する(クレジット会社でセキュアの登録が無い場合、この画面はスキップ)
 チャージ完了画面で次へを押すと
 -カード登録が無い場合
 --クレジットカードを登録するか、オートチャージを登録するかの確認画面が表示
 ---ここでカード登録をすると、KONAMI IDのサイトでクレジットカードを登録したのと同じ状態になる
 ---登録しないと次のチャージでも、「カード番号」「カード有効期限」「セキュリティコード」の入力が必要
 -カード登録がある場合
 --オートチャージを登録するかの確認画面が表示
 
 #region(close,参考情報)
 ~2018年4月15日まで 500 円/1000 円/2000 円/3000 円/5000 円の区分だった。
 
 デビットタイプ・プリペイドタイプのクレジットカードでチャージ
 かつての公式のよくある質問では、「使用できない」と記載されていた。
 
 以前は登録できるカードは「JCB」「VISA」「Master」の記載があったが、2019年5月現在では記載がない。
 (編集者が他国際ブランド(Amex Diners等)のカードを所持していないため、対応したのか確認できていません)
 #endregion
 
 ****クレジットカードオートチャージ
 設定した金額以下になると登録しているクレジットカードで自動チャージされる。
 
 前述のクレジットカードチャージを行う際に設定画面が表示され、
 (1,000~5,000 円(1,000 円単位)以下になった時1,000~5,000 円(1,000 円単位)をチャージ で設定)
 オートチャージの設定(チェック欄にチェックを入れる)をしてから、
 通常のチャージ完了以降、PASELIを利用して設定額以下になった際オートチャージが開始される。
 
 なお、オートチャージされるタイミングは残高が設定額以下になった時ではなく、その次の利用。
 例:「1,000 円以下で1,000 円をオートチャージ」の設定がしてあり、残高が1,100 円だった場合
  1プレーで120 円を使って残高が980 円になってもチャージされない。その次のプレー時に行われる。
 
 設定後の設定額変更も可能、オートチャージを削除することもできる。
 なお1日にオートチャージされるのは10回まで。
 (11回以上のオートチャージはサイトでリセットする必要あり)
 
 #region(close,参考情報)
 2018年4月16日のチャージ額区分変更の影響なし。今後変更されるかも。
 
 #endregion
 
 ***銀行振込
 2019年4月23日より対応
 「ゆうちょ銀行」「三井住友銀行」の、インターネットバンキングの登録者のみ利用できる。
 3,000 円/5,000 円/10,000 円/30,000 円 単位でチャージできる。
 
 #region(close,参考情報)
 3,000 円以上しか対応していないため、2,000 円以下のチャージでは、
 決済方法の選択肢に「ゆうちょ銀行」「三井住友銀行」が表示されない。
 今後、他の銀行にも対応するのかは、発表されていない。
 
 各銀行の、インターネットバンキングサービス名
 ゆうちょ銀行:ゆうちょダイレクト
 三井住友銀行:SMBCダイレクト
 #endregion
 
 ***PASELIカード
 店舗の券売機・カウンター等で販売されているカードを1,000円で購入しチャージする。
  裏面のスクラッチを削りPASELIの専用サイトでひらがなコードを入力する。
 チャージされる額は1,000 円。
 
 PASELIチャージ機が登場したことにより取扱店舗が減っている。&br()
 //↓編集時点で検索できなくなっているためコメントアウトにします。
 //公式サイトにPASELIカード販売店舗のページがあるが、更新されていない。
 //チャージ機を設置したため、販売を終了している店舗もそのまま記載されている。
 //(閉店した店舗までも記載されているため、全く更新されていないと思われる)
 
 ***ポイント交換
 PASELIチャージサイトの下段から手続き可能。(10ポイント=PASELI 10 円)
 PASELI利用で貯めたポイントを10ポイント単位でにPASELIへチャージでき、すぐに残高に反映される。
 交換時は保持している最大ポイントがセットされている(50ポイント保持だと50ポイントが選択されており、40~10ポイントも選択できるようになっている)。
 //↓現在の設定なら100,000 円になるはずですが確認ができてませんのでコメントアウトにします。(確認できる方がおられれば再編集お願いいたします。
 //通常はそのままチャージできるが、ポイントチャージで残高が20,000 円を超えてしまう場合はチャージができない。
 //PASELIを利用して減らすか、ポイントチャージで20,000 円を超えない値まで減らしてチャージする。
 [[下記も参照>http://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_99caae69]]
 
 **使用方法
 -アミューズメント筺体のカードリーダーに「[[e-amusement pass>>https://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_09d01e43]]」をかざす
 -e-amusement passに登録しているパスワード4桁を入力
 --テンキー、タッチパネル等(機種により異なる)で入力
 -プレー代をPASELIで指定して支払う
 --オプション等の支払いもできる(ゲームにより利用できるコンテンツが異なる)
 
 e-amusementサイトでPASELIの利用を停止することができる。
 不正使用されても補償されないので不安であれば利用を停止にして使う時だけ戻すと良い。
 
 **ポイントサービスについて
 PASELIを利用するとポイントが付与される(※チャージでのポイント付与は無い)。
 日単位で0:00~23:59までの利用分が対象(※PASELIの利用履歴の利用日と同じ)。
 1日の利用額200 円(税込)ごとに1ポイントが、翌日(1~2時頃)付与され、ポイント履歴で確認ができる。
 なお、200 円以下の利用でも1ポイントが付与されるため、
 正確には399 円以下の利用で1ポイント、400 円以上の利用で2ポイント、以降200 円利用ごとに1ポイントが付与される。
 ゲーム機以外でのPASELI利用も対象となる(eAMUSEMENTサイト等)
 ポイントは10ポイント貯めると10ポイントごとにPASELIにチャージすることができ、交換後すぐPASELI残高に反映される。
 [[上記も参照>https://www26.atwiki.jp/jubeat/pages/1321.html#id_eb512d8b]]
 
 ポイントは有効期限があり4月1日~翌年3月31日区切りの、翌年度3月末が期限となる。
 例:2019年4月1日~2020年3月31日付与分は2021年3月末が期限となる
 
 #region(close,参考情報)
 ※2015年3月23日より開始されたため、2015年3月23日~3月31日のポイント付与分は、2016年3月末期限だが
 特例で2017年3月末期限となっていた。2017年、初めての有効期限切れの際は、各機種でポイント有効期限の告知がされた。
 
 2018年2月22日~3月23日まで 利用・くじで当たる還元キャンペーンが行われた。
 #endregion
 
 **e-amusement passカードについて
 KONAMIのe-amusementゲーム機で共用で使えるプレーデータ保存カード。
 ゲームセンター等で300~500円程度で販売されている(販売機やカウンターで販売)。
 (限定柄等もあるが全ての対応ゲーム機で利用できる)
 
 保存カードだが、データはe-amusementサーバにあり、実際は何も保存されていない。
 e-amusement passカード(以下e-passと表記)は情報を引き出す鍵の様な扱い。
 そのため失くしてしまった場合でも[[e-amusementサイト>http://p.eagate.573.jp/]]にカードナンバーを登録しておき、
 他のe-passへ移すことで保存データを使うことができる。
 (前のカードナンバーを覚えていれば移せる、サイトへの登録をしていない、覚えてもいない場合はあきらめるしかない)
 
 上記に加え携帯電話・スマートフォンのおサイフケータイ(本体での初期設定が必要)、
 「Edy」「nanaco」「WAON」「Suica等の交通系電子マネー」「iD」「QUICPay」等の
 電子マネーカードなどでも、e-passとして登録することができる(FeliCa規格であればほとんどが対応)
 (1枚のカードに登録できるのは例外を除き1機種1データのみ)
 
 e-amusementサイトで登録カードのデータ引継ぎができるため、
 (カードナンバーは「e-amusement」対応ゲーム機でプレーする際表示されるのでメモや写真を撮る)
 通学・通勤のSuica定期をe-pass登録して財布からカードを減らす、
 おサイフケータイにデータ登録をしてPASELIで支払えば財布がいらない等の利用方法も可能。
 支払いに使えるのはPASELIのみ。おサイフケータイに登録している電子マネーでは支払えない。
 (タイトーやセガの一部店舗は別付の専用のリーダーでの電子マネーの支払いにも対応している)
 
 なお、カード内の保存データを全て移すだけであり、別々のカードに保存されたデータを1つにまとめることはできない。
 また、開発がストップしている一部のe-amusement対応ゲームは
 KONAMIの通常のe-passでしかプレーできないため、使う際はデータ引継ぎで戻す必要がある。
 ※''BEMANIシリーズは該当無し''
 
 #region(close,参考情報)
 2018年9月4日まで「e-AMUSEMENT PASS」という表記だった。
 #endregion
 
 ***アミューズメントICカードについて
 2018年10月25日よりセガが運営する「Aime(アイミー)」、バンダイナムコが運営する「バナパスポート」と
 e-amusement passの相互利用が可能となり、「アミューズメントICカード」という名称になった。
 [[https://www.konami.com/amusement/aicc/index.html]]
+2019年2月14日よりタイトーが運営する「NESiCA(ネシカ)」も参加した
+(※対応が遅れており、2019年10月24日現在、音ゲーの場合、グルーヴコースター、ラブライブは通常のNESiCAしか対応していない)
 
-ただし、裏に数字のみ20桁のコードが入っている、新型e-amusement pass、
-アミューズメントIC対応のAime・バナパスポートのみが対応。
--裏側にPASELIロゴが入っているe-amusement passやそれ以前発行の物は対応していない
--各種電子マネーカードやおサイフケータイで登録しているe-amusement passは対応していない
--既存のAime、バナパスポートは対応していない
-KONAMI筐体ではe-pass IDが表示されるが、e-passサイトではカード裏記載の20桁の数字で登録しないと、登録できない。
-既存のe-PASS、Aime、バナパスポートからこちらへ移して、1枚にすることが可能。
-各社それぞれの専用サイトで、移行手続きが必要。
+裏に数字のみ20桁のコードが入っている、新型e-amusement pass、
+アミューズメントIC対応のAime・バナパスポート・NESiCAのみが対応。
+-裏側にPASELIロゴのみが入っているe-amusement pass、それ以前発行の物は対応していない
+-各種電子マネーカード、おサイフケータイで登録しているe-amusement passは対応していない
+-既存のAime、バナパスポート、NESiCAは対応していない
+KONAMIの筐体ではe-pass IDが表示される。
+e-passサイトでは、カード裏記載の20桁の数字、筐体で表示されたe-pass IDどちらでも登録できる。
+既存のe-pass、Aime、バナパスポート、NESiCAからこちらへ移して、1枚にすることが可能。
+ただし、各社それぞれの専用サイトで、移行手続きが必要。
+また、一部ゲームはこのタイプに対応していない。そちらのプレーをする場合、元のカードに戻す必要がある。
 
-なお、おサイフケータイでも、e-passとAimeを疑似的に1枚にすることができる。
--e-pass、Aimeをおサイフケータイへ登録しているだけなのでアミューズメントICカードの扱いにはならない
--この方法だと、Aime対応のPASELI対応機種や、シンカターミナルでPASELIを使用できない
+おサイフケータイの場合、e-passとAimeを疑似的に1枚にすることができる。
+ただし、e-pass、Aimeの2枚を1台のおサイフケータイへ登録しているだけなので、アミューズメントICカードの扱いにはならない
+またこの方法だと、Aime対応のPASELI対応機種や、シンカターミナルでPASELIを使用できない
 
 **jubeat festoでのPASELI利用
 -プレー代金の支払い
 -フルコンチャレンジ追加
 -EXPERT OPTION
 -jboxチケットの購入
 -EMBLEMパーツ購入