「参考文献」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

参考文献」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 累積:&counter()___ 昨日:&counter(yesterday) ___今日:&counter(today) 
 ------
 &bold(){&size(24){&color(green){参考文献}}}
 ------
 具体的で分かりやすく症例の多いものを選びました。
 #は特にお薦め(時々入れ替える予定です)
 養生に関する本を読んだ感想は、
 blog「[[遊風の養生日記>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/]]」の「[[本>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/searchdiary?word=%2A%5B%CB%DC%5D]]」のカテゴリーに載せています
 #contents
 **医学史関係
 -#『素問医学の世界』      藤木俊郎著 績文堂 
                 (ぜひ読んで欲しい『素問』入門書)
 - 『素問医学源流考』      藤木俊郎著 績文堂
 - 『中国医学はいかに作られたか』山田慶児著 岩波新書
 - 『中国医学の起源』      山田慶児著 岩波書店
 - 『中国医学の思想的風土』   山田慶児著 潮出版
 - 『夜鳴く鳥』         山田慶児著 岩波書店
+- 『気の自然像』        山田慶児著 岩波書店
 - 『中国医学の誕生』      加納喜光著 東大出版
 
  『素問』『霊枢』のテキストは、台湾中華書局のものが良いと思います。
 **鍼灸関係
 ***江戸期の和方鍼灸(漢方)
 -#『鍼道発秘講義』      横田観風著 医道の日本
 -#『鍼灸重宝記』       本郷正豊著 医道の日本
 -#『杉山真伝流臨床指南』   大浦慈観著 六然社 
 - 『名家灸選釈義』     深谷伊三郎著 刊々堂新社
 - 『長沙腹診考』       奥田鳳作著 どなたか現代語訳をお願いします
 - 『切脈一葦』         中茎謙著 どなたか現代語訳をお願いします
 ***そのほか
 - 『医道の日本』特集号(300,500,600号)日本の鍼灸界の幅がわかる
 - 『簡明不問診断法』     柳谷素霊著 石山鍼灸医学社
 - 『柳谷素霊選集』      柳谷素霊著 績文堂
 - 『鍼灸真髄』        代田文誌著 医道の日本  
 - 『針灸治療の実際」     代田文誌著 創元社(治験例を主とした)		
 -#『名灸穴の研究』     深谷伊三郎著 刊々堂新社  
                 (深谷先生の本で一番まとまり有)
 - 『経穴活用宝典』     深谷伊三郎著 鍼灸の世界社 
                 (症状別灸穴事典として)
 - 『取穴法の全て』     深谷伊三郎著 鍼灸の世界社 
                 (「奇穴・無名穴・変動穴の活用」が使える)
 - 『お灸で病気を治した話』 深谷伊三郎著 鍼灸の世界社
                 (読み物症例集として)
 - 『体の中の原始信号』   間中・板谷著 地湧社   
 - 『皮内鍼法』       赤羽幸兵衛著 医道の日本
 -#『特効針灸治療法』     福島 聡著 壮神社
 - 『鍼灸臨床Q&A』     鈴木育雄著 叶屋     
 - 『鍼灸治療学』       山下 詢著 医歯薬出版
 - 『鍼灸臨床わが30年の軌跡』   長野 潔著 医道の日本
 -#『漢方養生談』       荒木正胤著 大法輪閣   
                 (湯液や養生の他、鍼灸もいい)
 - 『はるかなる東洋医学へ』  本多勝一著 朝日新聞社
 -#『東洋医学見聞録』     西田皓一著 医道の日本
 - 『図解経筋学』       西田皓一著 東洋学術出版
 -#『臨床生情報』       日産玉川編 医道の日本
 - 『鍼灸特効穴一発療法』   山本敏夫著 源草社(堀切流?)
 - 『鍼灸臨床マニュアル』  北村・森川著 医歯薬出版
 - 『はり100本』        竹村文近著 新潮社
 - 『石坂流鍼術の世界』    町田栄治著 三一書房
 - 『思うツボ』       戸ケ崎正男著 humanworld  
 - 『経穴の使い方 鍼の刺し方』鍼灸素霊会  績文堂
 -# 『図説東洋医学 用語編』        学研
 -# 『図説東洋医学 鍼灸治療編』      学研 
   1990年頃の国試化の時に、鍼灸学校の教科書に
   この『図説東洋医学』シリーズの
   『鍼灸治療篇』が「鍼灸臨床論」に、
   『基礎編』が「東洋医学概論」になっていたら、良かったのに。
 - 『カラーアトラス経穴断面解剖図解 下肢編』医歯薬出版
 - 『カラーアトラス経穴断面解剖図解 上肢編』医歯薬出版
 - 『東洋医学の臨床と基礎』山下・竹之内著 マグブロス
 **手技関係 
 -#『万病を治せる妙療法 操体法』橋本敬三著 農文教
 -#『生体の歪みを正す』     橋本敬三著 創元社   
                 (「力学的医学の構想」が良い、鍼治療や鍼練習法も)
 - 『誰にもわかる操体法の医学』 橋本敬三著 農文教  
                 (「体の自然の指示を読む」=「力学的医学の構想」)
 - 『体の設計にミスはない』   橋本敬三著 谷口書店
 - 『操体法治療室』       三浦・今著 谷口書店 
 - 『楽しくわかる操体法』    今・丸住著 医道の日本社
 -#『風邪の効用』        野口晴哉著 ちくま文庫
 - 『病人と看病人』       野口晴哉著 全生社
 - 『症状別 家庭でできる指圧』  増永静人著 有紀書房
 -#『図解 病気を治す指圧入門』  増永静人著 有紀書房
 - 『経絡指圧治療百話』     増永静人著 医王会
 - 『気功養生学概要』      焦 国瑞著 自然と科学社
 - 『背骨のゆがみは万病のもと』 甲田光雄著 創元社(断食・生菜食+西式健康法)
 - 『ボディワイズ』        J.ヘラー著 春秋社
 -#『クリニカルマッサージ』Clay&Pounds著  医道の日本社
 **漢方・食養関係
 -# 『[[和漢診療学>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20160713]]』      寺澤捷年著 岩波新書
 - 『症例から学ぶ和漢診療学』寺澤捷年著 医学書院
 - 『傷寒論真髄』      横田観風著 績文堂
 - 『[[専門医のための漢方医学テキスト>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20101028/1288247718]]』 日本東洋医学会学術教育委員会編 南江堂 
                     (漢方専門医研修カリキュラム準拠)
 - 『類聚方広義・重校薬徴』 吉益東洞著 創元社 吉益東洞原著 尾台榕堂校注 西山英雄訓訳
 - 『臨床応用 漢方処方解説』矢数道明著 創元社
 - 『症候による漢方治療の実際』大塚敬節著 南山堂
 -#『慢性病の食養法』    日野 厚著 緑書房 
 - 『食べ物さん、ありがとう』川島四郎著 朝日文庫    
                (『日本食長寿健康法』(新潮文庫)も良い)
 - 『断食少食健康法』    甲田光雄著 春秋社
 -#『[[粗食で生き返る>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20080129]]』    幕内秀夫著 角川書店    
                (『免疫アップ食事法』(二見書房)も良い)
 - 『家庭でできる自然療法』東城百合子著 あなたと健康社
 -#『[[病気にならない暮らし事典>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20170429]]』本間真二郎著 セブン&アイ出版
 - 『[[欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20180818/1534538399]]』 奥田昌子著 講談社
 **現代医学関係 
 -#『イラストで学ぶ生理学』   田中越郎著  医学書院(生理学の意味がわかる)
 - 『好きになる生理学』     田中越郎著  講談社(上記が手に入らない時に)
 - 『目でみる動きの解剖学』     Wirhed著  大修館    
 - 『新・ヒトの解剖』     井尻・後藤著  築地書館
 - 『目で見る体のメカニズム』  堺 章 著  医学書院
 - 『入門組織学』        牛木辰男著  南江堂(著者自筆の絵が絶品!) 
 - 『ヒトのからだ』       三木成夫著  うぶすな書院
 -#『生命形態学序説』      三木成夫著  うぶすな書院
 - 『皮膚は考える』       伝田光洋著	  岩波書店	
 -#『医療の原点』        中川米造著	  岩波書店
 -#『[[治療をためらうあなたは案外正しい>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20090525]]』名郷直樹著 日経BP社 
                 (EBMに学ぶ、医師にかかる決断、かからない決断)
 -#『見逃し症例から学ぶ日常診療のピットフォール』生坂政臣著 医学書院
                 (外来臨床は問題解決、病歴から予測、帰納的思考が大切)
 -#[[『めざせ!外来診療の達人』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20101010]]  生坂政臣著 日本医事新報社
                 (外来カンファレンスで学ぶ診断推論)
 -#[[『薬なしで生きる』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20100715]]      岡田正彦著 技術評論社
                 (多くの薬は、飲んでも飲まなくても余命に差はない)
 -#[[『医者の私が、がん検診を受けない9つの理由』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20171028/1509147135]]
                  岡田正彦著 三五館
                 (がん検診をいくら受けても余命は伸びない)
 -#[[『がんは治療困難な特別な病気ではありません!』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20171126/1511649807]]
                  真柄俊一著 イースト・プレス
 - [[『植物はなぜ薬を作るのか』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20171111/1510355060]] 齊藤和季著 文春新書
 -#『医療が病を作る』       安保徹著  岩波書店
 -#『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』 加茂淳著 風雲舎 
                  (運動器疾患は、筋痛症である)
 -#『[[森の診療所の終の医療>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20101014]]』    増田進著  講談社
 -#[[『体内静電気を抜けば病気は怖くない!』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20161018]]堀泰典著 講談社
                  (江戸期鍼灸書の邪気とは、堀先生の言う体内静電気でしょう)
                  追記:2017.02.09ーーー
                   ただ、静電気は逃げやすいので、邪気の全てを静電気と考え
                   にくいと思います。そういう意味で、邪気は、静電気を含む生
                   体内の余剰な雑電気と考えるのが妥当と思います。
                    深層の姿勢維持筋に溜まった邪気は静電気だけとは考えにく
                   く、アースだけでは抜け切らないように思います。
                   ーーーー
 -#『心病める人々』       石川信義著  岩波新書
 -#[[『その島のひとたちは、ひとの話をきかない』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20160811]]
                 森川すいめい著 青土社
 
   ・岩波新書には読みやすく役に立つ本が多い
   『神経内科』『現代ウィルス事情』『腸は考える』『からだの設計図』
   『痛みとのたたかい』『新型インフルエンザ』『カラー版細胞紳士録』
   『信州に上医あり 』『生活習慣病を防ぐ』など
 ***闘病記
 -#『椅子が怖い』        夏木静子著 文芸春秋
 -#『[[認められぬ病>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20100907]]』       柳澤桂子著 中公文庫
 -#『[[1リットルの涙>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20080621]]』      木藤亜也著 幻冬舎文庫
 -#『[[いのちのハードル>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20080622]]』     木藤潮香著 幻冬舎文庫 
 -#『死にたくない!』      川上宗薫著 サンケイ出版
 - 『大学教授がガンになってわかったこと』 山口仲美著 幻冬舎新書
 **その他1 医療・稽古・自然など
 - 『スリランカの悪魔ばらい』  上田紀行著 法蔵館
 - 『養生の実技』        五木寛之著 角川
 - 『健康問答』    五木寛之・帯津良一著 平凡社
                  (本音で語る現代の養生訓(2も良い))
 -#『医療人類学入門』     波平恵美子著 朝日新聞社
 -#『脳はなぜ「心」を作ったのか』前野隆司著 筑摩書房   
                 (副題:「私」の謎を解く受動意識仮説 )
 - 『経験の政治学』      R.D.レイン著 みすず
 - 『北斗の人』        司馬遼太郎著 角川など 
 - 『私の自然観』        今西錦司著 講談社
 - 『[[夢を操る>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20090323]]』         大泉実成著 講談社文庫
                  (夢で出会った精霊に力と智恵をもらう)
 -#[[『犀の角たち』>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20071108]]        佐々木閑著 大蔵出版
                  (仏教は、他の宗教よりも、数学物理学生物学に近い)
 -#『[[鎮守の森>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20090604]]』         宮脇 昭著 新潮文庫    
                  (人間の手の入らない本来の自然の姿がわかる)
 - 『ヤマノミ』         国分 拓著 NHK出版
                  (森の精霊と生きる民と文明の交差)
 -#『[[海のグレートジャーニー>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20161118]]』  関野吉晴著 クレヴィス
 **その他2経営・接客など
 -『働く君に伝えたい「お金」の教養』    出口治明著 ポプラ社 「自分が好きなこと」に投資しよう!
 -『この世でいちばん大事な「カネ」の話』 西原理恵子著 理論社
 -『そうだ、葉っぱを売ろう!』      横石知二著 ソフトバンク 
                     (日本料理のツマものをビジネスに)
 -『経営学』                小倉昌男著 日経BP
 -『俺の考え』              本田宗一郎著 新潮社
 -『古道具屋さんの経済原論』       魚柄仁之助著 飛鳥 
 -『人生は勉強より「世渡り力」だ!』    岡野雅行著 青春新書
 -『感動を創る』              橋本保雄著 PHP
 -『クレーム対応術』            橋本保雄著 大和出版
                      (橋本保雄さんは、操体の橋本敬三先生のご子息(三男?))
 -『[[山中かんの顧客満足経営>http://d.hatena.ne.jp/kuhuusa-raiden/20070411]]』        松尾武幸著 東洋経済 
                      (「百貨店の神様」が語る経営の神髄)
 -『サービスの天才たち』          野地秩嘉著 新潮新書
 -『実学』                 稲盛和夫著 日経新聞
 -『会計学』                小川 洌著 放送大学
 **※昔の文献を読む時に気をつけたいこと
  古武術の研究をしている人(武術稽古研究会の甲野善紀先生)
 の話では、古い武術書には、武術家本人が書いたものよりも、
 当時のインテリであるお坊さんに書いてもらったものが多いそ
 うです。当時の武術家には本を書けるだけの文章力を持つ方が
 少なかったせいだろうとのことです。
 
  そのため、武術とは関係のない空理空論や心構えが中心のも
 のが多くなるそうです。実践しながら読んでいき、試して確か
 め、武術に関係のない空理空論部分などを除き、武術本来の姿
 を見付けていく必要があるとのことでした。
 
  心構えが書かれている部分は、特に注意しないと、お坊さん
 のお説教を鵜呑みにする危険性が高いそうです。
 
  私は鍼灸などの養生の技術に関しても同じ様な事が言えるよ
 うな気がしています。
 
  そういう意味で、古い文献を読む時は、深谷伊三郎先生が
 『名家灸選釈義』で、また、藤木俊郎先生が『素問医学の世界』
 で、橋本敬三先生が操体を作り上げていく過程(『生体の歪み
 を正す』に書かれている)で、されているような読み方が良い
 ように思います。
 
  そして、鍼灸などの養生の技術では、現在の文献を読む時に
 も同じような注意が必要なものも多いように思っています。
 
 ーーー 追記:2018.04.04 ーーーーーーーーーーーーーー
 
  また、本に書かれたことが、いま目の前に居る患者さんの体
 でも成り立っているかどうか、確かめながら四診し鍼灸などし
 ていくことも大切ですね。法則性とは、あくまでも仮説で、い
 ま目の前に居る患者さんの体で、その時に必ず成り立つとは限
 らないのですから。
 
  そういう「いま目の前に居る患者さんの体で、その時に成り
 立っているか」という点について検証する習慣に関しては、西
 洋、中国、日本と比べると、日本に比較的、そういう感じの流
 派が多いように思います。和方鍼灸では阿是穴治療が基本とい
 うのも、その典型例のように思います。
 
  山そのもの、岩石そのものが御神体の神社が有ったりするよ
 うに、また、八百万の神々、草木虫魚悉皆成仏、山野川海悉皆
 成仏という言葉が有ったりするように、自然への畏敬の念が一
 番有るように思いますので。
 
  自然への畏敬の念が無い科学や思想は暴走しやすく、間違い
 も起こしやすいように思います。
 
  比較すると、西洋は、自然征服という感じが強いように思い
 ます。
 
  中国は、馬王堆医経や素問霊枢、墨子、老荘の頃は、自然へ
 の畏敬の念は有りそうな感じは受けますが、金元医学や現代中
 医には、自然への畏敬の念は殆ど感じられません。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 ----
    >>>このページのトップヘ・・[[参考文献]]
 
    >>>術伝HPトップへ  ・・・・[[トップページ]]
 ----
 術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」
 -----
 -----
 *お知らせとお願い
 **術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集
  術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
 いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
 をしてくださる方を募集しています。
 
  くわしくは、[[術伝流のモデル]]をみてください。
 
  よろしくお願いします。
 
 **感想など
  感想、間違いなどありましたら、術伝事務局までメールをください。
 
 よろしくおねがいします。
 
 術伝事務局メルアド :jutsuden-jmkkあまググどこ 
 (この行は無視してください。akwba、laemfro、thgosewibe) 
 (「あま」を「@」に、)(以下無視kuaniu、nteyu、lPpkiumo)
 (「ググ」を「googlegroups」に、)(以下無視mesiun、kiuen)
 (「どこ」を「.com」に変えて送信してください。) 
 (面倒をおかけし申し訳ありません。迷惑メール対策です)
 
 ----
    >>>術伝HPトップへ  ・・・・[[トップページ]]
 ----