「術伝流一本鍼no.79」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

術伝流一本鍼no.79」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 累積:&counter()___ 昨日:&counter(yesterday) ___今日:&counter(today) 
 ------
 &color(green){術伝流一本鍼no.79 (術伝流・体得篇(19))}
 
 &bold(){&size(24){&color(green){邪気や真気の気配を感じる}}}&bold(){&size(15){&color(green){}}}
 ------
 #contents
 *1.はじめに
  今回は、前の2回に書いた「 邪気や真気に対応する鍼の動かし
 方」についての補足を書いていきます。
 
 *2.目の前の体が反応するものを選ぶ
  邪気と真気に対応する鍼の動かし方を書いてきました。邪気に
 対応するには、鍼を「細かく、強めに、速く」動かすのがコツで
 す。それに対して、真気に対応するには、「 大きめに、そっと、
 ゆっくり」動かすのがコツです。
 
  そして、戸ケ崎先生の言うように、鍼の動かし方の基本は、
 「刺す抜く」、「曲げる」、「捻る」ということです。
 
  「邪気を引き退ける」にも、「真気を呼ぶ」にしても、「刺す
 抜く」、「曲げる」、「捻る」という手段を、「細かく、強めに、
 速く」するか、「大きめに、そっと、ゆっくり」するか、なんで
 すね。それが基本です。
 
  が、誰にも同じで良いわけではありません。また、同じ人でも、
 いつでも同じで良いわけでもありません。目の前の患者さんの体
 が、その時に反応する動かし方を選んでいく必要があります。
 
- 真気の動かし方で「8の字を少しずつズラして行く」方法を書
+ 真気の動かし方で「8の字を少しずつズラしていく」方法を書
 きましたが、それも、目の前の患者さんの体が、その時に反応す
 る「曲げ」や「捻り」の具合を調べるのに便利だからに過ぎない
 という点も踏まえてください。
 
  ですから、真気が感じられはじめた頃は、丁寧に「8の字を少
-しずつズラして行く」方法をした方が「真気を呼ぶ」ことを実践
+しずつズラしていく」方法をした方が「真気を呼ぶ」ことを実践
 しやすいです。
 
  でも、だんだん慣れてくると、そこまでする必要もなくなって
 きます。なんとなくではありますが、「この曲げ具合、この捻じ
 り具合だと、真気が来そうだな」という気配を感じられるように
 なるからです。
 
  邪気の場合も同じです。前に書いたと思いますが、なんとなく、
 この動かし方だと、いま目の前の人の体で蠢(うごめ)いている
 邪気が引けそうだなという気配を感じることができるようになり
 ます。
 
  どちらの場合も、目の前の人の体が反応しやすいものを選べば
 良いだけなんですね。
 
 *3.気配が分かる
  気配が分かるというのは、分からない段階では、そんなのが目
 安になるのかと思われる人が多いと思います。しかし、分かって
 しまうと、そんなに難しいものではありません。
 
  例えば、日陰や部屋の中など暗い所に居ても、明るい方がどっ
 ちかというのは分かりますね。また、冬の寒い日に日陰にいても、
 どっちの方に行けば日向に出られるかというのも、少し試してみ
 れば、目を瞑っていても分かる人が多いのではないでしょうか?
 
  患者さんを腹診していても、何処が冷えていて、何処から温か
 いかとかも分かる人が多いでしょう。そういう感覚と基本的には
 同じです。なんとなく邪気が引けそうな感じ、真気を巡らせそう
 な感じがするのです。
 
  「邪気を引き患部から退ける」には、「細かく、強めに、速く」
 という原則の範囲で、 鍼を「刺す抜く」「曲げる」「捻る」動き
 をしてみて、目の前の患者さんの体が反応しやすいものを選べば
 よいだけです。
 
  「真気を呼ぶ」にも、「 大きめに、そっと、ゆっくり」、「刺
 す抜く」「曲げる」「捻る」という手段をいろいろ試してみて、
 患者さんの体が反応しやすいものを選んでいけばよいだけです。
 
 *4.やはり先ずは自分の体で
  とは言っても、他人の体の中の動きよりも、自分の体の中の動
 きの方が分かりやすいということは、他の場合と同様です。です
 から、邪気を引いたり、真気を巡らせたりできそうな気配を感じ
 るという点でも、先ず自分の体で分かる人が多いです。
 
  ですから、気配が感じられるようになるまでは、毎日1時間程
 度は、自分の体に鍼灸しましょう。自分の体で気配が感じられる
 ようになったら、体の内側の気の動きを感覚できて、口に出せる
 ような、敏感な患者さんで試させてもらいましょう。
 
  そういう経験を積み重ねていけば、やがて、敏感でない患者さ
 んの体の中の気の動きの気配も分かるようになっていきます。
 
 *5.おわりに
  こういう感覚を磨いていくと、途中で、過敏になってしまうこ
 とがあります。[[術伝流一本鍼no.70]](自分が悪化したら」)
 に書いたようなことです。そういう時は、[[術伝流一本鍼no.70]]
 を読み直してください。
 
  あと、感覚や食事の好みが変わったりもします。私自身は、目
 が悪くて眼鏡をかけていましたが、眼鏡をかけているとカンが鈍
 ることが分かり、眼鏡を外しました。
 
  外食や、スーパーなどの弁当などの食事が続くと、体が濁った
 感じになりカンも鈍くなる感じがしてくるので、自炊が多くなり
 ました。
 
  気配を感じるというのは、なんとなくというレベルなので、そ
 ういう微妙なことでカンが鈍くなっても影響を受けて、邪気や真
 気の気配を感じるのに支障が出てくる感じがしています。達人の
 先生なら、そういうことはないのかもしれませんが。
 
 
 
    次へ>>>[[術伝流一本鍼no.80]]
 
 
 -----
    >>>目次へ・・・・・・・・・[[術伝流一本鍼(あ)]]
 
    >>>このページのトップヘ・・[[術伝流一本鍼no.79]]
 
    >>>術伝HPトップへ  ・・・・[[トップページ]]
 -----
 術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」
 -----
 -----
 *お知らせとお願い
 **術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集
  術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
 いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
 をしてくださる方を募集しています。
 
  くわしくは、[[術伝流のモデル]]をみてください。
 
  よろしくお願いします。
 
 **感想・間違いなど
  感想などあったり、間違いなど見つけた方は、[[術伝事務局>jutsuden-jmkk@googlegroups.com]]あてにメールをください。
 
  よろしくお願いします。
 
 **「術伝」症例相談用メーリングリストの参加者募集
  「術伝」では症例相談用メーリングリストの参加者を募集しています。
 参加希望の方は、[[術伝事務局>jutsuden-jmkk@googlegroups.com]]あてにメールをください。
 
  よろしくお願いします。
 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ----
    >>>術伝HPトップへ  ・・・・[[トップページ]]
 ----