※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「暴風少女フローラ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

暴風少女フローラ - (2011/02/06 (日) 08:27:16) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &link_edit(text=ここを編集)
 ----
 &bold(){BS10-八星龍降臨}
 -BS10-105:C:[[ライフチャージ]] 2枚使用
+&bold(){BSC05-太陽のブレイヴパック}
+-BSC05-024:R:[[ラピッドウィンド]]
 &bold(){BS09-超星}
 -BS09-X37:X:[[終焉の騎神ラグナ・ロック]]
 &bold(){BS08-戦嵐}
+-BS08-031:C:[[冥機グングニル]]
 -BS08-046:C:[[ディオ・マンティス]]
 &bold(){BS06-爆神}
 -BS06-X23:X:[[天帝ホウオウガ]]
+-BS06-043:C:[[盾機兵バルドル]]
 -BS06-026:C:[[ガブノハシ]]
 -BS06-081:C:[[賢者の樹の実]]
 &bold(){BS04-龍帝}
 -BS04-043:M:[[ワルキューレ・ヒルド]]
+&bold(){BS02-激翔}
+-BS02-097:C:[[ネイチャーフォース]]
+&bold(){BS01}
+-BS01-138:U:[[ハンドリバース]]
 &bold(){白銀の機神}
 -SD01-023:C:[[機人ドロイデン]]
 -SD01-016:C:[[アメンボーグ]]
 ----
 ***備考/エピソード
 -登場回:ブレイヴ第八話~
 -初戦:ブレイヴ第九話
 -ボウフウショウジョふろーら/
- バローネに仕える異界魔族の少女。
+ バローネに仕える異界魔族の少女。前作[[百瀬華実]]の転生した姿。
  一見おとなしい性格で、失敗したことを自分の責任にしてしまう癖があるが、バトルになるとその性格が逆転、
  より荒々しく好戦的な性格となる。
  バローネが弾に興味津々のわけを知るために、自らコアブリッドで直接面会し、彼とバトルをした結果敗北するが、
  バローネのバトルによる快感が伝わった。
  弾に敗北されたためバローネの部下から追放されたその後は、バローネがローマを剥奪されたことを知り、イオラスと共に戻ってくる。
  シカゴで完全に覇気を失ったバローネの闘志を再び蘇らせるため彼とバトル、敗北はしたものの彼に覇気を取り戻すことに成功する。そして再びバローネの部下として力を貸し、不穏な行動をする大公ジェレイドを監視するためのスパイとなった。
+ 魔光殿の混乱以降、無人島でかくまう女王にお供え物の花を持っていくが、ゾルダーが食べ物と間違えて口にしてしまったため、またバローネとのかかわりもあり彼とバトルすることに、結果敗北しゾルダーを『兄さま』と呼んだ。ゾルダー同様、勇貴と華実の面影が移った。
  尚、彼女の戦い方は、かつての[[百瀬華実]]とほぼ同様の戦い方である。(クラッキーやまゐ、そして弾も懐かしがっていた。)
  『これが馬神弾のバトル・・・。バローネ様はこれを感じされていたのか。』
 
 -[[天帝ホウオウガ]]/[[賢者の樹の実]]
  前作で華実が使用していたものをそのまま使用。
 
 -[[終焉の騎神ラグナ・ロック]]
  彼女のキースピリット。前作の[[百瀬勇貴]]の最終切り札のスピリット。今回はイグドラシルから転召していないため、十分力が発揮できなかった。
 
--[[ワルキューレ・ヒルド]]
- ラグナ・ロック転召用。
+-[[ワルキューレ・ヒルド]]/[[冥機グングニル]]
+ ラグナ・ロック転召用。冥機グングニルは前作で効果は使われなかったが今回初めてその効果を初めて使用した。
 
 -[[ガブノハシ]]/[[機人ドロイデン]]
  モブ勢。
 
 ----
 ***戦績
--通算戦績:0勝2敗
+-通算戦績:0勝3敗
 --第九話:対馬神弾×
 --第二十一話:対月光のバローネ×
+--第三十八話:対ゾルダ-・グレイヴ×
 ----
 &link_edit(text=ここを編集)
 [[タイプ別リスト]]に戻る