「長門」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

長門」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #image(No001.jpg)
 *CV:佐倉綾音 Illustrator:しずまよしのり
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#EBF1DE):CENTER:''艦船ステータス''|
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#e6d7ff):CENTER:''長門''|
 |No|改造チャート|改造可能レベル|火力|雷装|対空|対潜|索敵| 運|耐久|装甲|回避|速力|スロット|搭載|燃料|弾薬|射程|
 |'''1'''|''長門''→長門改|-|82|0|31|0|12|20|80|75|24|低速|4|12( 3, 3, 3, 3)|100|130|長|
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#c6fcff):CENTER:''装備''|
 |>|>|CENTER:[[41cm連装砲]]|>|>|>|>|CENTER:[[14cm単装砲]]|>|>|>|>|CENTER:[[零式水上偵察機]]|>|>|>|>|CENTER:未装備|
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#e6d7ff):CENTER:''長門改''|
 |No|改造チャート|改造可能レベル|火力|雷装|対空|対潜|索敵|運|耐久|装甲|回避|速力|スロット|搭載|燃料|弾薬|射程|
 |'''1'''|長門→''長門改''|30|92|0|42|0|25|30|90|87|37|低速|4|12( 3, 3, 3, 3)|100|160|長|
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#c6fcff):CENTER:''装備''|
 |>|>|CENTER:[[41cm連装砲]]|>|>|>|>|CENTER:[[41cm連装砲]]|>|>|>|>|CENTER:[[零式水上偵察機]]|>|>|>|>|CENTER:未装備|
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|BGCOLOR(#EBF1DE):CENTER:''同型艦''|
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:&bold(){長門} ― [[陸奥]]|
 &autolink(id=wikibody)
 ----
 *ゲーム内において
 艦娘データ(最終形のみ)ページより
 |No|名前|改造可能レベル|火力|雷装|対空|対潜|索敵|運|耐久|装甲|回避|速力|スロット|搭載|燃料|弾薬|熱+弾|
 |'''1'''|長門改|30|99|0|99|0|49|30|90|95|69|低速|4|12( 3, 3, 3, 3)|100|160|260|
 ・運が高いので、夜戦でのカットインが狙えるため、他の戦艦と比べてアドバンテージが大きいと言える。
 ----
 *史実情報
 #image(nagato2.jpg)
 1920年(大正9年) 10月27日 竣工前後の&bold(){長門}を写した、有名な一葉。
 
  日本海軍の対米大規模海軍拡張計画、所謂「八・八艦隊計画」の第一弾として建造されたのが、&bold(){長門}である。
  これまでに培われた造船ノウハウと、第一次大戦の戦訓を取り入れて設計された長門型は、従来の戦艦とは異なる、多くの新要素を盛り込んで開発された。
  主砲は米戦艦を凌駕すべく、41センチ砲の採用を決定。41センチ砲戦艦は今だ例がなく、&bold(){長門}が世界に先駆ける形となった。
  艦橋構造も大きく変更され、従来の三脚楼を廃し、太い主柱の周囲を六本の支柱で囲むように支え、各設備を段状に配する櫓檣(ろしょう)となった。
  外見的特徴以外にも、防御装甲が第一次大戦の戦訓に基づいたものとなり、速力は27ノットに達した。
  これは当時の戦艦の平均速力である23ノットを大きく上回るもので、日本海軍は&bold(){長門}の速度を秘匿し、23ノットと発表している。
  ささいな事では、艦橋の高層化によりエレベーターが設置されたりしている。
  こうして、&bold(){長門}は世界一の性能を持って設計され、完成した。
 
  &bold(){長門}の完成直後、ワシントン海軍軍縮条約の締結により「八・八艦隊計画」は廃棄された。
  &bold(){長門}は聯合艦隊旗艦に就任。日本海軍の顔として人々に愛された。
  大正時代、少年雑誌付録のカルタに「[[陸奥]]と&bold(){長門}は日本の誇り」という札があったことも、長門型がいかに国民に愛されていたかを示している。
  この頃、&bold(){長門}は煙突を大きく後方に湾曲させた。当初は造船関係者に冷笑される措置だったが段々と定着し、やがてはこの姿こそが美しいと人々の間に認知されていった。
  また、艦隊決戦補助兵器『一号機雷』の廃案により、大正15年から昭和2年の間に艦首を従来のスプーンバウから、より凌波性の高いクリッパーバウに改修している。
  関東大震災発生時は、出先の大連から全速力で東京湾へと急行。この途上英国巡洋艦(艦名諸説あり)に追跡され、&bold(){長門}の速力が知れることとなったが、諸外国からは特に反応がなかった。
  その後海軍は寸断された鉄道網に代わり、艦艇による人員・物資の輸送を実施。東京湾に日本海軍の主力が勢ぞろいした様は、被災した人々を励ましたと言われる。
  余談だが、大正末期に高松宮宣仁親王(昭和天皇の弟)が任官している。
  当時の士官たちは&bold(){字が上手いからと宮様に書類を代筆させた}他、&bold(){宮様のツケで宴会をしたり}、かなり好き放題したらしい。幸い、宮様が不快な思いをすることはなかったようだが。
  この宮様のツケで宴会をしたのが、後に「[[雷]]」艦長として英国兵を救助した工藤俊作である(元々、工藤は靴を貸したお礼にと宮様に奢って貰ったのを、周りが便乗して宴会にした)。
 
 #image(nagatos12.JPG)
 1936年(昭和11年) 1月下旬 近代化改装を完了しテスト中の姿
 
  昭和9年には近代化を図る大規模な改装工事を実施し、それまでとは艦容を一変させる。
  改装により排水量が増大したものの、&bold(){長門}の機関は戦艦の規定速力25ノットを発揮するに足りた為、特に増備交換はされなかった。
  二・二六事件の際は、聯合艦隊旗艦として戦艦部隊を率い品川沖に展開。国会議事堂へと主砲を向け、海軍は断固叛乱に立ち向かう姿勢を示した。
 
  太平洋戦争が始まると、かの有名な「ニイタカヤマノボレ 一二○八(Xデーを12月8日とする の意)」を聯合艦隊全艦艇に向けて発信する。
  その後は[[大和]]と共に主力として温存されるが、戦艦対戦艦による大規模な艦隊戦など起こる事もなく、活躍の機会はなかった。
  1943年6月には、柱島で停泊中に妹・[[陸奥]]が突如爆沈。当日は濃霧であったが、居合わせた&bold(){長門}は[[扶桑]]と共に救助活動を行った。
  数少ない出撃はマリアナ沖海戦と、レイテ沖海戦の二つのみである。
  マリアナ沖海戦では、[[大和]]姉妹と共に機動部隊の護衛として出撃。
  [[隼鷹]]へ突進する敵雷撃機5機編隊に向け距離約1万5千メートルから主砲三式弾を発射し、初弾で全機撃墜を報告。
  これが、&bold(){長門}の主砲が初めて敵へ火を噴いた瞬間だった。同海戦では敵艦載機の爆撃を受けるも、大きな損傷はなかった。
  また、被弾大破した空母[[飛鷹]]の曳航を試みるも、果たせずにいる。
 
 #image(nagato5.JPG)
 レイテ沖海戦前 ブルネイ泊地での&bold(){長門}。前艦橋最頂部に21号電探、後艦橋に13号電探が追加されている。右舷奥に見えるのは[[大和]](奥)と[[武蔵]]。
 
  レイテ沖海戦では第一遊撃艦隊として出撃。途中爆弾数発を受けるも行動に支障はなく、サマール島沖海戦に参加。敵空母への砲撃を行ったが、
  [[武蔵]]を失った[[大和]]の僚艦として行動していたため、[[大和]]が敵魚雷に挟まれ身動きが取れなくなった際も同行し、戦列から離れてしまっている。
  この海戦で&bold(){長門}は敵機からの攻撃を複数回にわたって受けたが、避けきれなかった最初の魚雷は突如向きを変えて外れ、次の魚雷は近すぎたためか艦底を通過。
  また命中した爆弾は薄い艦首部だったため炸裂せず貫通、被害を免れるなどの幸運に恵まれている。
 
  レイテより帰還した&bold(){長門}だったが、国内の燃料事情から給油されず、横須賀に繋留されることになった。
  年明けには[[榛名]]、[[伊勢]]、[[日向]]と共に浮き砲台となる事が決定し、煙突上部と後部マストを切断。副砲や電探など多くの装備を撤去し、迷彩塗装と浮島に偽装する工作をした。
  この改装は、戦艦として行動することが不可能であることを意味していた。この時の姿を撮影した写真が多く残っているが、見るには少し忍びない。
  7月末、迫る米空母艦載機の攻撃で艦橋を損傷し、艦長や砲術長が戦死。日本戦艦最後の艦長として、杉野修一大佐(“杉野は何処”で有名な杉野一等兵曹の長男。[[球磨]]の最後の艦長も務めた)が着任する。
  そして、&bold(){長門}はそのまま終戦を迎えた。
 
 #image(nagato4.jpg)
 終戦を迎えた横須賀で、米軍により撮影された&bold(){長門}。
 
  終戦時、&bold(){長門}は日本の戦艦12隻の中で唯一水上に姿を留めていた。戦に敗れようとも、横須賀の海に浮かぶその姿はいまだ衰えておらず、偉容を失っていなかった。
  翌月、&bold(){長門}は米軍に接収され、後部艦橋には軍艦旗に代わり星条旗が翻った。この時の様子はカラー映像で残っており、「なんでも鑑定団」に艦内時計が登場した折、紹介されている。
  &bold(){長門}は研究資料として米国へ回航され、翌年ビキニの海にその姿を見せた。戦後初の核実験「クロスロード作戦」に標的として供されたもので、傍らには軽巡・[[酒匂]](さかわ)の姿もあった。
 &blankimg(http://www56.atwiki.jp/kancolle?cmd=upload&act=open&pageid=55&file=cross.jpg)
 同実験の標的艦配置図
 
  実験は7月1日の空中実験と、25日に行われる水中実験の計2回だった。1日の実験では大型艦はほぼ無傷で、&bold(){長門}も例外ではなかった。
  この実験の結果を聞いた当時の農商大臣の夫人は「英霊がみんなで船底から&bold(){長門}を支えてるんですよ」と言ったという(阿川弘之:軍艦長門の生涯 下巻 P368)。
  25日の実験では、ほぼ爆心地の中心にあった戦艦アーカンソーが轟沈、空母サラトガが7時間後に沈没する中、&bold(){長門}は右に5度傾いたまま浮き続けていた。
  実験直前、&bold(){長門}は真珠湾の意趣返しとばかりに艦首に穴が開けられ、艦体には機雷が設置されるなどした。しかし、1000以上に細かく分けられた水防区画が功を奏し、海上に留まり続けた。
  当時の日本では、原爆実験の実施と「&bold(){長門}沈まず」が報じられ、日本造船の技術が確かだった証拠であると喧伝された。
  だが、29日朝、&bold(){長門}の姿は忽然として海面から消えていた。28日深夜から29日の未明にかけて、静かに横転沈没したのだった。
  &bold(){長門}沈没の瞬間を目撃した人間は、誰も居ない。
 
 #image(06b.JPG)
 1946年7月25日 遠くからでも、日本戦艦の特徴ある艦影を確認できる。
  
  こうした最期は、日本海軍の栄光と凋落を一身に背負った&bold(){長門}が意地を見せたのだと、多くの人が称している。
  現在、&bold(){長門}の沈没地点はダイビングスポットになっており、海底に眠る姿を見ることが出来る。なお、ビッグ7の中で、唯一原型をとどめて残っている船でもある。
  上下逆さまに着底したため、艦橋は折れているものの比較的形が残っている他、自慢の主砲塔も健在である。
 
  余談だが、先に少し触れたとおり「なんでも鑑定団」に由来の品が登場している。
  2003年8月26日の放送では艦内で使用されていた時計が登場。専門家により艦橋で使用されたものではないかとされ、20万の値が付いた。
  2005年9月27日には、米国回航時に接収された軍艦旗が少将旗、先任旗と共に登場。軍艦旗には1000万円の鑑定額がつけられた。
  この軍艦旗は、1年後に同番組の出演者・石坂浩二氏が1000万円で自費購入し、広島県呉市の呉市海事歴史科学館(通称:大和ミュージアム)に寄贈している。
 
  この他にも、世界遺産の番組などでビキニ環礁が紹介された際には、必ずと言っていいほど紹介されているなど、比較的メディアに取り上げられている。
  &bold(){長門}を題材とした作品に、阿川弘之の著書「軍艦長門の生涯」がある。&bold(){長門}の生涯を通じて、当時の日本を知ることが出来る作品であり、ファン必読である。
 
 ----
 |>|>|艦歴|
 |>|>|大日本帝国海軍|
 |発注|>|八八艦隊計画第1号艦|
 |起工|1917年08月28日|於呉海軍工廠|
 |進水|1919年11月09日|長門型戦艦一番艦“長門”と命名|
 |竣工|1920年11月25日|横須賀鎮守府所属|
 ||1920年12月01日|第一艦隊第一戦隊旗艦となる|
 ||1921年12月01日|戦艦“伊勢”より連合艦隊旗艦を継承|
 ||1923年09月01日|関東大震災発生に伴う救援物資輸送を実施|
 ||1934年04月|近代化改装工事に着手|
 ||1936年01月31日|工事完了|
 ||1937年08月20日|第二次上海事変勃発に伴い陸軍第11師団(上海派遣軍)を上海へ輸送|
 ||1940年10月11日|紀元2600年特別観艦式に参加|
 ||1941年12月06日|連合艦隊旗艦としてハワイ攻撃支援を実施|
 ||1942年02月12日|連合艦隊旗艦機能を戦艦“大和”に継承|
 ||1942年06月05日|ミッドウェー作戦に参加|
 ||1942年07月14日|姉妹艦“陸奥”と共に第一艦隊第二戦隊へ編入|
 ||1943年06月08日|戦艦“陸奥”爆沈。救難作業にあたる|
 ||1943年08月17日|トラック島へ進出|
 ||1944年02月25日|第一艦隊廃止。第二艦隊第一戦隊へ編入し戦隊旗艦となる|
 ||1944年05月04日|戦隊旗艦を“大和”に継承|
 ||1944年06月18日|あ号作戦(マリアナ沖海戦)に参加|
 ||1944年10月23日|捷一号作戦(レイテ沖海戦)に参加|
 ||1944年11月15日|第二艦隊第三戦隊へ編入|
 ||1944年11月25日|雪風など第十七駆逐隊の護衛を受け横須賀港に入港|
 |||以後、燃料不足により終戦まで外洋航行不能|
 ||1945年01月01日|第三戦隊解隊。第二艦隊第一戦隊(僚艦“大和”“榛名”)へ編入|
 ||1945年02月10日|第一戦隊解隊。横須賀鎮守府警備艦へ編入|
 ||1945年04月20日|予備艦へ種別変更|
 ||1945年06月01日|特殊警備艦へ艦種変更。主砲以外の全兵装及びマスト・電探・煙突が撤去される|
 ||1945年07月18日|横須賀空襲にて艦橋に直撃弾。艦長以下艦橋要員が全員戦死|
 ||1945年08月15日|中破状態のまま終戦を迎える|
 ||1945年08月30日|米軍によって接収される|
 |除籍|1945年09月15日|正式な除籍の後、米軍への引き渡しを実施|
 |>|>|アメリカ合衆国海軍|
 ||1946年03月18日|クロスロード作戦の標的艦として軽巡洋艦“酒匂”と共に横須賀港を出港|
 ||1946年07月01日|第一実験(エイブル/空中爆発)、爆心地より1500m地点で被爆。損害軽微|
 ||1946年07月25日|第二実験(ベーカー/水中爆発)、爆心地より900m付近で被爆。右舷破孔の浸水により5度傾斜|
 |沈没|1946年07月29日|第二実験による浸水が原因とされるも、沈没時の目撃者なし|
 ----
 *参考動画
 [[長門と陸奥は日本の誇り~長門 前篇~>http://www.nicovideo.jp/watch/sm22640425]]
 #nicovideo2(sm22640425,420,280)
 [[長門と陸奥は日本の誇り~長門 後編~>http://www.nicovideo.jp/watch/sm22664864]]
 #nicovideo2(sm22664864,420,280)
 ----
 *台詞一覧
 |状況    |台詞|関連する史実や元ネタ、解説など|
 |自己紹介|私が戦艦長門だ、よろしく頼むぞ。敵戦艦との殴り合いなら任せておけ。||
 |秘書クリック会話①|なんだ?||
 |秘書クリック会話②|私の顔に、何か付いているのか?||
 |秘書クリック会話③|あまり艤装には触らないでもらいたいものだな|終戦直前、主砲以外の艤装を全て剥がされている|
 |秘書クリック会話(クリスマス仕様①)|これが…クリスマスか。ふぅん…そうか♪||
 |秘書クリック会話(クリスマス仕様②)|提督、いつもお疲れ様だな。今日くらいは一緒に呑もう。||
 |秘書クリック会話(ケッコンカッコカリ)(反転)|COLOR(white):大丈夫…私はあなたと共にある。||
 |戦績表示時|司令部から連絡だ||
 |編成選択時|戦艦長門、出撃する!||
 |装備時①|近代化改修か。私には必要ないのだが…|近代化改修の際、機関を交換せずに25ノットを維持できたことに由来か|
 |装備時②|ありがたい。これなら奴とも戦えるな|他のビッグ7のことかもしれないが、昭和の大改装が元ネタだとすると、各国が条約明けを見越して作られた、ビスマルクのような当時の新型戦艦のことかもしれない|
 |装備時③|いいだろう||
 |>|>|(マップ選択・資材発見・修復剤使用・装備開発と装備時③は共通)|
 |補給時|そうだ。食えるときに食っておかねばな。|戦争末期には満足に動かす燃料もなかったためか|
 |ドック入り|少し整備は必要だな||
 |ドック入り(重傷)|艦隊決戦は、万全の状態で戦いたいからな。||
 |建造時|新たな仲間が進水したようだ。楽しみだな||
 |艦隊帰投時|作戦終了だ。艦隊が帰投したぞ||
 |出撃時|第一戦隊、出撃するぞ!|第一戦隊は最強戦艦部隊だった|
 |戦闘開始時|ビッグ7の力、侮るなよ|図鑑は「ビッ&bold(){ク}7」だが「ビッ&bold(){グ}7」が正解(現在は修正済)&br()残りの6隻は「陸奥」、米コロラド型「コロラド」「メリーランド」「ウエストバージニア」、英ネルソン型「ネルソン」「ロドニー」|
 |攻撃時|待ちに待った艦隊決戦か。胸が熱いな|一度も戦艦対戦艦の艦隊戦を迎えることなく終戦|
 |夜戦開始時|よし!艦隊、この長門に続け!||
 |夜戦攻撃時|全主砲、斉射。…てーい!||
 |MVP時|連合艦隊の旗艦を務めた栄光に比べれば微々たるものだが、貰っておこう…か|長門は聯合艦隊旗艦として国内外に知られた|
 |被弾小破①|フッ…効かぬわ!||
 |被弾小破②|長門型の装甲は伊達ではないよ|欧米の新型戦艦をも上回る最大508mmの装甲を持っていた。これより厚いのは大和型だけ。|
 |被弾カットイン|くっ…敵艦隊も…なかなかやるな…!||
 |撃沈時(反転)|COLOR(white):戦いの中で沈むのだ……あの光ではなく…本望だな…|COLOR(white):戦後、米軍の標的艦として核爆弾により沈没| 
 |その他|2014年か、胸が熱いな|おそらく限定のセリフ|
 |その他2|謹賀新年か、胸が熱いな|おそらく限定のセリフ|
 |ケッコンカッコカリ(反転)|COLOR(white):なんだろう? 記憶の彼方にある、あの光景は? 敵味方の艦たち、そしてあの巨大な光…。疲れているのか…な、提督。|COLOR(white):長門最後の戦いとも言えるビキニ環礁で行われた核実験、クロスロード作戦の光景。日本(長門と酒匂)やドイツ(プリンツ・オイゲン)の船も使われたが、大多数は終戦に伴う軍縮により不要となったアメリカの船だった。|
 
 |時間|台詞|関連する史実や元ネタ、解説など|
 |放置時|ん…何?別に時間を持て余している訳ではないぞ。あーそうだ、忙しいなぁ。|史実では艦隊決戦の機会がなく、暇を持て余していたからか|
 ----
 *コメント
 最新の30コメントを表示しています。
-#comment_num2(num=30,disableurl,log=コメント/長門)
+#comment_num2(num=30,disableurl,log=長門/コメント)
 
 ----
 #region(外部リンク)
 *外部リンク
 -[[Wikipedia:長門>>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%96%80_(%E6%88%A6%E8%89%A6)]]
 -[[ニコニコ大百科:長門>>http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%88%A6%E8%89%A6%E9%95%B7%E9%96%80]]
 #endregion
 ----
 #region(タグクラウド)
 *タグクラウド
 #tag_cloud(sort=num)
 #endregion
 ----
 #region(関連ページ)
 *関連ページ
 #related(sort=timestamp)
 #endregion
 
 
 ▼wikiレンタル代価広告