用語集 > あ行

用語集/あ~お




アークナイツ

原題『明日方舟』で、pixivのタグでも日本版タイトルの「#アークナイツ」より原題の方が多く使われている。鷹角網絡(HYPERGRYPH)が開発しているタワーディフェンスゲーム。日本での運営は(´田ω中`)や(´艦ω豚`)が最も憎悪しているであろうYostarが担当する。
エネルギーを持つ鉱石「オリジニウム」によって急速な発展を遂げた世界において、プレイヤーは鉱石病感染者を主とする組織「ロドスアイランド」の指揮官代行である「ドクター」としてオリジニウムと様々な勢力の思惑が渦巻く戦いに身を投じていく、といったストーリー。その世界観やキャラクター・UIデザインから兼ねてより大陸アプリのプレイヤーから注目されていた存在である。
開発には『少女前線(ドルフロ)』の元スタッフが携わっており、HYPERGRYPH社自体もSunborn Games社とは元々は姉妹サークルの関係であった。だからといって正式サービス開始前に揉める所まで真似しなくてもいいのよ
少女前線の日本進出の際のゴタゴタと同様に長らくこのアプリはリリース時期未定とされていたが、中国では2019年4月30日に無事に正式リリースされ、App Storeにおいて初週の売上ランキング4位、DL数も500万人を突破と好調な滑り出しを見せた。日本では2019年内のサービス開始予定とされていたが後から発表された韓国製の『Epic7』の方が先にスタートし、2020年1月16日から開始となった(この経緯については、リンク先の記事の後半を参照)。
また、ビリビリ日本法人の参入第1弾となる『アークオーダー』とはタイトルが類似するものの無関係。

上記の通り日本ではYostarが運営を担当すること、加えて参加声優には艦これ界隈でも著名な井口裕香佐倉綾音茅野愛衣金元寿子鬼頭明里藤田咲等が起用されていることから(´田ω中`)や(´艦ω豚`)がなんらかの反応を見せることが予想されており、既に愚痴スレに乱入している一部の(´艦ω豚`)は【憎きあぢゅれん】に対する防波堤とでも考えているのか勝手に「艦これチーム」認定している、かと思ったらようやく運営先が理解できたのかアズアンスレで艦船擬人化ゲーじゃないのに貶しまくっている始末である。それでいいのかお前ら

※艦これチームに加えた時の発言
579 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/05/13(月) 12:22:12.87
でも艦これチームにはドルフロの他にアークナイツとアッシュアームズが加わるから
情報収集の大切さを、いつも身を持って教えてくれる
日本でのサービス提供日が決定した際には大方の予想通り愚痴スレ定番荒らしの【鳩】がウキウキで艦これ愚痴スレを襲撃するも開発会社違うしこれこそ艦これとは何の関連性も無いんですがそれは、上記発言を掘り返され「ようやく理解できたんでちゅねーwww」という感じで嘲られていた。

なお、KADOKAWAやサンボーン、4Gamer.netと共に反Yostar系企業の1社とみなされているグッドスマイルカンパニーでは「アリバイ作り」のためか、相変わらずアズレンの商品は一切出さないのに対してアークナイツに関してはねんどろいどの発売予定を公表している。

RME

主に声優業の所属者を多く擁する芸能事務所。設立経緯や役員の顔触れなどから青二プロダクションの系列事務所として扱われる場合がある。事務所の規模は中堅クラスだが、所属声優が艦これに出演したことは一度も無い。
アジア系の映画やドラマの吹き替えに比較的強く、その流れから2010年代中盤以降は中華ゲーのキャスティングでこの事務所の声優が一括採用される傾向がみられる。
特に2017年リリースのアズレンで多くの所属声優が出演し、ローンチを牽引して以降は蒼青のミラージュ(戦少Rと同一艦でキャストが異なる場合あり)やアビホラでもアズレンでの実績を引っ提げて同事務所から複数人が起用されている。
主な声優と配役は以下の通り。
  • 山根希美
    • アズレン:ペンシルベニア、ヨーク、ジャベリン
    • ソノミラ:レプライザル
  • 伊藤あすか
    • アズレン:アーク・ロイヤル、サンディエゴ、ハムマン
    • アビホラ:潮、デューク・オブ・ヨーク、クイーン・アンズ・リベンジ
    • ソノミラ:アトランタ
  • 堀籠沙耶
    • アズレン:クリーブランド、コロンビア、エレバス
    • アビホラ:冬月
  • 蒼乃輝
    • アズレン:サセックス、大潮、荒潮
    • ソノミラ:駿河
  • 吉岡香織
    • アズレン:ポートランド
  • 吉田幸代
    • アズレン:ロング・アイランド
  • 中条智世
    • アズレン:川内、ヘレナ、エイジャックス
この内、特に伊藤あすかと山根希美の2名は何故か(´艦ω豚`)から激しく目の敵にされている。
また堀籠沙耶は(´田ω中`)が「卑怯者」扱いするクリーブランド役だけでなくアビホラが出し抜いた冬月役にも起用されたため、個人的なムガ度は群を抜いていると言えよう。

青島文化教材社

静岡市に本社を置き「アオシマ」ブランドで主にスケールモデルを製造・販売している模型メーカー。Z級クソアニメの製作委員会に出資しており、艦これとのタイアップ商品も発売している。
だけなら取り立てて説明することも無い関係だが、社内に重度の艦豚がいるらしく艦これのラバーストラップで那珂の封入率を異様に高く設定したり、艦これとは無関係なイギリス重巡エクセターの模型で箱絵に撃沈された艦の乗員を救助する六駆の雷と電をデカデカと目立つように描いたりと、艦これとは関係無い商品を含めて顰蹙を買っている。

しかしシーライオンに撃沈される間宮の箱絵がプラモ化もしてるため単に悪趣味なだけなのかもしれない。
アーイチソ「シーライオン絶許」
悲鳴いいよね悲鳴

明石の工廠

ピンク髪の屑工作艦である明石がやっている工廠。
悔しさに満ち溢れたマゾゲーっつーのもマゾゲーに失礼ならしいシステムが展開されており、
意識が高い艦豚君たちはしきりに改修改修叫び散らしている。
しかしながら、ここを利用しても大してステータスは上がる事がない。
だというのになぜか艦豚君のマウントに非常によく使われる。持ち物マウントとか小学生かよ

艦豚基準で嫁艦宣言をするのには、最上位装備(※)を全てMAXまで改修していることが最低条件の一つに挙げられる。

そういう意味でも悔しい思いをしてムガッた元豚の皆さんは少なくないのではないだろうか。
そんな怨嗟を生み出す悔しさと金巻き上げの施設である。

※あくまで「装備」であり本体である艦娘ではない。ロスト時に嘆かれるのが艦娘自身ではなく「装備の喪失」である事からもお察し。

Axis Powers ヘタリア

日丸屋秀和原作の『国』をモチーフとした擬人化漫画作品である。ヘタリアの登場人物である「日本」は大日本帝国海軍の軍服をしていることから、MMDに於いて提督として使われることが多いが、規約違反(暴力表現等)が頻発した事や腐女子層を嫌う(´艦ω豚`)からは【艦これは不謹慎じゃないが、ヘタリアは不謹慎】貶された事により、艦これに対して嫌悪感を抱いたヘタリアの女性層が多かった。(なお現在は沈静化している。)
因みに『艦これ』のブームの影響か、2015年1月12日にはリクエストによるオリジナルのイタリア艦娘(リットリオ)を描いたものと思われるイラストが『APヘタリア』原作者・日丸屋秀和氏のブログに投稿されている。

因みにヘタリアの本篇でNTUYを拗らせた(´艦ω豚`)にとって特大ムガ案件な台詞が登場する。

「連合国諸君!野蛮な枢軸国をこのままにしてはおけないだろう。今こそ、我々連合国が世界を救う時だ!正義のために共に戦おうじゃないか!悪の枢軸国に連合国の正義の鉄槌を!」(つまり、俺がヒーローだ!)


アズアニメ


正式タイトルは『アズールレーン The Animation』。東宝(TOHO Animation)の製作でアニメーション制作はバイブリー・アニメーションスタジオ、監督:天衝(田中基樹)、脚本・シリーズ構成:鋼屋ジン。2019年秋アニメとして同年10〜12月に放送(第11・12話は翌年3月に放送延期のため、2019年1月から順次再放送)。
後にアズレン公式Twitterで連載されている公式四コマ漫画「びそくぜんしんっ!」のアニメ化企画も発表されたため、そちらとの区別として「バイブリー版」と呼ばれたりもする。
まあそんな訳で艦豚が日々憎悪と悔しみを募らせるあの「アズレン」のアニメ化にして、艦これ以来初となる「艦船擬人化作品のアニメ化」である。
当然豚さん達が噛みつかない訳が無く、放送前はかつて信者達が「そんなものは無かった」と封印したはずのZ級アニメを持ち上げて対抗しようとする異常行動に出た。ZZ?だってアレは全く進展なかったし……
放送後は徹底的に粗探しに移るも本放送・及び翌日から続く各サイトでの配信で連日発狂する事態となり、挙句の果てにはその醜態がワールドワイドに拡散され、redditでは「Goddamn the Japanese」(theをつけているところに「一部しょーもねえ日本人がいる」という外国ニキの無言の嘲笑を感じられる)というスレが立てられ嘲笑されることとなった。

アニメ自体の出来や評価については艦これと一切関係がないので割愛するが、少なくとも「艦これのアニメ」のような「『嫁艦をアニメに出さないでくれ』と願う人々が続出する」という事態は起こらなかった。この時点で「キャラもののアニメ」として両者を比較するのは極めて困難だと言わざるを得ない。

愚痴スレでは艦豚の異常行動の報告(という体で)、艦これ愚痴スレで【何故か】本アニメを叩きに来るスレチの豚さん、そしてこれまた【何故か】艦これ愚痴スレでアニメの感想(主に擁護)を吐きにくるスレチの方々と本アニメの話題がさも当然のように出てくるが、前述の通り艦これと一切関係のないアニメであり、Z級との比較もハッキリ言って時間と労力の無駄である。
つーかどいつもこいつもスレチなので黙ってスルーするのが吉。そんなことよりけんちょんの一挙手一投足に注目しようぜ

アズアンスレ

5ちゃんねるのスマホアプリ板にある「アズールレーンアンチスレ」のこと。1スレ目は平松タクヤが立てたとも言われているが真偽不詳。
「アズレンのアンチスレ」とは名ばかりで実態は特濃艦豚・謙兵の溜まり場状態になっており、
艦これを称賛しないとスレ民総出で袋叩きにし、純粋にアズレンを嫌っているタイプのアンチを追放するという珍妙なルールで運用されていた。
このスレとは別にしたらばに艦これ愚痴スレ監視専門の出張所がある。もうアズアン関係ねーじゃねえか

艦これの「やらかし」やアズレンの新発表に呼応してしばしば内ゲバを行う事が確認されている他、
どうやら実働人数がかなり少ないらしく、アフィブログの煽り風記事掲載直後や愚痴スレで艦豚が突撃してきた際には書き込みが激減しゴーストタウン化する現象がみられる。
また、たまに愚痴スレからのレス引用をしている一方で、愚痴スレへのレスの引用に対しては「監視してんじゃねえよ」と言ったスタンスを取っている。
このため、愚痴スレとは相互監視状態になっている。
かつてとくさんだったものを裏切り者として持ち込むこともあるのだが、如何せんスレタイの割に豚足を隠す気が微塵もないのが致命傷となり、5chでそんな対立煽りをするのは数える程しかいないというのが実情だ。

艦これ愚痴スレの常連客(?)である鳩(顎)が根城としている事が度々確認されているが、ムノウムーブの数々からスレ民からも鼻つまみ者になっている模様。
そして2019年8月末にはPS4『クロスウェーブ』をどうにかしてクソゲーオブザイヤー(KOTY)にノミネートしようと家ゲー方面に侵攻するもルール無視の投稿によって即撃沈、どころか一発で根城を突き止められてしまった。
その後選評を書くも無い頭で捻りだしたせいか全く面白くなく*1、態々「提督」と書いてしまった事もあり即座に一蹴される。
そしてアズアンスレでの無関係なKOTYスレへの突撃は避けるべしという声を無視して【誰かさん】が喜び勇んで突撃に励んでいたところ、
2019年9月、【憎きあぢゅれん】の日本版2周年とアニメ放送開始目前にして外部(【もろちん】愚痴スレではない。某J方面?)の不興を買ったのか大量の荒らしを呼び込んでスレが機能停止状態となり、以前(2019年4月の横須賀鎮守府陥落に前後して内紛状態となった結果)作っていたしたらばの避難所へ悲壮感溢れる逃走に追い込まれた。

+...
鳩曰く、勢いのないスレ(避難所)でのホームレス生活は辛いらしい。自業自得だな
178 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sd62-BMQK)[sage] 投稿日:2019/09/10(火) 21:07:29.44 ID:dASVh5zUd
アンチスレ民は勢い2桁のスレに追い込まれてレスほとんど無い過疎生活なのにお前らは勢い4桁のスレで毎日毎日難癖ばかりこれは不公平だろ
なんでアズレンの文句言ってるだけでこんな扱いされなくちゃならないんだ?艦これの愚痴は許されてアズレンの文句言うことは許されないとか頭おかしいやろ
そして266スレ目にはスクリプト対策を兼ねて「アズールレーン愚痴スレ」(通称「アズ愚痴」)に改題されたが、この改題のせいで従来から公然と行われていた「艦これを称賛する行為」が余計にスレの趣旨から乖離していることには頭が回っていないようである。

翌月の【憎きあぢゅれん】アニメ放送開始以降は、スマホアプリ板からアニメ板に戦線を拡大することが懸念されているが、肝心の本拠地が爆撃で潰される無限ループに陥っていたダメージは大きく、状況によってはしたらば避難所すら潰されるという完全にロックオンされた状況にあることから今後の情勢は不透明である。
なお、アニメアンチ板においてはアンチスレを1作品につき1スレ立てることが認められているため、アプリ板への復帰が見込めない場合は同板にアンチスレを立ててそちらへ本拠を移転するのではないかと言う見方もあったが、【謎の】意地でスマホアプリ板を本拠地にする事は止めない模様。
ただし本拠地の方はゴーストタウンとなっており、したらば避難所で細々と運用されている様子。

ちなみに艦これ愚痴スレにはよく「艦これアンチスレに改名すべきだ」というご意見を賜る方が現れるようになったが、
前述の事情よりその真意は「艦これアンチスレといいつつ実態はアズレンを称賛する(お前らが普段馬鹿にしている俺たちの根城と同じ趣旨の)スレになれ」であると思われる。
要するに【いつもの】おおムガえしである。

アッシュアームズ ‐灰燼戦線‐

βテストを経て2019/10/25にリリースした兵器擬人化ゲー。運営はシドニア。
中国で開発された原題「灰燼戦姫」が中途で頓挫したのをシドニアが買い取って開発続行し、日本でリリースした経緯がある。陸海軍の兵器(not軍艦)の擬人化となっており、空母に積まれる艦載機等も登場。日本製タイトルでは、にじよめで提供されている『りっく☆じあーす』が内容的に競合する。

災獣(リセッター)と呼ばれる化け物が闊歩する世界で人類は勢力を失い、Cityと呼ばれる無国籍の生存圏に押し込まれていた。
反撃の一手となったのは『DOLLS』と呼ばれる特殊な装備を扱う少女たち。
指揮官となったプレイヤーはDOLLS達を率いて災獣との戦いに赴くのだった……というストーリー。

艦船擬人化ゲーではないので、本来なら艦豚が文句をつける謂れは無いのだが、何故か艦豚どもによるネガキャンが続けられている。
バトルはSDユニットによる横スクロールのユニット移動と、戦闘ターンの2つに分けられる。

ガチャは最高レアの星3が5%とそこそこ緩め。
ステージの中でキャラクターの情報媒体がドロップし、それを集める事で手持ちにいないキャラも取得できる。これは同時にレアリティ突破素材となり、☆1キャラも最高レアである☆5まで育成可能。

ゲームの難易度は芸無である艦これより遥かに高く、同一ユニットでも複数の形態を持ち、例えば戦車の移動形態なら移動力が上がる代わりに射撃力が下がる。固守形態なら守備力が激増する代わりに移動力が無くなる等。ユニット毎に特徴がある中で、更に形態変化も駆使し、手動操作を行わないと序盤から勝利が難しい程。
そこを「歯ごたえがある」とみるか「難しくて訳わからん」と見るかで評価は分かれるが、スタート時はランキング10位入りを果たす等、まずまずの出だし(それでムガったのだろうけど)。
キャストでは釘宮理恵をはじめとした有名どころやエース声優のおまるソン野水伊織、さらにサルーテ三人娘兼ボクカワウソマザーの内田秀らが大量に起用されており、そちらでも事務員しか使えないどこぞの貧乏ゲームがムガったのかもしれない。

ちなみに『アークナイツ』の項でも説明した通り、愚痴スレに出没していた艦豚さんの中では(少なくともリリース前は)これも艦これさんチームだったらしい。
また、運営元のシドニアは本作のリリース直後に軍用機擬人化ゲーム『ソラヒメ』(2016〜18年は6wavesが日本版運営)を『エースヴァージン:再出撃』に改題して事前登録を開始したが、開発元が異なることもありアッシュアームズと同一機体をモチーフにしたキャラ同士であっても共通化などはされていない。

当てつけ

他艦船擬人化ゲー(特にアズールレーンが多いが同作に限定されない)が新キャラクターの追加等のアップデートを行った際に、それに対抗する形で新たな要素を追加したり、ツイッターで発言したりすること。
ネットなどでの流行を拾ってネタにしたり、同業他社のトレンドになりそうな要素をキャッチして先手を打ったりする事はどのゲームでもそこまで珍しい事ではないのだが、(´田ω中`)の場合センスが壊滅的に無いため「対立煽り」と取られても言い逃れできないものが非常に多い。
もちろん艦豚達はこれを「親分からの攻撃指令」と解釈し、他ゲームへの攻撃に勤しむ。まったく持って迷惑な話である。

また、おそらく精神的に余裕がなくなってしまうためかこの「当てつけ」の前後には誤字を連発したり、怪文書が普段より更にひどくなる現象が確認されるため、(´田ω中`)のムガール具合を計る指標として使われることもある。

以下、当てつけを疑われたケース(長いので格納しています)
+ケース1:「晴れ着modeに課金等は必要ありません」ツイート
ケース1:「晴れ着modeに課金等は必要ありません」ツイート
対象:アズールレーン他現有の萌え系スマホ・ソシャゲ全般 疑惑度:強(対アズレンに関して)
詳細については艦王語録の「課金等は必要ありません」を参照
(´田ω中`)がアズレンに対して宣戦布告した記念すべき(?)ツイートであり、ここから他戦艦擬人化ゲームへの仁義なき当てつけが始まる
タイミング的には対アズレンへの当てつけと考えるに十分なものであるが、所謂着せ替えにのみ課金をさせるというスタイルが主力になりつつある美少女キャラ系のスマホ・ソシャゲー全般に喧嘩を売る発言でありそちらが主だったのではないかとの声もチラホラ。
いずれにしても、この発言を後ろ盾としてアズレンや同作プレイヤーを煽り倒す豚さん達が各所で観測される。
なお結果についてはお察しの通りで、「夕立の晴れ着」という同じテーマにおいて艦これ側のイチソ氏が(日本国内ではポッと出の)Saru氏に一方的に惨敗する等、非常に惨めなものとなった
また、この発言のせいで今後艦これが「着せ替え課金」にシフトする芽を完全に摘んでしまう事になる。
ぶっちゃけ対アズレンがどうこうよりこっちの方が商業的には遥かに深刻だと思われる*2が、謙介的には芸無本体で稼ぐという線はこの時点で捨てたのだろうか?
+ケース2:18冬イベにて実装された駆逐艦ジャーヴィス
ケース2:18冬イベにて実装された駆逐艦ジャーヴィス
対象:アズールレーン 疑惑度:中
1期最終にして「芋空母」「むさ死」などの衝撃(もとい笑撃)のネタを提供した18冬イベにおいて実装されたキャラクターの一人で、元ネタはイギリス海軍Jクラス駆逐艦ジャーヴィス…なのだがモチーフとなったレイテ沖海戦とは無関係な艦であり、何故実装されたのかが議論となった
その中で「同じJクラス駆逐艦の、アズレンの顔とでもいうべきジャベリンにムガったからではないか?」という仮説が立ち、この件も当てつけである可能性が浮上した
尤も、(´田ω中`)はそのジャーヴィスを簡悔によって握り潰すという奇行に走ったが
他作品に出されるのも悔しいが、それと同時に取られるのも悔しいではどうにもならないと思うぞ
+ケース3:5周年記念において実装されたサミュエル・B・ロバーツ
ケース3:5周年記念において実装されたサミュエル・B・ロバーツ
対象:請命令!提督SAMA(最終戦艦withラブリーガールズの台湾・香港版)&戦艦少女R 疑惑度:強
恐らく現状ではこれが最上級のムガ要素にして最大の当てつけであると思われる
詳細は5周年記念を参照
+ケース4:5周年記念でTwitterに投稿されたメイド春雨
ケース4:5周年記念に投稿されたメイド春雨
対象:アズールレーン 疑惑度:弱
6月9日に突如として艦これ公式アカウント(という名の田中の個人アカウント)にて田中ファミリーの一人にしてトレーサーとして悪名高い玖条イチソ氏のメイド春雨の描き下ろしイラストが投稿された
相変わらずの判子絵ぶりも然ることながらよりによってメイド服を選んだのは、これより少し前の4月24日にアズレンの公式アカウント(こちらはしっかり認証済)に投稿されたメイド白露への対抗ではないかとの疑惑が上がった(このメイド白露は元々は当時開催されていた重桜カフェ向けに描き下ろされたものである)
これについては「さすがに偶然だろう」という声も上がったが、正月以来のイチソ氏とSaru氏の対決再びという構図になった(言うまでもなく、今回もイチソ氏の大惨敗である)
余談だが、この時田中はあたかも「イチソ氏が自発的に投稿した」ような旨のツイートをしていたが、イラストを発注する権限を持っているのは田中本人だけであり、それも公私問わず自発的な投稿を徹底的に禁止しているため、これの発言は実情と矛盾する
+ケース5:金剛型改二、及び長門改二へのテコ入れ
ケース5:金剛型改二、及び長門改二へのテコ入れ
対象:アズールレーン 疑惑度:強
5月31日から6月14日までアズールレーンにて開催されていた「墨染まりし鋼の桜(通称長門イベ)」は「金剛型4姉妹の揃い踏み」「長門、陸奥をデザインを一新して実装」「枕月もとい秋月の声優、小澤亜季氏の突然の裏切り」「他にも朝潮、大潮、文月、そしてサプライズとして江風の実装」と多数のムガール要素を内包するものであった
当然ここまでのことをされて田中が黙っていられるはずがなく、5月29日の夜に突如として金剛と榛名を名指しした上でフィット装備を追加する旨のツイートを投稿した
アズレンにおいて金剛と榛名が紹介されたのは5月26日であり、さらに当時目玉であった伊勢改二はデブクイズによる徹底的なマスクmooooodeが為されていたため「これはアズレンに金剛型を全て取られたことへの極大ヒットマークだ」とするレスが飛んだ
そしてメンテ明けの怪文書もとい内容ツイートの中ではアズレン長門への当てつけとも取れる長門改二へのテコ入れが実装されたとの投稿が…
なお、その肝心の金剛型や長門へのテコ入れも「大規模if改装」なる伊勢改二によって全て無為なものとなった
+ケース6:【北上】
ケース6:【北上】
対象:ガーディアン・プロジェクト 疑惑度:中?
2019年8月26日に何の脈絡もなく突如北上の書き下ろしを(C2のツイッターのみでゲームには一切反映されていない)投下したが、ちょうどこの直前にガーディアン・プロジェクト(守護プロ)に北上が実装されていた。ちなみにCVは艦これ出演歴のある伊藤静。
また同年9月~10月に日本列島を幾度となく襲った超大型台風に関しても妙に「北上」というフレーズを使いたがっており、前述の件も合わせるとヒットマークだったのではないかと言われている。
※ただし艦王はこれ以前からも、台風襲来時に「北上」というフレーズを無駄に使いまくる習性がある。

アドマイラル

16夏イベで登場したイギリスのクイーン・エリザベス級戦艦2番艦ウォースパイトの台詞。英語で「提督」と言う意味の"admiral"のことだと思われるが発音記号は【ˈædm(ə)rəl】、つまり「ェアーッドミッリァール」のような発音となる。
CVの内田秀はオーストラリアからの帰国子女と言うことで艦豚は「アメリカ英語ではなくイギリス英語直系のオーストラリア英語ではアドマイラルと発音するはずだ」と必死に擁護を試みたが、もちろんそんなはずはなくオーストラリアでも"admiral"の発音は英米と変わらず【ˈædm(ə)rəl】である。そのため、何故「アドマイラル」と発音したのかは全くの謎に包まれている。
  • 18世紀以前には"admyral"と綴られることもあったため"my"に引きずられて「マイ」と読ませたのだろうか?どっちにしろ20世紀に就役してた艦船とは何の関係も無いけどな

また、現在起動時ボイスの中には(「アドミラル」か「アドマイラル」かは定かではないが、)超絶巻き舌で無理矢理発音したせいか「アドモー」(モーはマォーのような発音)としか聞こえないボイスがある。
誰かまともな監修を呼べ。

貴方だけの無敵艦隊

2013年の艦これスタート当初にDMMの紹介ページで使われていたキャッチコピー。イベントの度に出撃札で編成の自由を奪われたも同然の現状に対する皮肉以外の何物でもない。
最近では、自艦隊を道中の露払い用として用い、友軍と言う名のGM裁量の介入部隊「Kanataだけの無敵艦隊」をボスにぶつけて撃破する・GM側に貢物をすることで友軍が強力になるシステムの実装なども相まって、決して自艦隊が主役ではない事を指して語尾に(笑)とつけたくなるような状況が加速している。

アニメ聖地

指定暴力団KADOKAWAの傘下関連団体であるアニメツーリズム協会が選定した、アニメ作品の舞台となった日本全国88か所の「聖地」のこと。
生意気にもZ級クソアニメからは大湊、横須賀、舞鶴、呉、佐世保の5か所が選定されており、大湊以外の4か所では観光案内所などにスタンプが常設されている。
このうち横須賀のスタンプは「はいふり」こと『ハイスクール・フリート』と合同で設置されているが、2019年春の横須賀鎮守府陥落により観光案内所がアズレンに制圧(幟が立てられ三笠の等身大ポップを設置)された事や、
そもそも(´田ω中`)的にはここで取り上げられている「艦これのアニメ」は最初から存在しなかったことになっているためか、ズイパラの拡大作戦でも経路の途中にある常設スタンプの存在は(´田ω中`)から完全に無視されてしまっている。

アベ(仮名)

16春イベでprayer達を阿鼻叫喚の渦に巻き込んだ詫び空襲と同時期に「(´田ω中`)の後任で艦これの2代目プロデューサーになった」とされていた人物。
検証部に協力していたフリーライターの南条匡が「(´田ω中`)は既に艦これのプロデューサーを降りていて、16春イベのマップは後任のアベと言う人物がデザインした」とソース不明の発言をしたのが発端だが、そのような人物は実在しておらず、そもそも(´田ω中`)がプロデューサーを降りた事実も無かった。そのため、南条が思い付きで「運営に対する風当たりを回避するため適当な名前をでっち上げた」と言うのが定説になっている。
なお「アベ」と言う名前に関しては、内閣総理大臣とは無関係で『太平洋戦記』などウォー・シミュレーションで定評のあるジェネラル・サポート代表取締役社長の阿部隆史から取ったのではないかと言う見方がある。当然ながら阿部は艦これには一切関わっていないので、風評被害もいいところである。

一連の流れについては、ピクシブ百科事典「甲は栄誉、乙は敢闘、丙は英断」も参照。

なお(´田ω中`)はちょうどこの春イベ以降、ネットへの露出を完全にシャットダウンし雑誌インタビューなどでも顔出しNGという、大人気ゲームのプロデューサーにしてかつて様々な媒体に登場していた男とは思えない過剰なまでのマスクmodeに突入することとなる。そして盗撮案件が増えるのだった
この(´田ω中`)の動きと、前述の騒動は完全に無関係と言い切れるだろうか?

アリス・ギア・アイギス

株式会社ピラミッドが開発、コロプラが運営しているiOS/Android対応の3Dアクションゲーム(メーカー発表では「武装カスタマイズアクション」)。略称は「アイギス」だとDMMの『千年戦争アイギス』と混同されるためか「アリスギア」が推奨されている。

SF系の世界観であり艦これと直接競合する部分はほとんど無いが、メインキャラクターデザインと監修・総指揮が島田フミカネと言うこともあり愚痴スレでもたまに名前を挙げられている。特に作中でのコラボレーションが艦これで望まれながらも実現しなかった『ストライクウィッチーズ』を初めとする「スーパーフミカネ大戦」さながらであったり『銀牙』シリーズで有名な漫画家の高橋よしひろが新規に描き起こした犬や熊が登場するなど話題性に富んでいることと、フミカネ人脈でじじなど艦これ参加歴がある(と言うよりMC☆あくしず系の)原画家が起用されていることがよく引き合いに出されている。
ガチャはコロプラ系の例に漏れずかなり渋く、他なら無期限のガチャチケも期限付きという仕様。白猫などでウンザリした人やガチャ嫌いな人には向いていない。

(´田ω中`)の古巣であるスクウェア・エニックスがアプリ版を運営しており、しずまよしのりがキャラデザを担当している『刀使ノ巫女』と共にこれと言ったヒットマークは出ていないが、内心ムガっている可能性は十分に有り得る。
そして、2019年6月4日からは他DMMブラゲーとして草野球ランキングで艦これと競う関係になった。
その半年後の公式4コマ

ありらいおん方式

同人界隈での作品の人気を測るバロメータとしてよく使われるコミックマーケットのサークル数カウントにおいて、集計者の主観で特定の作品に有利または不利な扱いをすること。角川系ニュースサイトのASCII.jpにおいて、ペンネーム「ありらいおん」が寄稿した記事中でサークル数のカウントに疑義があったことからこう呼ばれるようになった。
ありらいおん自身は艦豚と言うよりも東方アンチであったらしく、長年にわたりジャンルコード単位でサークル数1位に君臨し続けていた東方を過少に見せるため個人の主観でサークルカットから判断がしづらい「疑問票」を片っ端から除外していた一方、TYPE-MOON(ほとんどがFGO)やアイマス、ラブライブなど他の人気ジャンルや当時急増していた艦これについては同じような「疑問票」でも有効とカウントしているのでないかと突っ込まれていた。

2018年の冬コミでアズレンが単独でジャンルコードを獲得してからは、艦豚がこのカウント方法を引き継いでマウントを取る材料にしているが、伸び率ではアズレンがぶっちぎりの1位で艦これの一人負けだったことを指摘されると発狂する

また、ありらいおん方式と類似したものに「なずな式地熱論」と言うものがある。こちらはありらいおんと並ぶ東方アンチとして有名だった綾瀬なずなが東方のサークル数減少を「衰退局面」とあげつらっていたのに対し、艦これのサークル数減少をツッコまれると「サークル数は減ったが地元の熱は上がっている」とアクロバティック擁護を炸裂させたのが由来とされている。

アレ・アホ

艦豚が2つセットで多用するアズールレーンとアビス・ホライズンの略称兼蔑称。前者は「名前を出してはいけないアレ」、後者は「身の程を弁えず覇権の艦これに楯突くアホ」と言う含意がある。
後者についてはリリース以前に艦豚筆頭の平松タクヤが「アホライズンと呼ぶのが流行っている」と主張していたが、この時点では明らかに平松本人が捻り出した造語であった。しかし、艦これとの間で法廷闘争が勃発した頃には艦豚及び艦これとは無関係に旧運営への不信感を持った層の間で「アホズン」を経て「アホ」と呼ばれ出している。

もう少し穏やかな表現としては、2タイトルどちらにも当てはまる「“ア”で始まって“ン”で終わるの」と言うものがある。
また愚痴スレでは「アズレン」「アビホラ」の4文字を出すと発狂する方がたまに出現するため、「ア(の字)」「アっち」と略して発言されることがある。

E-Cube

C2機関のリアイベに必ずといっていいほど姿を見せるイベントスタッフの所属会社といわれている。
E-Cubeで調べると東京都のイベント企画会社がヒットするが、この企業を指すのかは不明なので注意。
リアイベでは雑な仕事と【謙介護衛】に定評?がある。
またそこのスタッフから、真偽不明だが艦これリアイベに企画レベルでガッツリ関与しているという仄めかしもあった模様。責任転嫁大好きなけんちょんがイベントでの様々な醜聞について彼らをスケープゴートにした事はなく、相当ズブズブな関係なのは透けて見える。

イギリスの国会で…

イギリスの議会(庶民院)でキャメロン元首相(保守党:在任期間2010年5月-2016年7月)らが、艦これとアズレンの良し悪しを論じた際の映像、もとい嘘翻訳。字幕ではなく音声である。2018年7月に「六丸の工房」氏によってYouTubeに公開された。冒頭キャメロン元首相は「アズレンは二番煎じ」と発言している。現題「イギリスの国会で艦これvsアズレンが勃発してる模様」

イキリ艦太郎(ふねたろう)

『Fate/Grand Order』の主人公(通称「ぐだ男」)に対してなんJ民の非プレイヤーが「サーヴァントにばかり闘わせて自分は安全圏から指示するだけ」と言う認識から、なろう系小説原作のアニメ化作品に対する蔑称の「○○太郎」、特に『オーバーロード』の主人公であるアインズ・ウール・ゴウンがアンチ化した視聴者から「イキリ骨太郎」と呼ばれていたことになぞらえて「イキリ鯖太郎」と命名し、プレイヤー層からの反発を招いたのが由来。論争の過程では『金色のガッシュベル!!』の清麿や『ポケットモンスター』のサトシが引き合いに出されていた(両者ともよく直接攻撃を喰らっているため例えとしては適切ではないだろうが)。
この「イキリ鯖太郎」は語呂の良さから短期間でFGO界隈以外にも広まり、2019年のアニメ流行語大賞では銅賞に輝いている。流行の初期に各地で大暴れしていたとくさん達が必死に持ち上げようとするZ級クソアニメに登場する(と言っていいのか?)提督を「だったら艦これ(Z級)の提督は“イキリ艦太郎”か?」と言う意見が出たのを機に、このパワーワードが爆誕した。
艦これ及びZ級の提督は虚無つーか後者は田中謙介本人なので「イキリ」には値しないという意見はあるが、愚痴スレでは「マウント取りに四六時中勤しむイキった艦豚の蔑称としては申し分ない」という声が多い。
おまけに、この呼称に艦豚が猛反発してアズアンスレで「イキリアズ太郎」や「イキリヨス太郎」など何を貶しているのかよくわからなかったり「反日シナ太郎」など原型を留めていないばかりか中国に真っ向から喧嘩を売る造語を生み出した挙句、それら(と、語源となった鯖太郎)を引っ提げて愚痴スレに突撃してくる何でだよという超特大のヒットマークを見せている。つーか鯖太郎を生み出したのまさか艦太郎さんじゃないでしょうね?
「督さん」同様に「艦太郎」だけなら侮蔑的表現を一切含まない(が艦豚は嫌がる)上に、「イキリ」を付ければ誰の事を指しているのか明白になるという"使い勝手"の良さも利点か。
通常、作品の主人公に対して付けられている「太郎」がユーザー自身に付けられている点も非常に興味深い。

「艦太郎」の読みは「かんたろう」と「ふねたろう」のどちらでも良く、前者の場合は『北風小僧の寒太郎』の替え歌かつ艦王自らが投下した「呉のイキ風」との悪魔合体『イキ風小僧の艦太郎』が作られたり「悲壮感」と組み合わせた「悲壮艦太郎」と言う主に微差栗田個人を指す派生語が作られたりもしているが、後者の方が語呂の良さやネタ元との近さと言う面では若干のアドバンテージがある。
また「かんたろう」読みだと「貫太郎」さんなど無関係な第三者への風評被害が予想されるが「ふねたろう」読みならそうそう風評被害は起こらないだろうという事情もある。*3

いサ終スレ

5ちゃんねるのスマホアプリ板にある「いかにもサービスが終了しそうなスマホゲーム」スレッドの略
艦豚が常駐して「アズレンはもうすぐ終わる」と必死に書き込んでいるが板の住人からは相手にされず(そもそもテンプレの要件に合致していないので当たり前)
「こんな所で工作してないで艦これの心配しろ」と追い返されるのが日常茶飯事となっている

イチソの天敵

中国のゲーム市場に君臨するカリスマイラストレーター、Saru氏のこと。とにかく筆が早く、他艦船擬人化ゲーでは戦艦少女R、アズールレーン、ガーディアン・プロジェクトの3タイトル(他、未リリース数作)に参加しており、特にアズレンではアプリのアイコンに起用されているサラトガを始め明石や雪風などを手掛ける主力絵師である。
艦船擬人化以外でもドールズフロントラインや機動戦隊アイアンサーガ、P.E.T.S.アカデミアなど日本上陸を果たした多くのタイトルで彼女の描いたキャラクターが登場している。しかし、このうちドルフロではトレス被害に遭ったことを告発し、サンボーンとの絶縁を宣言した。
他艦船擬人化ゲーに参加している原画家の多くがそうであるように艦これの同人絵を描いていたことがあり、一部はpixivで閲覧可能。

そんな彼女が「イチソの天敵」と呼ばれるようになったのは、艦これで「アーイチソ」こと玖条イチソが原画を描いている量産型シラツユ級白露型をアズレンで描いていることに起因する。特に白露、時雨、夕立あたりは両者の月とスッポンな画力を比較するサンプルケースとして引き合いに出されることが多い。また、2018年秋にクッパ姫が瞬間的なブームになった時も両名揃ってファンアートを公開していた。
(左:アーイチソ/右:Saru)

2019年7月にリリースされた【憎きあぢゅれん】に続くビリビリのオリジナル第2弾『重装戦姫』では遂に両名がキャラデザ参加で机を並べたが、アーイチソは過去のヘイトスピーチが原因で1キャラだけ担当してクビになってしまった。

なお、アズレンで江風のイラストを担当した凪白みと氏も同様に「イチソの天敵」と呼ばれることがある。

一番くじ

バンプレスト→BANDAI SPIRITSがコンビニやアニメショップ向けに卸しているキャラクターグッズが当たるくじ。

艦これはブラゲ開始初年の2013年に早くも取り扱いを開始し、既に10回以上も開催されている。しかし、1回当たりの値上げ率が消費税率の変動を考慮してもとんでもなくインフレしているのがわかる。
回次 実施年月 価格
01 2013/12 300円
02 2014/06 500円
03 2014/08 600円
04 2015/01 680円
05 2015/05 600円
06 2015/10 620円
07 2016/02 900円
08 2016/05 680円
09 2016/08 830円
10 2017/08 830円
11 2018/12 900円
12 2019/08 833円
13 2020/06 950円
愚痴スレでの分析↓
1回上げるとそれが基準になってそこからジリジリ上がっていくのは苔の理不尽度と同じで草
…これ苔が続けばどこかで1000円超えるな

一般人

艦豚が他艦船擬人化ゲーに登場しているキャラを艦娘と比較して「地味」「モブ同然」と貶める目的で使用していた形容。
具体的な使用例では、アズレンの日本版1周年で吹雪が推されていることにムガりを爆発させ(ブッキー騒動も参照)、必死に「一般人吹雪」と呼んでいたことが挙げられる。
しかし、同時期の18秋イベで初めてアズレン既出の艦に艦これが挑んだネルソンは「既出3タイトル(戦少R・アズレン・アビホラ)のネルソンに比べて特徴が薄く地味」と言う評価が支配的で、艦豚が投げたブーメランが自分の頭を直撃してしまった。かに見えたが、オンメンテで追加されたおまる艤装ことネルソンタッチにより艦これネルソンは一気に「芸人枠」へと変貌を遂げ、この超展開には愚痴スレ民も「なるほど、芸人の前では他艦船擬人化ゲーのネルソンは確かに“一般人”だわ」と納得せざるを得なかった。
その後対アズレンに関しては新キャラや新衣装のデザインを一般人と貶すのは分が悪いと察したのか「キャバ嬢」など本職の方にも失礼な形容を使うようになった様子。まさかこれが後にブーメランになるとは思うまい

ちなみに艦これネルソンが上記の件で【オマルソン】という蔑称が付いてしまった事もあり、愚痴スレで艦娘を指して「一般人」と呼ぶ事はあまりない。

しばふ絵、もしくはしばふデザインキャラに対する呼称。最近は蔑称として使われる事の方が多い。
割と初期の頃は、吹雪型などの田舎の中学生っぽい雰囲気などを揶揄して芋っぽいなどして好意的な意味で使われていた。
それに合わせるように、しばふの人間性などに対してもやたら好意的な印象で語り始めるものもいて、しばふのヒ垢における単なる変態発言や、犯罪スレスレの変態行動告白すらも比較的好意的な受け取り方でネタとして笑っているほどであった。
しかし時を経るにつれて、しばふの成長しないどころかむしろ劣化する画力や、使いまわしとコンパチだらけという散々な有様から、徐々にその信頼が薄れていった。
そして最大のターニングポイントになったのは18冬イベでデザインを担当したイントレピッドの件である(この時の界隈の阿鼻叫喚の様は18冬イベなどを参照)。
これ以前からもう既にしばふ評は散々な事にはなっていたのだが、この一件で「あいつはもうどうしようもない」という雰囲気に一気に傾いた。それはもう、英語圏でこんなクソコラならぬ芋コラが作られるぐらいに。
この一件で"potato"が世界共通語になって以降も、使いまわしとコンパチ・誰てめ絵・仕上げが雑なf**kin' potatoの量産が続けられている。

余談だが、しばふは以前に「肌を描きたくない」ような発言をしていたのだが、ガリガリ三隈など実際に描いた高露出度のイラストを見る限り、単に肌を描けないだけなのを言い訳しているに過ぎない可能性が高い。練習しようとか考えなかったんすか。

嫌ならやめろ

誰かが艦これへの不満を愚痴ると、それに対して艦豚がぶつけてくる魔法の言葉。
これさえあればあらゆる不満を無かったことにできるため、馬鹿の一つ覚えのごとく頻繁に使われている。艦豚が嫌悪される理由の一つ。
ブーム期は文字通りこれで不満を述べるプレイヤーを次から次へと引退に追い込んで自慢していたが、流石に退潮傾向が目立つようになってからは焦りを覚えたのか、
「嫌ならやめろ」と言われて「はい止めます」と宣言したユーザーに対して「やめたら晒す」「艦これから逃げるな」と善意の説得により呼び戻すようになった。
ゲーム界隈広しと言えど、止めたプレイヤーに「止めるな」と粘着する奴が大量に湧いてくるのは艦これぐらいなもんだろう。
そもそも嫌だからやめたのにさらに付き纏われるってどういうことや?艦豚にはストーカー気質の奴が多いんか?
このような状況であるのに「嫌ならやめろはやめろ」という声が表立って出ないのは艦これコミュニティの異質さを感じさせる。

派生として既に引退した元ユーザーに対して使われる「やめたくせに文句を言うな」、そして他ゲーに移住した相手には先の「艦これから逃げるな」よりひどい「裏切者」というド直球なものもある。
またしばふのイラストが嫌いという不満には「だったらしばふ艦を使うな」なんて返し文句もある。芋すぎるイラストが嫌なだけで、実際の艦自体が嫌いだと言ってるわけではないのだが?

愚痴スレでは「嫌」の女扁を言扁に置き換えて「謙(けん)ならやめろ」と言う場合もある。
例:運営は簡悔を頑張っている。謙ならやめろ

ヴァイスシュヴァルツ

ブシロードが発売している様々なアニメ・ゲームのキャラクターとのタイアップで構成されるトレーディングカードゲーム。
艦これ全盛期の2014年3月に当時としては単独作品で最大となる全164種(パラレル含まず)でブースターパックとトライアルデッキが発売され、2016年までに追加で3種類のブースターが発売された。
ちょうどブームの最中に参戦したこともありTCG自体の人気を大きくリードする存在であったものの、初風と響が「艦これの夏」と呼ばれるメタ構成で多用されて発売から5ヶ月と異例のスピードで規制を受けたりもしている。
さらに、2014年末発売のブースター「第二艦隊」に収録された隼鷹は超級の壊れカードとして猛威を振るったため、全国大会決勝の直前に禁止カード指定された(現在も解除されていない)。

2016年発売のブースター第4弾「欧州からの増派艦隊」から長らく新規の発売が途絶えていたが、2019年7月に3年ぶりとなる第5弾ブースターと新規トライアルデッキ(限定5種あり)が発売された。
恐らく、前年12月に(創業者がブシロードと同じで何かと因縁のある)ブロッコリーが発売した『Z/X』のアズレンブースターが爆売れでゲーム自体のV字回復に大きく寄与したことに(´田ω中`)がムガり、ZZ(クソアニメ2期)の前に景気付けを兼ねて再始動を目論んだ結果だと思われる……。

Uchidaシュー

2019年4月のクヤシーパラダイス開催に合わせ、前年の氷祭り兼第五回 観艦式で出演したプロスケーターの無良崇人が所属するヒロタとタイアップして作られたシュークリーム。
他の商品は日進やゴトランドなど艦娘の名前を冠しているのに、ウォースパイトを起用した商品だけCVの内田秀に引っ掛けた「Uchidaシュー」と言う名前になっている。
TNKSよぉたかが一企業の分際で人様の名前で遊ぶだなんて失礼にもほどがあるぞ?

内田秀自身はタニベユミや宮川若菜のようなC2プレパラート所属の事務員ではなく普通の芸能事務所と契約しているれっきとした声優だが、デビュー作が艦これのウォースパイトだったためか(´田ω中`)から事務員2人に準じた「譜代」のような扱いを受けている。デビュー前は一般企業の事務員をやっていたそうだがC2ではないらしい。

商品の発売直後、艦豚が他艦船擬人化ゲーの上陸前から同人界隈の覇権を巡って敵視していた東方Projectのスピンオフ作品『東方キャノンボール』の今泉影狼役で内田がキャスティングされた。他艦船擬人化ゲー相手の場合は露骨にヒットマークを出す(´田ω中`)からの扱いは特段の変化を見せないと予測される反面、かねてから東方を親の敵の如く憎悪して来た艦豚は掌返しで攻撃に転じるのではないかと懸念されていた。そして、ズイパラでは内田原案の艦これとはほぼ関係無いボクカワウソが着ぐるみになって登場し、もはや艦王の声優私物化から逃れられなくなりつつある。

膿の家

カレー機関も参照

2016年7〜8月に「アニON STATION」(バンダイナムコ系)秋葉原本店で開催されたコラボカフェ「艦これ×一番カフェ 秋葉原泊地 艦娘だらけの海の家」のこと。
特に汚飯艦「<気合い、入れて、いきます!>比叡カレー」のショボさと具無しで1000円と言う艦税ボッタクリ価格は今でも語り草になっており、これ以降もリアイベ開催ごとに比叡の名を冠したゲテモノカレーがメニューに含まれるのが定番となっている。
2019年8月の深海大サーカスに投入された「深海黒カレー」は比叡の名前こそ冠していないが、その出来は「下水カレー」「ドブカレー」と酷評が相次いだのみならず、炎天下の屋外での喫食を強いられる悪条件も重なったため「膿の家から始まる艦これゲテモノカレーの集大成」と評される。

なおブラゲ1年目のワンダーフェスティバル2014冬では、今となっては信じられないぐらいまともなコラボカレーを出していた。
けんちょんは自身の信者が揃いも揃ってドMである事を見抜き、ゲテモノカレーで信者達を苦しめる方向に舵を切ったのかもしれない。

裏切者

艦これプレイヤー及び関係者が艦これ以外のコンテンツに関与した際に艦豚が浴びせる最大級の罵声。
ここでは主に艦これに出演していた声優が他艦船擬人化ゲーに出演した時に使われるものを指す。
2017年4月に戦艦少女Rが日本語音声を追加した時から言われ出すようになった。
深刻なのは艦豚が勝手に言っているだけでなく、ゲーム自体でも他のゲーム(特にアズレン)へ出演が決定した時点で艦これの新録がほぼ0になってしまう
(5周年記念ボイスはアズレン出演声優のものも含まれていたが「5周年」と明言していないものが多いため事前に録ったものではないかと言う推測もある)
ただし、(´田ω中`)の気分や都合次第では恩赦が出されることもごく稀にある。一例としては、18秋イベではアズレンに長良型で出演して裏切者認定を受けていた鬼頭明里が岸波とマエストラーレ役で起用されたが、よりによってイベント開催中に同月リリースされた蒼青のミラージュへの出演が発表されたため、速攻で再度の裏切者リスト送りとなっている。
また、18秋〜冬に長門改二のスキルを追加した際に使用された佐倉綾音の音声に切り貼り疑惑(と言うより真っ黒)が浮上していたが、事務所からクレームが付いたのか19冬〜春の陸奥改二を追加した時は音声が「新録」であることを強調するヒットマークをさらけ出していた。
逆説的に、長門改二初登場時の新ボイスが新録ではない事を示唆する事となってしまった。また、その後の「恩赦」適用者が皆同じ事務所である事も上記の件を補強させている。

一覧はジャンルの発展に伴い余りにも多くなったので、ここでは割愛する。2019年10月時点の総出演者数は52名で内24名(直近では同年5月の川澄綾子)が裏切り認定、2名が恩赦適用、1名が引退となっている。
特に(´田ω中`)がムガった、または艦豚の反発が大きかった声優については裏切者認定/声優編を参照。

余談ながら、艦これ公式に関与した絵師が他艦船擬人化ゲー関係の仕事をしたケースはSASAYUKiやアマガイタローなどごく少数で“本丸”に当たるブラゲのキャラデザ参加者には及んでいないし、恐らくその必要性も認められていない
また、艦これ以前から存在していたMC☆あくしず系や萌え2次などの陸海空複合型ではじじやくーろくろが擬人化艦船を描いているが艦太郎たちはこれらのタイトルにウエメセを飛ばしているため、どちらにしても公式絵師の「裏切者」呼ばわりは殆ど見受けられない。
同人絵師に関してはこの限りではないが、ウエメセで「艦これ絵なら伸びるのに」と捨て台詞を吐く程度の事が多い様子。
女性声優に限って「裏切者」呼ばわりするとかやっぱりストーカーじゃねーか!

エアプ

「エアプレイ」の略。
実際にギターを持っていないのに持っているかのようにパフォーマンスする「エアギター」からの派生と思われ、そちらは50年近く前から存在するパフォーマンスとして成立した文化なのに対し、
こちらは実際にゲームをプレイしていないにも関わらずプレイしているように振舞う行為を指し、その理由の大半が他人に対するマウント取りや作品に対するアンチ、誹謗中傷目的であるため大変嫌われている
苔界隈に関して言えば、艦豚のサガとして他ゲーを攻撃せざるには居られないという悲しい習性があるのだが、自分達が普段から「プレイしていないくせに文句を言うな」と吠えているためブーメランが突き刺さる状況になっている。
そこで奴らが考えたのが「他ゲーのプレイヤーを装って叩く」事であったと思われるのだが、実際にプレイせずさも現役プレイヤーであるかのように見せかけて【真っ当な批判()】や【お気持ち表明()】を繰り広げる上に、少し調べれば分かる事すら調べようとしないのでエアプであると即バレて大恥を晒している。
某平松のように、プレイしても的外れな批判しかできないようなものも少なくないのでそこはエアプがどうとか関係ないのかもしれない

ちなみに艦これの場合、二次創作で人気に火をつけたという経緯や肝心のゲーム本体が虚無であることからかエアプでも艦これや謙介を批判さえしなければそこまで気にされていなかった節がある。
だからなのか、濃厚な艦豚の中には艦これエアプ疑惑を持たれているものも少なくないし、なんと自ら艦これ(主にブラゲの方)エアプを公言する者までいる。
敵を知り己を知れば百戦殆からずという故事は彼らの脳みその中には欠片もないようだ

エイプリルフール

御存じの通り、4月1日にのみ許される、冗談飛び交う戦場である(大嘘)
この日限りは多くの企業がツイッター上で様々な嘘企画を発表し、笑いを提供してくれる日になっている。
同様に、殆どのソーシャルゲームではこの日1日限定のコンテンツを用意するなどし、プレイヤーを(課金額の差別なく)楽しませることが多い。

しかし、コウハッを自称する我らが大艦帝国はそのような敵性行事の類にうつつを抜かす事はなかった。
艦これ個人垢にて、あらかじめエイプリルフールである事を宣言してから嘘か誠か一見判別がつかない情報を○×クイズ形式のような告知で乱れ撃ちするという、こいつ本当に趣旨分かってんのかと疑いたくなるような呟きを行う事で、住人達の乾いた笑いを引き出すのが通例となっている
たまに全てをマジにとってうおおおする怪しい集団が現れる
また、過去にはエイプリルフール前日に「○○(団体名)さんがエイプリルフールでコラボしてくれるそうです!」といった旨の告知をばらまいてネタ殺しをした事がある。こいつ本当に趣旨分かってんのか
ちなみにこの件、企業間コラボなんてものは存在せず、コラボと言っていたネタも実は企業と全く関係ない個人による製作物だった。つまり単なる(´田ω中`)のカン違いだった
そもそも企業同士のコラボと銘打った話なのに、(´田ω中`)がどこで何やるかを全く知らず、全く話が通っていなかったという時点で色々おかしいんだが

こういった経緯もあって、奴隷提督様方もそのあたりの事情から「艦これにはそんなイベントのために開発費用を掛けるなどと言う精神などはない」と察知しており、「ああ、月が替わったな」と思う程度でEX海域に出撃して勲章を得ることやマンスリー任務消化をこなす事で終わるだけの日でもある。

また、(´艦ω豚`)の中には「丹下桜の名前を聞くとエイプリルフールのトラウマが蘇って発狂する」事例が頻繁に見られる。

エース声優

KADOKAWAが50%出資しているプロダクション・エース所属声優のこと。KADOKAWA(メディアファクトリー除く)主導で製作のアニメや角川ゲームス製作のゲームタイトルでは「エース枠」があると言うのが内外で暗黙の了解とされる。特に『日常』では出演者のほぼ全員がエース声優だったと言う極端なケースもあり、ゴリ推しが目立つため事務所単位でのアンチも存在している。
艦これではブリドカットセーラ恵美や野水伊織、小松真奈、小林元子、山田悠希、早坂梢らが起用されているが、
最近ではエース声優の起用すらも悔しくなったのか或いは親分であるKADOKAWAとの関係に何らかの変化でもあったのか、事務員や全く聞いた事も無い新人(若手?)声優が優先的にキャスティングされている。たまにベテランを連れてくるがそれもエース声優ではない。
ある意味「裏切者」以上に(´田ω中`)にとって使いにくくするリスクを秘めた枠であると言えなくもない。

なお、(´田ω中`)と艦豚が仇敵視しているアズレンでは過去にエース声優だった退所者の起用例(アーデント役の上倉万実、そしてYostarの広報担当者「Mさん」は元エース声優だった模様)はあるが、現役のエース声優に関しては(恐らくは電撃=旧アスキー・メディアワークス事業局との関係が理由で)一切起用していないため「プロテクト」的に見られる場合がある。
他艦船擬人化ゲーでなく陸上・航空系の兵器擬人化ジャンルでは、野水伊織がドルフロやアッシュアームズに出演している。
また、謙介聖遺物クソゲーナチュ毒には村井理沙子が出演しているが、何故か艦これには起用される気配が無い。

2019年7月までドワンゴの子会社(=KADOKAWAの孫会社)だったMAGES.も「アミュレート」のブランド名でプロダクション・エースとは別に声優マネジメントを行っているが、MBOでドワンゴから資本的に独立したので現在はKADOKAWAグループとの関係が無くなっている。KADOKAWAグループ時代はエース声優と同様に所属者が他艦船擬人化ゲーで起用された例が皆無だったが(ドルフロなど艦船以外では起用例あり)、独立直後に田村ゆかりが『蒼藍誓約』(日本版リリース未定)にアラバマ役で出演した。

ATDAN

アズレンでインディペンデンスや能代を担当したイラストレーター。淡い色使いと水しぶきや波などの動きのある液体の表現を得意としている。
当初は「原子Dan」名義で活動していたが、艦豚からペンネームの由来が原子弾(中国語で原爆の意)ではないかと言いがかりを付けられ、しかもそれを事実であるかのように拡散されたが、それ以前に本人が原子団が由来である事を公表しており、即座にデマである事が判明した。
しかし、名前に一度ケチが付けられたせいか、2019年9月ごろから名義がATDANに統一され、担当したアズレンのロード画面の表記も変更された。本当に人に迷惑しかかけないなコイツ等
当初「団」をローマ字表記していたのは、中国語でこの漢字が卑猥なスラングに通じるため単体での使用が避けられることが理由であろう。作曲家の団伊玖磨が中国で映画の劇伴曲を手掛けた際に、スタッフロールで「段伊玖磨」と表記されていたと言うエピソードがある。

エコーチェンバー

艦王ならびにその民草が抱える風土病。
というのは冗談で、ネットを介して簡単に他者と繋がれるようになったことで、木霊する(エコー)密室(チェンバー)のように、意見を発すると山彦のように同意が返ってくる閉鎖的コミュニティを作りがちになる心理のこと。
人間社会は人が10人いれば10の意見、利害があるのが当然であり、その中には耳の痛い反対意見や衝突する利害が必ず存在するものである。人は対話し、自分の意見、利害を他者と調整することによって社会の構成員として受容されるのである。
一方、同じ意見を持つ人だけがそこに居ることを許されるコミュニティもあり、そこでは彼らと違う意見を発するとかき消され、彼らと同じ意見を述べると増幅される。
そのようなコミュニティが極まっていくと、例え外から見た場合に破綻している意見や真っ赤なウソ、根拠不明な噂であったとしても、それが正義・真実であると信じてしまうようになったり、
実際は狭いコミュニティでしか流行していない言葉や嗜好が、他のコミュニティや一般社会でも同じように使われているという誤解を抱くようになる。

特にネットでは非現実の世界であるがゆえにコミュニティの大きさ・立ち位置を把握し辛いことと、
気に入らない意見を持つ相手をブロックできる機能がある(この機能自体は正当な異論・批判ではなくコミュニティを破壊するためだけに動く「荒らし」が跋扈するネットでは重要な対抗手段になっている)ことから、エコーチェンバーにハマりやすい。
自身が属するのが狭いコミュニティであり、その言語感覚や嗜好、物事に対する意見は必ずしも他で通じるとは限らないし正しいとも限らないということを認識できていれば別段問題はないのだが……

思い当たる節がある善良な提督達や学徒兵は、艦これ(プレイヤー)の声=真実・正義と思い込んで他所に攻撃を仕掛ける艦豚に堕ちてしまう前に、
思い込みを捨ててもっと色々な文化(ネット上のものに限らず)に触れて色々な人と交流することを強くオススメする。そうすれば艦これが黴苔と言われる理由が多分分かるぞ
もちろん愚痴スレ民も同様である。艦王と不愉快な仲間達の悪行はともかく愚痴スレ固有の文化は愚痴スレ含む一部のコミュニティでしか通じないことを強く認識すべきであろう。他所に持ち出してはいけない(戒め)

MC☆あくしず

イカロス出版が発行している季刊の萌えミリ系ムック。元は同社の軍事情報誌『ミリタリー・クラシックス』で読者コーナーから発展した兵器擬人化特集などの萌えネタが古参読者からうざがられたため分離独立した経緯がある(雑誌名の「MC」も母体となった雑誌の略称)。
「あくしず」を雑誌名に冠していることからわかるように基本的なスタンスは枢軸国贔屓で、じじがキャラデザを行ったマスコットの「シャル」と「ゼナ」はドイツ海軍の巡洋戦艦シャルンホルストとグナイゼナウ姉妹が基になっているが、どこかの艦王と違って連合国アンチと言う訳ではない。

C2機関はサークルで出した自衛隊同人誌の総集編をMC☆あくしずMOOKレーベルで商業出版するなどの関係を持っており、艦これのローンチに際して本誌を活動拠点にしているじじやくーろくろが参加したのもその繋がりと見られている。
しかし、ほとんどの(´艦ω豚`)はMC☆あくしずに「兵器擬人化の先達」として敬意を払うようなことは全く無く「エロしか売りが無くて下品」「モデルとなった艦船に対するリスペクトが感じられない」と上から目線を飛ばしている(萌え2次シリーズに対しても同様)。
2010年代はガルパンブームの恩恵を受けて戦車を始めとする陸上兵器に力を入れていた。艦これに関しては全く無視していた訳でもないが、非角川系かつモデルグラフィックスのように上手く立ち回った訳でもないため簡単な紹介程度の情報掲載に留まっている。ただし、Z級クソアニメの本放送時には大井と北上のピンナップポスターを付録にしたこともあった。
基本的には兵器擬人化を含めて雑誌オリジナルコンテンツが中心の誌面構成を採るため、他艦船擬人化ゲーに対しても概ね中立で最小限の紹介のみ行うと言うスタンスで接しているものの、蒼青のミラージュがスタートした時には特集を組んだことがある。
アニメ化作品のピンナップ作成は積極的に行っており、アズレンではVol.55においてプリンツ・オイゲンのサンタコスを付録にしている。あれれ?じじやくーろくろを起用してる艦これさんは?それ以前はTwitterでたまに話題を取り上げる程度だったが、2019年10月のアニメ放送開始記念特番に編集者がゲスト出演して公の場で初の邂逅を果たして以降は結び付きを強めており、円盤のブックレットに編集部名義でコラムを寄稿した。

これまでに『ブラウザMC☆あくしず』及び『あくしず戦姫』と2タイトルのゲームが作られており、両作のユニットには艦これに登場していない擬人化艦船も含まれていた。詳細は他艦船擬人化ゲーを参照。

エンゲージ・プリンセス

『テクテクテクテク』が空前絶後の大爆死を迎えたドワンゴが次に繰り出したブラウザゲー。発表から1年以上にわたり延期を繰り返したのち、2019年4月1日に正式サービスを開始した。
企画・開発はかつてKADOKAWA社内で【憎きあぢゅれん】を推していたことにより「反乱分子」扱いだったが今では本社組に制圧されてブランド名しか残っていない電撃(旧アスキー・メディアワークス事業局)が主導しており、製作総指揮には悲壮感おじさんこと微差栗田が就いている。

栗田が艦これ大好きおじさんという事もあり艦これを参考(反面教師)に開発したようだが、スマホゲー全盛時代にあえてニコニコ経由専用のブラゲーというストロングスタイル、キャラデザの人やボカロが主ターゲットとして想定していたニコニコでは旬を過ぎてしまっていた事、更には艦これを参考にしたかのような推奨スペックの高さに加え艦これを反面教師にして高額のガチャを搭載した結果ウケは芳しくなく、サービス開始から丁度30日後にあたる令和初日の5月1日に最終ログインから30日以上が経過している人を対象とした「カムバックログインボーナス」を開始した事により、方々で草が生い茂った。頭おかしいんじゃないの
またドワンゴ代表の栗田がニコニコ動画ほったらかしで艦これ19春イベの配信をしている時に「エンゲージプリンセスはやらないのか?」とコメントを打たれてキレていたお前の会社のゲームだろ

そして7月19日、大方の予想通りに「半年の壁」を越えられず9月30日を以てサ終となることが発表された。
ドワンゴにとってはテクテクテクテクに続く2連敗であり、艦豚がクソザコ呼ばわりしていた最ラブの3分の1しか続かなかった所もこれ以上無いぐらいの悲壮感に満ちている。
なおテクテクは7ヶ月でサ終したため、早々に爆死のワースト記録を更新することとなった点も悲壮感()抜群である。


↑今となっては悲壮感無しに読めないPR漫画(『電撃文庫MAGAZINE』2019年5月号掲載)
これ詐欺で訴えられるんじゃないんですかね…?

そしてそう簡単にサービス終了して課金が無駄になることもないんだ!は本作の代名詞となったようである。【もろちん】悪い意味で。


↑微差栗田による挨拶、直下のバナーで芸術点を稼ぐスタイル

同日にはその微差栗田による負け惜しみ生放送が開かれるも、終始不貞腐れた態度を取り続けた挙句放送を僅か20分で打ち切るなど極めてお粗末なものとなった
更にツイッターでは「エンプリ放置して艦これなんてやってたからこうなったんだ」という批判を片っ端から【Mughal Block】する、逆ギレともとれる行動を起こす始末である。
9月30日には予定通りサ終したが栗田君は何か円満に終了したっぽいコメントを出している
その為か2019年11月下旬現在でも彼のツイッターのヘッダー画像はエンプリのままというある意味悲壮感たっぷりな状況である(その後ヘッダー画像が変更された)。

おまけ:不満点まとめ
我らはこれと同じような問題点だらけの他の「ブラゲ」を知っているような気がする

オウム返し

アズアンスレという名の艦豚のたまり場の定番。
愚痴スレやアフィサイトで取り上げられたワードを雑に改変してウッキウキで愚痴スレに持ってくる行為を指す。
オリジナリティの欠片もない事からオウム返しと呼ばれ嘲笑されている。

愚痴スレでは、過去の鳩くん噛みレスにて飛び出した「おおむがえし」と、けんちょんの怒りの声である「むがーる!」をかけて「おおムガえし」「おおムガ返し」などと呼ぶ事もある。
+おおむがえし
494名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sd03-4S3M)2018/12/22(土) 16:49:25.63ID:nycjXDSkd
.>>477
.>>479
おおむがえししか出来なくなってて草微差栗微差栗
悔しいか?微差栗微差栗

+余談
余談だが鳩君は「微差栗」の意味を理解していないようである。
微差栗とはけんちょんが"!"をタイプミスした結果生まれたパワーワードなので、上記の発言を正しく置き換えるとこうなる。
おおむがえししか出来なくなってて草!!
悔しいか?!!
もし理解して使っていたのだとしたら相当悔しかった事が伺えるな!


黄龍(おうりゅう)

アウ松くんが横流しを「よこながし」と読まなかった為に発生した噛み意図的な誤字。「おりゅ?」の派生・隠語ではない
288 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 7fb0-fK6D)[sage] 投稿日:2020/01/24(金) 11:32:46.14 ID:Ded1iNHW0
https://twitter.com/kbakb_robo/status/1219560439752716289

おっかしいなぁ
なんでランダムでもないのに加齢Tシャツが売られてるんだぁ?
元ネタは、上記レスから始まった「C2プレパラートからのK-BOOKS秋葉原本館へのグッズ横流し疑惑」に対するアウ松modeのレス中の一より。
311 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 070b-klkx)[] 投稿日:2020/01/24(金) 12:10:28.88 ID:DrP0+xNr0
黄龍だろうがなんだろうが
欲しいものが欲しい人のもとにいきわたるなら
それは市場としては理想的なんだよなあ
普通に「おう」で「横」・「りゅう」で「流」は出るので、荒らし特有のコミュ障ムーブにより、レス乞食目的でそういう変換した結果がこれであると考えられる。
上記の通り、読みは「おうりゅう」なのだが、無駄な予測変換を増やしたくない人などは一発変換で出したい場合「こうりゅう」の方が出やすいかもしれない。
+その後
442 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ c713-9rwV)[sage] 投稿日:2020/01/24(金) 13:54:01.70 ID:wsz9GUdq0
黄龍記って書くとシミュレーションゲームにありそうな名前

454 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワントンキン MM3f-qnCK)[sage] 投稿日:2020/01/24(金) 14:17:20.36 >ID:SSzx/Y7NM
.>>442
松の読みかたに合わせるなら黄龍史はどうか
(「艦これ愚痴スレ Part2041」より)
実際に存在する言葉である黄龍(こうりゅう)と読まれた為に大陸系のネタに巻き込まれる
215 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 5fc5-pLQ2)[] 投稿日:2020/01/25(土) 18:52:29.95 ID:sC6FOw3R0
.>>172
「東方三月精」は角川より出版、だぞ
わかったか顎禿、いや黄龍禿

251 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウエー Sa1f-zDvy)[sage] 投稿日:2020/01/25(土) 19:51:13.43 ID:U/T3MBz+a
.>>227
気持ち悪い

黄龍禿はこーりゅーとくって読むのか?
無駄にカッコいい呼び名だな、横流し読めないのに

260 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 4716-Lxi+)[sage] 投稿日:2020/01/25(土) 20:08:51.34 ID:SCKV6PmB0
.>>251
そういや「禿」は音読みが「トク」だったな
とくさんのとくは禿からきてたか微差栗
よお、禿さん微差栗微差栗微差栗

(「艦これ愚痴スレ Part2042」より)
副次的に「とくさん」が「禿さん」に進化した

普通に横流で変換していたらここまで馬鹿にされる事も、お仲間のあだ名が更にグレードアップする事もなかっただろう。本当に余計なことしかしない。

オールカドカワ艦隊司令部

2014年に開設された艦これの公式ポータルサイト。角川グループホールディングス(当時)傘下各社から発売される関連商品の情報を横断的に掲載していたが、いわゆる「Z級ショック」直前の2016年8月を最後に更新されなくなった。
サイト自体は廃墟同然の状態で現存している。

お漏らし

台風や豪雨で巡洋艦の名前の由来となった河川が氾濫した時に、不特定多数の艦豚がはしゃぎながら「◯◯ちゃんのお漏らし」と発する不謹慎ネタのこと。
最初に確認されたのは2015年に鬼怒川の堤防が決壊した時に信者wikiで書き込まれたものである(画像)。
2019年の台風19号では非常に広範囲で河川の氾濫が相次いだため、艦豚がTwitterで同時多発的にお漏らしネタを開陳する別の意味で地獄のような状況となっていた。
この頃ちょうどアズレンのアニメに対しレイシスト全開で暴れまわる艦豚が世界のアニメフリークから注目されている状況だったため、流石にまずいですよ!という声もちょこちょこあったようだが、艦豚お約束のDD論に潰されてしまった模様。

おりゅ?

「居る?」の転訛で、イベント限定など入手率が低いキャラやアイテムを持っているかどうか質問してマウントを取ること。有名なところでは微差栗田がよくやる震電改自慢が挙げられる。
艦これに限らずソシャゲ全般で日常的に見られるが、特に艦豚は一面識だに無い相手はおろかキャラを演じた声優が相手でもお構いなしに「おりゅ?」して来るので、非常にうざがられている。

最近は、界隈に居残っている人の大半がエアプであったり、prayerでもキャラの性格や設定(それに伴うセリフ)・性能などに全く期待されていないので、基本的に画像さえあればいいという状態になっている。Flash時代からその最重要部分である画像がアプデ明けどころかデータ追加直後にことごとくぶっこ抜かれていたが、HTML5化以降はぶっこ抜きすらも不要でサーバからの直リンクが可能になった。そのため、キャラ絵やボイスだけが目当てならばわざわざ苦行に等しいイベントをクリアする必要が無くなったこともあり装備以外での「おりゅ?」はほとんど意味を為していない。

タチの悪いことに、19春イベのE-5で友軍艦隊を呼ぶと艦王自らがkanataだけの無敵艦隊を降臨させておりゅ?」とマウントを取って来る。さらにイベント終了後の【梅雨入りmode】ではフレッチャーの季節ボイス告知で「おりゅ?」と煽って来る念の入れようで、史上最悪の簡悔により入手を阻まれたprayerたちを阿鼻叫喚に陥れた。

終わってみれば良イベントだった

同義語:喉元過ぎれば熱さを忘れる
クソイベからの解放感による錯覚を端的に表した言葉。艦豚が自分を騙すのは十八番
類義語に【一番のクソイベは次イベ】と言うものがある。ぶっちゃけこれは間違っていない

最近は他所の高難易度イベントに対してこの言葉を使う艦豚がいるが、報酬やお手軽さ、キャラロストの有無などを全部棚上げして発言するため注意が必要。
他所のゲームに対して使われている場合、以下の点を確認されたし。
  • 自キャラや装備の消失はしないか否か
  • 周回に一周10分以上掛かるか否か
  • 報酬は確実に取れる物か否か
  • 一度やれば終わりか否か
  • 復刻が期待できるか否か
  • 報酬を取らなくても今後のイベントで支障が出ないか
これらを全てNOと答えた上で「終わってみれば良イベだった」と言えるモノは真正である。

オンラインゲームCH

株式会社エクスグレイが運営するオンラインゲームのレビュー投稿サイト。
オンラインゲームであればPC・スマホゲー問わずレビューが投稿できるが、スマホの方はスマホゲームCHという専用サイトがあるためこちらでは主にPCメインのオンゲのレビューが投稿されている。
PCオンゲは悪い意味で昔ながらの辛辣な評を下すユーザーが多いこともあり、登録タイトル上位はいずれも過去に何かしら物議を醸した(或いは現在進行形でやらかしている)タイトルとなっている。
艦これのレビューは2019年12月時点で6600件以上と全登録タイトル中1位を記録しているが、★1と★5が両極端で★2〜4がほとんど無いのが特徴。
詫び空襲で有名な16春イベあたりから低評価が大量に投稿されるようになり、それにムガった艦豚が限りなくエアプ臭い絶賛レビューを投稿すると言う流れである。
他のタイトルでも似たような状況はあるが、坂を転げ落ちる勢いが止まらない艦これにおいては艦豚も余裕がなく、絶賛レビューがいずれも極めて宗教臭くなっている。
一時期はハンドルネーム「平松タクヤ」が荒らしにフリーで使い回されていたこともあった。
2019年11月20日にはめでたく?★1レビューの数が4000を突破した。
読者レビュー数TOP5(前述の事情からいずれも★1が先行している)の中で初めて★1が4000件を突破しており、★5との件数比率も他タイトルとそこまで大きな差はなくなってきている(★2~4がほぼ無いのは相変わらず本タイトルに強く見られる特徴である)

なおレビューサイトではあるが管理があまりよろしくないようで、他のゲームでもそうだが特に艦これに関してはレスバの舞台になっている(★1の具体的なレビューに★5で噛みつくものが多いが逆のパターンも少なくない)。
中には愚痴スレやアフィの書き込みが直接転載されている事もあり、閲覧時には不快な気分になるおそれもあるので注意のこと。

またこちらでお名前を拝見される方が★5レビューを付けている事もある。まさかご本人様ではないですよね?