艦王ソング

「艦王」こと【田中謙介】が主に「minatoku」名義で作詞した艦これ関係怪電波ソングまとめ
  • 編集に際しては著作権保護の観点とatwiki利用規約に基づき、歌詞の全文掲載は行わないよう注意。
    UTA-NETに歌詞が掲載されている楽曲は該当ページにリンクしている。

概説

ブラゲやZ級クソアニメで披露されたminatoku渾身の怪電波ソング楽曲の数々。
2018年に発足したDMM musicレーベルでは、艦これ関係の楽曲は一切扱っていない。

一部の曲はブラゲ内の家具にあるジュークボックスでも聴ける。

(以下作成中)

フライングドッグ発売

Z級クソアニメ及び劇場版の主題歌、サウンドトラック及びキャラソン集など。

この節の楽曲は音楽出版社のビクターミュージックアーツが著作権を保有しており、JASRACに申請すれば使用可能である。

“艦娘乃歌” Vol.1

キャラソン集。トラック1・4・5・6がminatoku/松井俊介の共同名義。トラック2「どこまでも響くハラショー」はbaker、トラック3「初恋! 水雷戦隊」はヒゲドライバーの作詞・作曲・編曲。
まだ共同作業者がいる分だけ抑え気味ではあるが、どの曲もminatoku文学のエッセンスがダダ漏れになっている。
  • 2015年3月25日発売 / VTCL-60395

進め!金剛型四姉妹

トラック1収録。歌詞
  • 作曲:斎藤悠也/歌:金剛型四姉妹(東山奈央)
苔内の金剛型のセリフがところどころぶち込まれた怪文書ソング。キャラソンCDの頭からこれである。Z級クソアニメでは4話の挿入歌として使用され視聴者を混乱へ陥れた。

Bright Shower Days

トラック4収録。歌詞
  • 作曲:伊賀拓郎/歌:吹雪(上坂すみれ)、睦月(日高里菜)、夕立(タニベユミ)
トリオ曲。

二羽鶴

トラック5収録。歌詞
  • 作曲:中西航介/歌:第五航空戦隊(野水伊織)
瑞鶴と翔鶴のキャラソン。金剛型のに比べて毒気は薄くインパクトに欠ける。

Let's not say "good-bye"

トラック6収録。歌詞
  • 作曲:宝野聡史/歌:艦娘特別艦隊

所謂「如月ショック」の時の挿入歌として有名。歌唱者の「艦娘特別艦隊」は赤城(藤田咲)、加賀(井口裕香)、瑞鶴(野水伊織)、金剛(東山奈央)、島風(佐倉綾音)、吹雪(上坂すみれ)の6名。

“艦娘乃歌” Vol.2

6曲中4曲がminatoku作詞で、2年前に比べて自信を深めたのかVol.1と異なり共同作業者はいない。

トラック2「ぱん☆ぱか☆ぱーん♪」は伊藤直樹、トラック4「羅針盤の彼方」は伊賀拓郎の作詞・作曲・編曲。
  • 2017年8月23日発売 / VTCL-60425

吹雪

トラック1収録で、元は西沢幸奏(現:Exina)のデビューシングル(VTCL-35203)。歌詞
  • 作曲:ヒゲドライバー/歌:西沢幸奏
Z級クソアニメエンディングテーマ。磯波、叢雲、白雪、深雪と、ただ強引に当時実装済の吹雪型駆逐艦を入れて歌詞にしたもの(そのせいで叢雲の空が眩しいといった意味不明な歌詞もある)……かと思われたのだが10話以後その評価は覆り、実は「アニメの提督(=視聴者)」からモブキ宛のラブソングではないかとの考察が上がり、視聴者を恐怖へと叩き込んだ。唐突なホラー路線はやめろ。
気になる人は「吹雪 艦これ ラブソング」等で検索してみよう

夕立抜けて

トラック3収録。歌詞
  • 作曲:鳥屋茶房/歌:夕立(タニベユミ)
poibot夕立のキャラソン。作詞は当然minatokuなので「ぽいぽい」とうるさい。

試してみても?

トラック5収録。歌詞
  • 作曲:鳥屋茶房/歌:夕張(ブリドカットセーラ恵美)
夕張のキャラソン。印象はとても薄い。別のブリドカットセーラ恵美キャラって言われても納得する人はいるんじゃないか?

大和桜

トラック6収録。歌詞
  • 作曲:斎藤悠也/歌:大和(竹達彩奈)
大和のキャラソン。「敷島」が歌詞に出てくるが横須賀鎮守府陥落した今、果たして芸無に敷島型を出す勇気はあるのか?

シングル

Z級クソアニメ劇場版の主題歌。

海色(みいろ)

主題歌。前述のエンディング曲「吹雪」と同時発売された。作詞はminatoku単独名義。
アルバム『Decenia』のトラック9にも収録されている。歌詞
  • 2015年2月18日発売 / VTCL-35202
  • 作曲:WEST GROUND/歌:AKINO from bless4

アップテンポな曲想から未だ高い人気を持つ楽曲であるが、畳みかけるように歌詞が連なるため気になりにくいだけで実際はかなり奇天烈な歌詞である。
何せ歌い出しからして「朝の光眩しくて抜錨!(WeighAnchor)」である。愚痴スレではけんちょんと切っても切れない関係にある"勃起"の暗喩と言われる

2019年にはTwitterのフォロワー数で艦これを蹴落として日本のゲームアカウント4位に浮上した『バンドリ! ガールズバンドパーティ』でRoseliaのカバー版が収録された(本当にカバーの1曲として取り上げられただけであり、一部の艦豚が勘違いしているようなコラボ扱いは全くされていない)。

帰還

劇場版主題歌。「吹雪」と同様に西沢幸奏の歌唱で、作詞はminatoku単独名義。
ファーストアルバム『Break Your Fate』トラック11にも収録。歌詞
同アルバムのトラック10には前述の「吹雪」も収録されている。
  • 2016年11月23日発売 / VTCL-35242
  • 作曲:WEST GROUND、ヒゲドライバー/歌:西沢幸奏

KADOKAWA発売

広義の“原作”に当たるブラゲのサウンドトラック、キャラクターソングなど。

発売元の変遷により規格番号が頻繁に変更されている。
  • 壱~参:角川書店(KACC-xxxx)
  • 肆:KADOKAWA(KAKC-xxxx)
  • 伍〜:角川アーキテクチャ(KA2C-xxxx)
前半の"KA"は角川書店→KADOKAWAの企業コードで末尾の"C"は12センチCDを表すが、注目すべきは3文字目が"C→K→2"と変遷していることである(現在使われている"2"は、やはり"C2"から取ったのだろうか?)。

この節の楽曲とブラゲのBGMはJASRACに登録されておらず、恐らく角川アーキテクチャによる自主管理が行われている。

艦娘想歌【壱】

ジャケットはしばふ画の赤城。
  • 2014年8月25日発売 / KACC-5191

暁の水平線に

14春イベの後半道中戦BGMに歌詞をつけたもの。
この曲は航空機の名称を並べ立てたりいかにも一航戦の歌然とした歌詞になっているのだが、この歌のインストverが初登場した14春E4は(普通は正規空母を用いない構成の)対潜マップである。
むしろシンカイマン側が遠慮なくフラヲなどをぶつけてくる。お前ら一航戦かよぉ

鎮守府の朝

模様替え画面のBGMに歌詞をつけたもの。

艦娘想歌【弐】

【壱】と同時発売。ジャケットはbob画の神通、那珂、川内。
  • 2014年8月25日発売 / KACC-5192

華の二水戦

一部道中・ボスBGMをミックスした楽曲に歌詞をつけたもの。タイトルでパッと思い出せない人にも、1-5ボス戦と言えば大体通じると思われる。
後半(サビ)部分は「二水戦の航跡」の出だしと同じになっているが、これは原曲である華の二水戦のインストverからそのまんま(但し原曲ではメロディだけ省かれている)。
余談だが、現在「二水戦」と名が付く楽曲はこれを含めて3つもある。

提督(あなた)との絆

レベルキャップ開放時のBGMに詞をつけたもの。艦豚の間では「東山奈央最強の持ち歌」と認識されているが、新規描き起こしのクリアファイルをゴリ押しする艦王必死のアピールも虚しく武道館コンサートではセットリストに含まれなかった。
それから1年半後のレッパラでステージゲストとして出演した時に歌唱している。

艦娘想歌【参】

ジャケットはしばふ画の加賀で、赤城の【壱】と対になるようデザインされている。
  • 2016年4月19日発売 / KACC-5203

加賀岬

何か急に手配されたキャラソン(?)
秋刀魚イベなどの際にはほぼ全編ボスBGMがこれに差し替えられるなどした。
これ以前までは「ブラゲに登場していた(要は慣れ親しんだor聞き覚えのある)楽曲に歌詞をつけたもの」が主流だったのだが、このあたりから「ブラゲ外向けに作られた楽曲をブラゲにぶち込む」といった流れが頻発するようになる。
編曲者の若林タカツグは後に【憎きあぢゅれん】でユニコーンのキャラソン「My Night」の編曲を担当している。

艦娘想歌【肆】

ジャケットは玖条イチソ画の白露と時雨、村雨、夕立。
  • 2017年2月14日発売 / KAKC-0005

艦娘音頭

瑞雲祭りの度に邪教の踊りのBGMで使われる。ジャケットに描かれている白露型4隻のカルテットと言うことになっているが、実際の歌唱者はタニベユミ1人

登場以降、艦王ソング中でも特にしつこい推され方をしている楽曲の一つ。
秋刀魚イベなどの際にはほぼ全編道中BGMがこれに差し替えられるなどした。
これ以降、タイトルに「音頭」とつけられる楽曲の出現率が上がった。

艦娘音頭改

由良のソロバージョンだが、どっちにしろ歌っているのはタニベ

艦娘想歌【伍】

ジャケットはしずまよしのり画の涼月。
  • 2018年5月31日発売 / KA2C-0001(特装版:KA2C-0002)

月夜海(つきよみ)

18冬イベエンディングで使用。歌唱者は「秋刀魚祭り四人衆」こと藤田咲と山田悠希、タニベユミ、内田秀で、カルテット→インストゥルメンタル→各人のソロ×4と言う奇妙な順序で収録されている。

イベント直前直後の流れの不可解さも相まって、minatoku文学の集大成とも言うべき強烈な電波を照射していた。6トラック通しで聞くのは相当に強靭な精神力が求められる。

艦娘想歌【陸】

ジャケットはアーイチソ画の時雨。
  • 2020年1月24日発売 / KA2C-0008

佐世保の時雨

ZZ(クソアニメ2期)で主人公に抜擢された時雨(タニベユミ)のキャラソン。
トラック3・4はアレンジ「1MYBmode」。

音源未発売

今のところCDへの収録や配信が行われていない楽曲。

波濤ヲ越エテ(仮)

19春イベE-5の太平洋棲姫戦BGM。

鉄底夜歌 -比叡と霧島の夜-

令和元年冬イベE-6の防空巡棲姫戦BGM。
作曲した別にシンガーソングライターでもなんでもない大越香里本人がボーカルも担当している。
急に主張を始めたので、事務員らと一緒に大越もドル売りするつもりなのかもしれない。

余談だが、この歌についてけんちょん自ら【デスボイス】などと謳っていた事から、過去にハマナミデスッ等のタニベキャラに対する評価として用いられていた「デスボイス」が、ヒットマークだった事が判明した。

八駆の迎撃

2020新春ライブで初演奏。当然ながらVo.宮川若菜である。

備考

「吹雪」(デビューシングル)や「帰還」を歌唱した西沢幸奏は2019年のレコード会社移籍を機にExina(イグジーナ)へ改名した。
また、上記2曲の作曲者でキャラソン「初恋! 水雷戦隊」では作詞も担当したヒゲドライバーは後に上坂すみれが歌唱するアズレンの主題歌「激昂壮志」を制作している。

那珂のキャラソンと言えば「恋の2-4-11」が有名だが、同曲はムック『鎮守府生活のすゝめ』Vol.1に掲載された読者投稿イラストを基にニコニコ動画へ投稿された二次創作(作詞・作曲:Gun-SEKI/おいわ提督)の産物であり、後に公式で拾い上げられてあやねる本人が歌唱したりカラオケに収録されたりもしているが、minatoku作詞ではない