15冬イベ

2015年2月6日~2月23日の間、開催していたイベント。タイトルは「迎撃!トラック泊地強襲」
開催時期の問題で15冬イベと呼ばれており、パッと見で紛らわしい事になっているが、直前のイベントは14秋イベ(2014年11~12月に開催)である。

概要

このイベントより、司令部レベルによる強制高難度が廃止され、田中甲・乙・丙の選択式になった。
この回の難易度は、下げれば尋常じゃなく敵編成が弱くなるようになっている。それはもう、この後行われるような「#難易度とは?」な状況からは信じられないほどに下がる。
なお、乙以上の選択には一定以上の司令部レベルが必要。
そのついでに難度によって得られる報酬に差をつけられるようになったが、当時はまだ直前のランカー報酬など見覚えのある装備が並んでいた。
また、丙を選んでも次のマップの難度選択に制限がなかった。
(※次のイベント以降、丙を選ぶと次のマップで田中を選べなくなった。)

ついでに、お札も撤廃されたが、結局次のイベントから復活した

マップ紹介

お札が撤廃されたせいかどうかは不明だが、分岐条件が尋常ではなく煩雑になっており、一部マップについては非公式(公式)wikiにすら「何らかのルールはある模様」などと書かれる始末。
ただ、概ね軽巡以下(但し雷巡は除く)をメインに据えつつ重過ぎない編成を組めば大体進行自体は滞りなく進むようになっていた模様。

E1

軽巡・駆逐縛りの対潜マップ。初っ端ランダム分岐で「潜水→単縦潜水」「潜水→潜水→水上艦」の二択。
「潜水→単縦潜水」は索敵分岐・軽巡が多すぎるとハズレ行き・索敵分岐(外れると水上艦マス行き)と、非常にうざったい構成になっている。
なお、水上艦マスも索敵分岐になっている為、更にうざったい事になっている。
ボスは「潜水ソ級」。難度が上がるにつれて頭数とelite以上の数が増えていき、田中難度では最終段階でボスがフラソになったりするが、ぶっちゃけ単縦潜水マスの方がキツい
難易度ごとにゲェジ自体に設定されている耐久値自体は同じ値であるせいか、低難度だとボス耐久が高難度に比べて低い事もあって一度に削れるゲェジ量が少なく、周回数が多く必要になる。

突破報酬は「艦娘からのチョコ」は?と消耗品少々
乙以上では「烈風(六〇一空)」が手に入る(田中だとついでにネジも少し手に入る)。
丙でも普通の「烈風(現:試-烈-後)」がもらえるが、正直普通に作れる装備なんかいらん…

ところで、ここで手に入る「(○○空)のつく烈風」は、上述の「烈風」のエースパイロット版と言った装備なのだが、この後「烈風」の名称が「試製烈風 後期型」に変更された後も、この装備は「烈風(六〇一空)」のままである。
というか「烈風」という名称単体の艦載機が存在しなくなった

E2

いきなり難易度が激増する上に、露骨な分岐が増えまくる。
ほぼ空母なしの激軽編成だと、相対的に敵が弱いルートを進行できるが、激軽編成という事はこちらの能力もガタガタなので、キツさの面ではそこまで変わらない。
ただ、1戦強力な艦隊と戦わされるが、ほぼほぼガチ艦隊でも途中からこのルートに入れる分岐があるのでそちらからの方が安定する。
ボスは「ヲ級flagship」最終段階で「ヲ級改」になる。全難度共通だが、丙だと僚艦からelite以上と後期型が完全にいなくなり、クソザコ化する。
一方田中だと常時新型航空機持ち×2~3のクソと化す。
なお、ここから「朝霜」がドロップし始める。

突破報酬は「伊良湖」
乙以上で「流星(六〇一空)」・丙だと「天山(六〇一空)」になる
田中だとこれに初登場の「試製51cm連装砲」と少量のネジが加わるが「応急修理要員」がもらえなくなる。別にいらんか

E3

連合艦隊マップ。
マップ数的にはまだ中盤なのだがこんな所でもうボス直前戦艦ババァ(必ず引っかかる)が登場する。一応これより後はExtra扱いではあるのだが…
ちゃんと戦える編成で進行可能でかつ明らかに楽なルートが存在した為に、誰もがそのルートを進行した結果、非公式(公式)wikiですら詳細な編成情報が不明になってるマスがある。
というか主に進行していたはずのルートですらも詳細な分岐条件が判明しないまま終わった。一応そのルートを進行出来た編成の組み合わせは判明しているが、これってつまり何が分岐要因だったのかわかんなかったって事か?

ボスは「軽巡棲姫」。弱化版でも耐久270装甲135の「#軽巡とは?」な一体。何故かこの後、エロMMDで人気の一体となる。
僚艦も全難度でelite以上のヲ級タ級に後期型が必ず出てくるという艦これのイベントらしい陣容でやってくる
田中ではフラヲ2体が最終的にヲ改2体に変貌する。なんだこれ

突破報酬は「WG42U-511」と勲章。
乙以上で「WG42」とネジ少々も加わる。田中だともらえる勲章が増える。このWG42が後に人権装備となり今なお所持者と非所持者の間に大きな溝を生んでいる。

E4

急に駆逐2隻縛りが追加される。雷巡を2隻入れると強制的に逸らされるが、その後の分岐条件が不明。
上手く編成を組むと道中2戦(+うずしお1)、うち1戦は空母が上の方にいる夜戦という相対的に楽なルートに進めるが…

ボスは「空母棲姫」。またお前か
僚艦も空母メインである為、上述の楽なルートを通れる編成ではこれをまともに防ぐ手立てが無く、航空戦・昼砲撃で一方的にボコボコに殴られた後から夜戦での反撃に移るような状況に陥る。この進行条件作った奴は本当にまともにクリア出来ることを考えて設定したのか?
結局そこそこまともに殴りあいしながら進まないといけないわけである。
なお、丙であれば僚艦が心底弱くなるので、十二分に昼戦を戦い抜けた後の夜戦でババァをフルボッコ出来るようになっている。極端杉内

突破報酬は「香取」何でここで…?
乙以上だと勲章1個と少量のネジ。なんか急にショボくなってない?

E5

連合艦隊マップ。何故か直前2マップとは打って変わって詳細な攻略条件が判明している
ルートは複数存在するが、どのルートを通っても最終的に戦わされる敵の構成は大差ない。分岐の意味
ボスマスの直前にマスが3つ用意されているのだが全て同じ編成が出る複数用意した意味
なお、第二艦隊に潜水艦を1隻入れると「E1ボス→何もない→戦艦中心→ババァ→ボス」というルートになる。潜水艦を入れすぎると強制的にハズレに突っ込まされる
当時はまだ潜水艦を第二艦隊旗艦に据える事が出来た(むしろこれが切っ掛けで禁止にされたわけだが)中で、潜水艦を引き連れてボスに行けるのである
ここに、イオナを超える無敵のデコイが誕生した(パフパフ)許さないよ
ボスは「戦艦水鬼」。初の装甲200台のボスである(丙では168)。
僚艦は丙でもフラルやネ級などが混じるが、ここまで来れるような奇特な人なら問題なかったんじゃない?
乙だとル改や新型ヲ級・eliteネ級など、大分ヤバげな空気が漂い始める。
そして田中では前段階で乙の最終段階並み、最終段階ではダイソンが2体にその他も対水上艦特化の構成でお出迎えとなっている。潜水艦複数で必ず逸れるようにした理由はこれかなぁ

このクソみたいな構成を突破して得られる報酬は空母「天城」
あと勲章と、乙以上ではネジつき。・。・しょっぼ
そして田中では「甲種勲章」がもらえる。
ランキングにも勲章が表示されるようになり、この後、甲種勲章の個数が古参提督のステェタスになる。
なお、この勲章を砕くと結構な量の資材を得られるが、ランキング等に表示されるのは入手数ではなく所持数なので、1個でも消費すると見た目上は田中突破回数が減って見えるし、全部消費すると当然ランキングの表示から消え失せる。
使用効果自体は便利なのだが、これをイキる糧にしている提督さまにとっては使うに使えないアイテムとなってしまった。それとは別に、エリクサー症候群みたいな人もいたかもしれない。
気にしないでバリバリ消費するような人ならば、とっておきのタイミングで使える超便利な資材変換アイテムではあったのだが、この頃には既に、そんな奇特なプレイヤーは殆ど残っていなかった
掘り等で精神的に追い詰められた時に、もうここで終わってもいいという覚悟で割ってみるのも手かもしれない。提督、割るのです

雑記

  • このイベントの後、2015年4月28日(次のイベント開始日)に連合艦隊時に潜水艦を旗艦に据える事は(第二艦隊どころか第一艦隊にすら)不可能になった。ああ想定内
  • 「香取」はイベ終了約4ヶ月後の6月26日に追加された新マップ(6-3)のドロップに追加された。
    いつものそういう枠かぁ…と思われたがその3ヵ月後の9月25日、通常建造に追加される(但しレア駆逐レシピ。ノイズかよ)。
    何故か大型にも追加されたので凶悪なノイズとして一役買っている。何を思って追加したのだろうか。