商標

艦これに関してDMMゲームズ(EXNOA)が保有、もしくはC2(機関・プレパラート)が出願している商標に関するまとめ

概要

かつてはプラットフォームであるDMMが艦これ関連の商標を出願・登録しており、その時期に登録された商標は分社を経て現在はEXNOAが保有している*1
時は下って2018年あたりから運営ご執心のリアイベにおいて露骨なほどに既存商標名称の使用を回避する動きが見られるようになった。
2019年には田中謙介の個人サークル「C2機関」の隠れ蓑である株式会社C2プレパラート名義で出願が行われ始め、4月16日の最初の出願を皮切りにかなりの頻度で出願が行われている。

昨今、C2機関名義*2で頻繁に開催されているリアイベにおいては、その内容から「事実上の艦これのイベント」であるはずなのだが、関連する名称やロゴの使用を徹底して回避する姿勢を見せており、現在進行形で非常に不自然な事態を度々引き起こしている。
具体的には次のようなものが確認されている。
  • 艦これの名称の不使用(イベント名称、パネル、展示・掲示物、グッズ)
  • ロゴの不使用(イベントバナー、パネル、展示・掲示物、グッズ)‥そのために勘違いされた事例も発生した。
  • リアイベならうってつけであろう連装砲ちゃんの不使用
  • 以前からある楽天ショップの名称変更

これだけ使用を避けておいて理由は不明ながら、KanColleの名称だけはかろうじてグッズに使用が確認されている。
※楽天ショップ名は変更された

一時期「月刊商標出願」と言わんばかりに月1間隔で半年近くも都度何かしらの情報公開の度に出願するといった事を繰り返していた。
また、株式会社C2プレパラートとして出願した最初の商標の登録査定が下りたのが2020年4月10日なのだが、次の出願(最初の出願から1ヶ月遅れで出願されたもの)の審査は新型コロナによる影響もあったのか、6月にペースが戻るまで1ヶ月以上にわたり停滞していた。
この事から、特許庁の商標審査ペースは出願と平行しているわけではなく、端的に言えば遅れ気味である。
果たしてこのペースで進行した場合、最後に出願した商標の登録査定(が下り、登録料支払って商標登録)に至るまでにどれだけの期間を要するのだろうか。
現状最後の出願が2020年1月で、同年11月までに全22件の審査が終了し20件がC2プレパラートの登録商標となっている。拒絶査定を下された残り2件についてはしーらむちゃん問題も参照のこと。

メモ

  • 商標出願料:出願時に払う。
    3,400円+(8,600円×区分数)
  • 商標登録料:登録査定が出た後に払う。通常は10年分一括払いだが、5年おきに分けて支払う「分納」も可能。
    10年分…28,200円×区分数
    5年分(分納)…16,400円×区分数
  • 期間延長請求書:期限内*3に登録料が納付できない時に延長してもらう為の書類。手数料として4200円かかる*4
    • ex.いつかあの海で(区分数4)の場合
      • 出願料:3400+(8600×4)=37800円
      • 登録料:28200×4=112800円(10年分)
        もしくは16400×4=65600円(分納・5年分)*5
      • 延長手数料:4200円

支払い一覧
  • 出願数22(区分数の合計97)
    出願料:(3400×22)+(8600×97)=909,000円キャバクラカレー屋の家賃1ヶ月分とほぼ同額
  • 登録料:28200×97=2,735,400円(10年分)*6キャバクラカレー屋の基本料金約700人分
    (参考)5年分であった場合:16400×97=1,590,800円(5年分)キャバクラカレー屋の基本料金約400人分
  • 延長手数料(現在7出願分):4200×7=29,400円
年商10億クラスの会社だし、余裕だな微差栗

DMM、C2それぞれの商標については以下の通り。

C2出願分

いずれも「株式会社C2プレパラート」名義。

C2機関

  • 日本国登録商標第6294272号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-102091/85DEEC4C91FEA976FED75C004ECCD708D453CA6BEAE590B08362F16E0A781F96/40/ja
2020年5月29日付けで「職権訂正通知書(職権訂正)」が出ているが、これは恐らく(ちから)タログなどの訂正であり、今回の出願分におけるいつものである。
この後の6月5日に、起案日5月27日の「拒絶理由通知書」が出る*7
その内容は簡単に言うと
  • 「区分に対応する品目を間違えているので、特定の区分を指定したと認められない。補正案を示すのでその通りに補正すれば通す。」
また、【補正案が出願人の意図する商品と異なる場合は、意見書において、商品・役務の内容、効能、用途等について詳細に説明するとともに、カタログ・パンフレット類がありましたら提出してください。】とあり、
まとめると、補正案のように補正するか、もしくは補正案に不服があるならちゃんと説明しろといったような事を言われている。

なお、「補正案のように補正すれば拒絶理由を解消する」とも書かれているので、別に理由もこだわりも何もないのであれば、補正案どおりに補正した手続補正書を出せば問題ない。

  • 「指定商品に重複しているものがあるので補正しろ。しない場合は職権で重複している一方を削除する。」
ボクカワウソでも同じ事をやらかしていた(2ヶ月ぶり2回目)。
余談だが、この「拒絶理由通知書」の中で、重複している品目について「ベル」と誤字ってたりする。特許庁だって誤字るゎょ
が、それは今は関係ない。

これ以外にも、「ボクカワウソ」「いつかあの海で」「キ号計画」の2019年7月4日に追加で出願したこれらに対しても同様の指摘を受けている。
同じ時期に出したモノは全て同じ指摘されてるとか、コピペっすかね
特許庁はお前の赤ペン先生ではない
2020年7月1日には、審査が開始されていないものを含め13件の商標について自主的に手続補正書を提出した*8ことが確認された。さすがの謙ちやんもギブアップして弁理士を雇ったのかな?

ちなみに、ここまでやっておきながら何故かロゴマーク*9の商標登録はしていない(以下も同様)。

ボクカワウソ

  • 日本国登録商標第6281204, 6294269号

2019/07/04に別区分で追加の出願を行っている。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-097931/D4DAF44325520BE4B87A3C8C214702098A40AC1A6100C90345601A6AF8CA6755/40/ja
グッズの利益も独占したいのかな

他に以下5件がToyCute名で同日に出願されていたが、2019年12月13日付で取り下げ申請、12月20日に最終処分されている。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-067669/5C6DDFAB0D5CA6B9A83E02E7D814E78ED99402C2525FCE9FD7C8ACC4067AFFAB/40/ja
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-067670/6BE43843CC54A391DE025ECDEC515ACF30FAEB8DBE3F3F792053B16F7FCECD89/40/ja
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-067671/3433F01EB4986DD347185982EDBF26FB0E2D62296FEFAA71A9222146B365E7F5/40/ja
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-067672/FEF460EE5B2A3585E6353DEED02DC67CE2A6DF82C8F56C620EA73E939BBEEFF9/40/ja
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-067673/BECEA274CEB466A21C971423D6A9E5CFCEB3BEA0D5990CA142301DEB1ABF2DDB/40/ja

ToyCuteはけものフレンズプロジェクトの参加企業であることから、KADOKAWAとの取引関係が存在していることが示唆されるがこの商標出願がKADOKAWAもしくは角川アーキテクチャの介在したものであるかは確認されていない。

2020年4月10日に「拒絶理由通知書」が出る。
内容は大まかに「指定商品に重複しているものがあるので補正しろ。しない場合は職権で重複している一方を削除する。」といったもの。*10
通知書の内容のとおり、無視したら審査から蹴られるといった内容ではなく、C2プレパラート側がこれをガン無視したとしても、勝手に補正してもらった上で審査は進むものと思われる特許庁はお前の赤ペン先生ではない
…が、この後4月28日に通知書が「再送」される。これについては後述の「いつかあの海で」の項目でまとめて説明する。

この商標に関しては手続補正書の提出後、7月8日に登録査定が下され30日付で登録料が納付されて8月18日付で登録商標となった。

いつかあの海で

  • 日本国登録商標6262642, 6294271号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-064360/D4C9C024BCFCDA7AFF54ED079891A2DA6127FBF994CBFAEE1406E52D5CD72C4F/40/ja
武道館JAZZや悔シーパラで公開されたZZ(クソアニメ2期)のPVで "I TSU KA A NO U MI DE"と言うローマ字表記のタイトルが付けられていたことから、副題dmmが「艦隊これくしょん」や「艦これ」の商標使用を許諾しない場合は正式タイトル?に使用するのではないかと言う見方が有力。

2019/07/04に別区分で追加の出願を行ったが、こちらは手続補正書を自主提出した直後に拒絶査定を下されている。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-102090/80DD588896DC99D8CE7758127635819E007D83DAB5A3EC209ED7D59DDC372585/40/ja
版権893みたいになってきた

2020年3月5日付でこの商標をはじめ2019/04/16出願の7件分について特許庁から通知があり、指定品目の重複や誤字があるので削除や修正を行う場合は補正書を提出するように促されている。40日後の4月14日までに補正書が出されない場合は審査官の職権で削除・修正される(これ自体は商標の出願登録の成否に影響はしないが、くっそ恥ずかしい)ことになっていたが、この日は奇しくもコスプレ艦隊写真集が当初予告していた発売予定日であった(【製造上の都合】により2週間延期され、4月28日に)。なんという奇跡

ちなみに誤字の内容はいずれも「フイル」「アニメーシン」「ラプトプ」というように小さい文字【拗音、促音】の誤表記是正が指摘されている*11

これは入力特性上ローマ字入力よりかな入力で発生しやすいものであるのだが、(かな入力はShiftを押しながら入力する)
この入力方法を用いるものがC2機関関係者に少なくとも1名いることを我々は知っている。(かな入力。なのです>_<

このような公的機関への提出書類を【プロオブプロ】たる弁理士に任せていればこんなお粗末な指摘を受けることなどはありえないため、この件によって弁理士費用をケチって書類を自前で作成していることが図らずも露呈した。ひとりでできるもん

C2プレパラート出願分のほとんどに同様のミスが見られるため、これから繰り返し指摘を受けることになるだろう。
なお本ページ下部にあるDMM出願商標には【もろちん】このようなお粗末な指摘はない。

上記のかな入力由来と思われる間違いだが文字認識のスキャンからコピペし、確認なしで提出した疑いもある。
というのも申請内の文字列【力タログ】について、(出願情報からコピペ)
それをコピーして再変換を行っていただければわかるが、なんと【ちからタログ】なのだ。*12

これはさすがにかな入力でも早々入力不可能と思われるため何かの雛形を手入力の手間を惜しみスキャンで済ませたことが考えられる。
いずれであってもまことに杜撰である。
これは審査官も気がつかないだろうなぁ

なお、上記の通り区分09・16を含むものは全て同じ誤字をしているので、何らかの補正を行わない限りは以降も次の審査に移り次第【審査官通知】が来る事が期待予想されている。
現在は審査の進んでいる4月16日出願分だけでなく、ボクカワウソのように単語などを指摘された商標出願についてはこれらの問題が修正済みとなっている。何も指摘されていない・審査の進んでいない出願は当然の事、別件の問題を抱えているしーらむちゃんすらも未だに【ラツプトツプ】や【力タログ】のままである。

4月1日にC2側の【ワタナベ】から電話応答があったことが4月2日に公表されている。これには応答するのか*13
ちなみに、電話相談の内容は「通知書の説明」。
【通知書の意味が分からないクチャァ】
「これこれこういう事です」
とかそういうやり取りがあったかどうかは不明。

4月10日、登録査定と同時に「職権訂正通知書(職権訂正)」も出された。
これにより、結局C2プレパラートが自主的に誤字の訂正をしなかった事が判明。*14
上記の電話相談の内容と総合すると、あえて旧表記のような書き方をしたのではなく、やっぱり素で噛んだ誤字だった模様。
なお、特許庁では新型コロナによる影響のためこの日から当面の間は面会や電話・FAXでの応対を停止し、相談方法をメールのみに限定することを発表している。艦王にしろワタナベ君にしろ、今後の商標審査で不備を指摘された場合にちゃんと文面を理解して返信を書けるのかどうか非常に心許ないと言わざるを得ない。
そんな中、4月10日付けで登録査定・職権訂正通知書(職権訂正)が出た全ての商標に対して4月28日に書類の「再送」が2件並んだ。結局写真集の発売日と被った謙
これについて考えられるパターンは、これらの登録査定及び前述のボクカワウソへの拒絶通知を含む4月10日付けの通知(要は「登録料払え」「お前ここ変えたけど確認しろよ」「お前これ直せよ」)の全てについて、全くの無反応だったので特許庁側が「再送」したかもしくは届いたはずの書類が【何らかの理由】で確認出来なくなったor喪失したなどしてC2側が「再送」を請求したかのいずれかである。
5/21に後者のパターンを追記。この時まで「どう考えても前者のパターンだろ!」としか思われていない程度には、艦これ界隈から信用のないC2さんであった
5月22日、この書類が5月19日付けで再び「再送」された事が確認された。もしかしたら書類を未確認というだけでなく、期間延長請求の手続きもしてないのではなかろうか

ちなみに、登録料の納付期間は査定の出た日から30日以内なので5月10日までだが、出願者からの請求(「期間延長請求書」の提出)があれば、期間経過後2ヶ月以内まで延長可能となっていた。当然ながら期間延長請求書にも別途手数料がかかるし、結局は登録料を払うことには変わりないので、別段問題を抱えているわけでもなければ普通は本来の納付期間内に払うはずだが、前述の通り本来の支払期限よりも後に登録に関わる書類が再送されている事から、延長した事はほぼ確定かと思われる。延長料には即刻【予算】が下りたンすね。
そしてこの商標を含む7件の登録料は6月1日付で納付され、同月24日に晴れて(株)C2プレパラートの登録商標となったが、ZZ級の放送には「艦隊これくしょん」の著作権・商標権者であるEXNOAの同意が絶対条件となるため、この商標登録は余計に問題をこじれさせる第一歩になったようにしか見えない。
「艦隊これくしょん」「艦これ」の文言を省き、劇中で「艦娘」の文言の使用を控えるなどすれば、勝手に作る事も可能かもしれないが、そんな事したら本格的に絶縁されるぞ。

キ号計画

  • 日本国登録商標6262641, 6294270号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-064359/3193DD6B9B9B68135394CA7CEF1AD1C6A48A69B60CEB06EC0F60174D7BB185C0/40/ja
他C2機関作品を参照。2019年初めに再始動を宣言したが、この商標出願以外に目立った動きは無い。

2019/07/04に別区分で追加の出願を行ったが、こちらも「C2機関」や「いつか、あの海で」と同じく手続補正書を自主提出した直後に拒絶査定が下されている。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-102089/63353B0D0B8EA34229F18777C9EA099929017FC97DE1F0B2A5F8BE22D3514630/40/ja
本当に使うの?

鎮守府美味いもの祭り

  • 日本国登録商標6262640号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-064358/24BCFB801114B81399760BFE29A14AF1FC3F6CB5DF5F905F7DB345DC5A1F6EA3/40/ja
複数出願されている「鎮守府◯◯祭り」の中では、この名称のイベントのみ開催されたことがなかったが、2019/08/31に艦王が垂れた御託宣によれば佐鎮開庁130周年記念での地元商店街とのタイアップ行事に使うつもりだと思われていた。それで寄附の話はどうなりましたか?
出願情報が出た当初は「三越の物産展あたりに寄生する用では?」と言う意見もあった。
月日は流れ、新型コロナによる影響でリアイベの開催予定がことごとく白紙化された2020年7月になり「夏の終わりから秋にかけて」何かやるとぶち上げたが、実際に行われたのは夏を通り越して秋も深まる時期のうなぎ祭りだった。なお「鎮守府うなぎ祭り」や「ウナフェス」は艦王の財布が寒くなったためか商標出願されていない。

なおC2とは直接関係無いと思われるが、9月13日には防衛省海上幕僚長を出願人とする艦めしなる商標が出願されている。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-126785/6B0739605577196C2F1826C728652BFAA578B9122A2988B31D71973889572A55/40/ja

鎮守府秋刀魚祭り

  • 日本国登録商標6262639号

鎮守府氷祭り

  • 日本国登録商標6262638号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-064356/D2CAE431FA5F78F55441FC55F5F670879A994B26CF166AE890636A85DD8B1890/40/ja
何故か他の出願よりも「職権訂正通知書(職権訂正)」が1通多い。
そのせいで、再送も1通多い。
5月19日付けで再び「再送」されたせいで、「再送」の文字が6つも並んだ。圧巻であるな微差栗

なお氷祭り公式サイトのドメイン(kancolle-korimatsuri.jp)は開催から2年後に失効し、売りに出されている。

鎮守府烈風祭り

  • 日本国登録商標6262637号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-064355/A02B3EF11F3403F99DFA3853D9523109329B6D6EE3F20496DF3618BBD3649C74/40/ja
氷祭りと並んで、他の出願よりも「職権訂正通知書(職権訂正)」が1通多い。
やっぱり、再送も1通多い。

鎮守府瑞雲祭り

  • 日本国登録商標6262636号

キリン改二

  • 日本国登録商標第6281210, 6289413, 6299888号

ボクカワウソと同日に登録査定が下り、登録料納付を経て2020年8月18日付で商標登録された。

カレー機関

  • 日本国登録商標6294280号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-116293/5C36E234F9F145F20CF574BD58321E2CB769363C76FB9B8BE68171A7744F3774/40/ja
呉鎮開庁130周年記念のステージ上で同名の実店舗を出すことが発表された。
カレー専門店と思っていたらキャバクラだったとはこの時点では知る由もない

他の商標が即「審査中」になっていたのに対し、この商標は10/04時点で「方式未完」(審査手数料が期限までに納付されていないなどの不備がある)状態となっていた。
現在は「審査中」になっているが、'20年3月現在でも経過情報が10/18に出された「手続補正指令書(出願)」で止まっている。
こちらは他の出願で相次いだような「再送」の記録が無い為、'19年10月時点ではこういった書類に対して即時対応可能な状態であった模様

にぎもる

  • 日本国登録商標6289414号
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-126798/537D951B61F66B35CF164F30C338D6B6ADFD4E86FC38B2FD8695806518CB319F/40/ja
どうやら月1件ペースで誰得な商標を出願する方針らしいが10/15時点では「カレー機関」と同じく「方式未完」、つまり審査手数料が納付されていないと見られる。
ちなみにこの商標出願と同日には個人垢2号がうpした動画にてこいつが初公開された
ほかに することは ないのですか

しーらむちゃん

2019/10/03出願(10/05のフリートウィークで唐突に公開された連装砲ちゃんの身代わり)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-133888/A135E192A74E3829DCF4F40C0030382649227D9E137EEE8554BB45ECB13B4034/40/ja
他の商標のように言葉だけを申請したものとは違い、何故かこれと下記の「いーしーえむくん」だけはちゃんとした商標見本を用意して申請していた。

「SeaRAM/シーラム」は米レイセオン・テクノロジーズ社の登録商標(USPTO-85343347)であり、2020年10月5日付で「“ちゃん”を付けただけではレイセオンの商標と別物とは認められない。登録したければ40日以内にレイセオンから許可を得ていることを書面で証明せよ」として拒絶査定が下された。まあそうなるな
その後は書面による証明も何もなかったらしく、2021年3月9日付で改めて拒絶査定が下された。

まさかと思うけど、ここまでやっておいてレイセオン社側と一切話し合いすらしてないなんて事ないよね?
なんて思ってたら同年4月13日付で拒絶査定の通知を再送された為、送られてきた書類の確認すらも一切行っていなかった事が判明。
負け確だからって試合中に台放置して帰るのは、どの業界でも普通にマナー違反ですよ?

出額から拒絶査定に至るまでの詳細はしーらむちゃん問題も参照。

いーしーえむくん


SeaRAMちゃんと同じく、手続補正書の自主提出分13件にこの商標は含まれていなかったがやや遅れて追加された。

こちらの出願についてもSeaRAMちゃんと同日に拒絶査定が下されており、その理由は既に「ECM」が複数人の登録商標となっており単に「くん」を付けただけでは別の商標とは認められないと言うものとされている。
上記事項が解決しなかったらしく、しーらむちゃんと同じく2021年3月9日付で改めて拒絶査定が下された。
以降の流れはしーらむちゃんと大体同じ。

スベカラク櫂

2020年1月8日出願、10月29日付で登録査定(期限までに登録料が支払われない場合は取り消し)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2020-006530/3168FF5CE18757ED38957A10EFAC3F504EA75A67DABA502ABC12FD57802751BD/40/ja
第41類 歌唱の提供,音楽の演奏の提供,音楽のプロデュース(企画・制作)
となっており、直前の新春ライブにてメジャーデビュー(何が?)とされていた大越とけんちょんのユニット名である。

1MYB

2020年1月8日出願、10月29日付で登録査定(期限までに登録料が支払われない場合は取り消し)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2020-006531/F8615BAF306B86ABC9B53D593B20C6C0943E2EB97478EDE80EDA484B74087E71/40/ja
ライブ系リアイベとキャバクラの接客に登場する演奏部隊の名称。
これも第41類あり。

2MYB

2020年1月8日出願、10月29日付で登録査定(期限までに登録料が支払われない場合は取り消し)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2020-006532/C0A87537C065665C44370F9385701E37EE306398C7405CA9C847445041037317/40/ja
これも初登場の語句だが1MYBと関連してライブ系の名称と思われる。
同じく第41類あり。

DMMゲームズ(EXNOA)所有分


DMM GAMES(現EXNOA)分社前の商標出願はグループ企業のDMM.comラボが行っていた。
  • 特許庁のデータベースではDMM.comラボからDMM GAMESへの権利譲渡時に商標権者の変更が行われている。それ以前に登録されたものは2021年初頭まで旧社名の「合同会社DMM GAMES」名義となっていたが、同年2月頃には全件とも現社名の「EXNOA」名義に更新された。2020年5月以降に出願された商標については、当初から「EXNOA」名義である。

ちなみに「艦これ」のタイトルロゴ(基本デザインは共通しているがブラゲ、アニメ、劇場版、改でそれぞれ細部が異なる)をデザインしたのはC2プレパラート社員の藤川であることが劇場版のスタッフロールにより判明している(しかし、DMMの発注を受けて業務で作成した経緯によりC2の独断では使用不可)。

艦これ/KanColle

2016/11/18出願、2017/06/30登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2016-130243/1703C2C9BE91870EA757506F4AEF5E314DBE7DAC1623D660A7E76B2762532A3A/40/ja
海外展開でも考えていたのかな?
ちなみに他DMMブラゲーの英語圏でのホストとなっているカナダのNutakuは千年戦争アイギスや花騎士、かんぱになどの英語版を運営しているが艦これを運営するつもりは無いようである(元はR18メインで後から全年齢版サービスへ業務拡大した経緯も関係しているらしい)。
グッズ等ではたまに "Fleet Girls Collection" の訳題が書かれている。KADOKAWA系のアニメ聖地88でもこの訳題が Fleet Girls Collection "KanColle" のような形で使われているため、一応公式と考えても良さそうだが少なくとも日本では商標出願されていない。

Z級クソアニメはCrunchyroll経由で北米やヨーロッパに公式配信されており、ブルーレイも発売されている。

艦これ

2013/11/20出願、2014/07/04登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2013-094516/BA2C3B9ACEC0F792551DD7BA98798D8E6FF5CFFAEB2928F5A2646379E58C0270/40/ja
グッズ販売に用いる為に出願したと思しき商標

2013/09/25出願、2015/01/16登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2013-074635/07049551B7BFAFC09DF8806135852F720AEC85AA5742F3B713BAD121851584C6/40/ja
出願日から鑑みるに、KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMNにおける「艦これ改(仮)」の発表に合わせる為の商標であったと思われる。

2014/11/17出願、2015/07/10登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2014-096937/F5A9C854D7DAFC9FEE32E039279E4EA698B44698B2697861B88DD9DDFD2BBEE9/40/ja
恐らく「艦これ改」の販売に合わせる予定であったであろう商標。

艦これ改

2013/09/25出願、2015/01/16登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2013-074636/C07D0BD726230249F21C6CC1B2CD84A54CC9D2D97074EA76CD1D2A54555BBC36/40/ja
2014/11/17出願、2015/07/10登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2014-096938/1A85FD479E147B7D5EC07D9F2AE1F34599C278EA1509F10F2EB7630CABFC68E8/40/ja
この2件は上記の艦これの追加出願分と同区分で同日に出願・登録されている為、それぞれ同じ目的の商標だと思われる。

艦隊これくしょん

2012/09/14出願。登録は2013/03/29と、サービス開始1ヶ月前となっている。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2012-078427/49A3278F2049024BB5836E4EF2183DB889F5483F7C754AD92A854DFC24875FA0/40/ja
この時点では一先ずブラゲ本体を出す為の名前の確保といった程度の区分で出願しており、以降にサービス開始した他のブラゲでもそういった形を取っているのかと思ったら、商標出願して少し後のまだ商標登録されてない時点でサービス開始しているブラゲもあったりして、割とそうでもない感じ。


2018年9月にHappy Universeからリリースされたアプリ『連合艦隊コレクション』は特にDMMから問題視された形跡が無いが、当事者間で確認を取り交わしているのかは双方からのアナウンスが無いため不詳。

§艦\これ∞艦隊これくしょん

2014/12/25出願、2015/11/20登録
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2014-109604/C95503A5026644A2B5FA25B0F0AEC0C38F6F06574E157F8D198E316F0205555A/40/ja
ロゴマークの商標。実に2015年末頃までこのロゴが縛りも何もなく自由気ままに使えた訳である。
艦これ名義併記したらそっちで突っ込まれるだろ!いい加減にしろ!

KanColle Mobile

2017/03/08出願、2017/09/29登録。読み方がやたらと多い。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2017-031028/935215DAC80CC2F599E60FDA81A47728E5E2E3846D05584E81169877837A06E2/40/ja
泥版の為に取った商標と思われる。まさか名前そのままに野良アプリになるとはこの時は思いもしなかったろう
結局この商標が使われた事はあったのだろうか。

艦娘


AbemaTVの特番で問題となった商標。日本以外ではDMMの商標権が及ばないため、中国大陸や台湾ではジャンル全般を指す普通名詞化している(が、最近では「艦女人」とする言い換えも見られる)。

ぜかまし


元は島風が連れている「連装砲ちゃん」が腰掛けている紅白ストライプ模様の浮き輪に「しまかぜ」を右横書き(実際は「1文字ずつ改行した縦書き」)したもの。

Z級クソアニメでは金剛が島風を「ぜかまし」と呼んでムッとさせていた。

ちなみに余談だが、史実では島風(II)の艦体や装備品に「ぜかまし」と書かれた事は一度もない。これは、開戦に伴う情報秘匿のための措置で、装備品に艦名が入れられたのは大和・翔鶴型の同期が最後となる。

連装砲ちゃん


この商標の存在が2018年頃からの誰得なキモ浮き輪推し、ひいてはしーらむちゃん問題の遠因とするのが定説。
最終更新:2021年04月19日 11:46

*1 この事情はDMMゲームズをメインプラットフォームとする他のゲームも大半が共通しているが、中には刀剣乱舞におけるニトロプラスのように共同開発元の方が商標権を取得したケースもある。

*2 C2プレパラート名義ですらない。そのせいで建前上は「同人サークルが主催のイベント」という事になってしまっている事に加え、これらが行うには怪しい規模と内容のイベントが頻発しているという事態を引き起こしている。

*3 通常は「登録査定の到達後」30日以内。該当する日付が休日の場合は順延される。ここでは単に休日と記載しているが、言わんとしてる事は分かりますよね?

*4 区分数に因らない

*5 5年経過時点で残りの5年分を再度支払う必要があり、10年分一括払いよりも割高になる。払わないなら払わないに越した事はないのだが、逆に言えば「そんなに長く使うつもりで登録していない」かもしくは、【何らかの理由】で「今すぐに一括で10年分は払えないような状況にある」と言っているに等しい。

*6 登録情報より、全ての商標を10年分で登録しているため、こちらの金額で確定。

*7 J-platの情報が更新されたのは6月8日

*8 確認されたのは7月1日だが、手続補正書の提出日は全て6月1日付けとなっている。

*9 C2毎度おなじみの金玉袋みたいな形のアレ

*10 実際に商標登録願を確認すると、第9類の指定商品の中に【業務用テレビゲーム機用プログラム(電気通信回線を通じてダウンロードできるものを含む。)】の記述が重複していた。

*11 これらの誤字は4月16日分に限らず、C2プレパラートが出願した「区分09を含む全ての商標出願」に存在している。

*12 こちらもやはり、C2プレパラートが出願した「区分16を含む全ての商標出願」に存在している。昔風の書体を装ったなどが考えられる前者と違って、こちらは紛う事なき誤字。

*13 「ワタナベ」はC2プレパラートで庶務を担当している渡辺倫子(nontan)だと思われる。

*14 自主的に修正しないならしないで、職権で訂正されるので別に問題のある事ではないのだが、委任するつもりだったのならわざわざ電話する必要はなかったのでは、とか色々疑問は尽きない。