謙兵の対アズアニ攻撃

ZZ(クソアニメ2期)との頂上vs底辺決戦が実現するか注目されながらも艦王の仕事の遅さで実現しなかったため、行き場を失った特濃謙兵たちによる「【憎きあぢゅれん】アニメ版」こと『アズールレーン the Animation』への執拗な攻撃と破壊工作のまとめ。
  • 2019年10~12月放送(11・12話は2020年3月に延期)の本編とは別の日常系アニメ製作(厳密に言えば公式4コマの「アニメ映像化」)が同年末に発表されたため、いわゆる「本編」は制作会社名から「バイブリー版」と呼ばれている。

幻に終わった(?)頂上決戦

19冬アニメでKADOKAWAが関わっている『けものフレンズ2』の一件以降、8月末頃まではある不穏な憶測が飛び交っていた。
それは、2019年10月に秋アニメとして放送開始する【憎きあぢゅれん】のアニメにZZをぶつけて直接対決する というものである。
  • けもフレ2の場合は放送終了後に発覚したメインスタッフの裏アカウントが追放された前作の監督を必死に中傷し、その監督が手がける新作の放送時期が決定するとわざわざ「納期を3ヶ月前倒しして同時期にぶつけた」と認める発言を行っていた。
    更に、けもフレ2の監督が発表されたのは本放送の2ヶ月前であった。
  • ZZが監督やシリーズ構成などの主要スタッフを始めとした本来ならとっくに発表されていないとおかしい情報までマスクし続けているのは「憎きあぢゅれん何か別の作品の放送時期決定を見計らって正面からぶつける意図があるのではないか」と必然的に疑われたのは言うまでもない。

前述の通りアズレンアニメ放送開始日が確定した(19/9/14)後の佐世保ッキステージでもその手の発表がなかったため、艦王と督さんとアフィブログが望んでいたであろう【頂上決戦】はどう足掻いても実現しなかったため、D敗北で【ゲームオーバー】となっている。
直前ギリッギリまで情報を隠すことに定評のある艦王が【10月になった直後に発表】などのウルトラCが絶対ないとは言い切れなかったものの、仮にそうなった場合PRが致命的に不足することは言うまでもなく、既に最低でも1話が完成している段階にあるアズレンとの対決を実現させたとして勝ち目はないのが明白であった。
  • 相手が2クールまたは分割2期(Anime Japanのトークイベントで既にそれを匂わせていた)なら、ZZが後半に飛び乗って直接対決に持ち込むパターンも有り得なくは無い。
    ただしその場合1クール目で大枠の評価が確定するアズレンに対し【後出し】感が否めなくなり、先行有利を度々口にする督さん達には屈辱的な展開になるだろう。
  • もし艦王と不愉快な仲間たちがムリヤリ10月スタートを強行させた場合はZZかけものみち、或いはその両方の実制作を別のスタジオに丸投げと言うパターンも考えられなくはなかった。そもそもENGIの制作能力自体が未知数だったというのもある

その後、アズレンアニメの11・12話放送が3月まで延期される事が発表され、督さん達は各地で勝利宣言を上げることになった。延期理由については「クオリティアップのため」と説明されているが、後述の温泉騒動を重くみたからではないかと推測されている。
また、12月24日の生放送では「バイブリー版とは別にYostar主導で日常系アニメを製作する」と、刀剣乱舞のように複数ラインのアニメ版を作ることも明かされている。
これに伴い、場合によってはZZとの直接の殴り合い、或いはバイブリー版の完結から間を開けずにZZ放送開始という展開が実現する可能性が浮上することになった。

レビュー荒らし

(作成中)

草生突撃指令

草生では微差栗田vsアズレンの確執(?)が影を落としたのか、完全パージこそまぬがれたが他の配信サイトより1日遅れと言う懲罰的なスケジュールとなっていた。

そんな中、かつてvsアビス・ホライズン東京地裁悔戦に絡んで同作がただ1回だけ行った草生特番にイキリ艦太郎たちをけしかけて荒らしたことで悪名高い特濃謙兵のきぃのん(艦豚烈士録参照)がアニメの配信時間に合わせて裏で生放送を行い、視聴者に「5:良くなかった」へ投票するよう毎回けしかけていた。

スコアデータ


制作現場のアクシデントに便乗した攻撃

謙兵の攻撃とは無関係ながら、バイブリー版は制作現場にアクシデントが多発した結果11・12話の放送が3ヶ月延期される事態となっている。
艦太郎たちは何故か「艦これ大勝利」とイキリ立っているが、よそのことより未だに放送時期や監督・脚本を誰がやるのかすらも公表されていないZZ(クソアニメ2期)の心配はしなくてもいいのだろうか。
  • 2019秋アニメではアズレンだけでなくKADOKAWAの『慎重勇者』もスケジュール破綻が発生し、放送済み回の再放送と総集編がそれぞれ1回ずつ挿入される異常事態に見舞われた。そのため、艦太郎以外からは「日本のアニメ業界の構造的な問題」とする冷静な反応が主流。

五大訴求事件

バイブリー版の放送開始後、キャラソンCD第6弾のジャケットイラストが香港民主化運動のスローガン「五大訴求、缺一不可」(日本語「5つの要求、1つも譲らない」、英語 "Five demands, not one less")を暗喩したものではないかと言う意見が、アプリの繁体字版がスタートした直後の香港や台湾で急速に広まる騒動が起こった。日本と中華圏では手を使った数字の「6」のジェスチャーが違うため「6」ではなく「5+1」と解釈されたという説や、ユニコーンの艦籍が香港の旧宗主国であるイギリスと言う条件が重なったことも騒動の背景にあると思われる。
アニメとアプリの両方の公式アカウントで「ジャケットイラストはいかなる政治的主張とも無関係」とする声明が出されると共に、Yostarのガイドラインに「政治的主張と結び付ける行為の禁止」が新たに追加される事態となった。
アズレン繁体字版の運営はYostarでなく品玩邦芸術(PWBplay)が行っているが、騒動の2日後にPWBもYostarの声明と事実上連動する形で「悪意(この場合は騒動を大きくして中国政府を刺激する意図での挑発)に基づくコンテンツの使用には断固たる対応を行う」とする声明をFacebookで公表した。しかし、元から台湾で一大勢力となっている大陸製ゲームアンチはここぞとばかりにバッシングを煽っており、現地で問題のCDがそのまま売り出される訳ではないとは言え収束に向かうかは予断を許さない状況である。
そして平松を始めとする反共の艦豚がここぞとばかりにイキリ散らしたのは言うまでもない。

温泉騒動

第8話放送後に作画担当の一人であるフリーアニメーターの温泉中也が自身の生放送で「一部作画を手抜きした」「来年にはみんなアズレンアニメなんか忘れている」という趣旨の失言をした事で指揮官が憤慨。
これに便乗して、艦豚くんらはネガティブワードを意図的に引き抜き、「手抜きアニメ」としてネガキャンに走った。
結果、ある意味Z級の如月ショックに勝るとも劣らない程の混沌と疑心暗鬼を生み出してしまった。

なお、指揮官の大半の怒りの原因は「手抜き作画」よりは「楽しみにしている・していたものを貶められた」事によるものが大きく、「アニメ自体」に憤慨しているわけではない。
そもそものアニメに対する評価も、(作画の怪しい所はそこここに見られるが、)識別可能なレベルで色んなキャラがちゃんと描かれている上に露骨なサービスシーンもちゃんとエロいので「ソシャゲのアニメ化としてはこんなもん」といった評価に落ち着いているのが実情である。
そもそも前述の通り「ソシャゲのアニメ化だから」という事で、最初っからそんなに期待値が高くなかった。

KADOKAWAによる情報操作

角川圧力発言騒動で見られたように、社を挙げて【憎きあぢゅれん】を仇敵視しているKADOKAWAでは『Newtype』でも製作発表の第一報こそベタ記事扱いで掲載したが、本放送後は「その他」欄にタイトルだけ記載して「放送時間は番組公式サイトを参照」とおおよそ情報誌とは思えない扱いを決め込んでいる。まさか東宝から素材を提供されなかったんじゃないですよね?