20冬〜春

2020年冬〜春アップデート簡悔まとめ

19秋イベ令和元年冬イベが1月14日に終了してからの動向。

ブラゲ編



↑2020セッツブーンよくばりセット
秋の次は節分という、なんというか異次元みを感じる展開である。
そしておそらく冬の行事である節分をやったので次イベは春イベですと言い張る可能性が高い。年4回季節ごとに大型イベを実施していたとは思えない自堕落っぷりである……

夕張改二

今回の改二追加に伴い【兵装実験軽巡】というカテゴリが追加され、これに当てはめられた。
これ【「兵装実験をしている」軽巡洋艦】なだけであって、普通に「軽巡洋艦」表記でよかったんじゃないの
各形態間を行き来する度にバーナー30(友軍料5回分)・開発資材30を消費する。

基本仕様

ステータスが満遍なく格段に上がる(当社比)のだが、何故か火力だけは主砲1本分以上下がる。
また、装備スロットが5個ある。1~3スロは自由に装備可能な枠で、4・5スロ目は2つの追加スロット的な何かになっている。
4スロ目は主砲・魚雷が装備出来ないだけだが、5スロ目はほぼ補強増設スロに毛が生えたような感じになっている。
各形態ごとにそれぞれ特殊能力が違うのだが、全て一長一短なので時と場合に応じて使い分けよう
…と言いたかったのかもしれないが、他と比べて長所が長所になっていない形態や、致命的な性能設定がなされている形態がある。
つーか、夕張改二全形態の特殊能力をほぼ全部網羅している阿武隈改二は何なのだろう
なお、偵察機は積めないが「現時点で水上機の運用はできません。」などとのたまっているので、いずれは存在しないカタパルトから水上機が飛ぶ可能性が微レ存。

無印から丁にするには、間に特への改造を挟む必要があるのだが、丁への改造に必要なレベルが若干高くなっている(無印:84、特:86、丁:88)事に加え、逆周り(丁→特→無印→…)は出来ない為、レベルがギリギリな場合には注意が必要。
なお、コンバートが逆周り不可である事は告知されていない。

(無印)


一番対空が高く、専用の対空CI持ち。
対潜値も改造レベル時点で十分な水準にある為、先制対潜も十分可能な対潜値になっている。
唯一大型電探が積めるが、積める利点があるかについては微妙な所。


一番雷装が高く、田中標的系・揚陸艇系が装備可能であったりと、対水上(というか夜戦)火力・対地火力を一番高く出来る形態。
但し素で低速である為、高速運用には一手間が必要でかつ最速は不可能なので、速力が必要な時には他形態を使おう。


索敵と対潜が一番高い形態(誤差の範囲)。素で先制対潜可能。
他形態に比べて四式水中聴音機によるボーナスがやたらと大きい(当社比)事もあって、恐らく一番対潜火力が出せる。
なお、大型ソナー(零式水中聴音機しかない)が装備可能だが、ほぼ同性能のソナーが一発開発可能+当装備の特殊効果*1が活かせなかったりと、ほぼ意味がない。
入手性でも実性能でも全く追いつかない上に特殊効果も全く活かせない零式が積めるようになっている意味が本当にない。
一番ピーキーなこの形態を、よりによって一番必要レベルが高い形態に据えた謎。

ちなみに、上記3形態の立ち絵はコピペではない。全部同じじゃないですか!?
ちがいますよーっ見分け方は、緑スカート(無印)・灰スカート(特)・黒袖+ヘッドセット(丁)
これだからしろうとはこまる短冊の場合は若干赤く発光している血色が良く、肌の色が違う(特)・ヘッドセット(丁)・特徴なし(無印)*2
通常時の立ち絵はとく特形態だけ何故か肌の色が違う…のかと思ったら、何故か中破すると全員特形態と同じ肌の色になるので、恐らく無印と丁形態の通常時の肌の色がおかしいものと思われる。

【おまけ】愚痴wiki視聴特典

+内部的なお話※スポイラー注意
  • 表向きは「兵装実験軽巡」という専用の艦種名を授かってはいるが、内部数値的にはstype=3、つまり通常の軽巡洋艦になっている。
北上型改・改二に対する雷巡(stype=4)や香取型に対する練巡(stype=21)のように、軽巡洋艦とは別の艦種という事にはなっていない。
ちなみに、はるか以前に登場した「軽(航空)巡洋艦」なる艦種名のゴトランドや、この直前のイベントで追加された「防空巡洋艦」なる艦種名をつけられたアトランタは、こちらも同様に内部的にはstype=3なので通常の軽巡洋艦である。
  • コンバートの際、無印→特→丁→無印と順繰りに改造するしかない理由は、各形態ごとに改造先・必要レベルが1種類しか設定されていない為。
C2コアチームがやろうと思ったら、複数指定用にapiを増やす事になるだろうか。
いずれにせよ、システムをいじる必要がある。今更なシステムの追加ができるんだからこのくらいはやれるとは思うが…
  • 特殊潜航艇に適正のある特形態は、何故か雷装の基本値が0になっている。
なんで?(日進甲も何故か雷装の基本値0で最大値88だったけど何か関係でもおあり?)

(作成中)

甲標的 丁型改(蛟龍改)

甲型(後付設定)・丙型と来た甲標的シリーズの3番目として、無印の丁型(蛟龍。実在の兵器)をすっ飛ばし、改とつければ何してもいいと思っている装備シリーズがまた一つ追加された。どうして「甲標的丁型(蛟龍)」で実装しなかったんですか?
今回追加された夕張改二特が装備すると大きなボーナス(当社比)を得られ、ペナルティも少ない。
なお、この装備は重雷装巡洋艦北上・大井(あと何故か日進)にもボーナス+小ペナルティ設定がされているが、その他の甲標的が装備可能な艦全てには「ボーナスなし+大きなペナルティ」が入るようになっている。
何故か北上型と同じく重雷装巡洋艦になった後の木曾改二どころか、夕張よりもよっぽど大きい上に最初から甲標的の運用前提で設計されているはずの水上機母艦連中にも大きなペナルティが入るという、艦これif装備にありがちな概念兵器となっている。


リアイベ編

キャバクラカレー機関は別掲。

三越(6回目)

前年に提督専用トイレットペーパーが騒動を巻き起こした三越タイアップが日本橋本店で2/15〜17に開催。艦王が十八番にしている【マスクmoooooode】が通じなかったらしく、催事スケジュールを先に出されてしまった。


前年からさらに規模を縮小して3日間だけの開催と悲壮感が漂っている。艦の国と同盟を組んでいる三越がようやく脱艦に踏み出せるか見ものである。

ピューロランド急襲

クリーチャー共がサンリオピューロランドを急襲する。艦王は必死に「問い合わせするな」とヒットマークを出してるが、何をそんなに恐れてるんですかね?
例によって具体的な内容は全てマスクされている。三越の件同様先方にネタバラシされてしまうのか注目である。

その他の出来事

ブラゲやリアイベ以外での出来事。

微差栗田→ダサ栗田

(作成中)

信者wiki大荒れ

秋イベ令和元年冬イベ終了直後から信者wikiの管理板で内紛が勃発し、1週間経っても収束の気配が無く他のページにも拡大し続けている。
(作成中)

他勢力の動向

前年末に日本版公式サイト予定地が確認された第6の他艦船擬人化ゲー(予定)『蒼藍の誓い ブルーオース』は未だに正式発表に至っておらず「セガ【ら】から何か嫌がらせを受けているのではないか?」と邪推する向きもある。

また、2020年1月16日(昼頃)よりYostar運営の「アークナイツ」が日本でリリースとなった。
艦船擬人化ゲーではないTDゲーのため艦これ始め他の艦船擬人化ゲームとは本来一切関係がないのだが、愚痴スレに現れる豚さんがかつて艦これチーム扱いとして運営が同じ(※開発は別)アズレンへの叩き棒にしようとして散々馬鹿にされた事もあってか、リリース時には【何故か】艦これ愚痴スレに発狂する豚さんが来襲し、おそらく同一人物と思われる豚さんが同ゲームのスレ始め複数個所で暴れいずれも速攻で「アズアンスレの奴」と身柄を特定されるという珍現象も確認されている。

1月下旬からDMM GAMESが提供サービスやプロモーション等のマーケティングを目的としたアンケートを実施開始。スマートフォン・タブレット向けアプリとしてよく遊ぶものはどれかを問う設問擬人化ゲームの需要について問う設問があったりするなかで、設問からDMM GAMESは艦これを主力として扱わなくなったとしてスレで話題となる。

蒼青のミラージュ

1月15日、2ヶ月後の3月15日を以てサービス終了 となることが発表された。通算運営期間は2018年9月から1年半となり、ちょうど1年前に日本撤退第1号となった最ラブ(繁体字版のみ現在も運営中)の1年7ヶ月よりやや短い。
シナリオライターは「ゲーム本編で描き切れなかった続きの話を最後まで書くつもりです…」とコメントし、参加した絵師も「うまく言えないけどまだお仕事頂いてるから要望だけは出してみるつもりですけどうまくいくといいですね」と戦艦少女Rへの逆輸入実装の要望もコメントもしている。
このサービス終了告知に別のゲームのサービス終了時に暴言吐いていた平松タクヤも当然噛み付きエアプ丸出しの発言をしているのはお約束である。