提督のずる休み

艦これ最初期のスキャンダル案件にして、その後の異様なまでの閉鎖性を決定付けた「提督のずる休み」こと『提督の夏休み』&『提督の冬休み』に関するまとめ

提督のずる休みとは?

2013年、艦これサービス初年度にC2機関(建前上同人サークル)から出た建前上同人誌。夏休み・冬休みという形でそれぞれ夏(C84)・冬(C85)で2冊発行された。
その内容は、ブラゲ版の各種立ち絵を担当した、公式絵師達による描き下ろしイラスト集である。ちゃっかりC2機関所属のyoukiによる「信濃」を仄めかす描き下ろしが夏冬2回載っている。
2冊ともに1枚も描き下ろしがない絵師も何人かいる。
夏は半分がしばふとコニシ(覚醒前)、冬は外部絵師によるいわゆるゲスト成分が濃くなっている。
いずれの本も、謝意のページにて責任者格のメンバーの各々の所属がC2・CC2表記で書かれている
何故か冬休みには一部絵師にも所属が記されていて、アキラァ・藤川・youkiがC2表記、drew・六花はCC2と添えられていた。
また、CC2表記の中にはH.Mなる人物のイニシャルが記されているが、これは恐らく「コンテンツクラッカー株式会社」の取締役である「水梨廣」氏であり、つまりCC2は「コンテンツクラッカー株式会社」を示している可能性が高い。
じゃぁC2はC2機関か?、と思ったら実はこの時点ではまだその存在が確認されていなかったのだが、もう既に株式会社C2プレパラートは存在しており、そちらの線が濃い。
kanataはC2・CC2双方に所属している扱いの表記がなされている上に、田中謙介は双方の会社で取締役に名を連ねている

問題点

ぶっちゃければ、企業が同人サークルと偽ってサークル参加し、公式イラスト集を配布していた企業参加費用を払ったら悔しいじゃないですかwww

とは言え、当時はまだC2プレパラートの存在どころか(´田ω中`)周りの事情も不透明な部分が多かった為、「角川所属の田中謙介が自分の同人サークルで艦これの趣味本を出した」くらいの認識でしかなかった事、艦これ界隈の熱狂ぶりと批判は出次第即封殺の流れにより、何かあっても大きな問題として取り上げらる事はなかった。冬休みが出るまでは
2冊共にしずまくんが参加しているのだが、夏は島風・冬は大和のデザインラフなども掲載していたのだが、これが大きな問題の引き金となる。
実はこの直前にAGP大和の制作が進められていたのだが、その担当者が資料を渡されなかった(無いと言われた?)らしく、背面を想像で作った
そしてその想像で作った試作品が公開された後に、冬休みは発行されたのだが、そこにはなんと大和のデザインラフが載っていたのである
しかもフィギュア制作の上で一番困っていた背面からの視点が中心になっているラフであった。嫌がらせか何か?
あったんじゃねえかクソがと言わんばかりの勢いで作り直す事になった為か、それで担当者のテンションガタ落ちしたのか…は知らないが、AGP大和の出来はズタボロでクッソ評価が悪かった。

この後、企業として制作した艦これの公式資料級の内容を秘匿した上で、一同人サークルとして売り出すという行為に角川ブチギレた*1のか、以降はC2機関名義の同人誌として発行される事は無くなり、これ以降の公式イラスト集は角川名義で出る事になった。
(これもこれでまた問題を抱えた商品になるのだが、その話はここでは割愛する)

その後

2014年の夏コミに参加し、激写される、冬コミにはサークル当選したが当日ブッチした模様。
なお、この時の冬コミではC2機関・イチソ・岸田メル氏というサークル配置になっていたらしいが、なんと岸田メル氏も不参加であったため、イチソ一人がぽつんといる形になったらしい。
この後(´田ω中`)がコミケ参加した(だけでなく、会場にやってきたのを確認した)という話を全く聞かない。
余談だが、この後C2機関はずる休みの件もあって「企業枠で参加しろ」との通告を受けたらしいがこれをガン無視。会場近くのコンビニ前で出展する(絵面が面白そうなので求画像)など、別件で問題を起こした影響などでサークル出展禁止になっているとの噂がある。
その後も一応企業枠としてなら出てもいい状態ではあるはずなのだが、何故そこまで企業参加を拒むのか。予算が…

コミケ自体にはKADOKAWAのスペースを間借りしてグッズの配布のみを行っている形で参加してはいるのだが、サークルC2機関の人間やC2P社員、その他の関連スタッフの(運営の手伝いや視察に来ただけといった内容を問わず)目撃情報を全く聞かないまぁ、よくあるグッズ委託だけって形やろうね。