もしラーメン屋だったら

「もし艦これと他艦船擬人化ゲーがラーメン屋だったら?」

元祖たなかす

当時斬新な味と売り方で大ヒットし、麺屋ブームに火をつけた店舗。
ただし元祖と謳っているが実は極一部で流行っていたマイナーなラーメンのレシピをパクったものだった。
店の名義は、貸し店舗のオーナーであり出資者でもあるDMM食品預かりという形になっている。

初めのうちは共同経営者や外部料理人、中には自身の子会社を潰してまで入れ込むほどの出資者もいたりと様々な人々の企業努力(意味深)により、【大ヒット】をマークする。
しかし、これらの成功を自身の経営手腕によるものと勘違いした店主が調子にのって経営権を牛耳ろうとして、次々と外部スタッフをリストラ・厨房から追い出して、メニューに手を加えまくったせいで味が落ちて深刻な客離れを起こす事となる。
(最終的に一部の熱心な店主ファンと、たなかす以外のラーメン屋を知らない・信仰上の理由で他の店に通えない客のみが通う店となった。)
当初は「不味いと思うなら二度と来るな、でも日本じゃうちしかラーメン食わせてくれないけどな」と殿様商売が信条であったが、
国外発のラーメン及び他の麺類を取り扱ったお店が続々日本に参入している昨今では、余り意味を為していない。
ついには「外国人がうちのスープに毒物を混ぜ込んできた!」といった主張をし始めるのだが、これは国外店舗が日本へ参入してくる前から長期に渡って行われており時系列が無茶苦茶で辻褄があってないのが実情である。
また主張が仮に事実であったとしても、開店から長年立っているにも関わらず対策を講じる気配が一切ない。
現在でも何故かメニューがリニューアルされるタイミングで高頻度で発生し、それを放置し続けている
事実であったなら正しく警察沙汰なのだが、謎は深まるばかりである(棒)。

味が落ちているから客足が遠のいてるのに店主が現実逃避イベントを繰り返しており、そのイベントにしても質が悪い上にイベントにかまけて経営・メニュー開発を疎かにしているのでますます店舗の状態もラーメンの味も落ちる悪循環を引き起こしている。
ライバル店舗が増えるにつれてメニュー開発に消極的になり、イベントではラーメンそっちのけでやたらとカレーを推すようになったが、話題性重視で味は二の次といった所で悪趣味なトッピングや盛り付けが汚い事から評判は最悪である。
また一時期より、瑞雲・烈風というラーメンではメジャーではないトッピングをイベントの主役に据えるようになり、一部の常連が信仰の対象として崇めている。
イベント開催の頻度は、よその店の攻勢が激しくなるにつれて増加傾向にあり、合わせて「うちのラーメンとコラボしたお店はここ!ここ!」「よそと違ってうちはトッピング無料!」などといった露骨な広告も展開している。
時には氷屋やジャズ喫茶を「間借りしただけ」でも「コラボ」と銘打って喧伝した事もあった。
イベントごとに大物ゲストを呼ぶ事もあるが、ラーメン屋でなければ、特にラーメンが好きという訳でもない、というよく分からない人選に疑問の声が大きくなっている。

常連も含め店内の雰囲気が悪い意味で古くて暗く、もっと明るくした方がいいという声もあるのだが常連からは「この暗さこそが元祖たなかすだろ」「悲壮感があっていい」などの強い反発もあり実現していない。「黴臭い」、「店内に苔が生えている」というクレームも入っているが、店側は意に介さないでいる。
店内で流れるBGMは店が独自に作曲した専用のもので、ラーメンに比べれば安定した出来のため非難の声もあまり上がらなかったが、最近では店主が考えたと噂される歌詞の変なボーカル曲が採用される回数が増えており、これもまた客を不安にさせている。
また18歳未満の入店は原則禁止されており、初期の頃から中途半端にアダルティな装飾があるのだが常連からは「そういう店」である事を頑なに否定されている。
挙句の果てには(おそらく味が落ちたので)元祖たなかすに通っていないにも関わらず元祖たなかすや店主を持ち上げ、他のラーメン店に営業妨害を行う輩(常連客…?)まで出てきているのも特徴。
特に海外出身の店舗やラーメンに風当たりが強い元祖たなかす経営側及びその常連客たちだが、なんと元祖たなかす経営陣が今は無き最らぶ軒からレシピを強奪して来た台湾原産の麻竹を堂々と使うようになった。
(この件について常連からは【台湾は親日理論】で許容されているが、)国産素材のみを使用と言った所に疑問を持たれるようになる。
余談だが、常連である彼らは過去に台湾の総統をクソコラ素材に使った事もある。台湾に何か恨みでもあるのだろうか

最近では、同一店舗でラーメン屋「元祖たなかす」と甘味処「C2ケーキ館」の看板が度々入れ替わったり、常連ですら困惑している事態を引き起こしている。
2019年7月には、呟き亭の敷地にて9年前から確保しておいた(「元祖たなかす」より古い)出張店舗「すけ屋」の看板を「C2ケーキ館」の看板と入れ替えて活動し始めた。
以降も、ラーメン屋・ケーキ屋の看板を掲げて度々そこかしこに出張し、出店営業を続けているが、何故か唐突に「リサイクルショップ」や「下水処理」を始めたり、外部から和食の料理人を招いたりと最早何をしたいのか分からない。
ラーメンそっちのけで、過去の出店で録画した料理人による調理の実演映像を流して「いやー当時の和食はおいしかったですね」なんて事もやったりもした。

2019年12月、【カレー館「運営の時」】(通称・オオムのカレー屋さん)を開業(?)。
この店名は、申請の際に「キャバレー」とする所を「カレー」と【噛んで】しまったという経緯がある。
当初は、何故か「元祖たなかす」名義を露骨に避けて「C2ケーキ館」名義で推していたのだが、その実情は「元祖たなかす」のラーメンが提供されていたりとまるで隠す気が無い事が判明している。
但し店舗はすりガラスで覆われており、隠す気満々である
この他、激禿謙者伝のキャラの中身がほぼ毎日ゲストとして来店。積極的に艦これピーアファンと交流しつつ「カワアタマ!」と叫ばれる毎日。
なお、このファンとの交流の際にカワアタマくんが「実は6年以上前から元祖たなかすの屋台に従業員として参加していた」ことを自白。
未だ詳細が判明していない「C2ケーキ館」の構成員の一人である疑惑が浮上した。

これらの惨状について憂う声をご意見ご要望ハガキで出すと意見をガン無視された挙句、高確率で出禁にされる。
そもそも過激な常連がそのような客を黙って見過ごすはずもなく、袋叩きにしてしまうという事件も複数起こっているが店主はノーコメントを貫いている。
過去には「ラーメン食ってたら突然スープが消えたんだけど」の声に対して「彼が食べたとするラーメン以外ではそのような事案は確認されませんでした(どこか他人事)」と返した事を受けて、
常連客たちが訴え出た客をリンチして再起不能にするという事案も発生しており、むしろ店主側も止めないどころか自身の発言に対する責任感を一切考慮せずに積極的に煽る方向で活動している。
常連客の過激な行動は留まる事を知らず、元祖たなかす店内で別の客が騒動を起こしたり店主がどんぶりにアレ♂を突っ込むなどの雰囲気が悪くなるような事件や事実が判明(しなくても、それらの兆候が見えたり)する度に、常連客が「azur外食事業公司(通称「アズ外事」。存在しない企業)のせい!」と理由もなく喚き散らす為に、更に店内の雰囲気が悪くなるという悪循環を引き起こしている。
同じビルに出店してきたイケメン店員が売りの刀削麵の専門店「刀麵乱舞」には開店当初から攻撃的な態度を取る客が多かったが、今では元祖たなかすが相手にならない程に売り上げを伸ばしている。


主なメニュー

既に販売を止めた(意味深)ものも含む。
国産食材だけを使用(疑問点多数)元祖を売り文句にしたメニューが中心。
(これらのアピールを繰り返し続けた結果か、一部の常連は他のラーメンを認めないという過激派となっている)

  • 元祖たなかすラーメン
一応メインメニュー。
当初は国産食材だけを使用しており、スープも【和風】だった。
他国ベースのスープもあるにはあったがほぼ【和風】化されている。(常連や批評家からは「畳化」と呼ばれる)
かつては数多くのスープやトッピングが続々登場することを売りにしていたが、いつしかこれらの追加ペースは鈍り、クオリティ自体も低下している。
上述の通り店主にこれを改善する気はないのは明白だが、常連は頑なにそれを認めようとしない。
元祖たなかすに批判的な元常連の証言として、これを食べ続けるとトリップ状態になって時間の感覚が消失(何十年、下手をすると100年近く昔にタイムスリップした感覚を覚えるとも)、更には視野が狭くなって攻撃的かつ暴力的になり、最終的には「シジツチンコイレイコウハッ・ヒソーカン!」という謎の呪文を延々と唱えだすという。
事実だとすれば調味料に相当ヤバいモノを使っているものと思われるが、真偽の程は不明である(棒)。
元祖たなかすの常連であり「そば処くり田」の店主でもある人が、これに感銘を受けて「悲素麺」というメニューを大々的に売り出そうとしたがろくに共感を受けられず、あまりのショックに記憶障害を起こした上に元祖たなかすにより長く入り浸るようになった。

現在では後から従業員に加わった「台湾ラーメンの第一人者」の手がそこかしこに入っており「国産食材だけ」でなくなっている事に加え、店主自身が和風推しをかなぐり捨てて迷走した味付けに没頭した結果、【和風】ですらない店主のフィーリングのみで作られた味が主体になっており、開店当初の味目当てでの来店・注文はおススメできない。
過去の味付けを懐かしむ客が非常に多い一品。

  • 元祖たなかす虹色素麺
元祖たなかすとは一切関係ない数多の外部業者達により、名前だけ使われて好き勝手な味付けをされた料理。
元祖たなかすを名乗っているが、元祖たなかすは一切関与していない…のだが、元祖たなかす開店当時から元祖たなかす側にレシピを盗まれる事案が多発している。
当初は「元祖たなかすに俺の味が採用された!」と嬉々としていた者も多かったが、後述の元祖たなかす鍋の発売を受けて「たなかすの連中は味の違いもわからねークソだ」という流れが形成される。

虹色素麺レシピの作者の中には、その実績を買われて角川製麺に採用された人も存在するのだが、その際「虹色素麺を作らない事」を採用条件にされている者も少なくない。

最近では元祖たなかす製品の質が極めて劣悪である事を受けて、元祖たなかすのネームバリューだけを使った虹色素麺を名乗る料理が大量に出回っている。
当然、見た目以外に元祖たなかすラーメンの原型は無いに等しいのだが、ほぼ全て「普通の味」ないしは「普通に通好みの味」に仕上がっている為、常連からも好評。
一時期、各個人が独自に考案したレシピを全部乗せした「元祖たなかす総集麺」なるものが流行っていたが、今はほぼ沈静化した上にこれと時を合わせるようにして新レシピの登場がほぼなくなった。
これらの素麺の中には、コクを増すためか臭み消しかアルコールを大量に用いており調理中の匂いだけで酔っ払ってしまうものが多いのも特徴で、子供が食べにいってはいけないというのが定説となっているものもある。
中にはこれを持って元祖たなかす本店の覇権を主張する勢力も存在していたりして、よく分からない事になっている。

現在でも新しい虹色素麺を販売している個人店舗が存在しているが、大抵は「たなかすと称する必要が無い無難なラーメン」「やはりたなかすと称する必要が無い、店主のフィーリングのみの客を選ぶラーメン」「他ラーメン屋のトッピングを加えたと称したまがい物」のいずれかであり、一時期のような味の多様性・創作性はほぼほぼ失われた。
これもまた過去を懐かしむ客が多い一品。

  • 元祖たなかす鍋
元祖たなかすラーメンの大ヒットを受けて、外部料理人が中心となって作り上げた煮込みラーメン風の鍋メニュー。
パッと見はたなかすラーメンの雑さが見られない美味しそうな見た目だったため、発売前はそば処くり田の店主など一部の人を除いて好評であった。
が、いざ蓋を開けてみると鍋なのにスープが温く、そのまま食べているとスープが突沸し客が大火傷を起こした【2月ショック】と呼ばれる事件が勃発。
更にスープの味もごちゃ混ぜ、具材もあるのかないのかよく分からない状態で煮込まれており、
かと思えば客がかつて冗談で言っていたトッピングである「生のジャガイモ」「カツレツ」「百合の花(常連からはクソレーズンと呼ばれている)」が雑に潰して混ぜ込まれており、更には何故かお菓子がトッピングとして入っている事が判明するなど、低品質かつ滅茶苦茶な内容に常連からも批判が殺到、おまけにスープを飲み干すと器の底には店主の結婚式風景(妄想?)が描かれているという誰得なサプライズに客は呆れかえり、いつしか「Z級鍋」と呼ばれ常連からはそんなものは存在していない扱いされている。
店主がどれだけ関与したのかは不明とされているが、前述したトッピングのお菓子が店主の好物であった事からガッツリ関与していたのではないか、と言われている。
その後、麺をうどんに替えて余計な具材を減らした「元祖たなかす煮込みうどん」が発売されたが、上記の悪評を覆すには至らなかった。
この事件から3年ほど経ったある日、元祖たなかすのイベント内で突如「鍋」の復活が宣言された(通称ZZ鍋)。
azur麺が同年秋~冬に鍋タイプのメニュー(azur煮込みラーメン)を販売することが決まり、両者の対決が期待されていたがZZ鍋の方は発売予定が一切公開されていない。
この後azur煮込みラーメンが予定通り販売開始された。
更に後、角川製麺の決算報告にて「ZZ鍋メニュー開発」と明記されたが、その際に添えられた写真が「Z級鍋」のものだった。

ちなみにこの鍋に描かれていた店主の結婚式風景は、たなかすフリスビーの発売と同時に夫役が誰か分からないように雑に塗りつぶされている事が確認されている。

  • 元祖たなかすの即席チャーシューメン【改】
元祖たなかすがブームになるとほぼ同時期に「角川製麺」より開発が宣言されていた、インスタントラーメン。
元祖たなかすの味を【少しだけ】進化させたという売り文句で、当然店主及び店舗スタッフが全面監修している。
最終的な販売開始日の2年以上前から予約を開始したものの、実際に販売されたものはラーメンではなくラーメン味の酢豚だった。
その実態が判明した段階でもう既に予約キャンセル不可能になっていた事に加え、大半の客は待たされすぎてもうどうでもよくなっていたり、怖いもの見たさに買う客もいたりと売り上げ自体は良かった。
しかしその内容は実食に耐えうるようなものでなく、2割が出てきた料理を見ただけで食欲をなくし、7割が一口目でゲロを吐いた。残りの1割は大半が肉を食って飽きたが、皿まで嘗め尽くした物好きもほんの一握りながら存在する。
この惨状から一部では「壊」と呼ばれている。
この即席麺の販売開始日直前に、店主から「アメリカ原産肉(何の肉か説明なし)の付け合せを用いていますが、当素材は本店のラーメンの付け合せにも用いる為、そのために買う必要はありません」という(どこからそんな自信が生まれたのか分からない)強気のアナウンスがなされた。
ネット通販でも販売されていたが、1年足らずで販売・生産が中止となり、常連客の間でも黒歴史扱いされている事に加え、製造・販売元の「角川製麺」からもその存在を抹消された。
現在は小売店に残ったものしか入手できないのだが、販売から数年たった今現在でも未だに、初回生産限定のドンブリつきセットが倉庫の奥に眠っている店舗があるとの噂もある。
ちなみに、数年後に後発の店が出したインスタントラーメンを見た客から「元祖たなかすでこういうのを出してほしかった!」という声が挙がった。
この声に対して、いつもなら即座に殴りかかりに行く常連客がやたらと消極的だった一方、おそらく当時の惨状を知らない(すっとぼけ)客は即席チャーシューメン【改】の出荷数を宣伝して回り、これによって「壊」の惨劇が再び世に暴露されることになった。

  • 元祖たなかすあんかけチャーハン
たなかす開店から1年半が過ぎた頃に発表された新メニュー。
外部委託業者である「瀬形」に名前だけを借し、味付けも何も好きにやらせた一品。
当初委託業者の料理人が、何故かあんかけチャーハンにもかかわらず「元祖たなかすのラーメンの味」を目指していたが、委託業者の社長の「何でこんなゲロまず味真似ようとしてんの?」の一声を受けたりと紆余曲折あった後、無事あんかけチャーハンが完成に至った。
当初はあんかけチャーハンを求める新規客などもあって盛況だったが、盛況ぶりにむがった元祖たなかす店主が味付けに口出しを始め、それをトチ狂った料理人が素直に受け入れて「元祖たなかすのラーメンの味」を再現してしまい客が遠のいた。
その後も、常連客が店に忍び込み注文用紙を盗難・持ち込んだ自家製ケフィアをチャーハンにぶっかける・興奮のあまりチャーハンを皿ごと叩き割るなど、散々な目に合っているにもかかわらず委託業者は未だに元祖たなかすあんかけチャーハン(但し味はたなかすラーメン)専門店として経営を続けている。
一部ではこちらでチャーシューメンを作って欲しいという声があるが、実現の気配はない。

  • 元祖たなかすカッカレエ
イベント限定メニューのカレー。元々は「C2ケーキ館」のまかないだったものをメニュー化したもの。
メニュー名はまかない飯を作った関係者による「くちゃりにカツを入れてカッカレエするが常識」という話が元になっているらしい。
メニュー化された当初は温めが不十分という点ぐらいを除けば割とマシな味だったが、ある常連客が冗談で「C2ケーキ館では青色の激マズカレーを出してたんだろ?俺も青いカレーが食べてみたいよw」と発言した事をきっけけに方向性が180度変わり、
味、盛り付け、価格全てにおいて悪化の一途を辿るようになった。
サーカスイベントの際に出されたイカ墨カレーは特に酷く、多くの客が食べもせず側溝に廃棄してしまったためラーメンそっちのけで下水処理をする羽目になり嘲笑されている。
なお、イカ墨カレーと同時に赤軍カレーも提供されたのだが、こちらは見た目はマシだけど味はイカ墨カレーよりもヤバかったとの噂もある。


  • ホントゴ麺
元祖たなかすの店主が料理番組の公開収録に参加する直前に編み出したメニュー。
これ以前にも店主は忙しい事を理由に番組参加の依頼を何度も断ってきた中で、ようやく参加となった直前に満面の笑みと共に発表したメニュー。番組スタッフも流石に笑い飛ばせなかった模様。
当時はゲロまず秋鮭定食からの「ケフィア添え矢矧温麺」のサプライズ提供にキレた客のクレームが激しかった事もあり、何とか追求を逃れようとして考えたメニューと噂されている。

これ以降、それまで収録依頼の度に何度も発せられてきた「公開収録に参加出来ない店主の言い訳」が一切なくなった為、この時を境に収録依頼自体が来なくなった(もしくは店主が意図的に無視するようになった)ものと思われる。

  • 艦隊ナポリタン
自称ナポリに住んでいた事があるアルバイトのJJ、前須虎阿礼(まえすとらのあれ)さんが考案した本場と称するパスタ。この店何でも売ってるな
…という設定だが、どう見てもメニュー考案者は店主本人である。

アルバイトの前須虎さんは未だに本場を主張しているが、後に店主さんサイドによりロリペド趣味の痴女アルバイトの長門よしのりさんが教えたレシピであるという設定にされた事がバラされた。
この店何でも売ってるな

  • 謙華麺
一応裏メニューなのだが、常連はもろちん勿論のこと、一見さんや元祖たなかすに興味なんかろくにないよその常連からも「ケンカ売ってる?」と聞かれるほど周知されている人気メニュー。
これほどまでに周知されたのはひとえに、常連とそれに紛れてたなかすの店主自身もが方々へ謙華麺を売って回った営業活動の結果である。
これを売る為なら相手も場所も選ばない元祖たなかすの営業方針には、方々から色々な反応が返ってきている。

艦これピーア常連はこれに蒼藍煉瓦倉庫のアベガーパスタ角川のせ(※真の裏メニュー)などをセットにするが常識。
この店何でも売ってるな


鮮麺少女R

元祖たなかすが(まだ)まともに経営されていた時代に、「中国でも元祖たなかすのラーメンが食べたい!」という声を受けた中国人店主が始めた店舗。
初期の元祖たなかすの味はそのままにお客のニーズに答え味を変えた結果元のラーメンの雰囲気を残しつつ更に美味しいラーメンに!
一時経営権で揉めたが、問題解決と共に「鮮麺少女R」と名を変え、元祖たなかすにはない様々な味付け、メニューを提供した結果お膝元の中国では圧倒的人気を誇る。
ほかが出さないだろう種類のスープも多数取り扱いしている。 20種類は超えているらしい。
その後逆輸入という形で日本に進出し、シェア自体は大きくはないもののじわじわと顧客を増やしていたのだが、時を経るにつれて他のチェーン店の台頭もあって顧客も頭打ちどころか右肩下がり傾向にあり、店自体もあまり目立たない存在になってきているが、時折タイミングよく元祖たなかすに刺さる新メニューが飛び出す事などもあるので、一部の評論家達からは注目されている。

2018年秋には姉妹チェーンの餃子屋「餃子のミラージュ」1号店を日本に出店した。

注目のメニュー

メニュー数が膨大なため、人気メニューを抜粋(随時追記予定)
これ以外にもトッピングが非常に豊富で、元祖たなかすで取り扱っているものとは別の品種の「ジャガイモ」を取り扱っていたりする。
メニューとは直接関係ないが、業界としては珍しく男性アルバイトを雇っていたりする。

  • 韮ラーメン
傍からみればごく普通の韮のラーメン。このメニュー誕生のきっかけは経営権で揉めたときに旧経営者の「常連客はニラと一緒、刈ってもすぐ生える」という発言から発想を得たスタッフが生み出した。
余談だが、韮ラーメンのどんぶりの目印が特徴的。0v0

  • 旧金山
中国の名店で数多くの人気メニューを生み出した職人が生み出した餡かけ焼きそば。
値段も味付けも至って普通の一品だったが、図らずも元祖たなかすの人気メニュー「悪魔炸麵」と同じ具材が餡に入っていた事からたなかすの常連客からバッシングを浴びる事になるが、多くの人の目に付いた途端、「味付けが全く違う」、「ボリュームが完全に別物」等の声が大きくなり、現在では騒ぎは収まっている。
もっとも、レシピを考案した当の本人が元祖たなかすの炸麵のファンである事を公表しており、偶然似てしまった事を自らジョークの種にしている。
後にレシピに改良を加えた新作も登場した。

  • スフヌードル
同店舗の他のメニューと変わらない海鮮ラーメン…なのだが、何故か海の無いモンゴル風味と銘を打った一品。
若干雌カキ風味の効いた小盛りのラーメンなのだが、ポイントカードを溜めると理解不能な味付けの絶対に食べきれない大盛りラーメンを出される。
常連の中には(策を弄して)これを実質的に完食するに至った化物が存在する。


azur麺(アズール メーン)

開店当初は本拠の中国では鮮麺少女Rにシェアで一歩及ばなかった事に加えて、鉄分たっぷりラーメンで食中毒を起こして大惨事を起こし、一時は危機的状況に陥った。
その後、起死回生(あとついでにスタッフの趣味で)日本に殴りこみをかけると、元祖たなかすの怠慢な殿様商売に飽き飽きしていた客層がこぞって移動し予想外の成長を見せる。
国外発の店でありながら、やたらと日本人好みの味付けが多いのが特徴。
スープは鮮麺少女Rに比べればある程度方向性を絞って提供しているが手広くそろえており、トッピングは無料、有料のものを含め豊富。
中にはたなかすラーメンと同じテーマのスープもあり、元祖たなかすに刺さる事が多い。

当初から、店内が「明るい大人向けの雰囲気」である事を度々突っ込まれており、そば処くり田の店主はこれを「悲壮感がない。ラーメン屋の魅力は悲哀漂う暗さなんだよなぁ」と貶して方々から袋叩きにあったが、
実際に取材した中国人記者からは「多くの客は店の歴史やそこから来る暗さではなく、ラーメンの美味さで店を決めている」とド正論をぶつけられることになった。
なお開店1周年のお祝いの席にて店主に常連のマフィアが店の雰囲気を問うた際に「何を今更!」と返された事が今なお語り草となっている。

中国で起こした食中毒騒動の名残なのか、たまに出てくる新メニューで、大味な味付けととんでもないトッピングをする事があり、その際に(よく分からない誹謗中傷を含めた)批判を受ける事が度々あるのだが、
それでも味を追求する真面目な姿と、安価でうまいらーめんを提供しようという姿勢には評価が集まる。
その結果、元たなかす常連客だった辛口評論家かつ愛猫家な某社長が毎日入り浸るなど現在進行形で着実にファンを増やしている。
日本への出店2周年を記念してパスタの提供を始めた。
競合店が少なかった事に加えて味の方も比較的安定しており、ラーメン屋なのに元祖たなかすのメニューでは安牌とされてきたが、長年温めてきた数々のレシピを放出した事から一気に窮地に立たされる事となった。

最近はその人気に嫉妬したと思しき元祖たなかす側から明らかな敵意をぶつけられているが、差は広がる一方である。
元祖たなかすが【自分の店専用の看板娘】として持ち上げていた女性「アルバイト」をazur麺が採用した所、元祖たなかす常連客から女性アルバイトが裏切り者の誹りを受けるようになり、元祖たなかす店主もそれに呼応するようにシフトを極端に減らしたり、彼女らの得意とする料理をメニューから削除するなど、露骨に冷遇するようになった。
この冷遇により暇が出た結果か、メーンさんサイドでのシフトが急増したのはまた別のお話。
ジャンル内では初めて北米に出店を果たし、北米産食材に対するリスペクトの高さ等もありこちらも好評。

これらの事から元祖たなかすの過激な常連からは激しく憎悪されており、他の外食産業を巻き込んだネガディブ・キャンペーンを展開しようと企むが、
いずれも彼らが思うようには上手く行かないどころか、却ってメーンの宣伝(と元祖たなかす自体の悪評の流布)になるという逆効果が起こっている。
最近ではその行動力に目を付けた悪名高いレビューサイトのライターが「元祖たなかすは終わった!」「azur麵の新メニュー凄い!」のような対立を煽るタイトルの記事をハイペースで書くようになり、その目論み通りに元祖たなかすの客が殺到しており、アクセス数の急上昇でボロ儲けしている。

また色々あって台湾には出店していなかったが、最近になって「建設予定地」の看板が掲げられたため、たなかすの仕入れ元を戦々恐々とさせている。
愚痴横丁で度々元祖たなかすとの比較で(ほぼほぼ元祖たなかすをこき下ろす内容の)話題に挙がる店だが、その際に日本事業における看板アイドル「はるか 星エイ」さんの名前が度々「はるか 星イー」と誤記される事がある。

注目のメニュー

いずれのメニューも、中核をなすメイン4種類のスープが基本となっている。
かといってメインではないスープがマズイわけではなく、どれもリピーターやファンから高評価を頂いている。
裏メニューとして全身黒づくめなセイメーンがあり、具材にタコなどを使用したり、爆発的なパンチが効きすぎたりといった有様だがこちらにも熱狂的なファンがいる模様。

  • 鉄分たっぷりラーメン
限定メニューとして登場した際に、大陸で食中毒を起こして大惨事を起こし、azur麺の経営を危機的状況に陥らせた一品。通称「ミラー麺」
細麺なくせに噛み切るのも一苦労な麺を渦巻状に盛り付けたりなど、とにかく地獄のような盛り付けと味付けのダブルコンボで、これに挑戦した客のことごとくを食中毒に追いやった一品。
現在では、大陸でのみ経営を行っていた時期のazur麺の過去の不祥事として、たまにネタとして語られる他、日本国内でのazur麺の飛躍を快く思わない勢力によりネガキャンに用いられる事がある。

後に日本で同名メニューが出てきた際にはゆで時間の改善と盛り付けを自重されたことでまるで別物と化していた。
更に後に、復刻メニューと称して登場した際には追加の小鉢と甘味をセットに入れて、盛り付けも何も更に別物と化して登場した。
    • 特別・エンドレスセックス三昧コース
過去に登場した「メイド特盛りコース(おまけつき)」の第二弾として登場した限定メニュー。
メニューには「独立をかけたガチンコバトル」と説明が添えられていた、過去の特別コースやスープの素材がとんこつだという二次評価なども相まって、「いつもの」なんかやるんだろうなくらいの感覚で待たれた。
しかし実際に提供されたものはメニュー名からは想像し得ない内容の激マズラーメンの大食いチャレンジに加えて、店主が全ての客の器にリアルタイムで大量の香辛料を加えていくという地獄のようなフルコースだった。
常連客ですら1杯につき2割も食えないほどのラーメンを延々と食い続けるという地獄のようなメニューに、新規顧客の大半が死屍累々となっていた。
このままもし全支店で完食ができなければ、ミラー麺の再来とまでなったかもしれない、そんな恐ろしい一品であったが、メニュー内容の改善など店側の尽力もあって、最終的には食中毒を起こす事もなく無事(?)メニュー提供終了まで漕ぎ着けた。
提供終了後も少しの間は香辛料を完全に取り去った単なる「超特盛り濃厚とんこつラーメン」として、大食いチャレンジがてら提供された。
常連ですら時間内によくても半分かそこら食えればいい量であったのだが、大陸から参戦してきた大食い達人が完食間近まで食した事が話題に挙がったりもした。(結局、最終的に完食する事が出来たのか否か、詳細は不明)

後に、常連達の間ではスープの二次評価に納得が行かなかった店主が「実はこんな激辛ラーメンだったんだ!」として繰り出してきた…けど、結局より濃厚なとんこつを混ぜ込んでいたというのが笑い話のネタとして語られた。
一時期はトラウマメニューとして語られていたが、この後にも様々な食べやすい新メニューが次々と繰り出された為、
時を経るにつれてだんだん楽しい記憶により苦しい記憶が排除されていく事で印象が薄れてきて、あまり語られることはなくなった。ただ、たまに思い出してトラウマを発祥する常連がいる模様。

  • ソーテーメン
大陸向けラーメンに一手間加えた(というか一手間省いたと言った方が正しい気もする)、日本向けに開発された主力メニュー。通称「布地麺(フージーメン)」
出てくる盛り付け自体はその都度変わるのだが、大抵は特製モモ肉やミートパイなどを容器からはみ出んばかり盛りまくったり、色々な隠し味をチラしたりと、とにかくやりたい放題な一品。
たまに盛り付けを自重した大陸向け版が出される事もあるのだが、味自体はそこまで変わらない。
但し、通には隠し味が入っていない事が一瞬でバレるので、変わらない事もない
そういったものが誤って出てしまった際には「ソーテーメンと違う」として店主側が自主的に作り直してソーテーメンとして再度出してくる。

  • 特製かにラーメン
特製ビンナガマグロのスープを使った一品。
これ自体は他のメニューと特に変わりない、強いて言えば雌カキ風味の効いたラーメンと言った程度だったのだが、
韓国出店時に「スープの味が過激すぎたせいで消し炭にされた」事を受けて、一時期ネタメニューとして話題になった。

  • azurチャーシューメン・黒酢ワンタン(セット)
過去にコラボした製麺業者「昆心」と協力して開発した一品。
スープを厳選する代わりに生麺を用いたインスタントラーメンと、色んなパンが楽しめる一品。
限定セットにはスープの製法や色んなパンが楽しめるドエライおまけがついてきた。
インスタントラーメンとしては上々という評価からスープラインナップの増加も発表されている。

  • azur煮込みラーメン
連邦の企業が主体となって作られたラーメン鍋。
メニュー発表時点から激しいネガキャンに見舞われたが、予定通り提供を始めた。
販売開始直後から、そこかしこに仕込まれた無駄にドエライ味付けや、「azur麺のあの味!」と銘打たれたはずなのに常連すらも全く知らない盛り付け・トッピングがなされていた。
新しい客の「azur麺ってこんなんなのか?」に対して常連が「何これ知らない」と返す事が話題になった。
ところが、連邦に雇われた凄腕のアルバイトがトッピングの温泉卵の制作を意図的に手抜きしたり「一年後には誰も覚えていない」と発言するバイトテロを起こし炎上。その結果、販売を一時中断せざるをえなくなり、ネガキャン勢が俄然勢いづくようになった。

提供を始めて以降、何故か「元祖たなかすのZ級鍋」とやたら比較したがる勢力が出現する。
Z級鍋は元祖たなかす常連からも存在しない扱いをされており、流石に元祖たなかすの常連が持ち出すとは考えにくい為、元祖たなかす・azur麺の共倒れを狙っている第三勢力によるネガキャン・対立煽りである可能性も指摘されている。
一応、あくまでも常連ではないというだけで、元祖たなかすの顧客による犯行の可能性が疑われてはいる。


最らぶ軒

1号店は韓国に出店、その後も地味に日本を含め各地にチェーン展開し4号店を出した台湾で第一人者から秘伝のレシピを授かったが、
元祖たなかすの店主に「そのメニューはモグの所で出すのが筋だブヒィ!」とわけがわからないクレームを付けられてレシピを強奪されてしまう。
東南アジアでの出店攻勢を足掛かりとしてazur麺に続き北米進出を果たしたが、鮮麺少女Rに続きタイからは撤退を余儀なくされ半年後には日本撤退第1号となってしまった…。
……が、その直後には元祖たなかすを贔屓にしていたそば処くり田が半年ほどで悲壮感溢れる閉店に追い込まれたため、「たなかすやくり田に比べれば全然まともだった」と懐かしむ声もたまに聞かれるようになった。
余談だが、台湾の第一人者は今、後輩を道連れにして元祖たなかすで皿洗いをしている。

注目のメニュー

  • 扶素麺
上述の秘伝のレシピから生まれた「そうめん水ギョウザセット」。
本店ではこのメニューを前面に押し出して売り出していたはずなのだが、何故か日本向けには提供されなかった。


アビホラー麺

日本に1号店を出店した新規参入チェーン。
ぼんきゅっぼーんな具のボリューミーさが特徴。

前に出店したパスタ屋の評判が悪かったので警戒されているが、開店前からazur麺の開店時を上回る行列が出来た。
職人の技量や向上心は高かったようだが経営者の客への配慮不足が目立ち、開店後もラーメンの味の試行錯誤を続けたこと、それを上手く客にアピールできなかったことで、それまでの味に慣れた客を困惑させたりもした。最初からこの味なら良かったのに、とはよく聞かれた言葉である。
またメニュー写真の構成が元祖たなかすのとあるメニューのものと似ていたため、開店早々から「メニュー写真が似ているからウチのパクリだブヒィ!」などと元祖たなかすに怒鳴り込まれて以来、
元祖たなかすの常連客から連日のように丼鉢へゴキブリを入れられたり、
釣り銭の勘定間違いがあったと難癖を付けられたりの嫌がらせを受け続けた挙句、
たなかすと繋がった地上げ屋によって店に大型トラックを突っ込まれるなど甚大な被害を受けたが、脅しや嫌がらせに屈することはなかった。
この地上げ問題と2号店を台湾へ出店したのに前後して、経営がオーナー直営へと変わったことで立て直しを進めることとなった。
何故か直営店になった件で元祖たなかすの常連達から「経営者が変わった!俺達の勝ちだ!」と言った声が挙がったのだが、誰か意味を理解・説明できる人はいますか?

店員がそそっかしく妙なミスをしてみたり、宣伝下手・告知下手というところで損をしている部分もあるが、味やサービスは着実に向上・安定しており、隠れた名店ポジションになりつつある。
またそのボリューミーさがインスタ映えするのか、工夫を凝らして撮った写真をtwitterに投稿して交流する常連客も存在する。

3号店を韓国にも出店したが、ここでも現地の元祖たなかすの常連客に嫌がらせを受けるなど、苦労は絶えない様子。不幸体質だろうか?

なお、地上げ屋【ら】の嫌がらせなど元祖たなかすとのいざこざが激しかった時期でも、たなかす側にピンポイントで刺さるスープや具材を用いた新メニューを度々追加したりと、したたかな一面を持っており、案外侮れない。
現在は地上げ屋けんすけの攻勢も前ほど無い事もあってそこそこ落ち着きつつあるが、やはり時たま元祖たなかすに刺さる新メニューやアレンジメニューが飛び出す事もあり、一部の評論家から注目されている。

ここまで複数店舗について書いて思ったのだが、元祖たなかすに刺さるメニューが多すぎませんかね?

注目のメニュー

  • セガ【ら】ーメン
たなかす及びたなかすと繋がった地上げ屋による嫌がらせも終息に向かいつつある頃に発表された。
何故「ラーメン」ではなく「【ら】ーメン」であるのかについてアビホラー麺側からの明確な説明はないのだが、
その内容が、過去に「セガシーツーメン」として発表されていたメニューそのままであったため、「C2ケーキ館」ひいては「元祖たなかす」をおちょくる為に変更したという噂が流れている。


守護プ楼

3年前から周到に出店準備していた新興勢力
開業前から日本を含む全世界にチェーン店を出す目処を立てていたが、ようやく本店の出店許可が役所から下り、日本では最らぶ軒の跡地に出店。
そのため、同業者間では「相当に高いポテンシャルを秘めているのではないか」と噂される。
特にazur麺は開店時に出す予定のトッピングを調べ上げ、機先を制してメニューに加えるなど新興勢力の台頭を強く警戒しているようだ。
もっとも、最近は台風の影響かどうかは知らないが泥の影響で製麺機械が長期間不調だったりazur麺の勢いが強すぎるのもあって店長のやる気が目に見えて下がっていき、閉店も近いものとみられる。

たなかす以外のチェーンと異なりフランチャイジーが日本企業と言うこともあり、店主と常連客たちがどんな嫌がらせを画策するのか注目されていた。日本出店後、元祖たなかすの仕入れ元である角川製麺が中国で同じようなラーメン屋を出店する計画が浮上したが、その店の店主は守護プ楼の開店前にスープを他店へ横流ししてクビになったバイト店員であった。
結局、角川製麺と話し合って新規出店への異議を取り下げ開店時には花輪を贈っているが、これによりたなかすがアビホラー麺に対する執拗な営業妨害を繰り返していた対応がいかに非常識だったのかを再認識させる結果となった。


本家蒼鋼(ほんけあおはがね)

元祖たなかすの開店直後にメニュー開発で協力したことがあるが、たなかすの店主が、蒼鋼製麺の味の決め手の一つである「まてりある」を「ましん」として紹介したり、失礼な言動を繰り返したのが原因で関係は冷え切っている。
たなかすの方もキャンペーンが終わると蒼鋼製のメニューを綺麗さっぱり削除した
…かに見えたが、実はその時作られたスープをたなかす側が隠し持っていた上、後から追加された複数の鍋にもぶち込んでいた事が判明。
しかし、そのスープを用いた料理はキャンペーン終了以降から今現在に至るまで一度もメニューに並んだ事はない為、なぜ後から追加した新しい鍋にまで混ぜ込まれたのか・なぜ大規模な在庫処分を経た後もこのスープが残っていたのか、何もかもが不明な事案の一つとなっている。

そして時は流れ「純日本製」を引っさげて新規出店を発表し、元祖たなかすと常連の瑞雲教団を脅かすのではないかと噂されていた。
しかし開店直後、料理人達が「つけメンよりチャーハンだろ!!!」と開店前の無口な態度から変貌。
つけメンを期待してやって来た客を尻目にチャーハン屋を始めだすという謎の行動に出た。
以降、開店前とは一転して、愚痴横丁でも話題に出ることは無くなったが、一応元祖たなかすのお隣さんなのでランチ客を取り合う程度の関係はあると見られていた。

以降も経営体制が改善される事なく、2019年12月には「2020年1月末をもって閉店する」旨を告知された。

注目のメニュー

  • チャーハン
看板はラーメン屋なのだが、基本これしかない。
「ラーメンそれぞれに味が違う」他店と違い、こちらのチャーハンはほぼ同じ味付けのものが大量に並んでいた。
元々味付けのバリエーションが出せないネタであった事も相まって、メニューに「チャーハン(付け合せ1)」「チャーハン(付け合せ2)」…のようなチャーハンの量産品が大量に並んでいた。
チャーハン大盛りを頼むとチャーハン小盛りが出てきて、客に「それをチャーハン通常盛りに乗せてチャーハン大盛りにしろ」という謎の行動に出る事もあった。


拉麺誓約(ラーメンせいやく)

中国発のチェーン店はその大半が上海に本社を置く中、北京に拠点を置く新興店。チェーン化の意欲はあるが今のところ本店のみでの営業となっている。
しかし、素材や味、見た目がアビホラー麺以上に元祖たなかすに似てしまったために、現在は元祖たなかすの常連客や地上げ屋からのの嫌がらせを恐れて未だに日本上陸を果たせていない。


ラーメン販売計画

元々は「俺のラーメン製造計画」という店名を予定していたが、産業スパイにより守護プ楼からレシピを盗んでいたことが発覚、一時は開店すら危ぶまれた。
しかし、元祖たなかすの親会社の中国支部が買収し、レシピを1から作り直したことで守護プ楼と和解が成立、何とか開店に漕ぎつけた。
しかしレシピ盗用の悪評は余りにも大きく、わずか半年で閉店した。


Victory Noodles(ビクトリーヌードルズ)

アメリカの個人経営店。開店準備中の看板を掲げた時期は古く、鮮麺少女がRになる前から資金を集めていた。その後も店員を雇わずに店主が1人で試行錯誤を繰り返しており、たまに試食会を開くと言う状況が何年も続いている。

そうこうしている間にazur麺が太平洋を渡ってロサンゼルスに出店し、元祖たなかす以外のチェーンも立て続けに西海岸へ上陸した。それから1年が経過してazur麺の一人勝ち状態が確定的になったため、やる気を無くしてしまったのではないかと心配されている。


そば処くり田

ラーメン店ではないが、元祖たなかすに麺を卸している角川製麺の重役の一人が、元祖たなかすの味にほれ込み、リスペクトして立ち上げた店である。
ちなみにこの店主は元祖たなかすの開店時から入り浸り、開店からわずかの期間のみ提供されたという幻のメニュー「パクチー・ナグリコ麺」のおまけでついてきたオモチャを度々自慢するほどの入れ込みようだった。

そば処の経営については、角川製麺の伝手を使ってハイレベルな原材料と職人をかき集める事に成功したのだが、元祖たなかすの悪い点ばかりを参考にしたせいかメニューや味付け、店内の雰囲気といった全体のセンスが微妙に古臭く、さらに注文の仕方が面倒臭い上に難解で敷居が高く、注文してもなかなか商品が出てこないと悪評が立ち、開店早々に閑古鳥が鳴き始めた。
これを受けて、開店より30日後には「最後の入店から30日以上経過した客を対象とした」カムバックセールを行った。(…ん?)
さらに店がこのような状況であるにも関わらず、店主が店の経営そっちのけで元祖たなかすに通い続けていることが判明して炎上。
この件に関して店主は「ライバル店に行かずに仕事しろ、と言うのはブラック企業に賛同するような発言だと思う」と見当違いな釈明を行い、さらに批判を浴びた。
つーかまともに仕事しろよ。てか、仕事してるふりすらできないのか
その後順調に客足は減り続けまあ、そうなるな、出資者及びより上位の経営陣の判断により、開店からわずか半年で閉店となってしまった。
店主が店の広告に使った「そう簡単に閉店してポイントチャージが無駄になることもないんだ!」はフラグとして今でも語り草になっている。

なお前述したとおり、店主はたなかすリスペクトをこれでもかというほどアピールしていたのに、結局元祖たなかすとのコラボが行われることは一度も無かった。何故なのか。
たなかすリスペクトを謳ってはいたが他のたなかすフォロワーの支持を得ていたとは言い難く、とあるたなかすの常連客はそば処くり田について徹底的にこき下ろしている。これへの報復措置として、店主はこの人物を出禁の処分にした。たなかすリスペクトってそういう事なのか
余談になるが、角川製麺はくり田開店の前に『テクてくTEKU亭』という外食チェーンを立ち上げていたがこちらも短期間で閉店に追い込まれており、外食産業2連敗という黒歴史を記録してしまっている。


深海製麺