他艦船擬人化ゲーとの登場艦比較 > イギリス編


艦これに登場する艦娘のうち、イギリス海軍所属艦船の問題点
  • オーストラリアなど広義のイギリス連邦各国海軍に属する艦船は英連邦編を参照。

概説

キャラデザは主に社員絵師のコニシが担当。キャラデザよりも「アドマイラル」など台詞におかしい点が多々ある。

また、ウォースパイトはクイーン・エリザベス級戦艦1番艦のクイーン・エリザベス、ジャーヴィスはJ級駆逐艦のジャベリン、ネルソンはネルソン級戦艦2番艦のロドニーとして登場させる予定だった形跡があり、他艦船擬人化ゲーにムガって予定を変更する度に矛盾が噴出するのも大きな特徴。

ウォースパイトやジャーヴィスのような空気キャラとアーク・ロイヤルやネルソンのようなネタキャラとで二分されているのもまた特徴である。
(´田ω中`)はイギリスに何か恨みでもあるのか?

イギリス艦は太平洋戦争の緒戦で日本軍に沈められたのが多く、アメリカ艦程ヘイトは高くないと思われているが、日本艦を沈めたイギリス艦は少なからずいる。

  • 英潜水艦のタリホーによって沈められた球磨
  • 英潜水艦のトレンチャントによって沈められた足柄(皮肉にも足柄はジョージ6世戴冠記念観艦式の際には招待艦としてイギリスへ派遣された日本艦だった)
  • ペナン沖海戦にてソマーズ、ヴィーナス、ヴィラーゴ、ヴェルラム、ヴィジラアント率いるイギリス第61部隊 第26駆逐隊によって沈められた羽黒

中でも逆恨みしそうな程ヘイトを溜め込んでいそうなイギリス艦が日独への復讐に燃えるキング・ジョージ5世(後述)である。

イギリス艦は艦これの海外艦では3番目に登場艦数が多いが、アメリカ艦みたいに絵師統一を崩すか、このままコニシに任せるかはすべては(´田ω中`)次第である。コニシの運命やいかに

忘却の日英同盟

(´艦ω豚`)はイギリスの扱いに対してやたらダブルスタンダードな態度を取る。特に金剛の扱い方を見れば一目瞭然。
(´艦ω豚`)は日露戦争の勝利でやたら粋がっているのが多い(実際は辛勝だった)がそれはロシア帝国の脅威を排除すべく利害一致で組んだ日英同盟を結んだ結果に過ぎない。実際は火中の栗を拾わされただけだけどね。

(´艦ω豚`)はやたらイギリス海軍を過小評価しているが、そもそも日本海軍のルーツはイギリス海軍であり。
大平洋戦争に於いての緒戦(真珠湾攻撃とマレー沖海戦)の戦果は大元を辿ればイギリス側の戦法を参考にしている
やはりNTUY拗らせた(´艦ω豚`)は無知で身の程知らずが多いようだ。
また昭和天皇も皇太子だった時期の訪英を機に生涯を通して親英であり続け、軍部に押し切られた形でイギリスに宣戦布告するのは本意ではなかったとされる。

さらに言うと
日本の軍歌として謳われた「蛍の光」の原曲はスコットランド(イギリス)民謡 「オールド・ ラング・サイン」であり。
日本海軍の定番料理とされているカレーライスはイギリスがインドを植民地支配していた時期に誕生したイギリス料理である。

日本はイギリスの植民地を次々と解放し、対するイギリスはアメリカによる日本への原爆投下とソ連の千島列島侵攻を容認と、お互い日英同盟を仇で返した結果、両国仲良く弱小国家(アメポチ)に成り下がってしまったとさ…

米ソ「ですが笑えますねぇ、日英はあの大戦で覇権の時代から追放、一方我々は戦後時代のチャンピオン、随分と差がつきましたぁ、悔しいでしょうねぇwwwwwwwwww」日英「テメェ!!!」

個別

ロイヤルネイビー(冠称がHMS)は全艦とも社員のコニシがキャラデザを担当。

ウォースパイト(HMS Warspite)

  • 画:コニシ
  • 声:内田秀
  • 他:R、B、A
16夏イベE5突破報酬として、また艦これ初のイギリス艦として先行実装。
「アドマイラル」で物議を醸した。全体を通してロボットマンと言われるようなセリフ回し・設定周りで群を抜いてガバい海外艦キャラの一体。

概説で述べた通り「当初は同型1番艦のクイーン・エリザベス(後述)として登場させるつもりではなかったのか?」と言うのが定説になっている。
また、実際には第二次大戦で最も活躍した戦艦と評される偉大な艦なのだが、(´田ω中`)はこのウォースパイトのことを「あまり有名ではない」などと発言し、海外艦に対するガバ知識を露呈させた。
「日本艦だって怪しいだろ」とか言うなよ絶対だぞ?
2018年1月、晴れ着modeと称した限定立ち絵が追加された。
昨今では中の人ネタ()で大根おろしを常備させられており、二重の意味で被害に遭っている

キャラ性能は低速戦艦では珍しく、燃費が良い方。改になっても変化しない。
ただし改になれるレベルが75と異様に高い。戦艦なのでMVPが取りやすいのは救いだが…

運の初期値もやけに高く、未改造でも55。改では70と雪風改すら上回っている。
だが戦艦は主砲カットインを狙う理由がない為、命中と無意味な回避補正以外の恩恵は無い。燃費が良い事から穀潰し支援艦隊用の戦艦として使われる事が多い。

常設はされておらず、イベント海域で狙う事になるが18冬イベのE4ボスを筆頭に時間がかかる場所や嫌な条件下で設定される為、初心者や復帰勢には入手困難。
いじられ事務員、内田の記念すべき声優デビューキャラでも出し渋る男けんちょん

ちなみに、艦これのウォースパイトは砲撃時に「ファイア」と言うがこれはアメリカ式で、イギリス海軍の砲撃時の掛け声は「シュート」である。
それ以外でも、このキャラのセリフは文章がおかしい・文章はままあるが単語ごとの発音がおかしいなど、セリフガバが特に酷い事になっている。
また、「移動目標への長距離砲撃の命中記録を持っている」「味方との衝突癖がある」「原因不明の舵の故障に悩まされた」といった様々なエピソードがあるのだが、恐らく公表直前までクイーン・エリザベスのつもりで発注していたのが原因でキャラ付けには全く反映されていない。
2019年春のズイパラではウォースパイトの等身大パネルに跪く艦豚の集団が目撃されており「ウォースプライト教」(開催直前の商品リストで "Warsprite" と余計なrが入っているものがあった)と呼ばれるようになった。

これに対し、他作品では実艦のエピソードがキャラ設定に生かされている。

戦少Rではスカートをまくり上げた貴族の女性のような姿で登場。「オールドレディもスカートを上げれば走ることができる」と評されたエピソードをそのまま取り入れたデザインになっている。
余談だが、艦これ氷祭りにてCV担当の内田秀が「イス状のソリに座ったまま滑ってくる」といういわゆる車椅子mooooodeにより、後期高齢者的な意味のオールドレディを演出した。嘘。

アズレンでは同型ネームシップのクイーンエリザベスと共にリリース当初から登場しており、CVは2隻とも“艦船擬人化の女王”こと上坂すみれが起用されている(サラトガ、明石、ドイッチュラントと5役)。姉妹揃ってゲーム起動時のロード画面でも描かれているので目にする機会は多いだろう。スカート上げれば走れるなら、(スカートを)はかなければもっと早いのでは?と言わんばかりに、(スカートを)はいてない。
長距離砲撃の命中記録があることを反映し、必ずクリティカルヒット判定になる特殊砲撃を行うスキル「絶対命中のオールドレディ」が実装されている。
長らくスキンを待望されていたが、2018年クリスマスにようやく追加された。やっぱり(スカートを)はいてない。
次いで2019年1月後半にはSSR二隻目の改造が実装された。剣を両手で地面に突き刺して仁王立ちする姿はいかにも王道感あふれていてかっこいいと評判。第二次世界大戦で最初となる航空機の潜水艦撃沈を達成した艦歴を反映し、近代化改修をこなすことで対潜機の装備が可能となる。ついでにスキルも一新され、さらに新スキル「レジェンドオブロイヤル」も習得。自身の火力や、対駆逐艦相手への命中率を増強させることができるようになった。

アビホラではやたらと露出度の高い衣装で登場。水着スキンも実装されているが清楚な白ワンピース姿であるため、水着になると露出度が下がる。
味方が戦闘不能になった際にシールドを付加するスキルを持っている。
元ネタは第一次大戦最大の海戦:ユトランド沖海戦で舵が故障し、偶然にも沈没寸前の味方艦を庇う形になりその乗組員を生存させたエピソードではないかと思われる。

上記の他、陸海空複合型のあくしず戦姫では艦これでイタリア艦を担当しているじじ氏のキャラクターデザインで登場していた。

ネルソン(HMS Nelson)

  • 画:コニシ
  • 声:野水伊織
  • 他:R、B、A
18秋イベE5突破報酬として先行実装。
【Nelson Touch】という名のおまる形態(オマルソン)で愚痴スレに衝撃及び笑撃を与えた。
こちらも概説にある通り、元々は2番艦のロドニーを出すはずだったのを急遽ネルソンに豚バートした疑惑がある。

おまる形態がお目見えする以前から【Nelson Touch】をモチーフとした特殊攻撃の実装は史俊されていたが、その時点ですでに「戦艦ネルソンとは関係ないじゃん」と突っ込まれていた。
そもそも元ネタである戦術は第二次大戦から約150年も前のトラファルガーの海戦で行われたものであり、さすがの(´田ω中`)も「実艦の戦艦ネルソンがネルソンタッチを行った」などというとんでもない勘違いはしていないはずである。たぶん。
仮に第二次世界大戦の戦艦でネルソンタッチをやろうものなら理論上やった側がほぼ確実に沈むことになるが、アークロイヤル級三番艦アークロイヤルとかやっちゃうあたり完全に否定しきれないのがもう

アカン

また、このネルソンはアズレンの日本版リリース以来(´田ω中`)が徹底的に回避し続けていた「アズレン既出の艦に後攻で艦これが挑む」という初のケースとなった。

↑各作品のネルソン比較(※上記以外に日本版リリース予定の無い蒼藍誓約でも登場している)、艦これネルソンのおまるmodeがどれだけ異様かお分かりいただけるだろう。
一応デフォルトの立ち絵はそこそこなのだが…

気になるその結果だが、アズレン及び戦少Rのネルソンは「史実の迷彩を再現したカラー」や「直線的な船体形状の艤装」など史実の戦艦ネルソンをリスペクトしたデザインであるのに対して、艦これのネルソンは史実に存在しないオリジナルカラーと不自然に丸みを帯びた船体でミリオタから失笑を買う有様であったと思われたが、迷彩に関しては実はロドニーに近いという指摘が上がり、加えて史実でのロドニー沈没地点だったなど上記の通り益々豚バードした可能性が高くなってきた。
とにかく「おまる形態」というただ一点で当時アズレンでもあまり持ち上げられていなかったネルソンに特攻するも直後にハロウィン衣装が投下され、更に間を置いてC95では熱を感知して絵の一部が消えるポスターを販売。
挙句の果てにはそのアズレンに触発された戦少Rも艦名の由来となったネルソン提督を模した衣装や成人の日任務では子供化スキンまで投下される(その後、エイプリルフールでは公式アカウントにこのちびネルソンが登場し「名探偵ネルソン」なるパロネタが投下された)等散々たる結果となり、日に日に劣勢に追い込まれているばかりか余り推されていないアビホラの幼女ネルソンと互角にわたり合えるかも怪しい。
ある意味「第二次世界大戦の海戦でネルソンタッチをやったらどうなるか」を再現したとも言えるな
今日もどこかで人知れず股間に添えた主砲が煙を吹く。

そんなこんななネルソンだが、キャラ性能は低速戦艦だがオマルソンネルソンタッチという宴会用一発芸必殺スキルが使える唯一無二のキャラである事が最大の特徴。
後に実装されたビッグセブンの公式名称が台詞まんまで適当な必殺スキルに比べて、
  • 通常海域でも複縦陣で出せる
他キャラのものは全て梯形陣で発動する為、必殺技以外の攻撃性能がゴミ化する。
※連合艦隊時は全て同じ陣形で発動する為、その差が埋まるといえば埋まるが・・・
  • 威力の倍率が高い
装備や構成に関係なくかかる倍率が2.0倍で固定。T字不利の時は更に1.25倍
※T字不利時は0.6×1.25=0.75倍なので反航戦時の0.8倍を覆せるほどではないが、他に比べれば安定していると言える。
  • 編成の自由度が高い
他は全て装備構成や特定キャラを組み込むなどしないと最大威力が発揮できない・構成員は戦艦でないと発動しないなどしているが、こちらは昼砲撃可能なキャラであれば誰でも発動可能とほぼ制限なしに使える。
威力もさることながら、汎用性も高い。
更に、昼発動時には火力倍率がキャップ後に乗る為、昼戦でも夜戦時を超える超火力を発揮出来る可能性がある。
  • 一連の動作が公式クソコラ素材
(なおすぐ飽きられた模様)
…と見た目は完全にふざけているが艦これ内でも最強のバフスキルといって差し支えない性能になっている。
19秋イベのE3戦力ボス2で未所持限定でのドロップ落ちが確認されたので、未所持の現役プレイヤーが血眼になって掘りに走っていた(掘れば必ず出るとは言ってない)

アーク・ロイヤル(HMS Ark Royal)

  • 画:コニシ
  • 声:内田秀
  • 他:R、L、B
17夏イベE7突破報酬として先行実装。
最終突破報酬の海外艦でありながら約半年(18冬イベ)でドロップ落ちした異例の艦。ゴミしか持参しないから別に悔しくなかったんですね、わかります。


後述の経緯からネルソンの「おまる芸人」に対して「ソードフィッシュ芸人」と呼ばれることがある。
「アーク・ロイヤル級3番艦アーク・ロイヤル」という(´田ω中`)のガバ考察(補足するとアーク・ロイヤルと名付けられた艦船は複数存在し、3番艦というのはインヴィンシブル級のアーク・ロイヤルである。恐らくWikipediaを斜め読みしている内に(´田ω中`)の脳内で両者がゴチャゴチャになってしまったのだろう。)や「必殺のソードフィッシュをシュート」という色んな意味でハチャメチャな英語によって一躍有名になる。超!エキサイティン!
ここで言及するソードフィッシュも後半海域で高性能版が入手できるが、地獄の17夏では獲得も困難で、改修工廠のラインナップに乗る事を期待するプレイヤーも多かったが、未だ改修対象にはなっていない。「潜水特化」「熟練乗組員を使える」など、強化しても痛くない性能の艦攻・艦爆を意地でも改修させたくない(´田ω中`)の異常性が見てとれる。
更に嫌がらせのように17夏イベ終了後に実装された「夜間航空攻撃」のカットインにソードフィッシュも条件として含まれているが、もう何をしてもmk.II以上は手に入る事もないため低難易度でクリアを優先した提督は一層ヘイトを募らせることとなった。
(丁度この時期に憎き「アズールレーン」が日本に上陸し、溜りに溜った不満を爆発させた提督がそちらに寝返るのも無理はないだろう)
その後、ソードフィッシュは17秋刀魚イベでも選択報酬として登場したが無印版であり、悲しいほど使い道のない代物と化した。

それに加えて18冬イベの友軍艦隊に属するアーク・ロイヤルは
ロクに当てないor当てたところでカスダメの役立たずと化しており、ソードフィッシュ芸人と呼ばれてしまうようになった。「いど」とやらの艦これ二次創作漫画に影響されたという線もあるかもだが
またE4やE7での海外艦掘りの際、当然この艦もドロップ枠に混じっていたが
凡庸的な性能かつ持参装備も微妙オブ微妙なこの艦はハズレドロップと例える者もいた。元最終報酬艦、涙目。

上記のように一度はネタキャラとして開化するも、直後に登場したアズールレーンのアーク・ロイヤルが「どう使ってもとりあえず強い」「公式設定で駆逐コン*1」「トロワ」という、それ以上に強烈な属性を持っていたことにより短命に終わる。
駆逐艦好きの由来は当時「駆逐艦の指揮を取っていた事が多かった」のが由来とされている。ながもん()のソレは、芸無の短冊プルプルで駆逐艦ごときにドヤ顔で全力砲撃しまくる無能ぶりが由来でしたねぇ…
アズレン以外でも概ね目立つポジションで起用されており、例えば最ラブではタイトル画面のセンターでドヤっている魔女衣装のお姉さんがそうである。7日連続ログインで確定入手となるため、課金要素が強い同作の★5では一番容易に入手が可能。

ジャーヴィス(HMS Jervis)

  • 画:コニシ
  • 声:東山奈央
  • 他:無し
1期最後の大型イベントであり「芋トレショック」として後世に語り継がれることとなった18冬イベにて先行実装。

ウォースパイトやネルソンと同様、ジャベリンを出すつもりだったところをアズレンが初期艦として華々しくデビューさせたことにムガールして同型1番艦のジャーヴィスへ豚バートした疑惑がある。
イベントでのカット(有志が上げた画像には)トランクを持っていたという点からもそれが伺える。
J級駆逐艦は全8隻だがそのうち6隻は第二次世界大戦で戦没しており、生き残った2隻がジャーヴィスとジャベリンであったことが理由とみられる。
ただし、ジャーヴィスは1番艦で嚮導駆逐艦のためジャベリンを含む2〜8番艦とは同級ではあるが艦型や仕様が異なっている(H級のハーディやK級のケリーなど、他の艦級の1番艦も同様)。
中にはJ級一番艦とも間違った記載もされているものもある。公式しっかりしようよ

愚痴スレに突撃して来た艦豚は「艦これはJ級駆逐艦を擬人化した唯一のゲーム」とエアプ丸出しで豪語していたが、艦級でなく「ジャーヴィスを」ならば正しいのにわざわざ主語を大きくして盛大な自爆芸を見せた。

性格は明るい金髪ロリ…というか、きんいろモザイクのカレンちゃんまんまであるため人気が高く、
昨今のイギリス艦内ではトップクラスに人気が高くグッズも多数出ている(しかし公式はあまり推したがらない様子。僅かばかりの流行にも乗っていかないとか馬鹿かな?)。
ただし艦豚の大好きな同人人気は海外艦だからか、そこまで無い模様。人気とは?

ドロップ艦としてデビューした為、18冬イベのE4ボスでドロップしたが、1回のボス戦到達&ボス撃破までに(友軍艦隊処理含めて)20分近くかかり
周回に手間取るだけでなく、運よくドロップしても現状では使う場所も限られる。
改で自動先制対潜が可能になる事もあり(役立つとは言ってない)、大多数の駆逐艦を上回る性能を有してはいるが…運の初期値が高いため(改で50)魚雷カットイン役としての活躍は期待できる。
(だが轟沈するとほぼ再入手不能なのもありリカバリーが不可能。使用の際は十分な注意が必要)
魚雷カットインだけが目当てなら、より運も夜戦火力も高く、(再)入手性のある雪風がいるので、そのために無理に使う必要はありません。

18秋イベではE4が地中海、E5が北大西洋が戦場で共にジャーヴィスが活躍した海域だったこと、
更に(´田ω中`)の嫌がらせでボス到達までのルート固定艦に欧州艦が多数要求されたことから
ドロップを望む声が多かったが、(´田ω中`)の簡悔精神が如何なく発揮されたため出現報告が挙がることはなかった。
けんちょんよ、キャラゲーなのにキャラの人気が上がるきっかけを奪ってどうすんだよ。馬鹿なの?あ、元から救いようのない馬鹿だっけか?
初実装から1年半後となる19秋イベではジェーナスの実装を機にようやくドロップ落ちを果たすが、陸上型多数のE3戦力ボス2でのドロップなので入手は難しいままだった。やはり無能豚は無能豚か…

金髪ロリでCV:東山奈央と人気が出そうな要素てんこもりだが、現状と田中豚の簡悔精神に巻き込まれたアンラッキーさを含めて苦労の割に報われない艦娘である。ラッキーってなんだろう?
一応フォローすると、艦これチームの青島文化教材社から2019年9月に出る予定のフィギュアは試作段階から好評で「艦これの立体物としては久々のヒット」と言う声も出ている。

ジェーナス(HMS Janus)

  • 画:コニシ
  • 声:小澤亜李
  • 他:無し
19秋イベクリア報酬。J級駆逐艦5番艦。

先に登場したジャーヴィスの時報でK級のケリーと共に名前を挙げられたのが最初の言及で、後には対潜ソナーでそれらしき妖精が描かれていた。
1年半以上も引っ張っての登場だが、なんと登場した早々から【憎きあぢゅれん】で新たに登場するサディア陣営のKAN-SEN第1号として紹介されたカラビニエーレと髪型が丸被りする衝突事故を起こしてしまった。
【実装は艦これが先!髪型が被った!パクリ!】と主張する前に、まずは全世界の似た髪形のキャラ全てに謝るべきな気がします。
無駄な厚塗りのせいか「超絶劣化版ジャービス」・「ド○クエのスライムみてーな口しやがって」とも言われている
うちスライム口はふたばのキャラスレでも使われて弄られている。
またナスちゃんとも略されることも多く、某テレ朝バライティの名物Dとも絡めたネタも多く
得体のしれない物を食べされられるという奇怪なネタや踊っている様なポーズからもクソコラ素材にされたり等されている。
挙句台詞にはバイファムネタ(劇中の母艦がジェーナス)を言われ困惑するというどう考えても【】と同世代のおっさんホイホイなネタもある。
イントレのネタといい艦豚の高齢化が伺える一端とも取れるな
キャストには【憎きあぢゅれん】のデンバー役でおなじみイベント直前の深海大サーカスにゲスト出演していた小澤亜李が起用され、鬼頭明里に次ぐ恩赦適用第2号となっている。

邂逅一番「Hi! 私の名前はJanus! そうよ、あのJervisの僚艦の…  ……え? 知らない? 完っ全にモグリね。いい? しっかり覚えておきなさい!」とのたまう。さては叢雲だなおめー
ぶっちゃけ海外艦にほとんど興味のない艦国民の大半はモグリだと思うんですけど(名推理)
ちなみにこいつのシンカイマン状態での肩書きと名称は【轟沈駆逐艦】【アンツィオ沖棲姫】であり、ジェーナス自体の経歴や特徴等を指す言葉の類が一切ない。
それどころか当初はこいつがジャービスじゃないのかという説も上がっており
過去の対戦ではジャービスは強力爆弾、フリッツXにより艦首切断(生きてます、しかも死者ゼロ)し増加装甲をベタベタ付け(通称ハリネズミ)等の有名なエピソードもある事からそれが深海状態から伺え疑惑の火種になっている
今のところ、他艦船擬人化ゲーでは未登場となっているからそれが理由だとしたら実に短絡的ではある。
けんちょん、さてはモグリだなおめー

キャラ性能はぶっちゃけジャーヴィスの劣化版。キャラ絵の出来に加えて性能もかよぉ
初期運は改でも22にしかならないため、カットイン要員としての起用は厳しい。
唯一ジャーヴィスに勝っている点といえば、改で対潜+13・命中+3を誇る対潜用ソナー「Type144/147 ASDIC」(※元暇人の中の暇人ランカー装備)を持参する事だろう。これ絶対クソデブが数年ドロップ落ちさせないか、しても所持数制限かけるやつだ
ただそれが祟ってか、ジャーヴィスには要求されなかった高速建造材10個と開発資材90個を改造時に要求してくる。たかが駆逐艦にも多量の資材使わせるのやめろやハゲデブ

今のところ、他艦船擬人化ゲーでは未登場となっている。
ジャーヴィス以外のJ級駆逐艦は戦少Rにジャッカルとジャヴェリン、ジュノー、アズレンにジャリンとジュノー、ジュピター、ジャージーが、また鋼鉄少女アプリ版ではジュピターが登場したが、3番艦のジャガーのみどのタイトルにも拾われていない。
また、台詞では他の7隻に「ジャーヴィス、みんな〜」と呼びかけるものがあるが、意地でもジャベリンの名前を個別に呼ぶつもりが無さそうなあたりは艦王様のヒットマーク丸出しと言える。
けんちょん、てめぇも男なら艦これでジャベリンを出して【憎きあぢゅれん】と勝負してみろ。玉砕覚悟でな

ジェーナスの登場直後に公開された【憎きあぢゅれん】の「三笠大先輩と学ぶ世界の艦船」でジャベリンが取り上げられた際に他のJ級についても解説されており、このジェーナスも紹介された。(なお動画内では「ジェーナス」ではなく「ジャヌス」と呼称されており、表記揺れがある)
それよりもこのタイミングでジャベリン、ひいてはJ級駆逐艦が取り上げられたことを指して「次のイベントで新たなJ級駆逐艦が実装されるのか?」という声が上がっており、仮にそれがジェーナス(ジャヌス)であった場合、史上最悪の大事故が発生することになる

(以下作成中、協力求む)

艦これには登場していないが話題になる艦船

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどコモンウェルス各国(広義のイギリス連邦)海軍に属していた艦船は英連邦編を参照。該当する艦船の多くが元はイギリス海軍から移籍したものであるため、アズレンでは全てロイヤル所属として扱われ(冠称がHMSに統一され)ている。

クイーン・エリザベス(HMS Queen Elizabeth)

  • 他:R、B、D
クイーン・エリザベス級戦艦のネームシップで、艦これに登場しているウォースパイトは同級2番艦。艦名は16世紀にスペイン無敵艦隊を打ち破って大英帝国の基礎を築いたイングランド女王のエリザベス1世に由来する。

艦これのウォースパイトは王権の象徴(レガリア)である王冠・王笏・玉座を強調しているため「元はネームシップのクイーン・エリザベスを想定してデザインされたのではないか?」と言うのが定説になっている(さもなくば王妹と言えど「僭主」になってしまう)が、(´田ω中`)が何を悔しがってウォースパイトに豚バートしたのかは諸説ありはっきりしていない。
一説には、(´田ω中`)個人は当初からウォースパイトを出すつもりだったが発注時にデブクイズで「クイーン・エリザベス」としか伝達しなかったためコニシは当然ネームシップを出すものと解釈して女王ベースでデザインしたのが原因ではないかとも言われている。

話題になることが多いのは上坂すみれCV(ウォースパイトも兼役)のアズレンで「QE」か「陛下」と言えば大体アズレンのクイーン・エリザベスを指す。長い間起動時のロード画面に登場していたばかりでなく、コミカライズ『Queen's Orders』では主人公に抜擢されており「女王は永遠に11歳よ!」と言う決め台詞のインパクトもあって人気を博している。
リリース当初からいる(上に本人の性能は平均的なSR艦準拠)にも関わらず、所持スキルのロイヤルバフが旗艦じゃなくても発動する点も注目され、ロイヤル艦隊にほぼ必須ともいわれていた。
また『蒼藍誓約』(日本版リリース未定)に登場するQEも「気の強そうな金髪ロリ」と言う設定がアズレンと共通しており、CVに大西沙織を起用するなどβテスト段階からかなり積極的にプッシュされている。
クイーン・エリザベスを「幼女戦艦」として登場させたのはズッ友()の代表作であり、艦船擬人化をジャンルとして確立する嚆矢となった漫画『Battleship Girl -鋼鉄少女-』が最初と見られるが(画像)、その鋼鉄少女のアプリ版でサブ原画として参加した複数のイラストレーターが後に2019年の「春節倍返し」でズッ友()の権威をボロボロに失墜させたアズレンで起用されている。
守護プロでは他のタイトルのような「幼女」でなく「少女」(10代中〜後半)の範疇に含まれる外見だが、リリース直後に6月1日の児童節祝いで幼女化スキンが登場した。

なお、アビホラに登場するクイーン・エリザベス(2代目)は2017年に就役したばかりの現役空母であり、同型2番艦で就役前のプリンス・オブ・ウェールズ(8代目。こちらは同名のキング・ジョージ5世級戦艦から襲名)も登場している。

キング・ジョージ5世(HMS King George V)

  • 他:R、L、B、A
2代目キング・ジョージ5世級戦艦のネームシップ。
フッドを沈められたイギリス海軍が復讐のため、軍の威信を賭けたビスマルク追撃戦に参加した内の1隻。その後イギリス太平洋艦隊に加わりマレー沖海戦で姉妹艦のプリンス・オブ・ウェールズを沈めた仇討ちのごとく茨城の日立製作所と浜松の日本楽器(ヤマハ)の工場に対して艦砲射撃を行った。
ロドニーワイズ「ハァイ、キングジョージィ…お前は英国最大の戦艦フッドを沈めたドイツが憎いんだろうぉキングジョージィ…姉妹艦PoW沈めた日本が憎いんだろぉキングジョージィ…なら憎き日独に王の怒りの鉄槌下そうじゃないかキングジョージィ…!」…血の気が多そう
そのため、イギリス艦の中では艦豚からトップクラスに逆恨みされ得る存在と言える。なお、艦これではイギリスの高速戦艦枠は未だ実装に至っていない。主要国の独伊米仏は実装したのに?

艦これのスタート以前には『ブラウザMC☆あくしず』に登場していたが、上記のような経緯もあるためか一歩間違えればあの芋トレピッドに劣るとも勝らない国辱と取られかねないキャラデザだった。他艦船擬人化ゲーでは戦少R、最ラブ、そしてアズレン、アビホラの順に登場しており、特にアズレンでは大陸版2周年記念イベントでビスマルクと対峙する重要な役回りを担っている。しかもCVには通算26人目の裏切者リスト入りとなる川澄綾子が起用され、艦これとの令和初イベント対決で特大の艦砲射撃を(´田ω中`)に食らわせた。

デューク・オブ・ヨーク(HMS Duke of York)

  • 他:R、B、A
キング・ジョージ5世級(2代目)戦艦の3番艦、長いのでしばしば"DoY"と省略される。
戦少Rとアズレン、アビホラに登場するが、この内アズレンのDoY(CV:田中理恵)が良くも悪くも有名だろうか。
2018年2月に開催された「凛冽なりし冬の王冠(通称:ロイヤルイベ)」の目玉キャラとして注目を集めていた。
初回開催時はこのロイヤルイベにて導入されたいわゆる「ボックスガチャ」というシステムが不満を呼ぶことになる。
具体的には「ステージをクリアすることで入手できるアイテムを消費してランダムに報酬を得、全ての報酬を得たら次のグループへ進む」という方式だが、このアイテムが「要求量に対して入手できる量が少ない」という問題を抱えており、プレイ時間が取れないユーザーからはDoYまで取り切れない等の問題が生じていた。
取れたユーザーとの間の「おりゅ煽り」や、それに便乗した艦豚の荒らしなど様々な問題ががあり「艦これの矢矧事件のようだ」とまでいう者(なぜ他所のゲームで艦これを例に出す者がいるのか不思議)もいたが、DoY自体はノーマル海域でもドロップする仕様であり、そこそこの確率で出たので、一周にワンパン大破を耐えながらうっかり轟沈のリスクと背中合わせで一周十数分かけながらボスSランクを取っても僅か0.5%程度だった矢矧事件と一緒にするのは不適切である。
後に開催された「闇に堕ちた青き翼(通称:ユニオンイベ)」では、ボックスガチャの1回あたりのアイテム消費数が大幅に減少し、中身も調整。以前は『当たりまで開けるのが大変』なシステムだったが、これ以後は『開ければ開けるほどおいしい』仕組みになり、不満はほぼ解消された。
その後、ロイヤルイベ及びDoY自体も2019年1月に新衣装の追加、及び前述したボックスガチャの改善と合わせて復刻され、同年6月にイベント・建造共に常設化された。

アビホラでは2019年9月に登場し、同作では3役目となる伊藤あすかが起用されている。カラーリングがアメリ鹿島艦これのコロラドに類似しており、相変わらず法令を遵守しながら艦王をおちょくることに余念が無いように見える。

イラストリアス (HMS Illustrious)

  • 他:R、L、B、A、D
世界初の装甲空母として6隻が建造されたイラストリアス級のネームシップ。
当時の空母に共通する「飛行甲板の真ん中に一発でも爆弾が落ちたら航空機が運用できない」という弱点を克服するため、飛行甲板の中心部分が装甲化された。
強靭な装甲防御と引き換えに搭載数が軽空母並みになってしまった…とよく言われるがそれは戦争初期の話であり、アメリカ製艦載機の導入が進んだ戦争終盤では60機近くを運用している。
戦争終盤には太平洋戦域でも活動。妹のヴィクトリアスに至っては一時期アメリカに貸し出されソロモン海域で活動していたため欧州艦だが割と日本と縁がある。

艦これでは中破でも攻撃可能な装甲空母は重宝されるため、大鳳しか装甲空母のなかった頃は新キャラクターとして空母の実装が史俊されるたびにイラストリアス実装を願う声が挙がっていた。
が、そんなプレイヤーの声を(´田ω中`)が聞くはずもなく、帰ってきた答えはなぜか翔鶴型とサラトガが装甲空母化する(´田ω中`)の誇大妄想if改造だった。
もちろん、史実でこれらの艦の飛行甲板が装甲化されたことはない。シジツッ?
そうこうしているうちにソードフィッシュ芸人アークロイヤルに先を越され、本級が実装される可能性は更に低くなってしまった。
地味キャラかネタキャラかの二択しかないから実装されない方がいいかもしれない

他艦船擬人化ゲーでは、艦これ以外の全タイトルに登場しており、他にも下記の3番艦フォーミダブルが戦少Rとアズレンに共通で、2番艦のヴィクトリアスがアズレンに、4番艦のインドミタブルと「改イラストリアス級」とも称されるインプラカブル級1番艦のインプラカブルが戦少Rに登場する。
特にアズレンではリリース当初から登場しており、おっとしりたお嬢様系のキャラクターと(コラボキャラにも言及される)豊満な身体とレアリティSSRということもありゲーム内では高い人気を誇る。ロード画面で頻繁に登場しており、着せ替え衣装も現時点で3つも用意されている。
性能面では現在に至るまで4隻しかいない「重装甲」の空母(他には大鳳と、イラストリアスの同型艦が該当)であり、搭載できる装備も戦闘機に重点が置かれ、更に味方前衛艦隊にシールドを展開するスキルを所持…という防御重視の性能。
敵の空襲がきつい高難度マップでは非常に頼もしくなる。

フォーミダブル (HMS Formidable)

  • 他:R、B
イラストリアス級航空母艦の3番艦。マタパン岬沖海戦にて、艦これで既出のイギリス海軍側のウォースパイトとジャーヴィス、イタリア海軍側のザラとポーラとの絡みがあり、さらに、大戦末期には女川湾にて択捉ぺドリアン型海防艦の天草を撃沈した。

愚痴スレでは一時期やたらとこのフォーミダブルをイベントのクリア報酬かつvs戦艦少女Rシリーズの駒として艦王に薦める書き込みがあったが、19秋イベの開催中に【憎きあぢゅれん】で登場が発表された。しかも、CVにはヴァンパイア以来2役目となる釘宮理恵が起用されている(直前に『蒼藍誓約』へ英S級駆逐艦のサベージ役で出演、また9月17日に大陸で角川青羽からリリースされる『戦艦養成計画』の目玉キャストとなっている)。
艦これ的には出しやすかったイラストリアス級だったが、アズレンのフォーミダブルは「シリアスの絵師」と「cvくぎゅ」という圧倒的なビジュアルによって実装前にも関わらずファンアートが多数投稿され大きな話題になり、2周年記念直前生放送ではこれまた本人実装前にお祝いメッセージが(もちろんcvくぎゅで)寄せられ大反響を巻き起こし、満を持して水着スキンと同時に実装された事もあり最早艦これで実装するのは絶望的と言えるほどの状況になっている。駆逐艦や海防艦でお茶を濁さずにさっさと実装すればよかったのに。
督さん(や豚崩れ)は「エアプが二次創作で濫用する【鹿島】の再来だ」と怪気炎を上げていたその鹿島でマウントを取る自分達にブーメランを放っているのは相変わらずが、彼女は実際にゲームをプレイして入手しないと分からない、キャラクター性の根本を成す要素が存在するため俗に言うエアプ発見器となっているとも。
また、台湾の一部で流れている情報では最ラブ(請命令! 提督SAMA)の図鑑で残り2つとなっている欠番の内1つが可畏(フォーミダブル)だとされているため、同じ開発元の次回作で陸海空複合型の『潘多拉的回响』に登場するかも知れない。

ハバクック(HMS Habbakuk)

  • 他:A
第二次世界大戦中に構想されていた計画艦で、英米加の3か国で実用化に向けた研究が行われていた氷山空母。カナダ沖の北氷洋から氷山を切り出して空母を建造すると言うトンデモな構想だったが、後に氷と木材を混ぜた素材パイクリートが考案され、カナダの三ヶ所の湖を使い実験艦が建造されるも莫大な建造コスト、航空機の進化、レーダー技術の進化と戦局も変わって行き実現を見ないまま計画は打ち切られた。実験艦の残骸はカナダのパトリシア湖に沈んでいる。

計画の中二病チックな壮大さから仮想戦記でネタ的に取り上げられることもあり、ゲームでは『太平洋の嵐』や『鋼鉄の咆哮』に登場している。艦船擬人化ジャンルでも登場させて欲しい艦船でよく名前を挙げられるが、艦これと東京地裁海戦を繰り広げたアビホラが実際に(恐らくジャンル史上初めて)擬人化することが発表され、その後長らく音沙汰がなかったものの、2019年末に鬼姫クロケルから浄化された姿でゲーム内に登場した。CVが艦これ出演歴のある鈴木みのりで、相変わらず法令を遵守しながら艦王を挑発することに余念が無いキャスティングと言える。
日本の文献では何故か「ハクック」と表記されることがあり、アビホラの作中でもこの表記が採られている。

ハーミーズ(HMS Hermes)

  • 他:R、B
鳳翔に続き世界で2番目に建造された空母、艦名の由来はギリシャ神話のヘルメス。
「ハーミス」や「ハーメス」など表記揺れがあるが、既存タイトルでは「ハーミーズ」で統一されている。
特にアズレンに登場したハーミーズが「デュエルディスクを模した甲板」「セリフの至る所に遊戯王ネタ」というパロディネタ全開で登場したため、レアリティNでありながら高い人気を誇っている。名前の由来の神様からして競☆技☆神だからね、仕方ないね
リリース最初期から登場しているが、長期にわたってキャスティングが未定扱いだった。
これに(いわゆる「艦娘問題」で調子に乗った)艦豚が目をつけ「ハーミーズにCVがつかないのはセリフが著作権を侵害しているせいだ」という無根拠な言いがかりをつけ始める。
ところがその直後にハーミーズのキャストが決定、しかもその担当はよりにもよってアニメ『遊戯王ARC-V』のヒロイン・柊柚子を演じた稲村優奈であることが発表され、艦豚は要らぬ挑発をした結果極大カウンターを叩き込まれてカード化されてしまった。
2019年5月に改造が実装された。D・ホイールっぽい艤装に跨って戦闘機を召喚し、自身が載せてた航空機とブルーアイズなどをきっちり絡めた専用スキルを発動する姿に決闘者指揮官は満足し、他の遊戯王関連ワードともどもトレンド入りする快挙を成し遂げた。だが私はレアだぜ
艦これワードがトレンド入りしないと気が済まない艦豚どもは【コニャミしゃんやっちゃってぇぇぇmoooooooode】になっているが、登場初期から特に何も言われてないのに何を今更!である。
余談だが、改造実装直前~実装後にかけて、ログインボーナスに遊戯王の罠カードを模した家具が含まれていた。狙ってやっていたとしたら用意周到なネタ振りである。

また、いずれも日本版リリース未定の蒼藍誓約や深海戦線でも登場しており、後者ではレアリティがSRとかなり優遇されている。

ユニコーン(HMS Unicorn)

  • 他:R、B、A、D
イラストリアス級装甲空母を支援する目的で建造された航空機修復設備を持つ軽空母。
ゲーム内では便宜上軽空母に分類されているが実態は工作艦としての要素も併せ持っており、更に「水上戦闘艦に混じって対空砲で地上支援の艦砲射撃をする」というとんでもない経歴まで持つ。貴様のような空母がいるか

他作品では戦少R、アズレン、アビホラ及び台湾で先行リリース予定の深海戦線に登場しており、守護プロでも登場が予告されている。
このうち深海戦線以外の4作ではイラストリアスと共演しており、艦名を意識して「一角獣ユニコーン」の意匠が入っているのが特徴。ついでにアズレンでは某ロボットアニメネタもブチ込まれている

戦少Rでは白髪白服姿で登場。
艤装と一体化したハープを持っており、そこに一角獣のユニコーンが飾られている。
イラストの担当はクインシーと同じ真名氏だが、SDはクインシーのような「0v0」顔ではない

アズレンでは加隈亜衣(艦これ以外の他艦船擬人化ゲー4タイトル+あくしず戦姫に出演歴あり)が演じる妹系キャラと強力なスキルが大受けし、作品そのものの人気にも火を点けたことで有名。韓国版ではアプリのアイコンに起用されている(Twitterアイコンは明石)。ユニコーンは生きている!
それに比例する形で艦豚のヘイトも高く、二次創作ではいわゆる「虐待ネタ」が一時期横行。度が過ぎた結果公式が警告を出し、同時にアズレンユーザーの艦豚に対する怒りや不満が発生するきっかけとなる。
それに飽き足らず、最近は「実はそんなにいい子ではない」というセリフからなる「ユニコーンヤンデレ説」を流布している模様。もっとも、根拠の一つとして上げている「禍々しいオーラを出しながらゆーちゃん(ぬいぐるみ)の角を研いでいる公式スタンプ」ですら、作者が「包丁のように角を研いでるだけであり、闇堕ちさせてはいけない」という趣旨をつぶやいておるのだが。
なかなか良いスタイルをしたキャラなのだが、愚痴スレに度々出没する【アズレン信者を名乗る荒らしさん】がこのキャラをロリキャラだと思い込んでいた(女の子座りしている通常立ち絵を、立ち姿だと思い込み背丈が非常に低いキャラだと思い込んでいた模様。むしろ仮にそうだとすると頭がでかすぎて気色悪いキャラになるんだが)。
一応、件の彼はアズレンをプレイしていると自称していた為、これ以前に配布されていたスキンやその他イラストなどでロリキャラでは無い事が分かるはずなのだが、ナンデワカラナカッタンダロウナー(棒読み)
後に公式からエロい抱き枕カバーが発売された。なにやってくれてんの(苦笑)
19年バレンタインではLive2D対応の着せ替えが実装され大人気となる。情報公開時に表情差分にヤンデレっぽいものがあったことで上記の裏付けだ!と騒ぐ者が現れたが、好感度最低の場合にのみ見せるものである為即座に沈静化した。
なお、この前後あたりから新キャラ・スキンの表情差分には高確率でヤンデレっぽい表情が紛れるようになったので、多分スタッフが趣味を解放しただけと思われる。

2018年末にはアビホラで先に登場したイラストリアスを追うような形で登場。こちらは直球の金髪碧眼ロリで、CVはもはや(´田ω中`)を悔しがらせるためにキャスティングしたとしか思えない小澤亜李が電、エセックスに続き3役目の起用となっている。
性能としては敵として出てきた頃と同じく攻撃を受けてのカウンター。技量のステータスに特化すれば単艦でも深淵Cのボスを落とせる程の戦闘能力を有している。

アズレンのアニメ放送開始後、アニメのキャラソンCD第6弾のジャケットイラストが香港民主化運動のスローガン「五大訴求、缺一不可」(日本語「5つの要求、1つも譲らない」、英語 "Five demands, not one less")を暗喩したものではないかと言う意見が、アプリの繁体字版がスタートした直後の香港や台湾で急速に広まる騒動が起こった。詳細は謙兵の対アズアニ攻撃を参照。この騒動で平松を始めとする反共の艦豚がここぞとばかりにイキリ散らしたのは言うまでもない。

チェイサー(HMS Chaser)

  • 他:R、B
元はアメリカ海軍ボーグ級護衛空母のブレトン(USS Breton, AVG/ACV/CVE-10)で、1943年にイギリス海軍へと移籍しチェイサーに改名された。1946年にはアメリカへ返還されているが、その後は民間に売却されて台湾で商船となっている。
アズレンではロイヤル(=イギリス)陣営所属の「チェイサー」名義で登場。実装タイミングが仮面ライダー龍驤の直後だった事もありそういうネタも一部にある。
作中の「真の黒幕」であるセイレーンにも同じ名前の個体が存在するが、全く無関係である。
CVは後日追加されたのだが、その担当の田辺留依(巻波と兼役)はあの東山奈央が出演した「きんいろモザイク」にもモブ役ながら出演していたため、(譲渡艦という経緯こそあるものの)イギリス艦という点もあって「核地雷」扱いする声も聞かれる。
対潜水艦に特化した風変わりなスキルを持っており、特に19年夏以降のイベントでは潜水艦の敵も多く登場するようになるため、多芸な他軽空母同様に彼女も独自の需要を確立していった。
キャラ実装と同時にドスケベエロ暖簾チャイナドレスの着せ替え、さらにゲーマーをイメージした私服の着せ替えとスキンも充実している。

セントー(HMS Centaur)

  • 他:B
セントー級空母のネームシップで、2018年11月現在アズレンにのみ登場。
この艦自体が1953年、つまり第二次世界大戦以降に就役したことから「遂にアズレンは冷戦期の艦船にもレンジを拡大した」と話題になる(一応これ以前から、就役自体は大戦中ながら冷戦期の名称で登場した鞍山級4隻もあることはあるが)。
が、このセントーはそれ以上に話題になった点がある。
それは、イラストを担当したのがセガのRPG『シャイニング』シリーズのキャラクターデザインを担当したTony氏ということである。
この時、艦これでは丁度HTML化のメンテナンスの真っ最中であり、しかも直前に延長宣言を行ったことで白けムードと化していた。
2期開始前から痛烈な先制攻撃を叩き込まれた艦豚は案の定ムガールを大爆発させ、イラスト担当のTony氏に対して「クソゲー請負人」などと失礼極まりない発言をしたため、アズレンユーザーだけでなく以前からのTony氏のファンも含めて大顰蹙を買うこととなった。
CVには『ラブライブ!』の南ことり役や『けものフレンズ』のかばんちゃん役で有名な内田彩が起用されている。

サフォーク(HMS Suffolk)

  • 他:R、B
ケント級重巡洋艦5番艦。名前の由来はイングランド東部にあり、羊の原産地として有名なサフォーク州。
ビスマルク追跡の際レーダーで後続の艦隊に位置を伝達した経歴を持つ。
戦少Rとアズレンに登場。
戦少RではRain-Lan氏がイラストを担当、セリフの中でドイツ海軍所属のプリンツ・オイゲンを食堂に誘う描写がある。
アズレンでは「ピンク髪+巨乳+羊の意匠が入ったメイド服」と属性てんこ盛りで登場。名前の由来が羊の原産地だからしょうがないね
高威力の大口径砲を乱射して敵をなぎ払う戦法を得意とし、改造することで更なる火力を発揮する。
またこのサフォークのデフォルトの立ち絵には、表情差分が一般化するかなり前から試験的に実装されていた(改造絵にはないが、衣装変更からデフォルトに戻せば改造後も見ることができる)。

シェフィールド(HMS Sheffield)

  • 他:R、L、B
サウサンプトン級軽巡5番艦。ネルソンの台詞で名前を挙げられていることから「もしかして艦これに出す気があるのではないか」と言われている。
アーク・ロイヤルに誤爆されかけたり、船団護衛任務中に襲ってきたドイツ軍を迎撃したり(バレンツ海海戦)と、かなりの逸話を持つ。

他艦船擬人化ゲーではアビホラ以外に登場しており、戦少R以外はいずれもメイドキャラになっている。
最初(2017年1月に韓国版リリース)に登場した最ラブでは、正午と夕方6時に行動力を回復する食事を用意してくれる。
2番目に登場したアズレンではロイヤルメイド隊の実力者と言う役回りとなっており、指揮官を「害虫」呼ばわりする毒舌が特徴だが親密度を上げると普通にデレる(本人曰く、愛情表現が苦手なだけだそうな)。
自分より耐久値が低い船へのダメージを確率で大きく軽減するスキルを持ち、こちらも育てれば育てる程便利になっていく。
登場イベントのロイヤル勢では目玉扱いだったヴィクトリアスやデューク・オブ・ヨークを凌ぐ人気ぶりであった。絵師曰く「ノーパン」
2019年1月には、イベント復刻に伴い期間限定で建造が可能になり、同年6月に常設化された。着せ替えも19年9月時点で2種類実装されている。
「激奏のPolaris」では「μ兵装」仕様も登場。彼女のみ建造ではなくミニゲームという名のまさかの音ゲーで入手可能。

なお、艦これでは個人垢にて海外軽巡洋艦の追加が告知される度に何故か毎度のごとくいの一番に予測されているが、実装に至っていない。

ジャマイカ(HMS Jamaica)

  • 他:B
クラウン・コロニー級軽巡洋艦の内、フィジーグループに属する一隻、2019年2月現在アズレンにのみ登場。
綾波と同じく大月紅葉氏がイラストを担当し、赤髪+褐色肌+巨乳+ジョジョキャラ中二病と相変わらず属性山盛りである。
上記のシェフィールドと同時に編成することで自身を強化するスキルを持つ。
2019年1月末のロイヤルイベ復刻に合わせてこのジャマイカも着せ替えを追加して復刻したのだが、その内容はまさかのバイク(作中で潜水艦が持つ水中バイクではなく、陸用のもの)に乗って戦うというトンデモ衣装であった
このバイクにはYAMAHAを捩ったGAMAHAなる文字が書かれているが、これに対してよせばいいものを(´艦ω豚`)は即座に「YAMAHAの商標を侵害しているムギャッ!!」とイチャモンをつけ始める。
が、直後にそのヤマハバイクの公式ツイッターが紹介ツイートをまさかのリツイートしていたことが発覚し、またしても(´艦ω豚`)は大方の予想通り超特大のカウンターを叩き込まれてしまった。
そんな事件?から8か月後、本当にYAMAHAバイクとコラボしてしまうことが発表され、4月に宣言されてから未だ何の進捗もない金剛86にぶっ刺さる結果となった。

ベルファスト(HMS Belfast)

  • 他:R、B

エディンバラ級軽巡洋艦2番艦。WoWsでは性能がチート過ぎて販売停止になってしまったことでも知られている。
特にアズールレーン側のベルファストはCVに元艦これ出演者の堀江由衣を起用していることからリリース当初より極めて高いヘイトを受けていた。
その後人気投票で1位を獲得したことや、彼女の子供版に当たる「ベルちゃん」というオリジナルキャラが登場するなど、事あるごとに持ち上げられたことに遂に艦豚はムガールを大爆発させ、イラストを担当したK箱氏に対して「ギャラを巡って饅頭と絶縁した」という悪質なデマを流す。
そのデマが本人にも届いた結果「饅頭とは絶縁していない、デマを流すな」とツイッター上で怒りを露にする事態に発展してしまった。
その後はケッコン衣装に始まり遂に2019年2月にはLive2D搭載の春節衣装、更にはパーティードレスに課金は必要ないお出かけ着など様々な衣装が追加されていき、艦豚は最早倍返しどころではない猛反撃を食らう羽目になった。

その後、新衣装が出るたびに(キャラデザが通常立ち絵と違う・違わないに関係なく)不仲説を再燃させようと頑張っている勢力が湧くようになった。コリナイネ
何故か他キャラで担当絵師が明確に違う場合にそういった勢力が湧くことはほぼほぼ無く、まず間違いなくベルファストの時にのみ湧くので、相当に悔しかったんやろうなって

シリアス (HMS Sirius)

  • 他:R、B
ダイドー級軽巡の5番艦。
設計時から防空を主任務として建造された世界初の艦級である。
戦少Rとアズレンに登場するが、どちらも艦名表記がシリ「ア」スとなっている。シリ「ウ」スの間違いではないかと指摘されることもあるがあくまで英語読みを優先した表記揺れなので、ドヤ顔で指摘すると痛い目を見るかもしれない。艦豚じゃないんだからそんなことはしない方がいいだろう

アズレンではイベント「凛冽なりし冬の王冠」復刻の際の期間限定建造に追加され登場。他のイギリス軽巡を元ネタとする艦と同様にメイド設定のキャラである。
プレイヤーを「誇り高きご主人様」と呼ぶあたり忠誠心の塊と言える…のだがメイドとしては赤点ギリギリ(公式紹介)
掃除を戦闘と解釈したり料理が苦手だったり脳筋っぽいところが垣間見える。
同時実装のグレンヴィル同様非常に豊満な身体。その上「男女のまぐわい」「この卑しきメイドに罰を」などといろいろヤバい言葉が飛び出す
更にヤバすぎてなのか?実装からわずか二時間で修正された幻のセリフもある。
同イベントの恒常入りに伴い建造に常設された。そのついでにL2D対応の水着も追加され、2019年夏の戦場への露払いを見事に果たした。この時には、ニコニコ静画へ投稿されたイラストで卑猥なタグを付けて削除された艦豚崩れがコメント欄で不満をぶちまける騒動も起きている。
それだけにとどまらず、夏のコミケで恒例のエロ抱き枕枠に抜擢され、卑しきメイドっぷりに拍車をかけた。
19年8月末より開催された人気投票においても、さも当然のごとく上位陣に食い込む人気っぷりを見せつけ、最終的にあの長門を抜き1位入賞を果たした。
この人気投票を貶したい督さん達からは「性能で選んでいる」という批判が挙がる*2が、シリアスについてはSSR相当とは言え突出してはいないため、同じく上位に居るボルチモアと同様この批判への反証になっている。
また公式絵師から好色選挙法に基づき盛大に脱がされた(意味深)イラストも投稿されるというサプライズもあった。

グレンヴィル (HMS Grenville)

  • 他:B
体当たりで一部界隈で有名になったグローウォームが属するG級駆逐艦の嚮導艦仕様として就役。開戦から僅か4か月でドイツ軍の機雷に触れて沈没してしまったため活躍らしい活躍はできなかった。

他作品ではアズレンにのみ登場。復刻イベントの景品として入手できる。回避スキルと駆逐艦の砲戦火力を上昇させるスキルを持っているため軽編成での低燃費周回で重宝するかもしれない。
グローウォームと共に出撃すると特殊ボイスが流れるのだが、思いっきり体当たりを煽っている。
イラスト担当はル・テメレールでおなじみのりいちゅ氏。
公式絵の投稿数が多いのでいろいろと期待できそう…と思ったら早速実装記念に一枚描かれた。
駆逐艦とは思えない豊満な身体が目を引く同時実装のシリアスといい豊満な子多すぎませんかねぇ
こちらは嚮導駆逐艦として作られた経緯があり、駆逐艦隊を率いるフラグシップとしての側面もあるため、G級駆逐艦のカテゴリでありながら巡洋艦クラスに大きい。
艦これにもタシュケント、ジャーヴィスという嚮導艦がいるが、艦豚はコレを知らずグレンヴィルを「嚮導艦?聞いた事もないw」とpgrしたつもりで盛大に自爆していた。
CVはオマハ、ローリー、ジュノー(軽巡)に続き4役目となる木村珠莉が起用されている。

ハーディ(HMS Hardy)

  • 他:B、D
H級駆逐艦(2代)の1隻で、守護プロに同型2番艦のヘイスティ、8番艦のハンターとセットで登場が予告された(当初はG級駆逐艦2番艦のギャラントとして登場させる予定だったことが微博の投稿からうかがえる)。
イラスト担当はあのイチソの天敵ことSaru氏で、日本版ではアプリ及び2代目のTwitterアイコンに起用されている(中国大陸版のアプリ、微博アイコンはレナウン)。
発表当初、ハーディはおろかH級駆逐艦自体艦これも含めて戦艦擬人化ゲーでは全く登場しておらず、この守護プロが一番乗りと目されていた。
奇しくもこのハーディもまたグレンヴィルと同じ嚮導艦であり、嚮導艦絡みで無知(と艦これエアプ)を晒した(´艦ω豚`)に無慈悲な追い討ちを仕掛ける形となった。

ハーディと同じくSaru氏が担当したドイツ海軍のZ型駆逐艦のZ2(ゲオルク・ティーレ)も守護プロが初擬人化と見られていたが、リリース直前になってアズレンがまさかのカウンターを放ち逆転で一番乗りを阻止している。そのため、ハーディないしH級駆逐艦に対しても何かしらの動きがあるか注目されていたが、案の定と言うべきか2日後にハンター、その翌日にハーディの登場が発表されたため、日本市場をリードする立場のアズレンが日本と中国の双方で守護プロのスタートダッシュを強く警戒していることを印象付けた。これに伴い、守護プロのH級初擬人化は2番艦のヘイスティのみとなった。
アズレンでは初回の雷撃時に専用弾幕で追撃するスキルと自身を含めたロイヤル所属の駆逐艦を対象とするバフスキルを持つ攻撃寄りなステータスとなっている。
一方守護プロのハーディはアズレンとは反対に全体回復スキルを持つサポート寄りなステータスである。
ハーディ自身もストーリーパートの1章をクリアすると確定入手のためゲーム内では強い存在感を発揮している。

ハンター (HMS Hunter)

  • 他:B、D
ハーディと同じH級駆逐艦の8番艦。
こちらも当初は守護プロの一番乗りと思われていたが、アズレンに一番乗りを阻止されている。
(´艦ω豚`)はアズレンのハンターに対して「Bloodborneのハンターのパクリムギャッ!!」とまたしても意味不明な言いがかりをつけていた。
マサチューセッツの時から何も成長してねーなこいつら
なお、指揮官たちはノリノリで「ヤ ー ナ ム 市 街」とかコメントしてたりする。提督たちとの温度差激しすぎ問題
なお、度々似ていると突っ込まれてしまう「例の帽子」についてだが、その元ネタは中世イングランドにおける伝説上の人物「ロビン・フッド」が着用していたものと思われ、西ヨーロッパでは13世紀から16世紀にかけて男女問わずそれなりに普及していた。Bloodborneの舞台である古都ヤーナムもヴィクトリア朝の辺境都市らしい
従ってロイヤル(英国)陣営である彼女が例の帽子をかぶっていても特に不思議なことではない事がわかる。



ジャベリン(HMS Javelin)

  • 他:R、B
J級駆逐艦6番艦で、1番艦のジャーヴィスと共に第二次世界大戦を生き残った2隻の片割れ。戦少Rでは「ジャヴェリン」で、本来の意味での表記揺れがある。
アズレンではラフィーと共に全バージョンで初期艦に抜擢されている「主人公組」の1隻にして、日本版のTwitterアイコンにも起用されている。

アズレンでは名前の由来通り投擲用の槍を持っているが、艦これで18冬イベに登場したジャーヴィスは最初に公開されたイラストで手の形が不自然だったため「最初はジャベリンを登場させるつもりだったが、アズレンの人気急上昇にムガって槍を取り上げジャーヴィスに豚バートしたのではないか」とも言われている。なお19秋イベのジェーナスにも同様の疑惑がある。
CVの山根希美によるリリース初期の演技は良くも悪くも癖が強かったため賛否があったが、アズレンのメジャー化につれて艦豚の「ジャベリンの声がムカツク」と言う攻撃もエスカレートして行った。
そのためか、2018年秋の日本版1周年を前に音声の録り直しが行われている。その際に、セリフの内容も変更されていて少し寂しさを感じる指揮官がいたりいなかったりした
前述の通りJ級駆逐艦は艦これも【少しだけ】手を出しており、このまま行けばいずれジャベリン対決が実現するのではないかという予想もあるが、前述の件からけんちょんにそんな度胸はない事は自明と言える。

ケリー(HMS Kelly)

  • 他:R
ジェイナスと同じく、ジャーヴィスの時報で名前が出て来るK級駆逐艦の1隻。

かつて鋼鉄少女アプリ版に登場していた(キャラデザはズッ友ではない)。
その後も他艦船擬人化ゲーでは登場する気配が無かったが、2019年8月に深海大サーカスで「次のイベントは毎年恒例のピクニックヨーロッパ遠征ブヒィ」とぶち上げた直後に戦少Rで登場が発表され、日本版でも10月に実装。
またもや凋落著しい艦これが今や草刈り場同然になっていることを印象付けて艦王を悔しがらせた。
グローウォームと同じく「魔法使い」を自称しており、お互いをライバル視しているようだ。

メンディップ(HMS Mendip, L60)

  • 他:(L?)
ハント級護衛駆逐艦。戦後に中華民国海軍へ貸し出されて「霊甫」と改名し、イギリスへの返還後はエジプトに売却されるも1956年に第二次中東戦争でイスラエルが鹵獲し、合計で4海軍を渡り歩くと言う数奇な運命をたどったことで知られる。
最ラブの繁体字版『請命令! 提督SAMA』のリリース記念でズッ友()こと皇宇(ZECO)氏を審査委員長に迎えて開催されたイラストコンテストのデザイン部門で入選したのがこのメンディップ(「霊甫」時代)だった。
韓国で開催されたコンテストの入選作を基にゲーム内で登場した忠武公李舜臣(ただし韓国版では海軍からのクレームで「ミリネ」に改名された。何故か日本版には登場していない)と同じようにメンディップも「ゲーム内に登場予定」とされているが、コンテスト開催から1年以上が経過しても続報は出ていない。