他艦船擬人化ゲーとの登場艦比較 > フランス編


艦これに登場する艦娘のうち、フランス海軍所属艦船の問題点

概説

16秋イベから登場。今のところ全てキャラデザが社員絵師のアキラ、CVが事務員ことタニベユミの組み合わせ。黄ばみや髪色のアクアフレッシュ化が唯一無二の特徴で、二次創作では敬遠されることが多い。

因みに17年夏イベでのリシュリュー以降、フランス艦は実装されていない。絵師も声優も身内で(´田ω中`)にとって好都合な条件なのに?

特にアズレンのイベント「光と影のアイリス」(以下「アイリスイベ」)開催以降はリシュリューが比較対象にされて悲惨なことになっているが、もう1隻のコマンダン・テストは戦少Rでも拾われておらず艦これが唯一の登場となっている。
  • フランス海軍では大日本帝国海軍と同様に、組織内では艦名に冠称(アメリカ海軍のUSS、イギリス海軍のHMSなどに当たる部分)は付けないので本記事もそれに従う。
    ゲームによっては、英語文献で用いられている以下の冠称を使用している場合がある。
    • MN(Marine nationale)‥フランス海軍(第二次世界大戦期を除く)
      • FFNF(Free French Naval Forces)‥自由フランス海軍 ※フランス語ではFNFL(Forces navales françaises libres)と略される。
      • VNF(Vichy French Naval Forces)‥フランス国(ヴィシー政権)海軍

個別

第二次世界大戦期の自由フランスとフランス国(ヴィシー政権)の区別はアズレン(作中では「自由アイリス教国」と「ヴィシア聖座」)以外では採用されていないため、省略する。
なおヴィシー政権は日独伊から国家承認を受けるなど中国の汪兆銘政権と同様に「親枢軸国」ではあったが、連合国への宣戦布告は行っていない。

リシュリュー(Richelieu)

  • 画:アキラ
  • 声:タニベユミ
  • 他:R、L、B※、A
    ※ストーリーパートでのみ登場

17夏イベにて実装され、E4突破報酬で入手可能。フランスの戦艦としては最後の艦級のネームシップにして、欧州最強の一角。
そんな戦艦をモチーフとした艦娘だが、その容姿はというと……
一言で言えば黄ばみ
明らかに色がおかしく「絵師のモニターの設定間違えているのではないか?」と言われる程で
登場するや、黄ばみ、妖怪、水死体、アクアフレッシュ等々と揶揄されてしまう始末で、後に実装された、私服modeおよび晴れ着modeでも黄ばみは健在だった。
そして、なぜか腰の艤装に「田中」の文字がある。(実際は、固定器具か何かだと思われるが……)

この時すでに戦少Rのリシュリューは存在しており、そちらの容姿は騎士然とした凛々しい女性。当然色が黄ばんでいるなどという事はなく、比較されまくり、艦これリシュリューは一方的にフルボッコにされる。
(ちなみに艦これリシュリュー実装から2か月後、戦少では改造が実装され、更に凛々しく美しくなった)

艦これでの彼女のキャラ性能だが未改造の時点で能力が高く、改になると金剛型改二と同等のスペックになる。速度も高速で、燃費もそこまで悪くない。
続くE5の最短ルートを通るには、特定の海外艦を組み込む必要があったが(丙でも1隻は必要)、
このリシュリューもルート固定に使える艦の1つであった為、海外艦不足に悩む提督の間では救世主と化していた。
E4の戦力ボス2は丙でも撃破に手間取るような硬さを誇っていたので誰でもE5に行けるわけではなかったが。

また彼女が改で持参する「38cm四連装砲改」は性能が高く、リシュリュー用としてだけでなく、他の高速戦艦用の主砲としても有用。
ただ1本しか持ってこないので2本持たせるには別のリシュリューを手に入れるか、「38cm四連装砲」を改修して手に入れる事になるが
前者は現状イベント海域の難所のみのドロップ限定(18冬イベE4ボス、E7戦力ボス2・18秋イベE5道中マス複数(難易度制限有り)、戦力ボス2(ガシャン有り))。
後者は「16inch三連装砲 Mk.7(通称アイオワ砲)」並に莫大なコストがかかり、改修による増産もかなり厳しい。おフランスのモノは物価がお高い

さすがに最強とまではいかないが数ある戦艦勢の中では強力な艦だといえる。同イベントの最終海域報酬のアーク・ロイヤルより強くて使える子だ

時は流れ、艦これリシュリュー実装から、ほぼ1年後。アズールレーンにてイベント「光と影のアイリス」が発表されリシュリュー級2番艦ジャン・バールを含むKAN-SENが次々と実装予告される中、愚痴スレでは「リシュリューも来るか?」とにわかに期待されるが、最後まで発表されることはなく、そのままメンテナンス当日を迎え、今回は登場しないかと思われていた。
だが、イベント前編ラストのシーンにて、まるでラスボスを思わせる重いBGMと、アズレン風にアレンジしたシャルル・ド・ゴールのラジオ演説をひっさげ、アズレンリシュリューは登場する。(存在自体は、メンテ中に中国からの画像流出にて判明していた)
その破壊力たるや、プレイアブルでも無いただの一シーンであるにも関わらず、数多の艦豚をイライラさせるは十分すぎるものであった。

このイベントの後、艦これローソンコラボに起用され、黄ばみから若干開放された。初めからこの色味で実装していたら、今とは違う未来があった……かもしれない。

2019年時点では、守護プロ以外の5タイトルに登場している(アズレンは前述の通りプレイアブル使用不可)。キャラデザはゲームごとの個性が強く出ており、共通の傾向は無い。
それぞれのキャラクター像は、戦少Rは女騎士、最ラブは宰相(名前の由来になった人物の肖像画をベースにしている)、アズレンは聖職者、アビホラはパリジェンヌと言った具合だが、艦これのリシュリューは5人並べると明らかに田舎にいそうな一般人チックであり悪い意味で浮いている。

(以下作成中、協力求む)

コマンダン・テスト(Commandant Teste)

  • 画:アキラ
  • 声:タニベユミ
  • 他:無し
水上機母艦。16秋イベE3突破報酬。登場時はアクアフレッシュを彷彿とさせる髪色で衝撃を与えた。
海外側の水上機母艦は彼女が初であり、現在でも唯一の存在となっている。

1942年にナチス・ドイツへの接収を拒否して自沈した経緯によりヴィシー政権側に分類されるが、概説の通り他艦船擬人化ゲーには全く登場していない。
なおCVを充てたタニベユミはこのコマンダン・テストのコスプレを披露しており、その際以前と比較して明らかに体型が変わっていたことが物議を醸した。

キャラとしての性能は水上機母艦内では特に火力が高く、装甲はトップ。火力は後に実装された日進に追い抜かれたけど。
昼戦での砲撃戦を得意とするが雷装値を持たないので雷撃が一切出来ず、攻撃の手数不足が目立つ。それに伴い、夜戦も不得意。

改になるとスロットが4つになり、装備の拡張性が向上。後に実装された日進も甲になると4スロットになるが。
対地用装備を積んでの陸上型ボスとの殴り合い、水上戦闘機を載せての制空値稼ぎなど用途は様々。
海外艦ゆえに入手が難しい事、速度が低速である事、日進というほぼ上位互換な存在が実装された事が悩みの種か。

社員絵師のアキラ艦である為、期間限定の絵は多いのだが大半が差分mode。瑞穂並の数を有しているわけではないが、それでも多い方。
18秋刀魚では差分modeではない秋刀魚modeも実装されたが、絵柄が変化しており別人化。


艦これには登場していないがよく話題になる艦船

アズレンのアイリスイベに登場した艦船が主な話題に上がる。

ダンケルク (Dunkerque)

  • 他:R、L、B、A、D
フランスが第一次大戦終結後に初めて建造した戦艦。ドイツの「ポケット戦艦」ことドイッチュラント級に対抗する目的で建造されたものの、実際には新世代戦艦の実証試験艦としての性格も強く、四連装主砲の前部集中配置や機関のシフト配置化など様々な新技術が導入されていた。
これらで得られたデータは次のリシュリュー級戦艦に活かされることになる。

他作品では、イラストリアスと同様に艦これ以外の全タイトルで登場
戦少では見た目に共通点が多かった点が反映されてかリシュリューと似た騎士風の姿となっており、色彩なども共通となっている。
アズレンでも騎士風の衣装だが、こちらは同時に実装されたリシュリュー級二番艦ジャン・バールが海賊モチーフだったためそこまで似てはいない。
フランス人キャラということでなのか?お菓子を作るのが特技。
表情差分が豊富で、デフォルトでは険しい表情だがクリックすると温和な一面を見せてくれる。そのギャップにやられたプレイヤーも多いのでは
また、Live2d化された水着スキンが実装されているが完成度がかなり高くグネグネ動く。

ちなみに、主砲塔の前部集中配置という点で英国ネルソン級戦艦と比較されがちなのだが、排水量制限の中で無理を重ねたネルソン級が欠陥だらけだったのに対し本級の欠陥はそこまで多くなかったため、その完成度の差を見て「給炭艦とクルーザーほどの差がある」と揶揄されてしまった
どちらが給炭艦かは言うまでもない。
(ただし、戦果はネルソン級の方が圧倒的に上である。まあ、祖国が即死しなければ本級ももっと活躍できたんだろうけどねぇ…)

…それから80年ほど経った現在。
何の因果か両者は擬人化キャラクターとして再び比較されることに。

片方は史実もへったくれもないおまる呼ばわりされる稚拙な絵と技術力の無さを裏付けるまるでフラッシュ創世期かのような時代錯誤甚だしい一枚絵の演出。
もう片方はキャラゲーらしい美麗なイラストが違和感なくスムーズに動くLive2dスキン。しかもタッチした箇所によってさまざまな反応(意味深)を見せてくれるというファンサービスもてんこ盛り。

両者共に艦船擬人化ゲームの特殊演出なのだがどうしてここまで差がついたのか。
どちらがおまるかは言うまでもない。

そして約1年後、2019年夏にイベント「光と影のアイリス」が復刻し、新たな着せ替え「昼下がりのヴィーニュス」をひっさげて帰ってきた。
豊富な表情差分(仕草差分も)にオシャレな小物や背景、彩られた主砲が鎮座し、史実要素を抑えつつも、彼女の恍惚とした表情や、うっすらと透けたスカートから覗く太ももとパンツについつい目が移りがち。
ともあれ、パリジェンヌの優雅さと艶めかしさを融合させた本着せ替えの発表後の反響はすさまじく、たちまち彼女の名はトレンド入りを果たしすでに勝敗はついているが上記のおまること給炭艦に華麗な追撃を食らわす事となった。


ガスコーニュ(Gascogne)

  • 他:B
改リシュリュー級一番艦。前部集中配置だった四連装主砲を前後に各1基4門の背負い式配置に変更し弱点だった後方火力を改善して建造される予定だったが、資材調達が遅れたためドイツ軍の侵攻時までに起工すらできないまま終わった。
アズレンとWorld of Warshipsのコラボ及びアズレンエンドコンテンツの第二弾として実装予定であることが正式に発表されている。
ちなみにCVは艦これで照月と秋津洲役、アズレンではシムス役で出演歴のある小松未可子が起用されている。また、このキャスト発表時点でβテスト開催中だった守護プロには初期艦隊の1隻であるカッシング役で出演しているため、同作のスタートダッシュを警戒するアズレン側の牽制の意図もあると見られる。どちらにせよ(´田ω中`)をムガらせるには申し分のないチョイスである。
「激奏のPolaris」(通称:アイドルイベ)では実験用アイドルユニットPolarisのメインボーカルに抜擢され、艤装違い(ゲームシステム的に別キャラ扱いとなる)が実装されたりPolarisとしてのイメージソングを歌ったり、イベントのミニコンテンツのSDイラストを素材として公式に配布されたりと八面六臂の大活躍であった。

サン・ルイ(FFNF Saint-Louis)

  • 他:B
第二次世界大戦中に建造が計画されながらもドイツの侵攻で中止されたサン・ルイ級重巡洋艦のネームシップ。20世紀初頭に就役していたシャルルマーニュ級戦艦2番艦から名前を受け継ぐ予定だった。
WoWsのフランスツリーに登場しており、同作とアズレンのコラボレーションで擬人化された。アズレンでは、作中でフランスに相当する陣営アイリスの最初の1隻でもある。
と同時に、CVが艦これへ出演したことがある瀬戸麻沙美と発表されたため(´田ω中`)を激しくムガらせたと見られる。

ジャンヌ・ダルク(Jeanne d'Arc)

  • 他:R、L、B※、A
    ※ストーリーパートでのみ登場
練習巡洋艦(大半のゲームでは軽巡洋艦に分類)。人名を冠した艦船でも特に著名な1隻で、艦これと守護プロ以外の4タイトルに登場している。

アズレンのアイリスイベでは、リシュリューと同じくエピローグに非プレイアブルで登場しているが艦豚は「Fateのパクリ」と意味不明な言いがかりを付けていた。

ヴォークラン(Vauquelin)

  • 他:R、A、D
ヴォークラン級大型駆逐艦のネームシップ。
現行タイトルでは戦少R、アビホラ、守護プロの3タイトルに登場している。
戦少RではCVの担当がまろーん江風役の石上静香で更に一部のイラストをアーイチソの天敵であるSaru氏が担当しているため、(´田ω中`)と(´艦ω豚`)にとってはムガ要素である。
2018年12月頃から日本版戦少Rの公式ツイッターのアイコンとしても抜擢されている。

守護プロでは★3で入手が比較的容易ながら敵艦が張ったシールドを突破する貫通弾のスキルが使用可能で、特に対人戦のアリーナではレナウンのバリアスキルに対する数少ない対抗策として存在感を発揮する。

ル・ファンタスク(Le Fantasque)

  • 他:R、L、A、D
ル・ファンタスク級大型駆逐艦のネームシップ。同型艦のル・テリブルが45.02kt/hという世界最速記録を持つことで有名。
他作品では必ずといっていいほど登場しており、アズレンでは同型艦のル・マランとル・トリオンファンが登場している。また、レコードホルダーのル・テリブルはアビホラでネームシップのル・ファンタスクとは別個に登場した(過去にはアプリ版鋼鉄少女で登場したことがある)。
なお、最ラブでは韓国版だけ名前がル・ファンタスク級の次級に当たる「モガドール」となっていた。

艦これに登場しない理由は「Wikipediaに日本語記事が存在しないからだ」とまことしやかに囁かれていたが、2019年2〜3月にかけてル・ファンタスクやル・テリブルなど全6隻の個別記事が投稿されている(一応それ以前からル・ファンタスク級全般の記事はあったが)。
アーク・ロイヤルやガングート、ゴトランドの件も合わせると、(´田ω中`)は本当に日本語版Wikipediaから全ての情報を得ている可能性が高い。

ル・テメレール(Le Temeraire)

  • 他:B
全12隻を予定していたル・アルディ級駆逐艦の内未成に終わった艦の一つ。戦艦ダンケルクの護衛艦として建造される予定だった。

アズレン1周年にてサプライズ的に登場し、アイリスイベが終了して安心していた(´田ω中`)に闇討ちを仕掛けた。
またイラストを担当したりいちゅ氏には「ルーちゃん」と可愛がられ、これ以降ル・テメレール(に限らず担当したキャラ)のイラストを頻繁に投稿しているため「無許可でイラストを投稿することを徹底的に禁止する」という(´田ω中`)の方針がいかに悪手であるかを思い知らせるケースともなった。ここまで担当キャラを愛でる絵師なんてそうそう見かけない気がする
なお、愚痴スレにおいても時折「ル・テレメール」と誤記されることがあるが正しくは「ル・テメレール」なので注意。
うっかり間違えても(´田ω中`)よろしく「あう、噛みました」などと言わないように。
愚痴スレに突撃してきた艦豚は上記のりいちゅ氏を叩き棒にして「アズレンはイラストレーターを使い捨てにするクソ運営」と罵声を浴びせていたが、2018年12月14日のアップデートの際そのりいちゅ氏が担当したイラストがトップ画面とロード画面に使用され、更に2019年1月24日から開催された復刻改正版「凛冽なりし冬の王冠」にて2人目となるグレンヴィルを担当したため、またしても極大カウンターを食らってしまった。
更に、りいちゅ氏がある月刊漫画の作画を担当することになり、これをもってアズレンと決別したとほざく艦豚も現れたが、復刻版アイリスイベの追加KAN-SENでル・テメレールの妹のルピニャートを担当することが明かされ、見事に妄言を打ち砕いていった。

フォルバン(Forbin)

  • 他:B
ラドロア級駆逐艦の一隻、アビホラにも「フォルバン」という同じ名前の駆逐艦が登場するが、こちらについては後述。
アイリスイベにて同型のル・マルスと共に登場、それぞれ「アイリス」と「ヴィシア」という対の陣営に所属する。
イラストの担当はどちらも夜ノみつき氏で、りいちゅ氏と同じく以降もイラストを投稿している。
また、公式ツイッターはこれをリツイートした上で一時期固定ツイートにも設定していた。
そのため、ル・テメレールと同じく「無許可でのイラスト投稿を徹底的に禁止する艦これの方針」を揶揄するケースとなっている。
イベントと同時に改造も実装されており、防御寄りのスキルも相まって脅威海域であってもかなりの粘り強さを見せる。
また、同イベントで販売されたドスケベ巨乳着せ替え「フルール・ド・ブルール」も追加された。
さらに2019年夏にアイリスイベが復刻し、彼女もまた学生服風の新着せ替え「エコール・ド・シュヴァリエ」を引っ提げて再登場を果たす。
学生カバンから覗く一本の魚雷が目を引くイラストだが、どういう因果かこれの数日後に登場した艦これ大井の梅雨modeカバンに魚雷という構図が似通っており、比較の対象にされるも、両者の評価は対局的なものとなっている。

結果Oi大井は芋絵という事も災いし「マイバッグに葱と酸素魚雷とかおかしいだろ」とか「傘の持ち方が異次元」など蓋を開ければ次々湧き出る違和感を集中砲火のごとく浴びて轟沈してしまった。

一方フォルバンだが、こちらは打って変わって好評となっている。
絵師の力量にもよるが理由は以下として
  • 学生服→母港には学園があり、彼女以外にも制服の着せ替えを持つキャラは多く存在している。
  • カバンの魚雷→彼女は駆逐艦であり、あっても違和感はない。
など、アズレンの世界観としては十分調和しており、着せ替えの名の通り学園の騎士である彼女の気品の高さが伺える。
なお、短いスカートが風に煽られ、パンツの紐がちらりと覗いてはいるが、彼女の可愛さに免じてこれはご愛敬と言ったところか。

更に梅雨が明けるとともに、担当絵師である夜ノみつき氏のTwitterより彼女と相方のル・マルスのムッチムチの水着イラストが投稿され話題になる。


また面白いことに、マルスのピースサインや足下の魚雷間接的男根示唆が上記におけるoi大井の梅雨modeと彼女ら二人の学園着せ替え対決を再び連想させ、また梅雨明けということで時系列も似通っていることもあってか、2人が大井を完膚なきまでに叩きのめして轟沈させた後、水着で勝利宣言してるみたいとまで言われてしまい、もはや死体蹴りどころではない仕打ちを食らわせることとなった。

アビホラに登場する同名のフォルバンは2004年に就役した「フォルバン級ミサイル駆逐艦」で、アズレンのフォルバンからは2代後の現役艦であり別物のため、こちらも(´田ω中`)よろしくゴチャゴチャにしないように注意。

シュルクーフ(Surcouf)

  • 他:R、L、B
自由フランス海軍所属の大型潜水艦。
203mm潜水艦砲を持つため、厳密には「潜水砲艦」という種別である(しかし、この砲は浮上から発射可能になるまで時間がかかることや、砲を通じて浸水することがあるなど欠陥が多かった)。
また読み方が「スルクフ」「シュルクフ」「サークーフ」と表記揺れが激しく、作品によって異なる。
戦少Rでは潜水砲艦「スルクフ」として登場。
砲撃戦では浮上して砲撃に参加するという特徴がある。
最ラブでは潜水艦「シュルクーフ」として登場。日本版では登場時から撤退まで、アプリとTwitterアカウントのアイコンに起用されていた。
後述するアズレンの同艦とは対照的なスレンダー体型で、ゲーム内に登場する潜水艦としてはトップクラスの艦砲攻撃力を持つが、着せ替えの水着(普段着は水着でなくダイバースーツ)でもウォーターガンを手放さないなど砲撃に強いこだわりがあるキャラクターとなっている。
日本版のCVは上坂すみれ(後に最上役も兼ねる)で、出演に伴い追加時点での艦船擬人化ジャンル4タイトル制覇を達成した(後にアビホラと守護プロへ出演して記録を6タイトルに伸ばす)と言うのが(´田ω中`)にとってはムガ要素である。
そしてアズレンも潜水艦「シュルクーフ」として登場。
実装当初日本版でも大陸版の規制対策が為されたイラストが使われていた(その差は股間部分が魚雷で隠されているかいないかという分かりやすい点と、布面積の変化による横乳のはみ出し具合などの間違い探しレベルのもの)。しかし公式はこれを「イラストが想定と違う(※原文ママ)」とバグ扱いし即時差し替え、その結果「差し替えで逆に露出が増える」というまさかの「逆修正」をブチかました
何が「想定と違」ったのかは不明だが、その後の生放送の雑談パートでのやり取りから大体察しはつくだろう。
なお、大陸版では日本語版で言う「想定と違う」ままとなっている。
他の潜水艦と比べて一癖も二癖もある性能、スキル、装備故か、普段使いを重視したい通常海域ではなかなかお呼びがかからずかなり微妙な立ち位置であった彼女だが・・・。2019年夏、新たに実装された潜水艦のみで挑むデイリーミッション「通商破壊」が追加されシュルクーフは一躍日の目を浴びることとなる。本ステージは濃密な弾幕と対潜攻撃をしてくる敵艦隊が待ち構えており、装備を充実させていても攻略にはかなり難儀する。ところがシュルクーフの場合、潜水艦の範疇を越えた高耐久・大口径砲・浮上戦闘能力の高さが見事にかみ合ってまさに適役と言える。