他艦船擬人化ゲーとの登場艦比較 > 軽巡洋艦・練習巡洋艦

艦これに登場する艦娘のうち、日本の軽巡洋艦・練習巡洋艦の問題点
(艦これにおける分類に従い、最上型は重巡洋艦のページに記載する)

声の欄に「」がある声優は、裏切者認定を受けていることを表す。

概説

ゲーム上での使い勝手は少し強くなった駆逐艦といったところでそれなりの火力、雷装、対潜能力を持ってはいるが、敵の戦艦やボス相手にはほぼまともなダメージが入らず、器用貧乏さが目立つ。
今では重雷装巡洋艦(雷巡)への改装による火力強化、甲標的や大発動艇装備といった個々にスキルのような特別効果を持たせる事で何かしらの強みを与えられるようになっているが、これによって改二実装艦、というか特殊効果有の艦とそれ以外の艦に大きな格差が生まれてしまっている。
しかも事情で改二が絶望的な艦もいくつか存在している。

他の擬人化ゲーでも火力が重巡、駆逐に比べ多少劣る設定にされていることが多いが、その分味方をサポートするスキルが充実していることが多く、組み合わせることで味方の戦力を底上げできる仕様になっていることが多い。
また、アメリカ軽巡が顕著だが対空能力に優れる艦が多く、防空で真価を発揮する者もいる。

ちなみに見れば分かる通り他の艦級に比べて比較的被りが少ない。というのも日本はロンドン条約の抜け道として軽巡の新規建造枠を事実上の重巡(最上型・利根型)に使ってしまったため、日本軽巡は第二次大戦当時にはすっかり旧式化してしまっていたのである。逆に軽巡の建前で建造された最上型のオーバースペックぶりに驚いた米英はブルックリン級、タウン級を建造、結果として開戦時には米英の主力軽巡は日本のそれの倍ほどの大きさで装備も近代的になっていた。どうしてこの程度想定できなかったんだ、バカか。この為他国の軽巡に比べてどうしても劣る日本軽巡は、ゲームバランス的に出しにくいのである。


同型艦なし

それぞれ1隻のみで夕張型(実験建造)、大淀型(2番艦以降は未成。後述)を形成。

夕張

  • 画:コニシ
  • 声:ブリドカットセーラ恵美
  • 他:R、B、A
艦これ初の4スロ軽巡洋艦。スロット数を生かした特化構成を作りやすい!とは言われていたのだが、その代わりに他の軽巡洋艦には出来る事が出来なかったり(搭載数0なので弾着不可)、基礎ステータスが駆逐艦並みに低かったりと一長一短どころか一長三短くらいある。
特に顕著なのが生存性で改では耐久36、装甲49。回避の数値も軽巡の平均値を下回る69。一発でも被弾した場合、どうなるかは言うまでもない。誰でもワンパンされる芸無だから夕張に限った事ではないかもしれないが。

ゲーム上の限定グラはないが、ポニテだからってのもあり木っ恥ずかしいキャラソン(中の人談)作らされたり
雑誌や特集で新規イラストが多数用意されることがあるだけマシな方。
実験的な要素が詰まった設計という事でアニメや漫画では工廠で何かを作る工作要員として使われる。明石の立場ェ…。

2020年にようやく改二になったが、なんと進化先が3つもあるぞ!初代イーブイかな?

画像が重複してるだろって?実は全部違う画像なんですよこれ…
本来であるならば「長らく放置されていた艦娘への追加要素」として喜ばれるはずだったのだが(事実改二予告がされた時は珍しくポジティブな意味でトレンドに入った)、「5スロ化」「器用貧乏止まりとは言い難い運用法」で任務【新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!】に必要な天龍のポジションを完全に奪い去ってしまい、信者Wikiのコメント欄で大きく諍いを巻き起こした。
少なくとも阿武隈一強とは言えなくなる状況にはしたと言えなくもないが……。
彩樹が描いた天龍とコニシが描いた夕張の対比として、艦これが抱えるイラストレーターの起用頻度問題の象徴のようになってしまったのは皮肉でありC2の自業自得と言えよう。

アズレンでは一転して、明石とは技術班の相方のようなポジションでイベントによく登場しており大講堂では巡洋艦の授業を週2回受け持っている。
耐久力が低いが、SRなのにN艦に匹敵する燃費の良さが特徴で巡洋艦の獲得経験値をアップさせるスキルを持ち、改造では新たにランダムで攻撃や回復等を発生させるスキルが追加された。通称パルプンテ夕張
改造前は計画艦開発のための経験値稼ぎのお供として、改造後は基礎能力のUPに加えランダムスキルの回転数を活かし高難度海域でも活躍させる事ができる。こうやってちゃんと役割を持たせるものなんだぞ、分かるか(´田ω中`)よ?
CVは小倉唯(のち伊19と2役)だが、出演の順序は3週間前に日本版がリリースされた最ラブのファラガット他4役の方が先だった。しかし、(´田ω中`)も艦豚もこの時点では舐めプmooooodeだったためムガり出して裏切者認定を発動したのはアズレンの人気が急上昇した2017年11月頃と若干のタイムラグがある(この頃にアズレンでCVが続々と追加され、その度に艦豚がムガっていたことも関係している)。
戦少Rでは明石がおらず、いろいろ変な実験兵器を作ったりする工作要員として艦これ以上に働いている。

大淀

  • 画:藤川
  • 声:川澄綾子
  • 他:R
大淀型軽巡洋艦の1番艦として建造されたが、2番艦の仁淀は建造が中止されたためネームシップのみとなった。
初期から任務娘(CVは別人説あり)として任務画面やイベント概要に登場するため、鬼畜難易度の任務やイベントが出てくる度に艦豚のヘイトを向けられる事もある可哀想な人。
任務やイベント開幕説明などの理不尽さなどから、大淀を全ての黒幕扱いするネタが度々出ている。
どう考えても黒幕は大本営()の腕組み無能豚けんちょんなんだが?批判逸らしとは感心しませんなぁ…

プレイアブルとして実装されたイベントで同時に実装された連合艦隊システムを運用する上で便利というかほぼ必須である「艦隊司令部施設」が改の初期装備に含まれている。
現在でも大淀改の持参装備以外で常時入手する方法はない。
これの使い勝手の良さから連合艦隊の運用が常態化している各種イベントでは必須レベルの装備なのだが、そもそも大淀自体が非常に入手しづらく、ゲームの初心者お断り感を助長させているとして運営には非難の声が上がっている。
しかし近年のイベントでは「水上電探を第一旗艦にも持たせろ」などの余計な装備制限が課されたりする為、間接的に艦隊司令部施設の使用を封じている節がある。

なお、大淀自体の能力は通常の軽巡洋艦に劣り(雷装値が低い、対潜値にいたっては特に低いなど)、イベントでの出番が少なく、艦隊司令部施設を没収されて以降ずっと母港でお留守番しているパターンが多い。よそを装備ゲーとか揶揄してる場合じゃねーぞ
同じ4スロ軽巡枠の夕張と違って生存性はそれなりに高いので、夕張でなくても出来る事なら大淀に任せる事で事故率を軽減する使い道はある。
索敵値は軽巡トップなので(´田ω中`)から出される難題の一つ、【索敵分岐】の索敵要員として場所によっては採用される事も(大淀が必須枠になっている出撃任務もあり、そこでは索敵分岐が存在する)。まぁ素の索敵値より、装備の索敵値合計が重要なので結局は装備ゲーなんだがな

18冬イベの不平不満渦巻く最中に突如彼女にバニー衣装を着させたもの(通称:バニ淀)が局地的に流行ったことがある。(※非公式です)
18冬イベといえば、7海域11ゲージ・友軍ガチャ・半径11・芋トレである。提督様の信仰心も限界と見える。

戦艦少女ではRへの移行の際に発表された目玉の1つであったLive2Dの対象に選出され、PVでの動きに注目が集まった。しかも艦これ改のデモムービーの発表と重なった結果、立ち絵を動かしただけの哀れでお粗末な艦これ改を秒殺した。
アズレンには今のところ登場していないが、19春イベの開始直前には「時間の問題」と見られていた川澄綾子のキング・ジョージ5世役でのアズレン出演が発表されたため、艦これにおける今後のテコ入れは絶望的となっている。以降のイベントで説明役からリストラされたら失笑する自信しかない


↑裏切者に認定された直後、愚痴スレで作られたコラ画像。
(´田ω中`)自ら素材を提供するサービス精神が光る。


天龍型

アズレンにはこの艦型が敵艦船限定も含め一切登場していない。

天龍

  • 画:彩樹
  • 声:井口裕香
  • 他:R
「艦これ」においては旧式艦なので能力は左程高くないが、燃費が良い軽巡洋艦であるため、遠征要員として未改造状態で遠征艦隊に配備される事も多々。遠征のメインである「幼い外見の駆逐艦」を「引率する」という字面から、「天龍幼稚園」と揶揄される事となった。艦これの駆逐艦は見た目的に、低く見積もっても小中学生くらいではあるのだが、幼稚園?地味な役回りであるが重要な役どころでもあり、大半の軽巡洋艦が遠征に出すにも微妙な上にイベントでも出番がなく母港の肥やしと化している中、経験値を稼ぐ機会もあるだけマシと見る声も。

1期の終わり際の2018年7月に改二が実装された。全能力が少しずつ上昇。何故か対空値の限界が倍近くまで上昇し、水上機搭載可能になる。代わりに射程が縮む+雷装が下がる(一応、それ以上に火力が上がるので砲撃戦・夜戦時の火力は微増)。
改二の初期装備が12.7cm連装高角砲(後期型)2本と12.7cm単装高角砲(後期型)1本(※どちらも小口径主砲)の計3本をガン積みという投げ槍っぷり。イケメンキャラとして初期から比較的人気のあるキャラなのだが、(´田ω中`)的にはあまり気に入っていなかったようだ。
そもそも遠征要員の軽巡枠として多くのプレイヤーから愛用されていたにも関わらず、大発系は改二でも搭載不可。龍田は載るのに、なんでお前は載せられないんだ…?

なお、(´田ω中`)自身による天龍…というか彩樹キャラや彩樹氏自身への扱いについていざこざがあり、それについて彩樹氏自身が不満があったらしき事が自身のツイッターの発言などで散見されていたのだが、今回の天龍改二でのやり取りが決定的になって、彼が艦これと完全に絶縁する引き金を引いてしまったようである。その後、夕張改二の件で死体蹴りが行われた。
二次ネタでは、やたら押しに弱くそのままア~ンなネタが多い。最も、天龍に限らず強気気味なキャラはほぼ全員そんなネタばっかだけど。
ただ井口系にしてはハキハキしたキャラ・声・彩樹絵柄のせいもあり絵柄のせいか腐女子人気がずば抜けている。

戦少Rでは改造しても性能が他の未改造クラスと戦闘には向かないが、遠征の獲得資源を割合で増加させる遠征要因として特化した性能を持つ。服装や装備の形が近く、おまけに剣持ちということで艦豚が真っ赤になっていたことがあるが、両方メガネっ娘だったり性格も全然違ったりするのでやっぱり当てつけである。というかグラ丸パクリしてる訳でもないのにいちいち難癖付けるなよ…。
アズレンでは前述の通り、敵艦船としても登場していないがあるミニイベント内で加古が言及している。

龍田

  • 画:彩樹
  • 声:井口裕香
  • 他:R
「艦これ」では任務で入手可能。
天龍同様旧式艦なので能力は左程高くないが燃費も天龍と同様である為、遠征要員として配備される事も多々。その際、改以上になると弾薬消費が増える為、無印で運用される事がある。幼稚園の保育士扱いされる所も天龍と左程変わりない。
改二まで実装されているのだが、改二にすると天龍と同様に何故か水上機搭載可能になる上に対空値が格段に伸びる。代わりに射程が縮む+火力が大幅に下がる。天龍と比較すると、火力以外は(計算式の関係で)殆ど差がなく、運用上そんなに高くても仕方ない対潜だけ高めになっており、ほぼ劣化天龍。
改ニの初期装備に53cm連装魚雷(★5改造済みだが、この補正込みで最初期からいる駆逐ネームシップ初期装備の三連装魚雷と同雷装値)とかいうゴミが紛れ込んでいる。何がしたかったんだ。
セリフ・性格や得物の見た目から、二次ネタではおイタした提督のアレをちょん切る・切ろうとする系のネタが流行った。天龍のエロのオチで唐突に現れて、やはりちょん切ろうと迫ってくる役で出てくることもしばしば。
公式に「ヤンデレ」と言われているのだが、セリフには「独占欲をむき出しにしているところ」や「病的なまでに献身的」な部分は形は見られず、ただちょっと猟奇的な子止まりの表現しかされていない。キャラゲーとは一体…。

戦少Rでは遠征の大成功率を上げる遠征要因として特化した性能を持つ。上の天龍と同様に遠征に向いた性能である。


球磨型

北上、大井、木曾は改造で重雷装巡洋艦に艦種が変更される。
挙動自体は軽巡洋艦に準拠したものになっているが、別艦種扱いとなっている為、ルート分岐などで弾かれやすい。

戦少Rでは北上、大井、木曽(※艦これと表記が異なるため注意)の3隻、また守護プロでは球磨、多摩、大井、北上の4隻が登場しており、特に後者は早期の球磨型コンプリートを視野に入れていると見られる。
艦王の側も19夏〜秋の大井や19秋イベの北上など守護プロでの登場に連動したかのようなタイミングで誰得な芋の季節絵を投下しているため、きったねえクソレズからの“浄化”を恐れているのか微妙にヒットマークを出しているようにも見える。

一方、アズレンでは多くの亡命prayerから「大井と北上を一刻も早く“浄化”して欲しい」と望まれながらも、魚雷主体の仕様とゲームシステムの相性が良くないためか擬人化されていないザコ敵として「量産型クマ級」が登場するのみに留まっている。
が、当初量産型シリーズしか存在しなかった吹雪型から吹雪、夕雲型から巻波が既に登場していること、競合相手の2作が相次いで球磨型を投下していることから近い内に登場する可能性がある。
守護プロは恐らくアズレンが手薄な所を狙って球磨型を重点的に揃えていると見られるが、追われる側のアズレンもゲオルク・ティーレやH級駆逐艦でのカウンターに見られるように守護プロのスタートダッシュを強く警戒して臨戦態勢を取っているので、なおさらである。

球磨

  • 画:UGUME
  • 声:佐倉綾音
  • 他:D
球磨という名前だか「~クマ」という安直な設定を付けられ(しばしば(´田ω中`)の口癖として付けられる「クチャア」はこれが変形したものである)、改までしか実装されていないにもかかわらず、開始当初から重巡洋艦を食うレベルの超性能になっていた謎のキャラ。しかし、軽巡の改二が増えだしてくるとインフレについていけなくなり、しかも妹たちが次々と改造が実装されていく中声優を裏切り認定され、自身の希望が立たれてしまった悲しき長女。
何故か二次創作ではR-18率が極端に低く、軽巡では1,2を争う健全艦。癖のある妹たちをまとめる役割もあってか、兄貴ともいえる風格を見せる時がある。
初期絵と限定絵を比較するとやや別人化しているが、色合いのおかげでさほど違和感は抱かせない。

他艦船擬人化ゲーでは、守護プロに同型の多摩や大井とセットで登場している。全体の防御力を上昇させるスキル持ち。
こちらは艦これとは対照的に、下乳を見せびらかすかのようなナチュラル卑猥衣装が特徴。2018年夏のβテスト開催時は現在と全くデザインが異なっており、旧版の方では透けブラが特徴だった。
中国大陸版ではノベルティとしてクッションが作られており、タラワと並ぶゲームの顔としての役割を期待されているようである。

多摩

  • 画:UGUME
  • 声:佐倉綾音
  • 他:D
名前の読みから猫キャラにされてしまった。それもアズレンの明石によって立場をほぼ完全に奪われたが
初期絵と後々の限定絵・改二とで、髪色とそれによる塗りの変化などにより、球磨とは異なり全くの別人と化してしまっている。
改造時に持ってくる北方迷彩を装備すると回避や装甲にボーナスが付くが、Flagship級の敵やボス艦にはあまり効果がない。

球磨や大井と同じく守護プロに登場しており、名前から連想される猫耳の付いた帽子をかぶったスポーティーな服装のキャラクターとなっている。

北上

  • 画:しばふ
  • 声:大坪由佳
  • 他:R、D
耐久に難があるものの、雷装がとびっきり高いキャラ。初年度7月、開始3ヶ月足らずで改ニが追加された。
サービス開始当初は、甲標的装備による先制雷撃というものが存在していなかった為、所謂ロマン枠だった。
先制雷撃実装以降は甲標的を積むだけで昼戦キャップ火力の雷撃(現在は強力な魚雷が2本必要)がぶっ放せた上、適当な魚雷を2本積むだけでお手軽に夜戦キャップ2連撃(この点はずっと変わっていない)をぶっ放せるという壊れキャラ筆頭。その使い勝手の良さから簡悔仕様のイベントでも最後の頼みとして投入されることになる重雷装巡洋艦。大井とは非常に仲のよろしいため初期から艦娘同士のカップリングとして有名だが、イベントや高難度海域の厳しい制限のせいで同時出撃する場はほとんど用意されていない。しかもかなり脆く、せっかくの火力を披露する前に大破で置物になっていることも少なくない。
コンパチ性能の大井に対してこちらは入手の容易さで大きく上回る。そこそこ運が良ければ1-1突破と同時に入手出来る(※旧バージョンでの話。2期のドロップ配置次第では…)。
自身の戦歴を引きずってかネガティブさが至る所に垣間見える日本艦の中においては、そのような言動が殆ど見られない艦これとしては珍しいキャラ。
どちらかと言えば諦観のそれに近いが、サービス開始から現在に至るまでキャラそのものは一応一貫しているため二次創作では比較的人気が高い。
Z級クソアニメでは胸に謎の増設が行われたことで物議を醸した他、後述の大井のキャラ改悪の巻き添えを食う形になった(更に北上の大井への反応は塩対応のそれであり、北上ファンから批難が挙がった)。
ちなみに史実では特効兵器である人間魚雷「回天」を搭載する前提で改装され、本人もそれについて言及する台詞がある。
ただしセンシティブなものである事もあってか、艦これでは初期のインタビューにて史実はどうあれ回天を実装することはないという趣旨の発言をしている。史実史実うるさい方々がいつ頃から出てきたのかよく分かるエピソードである

戦少Rでも実装されたが当初は女子高生麻雀漫画の主人公そっくり・・・というか主人公そのまんまだったり、戦艦少女が開発、運営間で揉めている最中に勝手に運営側が重雷装巡洋艦改造を実装するなど様々な災難に見舞われたが、現在はグラフィックの一新や幻萌(現在の正式な戦少R運営)側の重雷装巡洋艦改造が実装されるなど見事に持ち直している。
守護プロでは2019年8月に球磨型で4番目の登場。CVは前月に発売されたヴァイスシュヴァルツ3年ぶりの艦これブースターにサインカードを提供していた伊藤静で、最後に残った木曾が追加されれば2作目の艦型コンプリートとなる。

大井

  • 画:しばふ
  • 声:大坪由佳
  • 他:R、D
ブラゲ先行登録特典。これ以外で普通に入手しようとすると、持ち前のレアリティの高さも手伝って割とドロップは渋め。
ステータス的には北上のコンパチだが、何故かこちらの方がレアリティが高い。しかし運の初期値・限界値共に北上の方が高いというレアリティの意味が分からなくなる設定をされている。
キャラとしては猫かぶりの北上大好きクソレズであり、中破以上の状態で入渠させると小声で愚痴る。「作戦が悪い」とは言うけど、作戦立てられないお祈り芸無で何言ってんだお前?
これらの傾向は改二でより酷くなったがこのタイプのキャラのお約束であるいわゆる「ケッコンオコトワリ勢」ではないのは特筆に値する、と当時は言われていた。

如月とは別の意味でZ級クソアニメの被害者。やたらヒステリックで北上以外の艦娘を邪険に扱う姿は多くの大井提督を苛立たせた。また、北上も大井の積極的なアプローチに対してリアクションが薄いなど、大北カップリングを好む提督からもコレジャナイ感を突きつけられることになる。
劇中における年下に対する傍若無人ぶりの一方で上司に対してはやたら卑屈になる態度、そして好きなものへは周りを徹底排除して異常なまでの偏愛振りを見せるそのキャラ性から、一部では(´田ω中`)本人を艦娘化したものと噂された事もあった。
そしてこの設定はブラゲ側にバッチリ輸入されてしまい、限定ボイスなどでもクソレズぶりが悪化。クレイジーサイコレズというとんでもない敬称まで付けられてしまった。
現在の改二の大井は性格ブスといっても過言ではないかもしれない。それに加えて見た目は芋ブスだからどうしようもねぇな

なおそれが中の人に知れわたったのか、ACイベントでは「まだ綺麗だった頃の大井さん」、劇場版コメでは「ルール分からず沈めちゃった」、リアルイベントでは「大井からの脱出ゲームとかやりそうですね」的な事まで言われる有様である、公式と言い中の人にここまで言わしめるとは大井を何だと思っているんだ公式お前(半笑い)

戦少でも北上と同じく、初期は「咲-Saki-」のおっぱい要員そっくりのいで立ちだったが、現在は修正されており、さらには改造で大井、北上の同時運用することでお互いのスキル効果が上がるなど、艦これ以上に大北コンビを運用しやすい環境となっている。
守護プロではリリース当初から最高レアリティの★5で登場。お祭り好きな下町娘タイプで、北上のことは「北上さん」ではなく「お姉ちゃん」と呼んでいる。ロード画面が百合豚ホイホイ気味だが、北上の方がシスコンらしく大井と主人公が親密になり過ぎると「風紀が乱れる」と釘を刺されているらしい。

木曾

  • 画:UGUME
  • 声:佐倉綾音
  • 他:R
幸か不幸か、(´田ω中`)に嫌われており、他の同型4隻と異なりZ級クソアニメに登場しなかった。
弥生と同じく、東方のとあるキャラと似ていることが物議を醸した。ちなみにUGUMEくんはそのキャラのファンであり、意図して似せたといった噂もある。何故似せた。
「史実でのエピソードがあるから」という理由で三式潜航輸送艇(まるゆ)の説明にて木曾に言及されており、二次創作ではそこらでまるゆと親交のあるネタを描かれる事もあった。
但し、実際に「史実」で遭遇していたのは、遭遇時期と当時の状況から考えて悪名高いサイコレズこと「大井」であろうと言われている。しかしこの点については大井というキャラの推し方・設定を鑑みるに、史実に則されなくてよかったなといった感じである。
改二実装以降重雷装巡洋艦として活躍の幅が広がり、海賊のようなシルエットで天龍や摩耶と並ぶイケメン艦として名を馳せるようになった。
性格面においても初期の時点から提督を引っ張るイケメンっぷりで、レズっ気なしネガティブ発言なしという清々しさからキャラ人気が高い。前述の通りけんちょんはこの手のイケメン女子が嫌いな様子
が、人気の割に公式の新規イラストに恵まれず、声優の佐倉綾音も裏切り認定を食らい追加ボイスも難しい状態に陥っている。
同じCVである長門型の改二(とタッチ)実装に伴うボイス追加の際にガン無視された辺りで色々察するべきかもしれない。
ただ、これによってキャラ崩壊が防がれているのは幸運というべきなのだろうか

他作品では2018年12月から戦艦少女Rで登場。
概説の通り、表記が「木」ではなく「木」と略字の方が使われいる。
日本版では17日に予告ツイートが投下され、連日のムガール案件で満身創痍となった(´田ω中`)に追い討ちを仕掛ける形となった。
こちらの木曽も一人称が「俺」で男勝りな性格で、艦これの木曾とは共通点がある。ただしこちらの木曽は格闘家キャラという相違点もある。


長良型

イラストの担当は長良から名取までがくーろくろ氏でそれ以降はコニシが担当。
…なのだが、案の定くーろくろ氏が担当した3人がほぼ完全に空気化してしまっており、白露型並みに激しい格差が発生している。

こちらも球磨型と同じく、アズレンでは半分しか登場していない穴場と見てか守護プロが追加攻勢の口火を切っており競争激化の予兆が見られる。

長良

  • 画:くーろくろ
  • 声:井口裕香
  • 他:B
旧型でありながらも大戦中各地を転戦し、活躍した長良型のネームシップ。2013年末のアルペジオコラボでは、擬人化されていない(メンタルモデルを持たない)量産型の「ナガラ」がイベント限定の敵艦として登場していた。

球磨と並んで初期から火力が高めに設定されており、オーパーツ扱いされたこともあった。旧式なんだよな?ポニテだからな(サタン並感)
しかし、その割にグラフィックやメディアでの露出は少なく、胸も妹たちに比べると控えめで妹たちばかりグラフィックやシステムで優遇されている不遇な艦。一度中破絵が描き直された事があった他、秋には夏の日焼けが残る着物衣装もあるのだが、はっきり言ってそれぐらいである。

他作品ではアズレンにのみ登場、同型の五十鈴と阿武隈と共通でイラストを大月紅葉氏、CVを鬼頭明里氏が担当している故に(´田ω中`)にとってアズレンの長良型は全員ムガ要素持ちである
鬼のような角を生やしているが、それ以上に「あて」という珍しい一人称やブレザーの制服のような姿、そして服越しでもわかる豊満なボディというアピールポイントから「幼馴染でこんな子がいてほしかった」と青春を嘆くプレイヤーが後を絶たない。
そのため、ノーマルで現状改造も着せ替えも無い不利な状態でありながら高い人気を持つ。

五十鈴

  • 画:くーろくろ
  • 声:井口裕香
  • 他:R、B
「艦これ」においては軽巡洋艦においては一番早いLV12で改装でき、序盤では割と貴重な装備である「21号対空電探」を持ってくることが運の尽き。多数の提督が改装での電探目当てで育成し、「十二鈴」「五十鈴牧場」と言われる事となった。キャラ立ち絵の「胸部の主張」と「牧場」という呼称が合わさった結果、「乳牛」「搾乳」系の二次ネタが異様に増えた時期があった。
改二になると胸部の主張が更に激しくなり、更なる性的搾取を受ける事になった。
初期の改二だったおかげで改造レベルが那珂に次いで早く、しかも対空及び対潜性能がやたら優遇されており、対潜が必要な場面ではほぼ必ず出番があったのだが、最近は海防艦で強制的に無理をさせたい為か、巡洋艦以上に対する縛りが異常にきつきつな海域が増えてきたので以前ほど猛威を奮う事は無くなった。五十鈴Χの実装はまだですか?

他作品では戦少Rとアズレンに登場。
アズレンでは霊感持ちの臆病な性格(幽霊を潜水艦に置き換えると、このキャラ付けは実物の五十鈴のスペックや経歴と合致する)というキャラだが、同時に日本勢では最高の対空性能を持つ。この対空性能が現在実装されている通常海域終盤での需要と合致しており、艦これとは対称的に最前線で猛威を振るう形になっている。
後述するソノミラ仁淀の不意討ちで錯乱状態に陥った(´田ω中`)にハロウィン衣装で追い討ちを仕掛け、ムガールの極致に至らしめるというファインプレーを見せた。
余談だが、作中で登場する擬人化されていない「量産型シリーズ」に「量産型イスズ」なる謎の艦船が存在する。
「ナガラ級」の誤植と思いきや、これとは別に「量産型ナガラ級」も存在するため、全くもって謎の艦船である。
一応ナガラ級と比較すると、主砲が対空砲に換装されているなどの差異が見受けられる。
日本艦で一般的に用いられる「型」ではなく「級」ということもあり、単に五十鈴を基にした量産型という位置付けなのかもしれない。

名取

  • 画:くーろくろ
  • 声:井口裕香
  • 他:D
同型艦が個性持ちばかりで比較的地味な立場にあるのだが、一応長良と同程度の性能を有している。意外に胸が大きめで、おどおどしていることもあってR-18でよく汚いおじさんの玩具にされている。
性能なんて最強以外はクソ食らえ・特殊能力持ちが最優先な現状ではだから何なんだって感じだが。
実は一度改の立ち絵が描き直された事がある上に、季節立ち絵が存在している。

他艦船擬人化ゲーでは長らく拾われていなかったが2019年になって守護プロで登場し、伊勢と同時に初のピックアップ建造対象となった。球磨型と同じように、アズレンの隙を突く形での追加攻勢を仕掛けている。こちらではピンク髪ツインテで折り紙が趣味のちょっと気弱な癒し系少女になっている。

由良

  • 画:コニシ
  • 声:タニベユミ
  • 他:無し
「艦これ」では対潜が高い程度で目立たない艦娘のままだったが、2017年に改二が実装され、水上戦闘機を搭載可能になるというオンリーワンに近い個性を持ったことで輝き始める。と思ったんだけどなぁ…
水上戦闘機自体改修工廠で既存の機種から改修して新しい機種にしていくのだが、最も性能の良い物でも対空+5しかない。
各スロット搭載数が1・2・1となっているので3スロット積んでも制空値17(≒搭載数3の試製烈風(旧・烈風)1スロ分)にしかならず、軽巡洋艦までしか出せないけど制空力が必要な場合か、最後の最後でどうしても微妙に足りない制空値の確保くらいにしか使えない。但しガン積みすると火力が死ぬので完全なる置物と化す上に、そこまでやってもelite以上のヌ級1隻に制空権を持っていかれる。
それ以前の問題として、強力な水上戦闘機を多数持たれたくない(´田ω中`)の差し金で、水上戦闘機の改修に多大な改修資材を消耗させられるという点がある。
また、担当声優がかなり重用されているタニベユミという事で18秋イベ以降突然短時間でゲームについての攻略情報を紹介する(説明するとは言っていない)という謎動画収録に付き合わされるなど、田中に振り回されている。
キャラデザ自体は、初期立ち絵の目が離れすぎていて気色悪く(通称;ヒラメ)、改二が目が少し近づいた上で全体的に色濃くなる為ほぼ別人。
ねっ?ねっ?と甘ったるい語尾を付け、改二で更にBOT化するタイプの艦娘でもある。

他作品では登場していないが、戦少Rの夕立のセリフに名前が出てくる。
どうやら怪我をした際夕立によって全身に絆創膏を貼られまくったようである。

鬼怒

  • 画:コニシ
  • 声:野水伊織
  • 他:B
艦これでは改二になると「鬼怒改二の「見えない装備」として、大発動艇を装備している」という特徴が追加される。
これにより遠征要員として重宝されるのだが、それ以前でも駆逐の改二に大発動艇を装備できる艦娘が多数存在する事、後述の阿武隈改二も大発動艇を装備できる事のために複数育成する必要はあまりない。
名前の由来ともなった鬼怒川が氾濫を起こした際「おもらしネタ」という色情異常の極みを叩きつけられてしまう。※この災害で人が多数死んでいます。


改造前の姿がコロンビアのポーズみたいだと艦豚が笑っている隙にアズレンで近いポーズのカールスルーエ改、さらには本当に存在しているクリーブランド級軽巡洋艦コロンビア(国ではなくアメリカ合衆国サウスカロライナ州の州都が由来)が実装されてしまった。こちらのコロンビアはスタンプ(LINEおよびゲーム内のチャット)で例のポーズを披露している。
改二だとなんか見た目にチャラくなった上でコニシの絵柄変化も相まって少年顔になっており、それ以前の面影がほぼ無い。
描き下ろしの際には上記に加えて、服装まで男性っぽいものを描かれる事が多いせいで男キャラにしか見えない。
そのせいか、ローソンコラボ時にはクリアファイルが謙介血球と一緒に余る店舗がそこここで発生した。

尚初期台詞組かつ忘れがちだが艦これには珍しくレズっ気配がなく、プラス野水ボイスのおかげで一昔前の超王道ラノベヒロインみたいな性格をしており艦これ史上最強の提督ラブ勢とも言われている(やはり初期ボイス考えてたのは別人ry)
そのため二次界隈では無難な扱いに留まっていたが、2019年末のカレー機関開店当日にアズレンで長良型4隻目の登場が発表され、艦王とイキリ艦太郎に前日の能代ともどもクヤシミマスプレゼントを叩き付けた。

阿武隈

  • 画:コニシ
  • 声:野水伊織
  • 他:B
最初の頃はそんなに目立たなかったが、史実における北上との接触事故により、北上周りでなんやかんやしてるような設定により盛り上がっていたくらい。キスカ島撤退作戦で活躍した艦だが、その再現マップである3-2は初期では駆逐艦のみの編成でないとボスにたどり着けないという運営のニワカ度を露呈させたマップだった。
しかし2015年に改二が実装された事で事態は一変する。
軽巡洋艦では当時唯一の「甲標的」装備が可能になるという性能調整がなされ、軽巡の扱いに変革をもたらすと同時に以後のイベント運用で大きな問題となった。
雷巡と違い艦種制限に引っかからず編成できる軽巡洋艦が装備できる意味は非常に大きく、イベントで札を付けられると出撃できる海域が制限されるため、多くの提督が複数の阿武隈を改二にしてイベントに備える光景も珍しくはなくなった(イベント以外ではゲームプレイの目的を探すため、「手段が目的化する」傾向になりやすいが、イベントを楽に進める「手段」がゲームプレイの「目的」になるとしても皮肉めいている)。
また、その陰に隠れて目立たないが「大発動艇」を装備可能な初の軽巡洋艦であり、その点で遠征要員としても起用できるなど用途はやりすぎレベルに広がった。天龍幼稚園()
その為大半の軽巡洋艦のイベントでの出番を奪った(対空か対潜でも高くない限り軽巡の出番はないと言っても他言ではない)、戦犯呼ばわりされることもしばしばある。

なお当初から声優に無理させているような甲高い声(例:アタシノシジニシタガッテクダサイ!!)と半角表記される程
怪音波と揶揄される程高音で喋っており、なおかつ慌てぶりが目立つセリフのせいで水雷戦隊旗艦でありながら全く威厳がない。
しかも改二になっても攻撃の度に「指示に従ってくださ〜い〜!」とあたふたしている。改二で鬼教官化していった神通に対して何なんだこの差は。

アズールレーンにも実装されている。こちらは長良型の特徴として鬼のような角がついている。別に呪ったり鬼になったりしないが、ログインの度にしゃきしゃきさくさくの魚雷を食わせようとしてきたり、セクハラに及ぼうとすると魚雷を放り投げてきたりと割と危ない。
ドロップ時のセリフの中に球磨型の北上と大井の名前が存在し、自分と間違えないように念を押してくる。
一水戦にちなんで、駆逐艦の雷装を上げるスキルを持っていたり、改造を進めると雷撃を二連発する事があるスキルを習得したりと、魚雷「水雷戦隊」の「指揮」を推す要素が強め。
改造すると他の重桜艦と同様に頭身が上がるというか、見た目に肉体的成長し、周りに船(多分大発)に乗った饅頭が追加され、SDを放置しておくと饅頭でお手玉を始める。まぁ、特徴は弱いかもしれないけど可愛いよ。
悲しいことに図鑑のコメント欄では艦これ阿武隈の台詞を記入している艦豚が侵入しており、迷惑がられている。


川内型

総じて「ヨゴレ」と取れる要素を持つため他作品、特にアズレンで登場すると即時に上書きはおろか“浄化”されてしまう。
なお、そのアズレンでは2018年12月に開催されたイベントで那珂が登場したことで、大日本帝国海軍の軽巡洋艦の中では初の全艦コンプリートとなった。
立ち絵の上では他の軽巡洋艦どころか駆逐艦の手持ち型主砲よりもはるかに小さいサイズの主砲を装備しているが、他の軽巡と同等であったり駆逐艦よりも高火力を発揮出来るようである。
これは、艦娘の兵器が「史実においてより大型の艦だったから火力が高い」という既成概念に基づいた性能を持っている兵器である事を仄めかす隠し設定を示唆している。運営の人そこまで考えてないと思うよ。

川内

  • 画:bob
  • 声:佐倉綾音
  • 他:R、B、D
「艦これ」では「夜戦バカ」という個性付けがなされている。
そんなに夜戦好きなら夜戦下では凄い強いのかというとそうでもない。夜戦下で川内自身の特殊能力が発動するとかそういうわけでもなく、ただ本当に夜戦好きなだけ。
夜戦好きというキャラ付けは改二で持参する装備「照明弾」「探照灯」「九八式水上偵察機(夜偵)」の夜戦3点セットで強く反映されている。
中でも「九八式水上偵察機(夜偵)」は今現在でも川内改二からしか手に入らないレア装備である。数を増やしたい場合は川内の牧場必須
彼女が本当の意味で輝けたのは、E5でのルート固定艦として時雨・江風と共に必要だった15秋イベ。
それ以降は甲標的が使えるわけでもなく、対空も対潜もそれほど高くない川内の出番はイベントから無くなってしまった。某所では本キャラを語る事はタブーとされていた。偏執的なクソコテを避けるためのローカルルールである。無駄に有名にすると性獣や危険思想人物をも招く悲しい法則を感じさせる。
なお、例によってスタート当初は「夜戦が好き」という程度のキャラ付けだったが追加ボイスの度に夜戦夜戦と騒ぐ姿はプレイヤーの間でも呆れられている。
また、新規キャラ・改二キャラの「時報ボイス」でほぼ確実に「夜戦夜戦と煩い人」の存在が言及されてしまい、味方にまでディスられるキャラになってしまった。
夜戦云々を別にすれば明朗快活なキャラなので二次創作での人気は(夜戦バカとして使いやすい点を含め)高い方。

戦艦少女Rでは鼠輸送に従事していたことからか、鼠のような耳を持つ。性格面ではおっとり優しいお姉さんタイプで、史実で関連深かった吹雪型の子たちにも慕われている。大陸版では改造も実装されており、日本版でもおそらくVer4.4.0と同時に実装予定(大陸版では丹陽らと同時実装だったのだが、何故か日本版では遅れた)。

アズレンでは姉妹揃って狐の姿で「力の1号川内」と呼ばれる。男勝りでその異名の通り攻撃特化型。入手の道のりは長いが改造も早い段階で実装されているなど戦力としては優秀な部類に入る。夜戦に関しては特に何も言及しないが、改造後には敵の回避率を大幅に下げるスキル「照明弾」を習得。
11-4のボスなのだが、ドロップ地点は11-3である為、敵として遭遇するよりも前に味方入りする事がある。

現状最後発の守護プロでは、同型3隻揃い踏みでの登場している。こちらも球磨と同じく、製品版ではβテスト登場時のデザインを撤回して全面的に描き直された。

神通

  • 画:bob
  • 声:佐倉綾音
  • 他:R、B、D
御存じ第二水雷戦隊の旗艦を務め、コロンバンガラ島沖海戦で沈没した軽巡洋艦。艦これのサービス開始時から実装されていたが、武勲艦にしては平凡なステータスで性格もオドオドして頼りない、とキャラ付けに疑問が浮かんでいた(これは初期の艦これで蔓延していた現象で、第三次ソロモン海戦の武勲艦の夕立や幸運艦の時雨など幾つかの艦がその戦果に似つかわしくない低性能が与えられていた)。その後改二が実装されてからは軽巡洋艦の中ではトップクラスの性能を獲得し、現在でも阿武隈によって多くの艦が倉庫番をしている中でお呼びがかかっている希少な艦となっている。また専用BGMの採用や季節限定衣装が用意されるなど、艦これ全体からみてもかなり優遇されるキャラだった
+キャラ改変及びその背景
キャラ改変及びその背景
しかし節分イベントの際に、鬼役にも関わらず豆を当てられて怒るというそれまでのキャラの印象とは大きく離れた反応を示し、その後も(´田ω中`)の悪乗りが加速したのか、追加された時報では提督が注意する程に厳しい訓練を課す描写がなされ、現在では恐ろしいスパルタ教官という当初のキャラ付けとはかけ離れたキャラクターとなってしまった。
実は時報が実装される前に、公式ノベライズ「艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!」において、嘔吐するまで厳しい訓練を行い、直後にその行為を皮肉る発言をするといった、現在の鬼教官の設定に通じるものを半公式といえる作品で描写しており、これを運営側が非常に後味の悪い形で逆輸入した可能性も考えられる。

これらは非常に激しい訓練を実施していた第二水雷戦隊のエピソードを元ネタにしていると思われるが(尤もその訓練の内容もいわばただの「根性論」のようなもので、実戦では全くといっていいほど役に立たなかった)、だとしてももっとマシな設定はなかったのかと質問したいものだ。
しかもこの神通の戦歴には少なからず誇張が入っており、イギリス海軍駆逐艦エレクトラを撃沈したのは実際には四水戦の朝雲と峯雲だったにも関わらず、後に第二水雷戦隊の関係者が神通の手柄であるかのようにねつ造していたことが発覚する。
また、コロンバンガラ島沖海戦において「沈みながらも最後まで砲撃を続けた」というエピソードも雪風の乗員の証言から近年ではデマであった可能性が高いという見方が強く、更にいわゆる「モリソン戦史」にも翻訳時にこの神通を過度に持ち上げる記述を挿入するという改変が施されていた。
このようなデマや誇張を(´田ω中`)がろくに精査しなかった結果、艦これ神通のキャラ改変という事態に発展してしまったと思われる。

他作品では戦少Rとアズレン、守護プロに登場している。(格納されている文章内にもある通り誇張されているとはいえ)戦歴を意識してか、戦少Rでは姉御肌な教官キャラ、アズレンでは冷静沈着な軍師キャラとして描かれている。

アズレンでは通称「技の2号知の神通」とも呼ばれ、入手自体は後半でかなり難易度が高い海域でのドロップ限定だが、水雷戦隊編成になれば右に出る者はいない程非常に強力な艦である。
そして、(´田ω中`)にとって最大のムガ要素はCVが金元寿子と言うことである。
そして2018年10月9日にはまさかの水着着せ替えも追加され、油断していた(´田ω中`)に夜戦闇討ちを仕掛けた。
こちらにもある通り、この当時CV担当の金元は休業中だったため「復帰まではテコ入れはされないだろう」という見方が強い中で異例の実装となった。
あちらさんは(CV後回しにしてでも)思いつき次第突っ込んでるってコメントしてたじゃないですか、情報は大事だよ。

守護プロでは2019年3月にTwitterで紹介されたが、カバンに付けているアクセサリが某浦安のネズミ社のキャラクターそのままだったため「まずいですよ!」とツッコミが入り、一旦取り下げとなった後に日本版βテストから画像が差し替えられている。

那珂

  • 画:bob
  • 声:佐倉綾音
  • 他:R、B、D
解体艦隊のアイドル(自称)だが「建造・ドロップ問わずやたら出まくる」「そのくせ強くない(どころか、インフレが進んだ現在ではもはや対潜が高いだけの存在でイベントにおいては殆ど出番すら与えられず、クソザコと言っても良い)」という理由からPrayerからの扱いはお世辞にも良いとは言えず、出まくって邪魔だから解体する→那珂が出たら解体する→解体ネタの始まり→カーンカーンカーン(ブラゲの解体時のSE)→2-4-11(解体時に得られる資材量)、とイジる為に連想ゲームで遊んでいたら、(´田ω中`)に目を付けられたのが運の尽き。
公式直々に「那珂ちゃん解体ネタ」をゴリ押しし、2013年秋に「故意恋の2-4-11」なる二次創作のキャラソンを拾い上げたり、グッスマカフェ「甘味処間宮」でのコラボメニューに解体した時の資源(燃料2弾薬4鋼材11)にちなんだ「那珂ちゃん解体セット」を出そうとしたり(さすがに不謹慎と判断され「那珂ちゃんセット」に改称される。こうした不謹慎な物でも18年のコラボメニューよりは遥かにましな出来なのだが)、挙句の果てには茨城県ひたちなか市にある那珂の慰霊碑を「解体されまくった那珂ちゃんのお墓」などと称し、不謹慎かつ罰当たり極まりない行動を起こす艦豚まで現れるなど、実物の那珂の乗組員とその遺族や関係者にまで被害を与える始末である……のだが、当の地元はというと「苦笑い」。というのもひたちなか市はあの大洗町の隣なのである。頭のネジが緩んだオタクがわんさと訪れることにある程度免疫ができてしまっていることに加え、「東京から引き上げる時は上野発の電車でくつろぎロングシートだろうがお構いなしに酒盛りをする」という県民性(この為常磐線には「宴会電車」の蔑称がある)のため、この程度は呑み込んでしまうのだった。
Z級クソアニメでも1話で早々一人で自分のライブのビラを配ったり、意味不明な理由で金剛型に宣戦布告したりなど幼稚な展開で視聴者を呆れさせた。
ちなみに何故彼女が「艦隊のアイドル」を自称するのかは公式で一切言及されていないため不明。図鑑No【48】なのでドルオタ疑惑のあるけんちょんに「刺さった」可能性が一番濃厚だが。

戦艦少女では他の姉妹艦から遅れて実装。輸送任務に多く従事した史実を反映してか、大きな買い物袋を抱えたのんびり屋キャラになっている。ちなみに他の姉妹艦同様、2-5や2-6の限定ドロップなので入手は結構大変(もっとも、2-5と2-6は他にも日本系レア艦が山ほど配置されているため、これらを狙っているうちに勝手に来ると思われるが)。

(´田ω中`)と艦豚が憎悪して止まないアズレンでは長らく電の台詞により名前だけを挙げられている状態であったが、2018年末に(´田ω中`)への特大クヤシミマスプレゼントの一環として登場が発表され3タイトル目の川内型コンプリートを達成した。こちらは加賀の戦艦時代のストーリーで天城(史実では関東大震災により未成で解体された巡洋戦艦。後に就役した同名の雲龍型空母とは異なる)から若手のホープとして期待されていたり、加賀の救出に随伴したりと脇役ではあるものの良い扱いとなっているため、比叡の成功例に続いて早期の“浄化”が期待されている。性能面では改造実装済みの川内、神通に比べると少し劣るが、川内と同じスキル「水雷戦隊(全体の雷撃バフ)」を持っていることと、入手法が高難易度海域ドロップ限定の姉二人と比べて(少なくともイベント中は)入手しやすく、低コストで水雷戦隊編成を試せるようになっている。
パーソナルカラーは赤い仮面のV3
登場時には「那珂ちゃん」としてTwitterでトレンドワード入りして一瞬艦豚を沸かせたが、その「那珂ちゃん」の正体は彼女だった。それにむがった艦豚がいつものようにアズレンの図鑑コメント欄に「2-4-11」や艦これ那珂の台詞を入れるなどして迷惑行為を行った。
また同作には艦これ那珂と近い立ち位置を持つサンディエゴがいるが、こちらは公式からの扱いは非常に良い(詳細はアメリカ編の「艦これには登場していないが話題になる艦船/サンディエゴ」を参照していただきたい)。
なお、このサンディエゴの推しにむがったのか、18秋最奥ボスのドロップについて高難度になるほど那珂のドロップ率が異常に高くなるよう設定されていたという統計が得られている。
もはや明確な悪意を持ってやっているとしか思えないぞ。

アズレンで“浄化”された直後には守護プロでもリリース当初から登場しており、CVには西田望見が起用された。低レアで序盤の海域からドロップしやすいのに加え、ゲーム内の処分コマンドが艦これと同じ「解体」のため風評被害の発生が強く懸念される(もっとも守護プロではアズレン同様「高レアキャラを解体すると特殊なアイテムが手に入る」仕様があるため、最低レアは強化素材にし、高レアを解体する方が効率的である)。


阿賀野型

意外にも戦艦少女Rでは1隻も登場していないが、アビホラではリリース時から(´田ω中`)の痛い所を突くかのように4隻とも登場している。
(´田ω中`)は阿賀野型、その中でも特に矢矧を艦これの真の主人公としたかったらしく(それに近い発言を行っている)、全員改時点での性能がちょっと他より高めである。
が、おそらく矢矧事件での反発に日和ったのか、以後そのまま数年改二やそれに準ずる改造を追加される事もないまま性能主義時代を過ごした後、昨今のスキル至上主義時代に突入し、ずっと流れから取り残されたまま過ごしてきた。
そこをフォローした結果か、「改阿賀野型」という誤った仄めかし告知と共に水上爆撃機装備可能・増設スロットの装備の優遇などの措置が取られたが、欲しい所はそこじゃないので他のキャラ使った方がマシ。(´田ω中`)お前艦これエアプかよ。
なお、そもそもの搭載数が他の軽巡洋艦よりも多く、強化方面も水上爆撃機搭載可と水上機運用を推した強化を施されているが、本来の阿賀野型は水偵2機積んではいたのだが、別種の偵察機を1機ずつの2機搭載であり、艦これのように1スロット(≒部隊?)2機の構成では無い
ぶっちゃければ、艦これ的に表現するなら1機スロ×2になるはずなのだが…
というか、改造後も続けて史実準拠な数値設定をされている艦は千歳型(水上機母艦時限定)くらいしかいない件。
ついでに、立ち絵の上では全員カタパルトなどの水上機射出用の機構がない
また、上記仄めかしにて「改阿賀野型」という呼称を用いているが、この型は実在している。これは阿賀野型をベースにした発展型であり別物であり、阿賀野型を改造した結果の呼称では無い
余談だが、「改阿賀野型」はいずれも計画止まりで終わった。

阿賀野

  • 画:コニシ
  • 声:山田悠希
  • 他:B、A
最新鋭軽巡という看板を引っさげて登場したのはいいものの、最終的に耐久面以外はだいぶ世代の離れた先輩軽巡たちとどっこいどっこいな性能になってしまう事から、そこまで戦力として大きな活躍をさせてもらえていなかった。ある意味史実通りといえば史実通りだが。
しかし、彼女の不遇な扱いはゲーム性能だけに留まらず、時報で能代との約束をすっぽかす、細かくて面倒くさい作業は能代に丸投げなどとても優秀には見えないポンコツキャラにされてしまう。
そのせいで付けられたあだ名は「だらし姉ぇ」。しかもその単語が一人歩きし始め、二次創作ではだらしない=お菓子食べながらぐうたらしている=デブというなんとも豚らしい発想で太っている扱いにされ、だらし無さに拍車をかけられてよく能代に怒られる、矢矧にしごかれる、酒匂に見下される等扱いはかなり悪い。R-18では妊娠しやすいとかいう意味不明な二次設定まである。女体エアプでエロ描いてんのかよ(困惑)
コニシ艦、声優もC2の譜代に近い山田悠希と恩恵を受けやすい位置にいながら、(´田ω中`)は矢矧にゾッコンなせいで18年の阿賀野型の地味な新要素追加やコラボでは一人だけ新規イラストがなく(よくわかんないお菓子に既存グラを貼られただけ)、山田悠希もリアルイベントではほぼ矢矧として登場する等厳しい立ち位置に立たされている。

他のゲームで採用されることは少なかったが、アビス・ホライズンでは正式リリース前のβテスト段階から登場している。レアリティも妹たちより一つ上でスキルも攻撃系。多少統一性のある妹たちに比べて派手なファッションだったり、それに見合った品性も持ち合わせており、最新鋭らしさが光る。もっともこちらでは21世紀の艦もいるので最新鋭でもなんでもないのだが。
2019年3月には「壊」モード、すなわち闇堕ち状態の第1弾「阿賀野・壊」の登場が予告された。
アズレンでは比較的早期に登場したが、2番艦以降の追加までは2年近いブランクがあった。エイジャックスやドイッチュラントと並ぶドMホイホイキャラである。
スキルは水雷戦隊のサポートに特化したバッファータイプ。強力な駆逐艦とセットにする事で真価を発揮する。
ケモミミなど動物的要素が付けられる重桜(日本)艦の前衛では珍しく、獣のような特徴ではなく五航戦に近い鳥ベースになっている。
着せ替え衣装も長らくなかったのだが、後述の能代実装と前後して立て続けに2着が追加。艦豚はそれにムガったのか、「アズ阿賀野は艦これ矢矧のパクリ」などと言いがかりをつけ始めた。黒髪ポニテは全部矢矧かよ

能代

  • 画:コニシ
  • 声:山田悠希
  • 他:B、A
多くの提督にとってのトラウマ、13秋イベントのE2突破報酬として初出。
E2程度までは「艦これ」を始めて1か月程度の提督でも突破できるため、13秋で入手した提督も多いが、いかんせん地味で、「ただ古参なだけ」という扱いである。
水本正のリプレイ漫画『艦々日和』でも割と序盤の方に加わったにもかかわらず改めて登場したのが後半近かったことから、その地味さが伺える。ついでに、僚艦のからみが少な目で、現状ほとんど阿賀野の介護役扱い。これでも神通の後を継いで厳しいレイテまで第二水雷戦隊を率いていた立派な艦である。
それでも新規イラストやボイスの追加に関してはそれなりに用意されており、アーケードでは片足立ちしながら足カタパルトから偵察機を発進させたり、かなりカッコよく決まっている雷撃モーションがあるなど、阿賀野型の中ではまだ恵まれている方。
ローソンコラボの私服から、阿賀野型で一番スタイルがいいのではと度々議論される。
ついでに阿賀野のセクハラ被害者で、提督のセクハラも最初阿賀野と勘違いするという便利さから、提督の性のはけ口にされる展開でよく同人誌が作られる。

アビス・ホライズンでは矢矧、酒匂と共に初期から低レア艦として実装されており、特定の条件で雷撃を行うとエネルギーが回復できる第二水雷戦隊旗艦らしい活躍が見込める。阿賀野を崇拝しており、花京院のような前髪やこの手のキャラに珍しいズボン姿など、どことなく宝塚歌劇団の男形を思わせるデザイン。
アズレンでは2019年末カレー機関開店前日にネームシップの阿賀野から2年近くのブランクを経て登場し、艦王が死ぬほど恐れる矢矧登場へのカウントダウン開始を告げた。

矢矧

  • 画:コニシ
  • 声:山田悠希
  • 他:A
巨乳でポニテ、凛としたかっこよさ、その上セクハラされても割とノリがいいおねーさんという(´田ω中`)の持てる限りの欲望を形にした存在。
嫁自慢と言えるほどに様々な贔屓をしており、一軽巡でありながら矢矧改時点で大和型の改と同等の「桜ホロ」になる、イベント期間延長と同時に実装(いわゆる矢矧騒動)、さらには元乗組員にまで見せに行ってお褒めの言葉をもらいに行くなど、地味な扱いをされやすい阿賀野型の中でも一人桁外れに目立っている。
そんな優遇され続けていた一方で、あまりにもあまりにもな扱いに「枕営業して得た地位」だの「枕艦」だの「枕ホロ」だのと散々な言われようもしており、当時出ていた二次ネタ・同人誌の中にも、そういった反発の声から生まれた負の感情が入り乱れた内容のものがそこそこ見られた。
性能も当初は改二未実装軽巡にしては高火力(当時ネームシップにかけられていたのと同様の補正がかけられていた。その一方で、何故か阿賀野にはその補正がかかっていなかった。)など優秀だったが、早々に性能面でより優秀なコモンキャラが登場したり、阿武隈改二の一件以降、何かしら芸を持たないとイベントで採用されにくい現在の環境では厳しい立ち位置に立たされている。
それでも何とか巻き返したい(´田ω中`)だが、改二はなかなか実装せず、阿賀野型全員を瑞雲装備可、火力上昇といった地味ながらも露骨な強化を施したり、18冬イベでの通常グラに鉢巻追加、佐世保イベントでパンフに新グラ採用、18秋刀魚でもカクテルのメニューに採用。JAZZにおける看板娘などの延命措置で食い繋ごうとしていた。
なお、当初は彼女の見せ場で改二を実装するのだろうと思われていたのだが、坊ノ岬がクッソ雑に終了した事に加えて、リアイベにて「近日追加予定」だとアナウンスされてからも一切動きがなく、また矢矧を主役級に据えるだろうとされているアニメ2期も順調に延長してしまっている(というか本当に作ってんの?)ため、もうどのタイミングで出すつもりなのか全く読めなくなってしまった。
イベントでの出し方が唐突でかつ不自然で、まるでタニベのゴリ推しみたいな挿入方法ばかりな為出れば出るほど「枕」感が酷くなる一方であった。
声優の山田悠希がイベントに登場する場合は決まってポニテで登場させるなど、完全に「矢矧の人」として登場させ、毎回イベント後に矢矧のポーズを撮らせている。
なお、過去にはコスプレをしていた際に「矢矧だけど阿賀野っぽい」といったような皮肉なのか言わされたのかよく分からない発言をしている。

艦これでの好待遇が目立つ一方、戦艦少女Rやアズレンでは大和を出してない関係であまり重要視されていないのか、後者は阿賀野型を2番艦まで出しながらも矢矧自体は未登場となっている。
そんな中、アビス・ホライズンは矢矧をサービス開始から早々と登場させるという宣戦布告を行った。
アビホラ矢矧は性格は大人しめなボクっ子という少し地味なキャラ付けではあるが、「戦闘に参加しているだけでエネルギーの回復速度が上がる」というスキルを持ち、連続攻撃で一方的に攻撃できるシステムの関係でどの編成でも絶対に腐らない仕様になっている。攻略サイトの中にはどの艦のおすすめ編成にも名を連ねている事もある便利キャラで、大量にエネルギーを消耗する同作の大和との相性は抜群と、艦これ以上に史実編成が効果的になっている。しかも低レアで手に入れやすく、上級者がシナジーや連撃編成をする際には外れる事が多いものの「初心者が困ったらまず矢矧入れとけ」と言われるほどにゲーム面でしっかり厚遇しており、ゲーム内外での扱いに差がある艦これに対する皮肉とも取れる仕様であった。
嫁をコケにされてしまった(´田ω中`)のムガ度は個別艦の中では相当高いものと思われる。
言いがかりで裁判所に駆け込むレベルだもんね。

余談だが(´田ω中`)が個人垢で発言した「矢矧と温泉に行く」は2013年8月の発言であり、リンク先の通り当時はまだ未実装だった。しかし前述のように(´田ω中`)の欲望の擬人化とも言える設定から、少なくとも(´田ω中`)の頭の中には、既にキャラクター像が出来上がっていたと考えられる。

酒匂

  • 画:コニシ
  • 声:山田悠希
  • 他:A
海軍壊滅状態の戦争末期にようやく就役した軽巡洋艦。
嫁の造形に力を入れすぎた(´田ω中`)は力尽きたのか、鬼畜難度の14春イベ突破報酬の割には改造しても装備無し、「ぴゃん」という謎の鳴き声、姉三人に比べ貧乳、あっても微妙なレベルの幸運値と誰得感満載のキャラクターになってしまった。姉妹で唯一大型建造で入手できず、追加グラも少ない。18年末には唐突にクリスマス衣装が実装されるが、日本最強説を唱える艦豚たちは主砲の砲身が外される=敗北者という現実をたたきつけられ、暴れだした。クリスマス停戦の話を知らんのか。

不幸なことに彼女は自称愛国派の艦豚たちが嫌う要素(韓国、核、敗戦等)と関わりがあり、入手できなかった腹いせに、「阿賀野型を紹介するとき酒匂だけ『ぴゃあ』の一言で片づける」「阿賀野型は三人」など彼女の存在そのものを忌避するような態度をとる。はっきり言って悪質なイジメである。外には核について口うるさく言っておきながら内側の核関連は見て見ぬフリかよ。
数少ない見せ場であった16秋イベでもそもそも持ってない提督の多さからスルーされたり、プリンツ・オイゲンの方が装備が美味しい為出てきても落胆される、レベル1で放置されていた酒匂が高難度の最終ステージに無理矢理組み込まれるなどイジメはエスカレート。しかも報酬のサラトガには他のクロスロード作戦関連艦(長門、プリンツ・オイゲン)のように呼び掛けられることもないなど、公式も加担した。

アビホラではこの待遇とは対照的に課金による追加グラも早い段階で実装、果ては初期のバグで本来1回限定のエネルギー回復スキルが、上手く使えば何度も発動できるぶっ壊れ性能になっていた(現在は修正済み)。デザインも同作の他阿賀野型と同じ巨乳で、谷間を見せたりムチムチな学生服など場合によっては姉妹で一番あるようにも見える。
もしかしたらアビホラ側はけんちょんを本格的におちょくってるんじゃなかろうか。


香取型

練習巡洋艦。演習での取得経験値を増やす固有スキル持ち。
排水量準拠で考えるなら軽巡洋艦級であるのだが、艦これ内部的にはそれら他の巡洋艦とは別艦種扱いになっており(しかも素で低速である為)、ルート分岐や遠征枠に組み込む際に不利にしかならない。
また、「練習巡洋艦が旗艦かつ駆逐艦2隻以上が編成されている」事が成功条件になる遠征もあるのだが、経験値効率は24時間を費やす割には低く、イベント後にイベントで仲間になったばかりの艦娘に最低限の経験値を積ませるくらいの役割しか持てない。
最近ではこの「弱キャラゆえにイベントに駆り出される役目」を、より基本性能が低く、対潜で有利という建前の嫌がらせが可能な海防艦に持っていかれている。まぁ理由はどうあれ、出番がない・目立たないキャラが発生する原因は全て開発さんサイド、ひいては(´田ω中`)のせいなんだが。

香取

  • 画:パセリ
  • 声:茅野愛衣
  • 他:R
メガネ。一応通常の建造で出るようになっている。
戦力としては弱いので(それでも対潜装備をガン積みすれば、1-5あたりで戦えなくもない)、専ら「練習」巡洋艦という名称とそのキャラデザから、女教師ネタと脚フェチ系のエロネタが流行った気がする程度に留まった。そのため後述の鹿島同様、本来のキャラクターと全く異なる二次創作のイメージが根付いてしまっている。
それでも初出の15冬では、E5のルート固定艦(他の艦でもOK)としてレベルが低いのに艦隊に組み込まれる事もしばしばあった。
ドロップ場所がクソみたいなところにしかない一方で、通常建造最低値でも出るため楽に手に入れたいなら建造一択。そんな設定にもかかわらず、何故か大型艦建造にも仕込まれている。
艦豚くん達は度々よそのガチャに対し、後からガンガンレアキャラを詰め込みまくるせいで目当てのキャラの出現率が絶望的な状況になっている様を「闇鍋」と煽っているのだが、大型に後から追加される物が単なるゴミというよりタチの悪い闇鍋を作っている艦これさんサイドが口を挟める話ではない。

他ゲーでは戦艦少女に実装されている。レア艦のため入手しづらいが、改造後には潜水艦の強化や駆逐艦の経験値UPなど、潜水戦隊の旗艦を務めた練習巡洋艦らしいスキルを習得する。キャラとしても改造前は運動部のマネージャー風→改造後は女体育教師風と、これまた練習巡洋艦らしいキャラ付けになっている。なお改造後の姿はジャージ前開き&スポブラ丸見えである。前屈みになって走れなくなる男子生徒続出待ったなし

鹿島

  • 画:パセリ
  • 声:茅野愛衣
  • 他:無し
15年秋イベ実装直後、そのつり目の顔に反して優しい性格、優れたキャラデザ、中破で分かる着痩せする体型、そしてそこから沸き上がった艦豚の溢れんばかりの性欲によって大量の同人ゴロを生み出した練習巡洋艦。イレイチンコン?
別名「ローソンの女王」「有明の女王」、フィギュア登場以降は「淫魔像」「ザーメンデーモン(ザーモン)」などと呼ばれている。イレイレチンコ
何故か二次創作で描かれる時は「優しい性格」といった原作設定はガン無視して、「主従の主側な雰囲気」といった見た目寄りの設定で描かれる事が多い。艦豚くんさぁ…
運営もこの人気は当然把握しており、クリスマス、ローソンコラボ、バレンタインなどそこから続いた行事ではほぼ必ず限定グラを出すなど異例の措置をとった。特にその極みとも言えるのがローソンコラボで、鹿島タペストリーを手に入れるために艦豚、または転売厨は普段買いもしない栄養ドリンクを買い込み、品切れにさせる(本来栄養ドリンクはそう簡単に在庫が切れるものではない)など各地を荒らしまわった。以降一年は鹿島の年と言ってもよく、冬のコミケで急遽鹿島本が大量に出回りったのを皮切りにしばらく同人誌即売会では鹿島のR18本が並び、上記の「有明の女王」の異名を与えられる。イレイレチンコ
後に過激な同人誌の一例としてセウトギリギリの恰好で地上波登場を果たす。イレイレチンコ
翌16年冬には鹿島の地名の由来となる鹿島神宮がある茨城県鹿嶋市のサッカーチーム、鹿島アントラーズが世界ランキング1位の強豪レアル・マドリードと激闘を繰り広げた時には世界中が[kashima]を検索してこのチームと全く無関係な女の子の画像にたどり着いてしまったなど、艦豚の性癖を世界中に拡散させてしまった。
その後も17年の三越コラボでは中破時の姿が露出狂みたいだと次々と艦豚の性癖を開拓していった。
…のだが、担当声優の茅野愛衣がアズールレーンで愛宕やグラーフ・ツェッペリンなど非常に人気の高い艦に声を当て始めると(´田ω中`)の態度が一変。これまでの更新が嘘のようにグラフィックもボイスも追加される数が減ってしまった。
こんなだからお前こそが艦これ最大のアンチとか言われんだよけんちょん
鹿島の冷遇はこれまで同人誌即売会に参加していた艦これサークルの失速を招き、アズレンやFateへ鞍替えするサークルが続出した。まあ、そうなるな

ただし、全盛期からの没落が顕著となった2019年現在でもジャンル内ではトップクラスの人気があるため、督さんの心の支えになっていると共に、他のゲーム(艦船擬人化に限らない)の「妖艶な雰囲気のあるキャラ」を鹿島だと騒ぎ立てる、そのキャラにも鹿島にも(ブラゲの鹿島は別に妖艶なキャラではないので)大変失礼な行為を繰り返している。
これが極まってくるとスタイルの良い女性キャラや銀髪の女性キャラを見るだけで「鹿島(のパクリ)」と抜かすようになる。病院が来い
なおキャラ性能としては香取と一緒なので戦闘では活躍させられず、本作は秘書艦システムが(けんちょんの脳内以外では)ないため、ブラゲ内ではそれっぽい扱い方も難しい。

良くも悪くも一時代を築いた艦これの鹿島を上回るインパクトのキャラを繰り出すのは容易ならざる(ヘタに手を出すと叩かれかねない)ハードルの高さ故か、他艦船擬人化ゲーには一切登場していない。
戦艦少女Rでは、艦これの鹿島と非常によく似た容姿のアメリカ重巡洋艦サンフランシスコが実装されている。ただし、性格は生真面目でクール、ソノミラでは更に超天然で事務はできるが友達0人という設定も追加されるなど鹿島とは全くの別物で、艦豚のパクリ云々の声もほとんどかき消されている。そもそもサンフランシスコの絵師であるハオ氏は鹿島の大ファンであり、中国版Twitter「微博」では艦これ鹿島がサンフランシスコを発見してしまう4コマ漫画まで描いている。言ってしまえば日本でも多用されている「オマージュ」であり、艦豚がこれを批判すること自体おかしな話である。

2019年10月には、朝霜改二の追加で約3年ぶりとなる茅野CVの新録が行われた。そのため、上手く行けば艦王の【憎きあぢゅれん】に対するムガールで割を食って冷遇され続けていた鹿島にも再起のチャンスが巡って来る……かも知れない。


艦これには登場していないが話題になる艦船

商船を改造した特設巡洋艦についてもここで取り上げる。
2018年11月現在、香取型3番艦の香椎は艦これのみならず他艦船擬人化ゲーでも一切登場していない。ただし、艦これでは対馬の台詞で名前を挙げられている。
また、同型には未成の4番艦・橿原も存在しており、こちらも(´田ω中`)がモタモタしている間に他艦船擬人化ゲーから出し抜かれる可能性が大いにある。

阿多田

  • 他:R、B、A
他艦船擬人化ゲーではいずれも中華民国海軍軽巡洋艦(同型艦なし)「逸仙」として登場。アビホラでは寧海級と同じく、中国出身で日本に留学してバイリンガル声優となった劉セイラがCVに起用されている。

日本の鹵獲後に「阿多田」へ改名され、雑役船を経て練習艦となったが戦後に中華民国へ返還され某ガングートとは違って本当に「逸仙」へ復名し、海軍旗艦となった。
和名の「阿多田」は広島県大竹市の阿多田島に由来し、海防艦に準じた扱いで命名されている。ただし、島の読みは「あた」なのに対して艦名の読みは「あた」とされている(海上自衛隊の草創期に就役していた掃海艇「あただ」も同様)。
返還後に第二次国共内戦で人民解放軍の追撃を振り切って台湾へ脱出したと言う経緯を持つためか、アビホラでは常に自信が無くオドオドしたキャラクターとして描かれている。

仁淀

  • 他:M
大淀型の未成艦。蒼青のミラージュに登場しているが、よりにもよって18秋イベで恩赦を出した直後の鬼頭明里がキャスティングされたため(´田ω中`)を激しく錯乱させた。

愛国丸

報国丸型特設巡洋艦2番艦。大阪商船の同名貨客船から徴傭を経て改造されインド洋で通商破壊に従事した特設巡洋艦の1隻で、同型艦にネームシップの報国丸と3番艦の護国丸がある。
艦これのみならず他艦船擬人化ゲーでも登場したことは無いが、陸海空複合型では艦これ以前に『ブラウザMC☆あくしず』で擬人化されたことがあり、その時は瀬戸麻沙美がキャスティングされていた。

特設巡洋艦への改装に当たりあの三笠から艦砲を譲り受けているため「三笠」と聞くだけでムガる艦王にとっては鬼門と言える。