他艦船擬人化ゲーとの登場艦比較 > 駆逐艦(初春・白露・朝潮型)

艦これに登場する艦娘のうち、日本の駆逐艦(初春・白露・朝潮型)の問題点

  • 声の欄に「」がある声優は、裏切者認定を受けていることを表す。

概説

他艦船擬人化ゲーとの最大の激戦区。特にアズレンはこの3タイプに目立つ艦これの穴を狙って積極的に追加している。

初春型

担当絵師は彩樹氏と、やどかり氏。
2019年5月現在、他艦船擬人化ゲーではアズレンにしか登場していない。
そのアズレンでは2番艦の子日のみ登場していないが、5番艦の有明と6番艦の夕暮では擬人化一番乗りを果たして艦これを出し抜いた。

初春

  • 画:彩樹
  • 声:小林元子
  • 他:B
初春型ネームシップ。目が凄い浮いてる。
彩樹氏担当のキャラの特徴でもあるSFチックな艤装と、いわゆる「のじゃノリ」属性で人気となる。
改二こそ実装済みなものの、担当の彩樹氏が艦これと絶縁してしまったため、今後放置が免れない状態である。

アズレンでは2018年4月のログインスタンプとして先行実装され、2019年1月に着せ替え衣装を提げて常設入りを果たした。
イラストは戦少Rで主に吹雪型を担当しているALLENES氏である。
艦これの初春とは異なる恥ずかしがり屋な性格のため、一方的に上書きされる事態にはなっていない。
しかし上記の通り今後艦これの初春の新規絵の追加が絶望的なため、アズレンの初春の今後の展開次第では押し切られる恐れがあったが、ついにアズレンの初春に改造が実装。これにより艦これの初春は完全に空気となってしまった。

子日

  • 画:彩樹
  • 声:小林元子
  • 他:無し
初春型、そして彩樹氏が担当したキャラという双方の括りで唯一改二が存在しない。
腕の艤装の見た目から、コブラと絡めた二次ネタがそこそこ流行った。
彩樹氏の絶縁によりこのまま放置されることがほぼ免れないことや、アズレンが積極的に初春型を登板させていることから
いずれこの子日も登場する可能性があり、その場合は初春同様押し切られる恐れがある。

若葉

  • 画:やどかり
  • 声:小林元子
  • 他:B
「艦これ」では2013年からいるが、その他大勢の艦娘扱いであり、2019年7月時点でゲーム内外で期間限定絵や書下ろし新規イラストが一切無い。
初期から実装されている艦娘は邂逅時の台詞が短いキャラが多いのだが、若葉はその台詞が特に短かったりする。
若葉「駆逐艦、若葉だ」それだけかい

アズレン日本版では2018年5月にログインスタンプで登場、他の初春型は全員動物要素が猫であるのに対して何故かこの若葉だけはリスになっている。
通常立ち絵からは想像も付かないが、SDキャラの一心不乱にドングリをかじる表情が睦月や水無月の変顔と並んでインパクト大。

初霜

  • 画:やどかり
  • 声:小林元子
  • 他:B
艦これ初期ではモブ艦娘の1人に過ぎない存在だった。声が酷いとかアレだとかババァなどと言われていた事もある。
2015年に改二が実装されたが、運が53と非常に爆上げされ、これまでの空気ぶりから一転して手のひら返しが行われ、イベントの必須戦力に格上げされた。
ただしその見た目は【】がやりたいハチマキポニテ片足ニーソの坊の岬フォームのせいで
ただでさえスーツ系黒髪ロリキャラという属性にかぶせたため属性の超合体事故とも言われ弄られていた。属性反発作用が起きそうだ
また、オメガ君のせいで風評被害を受けてしまう。

アズレン日本版では2018年8月のログインスタンプで登場。ところが、タッチ2(いわゆるパイタッチ時)の台詞(この当時「CV未定」扱いで音声は無かったが、後に岩佐夏芽がキャスティングされた)「おてて、切ってやろうか?」が小説(著者はノンフィクションとは言っていない)『戦艦大和ノ最期』で1952年の発表当時から論争となっている残虐な描写を茶化しているのではないかと問題になり、即時修正された。
余談だが、アズレンでは他にも蒼龍にも(タッチ2台詞に)「ちょっと!…手を切り落としますよ?」というセリフが存在しているがこちらには言及なし。
同様に、艦これでも龍田のセリフに「おさわりは禁止されています~。その手、落ちても知らないですよ?」といったものがサービス開始初期から存在している
ぶっちゃけ、上記3台詞全て「お触りした悪いおててをちょん切ろう」という点では全く変わりないのだが…?言わせたのが初霜だからアウト理論かな?
ちなみに、この中では艦これ龍田だけ仕様上タッチ箇所不問でこの台詞が飛んでくる可能性がある。ある意味一番タチが悪い

白露型

いわゆる「改白露型」「海風型」と呼ばれる艦船についても白露型として記述する。
暁型(特III)、島風型(1隻のみ)に続き、かつ5隻以上の同型艦がある駆逐艦では初めて全艦をコンプリートした艦型だが、その大半を担当した「アーイチソ」こと玖条イチソによる出来の悪い判子絵ぶりから、愚痴スレではアズレンに登場する雑魚敵の名前をそのまま転用た「量産型シラツユ級」という蔑称で呼ばれる事がある。なお一部の艦は二次創作で(別の意味で)高い人気がある。
白露から夕立まではCVが事務員ことタニベユミであり、やたらと(´田ω中`)に駆り出されることが多い。
どうでもいい事ではあるが白露型には(´田ω中`)の大好きなポニーテールの子はいない。なんでイチソに書かせなかったんだ(´田ω中`)よ?
他戦艦擬人化ゲーの同名キャラとは属性がほとんど競合しないが、アーイチソ絵という事もあり競合すると艦これ側が致命傷を負うこともしばしば。

白露

  • 画:玖条イチソ
  • 声:タニベユミ
  • 他:R、B
白露型ネームシップ。改二あり。白露型でのイジられ&ハブられ役。
この白露から夕立までは「イチソ絵+タニベ声」の組み合わせなので「量産型四天王」として扱われることもある。
またノーマルと改/改二は実質別人なのも特徴的。
改の立ち絵が某バンド漫画の誰かに似ている気がするが、多分気のせいだろう。セッカーイ タービン タービン
ネームシップでありながら、運営のDISネタっぷりから一部クラスタ()が荒れ、改二が追加されたのは(改が付いてない)白露型としては一番最後だった。イチソ白露型の一番最後に改二化させれば良いネタになれただろうに
しかし、案の定顔の変形なども相まって「お前誰だ?」というレベルで別人化する(改は一応差し替えされているのだが……)。
余談だがTBS系列の音楽ランキング番組「カウントダウンTV」にて艦これのOSTがランクインした際、
この白露と時雨のイチソ絵が画面上にデカデカと載るという、人によっては精神的ブラクラな絵面が繰り広げられた。

他作品では戦少Rとアズレンに登場するが、時雨や夕立が色々と(艦これに関してはほぼ悪い意味でだが)目立つため、それほど激しくは競合していない。
また、実は艦これも含めて3タイトルの白露は全員茶髪という奇妙な共通点がある。

戦少Rの白露は外見こそ白服であるものの性格はストレートな元気系で、艦これの白露と近い。ただしイラストのクオリティは圧倒的に艦これの方が負けている

アズレンでは実艦に特に該当するエピソードはないが頻繁に道に迷ったり伝えようとしたことを瞬時に忘れたりと、非常に物忘れが激しい。少なくとも指揮官の顔を忘れることがない分、ログインする度に「始めまして」と放つ艦娘よりは遥かにマシだが
ネームシップでありながら時雨や夕立と比較してレアリティが低いものの、メイド服の着せ替えが実装されている。
このメイド服の着せ替えだが、実装された際に何故か艦これ春雨に5周年記念イラストとしてメイド服衣装が投稿され競合が発生しメイド対決が勃発。というのも、同時期に開催していたアズレン重桜カフェに白露と夕暮のメイド服のパネルが設置されたことに艦王がムガッてた説が濃厚
しかし、トレパクの側面が強いイチソ絵が災いし、またこちらはSaru氏が担当ということもあり愚痴スレでは「もはや勝負にすらならない」と徹底的にこき下ろされた。

時雨

  • 画:玖条イチソ
  • 声:タニベユミ
  • 他:R、B、A、D
2番艦、改二あり。
実艦はレイテ沖海戦で唯一戦没を免れた幸運艦として有名で「佐世保の時雨」という二つ名を持つ(既出の3タイトル全てで、この二つ名がそのままスキル名になっている)。
艦これでは白露とは反対のダウナー系で一人称は「僕」。他の初期実装白露型にも言えるがイチソ曰くノーマルを描いた時期が相当前だったらしくノーマルと改二では別人。ノーマルは艤装の位置関係で「ガンキャノン」と呼ばれる
よく言っても達観、悪く言えば退廃的なセリフが多い上に、そのような性格になった理由が史実由来というあからさまなものである。そのためそのいまいち掴みにくい性格がプレイヤーやリョナラから変に解釈されてしまった結果、二次創作ではヤンデレ化され、やべぇ本やSSばかりである。そのため二次界隈では【異常性癖の擬人化】とも呼ばれている。こいつ本当に幸運艦かよ・・・
リョナラでなくても艦豚の間では人気が高く、普通の二次創作などでは夕立とセットでの駆逐艦枠としての出番が無駄に数多い。
このためか、艦豚内で時雨好きを公言するようなヤツらは、榛名好きと同レベルでヤバいのが多い。関わらない方が無難である
そういう意味でも「描きやすい」からなのか、pixivに投稿されたイラストの数はあの吹雪を含む初期艦5人よりも多い。

(´田ω中`)的には当初は早々に改二を追加して以降これといった注視はしていなかった事が伺えるが、イチソお気に入りの艦娘らしく書き下ろしが豊富に存在する事、CVが使いやすいタニベであること、そして前述の二次創作のリョナ・ヤンデレが「刺さった」からなのかゲームや外部イベントなどでプッシュされる事が多くなった。それはもう辟易するレベルで。そしてファミ通の6周年記念インタビューにおいて、ZZ主人公だから推して行くと言うことなのか改三を近日中に追加することが示唆されている。が、肝心のZZの進捗がアレなせいで6周年の間に実装されるかは未知数
※スリガオ海峡突入mode(※差分)を含めると6種類。イチソ艦ではぶっちぎりの量である。
ちなみにZ級アニメでは登場しない。このことからも(´田ω中`)的には当初はそこまで目を向けていなかったものと思われる。

なお追加される台詞は前述の通り退廃的な言い回しばかりなため、プレイヤーからすれば決していい気分ではない。そして上記のようなやばい二次創作を更に加速させる一因となっている。
ご多分に漏れずイチソ絵であることから他作品の時雨と比較すると明らかに影が薄い(運の初期値が高いだけ(改二で50)だしな)が、前述の理由からヤバい二次創作は現在でも多い。ある意味艦これ最後の希望の1つと言えなくもない。

他作品では戦少Rとアズレン、そしてZZの発表後には守護プロとアビホラに登場しており、夕立と並んで競合が激しくなっている。ZZ記念の時雨ジェットストリームアタックですね、わかります
白露同様に5タイトルとも黒髪というこれまた奇妙な共通点があるが、それ以外に関しては作品によって個性を強く打ち出している。
艦これの時雨は二次創作やリアイベでは(別の意味で)強烈だが、ゲーム内では(相対的に)使いやすいという点ぐらいしかない。

戦少Rの時雨は糸目で白服フードを被っており、左腰に接近戦用の短刀(白露、村雨も共通)、右手に山城から貰った扇子を所持している(この扇子で砲弾等を防いだりする)。
長らく日本版には未登場だったが、2018年8月9日に実装が発表された(なお、この2日前には後述するアズレンの江風が(´田ω中`)の極大ムガ要素と化したため、戦少Rの時雨が更に追い討ちをかける形になった)。
実艦の来歴から所々に艦これ時雨を彷彿とさせるような暗いセリフがあるが、戦闘中などは一転して幸運艦らしいセリフが目立ち始める。

アズレンでは初期から登場。
艦これの時雨と同じ黒服だが、こちらの方が露出が多く、目の色は赤色である。また性格もダウナー系の艦これとは真逆の、幸運艦という要素を意識した高飛車系である。
担当絵師はSaru氏であり、以後も何故かイチソ担当艦のアズレンにおける担当が同氏になる事が多く、艦これ側のイチソ氏はアズレン側のSaru氏に事ある毎にフルボッコにされるのである。
着せ替えも複数あるが、最初期のものには俗に言う「艦これ」を強く意識したネタがあり、当時のアズレンサイドの艦これに対する印象がどうだったのか伺える。今となっては絶対にやらないネタだろう
ユニットとしての性能はスキルも含めSR駆逐艦のジャベリン(未改造時)に近いものであり、長らく改造が無かった事もあって影が薄かったが、日本版2周年に合わせて改造が追加された。
改造では同タイミングで常設化した「呉の雪風」こと雪風とのコンビネーションを重視したスキルが新たに加わる。
また、時雨・夕立・雪風のわんこトリオは揃ってアニメ出演も果たし、台詞もあるなどこの3人をセットで見ているようである。
ちなみに担当声優の桑原由気は佐世保の出身。戦闘中のボイスにも「佐世保の時雨」と名乗るものがある、粋なキャスティングと言える。
それ故にアレについては確実に快く思っていない事だろう。

3番手でZZ発表直後の登場となった守護プロは白服姿で登場。艦船擬人化ゲーでは初のゲーム内最高レアリティ(★5)での登場だが、現状ではアリーナ(対人戦)で獲得可能なコインと交換しか入手方法が無いためお迎えには相当なやり込みが求められる。
髪型がこれまでの作品の時雨とは異なり長いツインテールになっている。また、公式立ち絵ではウサギの耳のようなものがついた謎の白い浮遊体(生物なのか、機械なのかは現状不明)を従えている。
この守護プロ時雨の登場がアズレン時雨に強い影響を与えたことから、ある意味では一連の艦これ時雨を大事故に巻き込んだ張本人とも言える。

そしてZZがKADOKAWAの中間決算資料に記述されてようやく本格始動かと見られたタイミングで4番手として登場したアビホラの時雨は、同作としては初の白露型となった。
黒髪でツインテールと言う特徴が守護プロと共通しているが、猫耳(潮と異なり明らかにアクセサリーとわかる)に巫女装束と属性盛り盛りにしていつも通り艦王と事務員をおちょくっている。

村雨

  • 画:玖条イチソ
  • 声:タニベユミ
  • 他:R
改二あり。ただタニベ担当の白露型ではネタ要素が少なく(いわゆる真面目ちゃん)、どうにも影が薄い。
(時雨&夕立は馬鹿の一つ覚えかゴロ御用達みたいなコンビ採用が多い。白露はイジられ+ハブられポジションのネタキャラ)
強いて言うなら、お色気エロ担当?まぁエロ方面も時雨とかに数で負けてるわけだが……白露型じゃ胸は大きい方だが胸だけじゃダメって事かね

しかし改二の姿は他の白露型の改二の要素をゴチャ混ぜにしたような見た目であることから「四水戦キメラ」という蔑称を叩きつけられる。
またイチソはツイッターにこの村雨のインナーのラフ画を投稿したのだが、
そのラフ画もいわゆる「イチ角」であったため「ラフさえイチ角でないと描けないのか」とバカにされる羽目に。アーイチソとイチ角は離れられない運命
そしてこのラフ画に関しても、ほぼ同時期にSaru氏がアズレンのヴァンパイアのラフ画を投稿したことで通算3回目のフルボッコを食らってしまった。

他作品には戦少Rにのみ登場、夕立とは双子の姉、背伸びしたいお年頃で服を着崩している。
量産型四天王の中では唯一アズレンと競合しないため、最も被害が少ないと言える。逆に言えば、いざ実装された時の破壊力は計り知れない可能性がある

夕立

  • 画:玖条イチソ
  • 声:タニベユミ
  • 他:R、L、B
改二あり。例によってノーマルとは別人だが彼女の場合はあまりに変貌しすぎて界隈が騒然としたというエピソードもある。
Z級クソアニメでは主要キャラの1人であり、主人公の吹雪に先んじて、ブラゲ版のキャラデザ準拠の「改二」を披露した。
ちなみに、このアニメに合わせて吹雪改二がブラゲに実装された為、アニメ版にもこのデザインで登場するのかと思われたのだが、何故か吹雪改二(?)はアニメオリジナルデザインで登場した。
但しアニメ中では「吹雪改二」という扱いだったのかは定かではなく、ファンの間では「半改」「半改二」等と言った呼ばれ方をしていた

中の人がE22(他C2機関作品参照)で気に入って多用した「ぽい」という口癖が特徴だが、(´田ω中`)が加減をミスしたせいで実にセリフの約9割に「ぽい」が入っている
実は初期のセリフにはそこまで「ぽい」はなかったのだが、後々のZ級クソアニメや限定セリフなどの後から追加されたものが悉く「ぽい」だらけな為に最早そういう印象しかなくなっている状態である。やっぱり今セリフを考えている奴は(´田ω中`)本人だろ。マジPerson of Idiot
そして艦豚がその「ぽい」をWoWsのチャットで乱発した結果、外人ユーザーが'Fuck You Shipfuckers'と激怒してしまった(用語集/さ行の「Shipfucker」も参照)。
改二のデザインと口癖から「ぽいぬ」という通称が付けられているが、案の定他作品の夕立の登場によってそのアイデンティティを根こそぎ奪われてしまう。
というか、普段あれだけアズレンに対して「日本艦を動物扱いするな」とうるさく言うくせに艦これの夕立は犬扱いするのか
2019年10月のアップデートではハロウィン仕様で獣人のかぶり物をした格好で登場し「日本艦のケモ化」に激しく反発する艦豚の後頭部をフルスイングでぶん殴って行った。
ちなみに史上最高に盛り上がってない秋イベでも一部ボイスで「がるるぅ」とうるさいままで、この世の終わりみたいな畜生化が展開されている。恒常的な変更なのかどうかは定かではない。相変わらずけんちょんは艦豚をフレンドリーファイアするのが大好きらしい。

他作品では戦少R、最ラブ、アズレンに登場。
戦少Rでも「わんこキャラ」として登場し、ユーザーからは「ソロモンの柴犬」なる愛称で親しまれている。
「ハンモックで寝ることが好き」というセリフがあるが、これは実物の夕立がハンモックを帆代わりにして帆船の要領で航行しようとしたという経歴から来るネタであると思われる。
いわゆる条約型であるためか総合的な性能は控えめだが、その分出撃コストも低くなっている。

アズレンでは犬の耳と尻尾を持つ完全な犬キャラで登場、戦少Rの夕立が忠犬ならこちらは猛犬や狂犬といったところだろうか。
メインストーリー海域ボス戦限定ドロップSSR艦という非常に入手し辛いキャラではあるが、4面から続くソロモン海戦3部章の最終でもある6面の大トリのボスとして専用BGMまで引っ提げて登場し性能も優秀なため高い人気を誇る。
また着せ替えも複数用意され、その第一弾となった「晴れ着」スキンに関しては艦これ夕立の晴れ着modeと同時期に登場した事もあってか(´田ω中`)のムガりは頂点に達し、後に(´田ω中`)を代表する迷言の1つとなった晴れ着modeに課金は必要ありませんという語録を残してしまう事に。
その後日本版1周年記念としてケッコン専用衣装、2周年でパーティ衣装が追加されている。
また大陸までは艦王の魔の手が及ばないのかローソンとアズレンのコラボが実現しており、その関係で大陸限定でパーティ衣装が追加されている。

最ラブの夕立はショートカットにキャスケット帽をかぶった女子中学生のような外見で、どことなく90年代のギャルゲー風味を感じさせる。ケモ耳や尻尾は無いが、敢えて犬に例えるならば仔犬系だろうか。日本版と海外版(韓国版除く)でCVが異なっているためのギャップが特に大きく、日本版では風紀に厳しい委員長タイプなのに対して海外版では主人公に反抗的な態度が目立つのが特徴。また、中国大陸版のみリリース時の規制の関係で「霞」と言う変名が用いられたが、これは実在した朝潮型駆逐艦と名前が被っている。

守護プロでは現在のところ登場予告も無いが、上記の時雨の紹介の中で名前が挙げられている。また、ゲーム内にも現状プレイアブルには存在しない「紫髪+犬耳」という姿のキャラ絵があり、そのキャラも時雨が連れているものと同じ形状で色が異なる浮遊物体を連れているため、これが夕立ではないかと見られている。
台湾で先行リリース予定の『深海戦線』でもβテスト段階から登場が確認されているが、やはりと言うべきか他のタイトルを踏襲してケモ耳有りのワンコキャラである。そして、CVには“艦船擬人化の女王”こと上坂すみれが起用されている。モブキに成長の余地はありません

春雨

  • 画:玖条イチソ
  • 声:金元寿子
  • 他:無し
これより先はCV担当がタニベではない。
そして全員高レベルの裏切者に認定されているため、公式のテコ入れが無いわけではないが上記4隻に比べると非常に少ない。

春雨自身はアーイチソのイチ角絵という多大なマイナス部分を差っ引いてもピンク髪で金元氏のボイスもあって人気こそ高いが、
実装されてから現在まで金元氏の新規追加ボイスが一切無く(これは金元氏の担当キャラ他2人も同じ)、
一部任務で必須にも関わらず、通常海域でのドロップ箇所を6-3ボスや6-5ボスといった難所に設定されるなどの憂き目にあっている。
期間限定絵こそ、それなりにはあるのだが……キャラで一番重要な声を一番疎かにしてるからな、(´田ω中`)は。

5周年記念で「メイド春雨」が投稿されたのが最新のイラストである(この際も(´田ω中`)は「届きました」と言っているが、実際には(´田ω中`)本人が発注したことは既にお分かりだろう)。
しかしこのメイド春雨がアズレンの重桜カフェ向けに描き下ろされた白露と夕暮のメイド服姿と競合し(後にゲーム内でも着せ替えとして実装)、イチソはSaru氏から通算4回目のフルボッコを食らう羽目になってしまった。なお夕暮はsaru氏が担当したキャラではないため直接的な競合は起こっていない
そしてその後、白露と夕暮のメイドイラストは予定通り本ゲームに着せ替えとして実装され、ゲーム内外共にフルボッコにされてしまうというすさまじいおまけもついてきた。

他作品には登場しないが、戦少Rの夕立のセリフに春雨の名前がある(ちなみにその内容は「料理の春雨を駆逐艦の春雨と誤認する」というものである)。

五月雨

  • 画:雨宮千遥
  • 声:種田梨沙
  • 他:無し
絵師的に恵まれない艦娘の一人
初期艦として選択可能。
しかしイラストの担当を見ても分かる通り、描いたのは量産型のイチソでなく外部絵師の雨宮氏のため、早々にコストカットとして実質的なリストラを食らってしまう。
サービス開始時から現在まで新規絵が外部含めて一枚も無く、2015~17年に実装されていた夏限定ボイスが18年は削除されたりと扱いが非常に悪い。
改二実装や限定絵の追加などが強く望まれているが、今現在まで何の音沙汰も無いため、それらは絶望視されている。

愚痴スレでは、もし改二や着せ替えが実装されるとなった場合、イチソ絵のタニベ声という量産型に改悪されるかもという最悪のシナリオが想定されている。
そうなると上記の願いは叶わない方が五月雨や、古くからの五月雨提督にとっても幸せなのかもしれない……
ただ、この件に関しては(´艦ω豚`)の間でも意見がまっぷたつに割れていて、後述の涼風ともども「イチソでいいから改二出せよ派」と「雨宮じゃないと嫌なんだい派」で時折内ゲバ諍いになっている。

またアーケードではカード排出の演出時に曲り角で漣(レア演出)がでて無言だった場合、改カードの排出期待値が高いのだが、未改造N五月雨が排出される時に登場するパターンもあり、前者の改カードが来たら天国、後者の五月雨が来たら五月雨地獄と呼ばれヘイトを稼いでいる。一応初期艦をヘイト枠にするなと批判がでたため編制外のN艦も排出されるようになったが、現在でも未改造N五月雨が排出される可能性があるため以前と同じく五月雨地獄と呼ばれているのが現状である。

公式4コマコミックの吹雪、がんばります!は2019年7月時点で13巻まで出ているが、表紙と裏表紙に海防艦や神風型は描かれているのに五月雨と涼風とフミカネ艦は未だに描かれていない。

初期艦なのに上記の通り公式で不遇の一途を辿る事や、初期の時点から何も変わっていないが故にある意味完成度の高いそして田中濃度の低いデザイン・キャラクターである事からか二次創作界隈では創作活動が活発になっており、コミックマーケット95の時点で艦これキャラ単体申込数が上位3番手までに上がってきている
しかし、公式での扱いが不遇というのは二次創作者や信者が調子に乗りやすいということでもあり、やはりというか、五月雨教を自称するキチガイクラスターが形成されている。
そのキチガイ度は、とある人物が装備の構造を雨宮氏に確認し、公開したところ「原作者のお目溢しで成立している二次創作がデザイナーと接触するとは何事だ」「俺達の妄想想像の余地を奪うな」と袋叩きにされ、当該ツイートの削除に追い込まれる、どちらが分際を弁えていないのか分からないプチ騒動が起きるほどであった。

戦少Rでは夕立と誓約後に追加されるセリフに名前がでてくる。

海風

  • 画:玖条イチソ
  • 声:石上静香
  • 他:無し
ここからは「改白露型」や「海風型」とも呼ばれるグループに属する。
2015年の夏イベで実装される前までは改白露型は同型の涼風のイラストを雨宮氏が担当していたのもあって雨宮氏が担当するのではないかという期待をされていた時期がありました。
白露型の中ではレア度がやけに高く、通常海域では6-5ボスのみのドロップと入手は容易ではない。
当時は海風を必須とする任務が無かったので、その点では春雨よりマシではあったが近年で改二化した事によって海風改二を要する出撃任務が追加された。
無理にやる必要のない任務ではあるが、報酬はここまでやって「それだけ?(睦月顔)」というくらいショボい。

この海風の立ち絵はポーズがとあるエロゲーの立ち絵と完全に一致しており、イチソがこの絵をトレパクした可能性が極めて高い。
17夏に期間限定イラスト、水着modeが実装されたが別人化している。
それに紐づけて(´田ω中`)は「17夏イベで海風と邂逅可能です」とほざくも、実際のイベントではE2のとある行き止まりマスのみに設定。いつもの簡悔精神を発揮したのだった。

19春イベの限界突破した簡悔ぶりにprayerの怒号が渦巻く中、6月25日のアップデートで改二が追加されたが「またアーイチソに公共事業発注か」と呆れられている。

山風

  • 画:玖条イチソ
  • 声:橋本ちなみ
  • 他:無し
16秋イベにて先行実装。この山風の実装を持って白露型は同型艦をコンプリート可能となった。
同イベントでは報酬艦でもないのに、やたら人気が高く人知れず逝った史実から保護欲を発揮させられるキャラというのもあって山風に提督の事をパパと呼ばせる事が流行った(※ゲーム内では言いません。なお海外兄貴達からもこのネタは認識されていた模様)
それだけならまだしも、さらにハッテンして極度のヤンデレ化(通称:病ま風)させる二次創作が流行るようになってしまう。中の人が裏切り者認定されているからか公式でヤンデレミームに汚染されにくくなっているのが一つの救いか

16秋イベでドロップ艦として実装されたものの、再実装は半年ほど渋られた後、
17夏イベ(ボスドロップ)→17秋イベ(道中ドロップ)→18冬イベ(ボスドロップ)……とドロップ機会こそ多めになっている。
攻略や周回に時間のかかるマップが殆どで、近年は後半海域に設定される事が多い為、所持者はそこそこといった所か。
なお通常海域や建造には未実装だが、19年秋には期間限定で通常海域へのドロップが追加されたこともある。

イチソ自身が山風を気に入っているからか、山風への設定言及(と自分語り)がいくつかある。
また限定絵も再実装が渋られていた頃である17年1月に晴れ着mode、17年2月に桃の節句modeと短期間で2つも実装されている。
更に18秋イベの際、イベント実装が遅れたせいで季節感を完全に無視する結果となった「水着mode」が新たに追加されたが、
山風自体を所持していないプレイヤー達から「未所持者を挑発している」と揶揄される。この芸無では、よくある事だが。
(一応当該イベントでも入手可能だがE5の戦力ボス3のみ。まず戦力ボス2をどうにかして乗り越えないと掘る事も出来ない簡悔仕様)

しかも、この水着modeの中破絵が物議を醸すことになる。
まず一つ目が脚の長さが明らかにおかしいという点である。
これについては(´田ω中`)が即時怒りと哀しみのサイレント修正に走ったため収束した。
しかし、二つ目の問題が深刻であった。
発端は、この中破絵のポーズが「アズレンのジュノー(アトランタ級軽巡)のポーズと似ている」という指摘であった。
そのため、イチソがよりにもよって敵対認定しているアズレンの絵をトレパクした疑惑がかけられている。

ソノミラでは嵐のセリフに名前がでてくる内容は「山風宛ての郵便物を誤配されたので山風を探している」というもの。

江風

  • 画:玖条イチソ
  • 声:石上静香
  • 他:B
15夏イベで先行実装。川内と双璧を成す夜戦bot。
ゲーム中での空耳から「やろー」が中の人のフルアニ男児声のせいで「まろーん」聞こえ、そのあだ名で呼ばれていたのもすっかり過去の話。
改白露型の中では唯一改二が存在する上、改二実装まで異様に早かったが(江風実装から約8ヶ月後)、
これはさる艦これシンパの漫画原作者(2019年4月逝去)がこの江風を贔屓しており、それに(´田ω中`)が忖度したためではないかという疑惑がかけられていた。

他作品ではアズレンにのみ登場。
「改白露型」という括りでは一番乗りである。
自身を含めた重桜所属の駆逐艦の雷撃に巡洋艦への特効を付与するスキルと自身の雷撃を大幅に強化し、更に対象の装甲タイプを無視するスキルを持つ。
そして、以下の変遷をたどった結果このアズレン江風はあのZECO扶桑に次ぐ(´田ω中`)の極大ムガ要素と化していると思われる
+その経緯
その経緯
2018年5月に開催された「墨染まりし鋼の桜」(通称:長門イベ)のキャラクター紹介にて、メインの長門よりも後に大トリとして紹介され「キャストは全て出そろった」と踏んでいた多くのユーザーを驚愕させる。
しかもイラストを担当したのは、これまで白露型を担当したSaru氏ではなく日本人の凪白みと氏がであったことも話題を呼ぶ(恐らく江風の属する「改白露型」という点を意識したものと思われる)。
絶大なインパクトと恰好良さを強調したデザインで早々に艦これの江風を完全に食ってしまったため、この時点で(´田ω中`)のムガールはMAXに到達する。
しかし、登場時はまだCVがなく「そこだけが残念な点だ」とユーザーからは評価されていた。
2018年7月の「光と影のアイリス」(通称:アイリスイベ)開催時に長門イベに登場した文月と朝潮、大潮、そして榛名(と4月に登場した霧島)にCVが付く一方で金剛とこの江風にはCVは追加されなかったため、ユーザーからは「ひょっとしたら有名処を起用するかもしれない」と噂が立ち始める。
そしてこのアイリスイベが終了し、ヴァンパイアのミニイベ開催に際するアップデート情報が公開された8月7日に遂に事件は起きる。
アップデート内容のCV追加に記載されていた
「『江風』:CV 井口裕香」
の文字。
(´田ω中`)にとってはまさにこれ以上ない程の最悪の知らせであり(なお片割れの金剛のCVは斎藤千和が担当した)、しかも直前にはC94にYostarの企業出展が決定するなどアズレンそのものに対するムガールも高まっていたこと、一方で「かが勃起」で有名な海上自衛隊の護衛艦「かが」の進水日が近づいていたため、おなじみの「空母加賀」と同一視したデブポエムを考えていたであろうところを全力でブチ壊されるなど、まさにその日は(´田ω中`)にとって悲惨な一日となった。
案の定C94初日の8月9日は早朝からツイッターで大発狂modeに突入しており、このアズレン江風がどれほどのダメージを与えたのかは最早想像もつかない。
艦豚はアズレン江風を「VTuberの白上フブキをトレパクした」と叩いていたがそもそもその白上フブキのイラスト担当も同じ凪白みと氏なので、脊髄反射で叩いた結果盛大に自爆を晒す。
というかこれも、イチソが「トレパク野郎」呼ばわりされていることに悔しがってオウム返ししているようにしか見えないのだが。
また、着せ替え「間奏モノクローム」が実装と同時に追加されている。もちろん専用ボイスもしっかり収録されている。

2019年3月に中国成都で開催されたComiday23では凪白みと氏による江風のライブドローイングが開催されたが、そのテーマはずばり白無垢であった。
この時の衣装は年末に(´田ω中`)へのクヤシミマスプレゼントとしてゲーム内に追加されたが「甘夢のアーキテクチャ」と言う名前がどこかを皮肉っているようにも読めるのはたぶん気のせいだろう

2019年11月には上記の白上フブキが属するホロライブとアズレンのコラボが発表され(以前からアズレンのイベントなどで出演していたが)、凪白みと氏デザインのKAN-SEN艤装付き白上フブキ(本人曰く、実質新衣装)が先陣を切って紹介されており、またも艦豚へのブーメラン案件となった。

涼風

  • 画:雨宮千遥
  • 声:種田梨沙
  • 他:無し
絵師的に恵まれない艦娘の一人
一人称が艦娘内では非常に珍しい「あたい」。とにかく元気な江戸っ子ちゃん。「てやんでぇー!」「がってんだ!」
彼女も雨宮氏がイラストを手掛けている為、五月雨同様に早々にコストカットとして実質的なリストラを食らってしまう。

氷祭りでは「艦これ」公式 豪華涼風掛布なるものが販売されたが涼風本人に出番は一切無く
公式が涼風というキャラクターを忘れている可能性が高い。眼中無しの可能性もあるが。

五月雨は初期艦候補ゆえに注目されやすい。
だが涼風は一番艦でもないのにレア度が少しだけ高いという特徴しか無い……
とにかく数が多い艦種はキャラ付けが濃いか、公式側がプッシュしないと埋もれるという見本とも言えるか?

朝潮型

主にコニシがキャラデザインを担当。一部は藤川が担当している。
程よい低年齢具合と制服姿がその手の層の性癖にクリーンヒットし、朝潮型はガチとまで言われた。イレイチンコン?
近年は改二実装の機会も多い。ほぼ社員の力だけで作れるから、(´田ω中`)的には安くて面倒事も少なくて楽ちんだね
19冬イベで8番艦の峯雲が登場し、全艦コンプリートまであと1隻となる。

初春型と同じく2019年4月現在他作品ではアズレンにしか登場していない。
アズレンでは第八駆逐隊4隻のイラストがAlic氏の担当で、更に作中の重桜(=日本)艦の特徴である動物要素も猫で統一されている。

朝潮

  • 画:コニシ
  • 声:宮川若菜
  • 他:B
朝潮型ネームシップ、この朝潮から4番艦の荒潮までの4隻は「第八駆逐隊」を編成していた。
黒髪ロングでロリ。この見た目で男が食いつかないわけがない。ただし宮川によるダミ声という残念仕様である
だからなのか二次創作が割と豊富なキャラなのだが、何故かその中でも特にヤバげなおっさんとのねっとりエロネタが異常に多い
改二の衣装がセクシー女優つぼみのコスプレものにそっくりだと一時話題になったことがある。上記の理由はこの為か?

アズレンの朝潮は(´田ω中`)と艦豚を悔しさで狂乱させた長門イベで登場。
コバルトブルーの髪に猫耳が特徴で、同時に学園スタイルの着せ替え「花舞う季節の転校生」も追加された。
スキル「第八駆逐隊」は前衛にいる八駆メンバー(大潮、満潮、荒潮)のステータスを強化する効果がある。

大潮

  • 画:コニシ
  • 声:宮川若菜
  • 他:B
「艦これ」のゲーム内では割と地味目なポジションである。
しかし水本正のリプレイ漫画『艦々日和』においては、初期の頃にやたら多く出現し、それも何かの縁なのか最終的に5隻の大潮が水本鎮守府に在籍する事になった(15冬イベントでの連合艦隊に2隻、支援艦隊に2隻が参戦する大潮だらけの艦隊は語り草となっている。こうした趣味に走った編成でも受容できた当時のイベントの性質(田中が簡悔をこじらせておらず、まだストッパーがいたためか後年程酷い難易度に設定されずある程度の編成の柔軟性もあった)を物語る)。
覗きの被害にもあっておらず、愛されているポジションでもあり、大潮5隻を地道に育てていことは、割と読者からの評価も高かった。
2016年に改二が実装され「大発動艇」が装備可能となり、火力も綾波・夕立に次ぐ第3位になった。確かに厚遇されてはいるのだが、肝心のイベント自体が自軍の少しばかりの強化など敵の超強化で踏み潰す有様になっているため、なおのこと大潮の出る幕ではなくなってしまう(せいぜい参戦出来て輸送連合艦隊MAP)。
そうしたインフレの波に乗り遅れたためか『艦々日和』の後半では出番もほとんど無いまま最終回を迎えた。「愛情だけでは勝てなくて出番すら与えられない」艦これの問題点を体現してしまった艦娘と言えるだろう。

アズレンの大潮は朝潮と同時に長門イベで登場。祥鳳に次ぐ2人目の関西弁キャラで、ややぽっちゃり系の体格をしている。ステータスは雷撃に全振り状態で敵艦隊の駆逐艦を蹴散らすのが得意の戦法。
友好度が「普通」の時の「女のコはみな可愛いもんや~可愛いもんを嫌う人なんて、おらんちゃうん?」というセリフただ一点で艦豚からクソレズ認定されてしまう。
友好レベルが上昇すると指揮官(=プレイヤー、顔こそ不明なものの男性であることを示す描写が多数あり)のこともしっかり注目するのでご心配なく。
なお、友好度が「普通」の一段階上(割とさっさと上がる範囲)である「友好」時のセリフにて「男女関係なく優秀で可愛い子なら何でも好き」といった趣旨の事を言っており、絶対的に女性格のキャラでなければならないという事は言っていない。その為、このキャラは単に「レズ」というよりも「バイ」と言った方が正しいのだが、一切言及されない。わざわざセリフ抽出して突っ込む程度に注目しているキャラなのに有効度1段階分も上げないの?
故に、大潮をクソレズ認定した艦豚はエアプである可能性が高い。
2018年12月16日に突如としてえっち過ぎるクリスマス衣装と常設化を引っ提げ、Yahooトレンドの一位をかっさらう快挙を達成。
戦艦加賀を皮切りに始まったアズレンのトレンド入りにまたしても(´田ω中`)と艦豚をムガールの極致に至らしめ、冬イベと同時期に実装されたキャラストでは包容力のあるオカン体質を出し、上記のセリフを曲解していた艦豚の妄想を打ち砕いた。

満潮

  • 画:コニシ
  • 声:宮川若菜
  • 他:B
自分を卑下するような発言が目立つ、反発系暴言クソガキさん。
プレイヤーからは(霞ほどではないが)ヘイトを集めることになり、艦豚君達からは(これまた霞ほどではないが)「ママ」判定される事がある。
本当に親だったら虐待判定されそうな発言を連発する。見た目低年齢のキャラ全員にそんな事言ってないか?
性能的には改二まで含めて他の朝潮型と同様でほぼコンパチといっても過言では無い微差しかない。

アズレン日本版では2018年9月のログインボーナスで登場し、2019年4月に特別ログインボーナスとして復刻。スキル「戦艦護衛」は主力艦隊の戦艦(巡洋戦艦・航空戦艦含む)のダメージを軽減する。
この月は丁度日本版アズレンの1周年であり、ひなたたまりのCVも相まって強い印象を与えている。
これに(´田ω中`)がムガールしたのか、第2次秋刀魚祭りではこの満潮の描き下ろしやグッズが投下された。

荒潮

  • 画:コニシ
  • 声:宮川若菜
  • 他:B
口が手洗いマークと揶揄された事もある。
男を手玉に取る女キャラのような印象のセリフが多い。限定台詞がうふふふだらけ。なにわろとんねん。けんちょん、語彙無いの?
同型艦の朝潮ほどではないもののエロ方面での人気はまぁまぁ高い。
改二になると何故か顔が平常時の水龍敬ランドの住人みたいになる。ついでに砲撃時ボイスがアホほど長くなる。平気で2隻くらいセリフがかぶる。けんちょん?

アズレンにおいては大陸版のログインスタンプで先行実装。
長らく日本版では未実装だったが、2019年4月の「軍神の帰還」(三笠イベ)再々復刻時にイベント限定特別ログインボーナスとして正式に登場(一応それ以前からイベント会話では登場していた)し、朝潮から荒潮までの4隻で編成されていた「第八駆逐隊」が勢ぞろいすることとなった。
黒と紫のカラーリングで、他の朝潮型より露出がやや多い。
自爆ボート等の衝突によって受けるダメージを軽減するスキルを持つ。
このアズレン荒潮の登場以降艦これ側の朝潮型が引きずり出される頻度が増加したことから、(´田ω中`)はアズレンの朝潮型にも「クヤチイムギャッ!!」とヒットマークを丸出しにしている可能性がある

朝雲

  • 画:藤川
  • 声:堀江由衣
  • 他:無し
朝潮型な上、藤川なのに改二が実装されていない。多分その主因はむがりとCV堀江由衣

山雲

  • 画:藤川
  • 声:堀江由衣
  • 他:無し
朝雲に同じ。多分その主因は(ry
やたらネットリした喋り(メタルマン式会話術)&時報での情緒不安定シスコンっぷり&家庭菜園趣味の要素から二次ではポン厨・ヤク厨属性が付けられてる、悲惨。

峯雲

  • 画:藤川
  • 声:宮本侑芽
  • 他:無し
19冬イベクリーブランド級への当て付け気味に登場した。
朝潮型の一員だが朝潮型らしからぬ見た目で、むっちり保母さん風味。節分modeだとより顕著になる。モブキャラに見えなくもないが
が、登場早々よりにもよってアズレンのクリーブランドのケッコン衣装とモントピリアの正月衣装でカウンターされるという散々な結果に終わり、愚痴スレでは「ビラ・スタンモーア夜戦の再来」と揶揄された。

彼女のCVはいつものダミ声宮川でも裏切者()の堀江氏でもなく、新規参戦した宮本侑芽氏。
近年では少しずつ名が売れてきた声優であり、いつ他の艦戦擬人化ゲームで出演→裏切り判定されるかが(´田ω中`)にとっては懸念材料になるとも言えようか。
宮本侑芽に関しては軽空母、水上機・潜水母艦の日進も参照。

  • 画:コニシ
  • 声:宮川若菜
  • 他:無し
度々万物艦これ起源説を唱える艦豚くんを、セリフの一部・一語で打ち砕く大きな障害となっている一体。首が取り外せたり、地球割りが特技だったりはしない。
改二になっても継続して帽子を被り続けるが、デザインが少し変わる。大潮は脱ぎ捨てたり限定絵で被りなおしたりと大変だな

  • 画:コニシ
  • 声:宮川若菜
  • 他:B
満潮を上回る……というか艦娘の中ではぶっちぎりのトップな暴言クソガキさん。艦豚くん達による「ママ」設定の筆頭キャラ。
とにかくツンツンしており、デレなど殆ど無い。入渠の際まで暴言を吐いてくる始末。何かにつけて暴言を吐くところは艦豚と一緒だね
補給しても文句を言ってくるが太平洋戦争で戦没した300万人の半数以上が補給切れによる餓死・病死である。
tnksよお前実艦時代の記憶がある設定なら、いくら暴言クソガキキャラでもそれだけは言わせたらダメだろ。

提督の事をクズ呼ばわりもする。上官相手にクズ呼ばわりしていいのか?まぁ艦豚に対しては事実のような気もするが
嫌っている人達からは「カスみ」と呼ばれる事もある。どっちも無礼杉内?

あまりにも暴言が過ぎたからか、期間限定台詞ではツンデレ染みたものが多い。第一印象が最悪だと何言わせても変わらんと思うぞ?
2018年に実装された水着立ち絵及び、2019年の呉でのリアイベにて登場したイラストにて、二次創作の盗用が疑われている。

プレイヤーのヘイトを買いそうな描写ばかり目立つ彼女であるが、特濃の方々からはそれが喜ばれている(とけんちょんは解釈している)らしく、19年以降のリアイベでは宮川が霞のコスプレで登場する事が多くなってきている。
そして2019年末、【憎きあぢゅれん】で艦王へのクヤシミマスプレゼントとして朝潮型5番目の登場が発表され「暴言クソガキ浄化」の報に亡命した元prayerからは割れんばかりの歓声が湧き起こった。


艦これには登場していないが話題になる艦船

2018年11月現在、朝潮型7番艦の夏雲は艦これのみならず他艦船擬人化ゲーを含めて一切登場していない。
峯雲には夏雲の事を「なっちゃん」と呼んでいるであろうセリフがいくつかある。他所様が出すのが先か、鈍足実装の芸無が出すのが先か。

なお、アズレンで初めて擬人化された以下の2隻は戦後の海上自衛隊創設期にアメリカ海軍から貸与されたフレッチャー級駆逐艦のヘイウッド・L・エドワーズ(DD-663)とリチャード・P・リアリー(DD-664)がそれぞれ護衛艦として「ありあけ」「ゆうぐれ」と命名されたこととの関係が示唆されている。

有明

  • 他:B
初春型5番艦だが、一時的に夕暮(後述)および白露・時雨・村雨と合わせて「有明型」に分類されていたことがある。
アズレン日本版では2018年6月のログインボーナスで登場。後述の夕暮に続いて「日本艦で艦これを出し抜いた」と艦豚をムガらせた。

夕暮

  • 他:B
初春型6番艦、もしくは有明型2番艦。
アズレン日本版では2017年12月のログインボーナスで登場。艦これはもちろん戦少Rにも登場していない日本艦ではゲーム内で初めての擬人化となり「艦これ1強」のイメージを崩壊させるのに大きな役割を果たした。
メイド服、春節のチャイナ服、2周年記念のえちえちドレス(イベント報酬)とスキン方面で結構優遇されている。

時系列が逆になるが2018年の春ごろ、池袋においてコラボカフェを開催していた際、上記のメイド服を纏った夕暮と白露、二人のボードが展示されているというサプライズがあり反響を呼んだ。(その後二人のイラストは着せ替えとして本ゲームにも実装された。)
これとほぼ同じ時期に艦これが5周年を迎えており個人垢より艦これ春雨のメイドイラストが堂々投稿されるというかなり露骨な当てつけが飛んで来て競合が発生するが、愚痴スレに白露&夕暮と春雨という2対1という構図で画像が並べられて公開処刑を受ける羽目に。とんだ迷惑客である
19年9月には改造が追加され、空母との相性が良いスキルが更に増えた。