13夏イベ

2013年8月1日から始まったイベント。タイトルは「南方海域強襲偵察!」。
この頃はまだマップ名が「限定第○海域」といった名称になっており、特定の地名や戦場を匂わせるような言葉が使われていなかった。
このイベントで味方潜水艦が初実装される。

概要

イベント内容自体は当時実装済み範囲の通常海域と同等かその延長といった程度の難易度であったが、当時はまだ中破轟沈説が主流だった為、強敵ひしめく中で思ったように攻略が進まない人が多くいた。
前回の13春イベでは予めマップ説明で「○○を何体入れた艦隊を編成せよ!」といった感じで編成制限はされていたがボスには確実に辿りつける(というか基本的にマップが一本道だった)ので、指定された範囲の制限をこなしつつもとりあえず突破出来る編成が自然と作れていた。
しかしこのイベントでは、有利なルート進行の可否に関係なくどんな編成でも出撃自体が可能であった。この為、前回のイベントと比較すれば「編成制限無く出撃可能」である為、一見良心的というか「あなただけの無敵艦隊を展開可能」に見えた。
しかし実際には、分岐条件の中に当時から「お荷物ユニット扱い」だったキャラを一定数入れないと最短ルートを逸れる・寄り道ルートに入るなど、意図的に艦隊を弱化させないと逸れまくるといったサイレント編成制限が組み込まれていた。
特にE3以降の「敵編成の強さ」と「開発の想定内の編成以外は大幅に寄り道させられる仕様」、更には「当時はまだ轟沈条件が確実に解明されておらず、中破轟沈説が主流だった事」、トドメに「それなりのスピードのゲージ回復」などが相まって、壊滅的な進行速度をマークした。

最終的にイベント終了後のインタビューにて、クリア報酬の「大和」取得率(≒イベント突破率)が5%であると発表された。しかも、あろう事か(´田ω中`)はこの数字について「取らせすぎた」と発言。
当時は大正義艦これの波と言論封殺の流れがあった為、表立って問題として取り上げられる事は無かったが、水面下で確実に不平不満が蓄積していった。
なお、別のインタビューでは「入手者は1万人規模」と言われていたり、「公式が2万人前後と言っていた」とする説もあったりして、実際の所正確な数値は不明。
当時イベント開始時点ではユーザー数が30万超(20万程度とする説もある)、終了頃には50万超とされていた事も付け加えておく。
※一応、開始時点の総ユーザー数を基準にすれば「1万人規模」の範囲内でも5%前後にはなる可能性はある。
ただ少なくとも言える事は、取得率はよくて10%という事である。

なお、このイベントの約1ヶ月半前に北上型2隻の改二が実装されていた事、イベントで味方潜水艦の実装された事とそれに伴い開幕雷撃の実装がされた事と時を合わせる様に、甲標的装備による開幕雷撃が実装された事などが相まって、このイベント以降長らく北上型二人が猛威を奮う事になる。

マップ紹介

ぶっちゃけると「最近と比較すれば格段にぬるい」というか「最近のイベントが格段にマゾい」。

E1

道中に中型艦のeliteが旗艦として出てくる・ボス前に気持ちちょっと強い編成が待ち構えているといった程度で、戦闘自体は特にこれと言って問題なく進行可能。
1戦目後にルート分岐があり、いずれもボス4戦目である事は変わりないのだが、編成次第では「道中で燃料が拾えるが敵が少し強いルート」と「道中が1マス潜水マスになっている為弾薬マイナス補正なしでボスと戦えるルート」の2通りに別れる。
ボスは旗艦の「潜水ヨ級elite」も含めて3~4隻の潜水艦とその他色々な艦が入っている。潜水特化で戦いたい相手ではある中でタ級が混じる編成もあるのだが、単横か梯形でしか来ない為言うほど大ダメージを被る事はない。また、陣形による回避率盛りについても、現在主流のE1潜水ババァと違い「1回当たれば倒せる相手」である上「ザコである事に変わりはないので回避が誤差の範囲」である点から「対潜攻撃の仕様さえ分かってれば普通に越せる」非常に簡単な相手ではあった。
ちなみに、ボス直前に(固定可能であるか不明なので恐らく)ランダム分岐が設定されているので運が悪いとここで詰む。ハズレの先に家具箱(小)のマスがある。一応ボスに行きやすい条件もあったらしいのだが、イマイチ不明。
クリア報酬は「伊168」。潜水艦の仕様がイマイチ分からずいきなり轟沈させた人が現れたりもした。

E2

ここから中大型艦のeliteが増えてくるが、まだまだ通常海域2-4ほどきつくは無かったが、ルートによってはボス戦以上に苦戦を強いられるガチ水上編成が待ち構えていたりしたので、そこそこ事故った。
編成次第では「水上艦隊→潜水艦隊→燃料うずしお」の道中2戦+弾薬フルでボスと戦えるルートもあったのだが、このルートは潜水艦隊が出てくる事に加えて、ハズレマスとの分岐があった為、戦闘回数は多いが確実にボスに行ける編成を進めるルートを行く人が多かった。
このルートをより確実にボスへ進む条件として水上機母艦(当時は千歳・千代田しかいなかった)が絡むと言われていたが、別に入れなくても問題ない程度の難易度ではあった(まだお祈りが必要になるほどではなかった)
ボスは「南方棲鬼」。耐久は高め程度な上に装甲は高いけど普通に攻撃が通る程度であった事、敵編成がまだそこまでキツくなかったことなどもあって、そこまでキツイボスでは無かった。つーかハイパーズが使えた時点で察しろ。
ここ以降のボスでは「伊58」と「熊野」がドロップする事があった。
クリア報酬は「三式水中探信儀」「33号対水上電探」ダメコン2種。ちなみに、ここを過ぎるとこのイベント中ではハズレ・寄り道ルート以外では潜水艦に遭遇しない。あのさぁ…

E3

ここから割とガチになる。「道中に必ず大型flagshipがいる戦闘が2回ある」上にそれらの陣形選択も割と遠慮が無くなる事、更にはこのマップのルート分岐条件にそういったflagshipの攻撃1発でほぼ確実に中大破する駆逐艦が関与していた事などが相まって、思ったように進行出来なくなり始める。
ガチ編成で行きたいところだが、ある程度決まった編成を組まないと戦闘3回+弾薬うずしおで大きく寄り道させられた挙句、ボス到達時にはどうあがいてもほぼ弾薬が空っぽの状態で戦わされるといった仕様になっていた為、プレイヤーを悩ませていた。
ぶっちゃけ道中2戦の最短ルート以外選択肢はなかったわけだが。
なお、ボス前にボス・ハズレ・ハズレの3分岐を用意する徹底振りで、突破出来ないプレイヤーのストレスがかなりヤバい領域に到達していた。
ボスは「南方棲戦鬼」。何故か装甲が10に設定されていた為、ボス自体は激烈に軟かった模様。ちなみに、直前のE2ボスの「南方棲鬼」の装甲が90・E4ボスの「南方棲戦姫」が装甲120であった為、100か110にしようとしてタイプミスした疑惑がある
ちなみに、このボスの耐久及び装甲の値は、ハイパーズの開幕魚雷1発で確定中破・2発目で確実に死ぬ数値だった。
ぶっちゃけ、この辺のバランスはいかにして北上型二人をボスまで無傷で運搬するかゲームと化している
突破報酬は「鈴谷」。

E4

ルート自体は単純だが、開幕2戦にババァ配置。「中破轟沈説」と合わさる事で究極の地獄が展開した。
駆逐艦を一定数入れる事で、この2戦を越えた後に(相対的に)楽なルートに入る。入れないと燃料うずしお+flagヨ級率いるお仕置き艦隊(開幕雷撃が飛んでくる上に、1/3くらいの確率で単縦で来る)+終わった後にボス前ハズレ分岐という、「駆逐艦を入れると楽」ではなく「駆逐艦を入れないとダメ」といった内容となっていた
ボスは「南方棲戦姫」。上記を祈祷力で越えてきた上で、護衛要塞だらけで輪形陣のアタリと、単縦・複縦にflagタ級が2隻混じる(大)ハズレのお祈りをやらされる。一応姫でも何でもない相手な上にハイパーズもいたので、開幕で2隻を撃沈or瀕死においやった上で、夜戦で必殺の二撃をかませる可能性が十分にあった為、最近のように極限まで祈祷力を要するという事は無かった。
が、ゲージ削りの労力とゲージの回復で焦らされる上に「中破轟沈説」もあって、もう大半の人は「進められる気がしない」状態に陥ってしまった

そんな中、このイベントで追加された潜水艦が注目される事となる。
「中破轟沈説」が叫ばれていた時期ではあったが、この頃既に「旗艦は轟沈しない」という仕様が広く知れ渡っていた事もあり、「弾薬燃料消費も少なく、ダメージを食らっても即復帰可能な低コストである潜水艦を単艦で突撃させてゲージを削る」という荒業に乗り出す輩が登場。その後クリア出来そうなくらいまでゲージを削ったらガチ艦隊でボス撃破するといったやり方でイベントクリアした人がそこここで現れた。
なお、当時から言われていたし、やり方を鑑みれば分かる事だが、この方法自体は楽な攻略法では無い。やろうと思ったら平均10時間以上とられる(しかもゲージ回復があるのでヘタに間を空けられない)方法であったという事だけ併記しておく。
ちなみに、この方法は後の大和取らせすぎたインタビューにて「想定内」や「抜け道」と言われていた。削れても微量でかつペースが安定しないルートを10時間以上連続で走り続けるのが【想定内】とか嘘やろ
E4突破報酬は「大和」。但しキャラとして入手出来るのは戦艦大和の進水日である8/8からとされ、それ以前にクリアしていた場合は「大和」入手待ち状態といった形で待つ事となった。
余談だが、この3ヵ月後に実装される事になる武蔵の時には、イベント開始日が丁度武蔵の進水日だったので待たされることはなかった。

その後の経過

  • この後、大和は「絶対に大和でないとダメだ」という場面を追加されることも無かった為、長らく「孤独なる演習の女王」と化した。
  • 潜水艦を使う事で当時の3-4をクッソ楽に突破可能なことが判明した為かなり重宝した(こちらについては想定外としていた)のだが、以下の潜水艦イジメパッチを適用されて一転した。以降、新たなる可能性の為に雌伏の時に入った
  • 鈴谷と熊野は順調にエロ同人人気を獲得していった模様。

潜水艦イジメパッチ

(´田ω,中`)「少し布陣を変えて、対応させていただきました」
イベント終了と同時に「旗艦大破時に強制撤退」「僚艦が旗艦をかばう」システムが追加された。更に、対潜性能が非常に高いflag軽巡・駆逐を追加されて通常海域のそこここにばら撒かれた。特に、当時の後半海域であった3-x・4-xはそこら中にこれらの潜水艦絶対殺すマンが追加されたりと、露骨な潜水艦へのむがりが観測された。少しどころじゃなく変わっている件

【鎮守府近海】から【#2-4海域】までの敵情は変化なし!

上記アプデ告知の中の発言の一つ。同時に「敵深海棲艦の電探が開発されました。」と言った内容の告知をしており、実際に敵flag戦艦に電探が追加された。これによって2-4にも出てくるflagタ級に電探が追加されていたのだが、変化なしだったらしい。嘘しかつけない病気かなんかなの?

強くなって帰ってきた再生怪人

E2ボスの「南方棲鬼」とE4ボスの「南方棲戦姫」が19冬イベにて2体とも耐久と装甲を盛られた上で、深海水上レーダー(命中+24)を追加装備した状態で再登場した。
この際、南方棲戦姫は5-5ボスにも設定されていたのだが、イベント用の強化個体とすり返られた(というよりは能力値を変更した同一の個体をイベントにも配置した形)。何で別個体にしなかったの?
これにより、19冬イベ実施中の5-5の難易度が跳ね上がったのだが、イベント終了後に編成が見直され、南方棲戦姫の性能は据え置きでエリート潜水艦がノーマル潜水艦に差し替えられた。それだけ?
この後、期間限定の任務に「特定の条件下での5-5ボスS勝利」を要求する物が度々追加される事になる
2019年の節分の際には収集品の手に入るウィークリー(つまり単発ではない)任務が用意された。喧嘩売ってんのか。

なお、このイベント初登場ボスの中では、装甲10の南方棲戦鬼だけが何故かガン無視された。
他のボスをステータス盛って再登場する事を許すんなら、こいつも本来想定していた値(かそれ以上)で再登場させてもいいはずなんだが?