13秋イベ

2013年11月1日開始。タイトルは「決戦!鉄底海峡を抜けて!」。
これ以降のイベントは具体的な海戦モチーフの名称を用いられるようになる。

概要

鉄底海峡との名の通り、ソロモン海戦モチーフのイベントなのだが、この頃はまだ通常海域と同様に、固有名詞を微妙に捩ったマップ名が用いられており、「ソロモン」が「サーモン」、「ルンガ」が「ルンバ」などとなっていた。何にかは知らないけど、何かに配慮していたんだろうなぁ。
この時点でかの悪名高き5-3が実装済みであった事と、具体的なモチーフを示したイベントであった事、更には前回イベントの話や、個人垢からの仄めかし告知の数々などから、史実に即したキャラを要求される事を警戒されていた。実際に、編成次第でルート進行に多大な影響を及ぼす事となった。
また、ほぼ全編夜戦であるマップが3つ用意されていたりする。開発的には5-3が相当お気に入りだった模様。
この頃もまだ「中破轟沈説」が残っていたのだが、この少し前から「別にそんな事なさそうだぞ?」が増えてきて、このイベント後半部(ぶっちゃけE4)が「もう中破とか言ってられねえ」ってくらいの状態に陥っていたので、ここで「中破では(ほぼ間違いなく)轟沈しない」事が広く知れ渡る事になる。但し「赤疲労中破轟沈説」はまだ残っていた。ちなみに、現在では赤疲労でも中破以内ならば轟沈しない事が判明している。
マップ自体のふざけた構成と、この時の運営側の舐め腐った対応などが今なお話題に挙がる事があったりと、ある意味艦これ最初のターニングポイントとなったイベントである。

マップ紹介

E1

道中は基本的にelite旗艦+ザコ編成で全く問題はなかった。2個目の分岐で「戦艦入りの編成が待ち構えているマス」「何も無いマス」「ボスに行けないハズレマス」の3分岐が用意されていたのだが、艦隊を高速統一する事で戦艦入り・ハズレのマスを確実に回避可能であった。
ボスは「ル級elite」。オトモがelite軽巡1と残り全部クソザコ駆逐という構成だった為、負けるわけが無かった。
突破報酬は「伊19」。

E2

夜戦マップ。但し5-3のようなうんこにうんこをまぶしてうんこで塗り固めた末にうんこをぶっかけたようなマップではなかった。
少しでも重い編成にすると強めの敵が待ち構えているルートに突っ込まされたのだが、CIや連撃が使える装備でない敵が旗艦に据えられていたりと言った事もあった為、ガチ編成でガッツリ攻略可能であった。
ボスは「泊地棲鬼」。お供が別に強くない事と連撃かCIが刺さればワンパン可能な耐久と装甲だった事とが相まって、そこまで分が悪くは無かった。
夜戦開始ボスのみ、一定条件を整えると昼戦に移行する仕様もあった為、開発想定内の比較的優しいルートよりも、その仕様による更なる追加攻撃も見越したガチ編成で来た方が楽に突破可能だったという珍しいマップ。ぶっちゃけ調整不足な気がしなくも無い。
突破報酬は「能代」。

E3

敵がかなり強くなってくる上にここ以降ゲージ回復がある
しかしE3自体は正規空母の編成がマップの分岐条件にあった為、そこまで深刻な状況になるマップではなかった。
ボスは「装甲空母姫」。お供の強弱の差が激しいので、出る編成次第ではかなり苦しくなる事もあったが、まぁ、ハイパーズもいたし、ねぇ。
突破報酬は家具職人とダメコン2種、そして「53cm艦首(酸素)魚雷」。長らく水雷戦隊必携の一本となる。艦首魚雷なのに水上艦が装備できる。まぁ、潜水艦が水上艦用の連装魚雷撃てたりするし、今更だな微差栗
ちなみに、「阿賀野」がドロップするようになっていて、ドロップ可能性のあるマップがここ以外軒並み安定しない糞か微妙に糞であった為、ここで掘る人が多かった。

E4

夜戦マップ。13秋イベと言ったらほぼ必ず話題に挙がるマップ。
道中の重巡や戦艦らにCIや連撃をガンガンぶっ放されて道中大破撤退しまくる・ボス前分岐からのお仕置き部屋・そしてゲージ回復とが合わさって、出撃回数がとにかくかさむ内容となっていた。
また、1戦目の編成の中に、旗艦にflagリ級が添えられている編成が存在しており、この編成を引くとこちらの1発目の攻撃でこいつを倒せないと高確率でCIをぶっ放されていきなり大破撤退させられると言った事も頻発した。それを揶揄したAAが誕生(正確には既存のAAのセリフを差し替えただけの代物)。
+AA
                キラキラつけたか?ヘ(^o^)ヘ シャッ
                           |∧ 22inch魚雷後期型
                        /  /
           陣形変えたか?  (^o^)/ シャッ
                   /(  )  22inch魚雷後期型
祈りは済んだか?    (^o^) 三 / / >
             (\\ 三 シャッ
            < \ 三 8inch三連装砲
       \
       (/o^) ドドーン
       ( /   残念wwwまた来てねwww
       / く
この道中突破が苦しくなったあまり、拾い物のレベル1艦をデコイにして無理矢理進軍する、いわゆる「捨て艦戦法」が流行った。
当然、艦娘がただのデータではなくなってしまっている提督様達から非難を受けまくった挙句、「轟沈」を「アナルバイブ」に言い換えようぜと言ったわけの分からない流れが発生した。しかしその後、「アナルバイブ」の使用率がやたらと高かったあたり、コミュでギャーギャー喚いたり不快な言い換えを考えていた連中の大半が捨て艦戦法を使っていたようである。
ボスは「飛行場姫」。初登場の陸上型であり、ダメージ計算時に雷装値が省かれる・魚雷による攻撃の標的に選ばれず、選ばれた場合にはヒットエフェクトは出るが無効化されるといった仕様になっていた。
上記の道中の地獄とボス前お祈りランダムを越えた先が夜戦開始であるにもかかわらずこんな奴がボスとして配置されていたのでたまったものではない。
しかし、どこからともなく「三式弾に特効がある」という話が流れ始める。一応イベント前から「三式弾で陸上基地を攻撃した記録があるから~」的な話は流れていた為、とりあえず作っとくか?みたいな流れはあったのだが。
で、この三式弾装備による効果は、検証(・解析・リークのいずれかは不明だが)により飛行場姫攻撃時に火力に2.5倍の補正がかかるというものであった。これは火力が100に達していれば連撃構成で夜戦キャップに到達するという破格の補正であった。
金剛型が余裕でこの条件を達成可能であった上に、一番楽でかつ最短ルートを進行する上で必須であった事と、三式弾は重巡洋艦(航空巡洋艦含む)も装備できた為、金剛型2隻と用意できる限りの重巡洋艦に砲2個(当時は運を挙げる手段が無かったため、高確率で発動する連撃の方が優先された)とそれを阻害しない範囲の装備、そして三式弾を持たせて後は祈るだけという状況に陥った。当然「三式弾無いよ…」と言った提督様には「作ってない奴が悪い」のフィーバーがそこここで発生した。
ただ、ここまで条件を整えてもそもそもボスを狙ってくれない(これは道中でも問題になり、とにかく敵の攻撃を阻止できず、結構な雷装を持っている上に連撃やCIが発動する装備構成になっていて昼はクソザコでも夜はクソツヨという敵がそこら中に跋扈していた為、そのままこっちが大破撤退と言うパターンが頻発した。)・狙ってもかばうシステムに阻まれてボス撃破できなかった上に、お供が全力の連撃で沈んでしまい、昼戦移行せずにそのまま終了と言った事も頻発した。

ちなみに、昼戦への移行の条件は敵2・3隻目のいずれかが夜戦終了時に中破以下であると言った内容になっていたが、この2・3隻目狙いorボス攻撃時にこの2体のかばうが発動するとほぼ大破か即死まっしぐらであった為、昼戦移行率はかなり低かった。
但し、編成によっては2・3隻目が連撃やCIを繰り出してくるタ級elite・flagshipのいずれかである事もあった為、こいつらを大破か撃沈しないとこちらの4隻目以降の攻撃が不発に終わる事もあったりしたが、逆に弱い編成を引いても連撃不発でも無傷から即死する可能性が高い敵であった為、どのパターンの編成が来てもそんなに分の良い戦いが出来るわけではなかった。
また、昼戦移行出来ても、当時の昼戦火力キャップは150である中でボスの装甲は140あった為、夜戦で撃破出来ないと相当に厳しい状況である事には変わりなかった。
それならばと昼移行時のフォローの為に決戦支援を出すも、上記の通り昼戦への移行は完全に運であった為、空振って燃料弾薬だけ消費するという事も頻発した。
とにかく安定性からは程遠いボスであり、最終的にはトチ狂ったあまり、昼戦の航空攻撃をしのぐ為だけに空母を連れていくと言う暴挙に出た者も現れた

道中やボスなど何やかんやあって、クリアには大体8時間~最悪10時間越えのぶっ通しプレイが推奨されていた。アホかよ。
なお、10時間ぶっ通しても全員がクリア出来たとは言ってない
突破報酬は「伊8」。

E5

当初は秘匿されていた(というか1画面4マップしか表示されていなかった)が、(とっととE4をクリアしたバケモノかそれとも解析者によるものかは不明だが、)早々にその存在を暴露された。
ルート分岐条件は速力と戦艦の数によるもので、全ルート共通で1戦目はババァ戦なのだが、それ以降が「夜戦開始の潜水艦→完全ランダムハズレ分岐→ババァ戦」「ババァ連戦」「旗艦にヲ級の夜戦→うずしお→ハズレ分岐(但し駆逐艦1隻でほぼ逸れなくなる)」というあからさまな正解を仕込んだ3択だった上に、逸れない限りは道中全編夜戦+ボスは昼からだが夜戦まで見据えて火力を発揮できるキャラが「基本的に全員高速である巡洋艦」くらいしかいなかったので、金剛型2と駆逐艦1であと巡洋艦特盛りの高速統一、つまりE4の編成を装備を変えてほぼそのまま流用するのが最適解となった
ボスは「戦艦棲姫」。ボス自体の耐久・装甲・火力が全部高い上に、実はこの時点でさりげなくボス含めて過去の大ボス姫3(たまに姫2鬼1になる)確定という割と糞みたいな構成になっていた。
が、編成次第で逸れずに確実にボスに到達可能・今までのセオリーがそのまま通じる・敵が何であれハイパーズの攻撃が刺されば大丈夫など、E4と真逆な状況にあった為、当時の提督達からは「E4よりマシ」「E4より簡単」と評された。
突破報酬は「武蔵」。大和と同じように、長らく「演習の女王」の座につく事となる。

これで13秋イベは全部終わりだったらよかったね。

(E6)

E3で阿賀野を掘り、糞塊のE4を越えて、そこまででもないE5を勢いで抜けて武蔵を手に入れようやく全てが終わったと思っていたところにそいつは投下された
11/20、当初イベント終了日とされていたこの日アプデにて、最深部ボスマスにて新キャラのドロップが追加された。
本来の終了日、つまりクリア出来るほどのプレイヤーはとっくにE5もクリア出来ている中での追加であった為、既にイベントを完走していたにも関わらず再びE5周回する羽目になった。
この唐突なドロップ追加により生じた新たな手間に対して使われた呼称がこのタイトルの「E6」である
ボスは「E5ボスA勝利以上時極低確率ドロップ」、突破報酬は「矢矧」。
ちなみにE5ボスドロップ内容自体は矢矧が追加されただけである為、こいつが出るまで終わらないお話。運ゲーに更なる運ゲーを積み重ねた地獄が始まった。
当然、ほぼ変わらないドロップの質に苦言を呈するプレイヤーが現れたが、運営はこれに対して「(E5のドロップは)苦闘に応じる、かつてない濃厚なラインナップ」といった火に油を注ぐが如き発言を投下。その後、燃えたのはプレイヤーの心ではなく界隈だった。
なお、E5はクリア出来たしゲージを何度も削れるほどにS勝利を連発しまくれるけど、E6はクリア出来なかったというプレイヤーが相当数発生した模様。詳しい数値は不明。この件で入手出来なかった・入手出来たけど手間をかけさせられた事、そしてこれ以前に(´田ω中`)が個人垢で行った気色の悪いツイートが合わさって、矢矧へのヘイトが爆上げした。

その後の経過

  • ここで手に入ったキャラの大半は、あまり目立った活躍をする機会を与えられることもなく長らくタンスのこやしと化す事になる。
  • 矢矧はE6周りの事情についてネガ方面に突っ込んだ二次ネタを描かれたが、割と早く鎮静化した。但し制作というか(´田ω中`)個人からの異常なまでの優遇措置などから枕営業をしている疑惑ネタ→枕営業で手に入れた地位→「枕艦」という不名誉な呼称を得るに至った。
    また、性能は高めながらも平凡で一軽巡洋艦の域を超えない・改造しても立ち絵に一切変化がない、といったキャラであるにもかかわらず、何故か初期状態で背景虹、改造後は最高レアの桜ホロになる(ちなみに同型艦は全員「金→虹」であり、また他艦種では初期虹キャラに長門などがいるがこちらは「虹→虹」といった具合であり、矢矧のレア度の扱いの異様さが際立つ形となった)。
    つーか当時は矢矧以外で「未改造→改」により「虹→桜ホロ」になるキャラは大和型の二人しかいなかったし、これ以降も(改二で桜ホロになるキャラはいるが)そんなキャラは追加されていない…はず。
    この措置に対して、上記の「枕艦」呼称と併せて「枕ホロ」とも呼ばれるようになった。
    とにかく矢矧周りは(当然と言えば当然なのだが)異常なまでにヘイトを溜め込む結果となった。
  • イベント自体の壊滅的な状態と、これらのキャラに対する期待感の薄さやヘイトなどにより散々な空気である中においても希望・期待に溢れる艦種が潜水艦であった。
    潜水艦はこのイベによりそれなりに頭数が揃ってきた事もあり、(´田ω中`)が作った漁場を好き勝手荒らす運用法などを本格的に研究されるようになった。
    ちなみに、この後5-3が潜水艦統一艦隊で(イオナがいなくても)楽ではないがストレスフリーに突破できる事が判明した。2期の5-3?知らん。

なお、提督の心に出来た深い傷と、運営との間に出来た深い溝は、その後もまともな形で修復する事はなかった。