タブンネちゃんの育児日記

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○月○日

朝起きたらお腹がぽこんと膨らんでて、タブンネ、はじめて赤ちゃんできたみたい!
嬉しくて今日から日記をかくことにしました。
パパは大喜びで「今日はお祝いだね」っていって秘密の畑からいっぱい果物をとってきてくれたの。
とっても美味しかった♪
きっとお腹のベビちゃんも喜んでるね、楽しみだねってパパとお話しながらあったかい干し草を敷いた土管の中でおやすみなさい。

明日はタマゴうまれるかな?
わくわくです。


○月×日

今日は朝からお腹がイタタ…。
歩くどころか立つこともできなくて横になってたからパパ、大慌て(うふふ)
でも残念ながら今日はベビちゃんに逢えなかったの。
パパは「体力つけなきゃね!」っていってオボンの実を探しにいきました。
夜になっても帰って来なくて心細かったけど、日付がかわるくらいの時間にボロボロの姿のパパが!!
手にはまだ青いオボンの実がひとつ。
どうしたの?って聞いたら人間に「オボン泥棒」と罵られ、石を投げられ尻尾を引きちぎられたみたい…。
なんてひどいことをするの!?
私たちの悲しい気持ちがお腹の子に伝わらなきゃいいけれど…。


○月△日

悲しい気持ちを引きずったまま陣痛がはじまっちゃった!
ミッミッフゥー
ミッミッフゥー
お腹を痛がるタブンネにパパはいやしのはどうをしながら応援!
そのおかげで無事3個のタマゴが産まれたよ!
パパもタブンネも嬉しいのに涙が溢れ出ちゃってヘンなの(うふふ)

産まれたタマゴを干し草にくるんでたら、足りなくなっちゃった!
パパは「とびきり上等な草をいっぱいもってくるぞ」と大はしゃぎして出掛けたけど…。
1日待っても帰ってきません。
早く、早く帰ってきてよぅ!
少ないお布団でベビちゃん凍えちゃうよぅ。

昨日パパが命懸けで探してくれた青いオボンの実を食べて眠りました。
ちょっと酸っぱいオボンのせい?
ベビちゃんのタマゴが産まれたときとは違う悲しい涙がとまらなかったの。


○月□日

少し離れた場所からパパの声が聞こえて起床。
耳を澄ますと「子どもの顔をまだみてないんだぁ、見逃してくれぇ!」という叫び声!!
パパが近くて助けを求めてる!
本当は片時も離れたくなかったし、離れちゃいけなかったんだけど、パパが心配で、まだ孵りそうにないタマゴの上にカエデの葉っぱを被せて隠して…。
きっと見つからないと思ったのよ…
タブンネはパパの声のするほうまで猛ダッシュしました。
ヤグルマの森をでてすぐの草むらに、干し草まみれのパパが倒れていたの。
パパは「昨日の人間が後をつけていた、タマゴが危ない」と言って死んでしまいました。
そんな…パパがなにをしたっていうの?!
でもこうしちゃいられない、タマゴは、タマゴだけは守らなきゃ!
その気持ちを胸に土管のおうちに戻りましたが、カエデの下に隠したタマゴは3つとも叩き割られていたのです。

そして、タブンネにみせつけるように『土管の居住禁止!』の紙が置いてありました。


△月○日

パパと、孵らなかったベビちゃんがいなくなって1ヶ月。
タブンネに新しい命が宿りました!
土管のお家を出て、泣きながらヤグルマの森にいたところ、二番目のパパと出会ったの。
二番目のパパは最初のパパもタブンネも知らないつよいわざが使えるタブンネさんなんだ、頼もしいね。
きっとベビちゃんもそのわざを覚えて産まれてくるんだよ、とってもたのしみ。
ママがピンチのときにはそのわざでたすけてね。

二番目のパパはせっかちさん。
タブンネのお腹に手をあてて「まだうまれないのかぁ」とポンポンしてばかり。慌てなくても元気な子にもうすぐ逢えますよ♪


△月×日

二番目のパパが「草むらで出産は危険だからお引っ越ししよう」といって新しい住まいを探してくれました。
大きなお腹でお引っ越しは大変だったけど、これもベビちゃんを守るため!
それに二番目のパパと一緒ならこわくないもんね。
ママが歩くたびに、お腹のベビちゃんもゆっさゆっさって揺れて、メリーゴーランドみたいで楽しそう♪

パパが探してくれたお家は綺麗な蔦の絡まったみどりのお部屋。
前に別のポケモンさんが住んでたみたい。
ここならベビちゃんものびのび育つね!
前の住人さんが置いていったモモンの実を食べてあったかいみどりのお布団で眠りました。


△月△日

ご飯の心配も寝床の心配もいらないのでゆっくりのんびり。
もうすぐベビちゃん産まれそうです!
二番目のパパはお腹をポンポンしながら「今日こそ!今日こそうまれろぉ!」って言ってるの(うふふ)

夕方、お家の前を二匹のフシデさんがやってきて、「ここは私たちのお家なのよ」っていってきたの。
パパは「まだ生きてやがったな!火炎放射ー!」と叫んでフシデさんをおっぱらってくれたけど…
フシデさんの「いまに、いまにみてろ」って吐き捨てたコトバが不安でたまらないの…

もうすぐ新しい赤ちゃんに逢えるのに…


△月□日

目が覚めると二匹のペンドラーさんがいたの!
まさか、昨日のフシデさん?!
たった1日で進化するなんてあり得ないよね?!
パパ、パパ起きてって起こしてる最中に一匹のペンドラーさんがタブンネにむかってどくのしっぽを刺したの!
ヤメテ!赤ちゃんが!赤ちゃんにどくがまわっちゃう!

タブンネはペンドラーさんに見つからないように隠れたけど…大きなしっぽがみえちゃってペンドラーさんの角でお腹をドスン!

ああ!赤ちゃんが!タブンネとパパの赤ちゃん、まだこんにちはの挨拶してないんだよ?!
タブンネのお腹のなかでバラバラになっちゃったよ…
足のあいだから赤ちゃんのカケラたちが血といっしょにボロボロ流れてきたの。
いやいやいや…
今度こそママになれるとおもったのに!

パパは、パパは二匹のペンドラーさんのハードローラーでぺちゃんこになって殺されたの…
パパ、あんなに赤ちゃんに逢いたがってたのに…

タブンネはしっぽに隠していたモモンの実を食べてペンドラーさんから命からがら逃げました。


□月○日

最初のパパとそのベビちゃんとお別れして2ヶ月、二番目のパパとそのベビちゃんとお別れして1ヶ月が経ちました。
今、タブンネのお腹の中には新しい命が宿ってます。
ペンドラーさんから逃げて見知らぬ土地で泣いていたところを助けてくれたラッキーさんの子どもなの!
三番目のパパは野生のポケモンさんたちからも信頼されてて、おうちにはいつも美味しい果物や木の実の差し入れが届くの!

産まれてくるベビちゃん、きっとみんなから愛されるね!
ママ似かな?パパ似かな?必ず幸せにしてあげるからね♪

だから早く、ママのお胸にとびこんできて。


□月×日

三番目のパパのラッキーさんはすごく優しくてタブンネは幸せでした。
いつもタブンネの心配をしてくれるラッキーさん。

しかしそんな幸せを奪う悲しい出来事があったの…。いっしょに藁で作った寝床で寝ていたときのこと。
おうちに誰かがはいってきて、見るとそこにいたのは野生のタブンネさん!そのタブンネさんは寝ているラッキーさんにまたがって…
なにするの?パパになにするの?
ぐっすり眠っていたパパが起きたときには事が済み、パパは事態が飲み込めてません!
もちろんタブンネも…。


パパは混乱状態でした。
パパはタブンネに「子作りのことしか考えない繁殖ポケモンのタブンネなんか大嫌い!」といって泣いちゃったの…。
パパ…パパがタブンネを嫌いなんて言うの信じられないよ、信じたくない…。
それに繁殖って、タブンネのお腹の子のこと、言ってるの?

タブンネも混乱してしまいました。


□月△日

ここ最近、Audinoという名前のオスポケモンが寝ている女の子を狙う事件があるとききました。
その話をきいてはじめて知ったラッキーさんが女の子であることと、タブンネのお腹の子もその見知らぬオスポケモンの子どもという悲しい事実。
寝ているタブンネに触れていたあの手は、ラッキーさんじゃなくて見知らぬ野蛮なポケモンだったなんて…。

朝になったらラッキーさんはいなくなってたの…。
ヘンね、あんなに欲しくて欲しくてたまらなかった赤ちゃんなのに、見知らぬ野蛮なポケモンとの子どもだと思ったら、お腹の子が憎いの。


□月□日

朝、お腹が痛くて目が覚めました。
はじめてタマゴを産んだときはそばにパパがいていやしのはどうをしてくれたのに今は…。
見知らぬポケモンの子どものタマゴを産むなんていやだったのに…。
2つのタマゴが無事産まれたけど、ちっとも嬉しくないの。
ママ失格ね。

タマゴはタブンネの温もりで夜遅くに孵化しました。男の子と女の子。
ママのおっぱいを求めるかわいい天使ミタイなベビちゃん。
でも…ラッキーさんを傷つけた野蛮なオトコの子どもだと思うと愛せないの。

「ママ!ママおちちちょうだい!」と泣きじゃくるふたりに背を向けて眠りました。


□月◎日

はじめは見知らぬポケモンとの間に生まれた子どもだから愛せないと思っていたけれど、ちがうみたい。
可愛がってもらうのを当然といいたげな顔や仕草をするベビちゃんたちをみているとすごく憎くて仕方ないの。
おっぱいをねだられても、しゃぶられるのが気持ち悪いからすぐに顔を押し退けて、「もうおしまい!」ってすると、もっとちょうだい!おなかすいたよ、ままぁ!って涙目になるとこなんか一番嫌い!

それに、ラッキーさんがいなくなってしまってからまわりのポケモンさんからの差し入れがパッタリ…。
だから木の実を探しにいかなくちゃいけないのに、ベビがついてきて足手まといだったけど…

でもね、今日素敵な場所をみつけたの!
「ズルズキン保育園」!
全寮制で0歳から預かってくれて、特にタブンネの赤ちゃんを積極的に育ててくれるみたいだから明日から預けるんだ!
ベビちゃんたち、ママがいなくても立派に育ってね♪


□月●日

久しぶりに清々しい気持ちで朝をむかえました!
土の上でふたり身を寄せあって眠る兄妹ベビちゃんたち、今日でお別れだね。
妹に先におっぱいを譲るお兄ちゃんと、お兄ちゃんに甘えてばかりの妹。
ふたり一緒ならきっとズルズキンさんが可愛がってくれるはずよ。

目を覚ました空腹の妹ベビちゃんは「ママ…おっぱい…もらって…いい?」ってきくから最後のサービスでいっぱい飲ませてあげました。
はじめてきいたベビちゃんのゲップ、すごく汚かったなぁ、もう二度と見聞きしたくない。
兄ベビちゃんにもお腹いっぱいおっぱいあげたら、「また、おっぱいたくさんくれる?」って聞くから、正直に「これが最初で最後よ!」って答えてあげました。
ミーミー甲高い声で泣く耳障りな鳴き声も、これが最後と思えたらなぜだか苛立たなかったし、
送迎バスに乗せられて、泣きながら窓に張り付いて嫌がるふたりの顔をみたら不思議と気分が落ち着いたの。
いままでみた媚びた泣き顔よりよっぽどかわいかったなぁ。


×月○日

色々あったけど、今日ようやく夢が叶いました!
先月、森の中で出会ったピクシーさんとの間に念願のベビちゃんができたの!
昔から妖精のピィちゃん、すごくカワイイなぁって思ってたから今、お腹の中にいるんだぁって思ったらすごく幸せです!
ピクシーさんはすごく優しくてかっこいいからモテモテで、タブンネ以外に家族があるけど…

でも、ピィちゃんたちと一緒に明るい母子家庭を築けたらそれでいいんだ♪
ベビちゃん、早く逢いたいよー!


×月×日

お腹が痛くて夜中に目が覚めて、「この痛みはきっと…」って思ったらタマゴが3つ、あっという間に産まれました。
タブンネの温もりで産まれた順にタマゴは孵っていったけど…
あんなに…あんなに待ち望んでた、ピィちゃんが一匹もいないの!!
生まれたのはふたりのピンク色した女の子のタブンネと、むらさき色した男の子のタブンネでした。

がっかりです。

むらさき色の坊やは珍しいからかわいいけど、ピンクの姉ベビちゃんたちは全然可愛くないの。
坊やにたくさんおちちをあけてると、「あたしも!あたしもおっぱいちょーだい!」「おなかちゅいたぁ!」って泣きわめいて坊やの尻尾を掴むから、
「あんたたちは今日1日おっぱいなし!」っていって穴を掘って顔だけ出るように埋めてあげました。
姉ベビちゃんたち、涙と鼻水でぐっちゃぐちゃの汚いお顔なの!
あんな顔、タブンネの体に近づけなくないもんね♪

坊やはおなかいっぱいになったらタブンネのお腹の上でスースー寝息をたててお昼寝しました。
寝顔がすっごくかわいくて1日じゅうなでなでしてあげたの♪

一方、姉ベビちゃんたちはいつまでもミィミィ泣き続けるので軽く小突いて黙らせました。
なんて手がかかるんでしょ!憎たらしい!


×月△日

姉ベビちゃんたちのやかましい鳴き声で起床。
きったない顔に風で飛んできた砂が張り付いてますますみっともない顔してたわ。
でも自分たちの顔がかわいいと思い込んでる姉ベビちゃんたちは相変わらず媚びた顔して「…おなか…おなかちゅいたよ…まま」「おっぱいくだちゃい…」って言ってきたの。
誰がやるもんですか!
ベーって舌だして可愛い可愛い坊やにおっぱいをたぁっくさんあげました。
坊やはチラっと姉ベビちゃんたちのほうをみて「ねーねちゃんたちにはおっぱいあげないの?」って聞いてきたの!
優しい優しい坊や、大好きよ。
仕方ないので穴から姉ベビちゃんたちをだして、坊やもつれて川へむかいました。
川で水浴び、最初は坊や…って思ったのに姉ベビちゃんたちが先にバチャバチャ遊びだしたの!
なんて自分勝手な子たちなの!
知らんぷりして坊やと仲良く体を洗って、風邪引かないように拭いてあげました。
それをみていた姉ベビちゃんたちは自分もしてもらえると思ったのか「まま、ふいてー!」っていってきたので、「勝手に川に入って濡れたんだから知らないわよ!」って無視してあげました。
いい気味♪
帰り道姉ベビちゃんたちは合唱するようにくしゃみし続けてて風邪ひいたのねきっと。
姉ベビちゃんたちにほんの少しおっぱいを飲ませたら、暖かい土のなかに顔だけでるようにいれてあげました。

坊やはすくすく育っておとなしくて手がかからなくて、この子だけはしっかり守らなくちゃってあらためて思ったわ。


×月□日

昨日バカなことしたから姉ベビちゃんのうちのひとりが熱を出したみたい。
赤い顔して、ふぅふぅ声をあげながら、「…あついよぅ…あついよぅ」と唸ってました。
そーんな声出したって面倒なんかみないんだから!
坊やに朝のおっぱいをあげて毛繕いして、タブンネが食べる木の実を探しにいきました。
天気がよくて気持ちよかったの♪
可愛い坊やに色んなポケモンさんが小枝で作ったオモチャや果物をプレゼントしてくれて、ママも嬉しかったです。

お家に帰ると熱をだしてないほうの姉ベビちゃんの両触角をひっぱって穴からだし、ほんの少しおっぱいをあげてまた土の中に突っ込んであげました。
熱をだしてるほうの姉ベビちゃんは熱が坊やにうつると嫌なので、川でくんできた水を口いっぱいに含ませて、ご飯はおしまい。

夜、熱だした姉ベビちゃんは「まま…ままだっこして!」って媚びてきたから、わざと顔にむかって砂を足でかけ、「今坊や抱っこしてるの!お姉ちゃんなら我慢しなさい!」って言ってあげたの♪
そうしたらミーミー媚び泣きしてたわ。
本当に、どこまで勝手な子なのかしら。
この子もズルズキン保育園行き決定ね。


×月◎日

今日は久しぶりにピクシーさんがお家に遊びに来る日!
薄汚い姉ベビちゃんたちも綺麗にしなくちゃいけないので、みんなで川まで行きました。
今度は川をみても遊ばず、大人しくする姉ベビちゃんたち。
はじめからそうしてればいいものを。
坊やの体を綺麗にしたら今度は姉ベビちゃんたちの番。
肩まで川に体が浸かったら、頭をしばらくおさえつけて沈めて、しばらくしたら息継ぎ!
綺麗にしてあげてるのに、「くるちっ!まま!やぁ!」「!まんま!や!や!」と嫌がるなんて!
これを3回ほどして体を拭いてあげました。
あんなに汚かった姉ベビちゃんたちもまぁまぁ綺麗になったかな。

ピクシーさんがくる前に全員におっぱいをたくさんあげました。
姉ベビちゃんたちは「ミボッ!」「ミッブー」とはしたないゲップを吐きだしてたの、ほんと気持ち悪い。坊やと違ってなんて下品なのかしら。

ピクシーさんは大きなオボンの実をバスケットいっぱいにもってきてくれました!
ピクシーさんが帰ったらすりつぶしたものを坊やにあげましょうね♪

ピクシーさんが帰るとき、姉ベビちゃんたちは「あたしたちもいっしょにつれてって!」とお願いしてたけど、ピクシーさんに「ごめんね、またくるね」って言われてミーミー泣いて落ち込んでたわ!
あんたたちが連れてってもらえるわけないのにね!

せいぜいズルズキン先生に可愛がってもらいなさいっ♪って思いながら、また土の中に突っ込んであげて、坊やの毛繕いして、頂いたオボンを坊やと味わって眠りました。

×月日

土の中に体を埋めて、時折砂埃でむせながら眠る姉ベビちゃんたち。
このこたちの寝顔をみるのも今日が最後、なのにちっとも悲しくないの。

保育園で面倒みてくれるんだし、水浴びさせないでバスがくるまで土の中にいれっぱなしで、坊やにおっぱいをあげてたの。

そうしたら…

「キャ!色ちがいのタブンネ♪」っていって坊やを狙う人間がやってきたの!
だめよ、坊やだけはだめ!
土の中でミィミィ鳴いてる姉ベビちゃんたちを急いで引き上げ、女の子の前に放り投げたの。
姉ベビちゃん、ママと坊やのために少しでも長く時間をかせいでちょうだいね!
女の子は「今は経験値邪魔!」と言いながら姉ベビちゃんに向かってポケモンを繰り出してました。

背後から、「ママー!いかないで!」「おいてかないで!ママー!」って叫ぶ姉ベビちゃんたちの声をBGMに、坊やを連れて森の奥深くまでなんとか逃げたの。
こわかった…。

危ないところだったけど、坊やが無事でよかった。
ほっとして涙が止まらなかったの。


×月☆日

坊やをしっかり抱き締めていたら朝がきました。
結局一睡もできなかったわ…。
坊やにおっぱいをあげて、怖いけどお家に戻ってみたの。
お家の前にはピンク色のボロ雑巾のような塊が…。かろうじてハートの形の肉球らしきものでそれが姉ベビちゃんたちだとわかったわ。
生まれてから死ぬまで、なんてみすぼらしい子たちだったのでしょう…。
坊やは元姉ベビたちの姿を見ようとしないでママの胸で泣いちゃってるわ。
ごめんね、怖かったよね。
坊やをなでなでしてると、草むらから、
「やっぱり戻ってくると思ったわ!今度こそ!クロバット、おっきいタブンネにどくどくよ!」
そういって昨日の女の子がでてきて、タブンネにどくどくをかけたの!
どくが回って、苦しくて坊やを離してしまったすきに女の子はハイパーボールを坊やに投げたの!

「だめよ、坊や!ボールからでなさい!」
そう叫んだけど…

シーン…

「やったぁ!色ちがいのタブンネゲットぉ!」

そんな、坊や!ふんばってボールから出てちょうだい!
女の子が坊やを入れたボールをポケットにしまったと同時に完全に毒がまわってタブンネはその場で意識を失いました。


END

  • クソママンネにふさわしい最期wwざまぁw -- (名無しさん) 2012-02-08 15:13:23
  • 自分が♀なのにタブンネ以外生まれるわけないだろww生物なら知ってて当然じゃ・・・ -- (名無しさん) 2012-03-11 13:50:57
  • 人間がいる世界と、ポケモンだけの世界がごっちゃになってるなw -- (名無しさん) 2012-08-21 00:44:44
  • こんな糞母豚は食材生産ンネにして目の前で生まれたばかりのベビンネをフードや唐揚げにしてやりたいwwwでも子供を憎たらしく思ってるから大して反応無いかもしれんな -- (名無しさん) 2013-01-27 17:21:36
  • タブンネちゃんのラマーズ法ってミッミッフゥーかぁ…でっぷり膨らんだボディに腹太鼓積んだ気合いパンチでタマゴも希望もグチャグチャに潰してやりたくなるな♪ -- (名無しさん) 2013-02-11 08:41:16
  • コイツの元に授かった時点で子タブンネ達はもれなく不憫な人生なんだな‥ -- (名無しさん) 2013-02-11 19:33:43
  • このママンネにしろ、他のSSのママンネにしろ、タブンネにはクズ糞豚が多い -- (名無しさん) 2013-07-06 22:03:03
  • 存在価値無し、逝って良し。 -- (名無しさん) 2019-02-26 23:19:26
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。