キノウツン藩国 @ ウィキ

小笠原ログ 魔法カード発動!「アララの花束」!

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

ゲーム前


比野青狸 :おはようございます。小笠原ゲームをさせていただきに来ましたー。

芝村 :記事どうぞ

比野青狸 :
【予約者の名前】2300449:比野青狸:キノウツン藩国
【実施予定日時】2月7日/10:00~11:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・小笠原ミニイベント(1時間):0(デートチケットを使用)
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
 ・結城火焔:藩国非逗留:0(デートチケットを使用)
【合計消費マイル】計0マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・2300449:比野青狸:キノウツン藩国:入学済:0

こちらが記事です。

芝村 :イベントは?

比野青狸 :はい。一昨日の高原のゲームでアララに言われたとおり、

夏の園で火焔を探して謝りたいと思います。

芝村 :夏の園でいいのかい?

比野青狸 :え。今火焔がいるのは夏の園ではないのでしょうか

芝村 :そだよ? あ。探し出すのね。OK

芝村 :2分待って

比野青狸 :はい。よろしくお願いします

ゲーム本編


芝村 :/*/

芝村 :波の音が聞こえる。

芝村 :ここは、夏の園だ

芝村 :人影は全然ない・・・

比野青狸 :「(火焔…)」火焔を探してみます

芝村 :感覚4がリクエストだ。

芝村 :いくつある?

比野青狸 :猫猫先生猫柔術で10あります

比野青狸 :(個人含む)

芝村 :成功した。

比野青狸 :火焔はどんな様子でしょうか

芝村 :砂浜に青竜刀を突き立てた火焔が、体育すわりで海を見ている

比野青狸 :「火焔…ここにいたんだね」声をかけます

比野青狸 :「火焔……。ごめん。本当に、ごめんなさい」勢いよく頭を下げます

火焔:「気にしてないから・・・」

芝村 :貴方のほうも見ずに、言った。

比野青狸 :「嘘…。僕が君をどれだけ傷つけたかくらい、僕にもわかるよ」

火焔:「冗談言わないで。誰があんなたなんかに・・・」

比野青狸 :「君とお揃いの苗字を名乗ることができて、

僕は君とずっとそばにいられるんだって思って、嬉しくて舞い上がって。…そして調子に乗ってた」

比野青狸 :「調子に乗って、君を放って、挙句に嘘までついて…」

火焔:「終わったことだから……いいって。忘れるから」

比野青狸 :「ダメだ…忘れるなんて、言わないでほしい」

比野青狸 :「君に忘れられたら、僕は本当にダメになってしまう」

火焔:「……そんなことないわよ」

火焔は寂しそうに言った。

火焔:「……貴方には仕事あるじゃない」

比野青狸 :「宝探しも、救助活動も、しなくったって僕は生きていける。

…でも、でも君がいないと、僕はもうダメになってしまったんだ!

だからお願い。もう一度、話をさせてください…!」真剣な顔で言います

火焔:「話は今までしてたでしょ」

火焔は立ち上がった。

火焔:「私、貴方のこと何も知らなかった。ごめんね」

比野青狸 :「謝らないで。火焔が悪いんじゃないんだから…」

火焔は青竜刀を抜くと歩き出した。

芝村 :足跡を残しながら。

比野青狸 :「待って…!」火焔を追いかけます

火焔:「あんたも悪くなかった。ただ、お互い相容れなかっただけ。最初から駄目だったのよ」

比野青狸 :「火焔、火焔は本当にそれでいいの…?ここで終わってしまって…これが最後だなんて」

火焔:「これ以上、傷つきたくないもん……」

比野青狸 :「もう傷つけない…!これまで傷つけた分も取り返してみせる」

比野青狸 :「今回のことで改めて気づかされたんだ…。君がいない人生なんて、僕にはもう考えられない

……どうかもう一度だけ、僕にチャンスをください……。」真剣な目で火焔を見つめて心の底から告げます

火焔はぽろぽろ泣いていやいやと首を振った。

比野青狸 :きゅっと抱きしめます

比野青狸 :「同じことを繰り返さない…。心も成長して、火焔を悲しませない大人になる…」

火焔は離れた。

火焔:「うわ言みたいに繰り返されても、もう騙されない。ばか」

火焔は走って逃げていった。

比野青狸 :追いかけます

芝村 :ああ。いつかを思い出す光景だ。

比野青狸 :火焔の手をつかんでこちらを向かせます

芝村 :向いた。

芝村 :泣いてる

比野青狸 :「このままさよならをして、火焔が幸せになるならそれでもいい。」

比野青狸 :「でも」

火焔:「やっぱり!」

比野青狸 :「僕は、そうは思わない。」

火焔は走って逃げた。

芝村 :巨大地雷踏んだ。

比野青狸 :ダッシュで追いかけます

比野青狸 :「話は、最後まで聞いて!」

比野青狸 :「でも、僕は納得はできてもそれが許せないんだ!」

比野青狸 :「火焔を幸せにするのは、僕だ!」

火焔:「ややこしい言い方駄目だもん……もうヤダ……」

比野青狸 :「じゃあ、一言で言う!」

比野青狸 :「世界で誰よりも、君が好きだ!」

比野青狸 :「君を幸せにする。してみせる。」

火焔:「4言くらいある」

比野青狸 :「…愛してる」と言って懐からアララに選定された花を手渡します

火焔:「……花」

比野青狸 :「一言もいらなかった。この花みたいに笑う火焔がみたい」

火焔は花を大事そうにかかえている

火焔:「これぐらいで機嫌直す安い女だと思わないで」

比野青狸 :「うん…!火焔が喜んでくれるなら、何だってする」真剣に頷きます

火焔:「……じゃあ、許す」

火焔は照れてそっぽを向いた。

比野青狸 :これ以上ないくらい嬉しそうな顔をします「ありがとう…」ポロっと涙が流れます

芝村 :/*/

ゲーム後


芝村 :はい。お疲れ様でした。

比野青狸 :お、お疲れ様でした…!

芝村 :+2+2だ 取り戻したなあ

比野青狸 :やった…やったよみんな…

比野青狸 :そして高原夫妻、裏窓で見ててくれたアシタ、応援してくれた人みんなありがとうございました…

比野青狸 :アララのはなから一気に流れが変わった気がします…

芝村 :アララが仕込んでたからな。

芝村 :スピリットリンクを

比野青狸 :な、なんでしょうかそれは

芝村 :ま、きにしなさんな。親切の塊だよ

比野青狸 :名前からすると心が通じそうですが、ま、まあありがたいことには変わりないですもんね…!

比野青狸 :次回は試練か…今度はいったい何が

芝村 :ははは。試練は突破でいいだろう(笑)

比野青狸 :え!ありがとうございます!

芝村 :魔法は心を通わせた。

比野青狸 :そしてスピリットリンクに心当たりがある高原…流石小笠原大明神

比野青狸 :微笑青空も、復活ということでいいのでしょうか?

芝村 :いいでしょう。

比野青狸 :ありがとうございます…!ああ一気に力が抜けていくようなみなぎっていくような

芝村 :ははは。いやー。関係者一同、あれにはびびった

芝村 :はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。秘宝館には1・1で頼めます。

比野青狸 :関係者w はい、お疲れ様でしたー!