キノウツン藩国 @ ウィキ

屋根のない家

最終更新:

kinoutun

- view
だれでも歓迎! 編集
はる :【予約者の名前】23-00434-01:はる:キノウツン藩国

【実施予定日時】7/6 24:00~25:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
  ・高原家の母アララ2:個人ACE(高原):0
  ・稲妻の騎士雷鋼:個人ACE(高原):0
  ・高原の長女翠蓮:個人ACE(高原):0
  ・アントニオ:個人ACE(高原):0
  ・船橋空歌MK3:個人ACE(船橋):0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×5人
【合計消費マイル】計45×0.9=40マイル(端数切り捨て)
【参加者:負担するマイル】
 ・23-00434-01:はる:-31:入学済
 ・23-00442-01:高原鋼一郎:-3:入学済
 ・23-00437-01:船橋鷹大:0:入学済
 ・23-00596-02:蓬莱山:-3:入学済
 ・23-00830-01:桜城キイチ:-3:入学済

はる :なお蓬莱山は、女性PCです。

芝村 :イベントは?

はる :高原家で食事振る舞って貰うことになりました。

はる :ゲーム中のムラマサ対策をどなたかにお願いしたいです。

芝村 :はい。

芝村 :2分待ってね





芝村 :/*/





芝村 :ここはキノウツンだ。

芝村 :多くの民が外で食事してる

高原鋼一郎 :r :PLACE着用します

芝村 :変な国だ

はる :いい国だなあ。

船橋鷹大 :#そんな国だったのかー…

桜城キイチ :#自分はすきですよ!

蓬莱山 :「変な気はしますが、悪くもないというか」

はる :空を見上げる。

高原鋼一郎 :とりあえず周囲を見ている人確認します

芝村 :翠蓮が高原に抱きついた。

高原鋼一郎 :「おう」

アララ :「ほら、手伝う」

はる :「おっと、本日はどうも。急に済みません」

桜城キイチ :「こんにちは、この度はお招き頂きまして。ありがとうございます」

芝村 :料理がたくさん並んでるねえ

船橋鷹大 :「またまたお邪魔しております」

芝村 :空歌は船橋に隠れてる

高原鋼一郎 :ああ、そういや初めて会う人がいるからか>空歌的に

はる :俺も初めてだな。

高原鋼一郎 :あれ、マジで?

船橋鷹大 :#いやマグマのときに会ってない?

はる :#ああいうときのはノーカン

高原鋼一郎 :「まあとりあえず、皆座ろうよ」

蓬莱山 :「初めまして。お邪魔させて頂いています。
  …あ、蓬莱山と言います」

高原鋼一郎 :「立食かもしれないけど」

はる :花見のイメージでブルーシートと見た

アララ :「すわっていいのよ?うちの亭主はおいといて」

高原鋼一郎 :「ははは」

はる :「では遠慮無く。」 座る。

船橋鷹大 :「じゃ、座ろうか」>空歌

桜城キイチ :「では失礼して」 座ります

蓬莱山 :「失礼します」 端に座ります

芝村 :なんか、見知らぬ料理だ。

芝村 :うまそうな匂いはするが・・・

高原鋼一郎 :皿の上に見えてる食材とかを見ます

はる :手を合わせます。

芝村 :豆、羊、トマト、香辛料。

芝村 :トウモロコシを練って薄く焼いたもの

高原鋼一郎 :「(アラビアというか…中東、メキシコかな)」

はる :タイ料理かな

アララ :「さ、食べた食べた。熱い方がおいしいわよ。チーズはあそこ。すきなように切ること」

はる :「いただきまーす」

高原鋼一郎 :「はーい。呑みたい奴は度を過ぎないように呑んでくれ」

はる :いっておくが今日は食べるロールしかしないぞ、おれは。

高原鋼一郎 :わかってるよw

桜城キイチ :「ゴクリ・・・ではご相伴に」

蓬莱山 :手を合わせます。
「うわぁー、見たことがない料理です」
「食べ方とかあるんですか?」

船橋鷹大 :「ありがとうございます。では、いただきます」

高原鋼一郎 :酒の封を切って飲める奴には回します

はる :「...」割とマナーよく食べる。

アララ :「包んで食べてね。ハムもあるわ」

芝村 :はるはあまりの辛さにもんぜつしかけた

高原鋼一郎 :「トルティーヤかな」

はる :「からっ 酒、酒」

高原鋼一郎 :とうもろこしの皮にチーズと食材を載せて捲いた後にがぶりと食べます

高原鋼一郎 :「んがんが」

芝村 :酒のむとさらに辛くなる

船橋鷹大 :「…普通水だろ」

芝村 :これはまるで罠だ。

はる :「辛さのWCOPやー」

芝村 :翠蓮は牛乳をはるに渡した。

芝村 :にこっと笑ってる

高原鋼一郎 :「ああ、牛乳は辛さ抑えるな」

蓬莱山 :「……」
はるさんの態度をみて、悶絶しないよう少しづつ食べます。
もそもそと。

はる :「かたじけのうござる...」

桜城キイチ :#辛く無さそうなものをそれとなくえらんで食べてみます

高原鋼一郎 :そういや息子っています?

はる :「辛い、が。美味い。ああ、青空が涼しくていいな」

芝村 :雷鋼は、ちょうど今し方ゆっくり歩いてきた

芝村 :結構すすけてる

アララ :「どこであそんできたんだか」

はる :牛乳はどこ産かな。ぱんくす印?

芝村 :牛乳はフィーブル産だよ

はる :フィーブル産かあ

高原鋼一郎 :まあ、産地が近いほうが確かに新鮮だし

桜城キイチ :#フィーブル牛乳Σ

高原鋼一郎 :「おかえり、お疲れ」>雷鋼

桜城キイチ :「こんにちは、お邪魔しております」

蓬莱山 :「初めまして。お邪魔しています」

高原鋼一郎 :瓶牛乳があったら渡します

芝村 :渡した。

芝村 :雷鋼は頭を下げた。

雷鋼 :「・・・だめだった」

高原鋼一郎 :#思春期め

はる :「ひさしぶり。ごちそうになってます」

高原鋼一郎 :「そうか」

芝村 :雷鋼は黙って食べ出した。

高原鋼一郎 :「ま、とりあえず後で考えよう」

アララ :「素子さんのこと?」

芝村 :雷鋼はだまってうなずいた。

高原鋼一郎 :#よし、俺がわからん理由だ!

はる :#俺もわからんw

桜城キイチ :#なにやら大変な事に?

船橋鷹大 :#みんな分からないよw

蓬莱山 :「?」
もそもそ

高原鋼一郎 :「ま、何でも上手く行くわけじゃあない」

芝村 :翠蓮が高原の目を見た

高原鋼一郎 :見返します

芝村 :高原は情報を収得した

高原鋼一郎 :おお、またしても新技

芝村 :昔、NWCであったあれを、どうやら皆で実行したらしい。

高原鋼一郎 :あー

高原鋼一郎 :いつぞやのあれですか

芝村 :翠蓮は微笑むと、空歌に甘えてる

はる :わからないけど中がよい親子だなあとほのぼのする

蓬莱山 :旦那って良いなあ。

桜城キイチ :嫁っていいなぁ

芝村 :はるはこの国が静かなのを感じた。

芝村 :ムラマサもなりそこないもいないようだ。

はる :「少しは平和になったのかな」

高原鋼一郎 :「一歩目ってとこじゃないかな」

高原鋼一郎 :「進んだり戻ったりして、ようやく一歩目」

はる :「なに、歩いた距離はだいぶんあるさ。その距離の分、俺たちも成長していける」

アララ :「いい方向にいってるわよ」

アララ :「外で食べるなんて、もうずいぶんなかったから」

高原鋼一郎 :「そういやそうだっけなあ」

桜城キイチ :「良かった・・・」

船橋鷹大 :「はやく普通に生活できるようになるといいなあ」

桜城キイチ :「はやくお墓参りができるように・・・」ボソリ

蓬莱山 :「今日は、何かの祝いの日なんですか?」

はる :「ん、ああ。(思い出した感じで)キイチさん、蓬莱山さん。入国ありがとう。こんごともよろしく」

高原鋼一郎 :「ああ、そういえばそうだったな」

はる :「ずいぶん前に言いそびれた」

桜城キイチ :「恐縮です。こちらこそ宜しくお願いしたします」

蓬莱山 :「有難う御座います。言おうと覚えていてくれた事が、嬉しいです」>はるさん

芝村 :上空を帝國の航空機が飛んでるように見えるな。

はる :3回宙返りしたら今度は黄色いマフラーつけてこいと言おう

はる :「上空...偵察? 穴を探してるのかな」

高原鋼一郎 :「かもなあ。まあ気にして料理が冷めるよりは」

蓬莱山 :声で上を見上げてみます。
Q:航空機の形式とか判りますか。

芝村 :A:見たことない形式だ。

はる :ケント2かもな

高原鋼一郎 :新型蒼龍かもしれん

桜城キイチ :ワクワクします

はる :「とりあえずコナものを攻めよう」

高原鋼一郎 :「ああ、そういや覚えてるか?はるが昔お前らにおもちゃくれたの」>翠蓮&雷鋼

翠蓮 :「ベッドにあるよ」

雷鋼 :「はずかしいからいうなよ・・・」

芝村 :雷鋼は後ろ向いて食べてる

芝村 :偉い恥ずかしいらしい。

はる :「はは、それは嬉しいな」

船橋鷹大 :「お、そうだ。忘れないうちに頼まれてたもの渡しとくよ」>はる
はる :「お、さんきゅー」

船橋鷹大 :r:高機能ハンドヘルドを1つはるに渡します

はる :r:受け取ります

芝村 :受け取った

蓬莱山 :それだったらかなり吹きます。>新型蒼龍
何か流れが面白いので、ちょっとによによしながらもそもそ食べます。

高原鋼一郎 :「ま、そんなもんさ。自分のやってきたことを振り返れるってのはいいことだ」
微笑みます

はる :hinはとんでないのかなあ

はる :「もぐもぐ」

高原鋼一郎 :飛んでたら大事だろ。バッジ出撃だぞ

芝村 :hinはこのターン燃料不足でとんでないねえ

はる :残念。

高原鋼一郎 :リソース食いですからねーうちのアイドレスは

桜城キイチ :一度跳んでるところをみたいですねぇ

はる :hinは一機で十分良いんだよ。

はる :そだねえ。もぐもぐ。

芝村 :辛さになれた。

芝村 :うまくなってきた

高原鋼一郎 :皿の様子を見て、足りなさそうなら何か作ってきます

桜城キイチ :「確かに慣れるとこれはこれで・・・」

はる :「うおォン こいつはうめえ」

芝村 :たりないねえ。

はる :「お前のおにぎりはうまかったぞ>高原」

蓬莱山 :「こう、これタッパーとかに詰められませんかね」

高原鋼一郎 :じゃ、何か作ってきましょう

桜城キイチ :「バンバンジー操者の方もこんな境地に・・・」

芝村 :空歌が、デザート一杯もってきてる

はる :デザート来た! これでかつる!

高原鋼一郎 :「デザートか。じゃあ、飲み物でも持ってくるかな」

はる :「いやいや、本当にごちそうになるだけでなにもしてないなあ」

芝村 :飲み物はフルーツジュースがたくさんある

芝村 :ながみ産だ

高原鋼一郎 :じゃ、それ持って行きましょう

芝村 :持ってきた。

はる :「ながみ産か。あそこのおにぎりもうまかったな」

高原鋼一郎 :「ほい、辛いもん食った後だし果物で舌を休ませるといいな」

桜城キイチ :「おお、色々な土地の味が」

アララ :「今日は共和国のだけよ」

芝村 :アララは笑ってる。

高原鋼一郎 :「ああ、そういやそうだったね」

蓬莱山 :「あ、ありがとうございます」

船橋鷹大 :「デザート一つ貰おうかな」

はる :「ありがとうございます」

高原鋼一郎 :「ありがとう」>アララ

桜城キイチ :「ムシャリ・・・これは共和の味」

はる :「...」たべて震えてる。

芝村 :アララは微笑んだ。

芝村 :高い果物の味がするよ

芝村 :帝國産の五倍くらいする。

はる :あえて値段聞かなかったのに!

蓬莱山 :共和国だけというのに、なんか感謝の気持ちのようなものがわいたので、頭を下げます。

高原鋼一郎 :「何か飲むか?」>雷鋼・翠蓮

翠蓮 :「うん」

雷鋼 :「ビール」

はる :「3年早いな」

高原鋼一郎 :「東さんが聞いたら切れるな」

雷鋼 :「・・・ちぇ」

芝村 :雷鋼はジュース飲んでる

高原鋼一郎 :苦笑しつつ、ジンジャーエールを雷鋼に出しておきます

はる :「ジュース美味いぞー」

高原鋼一郎 :おっと

芝村 :なんかかっこわるいらしい。

芝村 :ジンジャーエールも受け取った

高原鋼一郎 :翠蓮は何か飲みたそうなのあります?

芝村 :翠蓮はなんでもよさそうだね

高原鋼一郎 :よし、じゃあせっかくなのでミックスジュースに挑戦します。

船橋鷹大 :「俺はジュースで良いや。空歌はどうする?」

空歌 :「・・・少し、わけて」

船橋鷹大 :「ん、おっけー」

芝村 :空歌は恥ずかしがってる

はる :空を見上げる。

はる :「...外で呑むのも良いなあ」

はる :腹一杯。

芝村 :はるは空を見た。

芝村 :昔、あったはずの穴はない

はる :#藩王ゲート?

高原鋼一郎 :#人のゲートは上に開くもんだから、また違う意味だと思う

高原鋼一郎 :#サトルさんがふさいだやつじゃねえかな

はる :少しだけうとうとして寝ます。良い夢見れそうだ。

高原鋼一郎 :#自分で言いだしておいてw

はる :「はがね、おれ暖かい家庭とか無いけどさ。いまわりと幸せだぜ」


 間。


雷鋼 :「あんたの家はこの国だよ。国民はみんな感謝してるさ」

芝村 :雷鋼はいうだけいって逃げた

芝村 :恥ずかしかったらしい

高原鋼一郎 :台詞を考えているうちに言い逃げされた!

アララ :「若いわねえ」

桜城キイチ :#照れ屋さんw

高原鋼一郎 :「ま、それも一興」

はる :#わかいなw

高原鋼一郎 :「ま、いつもありがとうな」>はる

はる :「おう」

はる :#しまった、俺が寝たら話がつづかないのでは...

はる :#あとなんかたのんだw

高原鋼一郎 :#なんだそのムチャ振り

蓬莱山 :はるさんの脇の料理をどけておきます。裾とかが汚れないように。

桜城キイチ :「食べてすぐ寝ると牛になりますよー」

船橋鷹大 :「あ、懐かしいなそのセリフ」>キイチさん

芝村 :アララは微笑んだ。毛布を持ってきた。

芝村 :空歌と翠蓮がかけた。

はる :ぐうぐう。おお、かなり幸せだw

翠蓮 :「家族出来るといいね。おじさん」

はる :#ぐさあ

高原鋼一郎 :ははは

高原鋼一郎 :と、苦笑しておきます

はる :ま、いいけどねw





芝村 :/*/





芝村 :はい。おつかれさまでした

はる :お疲れ様でしたー。

芝村 :良い、お話でした

船橋鷹大 :お疲れ様でした

蓬莱山 :お疲れ様でした。

はる :よし、食って寝ただけだった。

高原鋼一郎 :お疲れ様でした

高原鋼一郎 :というかお前今更だがダモクレス出してやれよw

桜城キイチ :おつかれさまでした

はる :勝手に出てくるかと思っていたw

芝村 :ダクモレスは、平和ではでてこない

高原鋼一郎 :そんな設定がw

はる :呼ぶと手に収まる感じなんだよ。ほら

桜城キイチ :おお、では。平和な証拠

芝村 :ええ

芝村 :あぶなくなると、まず頭上にでる

はる :おれがやばいw

高原鋼一郎 :ひでえwwww

桜城キイチ :なんというバロメーターw

蓬莱山 :Σ危険な

船橋鷹大 :#まあ頑張れw

高原鋼一郎 :二号はじゃあきっと地面から…

はる :平和なのがわかってよかったじゃないか。まあ。

はる :学校のこと聞けなかったけど

高原鋼一郎 :そーね

高原鋼一郎 :まあVZAがいないとこで学校の話するのも

はる :自作のソングを用意していたが恥ずかしすぎてやめた

桜城キイチ :気になるw

高原鋼一郎 :それは恥ずかしい

船橋鷹大 :楽器買ったんだから歌えばよかったのにw

蓬莱山 :よしr:実行で

高原鋼一郎 :青春メモリーのベスト5には入るな>自作の歌

はる :ぎゃー。こっぱずかしい

高原鋼一郎 :しかしこー

高原鋼一郎 :息子が思春期だなあ

はる :あいつは思春期だ

高原鋼一郎 :かっこいい台詞を言いたくなる時期ってあるよね>男の子的に

桜城キイチ :よいお年頃ですね

芝村 :うむ

はる :おまえひどいなw

芝村 :思春期だ

高原鋼一郎 :いや男なら誰もがかかるもんだよ…

高原鋼一郎 :そして大人になって何であんなことを、と転がるんだ

桜城キイチ :そろそろ恋なんぞを

はる :きちんと記録しておかないと

蓬莱山 :黒歴史ノートとかを発掘して大打撃なんですね

はる :と、そろそろお開きと言うことで。

はる :ではでは、本日はありがとうございましたー

高原鋼一郎 :浮いた話より功夫の方が性に合ってるぽいけどね>あいつ

蓬莱山 :お疲れ様でした。今日はどうもありがとう御座いました。

高原鋼一郎 :ありがとうございましたー

芝村 :評価は+1+1

桜城キイチ :お疲れさまでした、ご馳走様でしたー

芝村 :秘宝館には1,1で依頼できます

はる :ういす。

芝村 :では解散しましょう。おつかれさまでしたー

船橋鷹大 :分かりました。

はる :お疲れ様でしたー。

船橋鷹大 :お疲れ様でした。



 芝村 が会話から退席しました。