※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「正木時茂」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

正木時茂 - (2008/08/22 (金) 02:05:59) のソース

☆このページでは、霧雨の野望における正木時茂について詳細に解説しています。
史実での正木時茂について詳しく知りたい方はwikipediaなどの正木時茂を調べてください

&bold(){&big(){正木時茂(まさきときしげ)(永世10年(1513年- )}}

里見家家臣。
滅亡後は武田家家臣に。
//ここらへんにジョークなどを交えつつ解説を。(マジメでもいいけどね)
//下のデータで補足されていくので言葉が足りなくてもかまいません。
//視聴者って書かずに「町の人間」とか言い換えて書いてもいいかも。

☆出生・家族構成

//帰蝶は信長の嫁ですが、ありですかね?
//実際はいるんだけどゲームor本編では登場しない人物は記載しない方針で。
//ただし、既に死んでる人は表記しても大丈夫でしょう。多分。

☆官位・役職


☆参加合戦
//合戦名云々決めたがっている理由はこの項目が理由だったりします。
//名前が決まらない→書けない→何したかの解説が不足する→紹介しきれないorz


----

|革新能力|~|~|~|~|
|統率71|武勇85|知略44|政治16|義理78|
|足軽S|騎馬C|弓D|鉄砲D|計略D|
|兵器D|水軍A|築城D|内政C||
戦法:槍衾、槍突撃、先駆け(Act89現在)

|>|うp主解説|
里見家臣。槍大膳の異名をとる猛将。第二次国府台での活躍が知られるが、
後の研究により時茂はこの時すでに故人であった説が濃厚になっている。
とんだハッタリと思われそうだが、子や一族の武功がこの人のモノとして
語られてしまう事自体が武勇の証明。能力も豪勇の士そのものである。

|>|緑の人解説|
覇王伝以降のシリーズにおいて、里見が弱小の座を返上した最大の要因こそが
この大エースの存在。その猛将ぶりは、作品によっては地黄八幡([[北条綱成]])と
正面切ってガチンコできる程だったから恐れ入る。


|>|東方風武将解説|
「里見の運命を握る程度の能力」

//東方風武将解説の人のが現在追加されていないのはテーブルタグの調整に手間取っているためです。
//イジメとかそんなのではないので邪推なされないようにお願いします。

----