※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「八衛 太一郎」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

八衛 太一郎」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *八衛 太一郎
 |&bold(){名前}|八衛 太一郎|
 |&bold(){種族}|半人半妖|
 |&bold(){能力}|妖怪を退治する程度の能力|
 |&bold(){二つ名}|いにしえの退治屋|
 |&bold(){性格・特徴}|熱しにくく、冷めやすい性格|
 |&bold(){年齢}|不明(本人が数えていなかった。)|
 |&bold(){趣味}|散歩・旧友との世間話|
 |&bold(){特技}|詰将棋・詰碁・利き酒|
 
 
 説明
 
- 幻想郷に住む、元退治屋。古参組とは旧知の中で、交友関係は千年近く続いているらしい。現住所は人里からそれほど離れていない、森の中にある屋敷。幻想郷ができるより以前、外で退治屋をやっていた経験がある。現在の仕事は用心棒で、依頼によっては人から妖怪、果ては亡霊まで警護する事がある。基本的に仕事を選好みしないのだが、依頼者に対して抱く印象によっては依頼を断る場合もある。元退治屋ではあるが、妖怪退治の仕事は現在請け負っていないらしい。
+ 幻想郷に住む、元退治屋。古参組とは旧知の中で、交友関係は千年近く続いているらしい。現住所は人里からそれほど離れていない、森の中にある屋敷。幻想郷ができるより以前、外で退治屋をやっていた経験がある。現在の仕事は用心棒で、依頼によっては人から妖怪、果ては亡霊まで警護する。基本的に仕事を選好みしないのだが、依頼者に対して抱く印象によっては依頼を断る場合もある。元退治屋ではあるが、あくまで元なので妖怪退治の仕事は現在請け負っていない。最近の悩みは依頼者が異変をおこし、契約中の彼自身が異変の片棒を担がされる事。
  主な戦闘手段は常に帯刀している刀(銘は不明)での近接戦闘。半分が妖怪である彼が何故退治屋をやっていたのかは分かっていない。正規の剣術ではない我流剣術を扱うが、その剣腕は本物である。
 
 能力説明
  文字通り、いかなる妖怪でも退治できる程度の能力。ではない。彼自身は特殊な能力を所持しておらず、体の頑強さ・身体能力の高さ・剣術の技能によって妖怪を退治してきた。この能力名は退治の成功率の高さなどから、周りから呼ばれ始めたもの。