時計の街

「時計の街」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

時計の街」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

架空の町の割と簡単な作り方。 1.最初にいつく人は誰で、なんの理由でそうなった? 2.人が集まって来たのは何故で何処に接続している? 3.100年毎に何処が拡張された? 4.貧富の差は何処に反映される? 5.政治はどこで? 6.水はどうか。 7.不便は開発が遅い #image(領地 地図.jpg) *部品構造 -大部品: 時計の町 RD:61 評価値:10 --部品: 時計の町の概要 --部品: 親方 --部品: 徒弟 --部品: 時計職人 --大部品: 時計の町の特産品 RD:2 評価値:1 ---部品: 職人の手がけた時計達 ---部品: 海鮮丼 --大部品: 時計の町の地形 RD:3 評価値:2 ---部品: 東都と南都へ至る道 ---部品: 中規模オアシス ---部品: オアシス川 --大部品: 恒例行事 RD:8 評価値:5 ---部品: 時計早組み大会 ---部品: 夏至の時計祭 ---部品: 時計の祝日 ---部品: 天文時計を使った天体観測 ---部品: 模型飛行機コンテスト ---部品: 鳥人間コンテスト ---部品: レンジャーエアレース ---部品: 産業振興アイデアコンテスト --大部品: 時計の町の町内施設 RD:44 評価値:9 ---大部品: 時計塔 RD:28 評価値:8 ----大部品: 時計塔の10年の思い出 RD:10 評価値:5 -----部品: 1年目の計画 -----部品: 2年目の領地の預かり -----部品: 3年目の施工開始 -----部品: 4年目の時計 -----部品: 5年目の商売 -----部品: 6年目の村落形成 -----部品: 7年目の塔完成 -----部品: 8年目の願い -----部品: 9年目の完成 -----部品: 10年目の稼働 ----部品: 芥辺境の時計塔 ----部品: 煉瓦造建築 ----大部品: 塔の各階層詳細 RD:8 評価値:5 -----部品: 地下:資材倉庫 -----部品: 1階:吹き抜けエントランス -----部品: 2階:管理人室 -----部品: 3階:二対の大きな振り子 -----部品: 4階:二対一組の機械時計 -----部品: 5階:大時計 -----部品: 6階:大鐘楼 -----部品: 6階外周:展望デッキ ----大部品: 時計塔の観光所 RD:2 評価値:1 -----部品: 待ち合わせ広場 -----部品: ランドマーク ----大部品: 時計塔メンテナンス RD:6 評価値:4 -----部品: 二対一組の機械時計 -----部品: メンテナンス道具一式 -----部品: 大時計の切り替え機構 -----部品: 夏至と冬至 -----部品: 小規模メンテナンス -----部品: 大規模メンテナンス ----大部品: 機械産業の振興 RD:0 評価値:0 ---部品: 診療所 ---部品: 消防署 ---部品: 警察署 ---部品: 港 ---部品: 町役場 ---部品: 繁華街 ---部品: 総合体育館 ---部品: 図書館 ---部品: リサイクル施設 ---部品: ごみ処理施設 ---部品: 河川堤防 ---部品: 防砂林 ---部品: 時計工房 ---部品: アーケード ---部品: 民間飛行場 ---部品: 住宅街 *部品定義 **部品: 時計の町の概要 時計塔を中心に時計産業が広がっていったために出来た町。その町には時計職人達のアトリエが並び、様々な時計は町の時間を刻んでいる。 また、精密機械や機械工学の発展に寄与する活動を主にしている。 **部品: 親方 同じ業の一群の職人・弟子(でし)の技能を導き、また生活の面倒を見て、監督する人・頭(かしら)。親方作品を提出し試験に合格することで認められる。 **部品: 徒弟 見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。徒弟や弟子であってもキャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。 **部品: 時計職人 時計を作る職人職業。精密な時計を作る機械時計を作る人や、先端技術を集めた精鋭時計を作る者まで様々な人達がいる。 **部品: 職人の手がけた時計達 時計の町には様々な時計工房が並べられている。熟達した職人からひよっこ職人まで、千差万別の時計達がこの町には存在している。 その為、この町に住む時計達は皆、時計工房で作られたものばかりである。 **部品: 海鮮丼 港でほそぼそと行われている漁業でとれた魚を使った海鮮丼。広く広まっておらず、今は町の中で密かに特産となっている。 **部品: 東都と南都へ至る道 大手道として、時計の町には北へ向かい南都へ続く道と、オアシス沿いから東都へ向かう道の二つが存在する。 **部品: 中規模オアシス 対岸が見えるほどの中規模のオアシス。真水がとれ、付近の町ではこの水を生活用水として使い、支えてくれている。 **部品: オアシス川 沿岸部に近いオアシスに治水工事を施し、オアシスから海まで流れる川を形成した。これにより、人工的な川辺に様々な生活様式が生まれる。 **部品: 時計早組み大会 規定のパーツに分けられた時計の部品を、制限以内に組み立てられるかを競う大会。組み立てる時計のレギュレーションは当日まで発表されない為、パーツから全体を把握する観察力、発想力、手の速さが求められる。 **部品: 夏至の時計祭 最も一日の長い日である夏至祭を待ち合い広場で行うと共に、時計塔内にある2つ1組になっている機械時計を切り替える日でもある。一年の内二度ある、時計塔の大振り子が2つ同時に動いているのを見ることができる日でもある。 **部品: 時計の祝日 この日は冬至であり、夏至とは対象的に祝日として制定している。この日は夏至と同じ、時計塔の2つ1対の機械時計が切り替わる日でもあり、大きな振り子が2つ同時に見ることができる。 **部品: 天文時計を使った天体観測 通年イベントとして、天文台で観測に使用される、きわめて正確な天文時計を使った天体観測を実施している。 **部品: 模型飛行機コンテスト 時計塔を除いた低い町並みである町の上空を使ったコンテスト。アマチュア部門からプロ部門まで幅広い参加ができる。 **部品: 鳥人間コンテスト 実物大の飛行模型、またはアマチュア動力による飛行機による飛行機コンテスト。沿岸部から海に向かって飛ぶことで飛距離を競う。 **部品: レンジャーエアレース プロペラ機による最速を決めるレース。規定高度以下を飛行し、コース上にある障害物を避けながらタイムを競う。 **部品: 産業振興アイデアコンテスト レンジャー連邦における新しい産業、または既存産業の新しいカタチは何なのかをテーマに討論やアイデア発表を行うコンテスト。 **部品: 1年目の計画 迷宮突破後、レンジャー連邦に所属することになった自分が下りたのは広がる砂漠だった。いつしか思った、ここにまた思い出の時計塔を作れるのでは?と。 **部品: 2年目の領地の預かり まとめた計画書を持って、領地の預かり申請を行った所、許可が出た。その後の面接はあったものの、これで計画は進められる。 **部品: 3年目の施工開始 施工までに3年ほど時間がかかった。領地を預かり、予定地点に資材や人員をもってくる。もちろん、生活できるように多少のインフラも整備して置く必要があった。 **部品: 4年目の時計 時計塔の肝である時計部分の製作が始まった。多くの人が関わる中、新しく時計製作に関わる人達にもレクチャーを行うことにした。 **部品: 5年目の商売 時計塔の施工からしばらく立ち、時計塔の噂を聞きつけたのか商売たくましく出店が増えてきた。経済も回っていないのに人が居るこの場所が良い稼ぎ所になると踏んだようだ。 **部品: 6年目の村落形成 時計塔の完成間近になればもう半ばコミュニティーとして機能するようになっていた。家が立ち、商店が立ち並ぶ様はアーケード街のようだった。 **部品: 7年目の塔完成 7年目には時計塔は完成していた。まだ、塔だけで中の時計はまだ終わっていなかったのだ。時計部分は心臓部。早急の歓声が急がれた。 **部品: 8年目の願い 時計作りは難航した。何より巨大な二対一組の機構だ。絶対的に人手が足りなかったのである。だけどこれ以上引き下がれない、そして信じて着てくれた人たちの為にも完成させなければと、皆は時計塔に願いを込めていたのだ。 **部品: 9年目の完成 施工期間は大幅に伸びたが、無事完成を見ることが出来た。各機構の最終調整と最後の式典のための準備が行われることになった。 **部品: 10年目の稼働 完成した時計塔は、その基準となる関係上夏至の日に稼働を決めていた。記念の日、資材や仮設置き場としていた広場は「待ち合わせ広場」と改められ、時計塔はその時間を刻み始めた。 **部品: 芥辺境の時計塔 時計塔はこれで二代目にあたる。今はすでに無く、施工主であり管理人の白河 輝が思い出の中で残した姿を再現したのである。 **部品: 煉瓦造建築 煉瓦を基本材料として構築する組積式構造という。取扱いの容易な大きさの長方体の粘土の単体を焼成し,これを組積して主要部分を造り,梁などの横架材には木材を用いるものが多い。 **部品: 地下:資材倉庫 地下は構造物よりも広く取られており、そこには防災避難用の備蓄アイテムを備え、非常時はそれらが解放される。 **部品: 1階:吹き抜けエントランス 吹き抜けのエントランス。3階まで吹き抜けになっており、広々としている。ここから二階と地下への階段が備え付けられている。 **部品: 2階:管理人室 2階から3階の間に設けられた六畳程度の管理人室。設けられた窓からは振り子が見え、更に上の構造部分が見える。また、メンテナンス用の道具一式もここにおさめられている。 **部品: 3階:二対の大きな振り子 1階から見上げることで見える大きな2つの振り子。片側の振り子は止まり、もう片方が動く仕組みになっており、半年ごとに交代する。 **部品: 4階:二対一組の機械時計 このフロアでは、対照的な二対の機械時計機構が1フロアを埋め尽くすように存在している。半年ごとに片側が稼働し、もう片方がメンテナンスを行うことで常に時計塔の時計は動いている。 **部品: 5階:大時計 このフロアには時計塔を時計塔たらしめる、東西南北に一つずつ稼働している時計がある。4階から繋がっており、ここで対になってる機構の連結操作を行う。各時計が狂わないよう、中での機構が統一されている。 **部品: 6階:大鐘楼 大きさが1.8mもある巨大な鐘楼。時計塔の時刻を知らせるもので、重く響くも耳障りもよく、遠くまで聞こえる。 **部品: 6階外周:展望デッキ 鐘楼を囲むように展望デッキが出ている。ただ、それほど広さもないため、危険なので許可がない限り人が入ることはないようになっている。 **部品: 待ち合わせ広場 時計塔の周りに設けられている公園スペース。そこはランドマークとしてそびえる時計塔の膝下の為、誰もがそこで待ち合わせができるよう公園が整備されている。 **部品: ランドマーク 山や高層建築物など、ある特定地域の景観を特徴づける目印。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印であるが、昨今では待ち合わせなどに使われることが主である。 **部品: 二対一組の機械時計 時計塔内で動いている大時計の心臓部。フロアをほぼ満たすゼンマイや歯車、下のフロアにまで伸びる振り子は、実は同一の時計機構が2つ並列している形を取っている。これは、メンテナンスの為に時計を止めることはできないため、2つ用意しておき、半年ごとにメンテナンスと稼働を交互に行うことで常に時を刻めるようにしている。 **部品: メンテナンス道具一式 時計塔の機械時計をメンテナンスするための道具一式。普段は管理人室においてあり、時計塔にあわせてなのか、比較的大きめに作られている。 **部品: 大時計の切り替え機構 時計塔の4枚の大時計には、二対一組の機械時計から動力を得ており、それぞれの機構から送られる動力を切り替える機構がついている。 **部品: 夏至と冬至 夏至、冬至。この日が半年ごとのメンテナンス切り替えを知らせる日でもあり、唯一二対一組の機械時計が同時に動く日でもある。 **部品: 小規模メンテナンス メンテナンス中の機械時計は定期的な小規模メンテナンスが実施される。このときは大抵管理人か、その代理の時計職人が行うことになっている。 **部品: 大規模メンテナンス メンテナンス中、短期間で集中的に且つ大々的にメンテナンスを行うことを指す。このときは管理人はもちろん、選りすぐりの時計職人たちが集まり、一斉にメンテナンスを行う。 **部品: 診療所 医師が、特定多数の人に対し診療を行う場所。患者を入院させるための施設を有しない、または一定数以下の病床ベッドを備えた施設がコレに当たる。 **部品: 消防署 消防職員、及び関連設備の揃った施設。消火隊、救急隊が常設されており、救急車や消防車などもこの施設に付随している。 **部品: 警察署 治安維持を担う警察や治安維持役職が務める、地域の本部や事務所の事を指す。人口などが一定以上の都市などに配置される。 **部品: 港 臨海部に接している船舶が停泊する場所。防波堤を築き、漁船舶や貿易船舶、旅客船などが行き交う場所でもある。 **部品: 町役場 町の行政事務を取り扱う役所。中には以下のものがある。 ・企画政策部 ・防災危機管理部 ・総務部 ・福祉部 ・都市整備課 ・消防本部 ・教育部 ・観光課 ・多目的会議室 ・市町村防災行政無線 **部品: 繁華街 商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店や専門店、飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。 **部品: 総合体育館 町の中にある、地域スポーツの促進の為に作られた施設。スポーツイベントや集団スポーツの練習場としても開放されている。 **部品: 図書館 時計の町にある図書館。蔵書量はそれなりで、町に関する歴史もここで調べることができる。特色上、機械工学やそれに関連する専門書が多い。 **部品: リサイクル施設 資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化を目指し、設置された場所。町で出たゴミなどをこの施設に持ってくる事になっている。 **部品: ごみ処理施設 町ででたゴミや不用品を処理する施設。基本的に生活で出たゴミが中心だが、別棟で産業廃棄物なども扱っている。ここで弾かれた使えそうなゴミはリサイクル施設へ。 **部品: 河川堤防 河岸に沿って土砂を盛り上げた治水構造物のことである。オアシス川の形成するのにこの堤防が使われている。 **部品: 防砂林 飛砂に備える防災林の一種。飛砂による被害の防止・軽減を主目的として設けられる森林であり、西国人の生活には無くてはならない物。 **部品: 時計工房 時計職人達が構えるアトリエのこと。ここで職人の親方達は徒弟をとり、自らの技術を磨き継承していく施設である。 **部品: アーケード 柱で支えられる連続したアーチやヴォールトを用いた通路や歩道、または一続きのアーチが覆う歩道等の道路を指す言葉である。 **部品: 民間飛行場 時計の町で機能している空港のことである。他の都市や町を結ぶ飛行場の一つで時計の町の玄関口の一つである。 **部品: 住宅街 この町に広がる一般的な住宅街。領地の国民は基本ここに住んでおり、職人を目指す人以外の住宅も多数あるため、レンジャー連邦の一般的な住宅事情とあまり変わらない生活が見れる。 *提出書式 大部品: 時計の町 RD:61 評価値:10 -部品: 時計の町の概要 -部品: 親方 -部品: 徒弟 -部品: 時計職人 -大部品: 時計の町の特産品 RD:2 評価値:1 --部品: 職人の手がけた時計達 --部品: 海鮮丼 -大部品: 時計の町の地形 RD:3 評価値:2 --部品: 東都と南都へ至る道 --部品: 中規模オアシス --部品: オアシス川 -大部品: 恒例行事 RD:8 評価値:5 --部品: 時計早組み大会 --部品: 夏至の時計祭 --部品: 時計の祝日 --部品: 天文時計を使った天体観測 --部品: 模型飛行機コンテスト --部品: 鳥人間コンテスト --部品: レンジャーエアレース --部品: 産業振興アイデアコンテスト -大部品: 時計の町の町内施設 RD:44 評価値:9 --大部品: 時計塔 RD:28 評価値:8 ---大部品: 時計塔の10年の思い出 RD:10 評価値:5 ----部品: 1年目の計画 ----部品: 2年目の領地の預かり ----部品: 3年目の施工開始 ----部品: 4年目の時計 ----部品: 5年目の商売 ----部品: 6年目の村落形成 ----部品: 7年目の塔完成 ----部品: 8年目の願い ----部品: 9年目の完成 ----部品: 10年目の稼働 ---部品: 芥辺境の時計塔 ---部品: 煉瓦造建築 ---大部品: 塔の各階層詳細 RD:8 評価値:5 ----部品: 地下:資材倉庫 ----部品: 1階:吹き抜けエントランス ----部品: 2階:管理人室 ----部品: 3階:二対の大きな振り子 ----部品: 4階:二対一組の機械時計 ----部品: 5階:大時計 ----部品: 6階:大鐘楼 ----部品: 6階外周:展望デッキ ---大部品: 時計塔の観光所 RD:2 評価値:1 ----部品: 待ち合わせ広場 ----部品: ランドマーク ---大部品: 時計塔メンテナンス RD:6 評価値:4 ----部品: 二対一組の機械時計 ----部品: メンテナンス道具一式 ----部品: 大時計の切り替え機構 ----部品: 夏至と冬至 ----部品: 小規模メンテナンス ----部品: 大規模メンテナンス ---大部品: 機械産業の振興 RD:0 評価値:0 --部品: 診療所 --部品: 消防署 --部品: 警察署 --部品: 港 --部品: 町役場 --部品: 繁華街 --部品: 総合体育館 --部品: 図書館 --部品: リサイクル施設 --部品: ごみ処理施設 --部品: 河川堤防 --部品: 防砂林 --部品: 時計工房 --部品: アーケード --部品: 民間飛行場 --部品: 住宅街 部品: 時計の町の概要 時計塔を中心に時計産業が広がっていったために出来た町。その町には時計職人達のアトリエが並び、様々な時計は町の時間を刻んでいる。 また、精密機械や機械工学の発展に寄与する活動を主にしている。 部品: 親方 同じ業の一群の職人・弟子(でし)の技能を導き、また生活の面倒を見て、監督する人・頭(かしら)。親方作品を提出し試験に合格することで認められる。 部品: 徒弟 見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。徒弟や弟子であってもキャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。 部品: 時計職人 時計を作る職人職業。精密な時計を作る機械時計を作る人や、先端技術を集めた精鋭時計を作る者まで様々な人達がいる。 部品: 職人の手がけた時計達 時計の町には様々な時計工房が並べられている。熟達した職人からひよっこ職人まで、千差万別の時計達がこの町には存在している。 その為、この町に住む時計達は皆、時計工房で作られたものばかりである。 部品: 海鮮丼 港でほそぼそと行われている漁業でとれた魚を使った海鮮丼。広く広まっておらず、今は町の中で密かに特産となっている。 部品: 東都と南都へ至る道 大手道として、時計の町には北へ向かい南都へ続く道と、オアシス沿いから東都へ向かう道の二つが存在する。 部品: 中規模オアシス 対岸が見えるほどの中規模のオアシス。真水がとれ、付近の町ではこの水を生活用水として使い、支えてくれている。 部品: オアシス川 沿岸部に近いオアシスに治水工事を施し、オアシスから海まで流れる川を形成した。これにより、人工的な川辺に様々な生活様式が生まれる。 部品: 時計早組み大会 規定のパーツに分けられた時計の部品を、制限以内に組み立てられるかを競う大会。組み立てる時計のレギュレーションは当日まで発表されない為、パーツから全体を把握する観察力、発想力、手の速さが求められる。 部品: 夏至の時計祭 最も一日の長い日である夏至祭を待ち合い広場で行うと共に、時計塔内にある2つ1組になっている機械時計を切り替える日でもある。一年の内二度ある、時計塔の大振り子が2つ同時に動いているのを見ることができる日でもある。 部品: 時計の祝日 この日は冬至であり、夏至とは対象的に祝日として制定している。この日は夏至と同じ、時計塔の2つ1対の機械時計が切り替わる日でもあり、大きな振り子が2つ同時に見ることができる。 部品: 天文時計を使った天体観測 通年イベントとして、天文台で観測に使用される、きわめて正確な天文時計を使った天体観測を実施している。 部品: 模型飛行機コンテスト 時計塔を除いた低い町並みである町の上空を使ったコンテスト。アマチュア部門からプロ部門まで幅広い参加ができる。 部品: 鳥人間コンテスト 実物大の飛行模型、またはアマチュア動力による飛行機による飛行機コンテスト。沿岸部から海に向かって飛ぶことで飛距離を競う。 部品: レンジャーエアレース プロペラ機による最速を決めるレース。規定高度以下を飛行し、コース上にある障害物を避けながらタイムを競う。 部品: 産業振興アイデアコンテスト レンジャー連邦における新しい産業、または既存産業の新しいカタチは何なのかをテーマに討論やアイデア発表を行うコンテスト。 部品: 1年目の計画 迷宮突破後、レンジャー連邦に所属することになった自分が下りたのは広がる砂漠だった。いつしか思った、ここにまた思い出の時計塔を作れるのでは?と。 部品: 2年目の領地の預かり まとめた計画書を持って、領地の預かり申請を行った所、許可が出た。その後の面接はあったものの、これで計画は進められる。 部品: 3年目の施工開始 施工までに3年ほど時間がかかった。領地を預かり、予定地点に資材や人員をもってくる。もちろん、生活できるように多少のインフラも整備して置く必要があった。 部品: 4年目の時計 時計塔の肝である時計部分の製作が始まった。多くの人が関わる中、新しく時計製作に関わる人達にもレクチャーを行うことにした。 部品: 5年目の商売 時計塔の施工からしばらく立ち、時計塔の噂を聞きつけたのか商売たくましく出店が増えてきた。経済も回っていないのに人が居るこの場所が良い稼ぎ所になると踏んだようだ。 部品: 6年目の村落形成 時計塔の完成間近になればもう半ばコミュニティーとして機能するようになっていた。家が立ち、商店が立ち並ぶ様はアーケード街のようだった。 部品: 7年目の塔完成 7年目には時計塔は完成していた。まだ、塔だけで中の時計はまだ終わっていなかったのだ。時計部分は心臓部。早急の歓声が急がれた。 部品: 8年目の願い 時計作りは難航した。何より巨大な二対一組の機構だ。絶対的に人手が足りなかったのである。だけどこれ以上引き下がれない、そして信じて着てくれた人たちの為にも完成させなければと、皆は時計塔に願いを込めていたのだ。 部品: 9年目の完成 施工期間は大幅に伸びたが、無事完成を見ることが出来た。各機構の最終調整と最後の式典のための準備が行われることになった。 部品: 10年目の稼働 完成した時計塔は、その基準となる関係上夏至の日に稼働を決めていた。記念の日、資材や仮設置き場としていた広場は「待ち合わせ広場」と改められ、時計塔はその時間を刻み始めた。 部品: 芥辺境の時計塔 時計塔はこれで二代目にあたる。今はすでに無く、施工主であり管理人の白河 輝が思い出の中で残した姿を再現したのである。 部品: 煉瓦造建築 煉瓦を基本材料として構築する組積式構造という。取扱いの容易な大きさの長方体の粘土の単体を焼成し,これを組積して主要部分を造り,梁などの横架材には木材を用いるものが多い。 部品: 地下:資材倉庫 地下は構造物よりも広く取られており、そこには防災避難用の備蓄アイテムを備え、非常時はそれらが解放される。 部品: 1階:吹き抜けエントランス 吹き抜けのエントランス。3階まで吹き抜けになっており、広々としている。ここから二階と地下への階段が備え付けられている。 部品: 2階:管理人室 2階から3階の間に設けられた六畳程度の管理人室。設けられた窓からは振り子が見え、更に上の構造部分が見える。また、メンテナンス用の道具一式もここにおさめられている。 部品: 3階:二対の大きな振り子 1階から見上げることで見える大きな2つの振り子。片側の振り子は止まり、もう片方が動く仕組みになっており、半年ごとに交代する。 部品: 4階:二対一組の機械時計 このフロアでは、対照的な二対の機械時計機構が1フロアを埋め尽くすように存在している。半年ごとに片側が稼働し、もう片方がメンテナンスを行うことで常に時計塔の時計は動いている。 部品: 5階:大時計 このフロアには時計塔を時計塔たらしめる、東西南北に一つずつ稼働している時計がある。4階から繋がっており、ここで対になってる機構の連結操作を行う。各時計が狂わないよう、中での機構が統一されている。 部品: 6階:大鐘楼 大きさが1.8mもある巨大な鐘楼。時計塔の時刻を知らせるもので、重く響くも耳障りもよく、遠くまで聞こえる。 部品: 6階外周:展望デッキ 鐘楼を囲むように展望デッキが出ている。ただ、それほど広さもないため、危険なので許可がない限り人が入ることはないようになっている。 部品: 待ち合わせ広場 時計塔の周りに設けられている公園スペース。そこはランドマークとしてそびえる時計塔の膝下の為、誰もがそこで待ち合わせができるよう公園が整備されている。 部品: ランドマーク 山や高層建築物など、ある特定地域の景観を特徴づける目印。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印であるが、昨今では待ち合わせなどに使われることが主である。 部品: 二対一組の機械時計 時計塔内で動いている大時計の心臓部。フロアをほぼ満たすゼンマイや歯車、下のフロアにまで伸びる振り子は、実は同一の時計機構が2つ並列している形を取っている。これは、メンテナンスの為に時計を止めることはできないため、2つ用意しておき、半年ごとにメンテナンスと稼働を交互に行うことで常に時を刻めるようにしている。 部品: メンテナンス道具一式 時計塔の機械時計をメンテナンスするための道具一式。普段は管理人室においてあり、時計塔にあわせてなのか、比較的大きめに作られている。 部品: 大時計の切り替え機構 時計塔の4枚の大時計には、二対一組の機械時計から動力を得ており、それぞれの機構から送られる動力を切り替える機構がついている。 部品: 夏至と冬至 夏至、冬至。この日が半年ごとのメンテナンス切り替えを知らせる日でもあり、唯一二対一組の機械時計が同時に動く日でもある。 部品: 小規模メンテナンス メンテナンス中の機械時計は定期的な小規模メンテナンスが実施される。このときは大抵管理人か、その代理の時計職人が行うことになっている。 部品: 大規模メンテナンス メンテナンス中、短期間で集中的に且つ大々的にメンテナンスを行うことを指す。このときは管理人はもちろん、選りすぐりの時計職人たちが集まり、一斉にメンテナンスを行う。 部品: 診療所 医師が、特定多数の人に対し診療を行う場所。患者を入院させるための施設を有しない、または一定数以下の病床ベッドを備えた施設がコレに当たる。 部品: 消防署 消防職員、及び関連設備の揃った施設。消火隊、救急隊が常設されており、救急車や消防車などもこの施設に付随している。 部品: 警察署 治安維持を担う警察や治安維持役職が務める、地域の本部や事務所の事を指す。人口などが一定以上の都市などに配置される。 部品: 港 臨海部に接している船舶が停泊する場所。防波堤を築き、漁船舶や貿易船舶、旅客船などが行き交う場所でもある。 部品: 町役場 町の行政事務を取り扱う役所。中には以下のものがある。 ・企画政策部 ・防災危機管理部 ・総務部 ・福祉部 ・都市整備課 ・消防本部 ・教育部 ・観光課 ・多目的会議室 ・市町村防災行政無線 部品: 繁華街 商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店や専門店、飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。 部品: 総合体育館 町の中にある、地域スポーツの促進の為に作られた施設。スポーツイベントや集団スポーツの練習場としても開放されている。 部品: 図書館 時計の町にある図書館。蔵書量はそれなりで、町に関する歴史もここで調べることができる。特色上、機械工学やそれに関連する専門書が多い。 部品: リサイクル施設 資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化を目指し、設置された場所。町で出たゴミなどをこの施設に持ってくる事になっている。 部品: ごみ処理施設 町ででたゴミや不用品を処理する施設。基本的に生活で出たゴミが中心だが、別棟で産業廃棄物なども扱っている。ここで弾かれた使えそうなゴミはリサイクル施設へ。 部品: 河川堤防 河岸に沿って土砂を盛り上げた治水構造物のことである。オアシス川の形成するのにこの堤防が使われている。 部品: 防砂林 飛砂に備える防災林の一種。飛砂による被害の防止・軽減を主目的として設けられる森林であり、西国人の生活には無くてはならない物。 部品: 時計工房 時計職人達が構えるアトリエのこと。ここで職人の親方達は徒弟をとり、自らの技術を磨き継承していく施設である。 部品: アーケード 柱で支えられる連続したアーチやヴォールトを用いた通路や歩道、または一続きのアーチが覆う歩道等の道路を指す言葉である。 部品: 民間飛行場 時計の町で機能している空港のことである。他の都市や町を結ぶ飛行場の一つで時計の町の玄関口の一つである。 部品: 住宅街 この町に広がる一般的な住宅街。領地の国民は基本ここに住んでおり、職人を目指す人以外の住宅も多数あるため、レンジャー連邦の一般的な住宅事情とあまり変わらない生活が見れる。 *インポート用定義データ [ { "id": 10354, "title": "時計の町", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.825564", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.825564", "children": [ { "id": 10355, "title": "時計の町の概要", "description": "時計塔を中心に時計産業が広がっていったために出来た町。その町には時計職人達のアトリエが並び、様々な時計は町の時間を刻んでいる。\nまた、精密機械や機械工学の発展に寄与する活動を主にしている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.830086", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.830086", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10362, "title": "親方", "description": "同じ業の一群の職人・弟子(でし)の技能を導き、また生活の面倒を見て、監督する人・頭(かしら)。親方作品を提出し試験に合格することで認められる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.894674", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.894674", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10363, "title": "徒弟", "description": "見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。徒弟や弟子であってもキャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.903955", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.903955", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45768, "title": "時計職人", "description": "時計を作る職人職業。精密な時計を作る機械時計を作る人や、先端技術を集めた精鋭時計を作る者まで様々な人達がいる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.935067", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.935067", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "title": "時計の町の特産品", "part_type": "group", "children": [ { "id": 45765, "title": "職人の手がけた時計達", "description": "時計の町には様々な時計工房が並べられている。熟達した職人からひよっこ職人まで、千差万別の時計達がこの町には存在している。\nその為、この町に住む時計達は皆、時計工房で作られたものばかりである。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.815145", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.815145", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "title": "海鮮丼", "description": "港でほそぼそと行われている漁業でとれた魚を使った海鮮丼。広く広まっておらず、今は町の中で密かに特産となっている。", "part_type": "part" } ], "expanded": true }, { "title": "時計の町の地形", "part_type": "group", "children": [ { "id": 10356, "title": "東都と南都へ至る道", "description": "大手道として、時計の町には北へ向かい南都へ続く道と、オアシス沿いから東都へ向かう道の二つが存在する。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.843108", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.843108", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10357, "title": "中規模オアシス", "description": "対岸が見えるほどの中規模のオアシス。真水がとれ、付近の町ではこの水を生活用水として使い、支えてくれている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.853874", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.853874", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10358, "title": "オアシス川", "description": "沿岸部に近いオアシスに治水工事を施し、オアシスから海まで流れる川を形成した。これにより、人工的な川辺に様々な生活様式が生まれる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.86294", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.86294", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true } ], "expanded": true }, { "id": 10374, "title": "恒例行事", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.026086", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.026086", "children": [ { "id": 10375, "title": "時計早組み大会", "description": "規定のパーツに分けられた時計の部品を、制限以内に組み立てられるかを競う大会。組み立てる時計のレギュレーションは当日まで発表されない為、パーツから全体を把握する観察力、発想力、手の速さが求められる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.027587", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.027587", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10376, "title": "夏至の時計祭", "description": "最も一日の長い日である夏至祭を待ち合い広場で行うと共に、時計塔内にある2つ1組になっている機械時計を切り替える日でもある。一年の内二度ある、時計塔の大振り子が2つ同時に動いているのを見ることができる日でもある。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.038165", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.038165", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10377, "title": "時計の祝日", "description": "この日は冬至であり、夏至とは対象的に祝日として制定している。この日は夏至と同じ、時計塔の2つ1対の機械時計が切り替わる日でもあり、大きな振り子が2つ同時に見ることができる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.04775", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.04775", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10378, "title": "天文時計を使った天体観測", "description": "通年イベントとして、天文台で観測に使用される、きわめて正確な天文時計を使った天体観測を実施している。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.056921", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.056921", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10379, "title": "模型飛行機コンテスト", "description": "時計塔を除いた低い町並みである町の上空を使ったコンテスト。アマチュア部門からプロ部門まで幅広い参加ができる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.073276", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.073276", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10380, "title": "鳥人間コンテスト", "description": "実物大の飛行模型、またはアマチュア動力による飛行機による飛行機コンテスト。沿岸部から海に向かって飛ぶことで飛距離を競う。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.089889", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.089889", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10381, "title": "レンジャーエアレース", "description": "プロペラ機による最速を決めるレース。規定高度以下を飛行し、コース上にある障害物を避けながらタイムを競う。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.101953", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.101953", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10382, "title": "産業振興アイデアコンテスト", "description": "レンジャー連邦における新しい産業、または既存産業の新しいカタチは何なのかをテーマに討論やアイデア発表を行うコンテスト。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.112462", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.112462", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10383, "title": "時計の町の町内施設", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.140132", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.140132", "children": [ { "id": 10384, "title": "時計塔", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.144339", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.144339", "children": [ { "id": 10385, "title": "時計塔の10年の思い出", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.14638", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.14638", "children": [ { "id": 10386, "title": "1年目の計画", "description": "迷宮突破後、レンジャー連邦に所属することになった自分が下りたのは広がる砂漠だった。いつしか思った、ここにまた思い出の時計塔を作れるのでは?と。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.148114", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.148114", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10387, "title": "2年目の領地の預かり", "description": "まとめた計画書を持って、領地の預かり申請を行った所、許可が出た。その後の面接はあったものの、これで計画は進められる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.158916", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.158916", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10388, "title": "3年目の施工開始", "description": "施工までに3年ほど時間がかかった。領地を預かり、予定地点に資材や人員をもってくる。もちろん、生活できるように多少のインフラも整備して置く必要があった。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.168059", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.168059", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10389, "title": "4年目の時計", "description": "時計塔の肝である時計部分の製作が始まった。多くの人が関わる中、新しく時計製作に関わる人達にもレクチャーを行うことにした。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.177204", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.177204", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10390, "title": "5年目の商売", "description": "時計塔の施工からしばらく立ち、時計塔の噂を聞きつけたのか商売たくましく出店が増えてきた。経済も回っていないのに人が居るこの場所が良い稼ぎ所になると踏んだようだ。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.18581", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.18581", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10391, "title": "6年目の村落形成", "description": "時計塔の完成間近になればもう半ばコミュニティーとして機能するようになっていた。家が立ち、商店が立ち並ぶ様はアーケード街のようだった。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.194632", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.194632", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10392, "title": "7年目の塔完成", "description": "7年目には時計塔は完成していた。まだ、塔だけで中の時計はまだ終わっていなかったのだ。時計部分は心臓部。早急の歓声が急がれた。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.203216", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.203216", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10393, "title": "8年目の願い", "description": "時計作りは難航した。何より巨大な二対一組の機構だ。絶対的に人手が足りなかったのである。だけどこれ以上引き下がれない、そして信じて着てくれた人たちの為にも完成させなければと、皆は時計塔に願いを込めていたのだ。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.212073", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.212073", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10394, "title": "9年目の完成", "description": "施工期間は大幅に伸びたが、無事完成を見ることが出来た。各機構の最終調整と最後の式典のための準備が行われることになった。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.220856", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.220856", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10395, "title": "10年目の稼働", "description": "完成した時計塔は、その基準となる関係上夏至の日に稼働を決めていた。記念の日、資材や仮設置き場としていた広場は「待ち合わせ広場」と改められ、時計塔はその時間を刻み始めた。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.230692", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.230692", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10396, "title": "芥辺境の時計塔", "description": "時計塔はこれで二代目にあたる。今はすでに無く、施工主であり管理人の白河 輝が思い出の中で残した姿を再現したのである。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.253581", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.253581", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10397, "title": "煉瓦造建築", "description": "煉瓦を基本材料として構築する組積式構造という。取扱いの容易な大きさの長方体の粘土の単体を焼成し,これを組積して主要部分を造り,梁などの横架材には木材を用いるものが多い。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.265792", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.265792", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10398, "title": "塔の各階層詳細", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.328907", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.328907", "children": [ { "id": 10399, "title": "地下:資材倉庫", "description": "地下は構造物よりも広く取られており、そこには防災避難用の備蓄アイテムを備え、非常時はそれらが解放される。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.32987", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.32987", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10400, "title": "1階:吹き抜けエントランス", "description": "吹き抜けのエントランス。3階まで吹き抜けになっており、広々としている。ここから二階と地下への階段が備え付けられている。\n", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.337885", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.337885", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10401, "title": "2階:管理人室", "description": "2階から3階の間に設けられた六畳程度の管理人室。設けられた窓からは振り子が見え、更に上の構造部分が見える。また、メンテナンス用の道具一式もここにおさめられている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.345668", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.345668", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10402, "title": "3階:二対の大きな振り子", "description": "1階から見上げることで見える大きな2つの振り子。片側の振り子は止まり、もう片方が動く仕組みになっており、半年ごとに交代する。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.354819", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.354819", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10403, "title": "4階:二対一組の機械時計", "description": "このフロアでは、対照的な二対の機械時計機構が1フロアを埋め尽くすように存在している。半年ごとに片側が稼働し、もう片方がメンテナンスを行うことで常に時計塔の時計は動いている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.365209", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.365209", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10404, "title": "5階:大時計", "description": "このフロアには時計塔を時計塔たらしめる、東西南北に一つずつ稼働している時計がある。4階から繋がっており、ここで対になってる機構の連結操作を行う。各時計が狂わないよう、中での機構が統一されている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.374381", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.374381", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10405, "title": "6階:大鐘楼", "description": "大きさが1.8mもある巨大な鐘楼。時計塔の時刻を知らせるもので、重く響くも耳障りもよく、遠くまで聞こえる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.383558", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.383558", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10406, "title": "6階外周:展望デッキ", "description": "鐘楼を囲むように展望デッキが出ている。ただ、それほど広さもないため、危険なので許可がない限り人が入ることはないようになっている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.392862", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.392862", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10407, "title": "時計塔の観光所", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.412452", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.412452", "children": [ { "id": 10408, "title": "待ち合わせ広場", "description": "時計塔の周りに設けられている公園スペース。そこはランドマークとしてそびえる時計塔の膝下の為、誰もがそこで待ち合わせができるよう公園が整備されている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.413513", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.413513", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10409, "title": "ランドマーク", "description": "山や高層建築物など、ある特定地域の景観を特徴づける目印。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印であるが、昨今では待ち合わせなどに使われることが主である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.422087", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.422087", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10410, "title": "時計塔メンテナンス", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.438951", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.438951", "children": [ { "id": 10411, "title": "二対一組の機械時計", "description": "時計塔内で動いている大時計の心臓部。フロアをほぼ満たすゼンマイや歯車、下のフロアにまで伸びる振り子は、実は同一の時計機構が2つ並列している形を取っている。これは、メンテナンスの為に時計を止めることはできないため、2つ用意しておき、半年ごとにメンテナンスと稼働を交互に行うことで常に時を刻めるようにしている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.439871", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.439871", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10412, "title": "メンテナンス道具一式", "description": "時計塔の機械時計をメンテナンスするための道具一式。普段は管理人室においてあり、時計塔にあわせてなのか、比較的大きめに作られている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.448806", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.448806", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10413, "title": "大時計の切り替え機構", "description": "時計塔の4枚の大時計には、二対一組の機械時計から動力を得ており、それぞれの機構から送られる動力を切り替える機構がついている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.457621", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.457621", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10414, "title": "夏至と冬至", "description": "夏至、冬至。この日が半年ごとのメンテナンス切り替えを知らせる日でもあり、唯一二対一組の機械時計が同時に動く日でもある。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.465965", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.465965", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10415, "title": "小規模メンテナンス", "description": "メンテナンス中の機械時計は定期的な小規模メンテナンスが実施される。このときは大抵管理人か、その代理の時計職人が行うことになっている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.475315", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.475315", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10416, "title": "大規模メンテナンス", "description": "メンテナンス中、短期間で集中的に且つ大々的にメンテナンスを行うことを指す。このときは管理人はもちろん、選りすぐりの時計職人たちが集まり、一斉にメンテナンスを行う。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.485187", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.485187", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "title": "機械産業の振興", "part_type": "group", "children": [] } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10417, "title": "診療所", "description": "医師が、特定多数の人に対し診療を行う場所。患者を入院させるための施設を有しない、または一定数以下の病床ベッドを備えた施設がコレに当たる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.533347", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.533347", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10418, "title": "消防署", "description": "消防職員、及び関連設備の揃った施設。消火隊、救急隊が常設されており、救急車や消防車などもこの施設に付随している。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.542738", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.542738", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10419, "title": "警察署", "description": "治安維持を担う警察や治安維持役職が務める、地域の本部や事務所の事を指す。人口などが一定以上の都市などに配置される。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.551903", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.551903", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10420, "title": "港", "description": "臨海部に接している船舶が停泊する場所。防波堤を築き、漁船舶や貿易船舶、旅客船などが行き交う場所でもある。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.560848", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.560848", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10421, "title": "町役場", "description": "町の行政事務を取り扱う役所。中には以下のものがある。\n・企画政策部\n・防災危機管理部\n・総務部\n・福祉部\n・都市整備課\n・消防本部\n・教育部\n・観光課\n・多目的会議室\n・市町村防災行政無線", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.569698", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.569698", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10422, "title": "繁華街", "description": "商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店や専門店、飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.578878", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.578878", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45769, "title": "総合体育館", "description": "町の中にある、地域スポーツの促進の為に作られた施設。スポーツイベントや集団スポーツの練習場としても開放されている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.446788", "updated_at": "2017-08-23 11:20:56.446788", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45770, "title": "図書館", "description": "時計の町にある図書館。蔵書量はそれなりで、町に関する歴史もここで調べることができる。特色上、機械工学やそれに関連する専門書が多い。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.484523", "updated_at": "2017-08-23 11:20:56.484523", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45773, "title": "リサイクル施設", "description": "資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化を目指し、設置された場所。町で出たゴミなどをこの施設に持ってくる事になっている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.578836", "updated_at": "2017-08-23 13:30:16.388559", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45772, "title": "ごみ処理施設", "description": "町ででたゴミや不用品を処理する施設。基本的に生活で出たゴミが中心だが、別棟で産業廃棄物なども扱っている。ここで弾かれた使えそうなゴミはリサイクル施設へ。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.544956", "updated_at": "2017-08-23 13:30:16.427224", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45767, "title": "河川堤防", "description": "河岸に沿って土砂を盛り上げた治水構造物のことである。オアシス川の形成するのにこの堤防が使われている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.905954", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.905954", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45766, "title": "防砂林", "description": "飛砂に備える防災林の一種。飛砂による被害の防止・軽減を主目的として設けられる森林であり、西国人の生活には無くてはならない物。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.872625", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.872625", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10360, "title": "時計工房", "description": "時計職人達が構えるアトリエのこと。ここで職人の親方達は徒弟をとり、自らの技術を磨き継承していく施設である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.874213", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.874213", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10361, "title": "アーケード", "description": "柱で支えられる連続したアーチやヴォールトを用いた通路や歩道、または一続きのアーチが覆う歩道等の道路を指す言葉である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.885498", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.885498", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "title": "民間飛行場", "description": "時計の町で機能している空港のことである。他の都市や町を結ぶ飛行場の一つで時計の町の玄関口の一つである。", "part_type": "part" }, { "title": "住宅街", "description": "この町に広がる一般的な住宅街。領地の国民は基本ここに住んでおり、職人を目指す人以外の住宅も多数あるため、レンジャー連邦の一般的な住宅事情とあまり変わらない生活が見れる。", "part_type": "part" } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true } ] ---- ※旧書式 L:時計の街 = {  t:名称 = 時計の街(イベント)  t:要点 = 屋根の上から,綺麗な町並み,いくつもの時計  t:周辺環境 = 街  t:評価 = なし  t:特殊 = {   *時計の街のイベントカテゴリ = ,,,藩国イベント。   *時計の街の位置づけ = ,,,{特殊イベント,自動イベント}。   *時計の街の内容 = ,,,時計制作業が流行し、経済地域をつくる  }  t:→次のアイドレス = 精密機械工業地帯?(イベント),時計職人(職業),貴金属の流入?(イベント),おしゃれの流行?(イベント) } #image(ここに画像のURL) #image(ここに画像のURL)
架空の町の割と簡単な作り方。 1.最初にいつく人は誰で、なんの理由でそうなった? 2.人が集まって来たのは何故で何処に接続している? 3.100年毎に何処が拡張された? 4.貧富の差は何処に反映される? 5.政治はどこで? 6.水はどうか。 7.不便は開発が遅い #image(領地 地図.jpg) *部品構造 -大部品: 時計の町 RD:62 評価値:10 --部品: 時計の町の概要 --大部品: 徒弟制度の制定 RD:4 評価値:3 ---部品: 徒弟制度とは ---部品: 親方 ---部品: 時計職人 ---部品: 徒弟 --大部品: 時計の町の特産品 RD:2 評価値:1 ---部品: 職人の手がけた時計達 ---部品: 海鮮丼 --大部品: 時計の町の地形 RD:3 評価値:2 ---部品: 東都と南都へ至る道 ---部品: 中規模オアシス ---部品: オアシス川 --大部品: 恒例行事 RD:8 評価値:5 ---部品: 時計早組み大会 ---部品: 夏至の時計祭 ---部品: 時計の祝日 ---部品: 天文時計を使った天体観測 ---部品: 模型飛行機コンテスト ---部品: 鳥人間コンテスト ---部品: レンジャーエアレース ---部品: 産業振興アイデアコンテスト --大部品: 時計の町の町内施設 RD:44 評価値:9 ---大部品: 時計塔 RD:28 評価値:8 ----大部品: 時計塔の10年の思い出 RD:10 評価値:5 -----部品: 1年目の計画 -----部品: 2年目の領地の預かり -----部品: 3年目の施工開始 -----部品: 4年目の時計 -----部品: 5年目の商売 -----部品: 6年目の村落形成 -----部品: 7年目の塔完成 -----部品: 8年目の願い -----部品: 9年目の完成 -----部品: 10年目の稼働 ----部品: 芥辺境の時計塔 ----部品: 煉瓦造建築 ----大部品: 塔の各階層詳細 RD:8 評価値:5 -----部品: 地下:資材倉庫 -----部品: 1階:吹き抜けエントランス -----部品: 2階:管理人室 -----部品: 3階:二対の大きな振り子 -----部品: 4階:二対一組の機械時計 -----部品: 5階:大時計 -----部品: 6階:大鐘楼 -----部品: 6階外周:展望デッキ ----大部品: 時計塔の観光所 RD:2 評価値:1 -----部品: 待ち合わせ広場 -----部品: ランドマーク ----大部品: 時計塔メンテナンス RD:6 評価値:4 -----部品: 二対一組の機械時計 -----部品: メンテナンス道具一式 -----部品: 大時計の切り替え機構 -----部品: 夏至と冬至 -----部品: 小規模メンテナンス -----部品: 大規模メンテナンス ----大部品: 機械産業の振興 RD:0 評価値:0 ---部品: 診療所 ---部品: 消防署 ---部品: 警察署 ---部品: 港 ---部品: 町役場 ---部品: 繁華街 ---部品: 総合体育館 ---部品: 図書館 ---部品: リサイクル施設 ---部品: ごみ処理施設 ---部品: 河川堤防 ---部品: 防砂林 ---部品: 時計工房 ---部品: アーケード ---部品: 民間飛行場 ---部品: 住宅街 *部品定義 **部品: 時計の町の概要 時計塔を中心に時計産業が広がっていったために出来た町。その町には時計職人達のアトリエが並び、様々な時計は町の時間を刻んでいる。 また、精密機械や機械工学の発展に寄与する活動を主にしている。 **部品: 徒弟制度とは 後継者の養成と技術的訓練を行うために,また同時に職業的利益を守るための制度。親方-職人-徒弟という身分秩序を構成している。 **部品: 親方 同じ業の一群の職人・弟子(でし)の技能を導き、また生活の面倒を見て、監督する人・頭(かしら)。親方作品を提出し試験に合格することで認められる。 **部品: 時計職人 時計を作る職人職業。精密な時計を作る機械時計を作る人や、先端技術を集めた精鋭時計を作る者まで様々な人達がいる。 **部品: 徒弟 見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。徒弟や弟子であってもキャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。 **部品: 職人の手がけた時計達 時計の町には様々な時計工房が並べられている。熟達した職人からひよっこ職人まで、千差万別の時計達がこの町には存在している。 その為、この町に住む時計達は皆、時計工房で作られたものばかりである。 **部品: 海鮮丼 港でほそぼそと行われている漁業でとれた魚を使った海鮮丼。広く広まっておらず、今は町の中で密かに特産となっている。 **部品: 東都と南都へ至る道 大手道として、時計の町には北へ向かい南都へ続く道と、オアシス沿いから東都へ向かう道の二つが存在する。 **部品: 中規模オアシス 対岸が見えるほどの中規模のオアシス。真水がとれ、付近の町ではこの水を生活用水として使い、支えてくれている。 **部品: オアシス川 沿岸部に近いオアシスに治水工事を施し、オアシスから海まで流れる川を形成した。これにより、人工的な川辺に様々な生活様式が生まれる。 **部品: 時計早組み大会 規定のパーツに分けられた時計の部品を、制限以内に組み立てられるかを競う大会。組み立てる時計のレギュレーションは当日まで発表されない為、パーツから全体を把握する観察力、発想力、手の速さが求められる。 **部品: 夏至の時計祭 最も一日の長い日である夏至祭を待ち合い広場で行うと共に、時計塔内にある2つ1組になっている機械時計を切り替える日でもある。一年の内二度ある、時計塔の大振り子が2つ同時に動いているのを見ることができる日でもある。 **部品: 時計の祝日 この日は冬至であり、夏至とは対象的に祝日として制定している。この日は夏至と同じ、時計塔の2つ1対の機械時計が切り替わる日でもあり、大きな振り子が2つ同時に見ることができる。 **部品: 天文時計を使った天体観測 通年イベントとして、天文台で観測に使用される、きわめて正確な天文時計を使った天体観測を実施している。 **部品: 模型飛行機コンテスト 時計塔を除いた低い町並みである町の上空を使ったコンテスト。アマチュア部門からプロ部門まで幅広い参加ができる。 **部品: 鳥人間コンテスト 実物大の飛行模型、またはアマチュア動力による飛行機による飛行機コンテスト。沿岸部から海に向かって飛ぶことで飛距離を競う。 **部品: レンジャーエアレース プロペラ機による最速を決めるレース。規定高度以下を飛行し、コース上にある障害物を避けながらタイムを競う。 **部品: 産業振興アイデアコンテスト レンジャー連邦における新しい産業、または既存産業の新しいカタチは何なのかをテーマに討論やアイデア発表を行うコンテスト。 **部品: 1年目の計画 迷宮突破後、レンジャー連邦に所属することになった自分が下りたのは広がる砂漠だった。いつしか思った、ここにまた思い出の時計塔を作れるのでは?と。 **部品: 2年目の領地の預かり まとめた計画書を持って、領地の預かり申請を行った所、許可が出た。その後の面接はあったものの、これで計画は進められる。 **部品: 3年目の施工開始 施工までに3年ほど時間がかかった。領地を預かり、予定地点に資材や人員をもってくる。もちろん、生活できるように多少のインフラも整備して置く必要があった。 **部品: 4年目の時計 時計塔の肝である時計部分の製作が始まった。多くの人が関わる中、新しく時計製作に関わる人達にもレクチャーを行うことにした。 **部品: 5年目の商売 時計塔の施工からしばらく立ち、時計塔の噂を聞きつけたのか商売たくましく出店が増えてきた。経済も回っていないのに人が居るこの場所が良い稼ぎ所になると踏んだようだ。 **部品: 6年目の村落形成 時計塔の完成間近になればもう半ばコミュニティーとして機能するようになっていた。家が立ち、商店が立ち並ぶ様はアーケード街のようだった。 **部品: 7年目の塔完成 7年目には時計塔は完成していた。まだ、塔だけで中の時計はまだ終わっていなかったのだ。時計部分は心臓部。早急の歓声が急がれた。 **部品: 8年目の願い 時計作りは難航した。何より巨大な二対一組の機構だ。絶対的に人手が足りなかったのである。だけどこれ以上引き下がれない、そして信じて着てくれた人たちの為にも完成させなければと、皆は時計塔に願いを込めていたのだ。 **部品: 9年目の完成 施工期間は大幅に伸びたが、無事完成を見ることが出来た。各機構の最終調整と最後の式典のための準備が行われることになった。 **部品: 10年目の稼働 完成した時計塔は、その基準となる関係上夏至の日に稼働を決めていた。記念の日、資材や仮設置き場としていた広場は「待ち合わせ広場」と改められ、時計塔はその時間を刻み始めた。 **部品: 芥辺境の時計塔 時計塔はこれで二代目にあたる。今はすでに無く、施工主であり管理人の白河 輝が思い出の中で残した姿を再現したのである。 **部品: 煉瓦造建築 煉瓦を基本材料として構築する組積式構造という。取扱いの容易な大きさの長方体の粘土の単体を焼成し,これを組積して主要部分を造り,梁などの横架材には木材を用いるものが多い。 **部品: 地下:資材倉庫 地下は構造物よりも広く取られており、そこには防災避難用の備蓄アイテムを備え、非常時はそれらが解放される。 **部品: 1階:吹き抜けエントランス 吹き抜けのエントランス。3階まで吹き抜けになっており、広々としている。ここから二階と地下への階段が備え付けられている。 **部品: 2階:管理人室 2階から3階の間に設けられた六畳程度の管理人室。設けられた窓からは振り子が見え、更に上の構造部分が見える。また、メンテナンス用の道具一式もここにおさめられている。 **部品: 3階:二対の大きな振り子 1階から見上げることで見える大きな2つの振り子。片側の振り子は止まり、もう片方が動く仕組みになっており、半年ごとに交代する。 **部品: 4階:二対一組の機械時計 このフロアでは、対照的な二対の機械時計機構が1フロアを埋め尽くすように存在している。半年ごとに片側が稼働し、もう片方がメンテナンスを行うことで常に時計塔の時計は動いている。 **部品: 5階:大時計 このフロアには時計塔を時計塔たらしめる、東西南北に一つずつ稼働している時計がある。4階から繋がっており、ここで対になってる機構の連結操作を行う。各時計が狂わないよう、中での機構が統一されている。 **部品: 6階:大鐘楼 大きさが1.8mもある巨大な鐘楼。時計塔の時刻を知らせるもので、重く響くも耳障りもよく、遠くまで聞こえる。 **部品: 6階外周:展望デッキ 鐘楼を囲むように展望デッキが出ている。ただ、それほど広さもないため、危険なので許可がない限り人が入ることはないようになっている。 **部品: 待ち合わせ広場 時計塔の周りに設けられている公園スペース。そこはランドマークとしてそびえる時計塔の膝下の為、誰もがそこで待ち合わせができるよう公園が整備されている。 **部品: ランドマーク 山や高層建築物など、ある特定地域の景観を特徴づける目印。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印であるが、昨今では待ち合わせなどに使われることが主である。 **部品: 二対一組の機械時計 時計塔内で動いている大時計の心臓部。フロアをほぼ満たすゼンマイや歯車、下のフロアにまで伸びる振り子は、実は同一の時計機構が2つ並列している形を取っている。これは、メンテナンスの為に時計を止めることはできないため、2つ用意しておき、半年ごとにメンテナンスと稼働を交互に行うことで常に時を刻めるようにしている。 **部品: メンテナンス道具一式 時計塔の機械時計をメンテナンスするための道具一式。普段は管理人室においてあり、時計塔にあわせてなのか、比較的大きめに作られている。 **部品: 大時計の切り替え機構 時計塔の4枚の大時計には、二対一組の機械時計から動力を得ており、それぞれの機構から送られる動力を切り替える機構がついている。 **部品: 夏至と冬至 夏至、冬至。この日が半年ごとのメンテナンス切り替えを知らせる日でもあり、唯一二対一組の機械時計が同時に動く日でもある。 **部品: 小規模メンテナンス メンテナンス中の機械時計は定期的な小規模メンテナンスが実施される。このときは大抵管理人か、その代理の時計職人が行うことになっている。 **部品: 大規模メンテナンス メンテナンス中、短期間で集中的に且つ大々的にメンテナンスを行うことを指す。このときは管理人はもちろん、選りすぐりの時計職人たちが集まり、一斉にメンテナンスを行う。 **部品: 診療所 医師が、特定多数の人に対し診療を行う場所。患者を入院させるための施設を有しない、または一定数以下の病床ベッドを備えた施設がコレに当たる。 **部品: 消防署 消防職員、及び関連設備の揃った施設。消火隊、救急隊が常設されており、救急車や消防車などもこの施設に付随している。 **部品: 警察署 治安維持を担う警察や治安維持役職が務める、地域の本部や事務所の事を指す。人口などが一定以上の都市などに配置される。 **部品: 港 臨海部に接している船舶が停泊する場所。防波堤を築き、漁船舶や貿易船舶、旅客船などが行き交う場所でもある。 **部品: 町役場 町の行政事務を取り扱う役所。中には以下のものがある。 ・企画政策部 ・防災危機管理部 ・総務部 ・福祉部 ・都市整備課 ・消防本部 ・教育部 ・観光課 ・多目的会議室 ・市町村防災行政無線 **部品: 繁華街 商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店や専門店、飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。 **部品: 総合体育館 町の中にある、地域スポーツの促進の為に作られた施設。スポーツイベントや集団スポーツの練習場としても開放されている。 **部品: 図書館 時計の町にある図書館。蔵書量はそれなりで、町に関する歴史もここで調べることができる。特色上、機械工学やそれに関連する専門書が多い。 **部品: リサイクル施設 資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化を目指し、設置された場所。町で出たゴミなどをこの施設に持ってくる事になっている。 **部品: ごみ処理施設 町ででたゴミや不用品を処理する施設。基本的に生活で出たゴミが中心だが、別棟で産業廃棄物なども扱っている。ここで弾かれた使えそうなゴミはリサイクル施設へ。 **部品: 河川堤防 河岸に沿って土砂を盛り上げた治水構造物のことである。オアシス川の形成するのにこの堤防が使われている。 **部品: 防砂林 飛砂に備える防災林の一種。飛砂による被害の防止・軽減を主目的として設けられる森林であり、西国人の生活には無くてはならない物。 **部品: 時計工房 時計職人達が構えるアトリエのこと。ここで職人の親方達は徒弟をとり、自らの技術を磨き継承していく施設である。 **部品: アーケード 柱で支えられる連続したアーチやヴォールトを用いた通路や歩道、または一続きのアーチが覆う歩道等の道路を指す言葉である。 **部品: 民間飛行場 時計の町で機能している空港のことである。他の都市や町を結ぶ飛行場の一つで時計の町の玄関口の一つである。 **部品: 住宅街 この町に広がる一般的な住宅街。領地の国民は基本ここに住んでおり、職人を目指す人以外の住宅も多数あるため、レンジャー連邦の一般的な住宅事情とあまり変わらない生活が見れる。 *提出書式 大部品: 時計の町 RD:62 評価値:10 -部品: 時計の町の概要 -大部品: 徒弟制度の制定 RD:4 評価値:3 --部品: 徒弟制度とは --部品: 親方 --部品: 時計職人 --部品: 徒弟 -大部品: 時計の町の特産品 RD:2 評価値:1 --部品: 職人の手がけた時計達 --部品: 海鮮丼 -大部品: 時計の町の地形 RD:3 評価値:2 --部品: 東都と南都へ至る道 --部品: 中規模オアシス --部品: オアシス川 -大部品: 恒例行事 RD:8 評価値:5 --部品: 時計早組み大会 --部品: 夏至の時計祭 --部品: 時計の祝日 --部品: 天文時計を使った天体観測 --部品: 模型飛行機コンテスト --部品: 鳥人間コンテスト --部品: レンジャーエアレース --部品: 産業振興アイデアコンテスト -大部品: 時計の町の町内施設 RD:44 評価値:9 --大部品: 時計塔 RD:28 評価値:8 ---大部品: 時計塔の10年の思い出 RD:10 評価値:5 ----部品: 1年目の計画 ----部品: 2年目の領地の預かり ----部品: 3年目の施工開始 ----部品: 4年目の時計 ----部品: 5年目の商売 ----部品: 6年目の村落形成 ----部品: 7年目の塔完成 ----部品: 8年目の願い ----部品: 9年目の完成 ----部品: 10年目の稼働 ---部品: 芥辺境の時計塔 ---部品: 煉瓦造建築 ---大部品: 塔の各階層詳細 RD:8 評価値:5 ----部品: 地下:資材倉庫 ----部品: 1階:吹き抜けエントランス ----部品: 2階:管理人室 ----部品: 3階:二対の大きな振り子 ----部品: 4階:二対一組の機械時計 ----部品: 5階:大時計 ----部品: 6階:大鐘楼 ----部品: 6階外周:展望デッキ ---大部品: 時計塔の観光所 RD:2 評価値:1 ----部品: 待ち合わせ広場 ----部品: ランドマーク ---大部品: 時計塔メンテナンス RD:6 評価値:4 ----部品: 二対一組の機械時計 ----部品: メンテナンス道具一式 ----部品: 大時計の切り替え機構 ----部品: 夏至と冬至 ----部品: 小規模メンテナンス ----部品: 大規模メンテナンス ---大部品: 機械産業の振興 RD:0 評価値:0 --部品: 診療所 --部品: 消防署 --部品: 警察署 --部品: 港 --部品: 町役場 --部品: 繁華街 --部品: 総合体育館 --部品: 図書館 --部品: リサイクル施設 --部品: ごみ処理施設 --部品: 河川堤防 --部品: 防砂林 --部品: 時計工房 --部品: アーケード --部品: 民間飛行場 --部品: 住宅街 部品: 時計の町の概要 時計塔を中心に時計産業が広がっていったために出来た町。その町には時計職人達のアトリエが並び、様々な時計は町の時間を刻んでいる。 また、精密機械や機械工学の発展に寄与する活動を主にしている。 部品: 徒弟制度とは 後継者の養成と技術的訓練を行うために,また同時に職業的利益を守るための制度。親方-職人-徒弟という身分秩序を構成している。 部品: 親方 同じ業の一群の職人・弟子(でし)の技能を導き、また生活の面倒を見て、監督する人・頭(かしら)。親方作品を提出し試験に合格することで認められる。 部品: 時計職人 時計を作る職人職業。精密な時計を作る機械時計を作る人や、先端技術を集めた精鋭時計を作る者まで様々な人達がいる。 部品: 徒弟 見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。徒弟や弟子であってもキャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。 部品: 職人の手がけた時計達 時計の町には様々な時計工房が並べられている。熟達した職人からひよっこ職人まで、千差万別の時計達がこの町には存在している。 その為、この町に住む時計達は皆、時計工房で作られたものばかりである。 部品: 海鮮丼 港でほそぼそと行われている漁業でとれた魚を使った海鮮丼。広く広まっておらず、今は町の中で密かに特産となっている。 部品: 東都と南都へ至る道 大手道として、時計の町には北へ向かい南都へ続く道と、オアシス沿いから東都へ向かう道の二つが存在する。 部品: 中規模オアシス 対岸が見えるほどの中規模のオアシス。真水がとれ、付近の町ではこの水を生活用水として使い、支えてくれている。 部品: オアシス川 沿岸部に近いオアシスに治水工事を施し、オアシスから海まで流れる川を形成した。これにより、人工的な川辺に様々な生活様式が生まれる。 部品: 時計早組み大会 規定のパーツに分けられた時計の部品を、制限以内に組み立てられるかを競う大会。組み立てる時計のレギュレーションは当日まで発表されない為、パーツから全体を把握する観察力、発想力、手の速さが求められる。 部品: 夏至の時計祭 最も一日の長い日である夏至祭を待ち合い広場で行うと共に、時計塔内にある2つ1組になっている機械時計を切り替える日でもある。一年の内二度ある、時計塔の大振り子が2つ同時に動いているのを見ることができる日でもある。 部品: 時計の祝日 この日は冬至であり、夏至とは対象的に祝日として制定している。この日は夏至と同じ、時計塔の2つ1対の機械時計が切り替わる日でもあり、大きな振り子が2つ同時に見ることができる。 部品: 天文時計を使った天体観測 通年イベントとして、天文台で観測に使用される、きわめて正確な天文時計を使った天体観測を実施している。 部品: 模型飛行機コンテスト 時計塔を除いた低い町並みである町の上空を使ったコンテスト。アマチュア部門からプロ部門まで幅広い参加ができる。 部品: 鳥人間コンテスト 実物大の飛行模型、またはアマチュア動力による飛行機による飛行機コンテスト。沿岸部から海に向かって飛ぶことで飛距離を競う。 部品: レンジャーエアレース プロペラ機による最速を決めるレース。規定高度以下を飛行し、コース上にある障害物を避けながらタイムを競う。 部品: 産業振興アイデアコンテスト レンジャー連邦における新しい産業、または既存産業の新しいカタチは何なのかをテーマに討論やアイデア発表を行うコンテスト。 部品: 1年目の計画 迷宮突破後、レンジャー連邦に所属することになった自分が下りたのは広がる砂漠だった。いつしか思った、ここにまた思い出の時計塔を作れるのでは?と。 部品: 2年目の領地の預かり まとめた計画書を持って、領地の預かり申請を行った所、許可が出た。その後の面接はあったものの、これで計画は進められる。 部品: 3年目の施工開始 施工までに3年ほど時間がかかった。領地を預かり、予定地点に資材や人員をもってくる。もちろん、生活できるように多少のインフラも整備して置く必要があった。 部品: 4年目の時計 時計塔の肝である時計部分の製作が始まった。多くの人が関わる中、新しく時計製作に関わる人達にもレクチャーを行うことにした。 部品: 5年目の商売 時計塔の施工からしばらく立ち、時計塔の噂を聞きつけたのか商売たくましく出店が増えてきた。経済も回っていないのに人が居るこの場所が良い稼ぎ所になると踏んだようだ。 部品: 6年目の村落形成 時計塔の完成間近になればもう半ばコミュニティーとして機能するようになっていた。家が立ち、商店が立ち並ぶ様はアーケード街のようだった。 部品: 7年目の塔完成 7年目には時計塔は完成していた。まだ、塔だけで中の時計はまだ終わっていなかったのだ。時計部分は心臓部。早急の歓声が急がれた。 部品: 8年目の願い 時計作りは難航した。何より巨大な二対一組の機構だ。絶対的に人手が足りなかったのである。だけどこれ以上引き下がれない、そして信じて着てくれた人たちの為にも完成させなければと、皆は時計塔に願いを込めていたのだ。 部品: 9年目の完成 施工期間は大幅に伸びたが、無事完成を見ることが出来た。各機構の最終調整と最後の式典のための準備が行われることになった。 部品: 10年目の稼働 完成した時計塔は、その基準となる関係上夏至の日に稼働を決めていた。記念の日、資材や仮設置き場としていた広場は「待ち合わせ広場」と改められ、時計塔はその時間を刻み始めた。 部品: 芥辺境の時計塔 時計塔はこれで二代目にあたる。今はすでに無く、施工主であり管理人の白河 輝が思い出の中で残した姿を再現したのである。 部品: 煉瓦造建築 煉瓦を基本材料として構築する組積式構造という。取扱いの容易な大きさの長方体の粘土の単体を焼成し,これを組積して主要部分を造り,梁などの横架材には木材を用いるものが多い。 部品: 地下:資材倉庫 地下は構造物よりも広く取られており、そこには防災避難用の備蓄アイテムを備え、非常時はそれらが解放される。 部品: 1階:吹き抜けエントランス 吹き抜けのエントランス。3階まで吹き抜けになっており、広々としている。ここから二階と地下への階段が備え付けられている。 部品: 2階:管理人室 2階から3階の間に設けられた六畳程度の管理人室。設けられた窓からは振り子が見え、更に上の構造部分が見える。また、メンテナンス用の道具一式もここにおさめられている。 部品: 3階:二対の大きな振り子 1階から見上げることで見える大きな2つの振り子。片側の振り子は止まり、もう片方が動く仕組みになっており、半年ごとに交代する。 部品: 4階:二対一組の機械時計 このフロアでは、対照的な二対の機械時計機構が1フロアを埋め尽くすように存在している。半年ごとに片側が稼働し、もう片方がメンテナンスを行うことで常に時計塔の時計は動いている。 部品: 5階:大時計 このフロアには時計塔を時計塔たらしめる、東西南北に一つずつ稼働している時計がある。4階から繋がっており、ここで対になってる機構の連結操作を行う。各時計が狂わないよう、中での機構が統一されている。 部品: 6階:大鐘楼 大きさが1.8mもある巨大な鐘楼。時計塔の時刻を知らせるもので、重く響くも耳障りもよく、遠くまで聞こえる。 部品: 6階外周:展望デッキ 鐘楼を囲むように展望デッキが出ている。ただ、それほど広さもないため、危険なので許可がない限り人が入ることはないようになっている。 部品: 待ち合わせ広場 時計塔の周りに設けられている公園スペース。そこはランドマークとしてそびえる時計塔の膝下の為、誰もがそこで待ち合わせができるよう公園が整備されている。 部品: ランドマーク 山や高層建築物など、ある特定地域の景観を特徴づける目印。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印であるが、昨今では待ち合わせなどに使われることが主である。 部品: 二対一組の機械時計 時計塔内で動いている大時計の心臓部。フロアをほぼ満たすゼンマイや歯車、下のフロアにまで伸びる振り子は、実は同一の時計機構が2つ並列している形を取っている。これは、メンテナンスの為に時計を止めることはできないため、2つ用意しておき、半年ごとにメンテナンスと稼働を交互に行うことで常に時を刻めるようにしている。 部品: メンテナンス道具一式 時計塔の機械時計をメンテナンスするための道具一式。普段は管理人室においてあり、時計塔にあわせてなのか、比較的大きめに作られている。 部品: 大時計の切り替え機構 時計塔の4枚の大時計には、二対一組の機械時計から動力を得ており、それぞれの機構から送られる動力を切り替える機構がついている。 部品: 夏至と冬至 夏至、冬至。この日が半年ごとのメンテナンス切り替えを知らせる日でもあり、唯一二対一組の機械時計が同時に動く日でもある。 部品: 小規模メンテナンス メンテナンス中の機械時計は定期的な小規模メンテナンスが実施される。このときは大抵管理人か、その代理の時計職人が行うことになっている。 部品: 大規模メンテナンス メンテナンス中、短期間で集中的に且つ大々的にメンテナンスを行うことを指す。このときは管理人はもちろん、選りすぐりの時計職人たちが集まり、一斉にメンテナンスを行う。 部品: 診療所 医師が、特定多数の人に対し診療を行う場所。患者を入院させるための施設を有しない、または一定数以下の病床ベッドを備えた施設がコレに当たる。 部品: 消防署 消防職員、及び関連設備の揃った施設。消火隊、救急隊が常設されており、救急車や消防車などもこの施設に付随している。 部品: 警察署 治安維持を担う警察や治安維持役職が務める、地域の本部や事務所の事を指す。人口などが一定以上の都市などに配置される。 部品: 港 臨海部に接している船舶が停泊する場所。防波堤を築き、漁船舶や貿易船舶、旅客船などが行き交う場所でもある。 部品: 町役場 町の行政事務を取り扱う役所。中には以下のものがある。 ・企画政策部 ・防災危機管理部 ・総務部 ・福祉部 ・都市整備課 ・消防本部 ・教育部 ・観光課 ・多目的会議室 ・市町村防災行政無線 部品: 繁華街 商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店や専門店、飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。 部品: 総合体育館 町の中にある、地域スポーツの促進の為に作られた施設。スポーツイベントや集団スポーツの練習場としても開放されている。 部品: 図書館 時計の町にある図書館。蔵書量はそれなりで、町に関する歴史もここで調べることができる。特色上、機械工学やそれに関連する専門書が多い。 部品: リサイクル施設 資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化を目指し、設置された場所。町で出たゴミなどをこの施設に持ってくる事になっている。 部品: ごみ処理施設 町ででたゴミや不用品を処理する施設。基本的に生活で出たゴミが中心だが、別棟で産業廃棄物なども扱っている。ここで弾かれた使えそうなゴミはリサイクル施設へ。 部品: 河川堤防 河岸に沿って土砂を盛り上げた治水構造物のことである。オアシス川の形成するのにこの堤防が使われている。 部品: 防砂林 飛砂に備える防災林の一種。飛砂による被害の防止・軽減を主目的として設けられる森林であり、西国人の生活には無くてはならない物。 部品: 時計工房 時計職人達が構えるアトリエのこと。ここで職人の親方達は徒弟をとり、自らの技術を磨き継承していく施設である。 部品: アーケード 柱で支えられる連続したアーチやヴォールトを用いた通路や歩道、または一続きのアーチが覆う歩道等の道路を指す言葉である。 部品: 民間飛行場 時計の町で機能している空港のことである。他の都市や町を結ぶ飛行場の一つで時計の町の玄関口の一つである。 部品: 住宅街 この町に広がる一般的な住宅街。領地の国民は基本ここに住んでおり、職人を目指す人以外の住宅も多数あるため、レンジャー連邦の一般的な住宅事情とあまり変わらない生活が見れる。 *インポート用定義データ [ { "id": 10354, "title": "時計の町", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.825564", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.825564", "children": [ { "id": 10355, "title": "時計の町の概要", "description": "時計塔を中心に時計産業が広がっていったために出来た町。その町には時計職人達のアトリエが並び、様々な時計は町の時間を刻んでいる。\nまた、精密機械や機械工学の発展に寄与する活動を主にしている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.830086", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.830086", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "title": "徒弟制度の制定", "part_type": "group", "children": [ { "title": "徒弟制度とは", "description": "後継者の養成と技術的訓練を行うために,また同時に職業的利益を守るための制度。親方-職人-徒弟という身分秩序を構成している。", "part_type": "part" }, { "id": 10362, "title": "親方", "description": "同じ業の一群の職人・弟子(でし)の技能を導き、また生活の面倒を見て、監督する人・頭(かしら)。親方作品を提出し試験に合格することで認められる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.894674", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.894674", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45768, "title": "時計職人", "description": "時計を作る職人職業。精密な時計を作る機械時計を作る人や、先端技術を集めた精鋭時計を作る者まで様々な人達がいる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.935067", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.935067", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10363, "title": "徒弟", "description": "見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。徒弟や弟子であってもキャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.903955", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.903955", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "expanded": true }, { "title": "時計の町の特産品", "part_type": "group", "children": [ { "id": 45765, "title": "職人の手がけた時計達", "description": "時計の町には様々な時計工房が並べられている。熟達した職人からひよっこ職人まで、千差万別の時計達がこの町には存在している。\nその為、この町に住む時計達は皆、時計工房で作られたものばかりである。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.815145", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.815145", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "title": "海鮮丼", "description": "港でほそぼそと行われている漁業でとれた魚を使った海鮮丼。広く広まっておらず、今は町の中で密かに特産となっている。", "part_type": "part" } ], "expanded": true }, { "title": "時計の町の地形", "part_type": "group", "children": [ { "id": 10356, "title": "東都と南都へ至る道", "description": "大手道として、時計の町には北へ向かい南都へ続く道と、オアシス沿いから東都へ向かう道の二つが存在する。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.843108", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.843108", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10357, "title": "中規模オアシス", "description": "対岸が見えるほどの中規模のオアシス。真水がとれ、付近の町ではこの水を生活用水として使い、支えてくれている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.853874", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.853874", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10358, "title": "オアシス川", "description": "沿岸部に近いオアシスに治水工事を施し、オアシスから海まで流れる川を形成した。これにより、人工的な川辺に様々な生活様式が生まれる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.86294", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.86294", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true } ], "expanded": true }, { "id": 10374, "title": "恒例行事", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.026086", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.026086", "children": [ { "id": 10375, "title": "時計早組み大会", "description": "規定のパーツに分けられた時計の部品を、制限以内に組み立てられるかを競う大会。組み立てる時計のレギュレーションは当日まで発表されない為、パーツから全体を把握する観察力、発想力、手の速さが求められる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.027587", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.027587", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10376, "title": "夏至の時計祭", "description": "最も一日の長い日である夏至祭を待ち合い広場で行うと共に、時計塔内にある2つ1組になっている機械時計を切り替える日でもある。一年の内二度ある、時計塔の大振り子が2つ同時に動いているのを見ることができる日でもある。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.038165", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.038165", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10377, "title": "時計の祝日", "description": "この日は冬至であり、夏至とは対象的に祝日として制定している。この日は夏至と同じ、時計塔の2つ1対の機械時計が切り替わる日でもあり、大きな振り子が2つ同時に見ることができる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.04775", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.04775", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10378, "title": "天文時計を使った天体観測", "description": "通年イベントとして、天文台で観測に使用される、きわめて正確な天文時計を使った天体観測を実施している。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.056921", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.056921", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10379, "title": "模型飛行機コンテスト", "description": "時計塔を除いた低い町並みである町の上空を使ったコンテスト。アマチュア部門からプロ部門まで幅広い参加ができる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.073276", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.073276", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10380, "title": "鳥人間コンテスト", "description": "実物大の飛行模型、またはアマチュア動力による飛行機による飛行機コンテスト。沿岸部から海に向かって飛ぶことで飛距離を競う。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.089889", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.089889", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10381, "title": "レンジャーエアレース", "description": "プロペラ機による最速を決めるレース。規定高度以下を飛行し、コース上にある障害物を避けながらタイムを競う。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.101953", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.101953", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10382, "title": "産業振興アイデアコンテスト", "description": "レンジャー連邦における新しい産業、または既存産業の新しいカタチは何なのかをテーマに討論やアイデア発表を行うコンテスト。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.112462", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.112462", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10383, "title": "時計の町の町内施設", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.140132", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.140132", "children": [ { "id": 10384, "title": "時計塔", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.144339", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.144339", "children": [ { "id": 10385, "title": "時計塔の10年の思い出", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.14638", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.14638", "children": [ { "id": 10386, "title": "1年目の計画", "description": "迷宮突破後、レンジャー連邦に所属することになった自分が下りたのは広がる砂漠だった。いつしか思った、ここにまた思い出の時計塔を作れるのでは?と。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.148114", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.148114", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10387, "title": "2年目の領地の預かり", "description": "まとめた計画書を持って、領地の預かり申請を行った所、許可が出た。その後の面接はあったものの、これで計画は進められる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.158916", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.158916", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10388, "title": "3年目の施工開始", "description": "施工までに3年ほど時間がかかった。領地を預かり、予定地点に資材や人員をもってくる。もちろん、生活できるように多少のインフラも整備して置く必要があった。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.168059", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.168059", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10389, "title": "4年目の時計", "description": "時計塔の肝である時計部分の製作が始まった。多くの人が関わる中、新しく時計製作に関わる人達にもレクチャーを行うことにした。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.177204", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.177204", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10390, "title": "5年目の商売", "description": "時計塔の施工からしばらく立ち、時計塔の噂を聞きつけたのか商売たくましく出店が増えてきた。経済も回っていないのに人が居るこの場所が良い稼ぎ所になると踏んだようだ。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.18581", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.18581", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10391, "title": "6年目の村落形成", "description": "時計塔の完成間近になればもう半ばコミュニティーとして機能するようになっていた。家が立ち、商店が立ち並ぶ様はアーケード街のようだった。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.194632", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.194632", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10392, "title": "7年目の塔完成", "description": "7年目には時計塔は完成していた。まだ、塔だけで中の時計はまだ終わっていなかったのだ。時計部分は心臓部。早急の歓声が急がれた。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.203216", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.203216", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10393, "title": "8年目の願い", "description": "時計作りは難航した。何より巨大な二対一組の機構だ。絶対的に人手が足りなかったのである。だけどこれ以上引き下がれない、そして信じて着てくれた人たちの為にも完成させなければと、皆は時計塔に願いを込めていたのだ。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.212073", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.212073", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10394, "title": "9年目の完成", "description": "施工期間は大幅に伸びたが、無事完成を見ることが出来た。各機構の最終調整と最後の式典のための準備が行われることになった。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.220856", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.220856", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10395, "title": "10年目の稼働", "description": "完成した時計塔は、その基準となる関係上夏至の日に稼働を決めていた。記念の日、資材や仮設置き場としていた広場は「待ち合わせ広場」と改められ、時計塔はその時間を刻み始めた。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.230692", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.230692", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10396, "title": "芥辺境の時計塔", "description": "時計塔はこれで二代目にあたる。今はすでに無く、施工主であり管理人の白河 輝が思い出の中で残した姿を再現したのである。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.253581", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.253581", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10397, "title": "煉瓦造建築", "description": "煉瓦を基本材料として構築する組積式構造という。取扱いの容易な大きさの長方体の粘土の単体を焼成し,これを組積して主要部分を造り,梁などの横架材には木材を用いるものが多い。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.265792", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.265792", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10398, "title": "塔の各階層詳細", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.328907", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.328907", "children": [ { "id": 10399, "title": "地下:資材倉庫", "description": "地下は構造物よりも広く取られており、そこには防災避難用の備蓄アイテムを備え、非常時はそれらが解放される。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.32987", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.32987", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10400, "title": "1階:吹き抜けエントランス", "description": "吹き抜けのエントランス。3階まで吹き抜けになっており、広々としている。ここから二階と地下への階段が備え付けられている。\n", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.337885", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.337885", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10401, "title": "2階:管理人室", "description": "2階から3階の間に設けられた六畳程度の管理人室。設けられた窓からは振り子が見え、更に上の構造部分が見える。また、メンテナンス用の道具一式もここにおさめられている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.345668", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.345668", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10402, "title": "3階:二対の大きな振り子", "description": "1階から見上げることで見える大きな2つの振り子。片側の振り子は止まり、もう片方が動く仕組みになっており、半年ごとに交代する。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.354819", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.354819", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10403, "title": "4階:二対一組の機械時計", "description": "このフロアでは、対照的な二対の機械時計機構が1フロアを埋め尽くすように存在している。半年ごとに片側が稼働し、もう片方がメンテナンスを行うことで常に時計塔の時計は動いている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.365209", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.365209", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10404, "title": "5階:大時計", "description": "このフロアには時計塔を時計塔たらしめる、東西南北に一つずつ稼働している時計がある。4階から繋がっており、ここで対になってる機構の連結操作を行う。各時計が狂わないよう、中での機構が統一されている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.374381", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.374381", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10405, "title": "6階:大鐘楼", "description": "大きさが1.8mもある巨大な鐘楼。時計塔の時刻を知らせるもので、重く響くも耳障りもよく、遠くまで聞こえる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.383558", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.383558", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10406, "title": "6階外周:展望デッキ", "description": "鐘楼を囲むように展望デッキが出ている。ただ、それほど広さもないため、危険なので許可がない限り人が入ることはないようになっている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.392862", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.392862", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10407, "title": "時計塔の観光所", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.412452", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.412452", "children": [ { "id": 10408, "title": "待ち合わせ広場", "description": "時計塔の周りに設けられている公園スペース。そこはランドマークとしてそびえる時計塔の膝下の為、誰もがそこで待ち合わせができるよう公園が整備されている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.413513", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.413513", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10409, "title": "ランドマーク", "description": "山や高層建築物など、ある特定地域の景観を特徴づける目印。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印であるが、昨今では待ち合わせなどに使われることが主である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.422087", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.422087", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10410, "title": "時計塔メンテナンス", "description": null, "part_type": "group", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.438951", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.438951", "children": [ { "id": 10411, "title": "二対一組の機械時計", "description": "時計塔内で動いている大時計の心臓部。フロアをほぼ満たすゼンマイや歯車、下のフロアにまで伸びる振り子は、実は同一の時計機構が2つ並列している形を取っている。これは、メンテナンスの為に時計を止めることはできないため、2つ用意しておき、半年ごとにメンテナンスと稼働を交互に行うことで常に時を刻めるようにしている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.439871", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.439871", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10412, "title": "メンテナンス道具一式", "description": "時計塔の機械時計をメンテナンスするための道具一式。普段は管理人室においてあり、時計塔にあわせてなのか、比較的大きめに作られている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.448806", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.448806", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10413, "title": "大時計の切り替え機構", "description": "時計塔の4枚の大時計には、二対一組の機械時計から動力を得ており、それぞれの機構から送られる動力を切り替える機構がついている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.457621", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.457621", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10414, "title": "夏至と冬至", "description": "夏至、冬至。この日が半年ごとのメンテナンス切り替えを知らせる日でもあり、唯一二対一組の機械時計が同時に動く日でもある。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.465965", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.465965", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10415, "title": "小規模メンテナンス", "description": "メンテナンス中の機械時計は定期的な小規模メンテナンスが実施される。このときは大抵管理人か、その代理の時計職人が行うことになっている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.475315", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.475315", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10416, "title": "大規模メンテナンス", "description": "メンテナンス中、短期間で集中的に且つ大々的にメンテナンスを行うことを指す。このときは管理人はもちろん、選りすぐりの時計職人たちが集まり、一斉にメンテナンスを行う。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.485187", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.485187", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "title": "機械産業の振興", "part_type": "group", "children": [], "expanded": true } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true }, { "id": 10417, "title": "診療所", "description": "医師が、特定多数の人に対し診療を行う場所。患者を入院させるための施設を有しない、または一定数以下の病床ベッドを備えた施設がコレに当たる。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.533347", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.533347", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10418, "title": "消防署", "description": "消防職員、及び関連設備の揃った施設。消火隊、救急隊が常設されており、救急車や消防車などもこの施設に付随している。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.542738", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.542738", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10419, "title": "警察署", "description": "治安維持を担う警察や治安維持役職が務める、地域の本部や事務所の事を指す。人口などが一定以上の都市などに配置される。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.551903", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.551903", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10420, "title": "港", "description": "臨海部に接している船舶が停泊する場所。防波堤を築き、漁船舶や貿易船舶、旅客船などが行き交う場所でもある。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.560848", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.560848", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10421, "title": "町役場", "description": "町の行政事務を取り扱う役所。中には以下のものがある。\n・企画政策部\n・防災危機管理部\n・総務部\n・福祉部\n・都市整備課\n・消防本部\n・教育部\n・観光課\n・多目的会議室\n・市町村防災行政無線", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.569698", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.569698", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10422, "title": "繁華街", "description": "商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店や専門店、飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:47.578878", "updated_at": "2017-08-20 16:16:47.578878", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45769, "title": "総合体育館", "description": "町の中にある、地域スポーツの促進の為に作られた施設。スポーツイベントや集団スポーツの練習場としても開放されている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.446788", "updated_at": "2017-08-23 11:20:56.446788", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45770, "title": "図書館", "description": "時計の町にある図書館。蔵書量はそれなりで、町に関する歴史もここで調べることができる。特色上、機械工学やそれに関連する専門書が多い。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.484523", "updated_at": "2017-08-23 11:20:56.484523", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45773, "title": "リサイクル施設", "description": "資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化を目指し、設置された場所。町で出たゴミなどをこの施設に持ってくる事になっている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.578836", "updated_at": "2017-08-23 13:30:16.388559", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45772, "title": "ごみ処理施設", "description": "町ででたゴミや不用品を処理する施設。基本的に生活で出たゴミが中心だが、別棟で産業廃棄物なども扱っている。ここで弾かれた使えそうなゴミはリサイクル施設へ。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:56.544956", "updated_at": "2017-08-23 13:30:16.427224", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45767, "title": "河川堤防", "description": "河岸に沿って土砂を盛り上げた治水構造物のことである。オアシス川の形成するのにこの堤防が使われている。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.905954", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.905954", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 45766, "title": "防砂林", "description": "飛砂に備える防災林の一種。飛砂による被害の防止・軽減を主目的として設けられる森林であり、西国人の生活には無くてはならない物。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-23 11:20:55.872625", "updated_at": "2017-08-23 11:20:55.872625", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10360, "title": "時計工房", "description": "時計職人達が構えるアトリエのこと。ここで職人の親方達は徒弟をとり、自らの技術を磨き継承していく施設である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.874213", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.874213", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "id": 10361, "title": "アーケード", "description": "柱で支えられる連続したアーチやヴォールトを用いた通路や歩道、または一続きのアーチが覆う歩道等の道路を指す言葉である。", "part_type": "part", "created_at": "2017-08-20 16:16:46.885498", "updated_at": "2017-08-20 16:16:46.885498", "children": [], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" } }, { "title": "民間飛行場", "description": "時計の町で機能している空港のことである。他の都市や町を結ぶ飛行場の一つで時計の町の玄関口の一つである。", "part_type": "part" }, { "title": "住宅街", "description": "この町に広がる一般的な住宅街。領地の国民は基本ここに住んでおり、職人を目指す人以外の住宅も多数あるため、レンジャー連邦の一般的な住宅事情とあまり変わらない生活が見れる。", "part_type": "part" } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true } ], "character": { "id": 189, "name": "白河 輝" }, "expanded": true } ] ---- ※旧書式 L:時計の街 = {  t:名称 = 時計の街(イベント)  t:要点 = 屋根の上から,綺麗な町並み,いくつもの時計  t:周辺環境 = 街  t:評価 = なし  t:特殊 = {   *時計の街のイベントカテゴリ = ,,,藩国イベント。   *時計の街の位置づけ = ,,,{特殊イベント,自動イベント}。   *時計の街の内容 = ,,,時計制作業が流行し、経済地域をつくる  }  t:→次のアイドレス = 精密機械工業地帯?(イベント),時計職人(職業),貴金属の流入?(イベント),おしゃれの流行?(イベント) } #image(ここに画像のURL) #image(ここに画像のURL)

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: