※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マウプロ声優の宣伝活動についての反応」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

マウプロ声優の宣伝活動についての反応 - (2013/06/13 (木) 17:50:34) の編集履歴(バックアップ)


【旭化成】
 本当にあった体育会ワイセツ話で原田(KYN)がECZNにサランラップ(旭化成の代表的な商品)フェラを要求したため、ネタにされる。
 また、同社CMの「イヒ!」をHTNの気持ち悪い「ウィヒ!」にされることもある。



【あずま寿し】

 『真夏の夜の淫夢』1章のロケ地近くの下北沢にある名寿司店。
 ちなみに正確には下北沢というよりも東北沢にあるらしい。
 変な方面に有名になったせいで(それとも元々経営が逼迫していた?)、残念ながら閉店に追い込まれてしまった。



【いきすぎだよ、ジェームス】
子供向けアニメ「きかんしゃトーマス」の第193話。
その話のタイトルが野獣のアレを連想させるものだったため、動画内のコメントの殆どが淫夢関連のコメントになるという風評被害に遭ってしまった。
その後アップロード者の手によって削除されていたが、最近になって再うpされた。いい加減にしろ。
他にも「きたないきかんしゃ」というタイトルの話もあった。オチはオイルの山に突っ込むというもの(オイル塗ろっか)。



【岩手県岩手郡岩手町大坊地区】
 地名が大坊というだけでよくネタにされる。
 なぜか大坊という苗字の人物が多い。



【Aチャンネル】
 『まんがタイムきららキャラット』で連載されている四コマ漫画及び、それを原作にしたアニメ。アニメの第6話のタイトルが
  「真夏の夜の…」 といういかにもあのビデオのタイトルを連想させるものであったのが原因で風評被害に遭い、ニコニコ動画の
 第6話の公式配信動画がホモに占領された。



【大坊みかん】
 読み方は「おおぼうみかん」。主に和歌山県で栽培されている。
 大坊という名前だけでwikipediaの記事が縦読み兄貴に編集されている。
 現在は修正されてしまっているが編集履歴から見ることが出来る。



か行
【ガトーフェスタ・ハラダ】
 群馬県高崎市にある超有名な洋菓子店。看板商品であるガトーラスク「グーテ・デ・ロア」は大変美味。
 KYNのワイセツ話での役名「ハラダ」と同じというだけでお菓子板のスレを乗っ取られる。
 やはりラスクやお菓子の話題は殆ど無し。



【関西ペイント】
 DBやKYNの所属する日本ペイントのライバル会社といわれている。
 DBのいるニッペのライバルということでネタにされている哀れな会社である。



【君と僕。】
 『月刊Gファンタジー』で連載されている漫画及び、それを原作にしたアニメ。ストーリーは男子高校生達の日常を描く内容なのだが、
 主人公がナヨっとしたタイプ、というよりロン毛で髪のまとめ方によっては女と見間違える顔立ちなうえ
 仕草も完全に女のそれのためはたから見ると非常にカマっぽい。他にもいつも男同士とつるんでいたりと
 話にこそないものの同性愛を連想させるものであったのが原因で風評被害に遭い、
 ニコニコ動画の第1話の公式配信動画がホモに占領された。
 あまりに酷かったためかAチャンネルと違いこちらはコメント規制が実行されている。
 なお本放送時の実況スレも毎週占領されている。



【Club Ibuki in Break All】
 東方のIOSYSのオリジナル曲 読みはクラブイブキインブレイクオールと読む
 この曲のPVにはビール(ホモの飲み物)が出たり 3000円ポッキリと言いながら実は55万円(GOGO万円)であったり…
 野獣妹が嘘をつくなど淫夢要素が余りにも多かったため被害にあう。
 因みにPVのほうはUNEIによるコメント規制が行われている模様(2012年7月18日現在大百科には規制されてない)
 しかしIOSYSはよく淫夢民に足元を掬われるようなPVをつくりますね…



【CoCo壱(ココイチ)】
 全国的に有名なカレー料理のチェーン店。正式名称は「カレーハウスCoCo壱番屋」。
 ニコニコ動画にアップされたKMRスープカレーの本編中でモザイク代わりに使用されてしまい、風評被害拡大中である。



さ行
【佐川急便】
 赤い褌の飛脚マークでおなじみの大手運輸会社。『BABYLON STAGE35 大人の事件簿 その猥褻の構図』
 2章と5章で配達人が配送物について届け先にクレームをつけられ、その弱みにつけこまれて性行為を強要されるという内容が思い切り被り、
 その上、どちらの章でも配達人の服装が青と白の横縞シャツという明らかに佐川急便を意識した格好だった為、ホモ企業という認識を持たれることに。
 性行為を強要されるより、責任者を呼ばれることの方が恐ろしいらしい。



【The Beast.】
 スペクタクルP作詞作曲、初音ミクオリジナル曲。文字通りタイトルが原因で淫夢、特に野獣先輩関係の風評被害を受け一時、
 動画や動画タイトルが非公開になる事態に。ブログもホモに占拠されている。
 因みにスペクタクルPは現在ニコニコ動画から引退しており、この動画も削除されている。



【SANDSTORM】
 野獣先輩の発掘3作目「SCOOOP!!!」第一弾、オープニングのBGMに使用されており風評被害へ。メタリックカラーの野獣は必見。



【シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~】
 1995年に発売されミリオンヒットを記録したMr.Childrenの楽曲。
 2番Bメロの「野獣と化してAh Ah」という歌詞にホモが食いつき、終始コメントが淫夢ネタだらけに。



【シェイクスピア】
 あのビデオのタイトルの由来となった『真夏の夜の夢』の作者。
 そのため、『●ニスの商人』など彼の作品を卑猥なタイトルに改変されてしまう。



【しゅわスパ大作戦☆】
 東方の二次創作で作られたアニメーション付きミュージックビデオ。
 動画の中に好きな相手に惚れ薬を混入させた酒を飲ませるというシーンがありその行動が 某野獣 の行動と一致していたため
 動画内のコメントが一気にホモだらけになった。もちろん東方についてのコメントは一切無し。



【ゼロの使い魔F】
 ゼロの使い魔の第4期に当たる。シリーズ完結作。
 しかしEDの曲『キスシテ↑アゲナイ↓』と言ういかにも野獣先輩のCO↑CO↓を匂わせていた為風評被害に会う
 また淫夢厨のあいだでは『ホモの使い魔』などと呼ばれている。