国民が知らない反日の実態

肯定派の傾向と対策

最終更新:

truth1111

- view
だれでも歓迎! 編集
従軍慰安婦の正体へ戻る

<目次>

「日本軍は慰安婦を強制連行した。なぜなら、『強制連行していない』という証拠はないからだ。」

米国政府は 宇宙人を すでに捕まえている。 なぜなら、 捕まえていないという 証拠はないからだ。
ネス湖には ネッシーが いる。 なぜなら、 いないという 証拠はないからだ。
フリーメイソンが 世界を 牛耳っている。 なぜなら、 牛耳っていないという 証拠はないからだ。
日本軍は 朝鮮人女性を 強制連行した。 なぜなら、 強制連行していないという 証拠はないからだ。
 これは、オカルトの論理です。

 「存在しない」という事を証明する事を、科学哲学では「悪魔の証明」と言います。そのため、裁判においても、罪を告発する側(原告)にのみ、「罪が存在する事を立証する責任」があり、罪を告発される側(被告)は「罪が存在しない事を立証する責任」はありません。この事を「挙証責任(きょしょうせきにん)」、あるいは「証明責任」と言います。

 このような理由から、これがオカルトの論理だと言えるのです。

「日本軍は慰安婦を強制連行した。証拠が見つからないのは、証拠を燃やしたり隠したりしているからだ。」

米国政府は 宇宙人を すでに捕まえている。 それが表ざたにならないのは、 エリア51に 隠しているからだ。
ネス湖には ネッシーが いる。 ネッシーが捕まらないのは、 すでに 死んでいるからだ。
フリーメイソンは 世界を 牛耳っている。 それが表ざたにならないのは、 マスコミを操って 自分の事を報道させないからだ。
日本軍は 朝鮮人女性を 強制連行した。 証拠が見つからないのは、 証拠を 燃やしたり隠したりしているからだ。
 これも、先ほどの論理と同じです。「悪魔の証明」や「挙証責任」の観点から、到底このような論法は信じられません。

 「真実は神のみぞ知る」なんて事を良く聞きます。私たち人間は「時空」を飛び越えられません。だから、「史料」という名の手がかりを基にして、歴史を知らなければならないのです。だから、「史料がどうしても見つからない」からと言って、「史料が燃やされた・隠された」というのは、ただ駄々をこねて時間稼ぎしているだけに過ぎません。

 よって、この論法もオカルト論理といえます。

「『白馬事件(別名 スマラン事件)』といってオランダ人女性を強制連行した事件があった。確かな証拠がある。」

 「責任はどこにあるか」も合わせてお読みください。

 この事件は日本軍の軍人がオランダ人女性を強制連行したという確かな事件です。しかし、この軍人が強制連行した動機は「国家・軍の命令」ではありません。したがって、国家に動機責任はないのです。この軍人達は事件後、日本軍から処罰は受けませんでした。しかし終戦後にオランダが「バタヴィア臨時軍法会議」にかけて死刑に処しました。

 すでに処罰が下ったわけですから、法的には解決した事件です。日本国憲法第39条 において「二重処罰の禁止 」の原則が定められていますし、死刑になっていますから、あの世から軍法会議に参加することはできません。また、日本政府は道義的責任として2億5500万円をオランダ人女性に支払いました。

 犯罪を犯した軍人に対する管理責任はありましたが、白馬事件の責任をこれ以上国家が負う必要はありません。事件の経緯について詳しくは「白馬事件について」をご覧ください。

「強制連行を命じる国家・軍の文書が無いから強制連行も無いだって?じゃあ、北朝鮮による日本人拉致だって命令書なんか無いじゃないか。」

 まず、論点のすり替えです。「祖国統一のための分工事業組織指導要綱」という文書に日本人拉致の指令が書いてあります。ジャーナリストの加藤昭氏が『WiLL』2004年4月号の誌上にて、全文公開しています。よって、北朝鮮による日本人拉致を命じる文書は確かに存在します。

「強制連行を命じる国家・軍の文書が無いから強制連行も無いだって?それはネオ・ナチが『ヒトラーがホロコーストを命じた文書は無い』と主張しているのと同じじゃないか。」

 これも、論点のすり替えです。ナチスの文書では、「死ぬ」「殺す」という言葉を避け、婉曲的、暗示的にかかれています。ナチスは反ユダヤ主義という差別を明確に掲げていましたが、日本では「反朝鮮主義」というような物は一切ありません。アドルフ・ヒトラーは1939年1月30日にドイツ帝国議会でこのような演説を行っています。
 本日、私はいま一度預言者となろう。もしヨーロッパ内外の国際的ユダヤ人資本家が諸国を再度の世界戦争
に陥れることが成功したら、その結果は地球のボリシェヴィキ化やそれによるユダヤ人の勝利ではなく、ヨー
ロッパのユダヤ人の絶滅である。
 はっきり、こう言っているのです。しかし、大日本帝国の政治家が堂々と国会で「朝鮮人を強制連行して慰安婦にせよ」というような事は言っていません。よって、ネオ・ナチの主張と我々の主張は異なります。


従軍慰安婦の正体へ戻る

このページをシェアする

記事メニュー
トップページ/メニュー/常連用
選挙期間対応について
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
再始動
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在-
現在時刻
2020-03-31 02:26:21 (Tue)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数2208

反日企業



;

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→こちら
重要 ネット右翼の正体
重要 まとめサイトの正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする


:
|








  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民主党


:
|









自民党








その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障












 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









内容精査の必要なページ
単なるアジテーションではなく確りしたロジックに基づいた問題の検証が求められるため当面ペンディングとする


必要なページだが内容が大幅に不足しており正式ページと認めるのは時期尚早。

表現規制は反日問題ではなく「表現の自由」の制限に関する憲法問題であるのにその点を論理的に説明出来ないまま一方的なアジテーションに走ってしまっている。

TPPを賛否両面から考察したページ作りが必要であるのに一方に偏ったアジテーションに終始している。

以上は内容が無責任に過激なせいで管理者によって閲覧禁止になってしまったページ。

以上は同様の懸念があり、今後閲覧禁止になりかねず早急な改善が必要なページ。

興味深い内容を含むが現状では論理的な説得力が不足しており偏った印象を閲覧者に与えかねないため保留とする。

主要連動サイト



imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=)


【現在のランキング】



人気ページ
おすすめゲーム攻略