※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「港南台・日野南」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

港南台・日野南」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-*&sizex(5){&color(green){港南台・日野南地域}}}
+*&sizex(5){&color(green){港南台・日野南地域}}
 {港南台住宅地(団地)開発については、下記の記録文献をご参照願います。
 -港南台の誕生:福島清一/1988.6.30.
 -港南台:港南台遺跡群調査団/1976
 
 港南台開発の歴史は下記のペ-ジをご覧下さい。
 大規模宅地開発による地形の変化の様子をご覧になれます。
 -[[歴史に学ぶ港南台の勉強会>>http://teishoin.net/blog/003052.html]]
 
 ----
 
 &bold(){*「松ヶ崎古墳」}については、下記のペ-ジをご覧下さい。
 
 -[[松ヶ崎横穴古墳群の現状>>http://teishoin.net/blog/003984.html]]
 
 ----
 
 現在の港南台住宅地には、縄文・弥生時代既に人々は生活をしていました。
 その生活の跡が昭和40年代の大規模宅地開発の際、全て里山が削られて、無くなってしまいました。その開発の際の記録は&bold(){「港南台遺跡群調査団」による「港南台」記録}として、残っているのみです。
 
 港南台地域の埋蔵文化財なついての詳しい記録は、下記のペ-ジをご覧下さい。
 
 -[[緊縮財政に呑まれる埋蔵文化財>>http://teishoin.net/blog/004022.html]]
 
 ----
 
 *根岸線と港南台駅開発の経緯については下記のHPブログをご覧下さい。
 
 -[[根岸線の歴史と港南台駅誕生の物語>>http://teishoin.net/blog/003676.html]]
 
 ----
 *港南台・日野南地域の歴史散策の会の記録です。
 
 港南台住宅地開発時に 遺構のほとんどが開発とともに消滅してしまいました。
 遺跡跡の分布は下記添付ファイルの通りで、次のような遺跡群がありました。
 
 ・上瀬遺跡(港南台8 丁目辺り)、
 ・榎戸遺跡(港南台6 丁目辺り)、
 ・小坪遺跡、中谷(なかやと)遺跡(現在のちどり・かもめ団地辺り)、
 ・松ヶ崎遺跡、
 ・安養院やぐら、
 ・大神やぐら
 
 発掘された遺物の一部が磯子区の三殿台考古館に保存展示されています。
 
 #ref(港南台地区の遺跡地と遺物.pdf)
    ↑これをクリックするとPDFリポートを見る事が出来ます。
 
 
 第19回 港南台の今昔・港南台5~8丁目 散策の記録です。
 
 #ref(第19回 (港南台の今昔・港南台5~8丁目).pdf)
 
 
 第65回港南台の今昔・港南台1~3丁目 散策の記録です。
 
 #ref(第65回港南台の今昔・港南台1~3丁目.pdf)
 
 
 港南台4・9丁目、日野南1丁目 散策の記録です。
 
 #ref(第68回(港南台4・9丁目、日野南1).pdf )
 
 ----
 *こうなん 道ばたの風土記より
 
 -[[円海山から武相国境分かれ道へ>>http://www.city.yokohama.jp/me/konan/kusei/furusato/fdk/fdk-17.html]]
 
 -[[安養寺と下馬橋跡>>http://www.city.yokohama.jp/me/konan/kusei/furusato/fdk/fdk-18.html]]
 
 -[[塚の古址>>http://www.city.yokohama.jp/me/konan/kusei/furusato/fdk/fdk-31.html]]
 
 ----
 
 *こうなんの昔ばなし より
 
 #list_by_tag(港南台,10)       
 
 #list_by_tag(日野南,10)      
 
 
 
 
 
 <タグに 港南台 または 日野南 >を入力したページを新規に作成すると、ここに自動的にリストアップされます。
 
 
 
 
 ------