「ゴーストパイロット」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ゴーストパイロット」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-*ゴーストパイロット
-【ごーすとぱいろっと】
-|ジャンル|シューティング|~|
-|対応機種|アーケード(MVS)|~|
-|販売・開発元|SNK|~|
-|稼働開始日|1991年|~|
-|分類|BGCOLOR(lightsteelblue):''ゲームバランスが不安定''|~|
-|ポイント|凡作、長すぎ、単調|~|
-
-**概要
--西暦194X年、資源不足に悩む「I国」「D国」2大軍事国家が、資源が豊富であることが分かったF国に侵攻した。F国首脳部は、味方すら知るものは少ない「ゴースト」と自らを呼ぶ飛行チームに秘密裏に通達を出した。”ゴーストパイロット”が「I国」「D国」に立ち向かうべく出撃する、という設定の縦スクロールシューティング。
-
-**基本システム
--全12面。8方向レバー+2ボタン(ショット、ボム)で操作。
--ボンバーは1面開始時、2面開始時、7面開始時、12面開始時に選択が可能。
---自機のすぐ前方に巨大な爆風を発生させる「ダイナミックボンバー」、発射後にレバーで方向を制御できる「フラッシュボンバー」の他に、2面開始時、7面開始時は、地上ルートなら「ナパーム」、空中ルートなら「援護攻撃」も選択できる。
--赤い敵編隊を全滅させると、S(ショット1段階パワーアップ)や、B(ボム1個補充)が出現する。地上物を破壊すると☆(ステージクリア後、取った数に応じてボーナス点が入る)が出現し、特定の場所で1UPが手に入る場合もある。
-
-**問題点
-本作は2つ同時に出たネオジオ初の縦シューティングゲームのうちの1つである(もう1つは同日に出た『ASOII ラストガーディアン』。こちらはASOの続編ではあり、出来は悪いわけでは無いが何故かかなりマイナー)。だが、ネオジオ最初期という事を差し引いてもゲームの出来が良いとは言いがたい。
-
--横画面の弊害
--本作は横画面縦シューなのだが、ハッキリ言って横画面だということへの配慮がまるでなされていない。その最たる例が「画面の横スクロール」だろう。
---確かに、通常の縦STGにおいては、画面がある程度横へとスクロールするのは極自然な仕様なのだが、このゴーストパイロットは''画面の比率も考えず、無思慮に横スクロールを導入してしまった''。そのため、自機の動けるフィールドが異常なほど左右に長くなっており、うかつに自機を左右に動かすと[[どこぞの飛鳥>http://www23.atwiki.jp/ksgmatome/pages/925.html]]よろしく、横にいた戦車に弾を撃たれてやられやすい。
---その後、『レイストーム』や『マーズマトリックス』、同じネオジオの『ソニックウイングス2』等横画面STGが発売されているが、横スクロールが無い作品が多い。
-
--自機性能
--自機の移動速度は遅く、移動速度を向上させるアイテムも存在せず、さらにショットはどれだけパワーアップしても前方集中形である。さらに、当たり判定も大きく(両翼にカスった程度でもアウト)、敵機も自機に体当たりしてくるような動きをするものが多い。以上の理由により、敵弾や敵機を回避しづらいのでかなりの高難易度である。
-
--ボリュームの多さ
--ステージは全部で12あるが、1面と12面は他の面の2倍近い長さがある。
---1面クリア後に地上ルート(5面構成)、空中ルート(同じく5面構成)を選択することになる。選ばなかったルートは選んだルートをクリアした後にプレイすることになるのだが、後にプレイしたルートの方が難易度が上がるということはないので、あまり意味の無い選択と言える。
--本作はクリアまでのプレイ時間がとにかく長く、全面クリアには1時間以上かかる。
---敵配置も練られているとは言い難く、地上物が出現しない空中ルートでは特にそれが顕著で、ダラダラと敵編隊が出現し続けるだけ、というシーンも多い。
-
-**総評
--決して遊べないというわけではないが、ゲームとして特に見るべきところはなく、全体的に寂しい出来となってしまっている。
-
-**家庭用移植
--家庭用ネオジオ 1991年7月1日発売 19,800円
---業務用と同等。
--ネオジオCD 1995年3月17日発売 6,090円
+''Wiki統合に伴い、ページが[[カタログ>http://www26.atwiki.jp/gcmatome/pages/2444.html]]に移転しました。''