※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中学校」の検索結果
創造論とIDの危険性についての決議 (6) 教育界への侵入状況」 から 次の単語がハイライトされています :


Kumicitのコンテンツ > 欧州情勢 >欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」

創造論とIDの危険性についての決議 (6) 教育界への侵入状況




Doc. 11375
17 September 2007

The dangers of creationism in education
教育における創造論の危険性


In Turkey(トルコ):

53. Turkey, which has been one of the few officially secular Muslim countries since the republic was established by Mustafa Kemal Ataturk in 1923, seems to be one of the main cradles of Islamic scientific creationism. As Jacques Arnoult[5] has emphasised, “Turkey appears to be one of the most active and most highly structured centres of this fundamentalist school of thought”.

トルコ共和国は、Mustafa Kemal Ataturkによって1923年に樹立以来、公式には数少ない世俗イスラム国家のひとつだったが、今ではイスラム科学的創造論の主たる揺籃となっている。Jacques Arnoultが強調するように「この同じ原理主義者の考えを持つ勢力が、最も活発で、最も組織化された中心のひとつとなっている。」

54. The Turkish Islamist preacher Harun Yahya, whose real name is Adnan Oktar, is one of the most symbolic figures of this movement. He is around fifty years old and has been publishing works on creation or religion for about twenty years. He also has his own publishing house, Global, the head office of which is in Istanbul. In 1991, Oktar set up the science and research foundation Bilim Arastirma Vakfi (BAV). Since its establishment, BAV has been very active in trying to have any reference to evolution removed from Turkish education. It also organises many conferences on creationism in the principal Turkish towns and cities. It would seem that BAV has close links to the American Institute for Creation Research (ICR).

トルコのイスラム伝道者Harun Yahyaの実名はAdnan Oktarであり、創造論運動の象徴的人物のひとりである。彼は50歳前後で、創造と宗教につていの本を過去20年にわたって出版してきている。彼はイスタンブールを本拠地とする世界的な出版社を所有している。1991年にOktarは、科学研究財団Bilim Arastinma Vakfi(BAC)をつくった。その設立から、BAVはトルコの教育から進化論への言及を削除しようと活発に動いてきた。また、トルコの主要な町で創造論コンファレンスを開催してきた。BAVは米国のInstitute for Creation Research(ICR)と緊密な関係があると思われる。

55. The latest work by Harun Yahya appeared in December 2006 and is entitled “The Atlas of Creation”. It is a large book and is the first volume of a series of seven. It attempts to refute Darwin and the theory of evolution in 772 richly illustrated pages. Its conclusion is clear: “creation is a fact” and “evolution is a deception”. Moreover, the author sharply condemns “the secret links between Darwinism and the ideologies with blood on their hands, such as fascism and communism”. At the beginning of 2007 Yahya launched an offensive aimed at the mass distribution of his work in Europe and throughout the world.

Harun Yahyaの最新作は2006年12月の「The Atlas of Creation」である。それは大型本で7冊シリーズの1冊目である。この本はダーウィンと進化論を772の写真入りのページで論破しようとしている。その結論は明らかである。「創造は事実」であり、「進化は偽装」である。さらに著者は「ダーウィニズムと、ファシズムや共産主義など血塗られたイデオロギーとの秘められた関係」を鋭く非難する。2007年の初めに、Harun Yahyaは欧州、そして世界中に自分の著作を大量配布する攻撃を開始した。

56. It should also be noted that the creationist ideas are already to be found in some Turkish school textbooks, and 75% of Turkish secondary school students do not believe the theory of evolution. However, protest movements have been set up in Turkey. A commission was created in 1998 to respond to the criticism and the creationist attacks on evolutionist ideas and to try to warn the public. TUBA, the Turkish Academy of Sciences, and TUBITAK, the Turkish Scientific and Technological Research Council, have also taken up a stance in favour of evolution.

また。創造論者の考えが、いくつかのトルコの学校教科書に見られるようになっていることは注意すべきである。そして、トルコの中学校の生徒は進化論を信じていない。しかし、これに対抗する運動がトルコで組織された。進化論者の考えへの批判および創造論者の攻撃に対抗し、市民に警告するための委員会が1988年に作られた。トルコ科学アカデミー(TUBA)とトルコ科学研究評議会(TUBITAK)が進化論支持のスタンスを始めた。


In France(フランス):

57. The Harun Yahya offensive: In early 2007, the Turkish creationist Harun Yahya sent his work entitled “The Atlas of Creation” to a very large number of French schools and resource centres. In response, the Minister of Education, Gilles de Robien, called on chief education officers to ensure that this book "which does not correspond to the content of the curricula drawn up by the Ministry, is not available at school resource centres”. Herve Le Guyader, Professor of Evolutionary Biology at the University of Paris VI, was tasked by the General National Education Inspectorate with producing a detailed analysis of this atlas. He considers the book to be “Much more dangerous than the previous creationist initiatives, which were often of Anglo-Saxon origin”. He believes that the lavishness of the work and the method employed by the author could “prove highly effective in the case of an uninformed public. He also finds that the scientific content of this book is “pathetically inadequate”. “The Atlas of Creation” has also been sent to many journalists.

Harun Yahyaの攻撃: 2007年前半に、トルコの創造論者Harun Yahyaは自著"The Atlas pf Creation"を非常に多くのフランスの学校や教材センターに送りつけた。これに対して、Gilles de Robien教育相は、主任教育担当に対して、この本が「教育省によるカリキュラム内容に対応しておらず、学校教材センターで使えないこと」を確認させた。University of Paris VIの進化生物学のHerve Le Guyader教授は、国家総合教育監督局により、この本について詳細な分析を作成を要請された。Guyader教授は「アングロサクソン起源の従来の創造論団体よりも、はるかに危険である」と判断した。この本が豪華であることと、著者のとる手法により、「創造論について知らない市民に対して非常に有効に機能する」とGuyader教授は考えている。Guyader教授はさらに、この本の科学的内容が哀れなほど不十分であること判断した。"The Atlas of Creation"は多くのジャーナリストにも送られた。

58. The Interdisciplinary University of Paris (UIP): The UIP, an association set up under the Law of 1901, was established in 1995 to replace the European University of Paris, which was founded in 1989 to succeed the Popular University of Paris. Supported at the beginning by a number of prestigious companies, it has gradually been abandoned by its sponsors owing to the suspicions of neocreationism raised against it. It is actively working on the introduction of spirituality into the sciences and society and is also said to be very closely allied to the American intelligent design movement. The transmission on ARTE in October 2005 of the Thomas Johnson documentary Homo sapiens, a new history of Man was, incidentally, very controversial in France. It seems to have been very largely inspired by the work of Anne Dambricourt-Malasse, who is responsible for research at the National Scientific Research Centre CNRS, is attached to the Paris Natural History Museum and was at that time a member of the UIP’s scientific council. The documentary was accused of conveying a neocreationist message and helping the UIP’s cause.

The Interdisciplinary University of Paris (UIP)[パリ学際大学]: UIPは1901年法に基づいて、Popular University of Parisを引き継いで1989年に設立されたEuropean University of Parisを置き換える形で1995年に設立された。いくつかの著名な企業が支援していたが、ネオ創造論疑惑のために、支援者たちは次第にUIPを見捨てていった。UIPは科学と社会にスピリチュアリティを導入することにアクティブに取り組んでおり、米国のインテリジェントデザイン運動とも非常に近い関係があるとも言われている。2005年10月にARTEで放送されたThomas Johnsonのでドキュメンタリー「ホモサピエンス・新たなる人類史」は、フランスで激しい論争の的となった。そのドキュメンタリーはAnne Dambricourt-Malasseの著作の影響を大きく受けていると思われる。Anne Dambricourt-Malasseは、国立科学研究センターCNRSの研究責任を負い、パリ自然史博物館に属していて、UIPの科学評議会のメンバーだったこともある。このドキュメンタリーはネオ創造論のメッセージを広め、UIPの目標を支援したとして、非難された。


In Switzerland(スイス):

59. The activities of Harun Yahya in French-speaking Switzerland: In March 2007, a very large number of schools in French-speaking Switzerland also received Harun Yahya’s work “The Atlas of Creation”. Georges Schurch, Director General of the Orientation Cycles in the Canton of Geneva, said that the company responsible for distributing this work in French-speaking Switzerland had given him a thousand copies to distribute. He pointed out on that occasion that no new work could be authorised for use in schools without a prior examination.

スイスのフランス語圏に対するHarun Yahyaの活動: 2007年3月に、スイスのフランス語圏の非常に多くの学校に、Harun Yahyaの著作"The Atlas of Creation"が送りつけられた。GenevaのCantonにあるOrientation Cyclesの会長であるGeorges Schurchは「スイスのフランス語圏への配布担当会社から1000部が送りつけられた」と述べた。Georges Schurchは、いかなる本も検査なしに学校で使うことは許されないことを指摘した。

60. Jacqueline Horneffer, Deputy Public Education Secretary in the Canton of Geneva, called on educational establishments to refuse to take delivery of this work, which they did. According to her, “the book does not correspond to current scientific theories and does not comply with the principle of the separation of secular and religious education”. In Switzerland, “The Atlas of Creation” has also been sent to journalists and scientists.

GenevaのCantonの副公教育長官であるJacqueline Hornefferは、教育機関に対して、この著作を配布しないように要請した。そして、教育機関は要請に従った。Jacqueline Hornefferによれば、「この本は現在の科学理論には対応しておらず、政教分離原則にい従っていない。」 スイスでは"The Atlas of Creation"がジャーナリストと科学者に送りつけられた。

61. The European Biblical Centre: The creationists are also represented in Switzerland by the European Biblical Centre and its facilitator Daniel Mathez. The Centre is a creationist publisher that has already published around fifteen works.

European Biblical Centre[欧州聖書センター]: European Biblical Centreとその世話人Daniel Mathezなど、スイスにおいても創造論者が見受けられる。European Biblical Centreは既に15冊の本を出版した創造論出版業者である。

62. The ProGenesis group: The small Swiss creationist group ProGenesis is working for the rehabilitation of the Book of Genesis. Its aim is to assert creationism over evolutionism and to do so by means of media or play. In this connection, it has set up a project called Genesis-Land, which is a leisure park that might be constructed in northern Switzerland and would aim “to disseminate the Christian message as a counterweight to the Darwin’s omnipresent theory of evolution”.

Progenesis Group[創世記支持グループ]: スイスの小規模な創造論団体ProGenesisが、創世記の復権のために活動している。その狙いは、進化論に対して創造論が正しいと断言することであり、それをメディアで行うことである。この点について、Genesis-Landと呼ばれる計画が準備されている。この計画はスイス北部に建設が予定されているレジャーパークで、遍く存在するダーウィンの進化論に対抗してキリスト教メッセージを広めることを目的としている。


In Belgium(ベルギー):

63. Creationist attempt at infiltration into Belgian schools: After France, and parallel to the offensive conducted in Switzerland, Harun Yahya launched the distribution of his Atlas of Creation in Belgium in March 2007. In a circular letter dated 22 March 2007, Marie Arena, the Minister in charge of compulsory education and social development, warned “all education staff against the values promoted by this document” and went on to say that she was “counting on everyone being vigilant [...] to ensure that it (could) in no way constitute an educational tool for the pupils’ use”

ベルギーの学校へ侵入しようとする創造論者の試み: フランスに続いて、スイスへの攻撃と並行して、Harun Yahyaは"The Atlas of Creation"のベルギーへの配布を2007年3月に乗り出した。2007年3月22日付のレターで、義務教育及び社会発展担当大臣であるMarie Arenaはすべての教育関係者に対して、この本が進める価値に対抗するよう警告した。そして、教育関係者がすべて用心深く、この本が生徒たちの教材として使えないことを保証することを要請した。

64. Mobilisation of the Brussels university community: Since early 2007, Belgian academics at the Free University of Brussels, have held a series of lectures on “God or Darwin?”. Among the various works there is a study by Laurence Perbal, a university lecturer, on “the evaluation of the opinion of secondary and higher education students in Brussels concerning the concepts of evolution”. This study shows in particular “that a large proportion of the individuals questioned seem to think that the Darwinian theory of evolution only concerns the physical aspect of human beings and not their soul or conscience”. At the same time, “a large proportion of the students say they have never heard of the Darwinian theory of evolution even though it is part of the biology curriculum for the last year of secondary school”.

Brusselsの大学のコミュニティの動員: 2007年前半から、Free University of BrusselsのBelgian academicsが、「神かダーウィンか?」と題する連続講義を開催した。これらのなかに、大学講師Laurence Perbalによる「進化の考え方についてのBrusselsの中高生の意見の評価」という研究があった。この研究で、特に、「大半の中高生がダーウィン理論が人間の物理的な面にのみ関するもので、魂や意識には関係がないと考えている」ことがわかった。同時に、「生徒たちの多くが、ダーウィンの進化論が中学最終学年で生物のカリキュラムに入っているにもかかわらず、ダーウィンの進化論について聞いたことがないと答えた」ことがわかった。


In Poland(ポーランド):

65. The theory of evolution and Darwin were publicly called into question in the autumn of 2006 by the Polish Deputy Minister of Education and Lodz MP, Mirosaw Orzechowski, a member of the League of Polish Families (LPR, an extreme right-wing, ultra-Catholic party). He said that “the theory of evolution is a lie, a mistake that has been legalised as a common truth, adding that “We must not teach lies, just as we must not teach evil in the place of good and ugliness in the place of beauty." Finally, according to him the evolutionist theory is only “a story, a piece of literature that could be used as a background for a science fiction film”. Just before that, in early October 2006, Maciej Giertych, an LPR member of the European Parliament and father of the Polish Minister of Education Roman Giertych, had called for the withdrawal of the Darwinian theory from school curricula, arguing that it was not “supported by evidence”.

極右で超カトリック政党であるLeague of Polish Families(LPR)の党員であり、ポーランド教育副大臣であるMirosaw Orzechowskiによって、進化理論とダーウィンは2005年秋に公的に異議を唱えられた。Mirosaw Orzechowskiは「進化理論はウソであり、間違って一般的真理として合法化された間違いである。我々はウソを教えてはならない。それは善のかわりに悪を教えてはならず、美のかわりに醜を教えてはならないのと同じことだ。進化論はSF映画の背景として使える文学の断片にすぎない」と述べた。それの直前の2006年10月初めに、ポーランド教育相Roman Giertychの父であり、欧州会議のLPR議員であるMaciej Giertychは、ダーウィンの理論は証拠によって支持されていないと論じて、学校カリキュラムから撤回することを要求した。


In Russia(ロシア):

66. In Russia in February 2007, a young 16-year-old girl and her father brought an action against the Ministry of Education and Science because they did not accept the fact that the school biology textbooks only offer one theory, that of evolution, which, they said, was incompatible with their beliefs. The plaintiffs were supported by members of the Russian Orthodox Church. It would seem that the teaching of the theory of evolution in Russia today is being increasingly called into question by pupils and their parents, who want access to teaching that is closer to their religious and personal convictions. Father Vsevolod Chaplin, deputy head of the Department of External Relations of the Moscow Patriarchate, deplores the ideological character of the theory of evolution, which has been the only theory taught in Russian schools since the Soviet era. He is appealing for the right of pupils and their parents to education that does not run counter to their faith, a right, he says, that is guaranteed by international legislation.

ロシアでは、16歳の少女と父親が、自分たちの信仰と相容れない進化論だけを学校生物教科書が提示しているという事実を受け入れられないとして、2007年2月に教育科学省を相手取って訴訟を起こした。原告は、ロシア正教会のメンバーに支援された。今日ロシアで進化理論を教えることが、ますます生徒と保護者によって異議を唱えられているようである。そして、そのような保護者たちは、宗教的に個人の信仰に近い教育へのアプローチを求める。Moscow Patriarchateの渉外副担当Vsevolod Chaplin神父は、ソビエト時代からロシアの学校で教えられる唯一の理論だったという進化理論のイデオロギー的性質を遺憾に思っている。Vsevolod Chaplin神父はは、生徒と保護者は信仰に反しない教育の権利があり、それは国際法で保証されていると主張している。


In Italy(イタリア):

67. Letizia Moratti, at the time Italian Minister of Education and Research in the Berlusconi government, proposed in February 2004, in the context of educational reforms, and especially changes to the school curricula, a decree aimed at abolishing the teaching of the theory of evolution in primary and secondary schools. There were no longer any courses on the theory of evolution in the school curricula. The Italian scientific and journalistic communities then took action. A commission was charged with considering this issue in April 2004 and submitted its report in February 2005, in which it pointed out that the study of evolution was crucial for an overall view of life and noted the importance of the natural sciences in our modern culture. At the same time, it emphasised that the teaching of the Darwinian theories makes it possible to prevent racism and eugenics. Since then, no new decree has been published. The reforms are said to be still in progress but are not likely to permit the removal of the Darwinian theories from the school curricula.

Berlusconi政権でイタリア教育研究大臣であったLetizia Morattiは、2004年2月に、教育改革の一環、特に学校カリキュラムの変更において、小中学校で進化理論を教えることを廃止することを目的とする法令を提案した。そレでは、学校カリキュラムに進化理論はなくなる。これに対して、イタリアの科学界と報道界は対抗行動を起こした。この対抗委員会は2004年4月にこの問題を検討する責任を負い、2005年2月に報告書を作成した。その報告書で、進化についての研究は、全体的な生命観について重要であり、我々の現代社会における自然科学の重要性を指摘した。これとともに、ダーウィン理論を教えることは人種差別と優生学を防ぐことを可能にすると強調した。それ以降、新たな法令は発表されていない。教育改革は進行中だが、学校カリキュラムからダーウィン理論が除外されること容認することはなさそうである。


In Greece(ギリシャ):

68. Without actually being banned from the school curriculum, the theory of evolution is often relegated to the final part of the course, ie the end of the school year. As a result, it is rarely studied at secondary school owing to a lack of time.

進化理論は、実際に学校のカリキュラムとして禁じられているわけではないが、学校年度の終りに追いやられていることが多い。このため、時間不足により、中学校では進化論を学ぶことは、ほとんどない。


In the United Kingdom(英国):

69. In the United Kingdom, creationists hold lectures at state schools and the universities. In the summer of 2006, England hosted the largest international creationist symposium over a period of three days. The UK’s biggest teaching union, the National Union of Teachers (NUT) sounded the alarm bell and called for legislation to combat the growing influence of religious groups in the British education system, According to the NUT, giving more power to the religious groups would probably damage social and intercultural cohesion. The Royal Society and the Archbishop of Canterbury have spoken out against the teaching of creationism at British schools and various organisations, such as the British Centre for Science Education, have condemned attempts to introduce this.

英国では、創造論者が公立学校や大学で講義を行っている。2006年夏に、イングランドは3日間にわたる最も大きな国際的な創造論者シンポジウムを主催した。英国の最大の教育組合である全国教員組合(NUT)は警告を発し、英国の教育制度で、影響力を増す宗教団体と戦うための法律を求めた。NUTによると、宗教団体により多くの力を与えることは社会的かつ異文化間の結合にダメージを与えるだろう。王立協会とカンタベリー大司教は英国の学校で創造論を教えることに反対する意見を述べた。そして、 British Centre for Science Educationのような団体が、創造論を導入しようという試みを非難した。


In Serbia(セルビア):

70. In 2004, the Minister of Education, Liliana Coli, was forced to resign after ordering schools to stop teaching the Darwinian theory of evolution if the creationist ideas were not also part of the school curricula. The Academy of Sciences and Arts and around forty associations then condemned this danger, which they described as a theocratic deviation.

2004年に、創造論者の考えが、学校カリキュラムに含まれていない場合、ダーウィンの進化理論を教えることを差し止める命令を出したLiliana Coli教育相は辞職させれた。"Academy of Sciences and Arts"と40近い学会が、この危険を、神政の逸脱と描写して非難した。


In the Netherlands(オランダ):

71. In 2005, the then Dutch Minister of Education, Maria Van der Hoeven, caused a stir by proposing the organisation of a debate on the teaching of the theories of evolution in the country’s schools. However, six years earlier a truce had been concluded between the various political parties with the result that evolution is part of the curriculum of all Dutch schools, including faith schools, which the state funds without exercising any ideological control. In an interview, Ms Van der Hoeven said that Charles Darwin’s theories were incomplete and that new things had been discovered since, especially by the proponents of the intelligent design ideas. However, she announced that she did not intend to introduce the creationist ideas into the school curricula but only wanted to confront their adherents with the supporters of the theory of evolution. Ms Van der Hoeven’s initiative only met with a weak response, including in her own party, the Christian Democratic Alliance (CDA). D66, a centre-left party and an ally of the CDA, is totally opposed to creationism and evolution being placed on an equal footing. The VVD, a liberal right-wing party, is of the same opinion.

2005年に、当時のオランダ教育大臣Maria Van der Hoevenは、公立学校で進化理論を教えることについて検討する組織を提案して、物議をかもした。しかし、これより6年前に、進化論は、政府がイデオロギー支配を行うことなく資金援助する宗教学校を含む、すべてのオランダの学校のカリキュラムの一部であるという合意が様々な政党の間でなされていた。Van der Hoevenはインタビューで、「チャールズ・ダーウィンの理論は不完全であり、特にインテリジェントデザイン支持者によって新たなものが発見された」と述べた。しかし、Van der Hoevenは創造論者の考えを学校カリキュラムに含めるつもりでなく、創造論支持者を進化理論支持者と対決させたいだけだと発表した。このVan der Hoevenの発案は、彼女が所属する政党(キリスト民主同盟CDA)では、弱い反応しか得られなかった。中道左翼のD66と、CDAと連立する政党は、創造論と進化論を並置することに反対である。リベラル右翼政党VVDも意見は同じである。



In Sweden(スウェーデン):

72. In Sweden, the first creationist museum was opened in Umea in 1996.

スウェーデンでは1996年にUmeaに、創造論者の博物館が開設された。


In Germany(ドイツ):

73. In a university town in the Land of Hesse, Germany, creationist ideas seem to have already been disseminated at a number of schools. Teachers of life and earth sciences at a state-approved private upper secondary school teach their pupils that a creator is the origin of the various “main types” of animals. After being alerted about this, some of the pupils’ parents approached the Hessian Ministry of Education, which thought there had been no direct infringement of the school curricula and said it was not competent to deal with such issues. Some parents then removed their children from this school.

ドイツのLand of Hesseにある学園都市で、創造論者の考えが、既に、いくつかの学校に広めらている。州の認可を受けた中学で、生命と地球科学の教師たちが生徒たちに、「創造主が動物の"主要タイプ"の起源である」と教えている。これについての警告されたのち、生徒の保護者の一部は、それは学校カリキュラムに直接の侵害はなかったと考え、Hesse州教育省が関与するような問題ではないと、Hesse州教育省にアプローチした。一部の保護者は子供たちをその学校から転校させた。
ドイツへは既に創造論が侵入を果たし始めているもよう。

In Spain(スペイン):

74. One month after France, Mr Yahya’s Atlas of Creation was received by some professors in the biology faculty of the University of Barcelona and by the university library.

Harun Yahyaのフランス攻撃から1ヶ月後に、"The Atlas of Creation"が、University of Barcelonaの生物学教授たちと大学図書館によってレビューされた。