※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「食糧生産地」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

食糧生産地」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ページ作成:玄霧
 
 全国で使える感じの食糧生産地作ってみました。
 玄霧藩版はここにもう少し加えようかな・・・
 
 7/29 12:40
 害獣・害獣対策を追加。評価7に
 
 
 #ls()
 #contents
 
 
 
 *部品構造
 
 -大部品: 食糧生産地 RD:18 評価値:7
 --大部品: 生産する作物の選定 RD:5 評価値:3
 ---部品: 季節に合った作付け
 ---部品: 環境にあった品種
 ---部品: 救荒作物
 ---部品: 穀物畑
 ---部品: 根菜畑
 --大部品: 連作障害対策 RD:5 評価値:3
 ---部品: 土壌診断
 ---部品: 有機物の投入
 ---部品: 湛水
 ---部品: 輪作での対応
 ---部品: 藩国の環境に適した対応
 --大部品: 害獣・害虫対策 RD:6 評価値:4
 ---部品: 害獣・害虫の定義
 ---部品: 害獣除けの工夫
 ---部品: 害虫除けの知識
 ---部品: 獣・虫よけの薬品
 ---部品: 直接駆除をする
 ---部品: 畑の監視体制
 --部品: 農地管理
 --部品: 一時保管倉庫
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 季節に合った作付け
 当然のことながら、作物には「育つのに適した天候・気温・湿度」がある。
 それから逆算し、適した時期に作付けを行うことで、安定した成長を見込める。
 自然を操作することはできないが、合わせることは出来るのだ。
 
 **部品: 環境にあった品種
 藩国によって、寒暖の差、乾季と雨季、四季の流れといった環境は違う。
 そのため、品種は生産国の環境に沿った物が選定される。
 
 **部品: 救荒作物
 主流の作物が不作の際にも比較的生育が良く、安定した収穫が見込める作物。
 一般的には粟・稗や、蕎麦、根菜ではジャガイモやサツマイモ等。備荒作物ともいう。
 共通して、「低温に強い」「生育期間が短い」「乾燥に強い」という作物が該当する。
 これらは収穫後、使用する分以外は保管倉庫に緊急用に備蓄される。
 
 **部品: 穀物畑
 主に穀物類を育てる畑。広大な土地が必要。
 主食となる米・麦・トウモロコシといった代表的な穀物の中から、藩国に適した種類を育てる。
 その用途の他、飼料としての雑穀や、酒造用の穀物の栽培も行われる。
 
 **部品: 根菜畑
 救荒作物ともなるジャガイモやサツマイモの他、ニンジンやダイコンといった根菜を育てる畑。
 主食だけでは栄養に偏りがあるため、土壌改良を兼ねて根菜が育てられる。
 
 **部品: 土壌診断
 土壌の状態を確認し、土地がやせ細らないために適切な量の堆肥や土壌改善用の薬品を割り出す作業。
 低物理と高物理では手段が違うが、土壌の栄養分を探ることで不足を割り出す方法をとる。
 
 
 **部品: 有機物の投入
 動物性肥料や植物性肥料を使用し、土壌を改善することで病気を避け、生産性を安定化させる。
 わざわざ書くまでもないが、生育に適した状態に調整するために行うことであって、作物が大量にとれるように土壌を改良するというものではない。
 
 **部品: 湛水
 畑によっては、一定期間水を溜めることで病原体や害虫を処理し、水溶性の塩類を水に溶け出させることで塩害を避ける手段も取れる。
 殆どの病原体や害虫は、水中で長時間は生きられないため効果は高い。
 が、畑の地形や形状によってはこの手段はとれない。
 
 **部品: 輪作での対応
 いくつかの異なる作物を同じ畑で作り回すことで、土壌の養分の偏りを防ぐ。
 連作障害の原因のうち、ほぼすべての物に有効ではあるが、同じ畑で一つの種類を栽培することに比べると
 「同じ量を取るために倍以上の面積を必要とする」「育てる作物が変わるので、その分の知識や技術が必要となる」という欠点がある。
 
 **部品: 藩国の環境に適した対応
 これらの連作障害対策のうち、各藩国で育成する作物や環境、食糧生産地の規模により、各国に適した物を行う。
 全てをやることで効果が高まるわけではなく、適した物を、必要なだけ行うことが大事である。
 
 **部品: 害獣・害虫の定義
 自然に存在する獣にもさまざまな種類があるが、その中でも「人間の活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般」をさす。
 家畜等を除けばほぼすべての獣が該当しうるが、今回の場合、畑を荒らす等の「(個人・公共問わず)資産に被害を与える」獣を害獣と呼ぶ。
 同様に、上記と条件の一致する昆虫を「害虫」と呼ぶ。
 
 **部品: 害獣除けの工夫
 藩国によって様々な野生動物がいるため方法は様々だが、基本の方法として「飛び越えれない高さの柵を立てる」というものがある。
 その他、その害獣より強い生き物の匂いのするものを置く、罠を仕掛ける、案山子を立てる、等、状況と藩国技術にあった方法を取り、害獣を近づけさせないようにする工夫。
 
 **部品: 害虫除けの知識
 害虫にもさまざまな種類がいるが、一番わかりやすいものは「直接葉等を食べてしまう」イモムシたちだろう。
 その被害を防ぐには、『卵の段階で取り除く』『薬品を巻いてイモムシを殺す』等の対策を行う。
 
 **部品: 獣・虫よけの薬品
 人体にはほぼ害はないが、獣や虫には害となる薬品を使用することで食糧生産地を守る。
 薬品に関しては、自然由来の材料で作ったものもあれば、人工的に合成された薬品もある。
 どちらも一長一短であるため、場合により使い分けすることもある。
 
 **部品: 直接駆除をする
 害獣・害虫は放置すれば放置するほど、増えてゆく。
 必要とあらば、直接駆除することで、数を減らすことも重要である。
 なお、駆除する予定の害獣が「食べられるもの」だった場合、駆除の後、おいしく頂くこととなる。
 
 **部品: 畑の監視体制
 生産地の規模が大きくなるほど、人の目ではすべてを把握できなくなる。
 そのため、夜間は監視カメラ(低物理域ではそれに準ずるもの)にて監視を行い、問題があれば対処するという方法をとる。
 
 **部品: 農地管理
 各自が自由に、好きな物を作るのではなく、農地を区切り、気候と環境に合わせた生産物の管理を行うことで効率的な生産が可能となる。
 また、連作障害対策で輪作をする場合や、虫害発生時にも有効となる。
 
 **部品: 一時保管倉庫
 収穫した作物や、備蓄となる救荒作物を一時的に保管するための倉庫。
 ここに一度集め、虫食いのチェックや、分類・品質分けの後、分配されたり、さらに大きな倉庫に移される。
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 食糧生産地 RD:18 評価値:7
   -大部品: 生産する作物の選定 RD:5 評価値:3
   --部品: 季節に合った作付け
   --部品: 環境にあった品種
   --部品: 救荒作物
   --部品: 穀物畑
   --部品: 根菜畑
   -大部品: 連作障害対策 RD:5 評価値:3
   --部品: 土壌診断
   --部品: 有機物の投入
   --部品: 湛水
   --部品: 輪作での対応
   --部品: 藩国の環境に適した対応
   -大部品: 害獣・害虫対策 RD:6 評価値:4
   --部品: 害獣・害虫の定義
   --部品: 害獣除けの工夫
   --部品: 害虫除けの知識
   --部品: 獣・虫よけの薬品
   --部品: 直接駆除をする
   --部品: 畑の監視体制
   -部品: 農地管理
   -部品: 一時保管倉庫
   
   
   部品: 季節に合った作付け
   当然のことながら、作物には「育つのに適した天候・気温・湿度」がある。
   それから逆算し、適した時期に作付けを行うことで、安定した成長を見込める。
   自然を操作することはできないが、合わせることは出来るのだ。
   
   部品: 環境にあった品種
   藩国によって、寒暖の差、乾季と雨季、四季の流れといった環境は違う。
   そのため、品種は生産国の環境に沿った物が選定される。
   
   部品: 救荒作物
   主流の作物が不作の際にも比較的生育が良く、安定した収穫が見込める作物。
   一般的には粟・稗や、蕎麦、根菜ではジャガイモやサツマイモ等。備荒作物ともいう。
   共通して、「低温に強い」「生育期間が短い」「乾燥に強い」という作物が該当する。
   これらは収穫後、使用する分以外は保管倉庫に緊急用に備蓄される。
   
   部品: 穀物畑
   主に穀物類を育てる畑。広大な土地が必要。
   主食となる米・麦・トウモロコシといった代表的な穀物の中から、藩国に適した種類を育てる。
   その用途の他、飼料としての雑穀や、酒造用の穀物の栽培も行われる。
   
   部品: 根菜畑
   救荒作物ともなるジャガイモやサツマイモの他、ニンジンやダイコンといった根菜を育てる畑。
   主食だけでは栄養に偏りがあるため、土壌改良を兼ねて根菜が育てられる。
   
   部品: 土壌診断
   土壌の状態を確認し、土地がやせ細らないために適切な量の堆肥や土壌改善用の薬品を割り出す作業。
   低物理と高物理では手段が違うが、土壌の栄養分を探ることで不足を割り出す方法をとる。
   
   
   部品: 有機物の投入
   動物性肥料や植物性肥料を使用し、土壌を改善することで病気を避け、生産性を安定化させる。
   わざわざ書くまでもないが、生育に適した状態に調整するために行うことであって、作物が大量にとれるように土壌を改良するというものではない。
   
   部品: 湛水
   畑によっては、一定期間水を溜めることで病原体や害虫を処理し、水溶性の塩類を水に溶け出させることで塩害を避ける手段も取れる。
   殆どの病原体や害虫は、水中で長時間は生きられないため効果は高い。
   が、畑の地形や形状によってはこの手段はとれない。
   
   部品: 輪作での対応
   いくつかの異なる作物を同じ畑で作り回すことで、土壌の養分の偏りを防ぐ。
   連作障害の原因のうち、ほぼすべての物に有効ではあるが、同じ畑で一つの種類を栽培することに比べると
   「同じ量を取るために倍以上の面積を必要とする」「育てる作物が変わるので、その分の知識や技術が必要となる」という欠点がある。
   
   部品: 藩国の環境に適した対応
   これらの連作障害対策のうち、各藩国で育成する作物や環境、食糧生産地の規模により、各国に適した物を行う。
   全てをやることで効果が高まるわけではなく、適した物を、必要なだけ行うことが大事である。
   
   部品: 害獣・害虫の定義
   自然に存在する獣にもさまざまな種類があるが、その中でも「人間の活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般」をさす。
   家畜等を除けばほぼすべての獣が該当しうるが、今回の場合、畑を荒らす等の「(個人・公共問わず)資産に被害を与える」獣を害獣と呼ぶ。
   同様に、上記と条件の一致する昆虫を「害虫」と呼ぶ。
   
   部品: 害獣除けの工夫
   藩国によって様々な野生動物がいるため方法は様々だが、基本の方法として「飛び越えれない高さの柵を立てる」というものがある。
   その他、その害獣より強い生き物の匂いのするものを置く、罠を仕掛ける、案山子を立てる、等、状況と藩国技術にあった方法を取り、害獣を近づけさせないようにする工夫。
   
   部品: 害虫除けの知識
   害虫にもさまざまな種類がいるが、一番わかりやすいものは「直接葉等を食べてしまう」イモムシたちだろう。
   その被害を防ぐには、『卵の段階で取り除く』『薬品を巻いてイモムシを殺す』等の対策を行う。
   
   部品: 獣・虫よけの薬品
   人体にはほぼ害はないが、獣や虫には害となる薬品を使用することで食糧生産地を守る。
   薬品に関しては、自然由来の材料で作ったものもあれば、人工的に合成された薬品もある。
   どちらも一長一短であるため、場合により使い分けすることもある。
   
   部品: 直接駆除をする
   害獣・害虫は放置すれば放置するほど、増えてゆく。
   必要とあらば、直接駆除することで、数を減らすことも重要である。
   なお、駆除する予定の害獣が「食べられるもの」だった場合、駆除の後、おいしく頂くこととなる。
   
   部品: 畑の監視体制
   生産地の規模が大きくなるほど、人の目ではすべてを把握できなくなる。
   そのため、夜間は監視カメラ(低物理域ではそれに準ずるもの)にて監視を行い、問題があれば対処するという方法をとる。
   
   部品: 農地管理
   各自が自由に、好きな物を作るのではなく、農地を区切り、気候と環境に合わせた生産物の管理を行うことで効率的な生産が可能となる。
   また、連作障害対策で輪作をする場合や、虫害発生時にも有効となる。
   
   部品: 一時保管倉庫
   収穫した作物や、備蓄となる救荒作物を一時的に保管するための倉庫。
   ここに一度集め、虫食いのチェックや、分類・品質分けの後、分配されたり、さらに大きな倉庫に移される。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "食糧生産地",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "生産する作物の選定",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "季節に合った作付け",
               "description": "当然のことながら、作物には「育つのに適した天候・気温・湿度」がある。\nそれから逆算し、適した時期に作付けを行うことで、安定した成長を見込める。\n自然を操作することはできないが、合わせることは出来るのだ。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "環境にあった品種",
               "description": "藩国によって、寒暖の差、乾季と雨季、四季の流れといった環境は違う。\nそのため、品種は生産国の環境に沿った物が選定される。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "救荒作物",
               "description": "主流の作物が不作の際にも比較的生育が良く、安定した収穫が見込める作物。\n一般的には粟・稗や、蕎麦、根菜ではジャガイモやサツマイモ等。備荒作物ともいう。\n共通して、「低温に強い」「生育期間が短い」「乾燥に強い」という作物が該当する。\nこれらは収穫後、使用する分以外は保管倉庫に緊急用に備蓄される。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "穀物畑",
               "description": "主に穀物類を育てる畑。広大な土地が必要。\n主食となる米・麦・トウモロコシといった代表的な穀物の中から、藩国に適した種類を育てる。\nその用途の他、飼料としての雑穀や、酒造用の穀物の栽培も行われる。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "根菜畑",
               "description": "救荒作物ともなるジャガイモやサツマイモの他、ニンジンやダイコンといった根菜を育てる畑。\n主食だけでは栄養に偏りがあるため、土壌改良を兼ねて根菜が育てられる。",
               "type": "parts"
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "連作障害対策",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "土壌診断",
               "description": "土壌の状態を確認し、土地がやせ細らないために適切な量の堆肥や土壌改善用の薬品を割り出す作業。\n低物理と高物理では手段が違うが、土壌の栄養分を探ることで不足を割り出す方法をとる。\n",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "有機物の投入",
               "description": "動物性肥料や植物性肥料を使用し、土壌を改善することで病気を避け、生産性を安定化させる。\nわざわざ書くまでもないが、生育に適した状態に調整するために行うことであって、作物が大量にとれるように土壌を改良するというものではない。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "湛水",
               "description": "畑によっては、一定期間水を溜めることで病原体や害虫を処理し、水溶性の塩類を水に溶け出させることで塩害を避ける手段も取れる。\n殆どの病原体や害虫は、水中で長時間は生きられないため効果は高い。\nが、畑の地形や形状によってはこの手段はとれない。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "輪作での対応",
               "description": "いくつかの異なる作物を同じ畑で作り回すことで、土壌の養分の偏りを防ぐ。\n連作障害の原因のうち、ほぼすべての物に有効ではあるが、同じ畑で一つの種類を栽培することに比べると\n「同じ量を取るために倍以上の面積を必要とする」「育てる作物が変わるので、その分の知識や技術が必要となる」という欠点がある。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "藩国の環境に適した対応",
               "description": "これらの連作障害対策のうち、各藩国で育成する作物や環境、食糧生産地の規模により、各国に適した物を行う。\n全てをやることで効果が高まるわけではなく、適した物を、必要なだけ行うことが大事である。",
               "type": "parts"
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "害獣・害虫対策",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "害獣・害虫の定義",
               "description": "自然に存在する獣にもさまざまな種類があるが、その中でも「人間の活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般」をさす。\n家畜等を除けばほぼすべての獣が該当しうるが、今回の場合、畑を荒らす等の「(個人・公共問わず)資産に被害を与える」獣を害獣と呼ぶ。\n同様に、上記と条件の一致する昆虫を「害虫」と呼ぶ。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "害獣除けの工夫",
               "description": "藩国によって様々な野生動物がいるため方法は様々だが、基本の方法として「飛び越えれない高さの柵を立てる」というものがある。\nその他、その害獣より強い生き物の匂いのするものを置く、罠を仕掛ける、案山子を立てる、等、状況と藩国技術にあった方法を取り、害獣を近づけさせないようにする工夫。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "害虫除けの知識",
               "description": "害虫にもさまざまな種類がいるが、一番わかりやすいものは「直接葉等を食べてしまう」イモムシたちだろう。\nその被害を防ぐには、『卵の段階で取り除く』『薬品を巻いてイモムシを殺す』等の対策を行う。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "獣・虫よけの薬品",
               "description": "人体にはほぼ害はないが、獣や虫には害となる薬品を使用することで食糧生産地を守る。\n薬品に関しては、自然由来の材料で作ったものもあれば、人工的に合成された薬品もある。\nどちらも一長一短であるため、場合により使い分けすることもある。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "直接駆除をする",
               "description": "害獣・害虫は放置すれば放置するほど、増えてゆく。\n必要とあらば、直接駆除することで、数を減らすことも重要である。\nなお、駆除する予定の害獣が「食べられるもの」だった場合、駆除の後、おいしく頂くこととなる。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "畑の監視体制",
               "description": "生産地の規模が大きくなるほど、人の目ではすべてを把握できなくなる。\nそのため、夜間は監視カメラ(低物理域ではそれに準ずるもの)にて監視を行い、問題があれば対処するという方法をとる。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "農地管理",
           "description": "各自が自由に、好きな物を作るのではなく、農地を区切り、気候と環境に合わせた生産物の管理を行うことで効率的な生産が可能となる。\nまた、連作障害対策で輪作をする場合や、虫害発生時にも有効となる。",
           "type": "parts",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "一時保管倉庫",
           "description": "収穫した作物や、備蓄となる救荒作物を一時的に保管するための倉庫。\nここに一度集め、虫食いのチェックや、分類・品質分けの後、分配されたり、さらに大きな倉庫に移される。",
           "type": "parts"
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]