「スルト」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

スルト」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

*神話 北欧神話において神々と敵対する巨人・ムスッペル族の王にして守護神。 名前は「黒煙」を意味する。 火の国ムスペルヘイムの支配者でもあり、手には燃え盛る炎の剣「レーヴァテイン」を持つ。 神々の黄昏ラグナロクに際し、虹の橋を渡り軍勢を率いてアスガルドへ攻め上り、麗しの神フレイと交戦し、これを討ち取る。 アース神族を討ち滅ぼした後もただ一人生き残り、その後、世界中に火を放ち神々の時代を終焉させたスルトは何処かヘ消えていった。 *非公式 -真・女神転生 CHAOS勢力の大物悪魔の一体。 CHAOSの枢軸たる「魔王」カテゴリの悪魔であり、種族的にはLAW属性に組み入れられている[[オーディン]]ら魔神族と対立する構図にある。 物語終盤、[[アスラおう]]の指揮に従い、メシア教の聖殿・カテドラルの地下階層を奪取する。 属性がCHAOSの場合、主人公一同にねぎらいの言葉をかけ、カテドラル最高層に至るべく力を貸すが、それ以外の属性の場合は主人公を「神に作られし哀れな人形」と罵り、襲い掛かってくる。 -真・女神転生III(マニアクス) 物語の発端となった「東京受胎」を引き起こした張本人・氷川総司令率いるニヒロ機構の幹部悪魔として登場。 物語終盤、創世のための力を求めトウキョウ議事堂へと向かった氷川を警護するべく、[[マダ]]・[[モト]]と共に議事堂内で主人公を迎え撃つ。 攻撃力が非常に高く、中でも専用の火炎属性スキル「ラグナロク」は、この時点で到達した主人公を一撃死せしめる威力を発揮する。 特定の属性を除いたあらゆる攻撃に対して尋常ならざる耐性を持つ。 -ペルソナ3(FES) [[魔術師]]のコミュニティをMAXまで上げることによって作成可能になるペルソナ。 灼熱の王。 *能力 初期Lv69 アギダイン(初期) デスバウンド(初期) ハイパーカウンタ(初期) マハラギダイン(71) ラグナロク(74) 火炎ハイブースタ(75) 氷結無効(76) 火炎反射 疾風無効 氷結弱点
*神話 北欧神話において神々と敵対する巨人・ムスッペル族の王にして守護神。 名前は「黒煙」を意味する。 火の国ムスペルヘイムの支配者でもあり、手には燃え盛る炎の剣「レーヴァテイン」を持つ。 神々の黄昏ラグナロクに際し、虹の橋を渡り軍勢を率いてアスガルドへ攻め上り、麗しの神フレイと交戦し、これを討ち取る。 アース神族を討ち滅ぼした後もただ一人生き残り、その後、世界中に火を放ち神々の時代を終焉させたスルトは何処かヘ消えていった。 *非公式 -真・女神転生 CHAOS勢力の大物悪魔の一体。 CHAOSの枢軸たる「魔王」カテゴリの悪魔であり、種族的にはLAW属性に組み入れられている[[オーディン]]ら魔神族と対立する構図にある。 物語終盤、[[アスラおう]]の指揮に従い、メシア教の聖殿・カテドラルの地下階層を奪取する。 属性がCHAOSの場合、主人公一同にねぎらいの言葉をかけ、カテドラル最高層に至るべく力を貸すが、それ以外の属性の場合は主人公を「神に作られし哀れな人形」と罵り、襲い掛かってくる。 -真・女神転生III(マニアクス) 物語の発端となった「東京受胎」を引き起こした張本人・氷川総司令率いるニヒロ機構の幹部悪魔として登場。 物語終盤、創世のための力を求めトウキョウ議事堂へと向かった氷川を警護するべく、[[マダ]]・[[モト]]と共に議事堂内で主人公を迎え撃つ。 攻撃力が非常に高く、中でも専用の火炎属性スキル「ラグナロク」は、この時点で到達した主人公を一撃死せしめる威力を発揮する。 -ペルソナ3(FES) [[魔術師]]のコミュニティをMAXまで上げることによって作成可能になるペルソナ。 灼熱の王。 *能力 初期Lv69 アギダイン(初期) デスバウンド(初期) ハイパーカウンタ(初期) マハラギダイン(71) ラグナロク(74) 火炎ハイブースタ(75) 氷結無効(76) 火炎反射 疾風無効 氷結弱点

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: