「+α」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

+α」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <center>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color=
-"gray">Middie-2+α Side-Jyo-ji?</font></b></span></h2>
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">Middie-2+α Side-Jyo-ji?</font></b></span></h2>
 </center>
-<center><br></center>
-<p align="left"><br>
-<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「あおいとりーは、けっきょくはおうちにかえってくるもーのー。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   ベンジンとグレテル」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「なんかがちっがーう!」<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「あれー? 青い鳥追いかけて、お菓子の屋敷を見つけて、<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   鬼退治遺訓じゃなかったっけ?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「まざっとるわーーー!(大鎌でフルスイング!)」<br>
-
-<b><font color="lime">譲二</font></b>   「ぎゃーす!」<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「そして最後には、ルーベンスの絵を見ながら、マッチをすって大火事に<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  ネロ:「もう、うかれたよパトラッシュ……」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  そう言いながら、ネロはつぶやいた。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  パトラッシュ:「いいからもうネロ」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  冷たく言い放つパトラッシュ。<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  こうしてネロは、次の日冷たくなって雪だるまとなていましたとさ」<br>
-
-<b><font color="lime">譲二</font></b>   めでたしめでたし。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「ええい!いい加減にしろ!この揮発性低脳疫病神!」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「人がカレスに世界の名作を集めた<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   最高の名作を聞かせているというのに失礼な!<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   この物語が言いたいのは、えーっと<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   赤い靴を履いて踊ると大変な事が起きるんだぞっ!って教訓だ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「貴様が語ると、名作も迷作なってしまうだろうが」<br>
-
-<b>GM</b> カレス:「そ、その雪だるま……パトラッシュさん、が、作ったのでしょうか……」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「いいところに気づいたね!<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   雪だるまを作ったのは寝るのに飽きたネロとパトラッシュの二人さ!」<br>
-
-<b>見学者</b> そして大空いっぱいに笑顔で浮かぶネロとパトラッシュw<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「大空にこんな落書きしやがって。へっ、俺達は間違っていたようだな!」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  その笑顔を見て気づく村人達。自分達のおろかさに!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「そのような話を聞かされて、本気にしたらどうする。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>   ・・・カレスがかわいそうだろう」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  /その表情は、苦々しげで、そしてどこか昔を思い出しているようだった。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「大丈夫! ウチの可愛い愛娘は<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   こんな低脳な物語程度じゃ騙されもしないから!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「そうはいうが、万が一他人にその話をしたとき、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>   笑われるのは、貴様でなくカレスなんだぞ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  /やはりその表情は苦々しげで、どこか、遠い目をしていた。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「そーだなー。昔俺がお前に話したあの話とかなー。人前で言ったら恥だよなー」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  (微妙に地雷原を歩いているぜジョージ!(笑))<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> (さすがじょーじさん!(笑))<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「・・・そういう話をして、傷つくのは、子供なんだ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ちなみに、ゆぜは実体験からいつもよりも違うテンションで話してます!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ゆぜに譲二と似たような話をしたのは、お母さん(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  お母さんもなんて事を(笑)<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  その話を幼稚園の子に話して、笑われたという。苦い過去が<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「まぁ、でも、俺は、そんな話も信じてしまうような<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>   ぴゅあな子の方が好きだけどな。なー?」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  と、カレスに笑みをあげる。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「悪かったな。ピュアじゃなくって」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  憮然とした表情でつぶやく<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「ん? ゆぜ、ぴゅあじゃろ? どっちかつーと」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「・・・そんなこと、ない」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ぷいっと、そっぽを向く。が、その頬はなぜかうっすら赤い<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「あはは。(ほら、そんなところがな)」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「ところで、お前達は何処へ行く所なんだ?」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  「んー、買い物。女将さんに頼まれたのだ。たしかメモが……」ごそごそ<br>
-
- <br>
- <br>
-<b>見学者</b>  ああ・・・あまいw<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  あめええええ!w<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> ラブにコメリやがって!(笑)<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  表との温度差が(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 魔都やると、必ず温度差が発生しますね<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  だって表参加できんもん(笑)<br>
-<b>GM</b> 私のシナリオ、暗い……(?)……ですから<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  いや、それを明るくするのはプレイヤーの役目ですから。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   そうそう。<br>
-<b>見学者</b>  そうだねえ。<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  というか、ジョージのいるところはいっつもあったかいだけです(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  です。ゆぜ単体だと暗いです(笑)<br>
-
-<b>見学者</b>  本人不幸なのにw<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  不幸とは、本人が不幸と思ってなければ不幸ではない!<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  表向きあ、軽い性格ですからねえ。譲二。<br>
-
-<b>見学者</b>  なるほど。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  逆に、本人が不幸だと思ってたら、幸福も不幸だよ<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  ですね。どれだけ与えられても本人が満たされなくては、<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  それは幸福ではないわけですから。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  逆に、万人が不幸だと思っても、その人だけの幸福があるかもしれない。<br>
-
-<b>見学者</b>  今回の話しの根幹みたいなことですね<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  まぁ、そう見るのはまだまだ浅はかです(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  それは、枝ですが、根幹はまた別だと考えます。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  けどまあ、あっしには関係のない事で(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  結局、幸福の定義はそれぞれだからなあ。現実でも難しい<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  幸せは与えられるものではなく、感じるものですからね。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ただ、PCには多少の無茶を押し通しても、自分の信じる道を進んで欲しいなー<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  その先に、自分の信じる幸せがあるのなら、特にですね。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  です。まあ、今は何が幸せかわかんなくてぐるぐるしてますがー(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  悩む事ができるのもまた幸せ。<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  でも、それをストレスに感じると、とたんに不幸せ。人間て面倒ですね(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  面倒ですね。でもやめたいとは思わないけどね(笑)<br>
-
-<b><font color="lime">譲二</font></b>  だから人間て大好き。<br>
- <br>
-<b>GM</b>  そう<br>
-<b>GM</b>  考え様、気の持ちようですよ。<br></p>
-<center><a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/14.html">Back</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/15.html">Next</a></center>
+<center> </center>
+<p align="left"><br />
+<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「あおいとりーは、けっきょくはおうちにかえってくるもーのー。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   ベンジンとグレテル」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「なんかがちっがーう!」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「あれー? 青い鳥追いかけて、お菓子の屋敷を見つけて、<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   鬼退治遺訓じゃなかったっけ?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「まざっとるわーーー!(大鎌でフルスイング!)」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   「ぎゃーす!」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「そして最後には、ルーベンスの絵を見ながら、マッチをすって大火事に<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  ネロ:「もう、うかれたよパトラッシュ……」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  そう言いながら、ネロはつぶやいた。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  パトラッシュ:「いいからもうネロ」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  冷たく言い放つパトラッシュ。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  こうしてネロは、次の日冷たくなって雪だるまとなていましたとさ」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   めでたしめでたし。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「ええい!いい加減にしろ!この揮発性低脳疫病神!」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「人がカレスに世界の名作を集めた<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   最高の名作を聞かせているというのに失礼な!<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   この物語が言いたいのは、えーっと<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   赤い靴を履いて踊ると大変な事が起きるんだぞっ!って教訓だ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「貴様が語ると、名作も迷作なってしまうだろうが」<br />
+<b>GM</b> カレス:「そ、その雪だるま……パトラッシュさん、が、作ったのでしょうか……」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「いいところに気づいたね!<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   雪だるまを作ったのは寝るのに飽きたネロとパトラッシュの二人さ!」<br />
+<b>見学者</b> そして大空いっぱいに笑顔で浮かぶネロとパトラッシュw<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「大空にこんな落書きしやがって。へっ、俺達は間違っていたようだな!」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  その笑顔を見て気づく村人達。自分達のおろかさに!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「そのような話を聞かされて、本気にしたらどうする。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   ・・・カレスがかわいそうだろう」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  /その表情は、苦々しげで、そしてどこか昔を思い出しているようだった。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「大丈夫! ウチの可愛い愛娘は<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   こんな低脳な物語程度じゃ騙されもしないから!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「そうはいうが、万が一他人にその話をしたとき、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   笑われるのは、貴様でなくカレスなんだぞ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  /やはりその表情は苦々しげで、どこか、遠い目をしていた。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「そーだなー。昔俺がお前に話したあの話とかなー。人前で言ったら恥だよなー」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  (微妙に地雷原を歩いているぜジョージ!(笑))<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> (さすがじょーじさん!(笑))<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「・・・そういう話をして、傷つくのは、子供なんだ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ちなみに、ゆぜは実体験からいつもよりも違うテンションで話してます!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ゆぜに譲二と似たような話をしたのは、お母さん(笑)<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  お母さんもなんて事を(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  その話を幼稚園の子に話して、笑われたという。苦い過去が<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「まぁ、でも、俺は、そんな話も信じてしまうような<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   ぴゅあな子の方が好きだけどな。なー?」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  と、カレスに笑みをあげる。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「悪かったな。ピュアじゃなくって」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  憮然とした表情でつぶやく<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「ん? ゆぜ、ぴゅあじゃろ? どっちかつーと」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「・・・そんなこと、ない」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ぷいっと、そっぽを向く。が、その頬はなぜかうっすら赤い<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「あはは。(ほら、そんなところがな)」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「ところで、お前達は何処へ行く所なんだ?」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  「んー、買い物。女将さんに頼まれたのだ。たしかメモが……」ごそごそ<br />
+ <br />
+ <br />
+<b>見学者</b> ああ・・・あまいw<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> あめええええ!w<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ラブにコメリやがって!(笑)<br />
+<b><font>神楽</font></b> 表との温度差が(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 魔都やると、必ず温度差が発生しますね<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  だって表参加できんもん(笑)<br />
+<b>GM</b> 私のシナリオ、暗い……(?)……ですから<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  いや、それを明るくするのはプレイヤーの役目ですから。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   そうそう。<br />
+<b>見学者</b> そうだねえ。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  というか、ジョージのいるところはいっつもあったかいだけです(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  です。ゆぜ単体だと暗いです(笑)<br />
+<b>見学者</b> 本人不幸なのにw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  不幸とは、本人が不幸と思ってなければ不幸ではない!<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  表向きあ、軽い性格ですからねえ。譲二。<br />
+<b>見学者</b> なるほど。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  逆に、本人が不幸だと思ってたら、幸福も不幸だよ<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  ですね。どれだけ与えられても本人が満たされなくては、<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  それは幸福ではないわけですから。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  逆に、万人が不幸だと思っても、その人だけの幸福があるかもしれない。<br />
+<b>見学者</b> 今回の話しの根幹みたいなことですね<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  まぁ、そう見るのはまだまだ浅はかです(笑)<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  それは、枝ですが、根幹はまた別だと考えます。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  けどまあ、あっしには関係のない事で(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  結局、幸福の定義はそれぞれだからなあ。現実でも難しい<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  幸せは与えられるものではなく、感じるものですからね。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ただ、PCには多少の無茶を押し通しても、自分の信じる道を進んで欲しいなー<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  その先に、自分の信じる幸せがあるのなら、特にですね。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  です。まあ、今は何が幸せかわかんなくてぐるぐるしてますがー(笑)<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  悩む事ができるのもまた幸せ。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  でも、それをストレスに感じると、とたんに不幸せ。人間て面倒ですね(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  面倒ですね。でもやめたいとは思わないけどね(笑)<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  だから人間て大好き。<br />
+ <br />
+<b>GM</b> そう<br />
+<b>GM</b> 考え様、気の持ちようですよ。</p>
+<center><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/14.html">Back</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/15.html">Next</a></center>