「Climax」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Climax」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <center>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color=
-"gray">Climax</font></b></span></h2>
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">Climax</font></b></span></h2>
 </center>
-<center><br></center>
-<p align="left"><br>
-<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「良いでしょう。そんなに仰るのなら<br>
-
-<b>GM</b>       ――あなたから、幸せにして差し上げましょう」<br>
-
-<b>GM</b> 告げる美青年、トリッド。その背には、青い双翼が生えています。<br>
-
-<b>GM</b> 傍らに浮かぶ同じく青い……水の天使。ヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>  しかしそれは抜け殻のように見えますね。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「やってみるがいい・・・・出来るのならな!」<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   鎌をかまえます<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ええー適当にぶつかってますので、皆様割り込んでくださいw<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「え? ちょ、ちょっとまってください!<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b>  ほら、こんなところで戦わないでくださいよ!」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> といって、間に入ります。<br>
-<b>GM</b>  早速士朗さんが……(苦笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> (真っ二つにしたりしてもOKですよ? 死にませんから(笑))<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  しろーの言葉は無視w 気にしてません。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「ふん。誰だか知らないが…<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>   このような木偶を差し向けるなど・・・なめるな!」>抜け殻をみて<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  鎌をふるって斬撃を飛ばす。対照は・・・トリッドと、水の天使(ヴィヴィーヴィ)<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「大丈夫ですよ、士朗さん」<br>
-<b>GM</b>  にっこりと笑って……斬!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「だ、だいじょうぶじゃないですよ! とりっどさん!」<br>
-
-<b>GM</b> 真っ二つになるトリッドとヴィヴィーヴィ。しかしそれは全く効果がありません。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  「あら?」<br>
-<b>GM</b>  一瞬の内にくっつき、再生します。<br>
-<b>GM</b> それこそ……粘土や水を斬ったかのように。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「っち!プラナリアか、疫病神のような奴だな!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  一応、士郎には斬撃が行かないように気を付けます。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  無関係の人間?を巻き込む気はない<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「だ、だいじょうぶですか? とりっどさんに、ヴぃヴぃーヴぃさん」<br>
-
-<b>GM</b> ゆったりと、左腕をゆぜさんにむけるトリッド。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「全然問題ありません」<br>
-<b>GM</b> ――土が! 左手が肥大化し……大量の泥と化したそれは、<br>
-
-<b>GM</b>  ゆぜへ向かって飛んできます。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「おおっとぉ。ちょいと、待ちなぁ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ムチが一閃、それを吹き飛ばす<br>
-<b>GM</b>  ずしゃぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!<br>
-<b>GM</b>  ばちんっ<br>
-<b>GM</b>  ぱらぱらと、崩れ落ちる土。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「! 余計なことを」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「えっと、アンタが莠世かい?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「・・・そうだ。そういう、貴方は?」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「ジョージからの届け物だ、受け取りな、っと」と、莠世に放って渡す<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「え?」っと、届け物を受け取る。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「おや……先ほどの。ようこそ」<br>
-
-<b>GM</b>  にっこり微笑みます。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /と、その瞬間! 一瞬の判断で後方に跳躍するトリッド。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> その眼前を灼熱の火線が突き抜ける!<br>
-
-<b>GM</b>  ほほぅ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「ちぃ~、はずしたんだよ!」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b> 「か、かぐらさん!?」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……全く、相変わらず物騒ですよ……」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「そ、そうですよ! いきなり炎を飛ばすなんて!」>神楽さん<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「いや、挨拶挨拶。避けるだろうな、とは思ってたしね」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「――ね、姉様!?」<br>
-<b>GM</b>  ヴィヴィーヴィを見て。<br>
-<b>GM</b> 神楽さんはティアティアに背負われた状態ですね。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃ。<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
- <br>
-<b>GM</b> 場が混乱しますので、お届ものが何なのかとりあえず確認しましょう。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  じゃあ、かさかさと、封筒を開ける。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  中から取り出したのは・・・・<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  で、結局なんです?譲二<br>
-<b><font color="lime">譲二</font></b>   /小さな箱。<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  /片手に収まる、小さな箱。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ・・・そんなものどうやって封筒に入れたのか、気になりますが、<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  紙のサイズからぽんと大きくなったのです。<br>
-
-<b>GM</b>  前回は紙袋と言ってましたから。<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  ……そういえば(忘れていた人)<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  そんな物見たら、場違いながらも期待して、ドキドキしながらあけちゃうよ(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「なんだ?これは・・・」箱をぱか<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  /そこに入っているのは、きらびやかな、指輪。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  中に添えてあるカードには一言「結婚しよう」の文字。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「!!!!!!!」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  一気にボンッと噴火する勢いで赤くなりますw<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「な、なああ!あ、あの男は~~~こんなとこで渡すなんて、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>   なにを考えてぇ!?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  混乱中。怒ったり赤くなったりw<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  しかし、気づく。袋の中に、もう一枚紙がある事に。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「・・・?なんだ、これは」紙をひっぱりだす<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  /「その箱、三丁目の田中さんに届けといて。BYジョージ」と書いてある。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ずるぅぅう!と、空中でずっこけるゆぜ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  そして、紙を握りしめて・・・<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /場違いにも砕けるガラスと一瞬の後、吹き荒れるブリザードが幻視される。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  /直後、燃え上がる炎。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……? どうしました?」怪訝そうに。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「あ、あの男はぁぁぁぁぁ!!!!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>   分かってたのに!こういう奴だって、わかってたのにぃぃ~~~~~!」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> /そう、それは怒りである 期待した分途方も無いクラスでの<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /荒れ狂う天候は心情を正確に表現し、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 天使に対する殺意などは軽く塗りつぶされてしまう。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「お、おのれぇええええ!あの、疫病神!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>   今度という今度こそ成敗してやる~~~~!!!」<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   もう、憤死直前w<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  /だが、それは、彼女の心が、<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  天使に対する憎しみを凌駕しているという事でもあった。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……」<br>
-<b>GM</b> ニコニコと笑いつつも、状況が掴めず首を傾げます。<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  /もっとも、それに気づく人は、誰もいないだろうが……(状況悪化してるし)<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /残ったのは、譲二に対する場違いな怒り。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> それが何を根幹とするかはともかく、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> とりあえず、譲二の思惑通りに進んでいる事は間違いないだろう。<br>
-
-<b>GM</b> ジョージに思惑なんてあるんでしょうかねぇ……<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  というわけで、くるうりとトリッドに向き直る。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  その顔は・・・・無表情なのに、どこか鬼気迫る顔だった・・・<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「再開ですか?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「いや、貴様などよりも、先に解決するべき事が出来た・・・・」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「? ……そうですか」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ここで、にっこりと微笑み<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ・・・・が、その笑顔の背後には般若が見え隠れしていた<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「か、帰っていただけるのですか」<br>
-<b>GM</b> ある世界危機の原因をも前にして、さらに緊急のようがあると告げるゆぜ。<br>
-
-<b>GM</b> そんなんで良いのだろうか。いや、何も言うまい……です。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  「ああ、邪魔をして悪かったな。ここは貴方達に譲ろう<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  ・・・もっとも、奴を成敗したときに、解決してなければ戻ってくるが、な」<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b>  世界の危機よりも、重要な事なのですから(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  にこにこと微笑んだまま告げる、ゆぜ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  そして、そのまま大鎌で前方の何もない空間を切り裂き・・・・<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   彼女は、消えた。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /残された風だけが、彼女の怒りを体現し、冷たくひゅるりと吹いた。<br>
-
- <br>
- <br>
-<a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/19.html">スメバミヤコへ</a><br>
- <br>
- <br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「……ふー、帰ってくれたみたいですね」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「やれやれ、ジョージのやつこれを見越してたのかねぇ…っと」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> トリッドの方に向きを直し<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「別に居ても、俺は構いませんでしたけれど」<br>
-
-<b>GM</b>  肩をすくめます。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・というわけで、こっちはこっちで話をつけようか?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「(はっ) 姉様! 姉様!!」<br>
-
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィに呼びかけます――が、返事はありません。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /空ろな表情は、笑と無という種類の差こそあれ乱立する泥人形と同じ。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /そこには生気というものが感じられなかった。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……トリッド!! 姉様になにをしたんだ!」<br>
-
-<b>GM</b> 怒りの表情を顔に浮かべ、怒鳴るティアティア。<br>
-
-<b>GM</b> 背後の神楽は、彼の熱く激しい感情を感じます。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「何もしてないよ、ティアティア君。すぐに見た目に騙されるんだね?<br>
-
-<b>GM</b>       これはヴィヴィーヴィであって彼女じゃないよ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「抜け殻?いや、形を真似ただけかこりゃ?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「まぁ、そんなところですかね」<br>
-
-<b>GM</b>  麟に答えます。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・確かに、お姉さんの気配はしないね」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「……じゃあ、ヴぃヴぃーヴぃさんは、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b>  どうなったんですか? とりっどさんの中?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……くっ……」<br>
-<b>GM</b>  赤い神剣を構える少年天使。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 無言のまま、首をぐいっと締める。熱くなるな、とは言わない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 熱くなりすぎるな、という思いを込めて。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「いや……、どうなんでしょうね?」<br>
-
-<b>GM</b>  片頬を上げます。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……とぼけるな、トリッド!」<br>
-
-<b>GM</b> 神楽さんに抑えられて少し勢いを抑えつつ言いますね。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「……ヴぃヴぃーヴぃさんは、とりっどさんの中で生きてる?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「トリッドの中、か・・・・・・」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「そんな詩的な表現は似合いませんよ。<br>
-
-<b>GM</b>       生きているとか死んでいるとか、<br>
-
-<b>GM</b>       ……そこに、どれだけの意味があるんですか?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /視線に力をこめ霊視する神楽。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> だがそこに感じられる物はトリッドと同じものという気配しかない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /いや、トリッドの中に「広がった」ヴィヴィーヴィの気配を、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 特定する事は出来なかった、と言うべきか。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> /だが、つまりそれは確かに彼女の存在が<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> トリッドの中にあるという事ではないだろうか。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「生きていれば、ご飯が食べられます。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b>  死んでいると、ご飯が食べられません」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「あはは。生きていてもご飯が食べられない人も居ますよ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「そ、そんな不幸な人がいるんですか!?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「けど、死んでたら絶対にご飯は食べられないよね?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「ご飯を食べると言う行為は、<br>
-<b>GM</b>       満腹中枢に刺激が伝わり幸福感を味わうと言うことです」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  「は、はあ」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「やっぱり重要なのは幸せです。皆に、幸せを――<br>
-
-<b>GM</b>       ――皆を、幸せに。どこまでも、いつまでも、終わりなく」<br>
-
-<b>GM</b>  翼を広げて、空中に浮かんでいきます。<br>
-<b>GM</b>  高く……<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「まあ、なんにせよ。あれだ。おい、トリッドっての」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 胸元からタバコを取り出し<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……はい?」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「あんたはこの世界を幸せにしたい、それでいいんだな?」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 指先で軽く触れ、火がつく<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「そうですね。俺はそうしたい」<br>
-
-<b>GM</b>  にっこりと微笑みます。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「それじゃあ、取引と行こうじゃないか。おそらくこれから私達とアンタはまあ、<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  戦うんじゃないかと思う」ニヤリと笑い<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  「麟さん?」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  「ええ!?」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「それでだ、まあ。あんたが勝ったら好きにするといい。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> この世界を幸せにするといいさ」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「言われなくても、そのつもりですよ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「んで、あんたが負けたら、それはあんたのやり方じゃあ<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  幸せにはできねぇってことだ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  意味を掲げて行動して、それでも負けたってんならな。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  そんときは、私達の幸せの作り方のために協力しな。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  ちなみに嫌とは言わせねぇ」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「あー・・・・・・つまり、お互い口で主張を言い合ってないで、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b>  力ずくで主張を通そう、ってこと?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「何をしたって、俺の考えは変わりませんよ。変わらない」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「それでいいな?了解したか?文句は無いな、よしOK」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「貴方達がそれでよろしいのならば」<br>
-
-<b>GM</b>  にっこりと、微笑んで。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「え、えーと、わ、私はどうしましょう?」<br>
-
-<b>GM</b>  他人に聞かないで下さい。(苦笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「まぁ、なし崩しだけど、変えてみせるよ。ティアくんと、お姉さんの為にもね」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「本当の意味で『幸せ』ってのは考えてできるもんもあるまい、<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  感じたとうりでいいんじゃねぇのか?<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  あんたが素直に今感じた『幸せ』のために動くといいさ、士郎っての」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……姉様。 助ける、よ……」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「……あー、えーと、じゃー、おなかがすく幸せのほうが欲しいので、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b>  りんさんのほうにつきます」」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「キミ(トリッド)の「幸せ」の先にない、ティアくんとヴィヴィーヴィさんが<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b>  一緒に感じられる「幸せ」のために・・・・・・勝つ!」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「そいじゃ、ま。行くとするかねぇ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> タバコがはじかれ、宙に舞う<br>
- <br>
- <br>
- <br>
-Battle<br>
- <br>
- <br>
- <br>
-<b>GM</b>  対話フェイズに入ります。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「トリッド……」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「うん? なんだい、ティアティア君?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「これが終わって、万一お前が勝ったら……。<br>
-
-<b>GM</b>         やっぱり、天界へ行くつもりか?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「…………。そのつもりだったんだけどね。いや――」<br>
-
-<b>GM</b> ちょっと微笑を止めて。しかしそれはちょっとの間でした。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「それしかないし、それだけだからね。ふふん。 そのつもりさ」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………」<br>
-<b>GM</b>  少し煮えない顔です。が<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………そうか。 どちらにせよ――お前を倒す!」<br>
-
-<b>GM</b>  剣を、構えます。<br>
-<b>GM</b>  皆様他に何かありませんか?<br>
-<b>GM</b>  と言うより、戦闘初めてですよね。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  うい<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  初だね。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  初めてです。<br>
-<b>GM</b>  流れはわかりますか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 正直、何をしたらいいか戸惑ってる。<br>
-
-<b>GM</b>  現在は対話フェイズなので、<br>
-<b>GM</b> 戦闘へのモチベーションを上げていく段階ですね。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> とりあえず何となくは>流れ<br>
-<b>GM</b>  既に十分なら、次に移りますよ?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> んで、まあ私は特に今は無いです<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> あ、ここでお話しておくのですか?<br>
-<b>GM</b> 戦闘に入ると、余りお話している時間はないですよ。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 最後の意見交換かな。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> じゃあ、一言だけ言っとこうかな。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・トリッド」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……なんですか?」<br>
-<b>GM</b> と言うか、ティアティア君に乗ったままですか、神楽さん?<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  おやw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> いや、居心地の良い乗り物だ(笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> あ、そうだ。やっぱ私もこれが終わったらちょっと言っとくよ<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  とりあえず、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「キミは幸せか、って前に聞いたとき<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b>  「羽がないのが物足りない」って言ったね?<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b>  ・・・・・・羽を得て、キミは幸せになれた?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「さぁ? 俺の事はどうでも良いんですよ」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「むぅ・・・・・・やっぱり、気に食わないな」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「その考え方、一回叩きなおしてやる!」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「? そうですか」<br>
-<b>GM</b>  肩をすくめて、答えます。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 以上。ティアくんの背中からは機会があったら降りましょう(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「ヴィヴィさん…貴方が始めには本当は<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  何を思って皆を幸せにしようとしたかは知らないが…<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b>  ま、これが終わったら弟の幸せから考え直してくれや」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ふと、そんな呟きが漏れた<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> (ま、私はこんだけです)<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……」<br>
-<b>GM</b>  何も、言いません。<br>
-<b>GM</b>  士朗さん、何もないですか?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「え、えーと、とりっどさん」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「何ですか、士朗さん?」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「ごめんなさい、そっちにつかなくて」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「何の話です?」<br>
-<b>GM</b>  わからない、と言うように応答します。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  「今回の戦いです。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b>  そっちのほうが、数的に不利だから、ついても良かったんですけど」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「戦いなんて……はは。<br>
-<b>GM</b>       敵対なんかしてないんですよ、俺達はみんな」<br>
-
-<b>GM</b>  笑って言います。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「皆幸せになりたくて、それでちょっとわかりあえなくて。<br>
-
-<b>GM</b>       だから向かい合っているだけでしょう」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「なるほどー、そーですね」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「大丈夫。俺が全員を幸せにしてあげれば良い。 喧嘩や争いや、<br>
-
-<b>GM</b>       言い合いや憎しみ合い、殴り合いや殺し合いなんて――<br>
-
-<b>GM</b>       全く要らないくらいに、幸せに。 ね」<br>
-
-<b>GM</b>  にっこりと、微笑んで。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「じゃー、こっちが勝ったら、とりっどさん、一緒に何か、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b>  おいしいものでも食べに行きましょう」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「勝負すらも、俺はしているつもり、ありませんよ。 でも、<br>
-
-<b>GM</b>       ま、そう言う事にしておいても、別に良いかもしれないですね。<br>
-
-<b>GM</b>       それではお望み通り、始めましょう」<br>
-
-<b>GM</b>  両手を広げて――<br>
-<b>GM</b>  イニシアティブフェイズに移ります。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃ。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  はい。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ういうい<br>
-<b>GM</b>  ここでは戦闘の順番を決定します。<br>
-<b>GM</b> 皆様、自分が出来る方法で、どうやって他人を圧倒して先制を取るか……<br>
-
-<b>GM</b> 演出し、使用能力を3つまで並べて宣言してください。<br>
-
-<b>GM</b> 全員が終わりましたら、判定して次に移りますよ。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  りょーかい<br>
-<b>GM</b> ちなみに、イニシアティブでトップを取った人が<br>
-
-<b>GM</b>  唯一能行動をとれます。<br>
-<b>GM</b>  では、先陣切って演出したい方?<br>
-<b>GM</b>  居なければ、例証がてら私が行いますよ。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  お願いします。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b> 今書いてるんでどぞー<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  お願いします。<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b>GM</b>  両腕を広げたトリッド。 <br>
-<b>GM</b> その翼……天使から得たその翼は、さらに大きく青く、輝いていく。<br>
-
-<b>GM</b> 形の無い彼は、時空をも駆けるその翼の力をそっくり取りこみ――<br>
-
-<b>GM</b>  さらに自分の能力を格上げする。<br>
-<b>GM</b>  ずん……<br>
-<b>GM</b> 彼の体内で、凄まじい質量の泥が生成される。 <br>
-
-<b>GM</b>  次の一瞬には……行動に、移れる!<br>
-<b>GM</b>  使用技能は、形無き者 創造 操作。<br>
-<b>GM</b>  全て神域で、ボーナスは+2です。<br>
-<b>GM</b>  そして続けてヴィヴィーヴィ。<br>
-<b>GM</b>  彼女の身体は水。 彼女の能力は水。 <br>
-<b>GM</b>  そして――天界の研究者としての、頭脳。<br>
-<b>GM</b>  流れる水は止められない。 <br>
-<b>GM</b> 遮るものの合間を縫って、どこまでも流れつづけていく。<br>
-
-<b>GM</b>  そう――<br>
-<b>GM</b> それは現実の水だけではなく、概念的にも次元的にも言えるのだ。<br>
-
-<b>GM</b> 「水」と言う概念をもとに生成された能力は、<br>
-
-<b>GM</b> いかなる阻害も諸ともせずに――流れ、全てを飲み込む!<br>
-
-<b>GM</b> 五行使い(水) 超科学 操作 全て神域で、ボーナス+2です。<br>
-
-<b>GM</b>  とりあえず二人分行きました。<br>
-<b>GM</b>  お次、演出したい方?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  次、いいかな?<br>
-<b>GM</b>  どうぞ<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  どぞ<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  では、<br>
-<b>GM</b>  さくさく行きましょう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 神具〈迦具土の血〉から、一瞬だけ力強い鼓動が響く。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> とたんに鋭くなる感覚、それは神の視点。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 間延びする時間の流れの中、体の状況を把握し次の一手を考える。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 相手の行動を先読みし、対応策を考える。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 自らの行動を決めるのに、刹那の時間さえ介在する余地はない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 自我・感覚 社会・共感 〈降神術〉を〈神域〉で使用、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 神の力と〈第六感〉〈判断力〉で全体の行動を先読みし先に行動する。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  こんな感じでいい?<br>
-<b>GM</b>  はい。ボーナス+2ですね。<br>
-<b>GM</b>  ところで<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃ?<br>
-<b>GM</b>  それはあれですか?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  うい?<br>
-<b>GM</b>  ティアティア君の背中の上で?(苦笑<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  たははw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  のーん!!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> しまったあぁぁぁあっ!!<br>
-<b>GM</b>  降りるかどうかしないと、<br>
-<b>GM</b> ティアティアと同時行動になってしまうと思うのですけれど。<br>
-
-<b>GM</b>  (むしろ足枷)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> い、いや! ティアくんを上手く誘導すればいいんだ!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> いざとなったら、第一行動は〈重要な行動〉にして<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 〈ティアくんから降りる〉にする!(笑<br>
-
-<b>GM</b>  ほう<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  だははw<br>
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b>GM</b>  麟さんどうぞ。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  うい<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 精霊が辺りを舞い始める、それは絢爛豪華な舞踏の踊り手たる証<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  だが、それ以上<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 己が極限まで極めた身体能力こそがその本領<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> それが、日本一であるということ<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 以上 機敏・移動 絢爛舞踏 日本一 を神域で<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  次は私?<br>
-<b>GM</b>  ですね。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> えーと、夜の貴族としての素早さを、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 力王によって、さらに「力」によって高めます。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 夜の貴族、力王 を、神域です。<br>
-<b>GM</b>  うーん<br>
-<b>GM</b> 士朗さん、もうちょっとはっちゃけても良いかもしれませんね!<br>
-
-<b>GM</b>  ですが、まだ良いです。この先に期待。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> しろーにそんなに期待しないでやってください(笑)<br>
-
-<b>GM</b>  ティアティア君行きましょう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 足かせが背中にいる(笑<br>
-<b>GM</b> 神楽を背に乗せて……それでも片方だけの翼は、大きく赤く煌きます。<br>
-
-<b>GM</b> 戦天使――。その能力は、近接戦闘において誰にも劣らない。<br>
-
-<b>GM</b> 己の能力を高める神剣。それを扱いこなす剣術!<br>
-
-<b>GM</b> 片翼だけにすばやく動く事が可能な、皮肉な翼。<br>
-
-<b>GM</b>  (ただし現在足枷つき)<br>
-<b>GM</b> と言うわけで、剣術と移動。神域で使用です。ボーナス+1<br>
-
-<b>GM</b>  さて。<br>
-<b>GM</b>  判定に移りましょう。<br>
-<b>GM</b>  基本は2d6です。<br>
-<b>GM</b> 加えて、先ほどのボーナスを加算してくださいね。<br>
-
-<b>GM</b>  2d6+2 トリッド<br>
-<b>GM</b>  トリッド -&gt; 2D6+2 = [4,2]+2 = 8<br>
-<b>GM</b>  2d6+2 ヴィヴィーヴィ<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6+2 = [6,6]+2 = 14<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  うわーーークリティカル!<br>
-<b>GM</b>  2d6+1 ティアティア<br>
-<b>GM</b>  ティアティア -&gt; 2D6+1 = [2,2]+1 = 5<br>
-<b>GM</b>  皆様もどうぞ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  2D6+2 神楽<br>
-<b>GM</b>  神楽 -&gt; 2D6+2 = [6,2]+2 = 10<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  2d6+1 士朗<br>
-<b>GM</b>  士朗 -&gt; 2D6+1 = [6,4]+1 = 11<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ていうか6ゾロ以外無理ジャン!w<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  2d6+2 麟<br>
-<b>GM</b>  麟 -&gt; 2D6+2 = [2,5]+2 = 9<br>
-<b>GM</b> と言うわけで、ヴィヴィーヴィ先制ですね!<br>
-
-<b>GM</b>  能行動宣言です。<br>
-<b>GM</b>  攻撃行きます。<br>
-<b>GM</b>  対象は……全員、にしますか。<br>
-<b>GM</b>  いや<br>
-<b>GM</b>  神楽さんと麟さんにしておきます。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  きゃー!(笑<br>
-<b>GM</b>  ごぽん……<br>
-<b>GM</b> 青く輝く液体によって構成された、ヴィヴィーの姿が波打ちます。<br>
-
-<b>GM</b>  ばしゃぁぁぁぁぁ!!<br>
-<b>GM</b> 空間を! 空を埋め尽くすかのように広がる、大量の液体!<br>
-
-<b>GM</b>  次の瞬間には幾多もの刃の姿になって、<br>
-<b>GM</b>  神楽と麟へ包囲するように飛来します!<br>
-<b>GM</b>  ただの刃ではない……<br>
-<b>GM</b> 天界の研究成果。 ティアティアの剣の原型となった発明。<br>
-
-<b>GM</b> 傷口空入りこんだその液体は、身体を内部からも切り刻む。<br>
-
-<b>GM</b> かすっただけで――ダメージは、計り知れない!<br>
-
-<b>GM</b> 五行使い(水) 超科学 操作 いずれも神域で使用。ボーナス+2です。<br>
-
-<b>GM</b>  受動行動お願いします。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 死活問題だぞ、ティアくん! 一蓮托生、妨害か協力をしてね!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> こちらも、協力しましょうか。お二人に。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> さってとぉ・・・こりゃ回避かなぁ<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 協力はいつ行うのですか?<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……」<br>
-<b>GM</b> 自分を外すように攻撃してくるその液体。それを見て呟くティアティア。だが<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「って、ええ!? 僕が守るんですか!?」<br>
-
-<b>GM</b>  背中に向かって。(笑<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  たははw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「近いのはボクが打ち落とすから、回避に協力!」<br>
-
-<b>GM</b>  受動行動は把握できてますか?<br>
-<b>GM</b> 協力、なら……よほど困難な演出で無い限り、宣言すれば自動成功。<br>
-
-<b>GM</b>  対象の判定に+1できます。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 身をもって盾になるしか思いつかないなぁ、士郎だとw<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  なるほど。<br>
-<b>GM</b> 妨害の場合は、対象よりもランクが高ければ<br>
-
-<b>GM</b>  対象の判定にさらに-1 ですかね。<br>
-<b>GM</b> あ、妨害ではなく……邪魔ですね。 -1は。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  分かりました。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 協力行動って事で、ティアくんは回避機動で飛び回って欲しいんだけど?<br>
-
-<b>GM</b>  おぉ?<br>
-<b>GM</b>  要するにそれは、<br>
-<b>GM</b> 自分の回避の代わりにティアティアの回避を判定しろ、と言う事ですね。<br>
-
-<b>GM</b>  まぁ、この場合ですし、OKにしましょう。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 対象は、複数可能でしたっけ?<br>
-<b>GM</b>  皆様、行動をどうぞ。<br>
-<b>GM</b>  ティアティアから行きますか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ん~、じゃあ、お願い。<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b>GM</b> 姉様の攻撃は明らかに神楽さんを狙っている。<br>
-
-<b>GM</b> だけど、神楽さんは今、僕の背中の上から動けない状態だ。<br>
-
-<b>GM</b>  僕が、代わりに回避するしかない!<br>
-<b>GM</b> 剣術の応用。頼りない翼をそれでも頼りにして……<br>
-
-<b>GM</b> ティアティアは必死に回避路を模索します。<br>
-
-<b>GM</b> 剣術 機敏・移動 を両者神域で使用。 ボーナス+1。<br>
-
-<b>GM</b> 成功したら、神楽さんへの攻撃は外れます。<br>
-
-<b>GM</b>  他の方?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> えっと、協力とかはこのタイミングで宣言するの?<br>
-
-<b>GM</b>  と言いますか、宣言と演出は全て<br>
-<b>GM</b>  今行ってください。<br>
-<b>GM</b> 全員分で揃いましたら、判定に移りますので。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ういうい<br>
-<b>GM</b> 先にトリッドをやってくれというのなら、そうしますけれど?<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  お願いします。<br>
-<b>GM</b>  あら、そうなのですか?<br>
-<b>GM</b>  ではトリッド行きますよ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 書き込み中なので、お先にお願いします。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「回避は俺が、させませんよ」<br>
-<b>GM</b>  ばん っっ<br>
-<b>GM</b> 大量の土が、泥が、汚泥が。空中に広がります。<br>
-
-<b>GM</b> 視界が遮られる。 動きが阻害される。 身体に――こびりつくっ<br>
-
-<b>GM</b> 足元から溶かされて行くような感覚。全てを忘れてしまいそうな感情。<br>
-
-<b>GM</b> 触れた瞬間、何かが奪われていく。何かを忘れていく。 <br>
-
-<b>GM</b>  苦しみとか 悲しみとか 痛みとか<br>
-<b>GM</b>  幸せに――――なってゆく?<br>
-<b>GM</b> 空想具現化 形無き者 創造 を神域で使用。ボーナス+2 <br>
-
-<b>GM</b>  全員に邪魔です。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  私も?<br>
-<b>GM</b>  ですよ。<br>
-<b>GM</b>  全員の行動に邪魔です。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  分かりました。<br>
-<b>GM</b>  次の方どうぞ。<br>
-<b>GM</b>  どなたかー?<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b> りんさん、できますか?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  りょーかい<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「やれやれ…先手はとられたか」そうぼやきながらもムチを取り出す<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「さてさて、どこまで迎撃できることやらっとぉ!」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> そういいながら振るわれたムチは圧倒的な速さに<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> その見た目を線から面へと変えて<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 泥も水も全てをなぎ払うかのように踊り狂う<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 機敏・移動 絢爛舞踏 日本一 を神域で使用 +2で回避<br>
-
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  次、ボクいい?<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ティアくんに対する〈協力〉行動ね。<br>
-
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 水の刃が、すぐ眼前を過ぎる。近い!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 高速で飛び回るティアくんだけど、全部を回避するのは無理そうだ。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  当たり前。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 背中にお荷物を背負っているし泥がこびり付いて動きにくいのだから。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> せめて、その苦労を少しでも減らすべく〈協力〉する!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 社会・共感 知力・創造 〈神秘なる力〉を使用!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 地形の利用で把握した近い泥や水の刃に対し、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 作り出した炎の壁を展開する。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  以上!<br>
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b>GM</b>  士朗さん。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  はい。<br>
-<b>GM</b>  行動お願いします。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「うーん、試合ですもんね。ちゃんとやらなきゃ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 力王によって、泥や、水の流れを「ちょっとだけ」歪めて、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 神楽さんや、りんさんに、当たりにくいようにします。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  協力行動です。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 確か、全員にできましたよね?<br>
-<b>GM</b>  ふむ<br>
-<b>GM</b>  出来ますよ。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> てぃあてぃあさんにもやりましょう。<br>
-
-<b>GM</b>  対象と、使用能力の明記をお願いします。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> ということで、かぐらさん、りんさん、てぃあてぃあさんに、協力。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 使用能力は、剛力・頑強、夜の貴族(力)、力王で、神域の+2です。<br>
-
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b>GM</b>  では、判定に移りましょう。<br>
-<b>GM</b>  あれ?<br>
-<b>GM</b>  夜の貴族 かっこちから?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> あらら、ちょっと変なのがついてました。申し訳ない。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b> 気にしないでください。<br>
-<b>GM</b> 了解です。ヴァンパイアロードの力も使用するのですね……どうやって?<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> おおっと、バンパイアの説明、抜けてますね。<br>
-
-<b>GM</b>  抜けているのです。(苦笑<br>
-<b>GM</b> このままですとその能力の使用は認められません。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> バンパイアは、何処をゆがめれば当たらなくなるのか、見るためであります。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> バンパイアは、心の目がありますので。<br>
-
-<b>GM</b>  ああ、成る程。<br>
-<b>GM</b>  では、判定に移りましょう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> えっと、協力行動は変なのじゃなければ判定いらずでボーナス+1だっけ?<br>
-
-<b>GM</b>  ですね。皆様可能そうな協力なので<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 判定はするんじゃありませんでしたっけ?<br>
-
-<b>GM</b>  プラスされます。<br>
-<b>GM</b>  邪魔は、上回った分だけです。<br>
-<b>GM</b> 達成値が上回っているのに、低い相手から邪魔をされると言うのは、<br>
-
-<b>GM</b>  不思議ですから。(笑<br>
-<b>GM</b>  2d6+2 ヴィヴィーヴィ<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6+2 = [5,4]+2 = 11<br>
-
-<b>GM</b>  2d6+2 トリッド<br>
-<b>GM</b>  トリッド -&gt; 2D6+2 = [5,1]+2 = 8<br>
-<b>GM</b>  イマイチだなぁ……<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ティアくんは、ボクと士朗さんの〈協力〉を合わせてボーナス+2<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 麟さんは士朗さんの〈協力〉でボーナス+1だね。<br>
-
-<b>GM</b>  ですね。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ってことは私は+3か<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  2d6+3 麟<br>
-<b>GM</b>  麟 -&gt; 2D6+3 = [6,1]+3 = 10<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ・・・・・<br>
-<b>GM</b>  2d6+4 ティアティア<br>
-<b>GM</b>  ティアティア -&gt; 2D6+4 = [5,1]+4 = 10<br>
-<b>GM</b>  うわ。(苦笑<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b> ダイス目わるい~(泣<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うそー!(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 一応、私たちもするのですか?<br>
-<b>GM</b>  全員です。<br>
-<b>GM</b> これが次のイニシアティブ判定になりますから。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  分かりました。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  では<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  2d6+2 士朗<br>
-<b>GM</b>  士朗 -&gt; 2D6+2 = [3,5]+2 = 10<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  ボクも<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  2d6+2 神楽<br>
-<b>GM</b>  神楽 -&gt; 2D6+2 = [3,5]+2 = 10<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ・・・・・<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  全員10!?<br>
-<b>GM</b>  ……皆さん何だかとても仲良しさん。<br>
-<b>GM</b>  です、が。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> な、何で全員10なんじゃぁ!(泣<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  すごいですねえ……。<br>
-<b>GM</b>  さて。<br>
-<b>GM</b> トリッドの妨害は皆様華麗に交わしましたが<br>
-
-<b>GM</b>  神楽さんと麟さんはダメージですね。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> のーん、やっぱりー。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「――うわっ!」<br>
-<b>GM</b> 眼前に飛来した泥に、思わず停止するティアティア!<br>
-
-<b>GM</b>  水の刃が、神楽を掠めます!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> えっと、1足りないから中傷に1?<br>
-
-<b>GM</b>  ですね。<br>
-<b>GM</b>  同じく、麟さんへと襲いかかる刃。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「ちっ、こいつぁうまくないね」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 泥に集中したせいか、水の刃を交わしきれず手足に何発か掠った<br>
-
-<b>GM</b> 鞭で弾かれるも……液体は止めきれません!<br>
-
-<b>GM</b> 入りこんだ液体は、内側で爆ぜて……丈夫な身体にもダメージを与えますね。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……」<br>
-<b>GM</b> 冷めた瞳でそれを見下ろす――ヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>  では、対話フェイズに移ります。<br>
-<b>GM</b>  何かお話したいこと、ありますか?<br>
-<b>GM</b>  無ければ次に進みますよ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ん~、まだ無いからいいや!<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  同じく無し~<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  思いつかないです。<br>
-<b>GM</b>  では、イニシアティブ。<br>
-<b>GM</b>  先ほどの数値だけを見ます。<br>
-<b>GM</b> またヴィヴィーヴィがトップなので……彼女の行動ですね。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・それって攻撃に勝てば延々攻撃できるってこと?(汗<br>
-
-<b>GM</b>  ですよ?<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  そーいうことですね。<br>
-<b>GM</b>  逆に<br>
-<b>GM</b> 全く関係のない行動をしていても、数値が一番なら<br>
-
-<b>GM</b>  次の行動はその人が最初です。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> くはぁ…こいつぁすごいぜとっつぁ~ん<br>
-
-<b>GM</b>  能行動宣言……攻撃。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「 …… ………… 」<br>
-
-<b>GM</b> 何も言わずに、両手を高高と上げる青い天使。<br>
-
-<b>GM</b> 恐ろしくも美しく、魅惑的だが驚異的な……その姿。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……姉様。姉様! 止めてよ、姉様!」<br>
-
-<b>GM</b> ぴくり、とそれに反応するヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……」<br>
-<b>GM</b>  彼女の視線が、愛すべき弟へと移る。<br>
-<b>GM</b>  そして……静かに目を閉じて。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……………!」<br>
-<b>GM</b>  両腕を、振り下ろした!<br>
-<b>GM</b> 青く 蒼く 藍く あおい 水の――柱!!<br>
-
-<b>GM</b>  何本もの巨大な、巨大な水の柱が!<br>
-<b>GM</b> 天空から降り注ぎ、周囲を圧し、潰し、砕き、流す!!<br>
-
-<b>GM</b> 対象……神楽 麟 士朗 そして、ティアティア。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  うわっはぁ…<br>
-<b>GM</b> 使用技能は、五行使い(水) 操作 創造です。<br>
-
-<b>GM</b>  受動宣言に移ります。<br>
-<b>GM</b>  率先してやりたいこと、御座いますか?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  んー回避かなぁ<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> えっと、回避なんだけれど。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 未だにティアくんの上なのだよ(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 今度はこっちが回避行動していい?<br>
-
-<b>GM</b>  良いですよ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> じゃあ、1番で宣言OK?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  どぞ<br>
-<b>GM</b>  後に回りたかったらそう言って下さい。<br>
-<b>GM</b>  はい、どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 降りてる暇はない! というか一人ではいつか捌ききれなくなる!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> それが解っている神楽は両手を打ち鳴らし強引に術を展開する。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  「イグニション!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 小規模爆発を起こし、無理やり爆風を巻き起こす!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 片翼が風を孕み、風の動きに身をゆだね、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 錐揉み状にティアティアは降下する!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 知力・創造 社会・共感 〈神秘なる力〉を神域で使用! ボーナス+2<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 分析した状況から他人を利用し、爆発のエネルギーで回避する!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  以上!<br>
-<b>GM</b>  成る程。<br>
-<b>GM</b>  ティアティア行きましょう。<br>
-<b>GM</b>  今度の攻撃対象には、自分も入っている。<br>
-<b>GM</b> 姉様にはもう……何も、届かないのだろうか。<br>
-
-<b>GM</b>  どん!! 背後で起こる熱い爆風!<br>
-<b>GM</b> 彼は気付く。 そう――諦めてはいけないと。神楽も、支えてくれると!<br>
-
-<b>GM</b>  翼をはためかせ、全力で回避行動に移る!<br>
-<b>GM</b> 風を利用しながら、空気を剣で裂きながら!<br>
-
-<b>GM</b> 神剣 剣術 機敏・移動。全て神域。ボーナス+2で回避です。<br>
-
-<b>GM</b>  お次の方?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b> 先にやってもいいけど<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  トリッド頼める?<br>
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ども<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「何かから逃避する。逃げる。その行動自体は、苦痛……だけど」<br>
-
-<b>GM</b>       どこまでもそこから、逃れられたなら。それも、一つの幸せ、です」<br>
-
-<b>GM</b>  どん<br>
-<b>GM</b>  どん どん どん どん どん どん!<br>
-<b>GM</b> さっき落とされた泥が、周囲の地面も飲み込み……<br>
-
-<b>GM</b>  次々と、あの天使像がそこから現れます。<br>
-<b>GM</b> 突き抜けたような笑い顔。汚泥そのままの身体。<br>
-
-<b>GM</b>  皆を抱きしめるように。<br>
-<b>GM</b>             引き摺り込むように。<br>
-
-<b>GM</b> 残滓を核に製作されたそれらは、人々に向かって両腕を広げます。<br>
-
-<b>GM</b>  天使の抱擁か。<br>
-<b>GM</b>  それとも――束縛か。<br>
-<b>GM</b>  否。 全てからの、解放かもしれない。<br>
-<b>GM</b> 神楽、ティアティア、麟、士朗に邪魔です。<br>
-
-<b>GM</b> 使用技能は、空想具現化、形無き者、創造……全て神域。<br>
-
-<b>GM</b>  ボーナス+2です。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  次は私?<br>
-<b>GM</b>  麟さんがよろしいのなら、士朗さんです。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  あ~ならお先どうぞ<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  はい。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 水の柱に砕かれるが、それより速く再生してゆく!<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  ってことで、回避?<br>
-<b>GM</b> か、回避になってないようなきがするんですけれど!<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  だははw<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> どっちかっつーと防御?w<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> まー、ダメージを受けてなければ回避です!<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  ってことで<br>
-<b>GM</b> 防御で、血のガードとかやりませんか?(苦笑<br>
-
-<b>GM</b>  もしくは力王で、力で弾き返すとか。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> っていうか、もっと吸血鬼らしくしましょうよ(笑<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  いや…その、うん<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> このままだと、私、アイデンティティの再生力、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 使えなさそうなんですもの(笑)<br>
-<b>GM</b>  士朗さん良いですねぇ……<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 吸血鬼らしいよ!ずっとさ!w<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 伯爵は置いておいて(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> ってことで、使用能力は、<br>
-<b>GM</b>  不満でなければそれで良いですよ。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b> ありがとうございます。<br>
-<b>GM</b>  使用能力は?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 剛力・頑強、夜の貴族、再生者で、全て神域で、+2です。<br>
-
-<b>GM</b>  防御として取ってよろしいですか?<br>
-<b>GM</b> ダメージを受けたところに再生力を集中させ、瞬時に回復していく、と言う。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> はい。防御として取ってください。<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  んじゃ、私かな<br>
-<b>GM</b>  です。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「ったく」そうぼやきながらカードの束を取り出して<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「本来こういう用途じゃないんだってのに」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 泥の天使の群れに投げ込んだ数枚のカードが<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ありえない機動をとりつつ牽制をし<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 今は踊りを回避に専念させてもらう<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 機敏・移動 絢爛舞踏 日本一 を神域で使用 +2で回避<br>
-
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b>GM</b>  判定に移りましょう。<br>
-<b>GM</b>  皆様ご自分の回避に精一杯。<br>
-<b>GM</b>  2d6+2 ヴィヴィーヴィ<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6+2 = [4,4]+2 = 10<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ・・・・・<br>
-<b>GM</b>  ……強い。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b> うがぁあああああ(泣<br>
-<b>GM</b>  彼女強い。(苦笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うそん。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  あははははは……<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・あはは…こりゃ普通に負けるかもなぁ…<br>
-
-<b>GM</b>  2d6+2 トリッド<br>
-<b>GM</b>  トリッド -&gt; 2D6+2 = [2,5]+2 = 9<br>
-<b>GM</b>  トリッド弱い……(苦笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  逆だよ、普通(笑<br>
-<b>GM</b>  2d6+2 ティアティア<br>
-<b>GM</b>  ティアティア -&gt; 2D6+2 = [2,4]+2 = 8<br>
-<b>GM</b> トリッドの邪魔を受けて、最終達成値7ですね。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> ティアくんが死ぬー!<br>
-<b>GM</b>  皆様どうぞ。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  2d6+2 麟<br>
-<b>GM</b>  麟 -&gt; 2D6+2 = [3,4]+2 = 9<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ・・・・・目が悪い<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  2d6+2 神楽<br>
-<b>GM</b>  神楽 -&gt; 2D6+2 = [2,1]+2 = 5<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うそだー!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> DPは、ここで使用するのですか?<br>
-<b>GM</b>  ここですと<br>
-<b>GM</b> エース・イン・ザ・ホール効果が宣言できますね。<br>
-
-<b>GM</b> 振る前でしたら、トゥルー効果かもしくは、達成値に+1を宣言できます。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 分かりました。今回は普通に振ります。<br>
-
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  2d6+2 士朗<br>
-<b>GM</b>  士朗 -&gt; 2D6+2 = [2,3]+2 = 7<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  出目で殺される……。<br>
-<b>GM</b>  トリッドの邪魔を受けます。最終達成値、6<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> DP使わないと全員死ぬんじゃない?(汗<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・・・出目で死ぬなぁこりゃ<br>
-<b>GM</b>  というか全員、また食らってる……(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> つったって今回は向こうが神威入ってるし…<br>
-
-<b>GM</b>  ですね。<br>
-<b>GM</b>  回避しようと飛びまわるティアティア。<br>
-<b>GM</b>  しかし……視界に天使達が映る。<br>
-<b>GM</b> トリッドが……そして、本当は、姉様の狙いで。<br>
-
-<b>GM</b> 泥人形と化してしまった、天使達。その事実を目の前に突きつけられ……<br>
-
-<b>GM</b>  思わず、速度が落ちる。<br>
-<b>GM</b> 降り注ぐ――何トンもの液体。彼は、飲み込まれた!!<br>
-
-<b>GM</b>  演出も各自どうぞ。<br>
-<b>GM</b> 何ならメタメタに、私が演出しちゃいますけれど?<br>
-
-<b>GM</b> 少しでも矜持を残したいのなら。皆様に任せます。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> この場面、運切で切り抜けるとかは出来ない?<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> えーと、ダメージは達成値との差ですか?<br>
-
-<b>GM</b>  ちなみに、神楽さんと士朗さんは、<br>
-<b>GM</b> トリッドの天使像の邪魔を受けますので……演出に加味してください。<br>
-
-<b>GM</b>  ええと、ですね。<br>
-<b>GM</b>  ダメージは<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 私とティアが重傷、お二人は致命かな?<br>
-
-<b>GM</b>  ティアティア君は重症。<br>
-<b>GM</b>  そうですね。<br>
-<b>GM</b> 麟・ティアは重症。神楽・士朗は致命です。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  分かりました。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  んーーピンチなら、参戦しにいこうか?<br>
-
-<b>GM</b>  出張らないで下さいよ、ゆぜさん。(苦笑<br>
-<b>GM</b>  貴方は出目が素敵ですし……怖いです。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 正式なPLはうちらですしねぇ(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  まあ余計なお世話かw 頑張って運切りで乗り切ってください~~<br>
-
-<b>GM</b>  ちなみに<br>
-<b>GM</b>  運切はいつでも宣言可能ですよ。<br>
-<b>GM</b> 格好良くスタイリッシュに、理に適って感銘を受けるような演出さえあれば<br>
-
-<b>GM</b> いつでもどこでも何度でも(DPがある限り)、使えます。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> う~、致命って動けたっけ?<br>
-<b>GM</b>  ああ、ダメージは<br>
-<b>GM</b>  行動に影響しませんよ。<br>
-<b>GM</b> 死亡すると、流石に何もできませんけれど。<br>
-
-<b>GM</b> 半身吹っ飛んでいても、死んでいなければ行動できます。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> んじゃま、今はおとなしく食らいますか。まだまだ死んでるわけでもないし<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> おとなしく頂きます。ダメージ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ただ、次何かあったらさすがに運切らんと死にますなぁ…<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> う~、まだいけるはず! 食らっとこう!<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「ちっ、このっ、邪魔だっつってんだよ・・・っとお!?」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> カードとムチを振るい天使から距離を取り続けるも足元に影を見る<br>
-
-<b>GM</b>  規模が――――でかいっ!!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「っとぉ!しまったかなぁ、こりゃ」軽く帽子を押さえて<br>
-
-<b>GM</b> どぉぉん!! 建っていた建物ごと押しつぶされ、麟の姿は見えなくなります。<br>
-
-<b>GM</b> 神楽さん、士朗さんも飲み込まれます……。よろしいですね?<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> OKです。というか、しろーは最初から飲まれてましたが(笑)<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  まった。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  あら?<br>
-<b>GM</b>  待ちます。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 今、演出が出来ました。<br>
-<b>GM</b>  流してください。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 急旋回するティアくんの動きが、急激に止まる。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 眼前に迫るのは泥天使。完全に捕らえられた!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> その瞬間、背中から叩きつけられる衝撃は筆舌に尽くしがたく。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 視界が、青く蒼く藍く、赤く紅かあかアカあかッッ!!!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 自慢だったポニーテールがはじけとび、背中がえぐられ、視界が赤く染まり、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ティアくんの背中が―――遠ざかる。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  落下。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  以上!<br>
-<b>GM</b>  了解です!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  ようやく降りたよ!<br>
-<b>GM</b>  士朗さんは、気付きますね。<br>
-<b>GM</b>  普段の回復力が……負けている、と。<br>
-<b>GM</b>  肉体の再生を阻害するような物質が<br>
-<b>GM</b>  この液体には含まれていると!<br>
-<b>GM</b> 屍士朗。 驚異的にして圧倒的勝つ絶対的な再生能力を持っていた彼は、<br>
-
-<b>GM</b>  初めて――致命傷を受けます。<br>
-<b>GM</b>  問題無ければ、次に移行しますよー?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃ!<br>
-<b>GM</b>  士朗さん、麟さん良いですか?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  うい<br>
-<b>GM</b>  士朗、さん?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> あ、すみません。OKです。<br>
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b>GM</b> 対話フェイズ……皆様、虫の息かもしれませんけれど<br>
-
-<b>GM</b>  何か話したい事はありますか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 半死半生なもので(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・何か話したほうがいいなこりゃ。せめて狙いを絞らせんと(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「やれやれ…ちょっと中身でちゃったじゃんか…」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 血を吐き捨ててヴィヴィを見据える<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………かっ はぁ…………」<br>
-
-<b>GM</b> 地面に叩きつけられて……青い海。泥の混じった<br>
-
-<b>GM</b> それこそ青い海に揺られながら、ティアティアは意識を取り戻します。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「けれど、まだまだくたばる気はないぜぃ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> アバラの2,3本は折れて、刺さっている感覚はあるが。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> それでもニヤリと笑って<br>
-<b>GM</b> 苦い水。渋い水。苦しい水。悲しい水。切ない水。締めつける水。<br>
-
-<b>GM</b>  涙のような、水……<br>
-<b>GM</b>  そんな、真っっっ青な、海――――<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ね……姉様……」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 生きているのか(いや、生きてるけど)<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 全身血まみれでうつ伏せに倒れたまま、ぴくりとも動きません。<br>
-
-<b>GM</b>  と、それに気付いたティアティア。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽……さん、だ、大丈夫…………ですか?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・・・・」<br>
-<b>GM</b> 爛れた翼で、どうにか近寄り、声をかけます。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 反応はない。血だまりだけが脈動に合わせて広がっていく。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> まだ生きてはいる。けれど・・・・・・。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽……さん…………」<br>
-<b>GM</b>  支えてくれた神楽も、倒れてしまった。<br>
-<b>GM</b> 赤々とした傷が、どうしようもなく痛々しい。<br>
-
-<b>GM</b>  もしかしたら。いや、きっと、確実に?<br>
-<b>GM</b>  自分の、せいなのではないかと。<br>
-<b>GM</b>  そう思えてきてしまう。<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィの体を構成しているのと同じ、悲しく切ない液体に包まれ<br>
-
-<b>GM</b>  ……ティアティアの心も沈んで行く。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  その時。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・ィア・・・ん・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> かすかな・・・・・・本当にかすかな呟き。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br>
-<b>GM</b>  皆無な表情で、それを見下ろしています。<br>
-<b>GM</b> 上空に浮かぶ天使は、冷ややかに……いや、その表情すらも無く。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「か、神楽さん……」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 神楽は動いていない。うつ伏せのまま、傷も治っておらず、<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽さん、大丈夫ですか?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> けれど・・・・・・その手が地面を強く掴む。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  まだ、やれる、と。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ごめんなさい……ごめんなさい。<br>
-
-<b>GM</b>         ごめんなさい。僕の、せいで……」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・がう・・・くんの・・・いじゃ・・・い」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> か細い息を途切れさせながら、言葉をつむぐ。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「僕が避けきれなかったから。<br>
-
-<b>GM</b>         あそこで止まってしまったから……」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・れに・・・まだ・・・・・・ってない・・・・・・」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「いや……最初から、頼りなんかさえ、しなければ…………」<br>
-
-<b>GM</b>  ぶつぶつ、と。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 届かない言葉。それでも、あきらめるという事をしない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> あきらめたら、あきらめてしまったら!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ・・・・・・というところで、ボクの会話は終わりかな?<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「てぃあてぃあさんは、降参ですか?」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……え。 し、士朗さん……?」<br>
-
-<b>GM</b>  ふりかえって、ぎょっとします。<br>
-<b>GM</b>  士朗の身体の大半は、欠けている。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> しかし、まだまだ元気なように、振舞う。<br>
-
-<b>GM</b>  ぶちぶちと、傷口が回復をしようとして<br>
-<b>GM</b> ……しかし、それはいつものように稼動していないようで。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「し、士朗さんまで! ……ぼ、僕は…………」<br>
-
-<b>GM</b>  何も言えないように、俯きます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「降参するなら、いいんですよ?」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……え?」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「諦めるなら、それも、いいでしょう」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさん、諦められるなら」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「お姉さんのこと、諦められるなら」<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉、様…………」<br>
-<b>GM</b>  さらに俯いて。そして、顔を上に向けて。<br>
-<b>GM</b> そこには――《生きし青藍》ヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ………… 」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「あ…………あぁぁ……<br>
-<b>GM</b>         あ、諦めきれるわけ、無いじゃないですか……」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「じゃー、がんばってくださいな」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………軽いですね」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b> 「これは試合ですから」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  「私にとっては」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「試合、ですか……」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「勝てば、幸せ。負ければ、不幸」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「ルールは、自らの力をぶつけ合うだけ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「実に簡単な試合(ゲーム)」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「軽く考えてもだいじょーぶです」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ゲーム。 でも、僕には…… <br>
-
-<b>GM</b>         ……ゲームオーバーは、許されません」<br>
-
-<b>GM</b>  剣を握る拳に、力を込めます。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……その試合。そろそろ決着だと俺は思いますよ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「いやいや、まだまだこれからさ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「日本一の幸せの作り方。見せずにいくわけにはいかないもんでねぇ…」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 後ろの仲間を守るためか、堂々と立ち<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「まだまだだいじょーぶですって。ちょうど五分五分位ですよ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「そして、これが。この涙の海があんた自身だってんなら…なおさらだ!」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> と、ヴィヴィに語りかけるように<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「日本一? 五分五分?」<br>
-<b>GM</b> わからない。 何を言っているんだろう。 こんな苦しみの中で。<br>
-
-<b>GM</b>  ナニガ タノシクテ ワラウンダロウ。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ………… 」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「――まぁ、最初から決まっていた事です。<br>
-
-<b>GM</b>       そろそろ――貴方達を。皆を。この町を、幸せにして」<br>
-
-<b>GM</b> タトエ ソレガ ジシンノハメツヲ サシテイルノダトシテモ<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「――俺は天界へ飛んで。そこを幸せにしますよ」<br>
-
-<b>GM</b> モクテキノタメニ ツクラレタ ノデハナク<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺はそのために作られた。<br>
-<b>GM</b>       俺はそのために存在する。 それが――トリッドですからね」<br>
-
-<b>GM</b> ケッカニアワセラレタ モクテキダッタ ノダトシテモ<br>
-
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィが翼を広げ両腕で自分を抱く。<br>
-
-<b>GM</b>  トリッドが微笑を広げ思想で自分を抱く。<br>
-<b>GM</b>  戦闘に移りますよ。<br>
-<b>GM</b> イニシアティブ。 またヴィヴィーヴィが先制です。<br>
-
-<b>GM</b> 能行動宣言。……譲渡。トリッドに行動を譲渡します。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  う~い<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  っと<br>
-<b>GM</b>  能行動宣言。トリッド。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「それでは皆様。幸せへの準備は出来ましたか?」<br>
-
-<b>GM</b>  ごご ごご ごご ご ごん<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「おなかがすいているので、OKです!」<br>
-
-<b>GM</b>  地面が震えます。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「この地を――」<br>
-<b>GM</b>  ず ず ず ず ず ずん<br>
-<b>GM</b> 周囲から、くすんだ黒。滲んだ茶色。ドロドロとべたべたとした――<br>
-
-<b>GM</b> 大量の泥が。大量の――――シアワセが!!<br>
-
-<b>GM</b>  盛り上がり、押し寄せてきます。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「喜びと嬉みと楽しみと快さと愉悦と愉快と享楽と歓喜と<br>
-
-<b>GM</b>       ――幸福に幸福で幸福が幸福な、幸せに――<br>
-
-<b>GM</b>       満  ち  溢  れ  さ  せ  ま  す」<br>
-
-<b>GM</b>  ず しゃ ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!<br>
-<b>GM</b>  全ての泥が何もかも飲み込み!<br>
-<b>GM</b>  降り注ぐ押し寄せる!<br>
-<b>GM</b> 巻きこんで、巻きこんで、巻きこんで、巻きこんで――押し、潰して。<br>
-
-<b>GM</b> 空想具現化 形無き者 創造 全て神域で。<br>
-
-<b>GM</b>  そしてトゥルー効果使用。<br>
-<b>GM</b>  ボーナス+2 ダイス3つです。<br>
-<b>GM</b>  皆様に、攻撃、です。<br>
-<b>GM</b>  (ヴィヴィーヴィ除く)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> GM! ここで&lt;運切&gt;を発動する!<br>
-
-<b>GM</b>  叫んでください。<br>
-<b>GM</b>  見よ、と。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  見よ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  熱が、ある。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> つまり生きている。なぜ?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  人間なのに。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 体中が熱い。焼け付きそうに熱い。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  けれど生きている。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  人間なのに。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 〈迦具土の血〉が、脈動している。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 迫り来る死。それに抗え、と。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 「・・・るさ・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「うる・・・い・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・うる・・・さいっ!!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 血は止まらない。痛みは引かない。熱は臓腑を焼く。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 人間だから。けれど、けれども・・・・・・<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・ク・・・は、まだ・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 人間なのに。人間だから?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・ィアくん・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 協力すると、約束した。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 力を貸すと、元気づけた。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・ィアくん・・・ティアく・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 泣きそうな顔を覚えている。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 絶望した顔を覚えている。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 笑顔は・・・・・・まだ強張ったものしか、知らない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・・・・・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 熱い。まだ形をとってすらいない想いがある。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 熱い。自分でも気づいていない気持ちがある。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 熱い。魂が止まる事を許さない!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 人間でも。人間なのに。人間だから!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 生まれつきの力なんてない!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 非力で、脆弱で、けど、けれど、けれども!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 魂は、誰よりも熱く在れ!!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 光の柱が、神楽を中心に立ち上る。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> それは力。純粋な力。神の力。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 瞬く間にトリッドの泥―――シアワセ飲み込み―――そして消し去る。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> そして、光はティアティア、麟、士朗をも飲み込み、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> その傷の全てを癒した。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 自身の傷は塞がっていない。今も血を流し続けている。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> けれど、神楽は立ち上がる。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ・・・・・・&lt;迦具土の血&gt;が、一つ脈動した。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 〈降神術〉 &lt;神秘なる力&gt; 自我・感覚を神域で使用!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> その身を仮の神として、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 生みの親であり神生みの神すら焼き尽くした炎が全ての攻撃を焼き尽くす!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> そして、自身の血肉から数多の神を生み出した受肉の力で皆を治す!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 想いの強さが、火をつける!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ・・・・・・自分は致命のままだけど。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  さ、どうだ!<br>
-<b>GM</b>  ふむ<br>
-<b>GM</b>  ジャッジの前に、少し質問です<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  はい。<br>
-<b>GM</b>  能力を使用、とありますけれど<br>
-<b>GM</b>  運切ですよね?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 演出の説明付けみたいなもんです。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> こういう能力からこの効果の運切が起こった、といった感じの。<br>
-
-<b>GM</b> ああ、成る程。かえってくどくなるので、要りませんよ。(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 効果としては、トリッドの攻撃キャンセルと皆の傷を0に戻す。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> そんな感じだ、さあジャッジ来い!(笑<br>
-
-<b>GM</b>  成る程です。<br>
-<b>GM</b>  ジャッジ行きましょう。<br>
-<b>GM</b> うーん……そうですね。* と言ったところです。<br>
-
-<b>GM</b>  皆様の判断どうぞ。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b> うむむ…私も * で<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  私も*、で。<br>
-<b>GM</b>  ほう。<br>
-<b>GM</b>  神楽さん自身で決定なのですね。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  ま、マジですか(笑<br>
-<b>GM</b>  さぁ、どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> っていうか、この状況で否決に入れたらボクは馬鹿だろ。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  悪いけど、+だ。<br>
-<b>GM</b>  了解です。<br>
-<b>GM</b>  泥を。<br>
-<b>GM</b>  幸せの――泥を。<br>
-<b>GM</b>  飲み込む、光。 掻き消す、光。<br>
-<b>GM</b> 熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く!<br>
-
-<b>GM</b>  焼き尽くす! 焼き焦がす! 神の――<br>
-<b>GM</b>  ――人の――!<br>
-<b>GM</b>  チカラ――――!!<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「…………!!!?」<br>
-<b>GM</b> 押し寄せていた泥は消え失せた。 自らの思いは砕かれた。<br>
-
-<b>GM</b> トリッドは、それを認識し、自覚した――が。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「…………それでも、俺も。諦めはしないんですよ」<br>
-
-<b>GM</b>  引き攣ったように、それでも笑いました。<br>
-<b>GM</b>  可決です。<br>
-<b>GM</b> ええと、トリッドの行動がキャンセルされてしまったんですよね。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ですねぇ<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> んで、私たちの傷が回復?<br>
-<b>GM</b>  と言う事は、イニシアティブから再開?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  じゃないかな?<br>
-<b>GM</b>  ええ。振り出しに戻った感じです。(苦笑<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  本当ですね(笑)<br>
-<b>GM</b>  光が……晴れて行く……<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……こ、れは? か、神楽さん?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・ティアくん」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 多くは語らない。語れない。けれど、一言だけ、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 「・・・・・・頑張ろう」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……はい!」<br>
-<b>GM</b>  と<br>
-<b>GM</b>  神楽さんの傷は治ってないんですよね?<br>
-<b>GM</b>  致命傷?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  満身創痍(笑<br>
-<b>GM</b>  ……大変ですね。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「♪ヒュゥ やるねぇ…神楽」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 後ろの神楽の様子はわかる <br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> だからこそ、振りかえる必要は無い いまは、ただ<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  「……」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……回復してしまったみたいですね。でも、まだまだ。<br>
-
-<b>GM</b>        終わりじゃないですよ」<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…… ……」<br>
-<b>GM</b>  なにも言わず――<br>
-<b>GM</b>  イニシアティブフェイズに移りましょう。<br>
-<b>GM</b> 一度バトルが切れたので、行動宣言からお願いしますね。<br>
-
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィとトリッドを先に行いますか?<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> いや、今度はこっちから振ろう<br>
-<b>GM</b>  どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> さっきからそっち先にして何かダイス目まけてるしw<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> んで、これは演出入れるの?<br>
-<b>GM</b>  当然です。<br>
-<b>GM</b>  一番最初と同じように判定します。<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  おーらい<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「仕切りなおし…っていうにはちょっちアレだけど」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 胸元からタバコを取り出してくわえ<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 「それでも、諦めはしないぜ」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> そう世界に宣言することが、彼女の力になる<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 生きる、とは。世界に向かって「俺はここにいるぞ!」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> と叫び続けることだと、彼女は思う<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> その思いが、力になると信じて<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 絢爛舞踏 機敏・移動 自我・感覚 神域で+2<br>
-
-<b>GM</b> 格好良いイニシアティブと乗り方ですねぇ……<br>
-
-<b>GM</b>  の、取り方。<br>
-<b>GM</b>  次の方?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> これでダイス目がのればねぇw<br>
-<b>GM</b>  いらっしゃいませんか?<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  あ、じゃあ私で。<br>
-<b>GM</b>  はい。<br>
-<b>GM</b>  どうぞー?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> しろーは、動かずに、バンパイアの目で隙をうかがい、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 力王の力を使うときを待つ……。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  ってことで、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 夜の貴族と、力王で、神域の+1です。<br>
-
-<b>GM</b>  ふむ。 了解です。<br>
-<b>GM</b>  神楽さん行きますか?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  んじゃあ、ボク。<br>
-<b>GM</b>  どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 1歩。ただ1歩踏み出すだけがえらく辛い。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> けれど、その一歩は確実に相手に近づく一歩。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> 捕らわれず、ただ前に。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> そこに仲間が待っているから。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> &lt;降神術&gt; 自我・感覚 社会・共感を使用。神域でボーナス+2<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> その身を支えるのは神の力、自身の想いの強さ、そして仲間への想い!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  以上!<br>
-<b>GM</b>  成る程(笑<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ――……―― 」<br>
-<b>GM</b>  端から、崩れて行く。<br>
-<b>GM</b>  消えて行く、ヴィヴィーヴィ。<br>
-<b>GM</b>  否。 その身体は液体だ。<br>
-<b>GM</b>  蒸発しているのだ。<br>
-<b>GM</b> 蒼い液体は、別になにかを溶かしているわけではない。<br>
-
-<b>GM</b> それ自身が、そう言う物質。 つまり。 蒸留されようと、性質は変わらない。<br>
-
-<b>GM</b> そして――完全に気体となり、周囲に散らばってしまえば<br>
-
-<b>GM</b> ……その姿を捉えられるものなど、誰も居なくなる。<br>
-
-<b>GM</b> 五行使い(水) 超科学 操作。神域で使用です。<br>
-
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……、まさか。まさか、止められるとは思ってませんでした。<br>
-
-<b>GM</b>       だけど、俺は諦めませんよ。 諦められないんです。<br>
-
-<b>GM</b>       皆を幸せにしなくてはならない。ふふ、もう――<br>
-
-<b>GM</b>       言い飽きたし、聞き飽きたかもしれませんね」<br>
-
-<b>GM</b>  微笑んで。<br>
-<b>GM</b> 空中に散らばった水蒸気。 その水分に含まれていた泥が……<br>
-
-<b>GM</b>  形を成していく。<br>
-<b>GM</b> 何体ものトリッド。 どれが本物の彼だかはわからない。<br>
-
-<b>GM</b> いやいや……全てが彼なのだ。この街は既に――彼の体の中なのだ。<br>
-
-<b>GM</b>  形無き者 操作 創造 神域で使用です。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……」<br>
-<b>GM</b>  姿の見えなくなった彼女に呼びかける。<br>
-<b>GM</b>  <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様が、本当は何を考えていたのか。<br>
-
-<b>GM</b>         本当は何を考えているのか、わからない。<br>
-
-<b>GM</b>         だけど姉様は言ってくれた。僕が、誇りだって。<br>
-
-<b>GM</b>         それだけは、信じても良いって。だから――<br>
-
-<b>GM</b>         僕も言うよ。姉様が大好きだ。<br>
-
-<b>GM</b>          姉様を――助けたい!!<br>
-<b>GM</b>         そして、僕を……手伝ってくれる人達がいる!<br>
-
-<b>GM</b>         トリッド! 僕も諦めないよ。<br>
-
-<b>GM</b>         姉様を返してもらう。お前の望みは、認めない」<br>
-
-<b>GM</b>  赤き翼を。<br>
-<b>GM</b>  天使の片翼を広げ<br>
-<b>GM</b> ……剣を――きっと運命も未来も切り開くだろう、剣を掲げ――<br>
-
-<b>GM</b>  飛ぶ。 駆ける。 《チギレタ断片》。<br>
-<b>GM</b> 神剣 機敏・移動 操作 それぞれ神域で使用です。<br>
-
-<b>GM</b> 時間をかけてしまってすみませんでした。判定に移りましょう。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ういうい<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃっす!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> 先手ひっしょー無心でごー<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  2d6+2 麟<br>
-<b>GM</b>  麟 -&gt; 2D6+2 = [4,3]+2 = 9<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  2d6+1 士朗<br>
-<b>GM</b>  士朗 -&gt; 2D6+1 = [1,3]+1 = 5<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  2d6+2 神楽<br>
-<b>GM</b>  神楽 -&gt; 2D6+2 = [5,1]+2 = 8<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  きゃー!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> やっときたッしかも目はまたもひどいッ!(泣<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> なんなの、この死んだ出目はッ!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・ちょっと、死んできます(泣<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> もうだめだ……ダイス神が私たちを殺そうと、いや! 滅ぼそうしているっ!<br>
-
-<b>GM</b>  2d6 トリッド<br>
-<b>GM</b>  トリッド -&gt; 2D6 = [1,3] = 4<br>
-<b>GM</b>  トリッドも死んでる(笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・それはいつものことだw<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  問題は・・・<br>
-<b>GM</b>  2d6 ヴィヴィーヴィ<br>
-<b>GM</b>  ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6 = [5,6] = 11<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ほれ<br>
-<b>GM</b>  おい!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  やっぱりー!<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b>  あはははははははあw<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  何でーーーーーー!?<br>
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  だぁから・・・<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> ヴィヴィーヴィ強すぎ!<br>
-<b>GM</b>  2d6 ティアティア<br>
-<b>GM</b>  ティアティア -&gt; 2D6 = [6,2] = 8<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> ・・・GMゥ!!!(泣<br>
-<b>GM</b> ……神様、ヴィヴィーヴィ好きなのでしょうか?<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ちょ、まじ勘弁w<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> ヴぃヴぃーヴぃさんを、戦闘せずに助けろという、神のお告げ?(笑)<br>
-
-<b>GM</b>  うーん?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> DP3点使用で達成値に+2ってなかったけ?<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟 </font></b> あ~こりゃもう運切で何とかしたほうがよさそうだねぇ…<br>
-
-<b>GM</b>  できますよ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  振った後でも?<br>
-<b>GM</b>  エースインザホール効果。<br>
-<b>GM</b>  振った後にのみ宣言可能です。<br>
-<b>GM</b>  加えて、重複ですね。<br>
-<b>GM</b>  あ<br>
-<b>GM</b>  +2忘れてたっ!<br>
-<b>GM</b> トリッド6、ヴィヴィーヴィ13、ティアティア10ですね!<br>
-
-<b><font color="#006600">麟 </font></b>  うん…<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  勝てない……。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽</font></b> う~、+4は欲しいけど、6点は意外と痛い。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>  これは、反逆で倒す?<br>
-<b>GM</b>  ……行動宣言行きますよ?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>  うぃ。<br></p>
-<center><a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/17.html">Back</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/20.html">Next</a></center>
+<center> </center>
+<p align="left"><br />
+<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「良いでしょう。そんなに仰るのなら<br />
+<b>GM</b>       ――あなたから、幸せにして差し上げましょう」<br />
+<b>GM</b> 告げる美青年、トリッド。その背には、青い双翼が生えています。<br />
+<b>GM</b> 傍らに浮かぶ同じく青い……水の天使。ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> しかしそれは抜け殻のように見えますね。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「やってみるがいい・・・・出来るのならな!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   鎌をかまえます<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ええー適当にぶつかってますので、皆様割り込んでくださいw<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「え? ちょ、ちょっとまってください!<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  ほら、こんなところで戦わないでくださいよ!」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> といって、間に入ります。<br />
+<b>GM</b> 早速士朗さんが……(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> (真っ二つにしたりしてもOKですよ? 死にませんから(笑))<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  しろーの言葉は無視w 気にしてません。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「ふん。誰だか知らないが…<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   このような木偶を差し向けるなど・・・なめるな!」>抜け殻をみて<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  鎌をふるって斬撃を飛ばす。対照は・・・トリッドと、水の天使(ヴィヴィーヴィ)<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「大丈夫ですよ、士朗さん」<br />
+<b>GM</b> にっこりと笑って……斬!<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「だ、だいじょうぶじゃないですよ! とりっどさん!」<br />
+<b>GM</b> 真っ二つになるトリッドとヴィヴィーヴィ。しかしそれは全く効果がありません。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「あら?」<br />
+<b>GM</b> 一瞬の内にくっつき、再生します。<br />
+<b>GM</b> それこそ……粘土や水を斬ったかのように。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「っち!プラナリアか、疫病神のような奴だな!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  一応、士郎には斬撃が行かないように気を付けます。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  無関係の人間?を巻き込む気はない<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「だ、だいじょうぶですか? とりっどさんに、ヴぃヴぃーヴぃさん」<br />
+<b>GM</b> ゆったりと、左腕をゆぜさんにむけるトリッド。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「全然問題ありません」<br />
+<b>GM</b> ――土が! 左手が肥大化し……大量の泥と化したそれは、<br />
+<b>GM</b> ゆぜへ向かって飛んできます。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「おおっとぉ。ちょいと、待ちなぁ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ムチが一閃、それを吹き飛ばす<br />
+<b>GM</b> ずしゃぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!<br />
+<b>GM</b> ばちんっ<br />
+<b>GM</b> ぱらぱらと、崩れ落ちる土。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「! 余計なことを」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「えっと、アンタが莠世かい?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「・・・そうだ。そういう、貴方は?」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「ジョージからの届け物だ、受け取りな、っと」と、莠世に放って渡す<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「え?」っと、届け物を受け取る。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「おや……先ほどの。ようこそ」<br />
+<b>GM</b> にっこり微笑みます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> /と、その瞬間! 一瞬の判断で後方に跳躍するトリッド。<br />
+<b><font>神楽</font></b> その眼前を灼熱の火線が突き抜ける!<br />
+<b>GM</b> ほほぅ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「ちぃ~、はずしたんだよ!」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「か、かぐらさん!?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……全く、相変わらず物騒ですよ……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「そ、そうですよ! いきなり炎を飛ばすなんて!」>神楽さん<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「いや、挨拶挨拶。避けるだろうな、とは思ってたしね」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「――ね、姉様!?」<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィを見て。<br />
+<b>GM</b> 神楽さんはティアティアに背負われた状態ですね。<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃ。<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+ <br />
+<b>GM</b> 場が混乱しますので、お届ものが何なのかとりあえず確認しましょう。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  じゃあ、かさかさと、封筒を開ける。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  中から取り出したのは・・・・<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  で、結局なんです?譲二<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>   /小さな箱。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  /片手に収まる、小さな箱。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ・・・そんなものどうやって封筒に入れたのか、気になりますが、<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  紙のサイズからぽんと大きくなったのです。<br />
+<b>GM</b> 前回は紙袋と言ってましたから。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  ……そういえば(忘れていた人)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  そんな物見たら、場違いながらも期待して、ドキドキしながらあけちゃうよ(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「なんだ?これは・・・」箱をぱか<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  /そこに入っているのは、きらびやかな、指輪。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  中に添えてあるカードには一言「結婚しよう」の文字。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「!!!!!!!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  一気にボンッと噴火する勢いで赤くなりますw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「な、なああ!あ、あの男は~~~こんなとこで渡すなんて、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   なにを考えてぇ!?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  混乱中。怒ったり赤くなったりw<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  しかし、気づく。袋の中に、もう一枚紙がある事に。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「・・・?なんだ、これは」紙をひっぱりだす<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  /「その箱、三丁目の田中さんに届けといて。BYジョージ」と書いてある。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ずるぅぅう!と、空中でずっこけるゆぜ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  そして、紙を握りしめて・・・<br />
+<b><font>神楽</font></b> /場違いにも砕けるガラスと一瞬の後、吹き荒れるブリザードが幻視される。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  /直後、燃え上がる炎。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……? どうしました?」怪訝そうに。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「あ、あの男はぁぁぁぁぁ!!!!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   分かってたのに!こういう奴だって、わかってたのにぃぃ~~~~~!」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> /そう、それは怒りである 期待した分途方も無いクラスでの<br />
+<b><font>神楽</font></b> /荒れ狂う天候は心情を正確に表現し、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 天使に対する殺意などは軽く塗りつぶされてしまう。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「お、おのれぇええええ!あの、疫病神!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   今度という今度こそ成敗してやる~~~~!!!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   もう、憤死直前w<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  /だが、それは、彼女の心が、<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  天使に対する憎しみを凌駕しているという事でもあった。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……」<br />
+<b>GM</b> ニコニコと笑いつつも、状況が掴めず首を傾げます。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  /もっとも、それに気づく人は、誰もいないだろうが……(状況悪化してるし)<br />
+<b><font>神楽</font></b> /残ったのは、譲二に対する場違いな怒り。<br />
+<b><font>神楽</font></b> それが何を根幹とするかはともかく、<br />
+<b><font>神楽</font></b> とりあえず、譲二の思惑通りに進んでいる事は間違いないだろう。<br />
+<b>GM</b> ジョージに思惑なんてあるんでしょうかねぇ……<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  というわけで、くるうりとトリッドに向き直る。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  その顔は・・・・無表情なのに、どこか鬼気迫る顔だった・・・<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「再開ですか?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「いや、貴様などよりも、先に解決するべき事が出来た・・・・」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「? ……そうですか」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ここで、にっこりと微笑み<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ・・・・が、その笑顔の背後には般若が見え隠れしていた<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「か、帰っていただけるのですか」<br />
+<b>GM</b> ある世界危機の原因をも前にして、さらに緊急のようがあると告げるゆぜ。<br />
+<b>GM</b> そんなんで良いのだろうか。いや、何も言うまい……です。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  「ああ、邪魔をして悪かったな。ここは貴方達に譲ろう<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ・・・もっとも、奴を成敗したときに、解決してなければ戻ってくるが、な」<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  世界の危機よりも、重要な事なのですから(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  にこにこと微笑んだまま告げる、ゆぜ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  そして、そのまま大鎌で前方の何もない空間を切り裂き・・・・<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   彼女は、消えた。<br />
+<b><font>神楽</font></b> /残された風だけが、彼女の怒りを体現し、冷たくひゅるりと吹いた。<br />
+ <br />
+ <br />
+<a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/19.html">スメバミヤコへ</a><br />
+ <br />
+ <br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「……ふー、帰ってくれたみたいですね」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「やれやれ、ジョージのやつこれを見越してたのかねぇ…っと」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> トリッドの方に向きを直し<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「別に居ても、俺は構いませんでしたけれど」<br />
+<b>GM</b> 肩をすくめます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・というわけで、こっちはこっちで話をつけようか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「(はっ) 姉様! 姉様!!」<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィに呼びかけます――が、返事はありません。<br />
+<b><font>神楽</font></b> /空ろな表情は、笑と無という種類の差こそあれ乱立する泥人形と同じ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> /そこには生気というものが感じられなかった。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……トリッド!! 姉様になにをしたんだ!」<br />
+<b>GM</b> 怒りの表情を顔に浮かべ、怒鳴るティアティア。<br />
+<b>GM</b> 背後の神楽は、彼の熱く激しい感情を感じます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「何もしてないよ、ティアティア君。すぐに見た目に騙されるんだね?<br />
+<b>GM</b>       これはヴィヴィーヴィであって彼女じゃないよ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「抜け殻?いや、形を真似ただけかこりゃ?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「まぁ、そんなところですかね」<br />
+<b>GM</b> 麟に答えます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・確かに、お姉さんの気配はしないね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「……じゃあ、ヴぃヴぃーヴぃさんは、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  どうなったんですか? とりっどさんの中?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……くっ……」<br />
+<b>GM</b> 赤い神剣を構える少年天使。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 無言のまま、首をぐいっと締める。熱くなるな、とは言わない。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 熱くなりすぎるな、という思いを込めて。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「いや……、どうなんでしょうね?」<br />
+<b>GM</b> 片頬を上げます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……とぼけるな、トリッド!」<br />
+<b>GM</b> 神楽さんに抑えられて少し勢いを抑えつつ言いますね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「……ヴぃヴぃーヴぃさんは、とりっどさんの中で生きてる?」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「トリッドの中、か・・・・・・」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「そんな詩的な表現は似合いませんよ。<br />
+<b>GM</b>       生きているとか死んでいるとか、<br />
+<b>GM</b>       ……そこに、どれだけの意味があるんですか?」<br />
+<b><font>神楽</font></b> /視線に力をこめ霊視する神楽。<br />
+<b><font>神楽</font></b> だがそこに感じられる物はトリッドと同じものという気配しかない。<br />
+<b><font>神楽</font></b> /いや、トリッドの中に「広がった」ヴィヴィーヴィの気配を、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 特定する事は出来なかった、と言うべきか。<br />
+<b><font>神楽</font></b> /だが、つまりそれは確かに彼女の存在が<br />
+<b><font>神楽</font></b> トリッドの中にあるという事ではないだろうか。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「生きていれば、ご飯が食べられます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  死んでいると、ご飯が食べられません」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「あはは。生きていてもご飯が食べられない人も居ますよ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「そ、そんな不幸な人がいるんですか!?」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「けど、死んでたら絶対にご飯は食べられないよね?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「ご飯を食べると言う行為は、<br />
+<b>GM</b>       満腹中枢に刺激が伝わり幸福感を味わうと言うことです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「は、はあ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「やっぱり重要なのは幸せです。皆に、幸せを――<br />
+<b>GM</b>       ――皆を、幸せに。どこまでも、いつまでも、終わりなく」<br />
+<b>GM</b> 翼を広げて、空中に浮かんでいきます。<br />
+<b>GM</b> 高く……<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「まあ、なんにせよ。あれだ。おい、トリッドっての」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 胸元からタバコを取り出し<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……はい?」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「あんたはこの世界を幸せにしたい、それでいいんだな?」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 指先で軽く触れ、火がつく<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「そうですね。俺はそうしたい」<br />
+<b>GM</b> にっこりと微笑みます。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「それじゃあ、取引と行こうじゃないか。おそらくこれから私達とアンタはまあ、<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  戦うんじゃないかと思う」ニヤリと笑い<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「麟さん?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「ええ!?」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「それでだ、まあ。あんたが勝ったら好きにするといい。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> この世界を幸せにするといいさ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「言われなくても、そのつもりですよ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「んで、あんたが負けたら、それはあんたのやり方じゃあ<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  幸せにはできねぇってことだ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  意味を掲げて行動して、それでも負けたってんならな。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  そんときは、私達の幸せの作り方のために協力しな。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ちなみに嫌とは言わせねぇ」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「あー・・・・・・つまり、お互い口で主張を言い合ってないで、<br />
+<b><font>神楽</font></b>  力ずくで主張を通そう、ってこと?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「何をしたって、俺の考えは変わりませんよ。変わらない」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「それでいいな?了解したか?文句は無いな、よしOK」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「貴方達がそれでよろしいのならば」<br />
+<b>GM</b> にっこりと、微笑んで。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「え、えーと、わ、私はどうしましょう?」<br />
+<b>GM</b> 他人に聞かないで下さい。(苦笑<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「まぁ、なし崩しだけど、変えてみせるよ。ティアくんと、お姉さんの為にもね」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「本当の意味で『幸せ』ってのは考えてできるもんもあるまい、<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  感じたとうりでいいんじゃねぇのか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  あんたが素直に今感じた『幸せ』のために動くといいさ、士郎っての」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……姉様。 助ける、よ……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「……あー、えーと、じゃー、おなかがすく幸せのほうが欲しいので、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  りんさんのほうにつきます」」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「キミ(トリッド)の「幸せ」の先にない、ティアくんとヴィヴィーヴィさんが<br />
+<b><font>神楽</font></b>  一緒に感じられる「幸せ」のために・・・・・・勝つ!」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「そいじゃ、ま。行くとするかねぇ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> タバコがはじかれ、宙に舞う<br />
+ <br />
+ <br />
+ <br />
+Battle<br />
+ <br />
+ <br />
+ <br />
+<b>GM</b> 対話フェイズに入ります。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「トリッド……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「うん? なんだい、ティアティア君?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「これが終わって、万一お前が勝ったら……。<br />
+<b>GM</b>         やっぱり、天界へ行くつもりか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「…………。そのつもりだったんだけどね。いや――」<br />
+<b>GM</b> ちょっと微笑を止めて。しかしそれはちょっとの間でした。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「それしかないし、それだけだからね。ふふん。 そのつもりさ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………」<br />
+<b>GM</b> 少し煮えない顔です。が<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………そうか。 どちらにせよ――お前を倒す!」<br />
+<b>GM</b> 剣を、構えます。<br />
+<b>GM</b> 皆様他に何かありませんか?<br />
+<b>GM</b> と言うより、戦闘初めてですよね。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うい<br />
+<b><font>神楽</font></b> 初だね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 初めてです。<br />
+<b>GM</b> 流れはわかりますか?<br />
+<b><font>神楽</font></b> 正直、何をしたらいいか戸惑ってる。<br />
+<b>GM</b> 現在は対話フェイズなので、<br />
+<b>GM</b> 戦闘へのモチベーションを上げていく段階ですね。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> とりあえず何となくは>流れ<br />
+<b>GM</b> 既に十分なら、次に移りますよ?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> んで、まあ私は特に今は無いです<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> あ、ここでお話しておくのですか?<br />
+<b>GM</b> 戦闘に入ると、余りお話している時間はないですよ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 最後の意見交換かな。<br />
+<b><font>神楽</font></b> じゃあ、一言だけ言っとこうかな。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・トリッド」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……なんですか?」<br />
+<b>GM</b> と言うか、ティアティア君に乗ったままですか、神楽さん?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> おやw<br />
+<b><font>神楽</font></b> いや、居心地の良い乗り物だ(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> あ、そうだ。やっぱ私もこれが終わったらちょっと言っとくよ<br />
+<b><font>神楽</font></b> とりあえず、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「キミは幸せか、って前に聞いたとき<br />
+<b><font>神楽</font></b>  「羽がないのが物足りない」って言ったね?<br />
+<b><font>神楽</font></b>  ・・・・・・羽を得て、キミは幸せになれた?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「さぁ? 俺の事はどうでも良いんですよ」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「むぅ・・・・・・やっぱり、気に食わないな」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「その考え方、一回叩きなおしてやる!」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「? そうですか」<br />
+<b>GM</b> 肩をすくめて、答えます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 以上。ティアくんの背中からは機会があったら降りましょう(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「ヴィヴィさん…貴方が始めには本当は<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  何を思って皆を幸せにしようとしたかは知らないが…<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b>  ま、これが終わったら弟の幸せから考え直してくれや」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ふと、そんな呟きが漏れた<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> (ま、私はこんだけです)<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……」<br />
+<b>GM</b> 何も、言いません。<br />
+<b>GM</b> 士朗さん、何もないですか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「え、えーと、とりっどさん」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「何ですか、士朗さん?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「ごめんなさい、そっちにつかなくて」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「何の話です?」<br />
+<b>GM</b> わからない、と言うように応答します。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「今回の戦いです。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  そっちのほうが、数的に不利だから、ついても良かったんですけど」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「戦いなんて……はは。<br />
+<b>GM</b>       敵対なんかしてないんですよ、俺達はみんな」<br />
+<b>GM</b> 笑って言います。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「皆幸せになりたくて、それでちょっとわかりあえなくて。<br />
+<b>GM</b>       だから向かい合っているだけでしょう」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「なるほどー、そーですね」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「大丈夫。俺が全員を幸せにしてあげれば良い。 喧嘩や争いや、<br />
+<b>GM</b>       言い合いや憎しみ合い、殴り合いや殺し合いなんて――<br />
+<b>GM</b>       全く要らないくらいに、幸せに。 ね」<br />
+<b>GM</b> にっこりと、微笑んで。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「じゃー、こっちが勝ったら、とりっどさん、一緒に何か、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  おいしいものでも食べに行きましょう」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「勝負すらも、俺はしているつもり、ありませんよ。 でも、<br />
+<b>GM</b>       ま、そう言う事にしておいても、別に良いかもしれないですね。<br />
+<b>GM</b>       それではお望み通り、始めましょう」<br />
+<b>GM</b> 両手を広げて――<br />
+<b>GM</b> イニシアティブフェイズに移ります。<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> はい。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ういうい<br />
+<b>GM</b> ここでは戦闘の順番を決定します。<br />
+<b>GM</b> 皆様、自分が出来る方法で、どうやって他人を圧倒して先制を取るか……<br />
+<b>GM</b> 演出し、使用能力を3つまで並べて宣言してください。<br />
+<b>GM</b> 全員が終わりましたら、判定して次に移りますよ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> りょーかい<br />
+<b>GM</b> ちなみに、イニシアティブでトップを取った人が<br />
+<b>GM</b> 唯一能行動をとれます。<br />
+<b>GM</b> では、先陣切って演出したい方?<br />
+<b>GM</b> 居なければ、例証がてら私が行いますよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> お願いします。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 今書いてるんでどぞー<br />
+<b><font>神楽</font></b> お願いします。<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b>GM</b> 両腕を広げたトリッド。 <br />
+<b>GM</b> その翼……天使から得たその翼は、さらに大きく青く、輝いていく。<br />
+<b>GM</b> 形の無い彼は、時空をも駆けるその翼の力をそっくり取りこみ――<br />
+<b>GM</b> さらに自分の能力を格上げする。<br />
+<b>GM</b> ずん……<br />
+<b>GM</b> 彼の体内で、凄まじい質量の泥が生成される。 <br />
+<b>GM</b> 次の一瞬には……行動に、移れる!<br />
+<b>GM</b> 使用技能は、形無き者 創造 操作。<br />
+<b>GM</b> 全て神域で、ボーナスは+2です。<br />
+<b>GM</b> そして続けてヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> 彼女の身体は水。 彼女の能力は水。 <br />
+<b>GM</b> そして――天界の研究者としての、頭脳。<br />
+<b>GM</b> 流れる水は止められない。 <br />
+<b>GM</b> 遮るものの合間を縫って、どこまでも流れつづけていく。<br />
+<b>GM</b> そう――<br />
+<b>GM</b> それは現実の水だけではなく、概念的にも次元的にも言えるのだ。<br />
+<b>GM</b> 「水」と言う概念をもとに生成された能力は、<br />
+<b>GM</b> いかなる阻害も諸ともせずに――流れ、全てを飲み込む!<br />
+<b>GM</b> 五行使い(水) 超科学 操作 全て神域で、ボーナス+2です。<br />
+<b>GM</b> とりあえず二人分行きました。<br />
+<b>GM</b> お次、演出したい方?<br />
+<b><font>神楽</font></b> 次、いいかな?<br />
+<b>GM</b> どうぞ<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> どぞ<br />
+<b><font>神楽</font></b> では、<br />
+<b>GM</b> さくさく行きましょう。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 神具〈迦具土の血〉から、一瞬だけ力強い鼓動が響く。<br />
+<b><font>神楽</font></b> とたんに鋭くなる感覚、それは神の視点。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 間延びする時間の流れの中、体の状況を把握し次の一手を考える。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 相手の行動を先読みし、対応策を考える。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 自らの行動を決めるのに、刹那の時間さえ介在する余地はない。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 自我・感覚 社会・共感 〈降神術〉を〈神域〉で使用、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 神の力と〈第六感〉〈判断力〉で全体の行動を先読みし先に行動する。<br />
+<b><font>神楽</font></b> こんな感じでいい?<br />
+<b>GM</b> はい。ボーナス+2ですね。<br />
+<b>GM</b> ところで<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃ?<br />
+<b>GM</b> それはあれですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うい?<br />
+<b>GM</b> ティアティア君の背中の上で?(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> たははw<br />
+<b><font>神楽</font></b> のーん!!<br />
+<b><font>神楽</font></b> しまったあぁぁぁあっ!!<br />
+<b>GM</b> 降りるかどうかしないと、<br />
+<b>GM</b> ティアティアと同時行動になってしまうと思うのですけれど。<br />
+<b>GM</b> (むしろ足枷)<br />
+<b><font>神楽</font></b> い、いや! ティアくんを上手く誘導すればいいんだ!<br />
+<b><font>神楽</font></b> いざとなったら、第一行動は〈重要な行動〉にして<br />
+<b><font>神楽</font></b> 〈ティアくんから降りる〉にする!(笑<br />
+<b>GM</b> ほう<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> だははw<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b>GM</b> 麟さんどうぞ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うい<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 精霊が辺りを舞い始める、それは絢爛豪華な舞踏の踊り手たる証<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> だが、それ以上<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 己が極限まで極めた身体能力こそがその本領<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> それが、日本一であるということ<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 以上 機敏・移動 絢爛舞踏 日本一 を神域で<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 次は私?<br />
+<b>GM</b> ですね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> えーと、夜の貴族としての素早さを、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 力王によって、さらに「力」によって高めます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 夜の貴族、力王 を、神域です。<br />
+<b>GM</b> うーん<br />
+<b>GM</b> 士朗さん、もうちょっとはっちゃけても良いかもしれませんね!<br />
+<b>GM</b> ですが、まだ良いです。この先に期待。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> しろーにそんなに期待しないでやってください(笑)<br />
+<b>GM</b> ティアティア君行きましょう。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 足かせが背中にいる(笑<br />
+<b>GM</b> 神楽を背に乗せて……それでも片方だけの翼は、大きく赤く煌きます。<br />
+<b>GM</b> 戦天使――。その能力は、近接戦闘において誰にも劣らない。<br />
+<b>GM</b> 己の能力を高める神剣。それを扱いこなす剣術!<br />
+<b>GM</b> 片翼だけにすばやく動く事が可能な、皮肉な翼。<br />
+<b>GM</b> (ただし現在足枷つき)<br />
+<b>GM</b> と言うわけで、剣術と移動。神域で使用です。ボーナス+1<br />
+<b>GM</b> さて。<br />
+<b>GM</b> 判定に移りましょう。<br />
+<b>GM</b> 基本は2d6です。<br />
+<b>GM</b> 加えて、先ほどのボーナスを加算してくださいね。<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 トリッド<br />
+<b>GM</b> トリッド -&gt; 2D6+2 = [4,2]+2 = 8<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 ヴィヴィーヴィ<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6+2 = [6,6]+2 = 14<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  うわーーークリティカル!<br />
+<b>GM</b> 2d6+1 ティアティア<br />
+<b>GM</b> ティアティア -&gt; 2D6+1 = [2,2]+1 = 5<br />
+<b>GM</b> 皆様もどうぞ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 2D6+2 神楽<br />
+<b>GM</b> 神楽 -&gt; 2D6+2 = [6,2]+2 = 10<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 2d6+1 士朗<br />
+<b>GM</b> 士朗 -&gt; 2D6+1 = [6,4]+1 = 11<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ていうか6ゾロ以外無理ジャン!w<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 2d6+2 麟<br />
+<b>GM</b> 麟 -&gt; 2D6+2 = [2,5]+2 = 9<br />
+<b>GM</b> と言うわけで、ヴィヴィーヴィ先制ですね!<br />
+<b>GM</b> 能行動宣言です。<br />
+<b>GM</b> 攻撃行きます。<br />
+<b>GM</b> 対象は……全員、にしますか。<br />
+<b>GM</b> いや<br />
+<b>GM</b> 神楽さんと麟さんにしておきます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> きゃー!(笑<br />
+<b>GM</b> ごぽん……<br />
+<b>GM</b> 青く輝く液体によって構成された、ヴィヴィーの姿が波打ちます。<br />
+<b>GM</b> ばしゃぁぁぁぁぁ!!<br />
+<b>GM</b> 空間を! 空を埋め尽くすかのように広がる、大量の液体!<br />
+<b>GM</b> 次の瞬間には幾多もの刃の姿になって、<br />
+<b>GM</b> 神楽と麟へ包囲するように飛来します!<br />
+<b>GM</b> ただの刃ではない……<br />
+<b>GM</b> 天界の研究成果。 ティアティアの剣の原型となった発明。<br />
+<b>GM</b> 傷口空入りこんだその液体は、身体を内部からも切り刻む。<br />
+<b>GM</b> かすっただけで――ダメージは、計り知れない!<br />
+<b>GM</b> 五行使い(水) 超科学 操作 いずれも神域で使用。ボーナス+2です。<br />
+<b>GM</b> 受動行動お願いします。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 死活問題だぞ、ティアくん! 一蓮托生、妨害か協力をしてね!(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> こちらも、協力しましょうか。お二人に。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> さってとぉ・・・こりゃ回避かなぁ<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 協力はいつ行うのですか?<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……」<br />
+<b>GM</b> 自分を外すように攻撃してくるその液体。それを見て呟くティアティア。だが<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「って、ええ!? 僕が守るんですか!?」<br />
+<b>GM</b> 背中に向かって。(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> たははw<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「近いのはボクが打ち落とすから、回避に協力!」<br />
+<b>GM</b> 受動行動は把握できてますか?<br />
+<b>GM</b> 協力、なら……よほど困難な演出で無い限り、宣言すれば自動成功。<br />
+<b>GM</b> 対象の判定に+1できます。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 身をもって盾になるしか思いつかないなぁ、士郎だとw<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> なるほど。<br />
+<b>GM</b> 妨害の場合は、対象よりもランクが高ければ<br />
+<b>GM</b> 対象の判定にさらに-1 ですかね。<br />
+<b>GM</b> あ、妨害ではなく……邪魔ですね。 -1は。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 分かりました。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 協力行動って事で、ティアくんは回避機動で飛び回って欲しいんだけど?<br />
+<b>GM</b> おぉ?<br />
+<b>GM</b> 要するにそれは、<br />
+<b>GM</b> 自分の回避の代わりにティアティアの回避を判定しろ、と言う事ですね。<br />
+<b>GM</b> まぁ、この場合ですし、OKにしましょう。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 対象は、複数可能でしたっけ?<br />
+<b>GM</b> 皆様、行動をどうぞ。<br />
+<b>GM</b> ティアティアから行きますか?<br />
+<b><font>神楽</font></b> ん~、じゃあ、お願い。<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b>GM</b> 姉様の攻撃は明らかに神楽さんを狙っている。<br />
+<b>GM</b> だけど、神楽さんは今、僕の背中の上から動けない状態だ。<br />
+<b>GM</b> 僕が、代わりに回避するしかない!<br />
+<b>GM</b> 剣術の応用。頼りない翼をそれでも頼りにして……<br />
+<b>GM</b> ティアティアは必死に回避路を模索します。<br />
+<b>GM</b> 剣術 機敏・移動 を両者神域で使用。 ボーナス+1。<br />
+<b>GM</b> 成功したら、神楽さんへの攻撃は外れます。<br />
+<b>GM</b> 他の方?<br />
+<b><font>神楽</font></b> えっと、協力とかはこのタイミングで宣言するの?<br />
+<b>GM</b> と言いますか、宣言と演出は全て<br />
+<b>GM</b> 今行ってください。<br />
+<b>GM</b> 全員分で揃いましたら、判定に移りますので。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ういうい<br />
+<b>GM</b> 先にトリッドをやってくれというのなら、そうしますけれど?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> お願いします。<br />
+<b>GM</b> あら、そうなのですか?<br />
+<b>GM</b> ではトリッド行きますよ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 書き込み中なので、お先にお願いします。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「回避は俺が、させませんよ」<br />
+<b>GM</b> ばん っっ<br />
+<b>GM</b> 大量の土が、泥が、汚泥が。空中に広がります。<br />
+<b>GM</b> 視界が遮られる。 動きが阻害される。 身体に――こびりつくっ<br />
+<b>GM</b> 足元から溶かされて行くような感覚。全てを忘れてしまいそうな感情。<br />
+<b>GM</b> 触れた瞬間、何かが奪われていく。何かを忘れていく。 <br />
+<b>GM</b> 苦しみとか 悲しみとか 痛みとか<br />
+<b>GM</b> 幸せに――――なってゆく?<br />
+<b>GM</b> 空想具現化 形無き者 創造 を神域で使用。ボーナス+2 <br />
+<b>GM</b> 全員に邪魔です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 私も?<br />
+<b>GM</b> ですよ。<br />
+<b>GM</b> 全員の行動に邪魔です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 分かりました。<br />
+<b>GM</b> 次の方どうぞ。<br />
+<b>GM</b> どなたかー?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> りんさん、できますか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> りょーかい<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「やれやれ…先手はとられたか」そうぼやきながらもムチを取り出す<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「さてさて、どこまで迎撃できることやらっとぉ!」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> そういいながら振るわれたムチは圧倒的な速さに<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> その見た目を線から面へと変えて<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 泥も水も全てをなぎ払うかのように踊り狂う<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 機敏・移動 絢爛舞踏 日本一 を神域で使用 +2で回避<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 次、ボクいい?<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> どうぞ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> ティアくんに対する〈協力〉行動ね。<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 水の刃が、すぐ眼前を過ぎる。近い!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 高速で飛び回るティアくんだけど、全部を回避するのは無理そうだ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 当たり前。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 背中にお荷物を背負っているし泥がこびり付いて動きにくいのだから。<br />
+<b><font>神楽</font></b> せめて、その苦労を少しでも減らすべく〈協力〉する!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 社会・共感 知力・創造 〈神秘なる力〉を使用!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 地形の利用で把握した近い泥や水の刃に対し、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 作り出した炎の壁を展開する。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 以上!<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b>GM</b> 士朗さん。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> はい。<br />
+<b>GM</b> 行動お願いします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「うーん、試合ですもんね。ちゃんとやらなきゃ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 力王によって、泥や、水の流れを「ちょっとだけ」歪めて、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 神楽さんや、りんさんに、当たりにくいようにします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 協力行動です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 確か、全員にできましたよね?<br />
+<b>GM</b> ふむ<br />
+<b>GM</b> 出来ますよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> てぃあてぃあさんにもやりましょう。<br />
+<b>GM</b> 対象と、使用能力の明記をお願いします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ということで、かぐらさん、りんさん、てぃあてぃあさんに、協力。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 使用能力は、剛力・頑強、夜の貴族(力)、力王で、神域の+2です。<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b>GM</b> では、判定に移りましょう。<br />
+<b>GM</b> あれ?<br />
+<b>GM</b> 夜の貴族 かっこちから?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> あらら、ちょっと変なのがついてました。申し訳ない。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 気にしないでください。<br />
+<b>GM</b> 了解です。ヴァンパイアロードの力も使用するのですね……どうやって?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> おおっと、バンパイアの説明、抜けてますね。<br />
+<b>GM</b> 抜けているのです。(苦笑<br />
+<b>GM</b> このままですとその能力の使用は認められません。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> バンパイアは、何処をゆがめれば当たらなくなるのか、見るためであります。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> バンパイアは、心の目がありますので。<br />
+<b>GM</b> ああ、成る程。<br />
+<b>GM</b> では、判定に移りましょう。<br />
+<b><font>神楽</font></b> えっと、協力行動は変なのじゃなければ判定いらずでボーナス+1だっけ?<br />
+<b>GM</b> ですね。皆様可能そうな協力なので<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 判定はするんじゃありませんでしたっけ?<br />
+<b>GM</b> プラスされます。<br />
+<b>GM</b> 邪魔は、上回った分だけです。<br />
+<b>GM</b> 達成値が上回っているのに、低い相手から邪魔をされると言うのは、<br />
+<b>GM</b> 不思議ですから。(笑<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 ヴィヴィーヴィ<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6+2 = [5,4]+2 = 11<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 トリッド<br />
+<b>GM</b> トリッド -&gt; 2D6+2 = [5,1]+2 = 8<br />
+<b>GM</b> イマイチだなぁ……<br />
+<b><font>神楽</font></b> ティアくんは、ボクと士朗さんの〈協力〉を合わせてボーナス+2<br />
+<b><font>神楽</font></b> 麟さんは士朗さんの〈協力〉でボーナス+1だね。<br />
+<b>GM</b> ですね。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ってことは私は+3か<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 2d6+3 麟<br />
+<b>GM</b> 麟 -&gt; 2D6+3 = [6,1]+3 = 10<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・・・<br />
+<b>GM</b> 2d6+4 ティアティア<br />
+<b>GM</b> ティアティア -&gt; 2D6+4 = [5,1]+4 = 10<br />
+<b>GM</b> うわ。(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ダイス目わるい~(泣<br />
+<b><font>神楽</font></b> うそー!(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 一応、私たちもするのですか?<br />
+<b>GM</b> 全員です。<br />
+<b>GM</b> これが次のイニシアティブ判定になりますから。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 分かりました。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> では<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 2d6+2 士朗<br />
+<b>GM</b> 士朗 -&gt; 2D6+2 = [3,5]+2 = 10<br />
+<b><font>神楽</font></b> ボクも<br />
+<b><font>神楽</font></b> 2d6+2 神楽<br />
+<b>GM</b> 神楽 -&gt; 2D6+2 = [3,5]+2 = 10<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・・・<br />
+<b><font>神楽</font></b> 全員10!?<br />
+<b>GM</b> ……皆さん何だかとても仲良しさん。<br />
+<b>GM</b> です、が。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> な、何で全員10なんじゃぁ!(泣<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> すごいですねえ……。<br />
+<b>GM</b> さて。<br />
+<b>GM</b> トリッドの妨害は皆様華麗に交わしましたが<br />
+<b>GM</b> 神楽さんと麟さんはダメージですね。<br />
+<b><font>神楽</font></b> のーん、やっぱりー。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「――うわっ!」<br />
+<b>GM</b> 眼前に飛来した泥に、思わず停止するティアティア!<br />
+<b>GM</b> 水の刃が、神楽を掠めます!<br />
+<b><font>神楽</font></b> えっと、1足りないから中傷に1?<br />
+<b>GM</b> ですね。<br />
+<b>GM</b> 同じく、麟さんへと襲いかかる刃。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「ちっ、こいつぁうまくないね」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 泥に集中したせいか、水の刃を交わしきれず手足に何発か掠った<br />
+<b>GM</b> 鞭で弾かれるも……液体は止めきれません!<br />
+<b>GM</b> 入りこんだ液体は、内側で爆ぜて……丈夫な身体にもダメージを与えますね。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……」<br />
+<b>GM</b> 冷めた瞳でそれを見下ろす――ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> では、対話フェイズに移ります。<br />
+<b>GM</b> 何かお話したいこと、ありますか?<br />
+<b>GM</b> 無ければ次に進みますよ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> ん~、まだ無いからいいや!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 同じく無し~<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 思いつかないです。<br />
+<b>GM</b> では、イニシアティブ。<br />
+<b>GM</b> 先ほどの数値だけを見ます。<br />
+<b>GM</b> またヴィヴィーヴィがトップなので……彼女の行動ですね。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・それって攻撃に勝てば延々攻撃できるってこと?(汗<br />
+<b>GM</b> ですよ?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> そーいうことですね。<br />
+<b>GM</b> 逆に<br />
+<b>GM</b> 全く関係のない行動をしていても、数値が一番なら<br />
+<b>GM</b> 次の行動はその人が最初です。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> くはぁ…こいつぁすごいぜとっつぁ~ん<br />
+<b>GM</b> 能行動宣言……攻撃。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「 …… ………… 」<br />
+<b>GM</b> 何も言わずに、両手を高高と上げる青い天使。<br />
+<b>GM</b> 恐ろしくも美しく、魅惑的だが驚異的な……その姿。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……姉様。姉様! 止めてよ、姉様!」<br />
+<b>GM</b> ぴくり、とそれに反応するヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……」<br />
+<b>GM</b> 彼女の視線が、愛すべき弟へと移る。<br />
+<b>GM</b> そして……静かに目を閉じて。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……………!」<br />
+<b>GM</b> 両腕を、振り下ろした!<br />
+<b>GM</b> 青く 蒼く 藍く あおい 水の――柱!!<br />
+<b>GM</b> 何本もの巨大な、巨大な水の柱が!<br />
+<b>GM</b> 天空から降り注ぎ、周囲を圧し、潰し、砕き、流す!!<br />
+<b>GM</b> 対象……神楽 麟 士朗 そして、ティアティア。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うわっはぁ…<br />
+<b>GM</b> 使用技能は、五行使い(水) 操作 創造です。<br />
+<b>GM</b> 受動宣言に移ります。<br />
+<b>GM</b> 率先してやりたいこと、御座いますか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> んー回避かなぁ<br />
+<b><font>神楽</font></b> えっと、回避なんだけれど。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 未だにティアくんの上なのだよ(笑<br />
+<b><font>神楽</font></b> 今度はこっちが回避行動していい?<br />
+<b>GM</b> 良いですよ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> じゃあ、1番で宣言OK?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> どぞ<br />
+<b>GM</b> 後に回りたかったらそう言って下さい。<br />
+<b>GM</b> はい、どうぞ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 降りてる暇はない! というか一人ではいつか捌ききれなくなる!<br />
+<b><font>神楽</font></b> それが解っている神楽は両手を打ち鳴らし強引に術を展開する。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「イグニション!」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 小規模爆発を起こし、無理やり爆風を巻き起こす!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 片翼が風を孕み、風の動きに身をゆだね、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 錐揉み状にティアティアは降下する!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 知力・創造 社会・共感 〈神秘なる力〉を神域で使用! ボーナス+2<br />
+<b><font>神楽</font></b> 分析した状況から他人を利用し、爆発のエネルギーで回避する!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 以上!<br />
+<b>GM</b> 成る程。<br />
+<b>GM</b> ティアティア行きましょう。<br />
+<b>GM</b> 今度の攻撃対象には、自分も入っている。<br />
+<b>GM</b> 姉様にはもう……何も、届かないのだろうか。<br />
+<b>GM</b> どん!! 背後で起こる熱い爆風!<br />
+<b>GM</b> 彼は気付く。 そう――諦めてはいけないと。神楽も、支えてくれると!<br />
+<b>GM</b> 翼をはためかせ、全力で回避行動に移る!<br />
+<b>GM</b> 風を利用しながら、空気を剣で裂きながら!<br />
+<b>GM</b> 神剣 剣術 機敏・移動。全て神域。ボーナス+2で回避です。<br />
+<b>GM</b> お次の方?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 先にやってもいいけど<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> トリッド頼める?<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ども<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「何かから逃避する。逃げる。その行動自体は、苦痛……だけど」<br />
+<b>GM</b>       どこまでもそこから、逃れられたなら。それも、一つの幸せ、です」<br />
+<b>GM</b> どん<br />
+<b>GM</b> どん どん どん どん どん どん!<br />
+<b>GM</b> さっき落とされた泥が、周囲の地面も飲み込み……<br />
+<b>GM</b> 次々と、あの天使像がそこから現れます。<br />
+<b>GM</b> 突き抜けたような笑い顔。汚泥そのままの身体。<br />
+<b>GM</b> 皆を抱きしめるように。<br />
+<b>GM</b>             引き摺り込むように。<br />
+<b>GM</b> 残滓を核に製作されたそれらは、人々に向かって両腕を広げます。<br />
+<b>GM</b> 天使の抱擁か。<br />
+<b>GM</b> それとも――束縛か。<br />
+<b>GM</b> 否。 全てからの、解放かもしれない。<br />
+<b>GM</b> 神楽、ティアティア、麟、士朗に邪魔です。<br />
+<b>GM</b> 使用技能は、空想具現化、形無き者、創造……全て神域。<br />
+<b>GM</b> ボーナス+2です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 次は私?<br />
+<b>GM</b> 麟さんがよろしいのなら、士朗さんです。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> あ~ならお先どうぞ<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> はい。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 水の柱に砕かれるが、それより速く再生してゆく!<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ってことで、回避?<br />
+<b>GM</b> か、回避になってないようなきがするんですけれど!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> だははw<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> どっちかっつーと防御?w<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> まー、ダメージを受けてなければ回避です!<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ってことで<br />
+<b>GM</b> 防御で、血のガードとかやりませんか?(苦笑<br />
+<b>GM</b> もしくは力王で、力で弾き返すとか。<br />
+<b><font>神楽</font></b> っていうか、もっと吸血鬼らしくしましょうよ(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> いや…その、うん<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> このままだと、私、アイデンティティの再生力、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 使えなさそうなんですもの(笑)<br />
+<b>GM</b> 士朗さん良いですねぇ……<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 吸血鬼らしいよ!ずっとさ!w<br />
+<b><font>神楽</font></b> 伯爵は置いておいて(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ってことで、使用能力は、<br />
+<b>GM</b> 不満でなければそれで良いですよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ありがとうございます。<br />
+<b>GM</b> 使用能力は?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 剛力・頑強、夜の貴族、再生者で、全て神域で、+2です。<br />
+<b>GM</b> 防御として取ってよろしいですか?<br />
+<b>GM</b> ダメージを受けたところに再生力を集中させ、瞬時に回復していく、と言う。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> はい。防御として取ってください。<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> んじゃ、私かな<br />
+<b>GM</b> です。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「ったく」そうぼやきながらカードの束を取り出して<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「本来こういう用途じゃないんだってのに」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 泥の天使の群れに投げ込んだ数枚のカードが<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ありえない機動をとりつつ牽制をし<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 今は踊りを回避に専念させてもらう<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 機敏・移動 絢爛舞踏 日本一 を神域で使用 +2で回避<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b>GM</b> 判定に移りましょう。<br />
+<b>GM</b> 皆様ご自分の回避に精一杯。<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 ヴィヴィーヴィ<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6+2 = [4,4]+2 = 10<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・・・<br />
+<b>GM</b> ……強い。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うがぁあああああ(泣<br />
+<b>GM</b> 彼女強い。(苦笑<br />
+<b><font>神楽</font></b> うそん。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> あははははは……<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・あはは…こりゃ普通に負けるかもなぁ…<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 トリッド<br />
+<b>GM</b> トリッド -&gt; 2D6+2 = [2,5]+2 = 9<br />
+<b>GM</b> トリッド弱い……(苦笑<br />
+<b><font>神楽</font></b> 逆だよ、普通(笑<br />
+<b>GM</b> 2d6+2 ティアティア<br />
+<b>GM</b> ティアティア -&gt; 2D6+2 = [2,4]+2 = 8<br />
+<b>GM</b> トリッドの邪魔を受けて、最終達成値7ですね。<br />
+<b><font>神楽</font></b> ティアくんが死ぬー!<br />
+<b>GM</b> 皆様どうぞ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 2d6+2 麟<br />
+<b>GM</b> 麟 -&gt; 2D6+2 = [3,4]+2 = 9<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・・・目が悪い<br />
+<b><font>神楽</font></b> 2d6+2 神楽<br />
+<b>GM</b> 神楽 -&gt; 2D6+2 = [2,1]+2 = 5<br />
+<b><font>神楽</font></b> うそだー!<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> DPは、ここで使用するのですか?<br />
+<b>GM</b> ここですと<br />
+<b>GM</b> エース・イン・ザ・ホール効果が宣言できますね。<br />
+<b>GM</b> 振る前でしたら、トゥルー効果かもしくは、達成値に+1を宣言できます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 分かりました。今回は普通に振ります。<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 2d6+2 士朗<br />
+<b>GM</b> 士朗 -&gt; 2D6+2 = [2,3]+2 = 7<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 出目で殺される……。<br />
+<b>GM</b> トリッドの邪魔を受けます。最終達成値、6<br />
+<b><font>神楽</font></b> DP使わないと全員死ぬんじゃない?(汗<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・・・出目で死ぬなぁこりゃ<br />
+<b>GM</b> というか全員、また食らってる……(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> つったって今回は向こうが神威入ってるし…<br />
+<b>GM</b> ですね。<br />
+<b>GM</b> 回避しようと飛びまわるティアティア。<br />
+<b>GM</b> しかし……視界に天使達が映る。<br />
+<b>GM</b> トリッドが……そして、本当は、姉様の狙いで。<br />
+<b>GM</b> 泥人形と化してしまった、天使達。その事実を目の前に突きつけられ……<br />
+<b>GM</b> 思わず、速度が落ちる。<br />
+<b>GM</b> 降り注ぐ――何トンもの液体。彼は、飲み込まれた!!<br />
+<b>GM</b> 演出も各自どうぞ。<br />
+<b>GM</b> 何ならメタメタに、私が演出しちゃいますけれど?<br />
+<b>GM</b> 少しでも矜持を残したいのなら。皆様に任せます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> この場面、運切で切り抜けるとかは出来ない?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> えーと、ダメージは達成値との差ですか?<br />
+<b>GM</b> ちなみに、神楽さんと士朗さんは、<br />
+<b>GM</b> トリッドの天使像の邪魔を受けますので……演出に加味してください。<br />
+<b>GM</b> ええと、ですね。<br />
+<b>GM</b> ダメージは<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 私とティアが重傷、お二人は致命かな?<br />
+<b>GM</b> ティアティア君は重症。<br />
+<b>GM</b> そうですね。<br />
+<b>GM</b> 麟・ティアは重症。神楽・士朗は致命です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 分かりました。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  んーーピンチなら、参戦しにいこうか?<br />
+<b>GM</b> 出張らないで下さいよ、ゆぜさん。(苦笑<br />
+<b>GM</b> 貴方は出目が素敵ですし……怖いです。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 正式なPLはうちらですしねぇ(苦笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  まあ余計なお世話かw 頑張って運切りで乗り切ってください~~<br />
+<b>GM</b> ちなみに<br />
+<b>GM</b> 運切はいつでも宣言可能ですよ。<br />
+<b>GM</b> 格好良くスタイリッシュに、理に適って感銘を受けるような演出さえあれば<br />
+<b>GM</b> いつでもどこでも何度でも(DPがある限り)、使えます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> う~、致命って動けたっけ?<br />
+<b>GM</b> ああ、ダメージは<br />
+<b>GM</b> 行動に影響しませんよ。<br />
+<b>GM</b> 死亡すると、流石に何もできませんけれど。<br />
+<b>GM</b> 半身吹っ飛んでいても、死んでいなければ行動できます。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> んじゃま、今はおとなしく食らいますか。まだまだ死んでるわけでもないし<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> おとなしく頂きます。ダメージ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ただ、次何かあったらさすがに運切らんと死にますなぁ…<br />
+<b><font>神楽</font></b> う~、まだいけるはず! 食らっとこう!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「ちっ、このっ、邪魔だっつってんだよ・・・っとお!?」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> カードとムチを振るい天使から距離を取り続けるも足元に影を見る<br />
+<b>GM</b> 規模が――――でかいっ!!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「っとぉ!しまったかなぁ、こりゃ」軽く帽子を押さえて<br />
+<b>GM</b> どぉぉん!! 建っていた建物ごと押しつぶされ、麟の姿は見えなくなります。<br />
+<b>GM</b> 神楽さん、士朗さんも飲み込まれます……。よろしいですね?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> OKです。というか、しろーは最初から飲まれてましたが(笑)<br />
+<b><font>神楽</font></b> まった。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> あら?<br />
+<b>GM</b> 待ちます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 今、演出が出来ました。<br />
+<b>GM</b> 流してください。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 急旋回するティアくんの動きが、急激に止まる。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 眼前に迫るのは泥天使。完全に捕らえられた!<br />
+<b><font>神楽</font></b> その瞬間、背中から叩きつけられる衝撃は筆舌に尽くしがたく。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 視界が、青く蒼く藍く、赤く紅かあかアカあかッッ!!!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 自慢だったポニーテールがはじけとび、背中がえぐられ、視界が赤く染まり、<br />
+<b><font>神楽</font></b> ティアくんの背中が―――遠ざかる。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 落下。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 以上!<br />
+<b>GM</b> 了解です!<br />
+<b><font>神楽</font></b> ようやく降りたよ!<br />
+<b>GM</b> 士朗さんは、気付きますね。<br />
+<b>GM</b> 普段の回復力が……負けている、と。<br />
+<b>GM</b> 肉体の再生を阻害するような物質が<br />
+<b>GM</b> この液体には含まれていると!<br />
+<b>GM</b> 屍士朗。 驚異的にして圧倒的勝つ絶対的な再生能力を持っていた彼は、<br />
+<b>GM</b> 初めて――致命傷を受けます。<br />
+<b>GM</b> 問題無ければ、次に移行しますよー?<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃ!<br />
+<b>GM</b> 士朗さん、麟さん良いですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うい<br />
+<b>GM</b> 士朗、さん?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> あ、すみません。OKです。<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b>GM</b> 対話フェイズ……皆様、虫の息かもしれませんけれど<br />
+<b>GM</b> 何か話したい事はありますか?<br />
+<b><font>神楽</font></b> 半死半生なもので(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・何か話したほうがいいなこりゃ。せめて狙いを絞らせんと(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「やれやれ…ちょっと中身でちゃったじゃんか…」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 血を吐き捨ててヴィヴィを見据える<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………かっ はぁ…………」<br />
+<b>GM</b> 地面に叩きつけられて……青い海。泥の混じった<br />
+<b>GM</b> それこそ青い海に揺られながら、ティアティアは意識を取り戻します。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「けれど、まだまだくたばる気はないぜぃ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> アバラの2,3本は折れて、刺さっている感覚はあるが。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> それでもニヤリと笑って<br />
+<b>GM</b> 苦い水。渋い水。苦しい水。悲しい水。切ない水。締めつける水。<br />
+<b>GM</b> 涙のような、水……<br />
+<b>GM</b> そんな、真っっっ青な、海――――<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ね……姉様……」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 生きているのか(いや、生きてるけど)<br />
+<b><font>神楽</font></b> 全身血まみれでうつ伏せに倒れたまま、ぴくりとも動きません。<br />
+<b>GM</b> と、それに気付いたティアティア。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽……さん、だ、大丈夫…………ですか?」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・・・・」<br />
+<b>GM</b> 爛れた翼で、どうにか近寄り、声をかけます。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 反応はない。血だまりだけが脈動に合わせて広がっていく。<br />
+<b><font>神楽</font></b> まだ生きてはいる。けれど・・・・・・。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽……さん…………」<br />
+<b>GM</b> 支えてくれた神楽も、倒れてしまった。<br />
+<b>GM</b> 赤々とした傷が、どうしようもなく痛々しい。<br />
+<b>GM</b> もしかしたら。いや、きっと、確実に?<br />
+<b>GM</b> 自分の、せいなのではないかと。<br />
+<b>GM</b> そう思えてきてしまう。<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィの体を構成しているのと同じ、悲しく切ない液体に包まれ<br />
+<b>GM</b> ……ティアティアの心も沈んで行く。<br />
+<b><font>神楽</font></b> その時。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・ィア・・・ん・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> かすかな・・・・・・本当にかすかな呟き。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br />
+<b>GM</b> 皆無な表情で、それを見下ろしています。<br />
+<b>GM</b> 上空に浮かぶ天使は、冷ややかに……いや、その表情すらも無く。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「か、神楽さん……」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 神楽は動いていない。うつ伏せのまま、傷も治っておらず、<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽さん、大丈夫ですか?」<br />
+<b><font>神楽</font></b> けれど・・・・・・その手が地面を強く掴む。<br />
+<b><font>神楽</font></b> まだ、やれる、と。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ごめんなさい……ごめんなさい。<br />
+<b>GM</b>         ごめんなさい。僕の、せいで……」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・がう・・・くんの・・・いじゃ・・・い」<br />
+<b><font>神楽</font></b> か細い息を途切れさせながら、言葉をつむぐ。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「僕が避けきれなかったから。<br />
+<b>GM</b>         あそこで止まってしまったから……」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・れに・・・まだ・・・・・・ってない・・・・・・」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「いや……最初から、頼りなんかさえ、しなければ…………」<br />
+<b>GM</b> ぶつぶつ、と。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 届かない言葉。それでも、あきらめるという事をしない。<br />
+<b><font>神楽</font></b> あきらめたら、あきらめてしまったら!<br />
+<b><font>神楽</font></b> ・・・・・・というところで、ボクの会話は終わりかな?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「てぃあてぃあさんは、降参ですか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……え。 し、士朗さん……?」<br />
+<b>GM</b> ふりかえって、ぎょっとします。<br />
+<b>GM</b> 士朗の身体の大半は、欠けている。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> しかし、まだまだ元気なように、振舞う。<br />
+<b>GM</b> ぶちぶちと、傷口が回復をしようとして<br />
+<b>GM</b> ……しかし、それはいつものように稼動していないようで。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「し、士朗さんまで! ……ぼ、僕は…………」<br />
+<b>GM</b> 何も言えないように、俯きます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「降参するなら、いいんですよ?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……え?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「諦めるなら、それも、いいでしょう」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさん、諦められるなら」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「お姉さんのこと、諦められるなら」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉、様…………」<br />
+<b>GM</b> さらに俯いて。そして、顔を上に向けて。<br />
+<b>GM</b> そこには――《生きし青藍》ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ………… 」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「あ…………あぁぁ……<br />
+<b>GM</b>         あ、諦めきれるわけ、無いじゃないですか……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「じゃー、がんばってくださいな」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………軽いですね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「これは試合ですから」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「私にとっては」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「試合、ですか……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「勝てば、幸せ。負ければ、不幸」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「ルールは、自らの力をぶつけ合うだけ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「実に簡単な試合(ゲーム)」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「軽く考えてもだいじょーぶです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ゲーム。 でも、僕には…… <br />
+<b>GM</b>         ……ゲームオーバーは、許されません」<br />
+<b>GM</b> 剣を握る拳に、力を込めます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……その試合。そろそろ決着だと俺は思いますよ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「いやいや、まだまだこれからさ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「日本一の幸せの作り方。見せずにいくわけにはいかないもんでねぇ…」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 後ろの仲間を守るためか、堂々と立ち<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「まだまだだいじょーぶですって。ちょうど五分五分位ですよ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「そして、これが。この涙の海があんた自身だってんなら…なおさらだ!」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> と、ヴィヴィに語りかけるように<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「日本一? 五分五分?」<br />
+<b>GM</b> わからない。 何を言っているんだろう。 こんな苦しみの中で。<br />
+<b>GM</b> ナニガ タノシクテ ワラウンダロウ。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ………… 」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「――まぁ、最初から決まっていた事です。<br />
+<b>GM</b>       そろそろ――貴方達を。皆を。この町を、幸せにして」<br />
+<b>GM</b> タトエ ソレガ ジシンノハメツヲ サシテイルノダトシテモ<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「――俺は天界へ飛んで。そこを幸せにしますよ」<br />
+<b>GM</b> モクテキノタメニ ツクラレタ ノデハナク<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺はそのために作られた。<br />
+<b>GM</b>       俺はそのために存在する。 それが――トリッドですからね」<br />
+<b>GM</b> ケッカニアワセラレタ モクテキダッタ ノダトシテモ<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィが翼を広げ両腕で自分を抱く。<br />
+<b>GM</b> トリッドが微笑を広げ思想で自分を抱く。<br />
+<b>GM</b> 戦闘に移りますよ。<br />
+<b>GM</b> イニシアティブ。 またヴィヴィーヴィが先制です。<br />
+<b>GM</b> 能行動宣言。……譲渡。トリッドに行動を譲渡します。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> う~い<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> っと<br />
+<b>GM</b> 能行動宣言。トリッド。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「それでは皆様。幸せへの準備は出来ましたか?」<br />
+<b>GM</b> ごご ごご ごご ご ごん<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「おなかがすいているので、OKです!」<br />
+<b>GM</b> 地面が震えます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「この地を――」<br />
+<b>GM</b> ず ず ず ず ず ずん<br />
+<b>GM</b> 周囲から、くすんだ黒。滲んだ茶色。ドロドロとべたべたとした――<br />
+<b>GM</b> 大量の泥が。大量の――――シアワセが!!<br />
+<b>GM</b> 盛り上がり、押し寄せてきます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「喜びと嬉みと楽しみと快さと愉悦と愉快と享楽と歓喜と<br />
+<b>GM</b>       ――幸福に幸福で幸福が幸福な、幸せに――<br />
+<b>GM</b>       満  ち  溢  れ  さ  せ  ま  す」<br />
+<b>GM</b> ず しゃ ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!<br />
+<b>GM</b> 全ての泥が何もかも飲み込み!<br />
+<b>GM</b> 降り注ぐ押し寄せる!<br />
+<b>GM</b> 巻きこんで、巻きこんで、巻きこんで、巻きこんで――押し、潰して。<br />
+<b>GM</b> 空想具現化 形無き者 創造 全て神域で。<br />
+<b>GM</b> そしてトゥルー効果使用。<br />
+<b>GM</b> ボーナス+2 ダイス3つです。<br />
+<b>GM</b> 皆様に、攻撃、です。<br />
+<b>GM</b> (ヴィヴィーヴィ除く)<br />
+<b><font>神楽</font></b> GM! ここで&lt;運切&gt;を発動する!<br />
+<b>GM</b> 叫んでください。<br />
+<b>GM</b> 見よ、と。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 見よ!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 熱が、ある。<br />
+<b><font>神楽</font></b> つまり生きている。なぜ?<br />
+<b><font>神楽</font></b> 人間なのに。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 体中が熱い。焼け付きそうに熱い。<br />
+<b><font>神楽</font></b> けれど生きている。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 人間なのに。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 〈迦具土の血〉が、脈動している。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 迫り来る死。それに抗え、と。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・るさ・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「うる・・・い・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。抗え。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・うる・・・さいっ!!」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 血は止まらない。痛みは引かない。熱は臓腑を焼く。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 人間だから。けれど、けれども・・・・・・<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・ク・・・は、まだ・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 人間なのに。人間だから?<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・ィアくん・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 協力すると、約束した。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 力を貸すと、元気づけた。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・ィアくん・・・ティアく・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 泣きそうな顔を覚えている。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 絶望した顔を覚えている。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 笑顔は・・・・・・まだ強張ったものしか、知らない。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 熱い。まだ形をとってすらいない想いがある。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 熱い。自分でも気づいていない気持ちがある。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 熱い。魂が止まる事を許さない!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 人間でも。人間なのに。人間だから!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 生まれつきの力なんてない!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 非力で、脆弱で、けど、けれど、けれども!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 魂は、誰よりも熱く在れ!!<br />
+<b><font>神楽</font></b> <br />
+<b><font>神楽</font></b> 光の柱が、神楽を中心に立ち上る。<br />
+<b><font>神楽</font></b> それは力。純粋な力。神の力。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 瞬く間にトリッドの泥―――シアワセ飲み込み―――そして消し去る。<br />
+<b><font>神楽</font></b> そして、光はティアティア、麟、士朗をも飲み込み、<br />
+<b><font>神楽</font></b> その傷の全てを癒した。<br />
+<b><font>神楽</font></b> <br />
+<b><font>神楽</font></b> 自身の傷は塞がっていない。今も血を流し続けている。<br />
+<b><font>神楽</font></b> けれど、神楽は立ち上がる。<br />
+<b><font>神楽</font></b> ・・・・・・&lt;迦具土の血&gt;が、一つ脈動した。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 〈降神術〉 &lt;神秘なる力&gt; 自我・感覚を神域で使用!<br />
+<b><font>神楽</font></b> その身を仮の神として、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 生みの親であり神生みの神すら焼き尽くした炎が全ての攻撃を焼き尽くす!<br />
+<b><font>神楽</font></b> そして、自身の血肉から数多の神を生み出した受肉の力で皆を治す!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 想いの強さが、火をつける!<br />
+<b><font>神楽</font></b> ・・・・・・自分は致命のままだけど。<br />
+<b><font>神楽</font></b> さ、どうだ!<br />
+<b>GM</b> ふむ<br />
+<b>GM</b> ジャッジの前に、少し質問です<br />
+<b><font>神楽</font></b> はい。<br />
+<b>GM</b> 能力を使用、とありますけれど<br />
+<b>GM</b> 運切ですよね?<br />
+<b><font>神楽</font></b> 演出の説明付けみたいなもんです。<br />
+<b><font>神楽</font></b> こういう能力からこの効果の運切が起こった、といった感じの。<br />
+<b>GM</b> ああ、成る程。かえってくどくなるので、要りませんよ。(苦笑<br />
+<b><font>神楽</font></b> 効果としては、トリッドの攻撃キャンセルと皆の傷を0に戻す。<br />
+<b><font>神楽</font></b> そんな感じだ、さあジャッジ来い!(笑<br />
+<b>GM</b> 成る程です。<br />
+<b>GM</b> ジャッジ行きましょう。<br />
+<b>GM</b> うーん……そうですね。* と言ったところです。<br />
+<b>GM</b> 皆様の判断どうぞ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うむむ…私も * で<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 私も*、で。<br />
+<b>GM</b> ほう。<br />
+<b>GM</b> 神楽さん自身で決定なのですね。<br />
+<b><font>神楽</font></b> ま、マジですか(笑<br />
+<b>GM</b> さぁ、どうぞ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> っていうか、この状況で否決に入れたらボクは馬鹿だろ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 悪いけど、+だ。<br />
+<b>GM</b> 了解です。<br />
+<b>GM</b> 泥を。<br />
+<b>GM</b> 幸せの――泥を。<br />
+<b>GM</b> 飲み込む、光。 掻き消す、光。<br />
+<b>GM</b> 熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く熱く!<br />
+<b>GM</b> 焼き尽くす! 焼き焦がす! 神の――<br />
+<b>GM</b> ――人の――!<br />
+<b>GM</b> チカラ――――!!<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「…………!!!?」<br />
+<b>GM</b> 押し寄せていた泥は消え失せた。 自らの思いは砕かれた。<br />
+<b>GM</b> トリッドは、それを認識し、自覚した――が。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「…………それでも、俺も。諦めはしないんですよ」<br />
+<b>GM</b> 引き攣ったように、それでも笑いました。<br />
+<b>GM</b> 可決です。<br />
+<b>GM</b> ええと、トリッドの行動がキャンセルされてしまったんですよね。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ですねぇ<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> んで、私たちの傷が回復?<br />
+<b>GM</b> と言う事は、イニシアティブから再開?<br />
+<b><font>神楽</font></b> じゃないかな?<br />
+<b>GM</b> ええ。振り出しに戻った感じです。(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 本当ですね(笑)<br />
+<b>GM</b> 光が……晴れて行く……<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……こ、れは? か、神楽さん?」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・ティアくん」<br />
+<b><font>神楽</font></b> 多くは語らない。語れない。けれど、一言だけ、<br />
+<b><font>神楽</font></b> 「・・・・・・頑張ろう」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……はい!」<br />
+<b>GM</b> と<br />
+<b>GM</b> 神楽さんの傷は治ってないんですよね?<br />
+<b>GM</b> 致命傷?<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 満身創痍(笑<br />
+<b>GM</b> ……大変ですね。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「♪ヒュゥ やるねぇ…神楽」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 後ろの神楽の様子はわかる <br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> だからこそ、振りかえる必要は無い いまは、ただ<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……回復してしまったみたいですね。でも、まだまだ。<br />
+<b>GM</b>       終わりじゃないですよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…… ……」<br />
+<b>GM</b> なにも言わず――<br />
+<b>GM</b> イニシアティブフェイズに移りましょう。<br />
+<b>GM</b> 一度バトルが切れたので、行動宣言からお願いしますね。<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィとトリッドを先に行いますか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> いや、今度はこっちから振ろう<br />
+<b>GM</b> どうぞ。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> さっきからそっち先にして何かダイス目まけてるしw<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> んで、これは演出入れるの?<br />
+<b>GM</b> 当然です。<br />
+<b>GM</b> 一番最初と同じように判定します。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> おーらい<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「仕切りなおし…っていうにはちょっちアレだけど」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 胸元からタバコを取り出してくわえ<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 「それでも、諦めはしないぜ」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> そう世界に宣言することが、彼女の力になる<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 生きる、とは。世界に向かって「俺はここにいるぞ!」<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> と叫び続けることだと、彼女は思う<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> その思いが、力になると信じて<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 絢爛舞踏 機敏・移動 自我・感覚 神域で+2<br />
+<b>GM</b> 格好良いイニシアティブと乗り方ですねぇ……<br />
+<b>GM</b> の、取り方。<br />
+<b>GM</b> 次の方?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> これでダイス目がのればねぇw<br />
+<b>GM</b> いらっしゃいませんか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> あ、じゃあ私で。<br />
+<b>GM</b> はい。<br />
+<b>GM</b> どうぞー?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> しろーは、動かずに、バンパイアの目で隙をうかがい、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 力王の力を使うときを待つ……。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ってことで、<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 夜の貴族と、力王で、神域の+1です。<br />
+<b>GM</b> ふむ。 了解です。<br />
+<b>GM</b> 神楽さん行きますか?<br />
+<b><font>神楽</font></b> んじゃあ、ボク。<br />
+<b>GM</b> どうぞ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 1歩。ただ1歩踏み出すだけがえらく辛い。<br />
+<b><font>神楽</font></b> けれど、その一歩は確実に相手に近づく一歩。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 捕らわれず、ただ前に。<br />
+<b><font>神楽</font></b> そこに仲間が待っているから。<br />
+<b><font>神楽</font></b> &lt;降神術&gt; 自我・感覚 社会・共感を使用。神域でボーナス+2<br />
+<b><font>神楽</font></b> その身を支えるのは神の力、自身の想いの強さ、そして仲間への想い!<br />
+<b><font>神楽</font></b> 以上!<br />
+<b>GM</b> 成る程(笑<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ――……―― 」<br />
+<b>GM</b> 端から、崩れて行く。<br />
+<b>GM</b> 消えて行く、ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> 否。 その身体は液体だ。<br />
+<b>GM</b> 蒸発しているのだ。<br />
+<b>GM</b> 蒼い液体は、別になにかを溶かしているわけではない。<br />
+<b>GM</b> それ自身が、そう言う物質。 つまり。 蒸留されようと、性質は変わらない。<br />
+<b>GM</b> そして――完全に気体となり、周囲に散らばってしまえば<br />
+<b>GM</b> ……その姿を捉えられるものなど、誰も居なくなる。<br />
+<b>GM</b> 五行使い(水) 超科学 操作。神域で使用です。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……、まさか。まさか、止められるとは思ってませんでした。<br />
+<b>GM</b>       だけど、俺は諦めませんよ。 諦められないんです。<br />
+<b>GM</b>       皆を幸せにしなくてはならない。ふふ、もう――<br />
+<b>GM</b>       言い飽きたし、聞き飽きたかもしれませんね」<br />
+<b>GM</b> 微笑んで。<br />
+<b>GM</b> 空中に散らばった水蒸気。 その水分に含まれていた泥が……<br />
+<b>GM</b> 形を成していく。<br />
+<b>GM</b> 何体ものトリッド。 どれが本物の彼だかはわからない。<br />
+<b>GM</b> いやいや……全てが彼なのだ。この街は既に――彼の体の中なのだ。<br />
+<b>GM</b> 形無き者 操作 創造 神域で使用です。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……」<br />
+<b>GM</b> 姿の見えなくなった彼女に呼びかける。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様が、本当は何を考えていたのか。<br />
+<b>GM</b>         本当は何を考えているのか、わからない。<br />
+<b>GM</b>         だけど姉様は言ってくれた。僕が、誇りだって。<br />
+<b>GM</b>         それだけは、信じても良いって。だから――<br />
+<b>GM</b>         僕も言うよ。姉様が大好きだ。<br />
+<b>GM</b>         姉様を――助けたい!!<br />
+<b>GM</b>         そして、僕を……手伝ってくれる人達がいる!<br />
+<b>GM</b>         トリッド! 僕も諦めないよ。<br />
+<b>GM</b>         姉様を返してもらう。お前の望みは、認めない」<br />
+<b>GM</b> 赤き翼を。<br />
+<b>GM</b> 天使の片翼を広げ<br />
+<b>GM</b> ……剣を――きっと運命も未来も切り開くだろう、剣を掲げ――<br />
+<b>GM</b> 飛ぶ。 駆ける。 《チギレタ断片》。<br />
+<b>GM</b> 神剣 機敏・移動 操作 それぞれ神域で使用です。<br />
+<b>GM</b> 時間をかけてしまってすみませんでした。判定に移りましょう。<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ういうい<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃっす!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 先手ひっしょー無心でごー<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 2d6+2 麟<br />
+<b>GM</b> 麟 -&gt; 2D6+2 = [4,3]+2 = 9<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 2d6+1 士朗<br />
+<b>GM</b> 士朗 -&gt; 2D6+1 = [1,3]+1 = 5<br />
+<b><font>神楽</font></b> 2d6+2 神楽<br />
+<b>GM</b> 神楽 -&gt; 2D6+2 = [5,1]+2 = 8<br />
+<b><font>神楽</font></b> きゃー!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> やっときたッしかも目はまたもひどいッ!(泣<br />
+<b><font>神楽</font></b> なんなの、この死んだ出目はッ!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・ちょっと、死んできます(泣<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> もうだめだ……ダイス神が私たちを殺そうと、いや! 滅ぼそうしているっ!<br />
+<b>GM</b> 2d6 トリッド<br />
+<b>GM</b> トリッド -&gt; 2D6 = [1,3] = 4<br />
+<b>GM</b> トリッドも死んでる(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・それはいつものことだw<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> 問題は・・・<br />
+<b>GM</b> 2d6 ヴィヴィーヴィ<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6 = [5,6] = 11<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ほれ<br />
+<b>GM</b> おい!<br />
+<b><font>神楽</font></b> やっぱりー!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  あはははははははあw<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 何でーーーーーー!?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> だぁから・・・<br />
+<b><font>神楽</font></b> ヴィヴィーヴィ強すぎ!<br />
+<b>GM</b> 2d6 ティアティア<br />
+<b>GM</b> ティアティア -&gt; 2D6 = [6,2] = 8<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ・・・GMゥ!!!(泣<br />
+<b>GM</b> ……神様、ヴィヴィーヴィ好きなのでしょうか?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> ちょ、まじ勘弁w<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> ヴぃヴぃーヴぃさんを、戦闘せずに助けろという、神のお告げ?(笑)<br />
+<b>GM</b> うーん?<br />
+<b><font>神楽</font></b> DP3点使用で達成値に+2ってなかったけ?<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> あ~こりゃもう運切で何とかしたほうがよさそうだねぇ…<br />
+<b>GM</b> できますよ。<br />
+<b><font>神楽</font></b> 振った後でも?<br />
+<b>GM</b> エースインザホール効果。<br />
+<b>GM</b> 振った後にのみ宣言可能です。<br />
+<b>GM</b> 加えて、重複ですね。<br />
+<b>GM</b> あ<br />
+<b>GM</b> +2忘れてたっ!<br />
+<b>GM</b> トリッド6、ヴィヴィーヴィ13、ティアティア10ですね!<br />
+<b><font color="#006600">麟 </font></b> うん…<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 勝てない……。<br />
+<b><font>神楽</font></b> う~、+4は欲しいけど、6点は意外と痛い。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> これは、反逆で倒す?<br />
+<b>GM</b> ……行動宣言行きますよ?<br />
+<b><font>神楽</font></b> うぃ。</p>
+<center><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/17.html">Back</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/20.html">Next</a></center>