「Climax-2」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Climax-2」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
-<p align="left"><br>
-<br>
-<b>GM</b>   さて――<br>
-<b>GM</b>   前回までのところは大丈夫ですね?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   はい、致命~。<br>
-<b>GM</b> イニシアティブを(またしても)ヴィヴィーヴィが取ったところです。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   でしたねえ。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   ういうい<br>
-<b>GM</b>   神楽さんは致命傷<br>
-<b>GM</b>   他の方は全回復中です。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 次は先手が取れるように、DP使っていくよ。<br>
-
-<b>GM</b>   運切ってく方法もありますけれどね。(笑<br>
-<b>GM</b>   では<br>
-<b>GM</b>   能行動宣言です。<br>
-<b>GM</b> ……イニシアティブの時点で、空気中に気体として散ったヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>   次なる行動は……攻撃、ですね。<br>
-<b>GM</b>   …… …………  ……………………<br>
-<strong>GM</strong>
- 姿は見えない。 声も聞こえない。 しかし――<br>
-<b>GM</b>   命の気配は、する。<br>
-<strong>GM</strong>
- 攻撃対象となったのは、神楽、麟、士朗……ティアティア。<br>
-
-<strong>GM</strong>
- 彼らは命がある。 生きている。 それ故に、呼吸する。<br>
-
-<strong>GM</strong>
- 呼吸と言うのは外気を体内に取りこむ行為――外気の、水蒸気をも。<br>
-
-<b>GM</b>   そしてヴィヴィーヴィは……<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……………………」<br>
-<strong>GM</strong>
- 体内で結露し、内側から全員の体組織を――破壊する!!<br>
-
-<strong>GM</strong>
- 静かなる、そして確実なる、避けようもなければ防ぎようもなく、耐えようもない<br>
-
-<strong>GM</strong>
- どうしようもない、内側からの斬殺攻撃!!<br>
-<strong>GM</strong>
- 五行使い(水) 超科学 操作 全て神域で使用。 ボーナス+2です。<br>
-
-<b>GM</b>   受動行動に移りましょう。<br>
-<b>GM</b>   先人を切る方ー?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   ボク、行こうか?<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   ではどうぞー<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   お願いします。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 不思議な感覚が身を包む。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 今までにも迦具土を身に降ろした事はあったけれど、それとは違う。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   全てがわかる。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   微かな風揺らぎ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  デコボコになった大地の起伏。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  その全てを、掌握している。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  まだ傷は痛いし、全力で動くなんて無理だけど。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  今は―――なにも当たらない気がする。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  〈降神術〉 社会・共感 自我・感覚を神域で使用! <br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  神の感覚セブンセンシズは全てを読み取る!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>  見えざる霧すら例外ではない!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   以上!<br>
-<b>GM</b> 成る程。 自然界と共感しているのですね。<br>
-
-<b>GM</b> ただし、霧は避けられても水蒸気は避けられるでしょうか?(くすり<br>
-
-<b>GM</b>   回避、ですね?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   うい。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> んでは、次は私がいきますかねぇ<br>
-
-<b>GM</b>   はい<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「さってとぉ、コイツで何処までいけるやらっと」<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> ムチが唸る<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> ムチが唸る<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> その音の感覚はどんどんと短くなっていき<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> ―――風が吹いた<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 避けられないなら、吹き飛ばしてでもッ<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 絢爛舞踏 日本一 [機敏・移動] 神域で+2<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> 以上<br>
-<b>GM</b>   回避ですか?<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   っと、回避です<br>
-<b>GM</b>   了解です。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   次は私?<br>
-<b>GM</b>   ええと<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> とりっどさん、先にしますか?<br>
-<b>GM</b> ティアティアやトリッドに先に動いてもらいたいのであれば、それでも良いですよ。<br>
-
-<b>GM</b>   では、トリッド行きましょうか。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b> では、お願いします。<br>
-<b>GM</b>
- 空中に浮かびし、何人もの、何体もの、トリッド。<br>
-<strong>GM</strong>
- 彼らは微笑む。 彼らは、彼らは。 彼らは幸せの象徴。 彼らは『幸せ』そのもの。<br>
-
-<b>GM</b>   少なくとも――――<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「「――俺はそう、信じています」」<br>
-
-<b>GM</b>   重なる声。<br>
-<strong>GM</strong>
- 彼らは青い翼を羽ばたかせ、上空へと上る。<br>
-<strong>GM</strong>
- 翼から羽毛が舞い散る。 舞い散る。 舞い散る。  <br>
-
-<strong>GM</strong>
- とても幻想的に――だけどそれは泥で、汚泥で。 包まれれば幸せになれるけれど、同時に汚れる。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「「どんな幸せも。 どこか汚いもの……」」<br>
-
-<b>GM</b>   ひらり ふわり<br>
-<strong>GM</strong>
- それでも 人々は 全ての命は 幸せを 望むのだ。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「「そう言うものでしょう」」<br>
-<strong>GM</strong>
- そんな思想。 思想が包む。 彼らを包む。 逃れられはしない。 逃がさない。<br>
-
-<strong>GM</strong>
- ……空想具現化 形無き者 創造 全て神域で、邪魔行動。<br>
-
-<strong>GM</strong>
- ティアティア、行きますか? それとも士朗さん行きますか?<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b> じゃ、私が行きます。<br>
-<b>GM</b>   どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 空気の中にヴぃヴぃーヴぃさんがいるなら、その空気をすわなければいい。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 息を止めれば、この攻撃は防げる。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> それによって、脳細胞が死に始めても、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> バンパイアと、再生者、二つの再生力によって、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 端から生き返ってゆくだろう。<br>
-   <br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ん?つうか士郎さん。貴方ヴァンパイアなら呼吸しなくても平気なんじゃ?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> そもそもヴァンパイアは、死んでんじゃんw<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> な! そ、そうだったんですか!? しらなかった……。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> まあ、魔都のヴァンパイアは呼吸が必要、ということでw<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> そ、そうです。しろーには呼吸が必要なのです!<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   ……多分。<br>
-<b>見学者1</b> ヴァンパイアは二酸化炭素を吸って酸素を吐き出します<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   w<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   植物!?<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   植物ですか!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   木だったんだ(笑<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> じゃあ今度、差入に六甲の美味しい水をあげようw<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   血液で育ちます(笑)<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   アルラウネ?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 士朗さんみたいなのが大量に!?(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 世の中平和になりそうだ・・・・(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> はっ! ということはどこかにオリジナル士朗さんが(笑<br>
-
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b> のんびりと自分を育ててる?(笑)<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> あーwいいな、それ!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「んー、早く大きくならないですかねー」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   って?<br>
-<b>GM</b>   と言うか<br>
-<b>GM</b>   呼吸しなくても<br>
-<b>GM</b>   外側から攻撃できそうです。(笑<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   あははw<br>
-<b><font color="lime">譲二</font></b>   そうそう。<br>
-   <br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   ってことで、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 剛力・頑強、夜の貴族、再生者、で、全て神域の+2ボーナスで、<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   防御? かな?<br>
-<b>GM</b>   皆様防御に徹しますね。<br>
-<b>GM</b>   ティアティア君、反撃させますか。<br>
-<b>GM</b>   行きます。<br>
-<strong>GM</strong>
- ティアティアが剣に力を込める。 彼の命がそこへ注ぎ込まれる。<br>
-
-<strong>GM</strong>
- 赤く紅に。 チギレタ天使の剣に血がたぎる――! 生命は、沸騰する!!<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「僕の剣は――断つ!」<br>
-<b>GM</b>         天使も悪魔も神も魔王も……姉様が、くれた力だ。<br>
-
-<b>GM</b>         片翼の僕に潜在した力を取り出して――<br>
-
-<b>GM</b>         創ってくれた、チカラだ!<br>
-
-<b>GM</b>         この剣で僕は……姉様も断つ。 断って――引き戻す!」<br>
-
-<strong>GM</strong>
- 渾身の力を込めて、彼は振るう――――誰に?<br>
-<b>GM</b>   何に?<br>
-<strong>GM</strong>
- 決まっている。 ヴィヴィーヴィへ、トリッドへ、そして弱い自分へ。<br>
-
-<strong>GM</strong>
- 神剣 剣術 剛力 全て神域で――、ヴィヴィーヴィとトリッドへ、反撃です。<br>
-
-<b>GM</b>   さて、判定に移りましょう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> GM、DP4点使って達成値+1とトゥルー効果って同時使用できる?<br>
-
-<b>GM</b>   ん<br>
-<b>GM</b>   出来ますよ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> うしっ、勝ちに行くよー(笑<br>
-<b>GM</b>   2d6 ヴィヴィーヴィ<br>
-<b>GM</b>   ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6 = [3,5] = 8<br>
-<b>GM</b>   +2<br>
-<b>GM</b>   で、10ですね。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   うぃ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 何とかなりそうかなぁw<br>
-<b>GM</b>   2d6+2 トリッド<br>
-<b>GM</b>   トリッド -&gt; 2D6+2 = [3,5]+2 = 10<br>
-<b>GM</b>   あれ? 全く同じ?(苦笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 馬鹿な! トリッドが普通だ!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ていうかダイス目も一緒かw<br>
-<b>GM</b>   皆様もどうぞー?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> いや、何か振るの怖くてw<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ふう、ようやくだイス神の気がかわったようです(笑)<br>
-
-<b>GM</b>   と言うか今日は別の人のダイスです。<br>
-<b>GM</b>   2d6 頑張れティアティア<br>
-<b>GM</b>   ティアティア -&gt; 2D6 = [1,4] = 5<br>
-<b>GM</b>   ……<br>
-<b>GM</b>   頑張れ。<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   (・・・・)<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ぎゃーーー! てぃあてぃあさんしんじゃいますよ!<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ・・・ティア大丈夫かソレ・・・<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> はい、DP4点使用! +1とトゥルー効果!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   3d6+3 神楽<br>
-<b>GM</b>   神楽 -&gt; 3D6+3 = [6,4,6]+3 = 19<br>
-<b>GM</b>   おぉ。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   おおっとぉ!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 仇はとったよティアくん!(笑<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> (うおおおおお!?)<br>
-<b>GM</b>   神威ですね。<br>
-<b>GM</b>   ただし神楽さん、防御ですので<br>
-<b>GM</b>   相手にダメージ無しです。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   ですねえ(笑)<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> さて、これで気軽に振れるw<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   2d6+2 麟<br>
-<b>GM</b>   麟 -&gt; 2D6+2 = [3,2]+2 = 7<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   だっはっはw<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   2d6+2 士朗<br>
-<b>GM</b>   士朗 -&gt; 2D6+2 = [2,4]+2 = 8<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   あははは(笑)<br>
-<b>GM</b>   ……<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   ダイス神ー!(泣<br>
-<b>GM</b>   やる気あるのかーっ!(苦笑<br>
-<b>GM</b>   と言うわけで。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ま、まああれだ。神楽さん頼みますw<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   どうれ(笑<br>
-<b>GM</b>   鞭の風では防ぎきれない。<br>
-<strong>GM</strong> それは水蒸気。 空気に満遍なく含有された気体。<br>
-
-<strong>GM</strong> どんな風を引き起こしても――真空には、出来ない。<br>
-
-<strong>GM</strong> 微少だが、肺の中に入ったヴィヴィーヴィの破片は……麟を内側から切り刻む!<br>
-
-<strong>GM</strong> 呼吸を止める士朗。 しかしそれは……『内側』からを防いだに過ぎない。<br>
-
-<strong>GM</strong> 外側から……全方位から、余すところなく。 彼女の青は士朗の身体を蝕んだ。<br>
-
-<b>GM</b>   と言うわけで、お二方中傷。<br>
-<b>GM</b>   あら?<br>
-<b>GM</b>   トリッドにも負けてますね!<br>
-<b>GM</b>   幸せの羽毛。<br>
-<b>GM</b>   そう。<br>
-<b>GM</b>   麟さんの鞭捌きを邪魔する、羽毛。<br>
-<strong>GM </strong>麟さんのダメージランクが1、上昇します。<br>
-
-<b>GM</b>   重症ですね。<br>
-<b>GM</b>   士朗さんは、かろうじてセーフ。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 中傷、1マス埋めればいいのですね?<br>
-
-<b>GM</b>   はい。<br>
-<b>GM</b> そして、姉に向かって生命を解き放ったティアティア……<br>
-
-<b>GM</b> その代償は大きく――そして、彼の思いは届かなかった。<br>
-
-<b>GM</b>   発散されていく力。 蝕む想水。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……が、あぁぁっ!!」<br>
-<b>GM </b>内側から切り刻まれ――血を吐く、ティアティア。<br>
-
-<b>GM </b>先ほど忘れていた+2、トリッドの邪魔を換算して――彼は<br>
-
-<b>GM</b>   致命傷。<br>
-<b>GM</b>   倒れ伏す、ティアティア。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「 くっ うっ ……でも、僕は……っ …………」<br>
-
-<b>GM</b>   しかし、剣は手放さない。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・ティアくん・・・・・・・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 他に何も、言わない。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ただ、視線に力を込める。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ヴィヴィーヴィを助ける!<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……そろそろ、諦めませんか?」<br>
-
-<b>GM</b>   何故か困った風に、トリッドは言います。<br>
-<b>GM</b>   しゅるしゅると、一つの身体に戻り。<br>
-<b>GM</b> ひゅるひゅると、その隣にヴィヴィーヴィが姿をまた作る。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺は困りますよ。 俺は皆を幸せにしたいのに」<br>
-
-<b>GM</b>   手を額に当てます。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「なんで苦しむんですか? 苦しむのが幸せなんですか?<br>
-
-<b>GM</b>       俺はそれすらも捨て去るような幸せを差し上げられますよ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ――……――――、 …… 」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「それがわからないあんたに、幸せが作れるとは思えないからさ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「……えーと、とりっどさん」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……はい?」<br>
-<b>GM</b>   見下ろします。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「とりっどさんが与えようとしている幸せは、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 幸せじゃないような気がするのです」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「と、言いますと?」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「全ての命は幸せを望んでるのは、分かるのですけど」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「解放は、幸せではないんじゃないかなー、と、思うのです」<br>
-
-<b>GM</b>   首を傾げる、トリッド。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「まだ――解説が、必要なんですか?」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「全てからの解放って言うのは、『死』、なのです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「いや、これじゃーちょっと弱いですね。『滅』、です」<br>
-
-<b>GM</b> トリッドは腕を組みますね。 首を傾げたまま目を瞑り。<br>
-
-<b>GM</b>   答えます。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……いけないんですか?」<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「そりゃそーです」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「死だろうが、滅だろうが、それがいけないんですか?<br>
-
-<b>GM</b>       何がいけないんですか? 何も問題はないでしょう?<br>
-
-<b>GM</b>         『解放』でしょう?」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「全ての命は、幸せよりも先に、『生』を望んでいるのですから」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「そんな事はないでしょう。<br>
-<b>GM</b>       生きていれば死ぬのは当然の帰結です。<br>
-
-<b>GM</b>       だから、生きて、死ぬまでの間、幸せで居たいのでしょう?<br>
-
-<b>GM</b>       だから、それを叶えるんです。 叶えられるんです。 俺は」<br>
-
-<b>GM</b> 腕を広げる。  なにかを、抱きとめるかのように、大きく。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ですから、あなたの幸せをもらうと、全ての命は『滅』んでしまうのです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「全てに命が求めているのは、次への『生』なのです」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「次の『生』が……次の、『生』が、その人に。<br>
-
-<b>GM</b>         何の関係があるんですか」<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「関係ありますよ」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「幸せは各個人各々それだけが持ち得る、<br>
-
-<b>GM</b>       酷く自己中心的で自分だけの、モノ――」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「それが間違いなのですね」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「次 とか 前 とか 他 とか 外 とか……関係ありませんよ」<br>
-
-<b>GM</b>   首を傾げます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せは、たくさんの人と感じられます」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せは、次へとまわせます」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せは、前の人に返せます」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せは、外に発することができます」<br>
-
-<b>GM</b>   <strong><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></strong>「…………」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せは、そういうものです」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「は――なしに。 話になりませんね<br>
-
-<b>GM</b>       結局感じているのは、貴方じゃないですか。<br>
-
-<b>GM</b>       結局感じているのは自分じゃないですか。<br>
-
-<b>GM</b>       結局感じているのは自覚であり、心であり、その人だけですよ。<br>
-
-<b>GM</b>       他の人と一緒だろうと、次にまわせようと、<br>
-
-<b>GM</b>       前に返せようと、外に発せようと……感じられるのは<br>
-
-<b>GM</b>       ……それ、だけだ。 主観だけなんですよ」<br>
-
-<b>GM</b>   翼を、広げる。<br>
-<b>GM</b>   カンケイナンテ カンケイナイ<br>
-<b>GM</b>   ケッキョク セカイハ<br>
-<strong>GM</strong> ジブンガ カンジル ハンイニシカ ナイノ ダカラ<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「その世界で。 幸せに、なれば、良い。<br>
-
-<b>GM</b>       その世界が、幸せならば、それで良いんです。<br>
-
-<b>GM</b>       結果滅ぶのなら、結果終わるのなら、そのまま幸せのまま<br>
-
-<b>GM</b>       ――終わるのならば、それで……良いんです」<br>
-
-<b>GM</b>   ……ぼろり。<br>
-<b>GM</b>   一瞬、彼の腕が崩れる。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……!」<br>
-<b>GM</b>   次の瞬間には直っています。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> /ただ漂っていただけのヴィヴィーヴィの輪郭がぶれる。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> トリッドの動揺に。気持ちの律動に応えるように。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 同時に、その内側に広がる思いに反応するように。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 脈動する、気配があった。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「それが、真実です。 それが醜いと言うのなら、悲しいのなら、<br>
-
-<b>GM</b>       幸せは、だから――泥まみれなんです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「とりっどさん、あなたを作ったヴぃヴぃーヴぃさんは、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 幸せが解放なんて思ってなかったのかもしれません」<br>
-
-<b>GM</b>   ……<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……いや、 そんな事はありませんよ」<br>
-
-<b>GM</b>   ソンナコトハナイ コトニ   ナッタ<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「彼女の思想は、そこで落ち着いたんです」<br>
-
-<b>GM</b>   ナンデ?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさんは、」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「簡単な幸せを求められるのから解放されたくて、」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「自分のしてることがいやだから、解放されたくて、」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「みんな滅んでしまえば、そんなことしなくていいから、」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そんなことしたのかもしれません」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「だって、嫌いな人を幸せにすることなんて、普通しないですもの」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……それは……どうかな。 どうでしょう」<br>
-
-<b>GM</b>   ふぅ。 と、溜息をついて。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「わかりましたよ。 わかりました。<br>
-
-<b>GM</b>       戦い、だったんですね。 試合、でしたっけ?<br>
-
-<b>GM</b>       続行しましょう。   俺は…………」<br>
-
-<b>GM</b>   …………<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「…………、……………………だから」<br>
-
-<b>GM</b>   長くなりましたが、次に移りましょう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 初めての能動行動なんだよ!(笑<br>
-
-<b>GM</b>   ですよ!<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   たははw<br>
-<b>GM</b>   何ができるかわかりますか?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   攻撃!<br>
-<b>GM</b>   できますね。<br>
-<b>GM</b>   しますか。(笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> えっと、回復と行動の譲渡?<br>
-<b>GM</b>   ですね。<br>
-<b>GM</b>   後特殊、中止です。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   特殊って?<br>
-<b>GM</b> 特殊は、ダメージは与えないけれど重要な行動です。<br>
-
-<b>GM</b> 能行動1回分消費するような、大掛かりなものですね。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   なるほど。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   でも攻撃!<br>
-<b>GM</b>   了解です。<br>
-<b>GM</b>   演出、対象指定、使用能力宣言、どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「其は・・・・・・柏手・・・・・・」(パン、パン)<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   約束がある。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「万物の・・・・・・霊と同体なるが・・・・・・故に・・・・・・」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 助けると約束した。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「為す所の・・・・・・願として・・・・・・成就せずと・・・・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> それを、叶えてあげるのが。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・いふことなし! 無上霊宝 神道加持!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   今の―――全て。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   「天津神―――」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 打ち合わせた両の掌、そして胸元のペンダントから迸る力の本流。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   「国津神―――」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 赤というよりは紅。炎というよりは焔。そこに出で賜いしは破壊の象徴。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「八百萬の神達共に聞食せと―――畏み畏み申す!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> されど、それはどこまでも清浄な光。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 〈降神術〉 自我・感覚 知力・創造を神域、ボーナス+2!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「迷い打ち払え! 心清く在れ! 浄化の炎!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 対象、ヴィヴィーヴィ! 清めの火!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「迷うくらいなら――もっと、ティアくん大事にしろぉおおっっっ!!!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 小細工なし! 一直線に突き抜けろ!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   以上だ!<br>
-<b>GM</b>   了解です!<br>
-<b>GM</b>   対象……ヴィヴィーヴィだけですか?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> あ~トリッドも入れたほうがいいと思うよ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> (複数に攻撃可能ですよ~)<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 支援されると厄介だし<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   うむむむ!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> じゃあ、トリッドも巻き込む感じで!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 主眼はヴィヴィーヴィだけれど。<br>
-
-<b>GM</b>   了解です。<br>
-<b>GM</b>   受動行動に移りましょう。<br>
-<b>GM</b> 率先して動きたい方、いらっしゃいますか?<br>
-
-<b>GM</b>   いなければ、いきますよ。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   あー先どうぞ<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   どうぞ。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「水を相手に。泥を相手に。炎だなんて<br>
-
-<b>GM</b>       ……最初から負けているようなものです」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「激情じゃ、歓喜には勝てませんよ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……、…………」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……」<br>
-<b>GM</b>   土が、盛り上がる。<br>
-<b>GM</b>   泥が。<br>
-<b>GM</b>   水が。<br>
-<b>GM</b> 青い、蒼い、藍い、水に溶かされた、泥が、土が、汚れが…………<br>
-
-<b>GM</b> 広がる。 空一杯に広がって、収束して、炎に相対する。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「神を降ろし向かい合うのなら、<br>
-
-<b>GM</b>       俺は世界を使い……幸せを歌い対峙しましょう」<br>
-
-<b>GM</b> 世界―― 世界。 世界そのものと言える質量の。<br>
-
-<b>GM</b>   青く茶色い水と泥。<br>
-<b>GM</b> 醜く汚く嫌悪感が走る色。 べとつきべたつき嫌になる感触。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「どうせ――神とは仲良くなれない存在です」<br>
-
-<b>GM</b> ぶしゅ ぁ ずしゃ ず ず ず しゃ ぁ ぁぁぁ あぁぁぁあああ!!!<br>
-
-<b>GM</b>   世界そのものが、落下してくる!!<br>
-<b>GM</b>   包み込み、押し流して行く!<br>
-<b>GM</b>   炎を……飲み込む!!<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ……五行使い(水) 操作 創造 いずれも神域<br>
-
-<b>GM</b> トリッド……空想具現化 形無き者 創造 いずれも神域<br>
-
-<b>GM</b>   両者、反撃……対象は。<br>
-<b>GM</b>   神楽 ティアティア 麟 士朗<br>
-<b>GM</b>   です。<br>
-<b>GM</b>   ティアティア、行ってよろしいですか?<br>
-<b>GM</b>   それとも、先にどなたか行きますか?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 反撃って攻撃してきた対象以外にもできたのか…<br>
-
-<b>GM</b>   攻撃してきた対象も含みますけれどね。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ふぅむ、まあ、お先にどうぞ<br>
-<b>GM</b> 理由があれば、他の人も巻き込んで良いですよ。<br>
-
-<b>GM</b>   では。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「――神楽、さん」<br>
-<b>GM</b> 神楽に声がかけられる。 同じく血に爛れた、ティアティア……<br>
-
-<b>GM</b> しかし、翼を広げる。それを広げるのは、傷口を広げるのと同じなのに。<br>
-
-<b>GM</b> 彼が剣を掲げると、神楽の発する炎を巻きこみ<br>
-
-<b>GM</b>   ……それ自身が熱い熱い炎となります。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ありがとうございます――」<br>
-
-<b>GM</b> ばぁぁっ いっそう赤く輝く―― ティアティア!!<br>
-
-<b>GM</b>   神剣を……炎を、振るう!<br>
-<b>GM</b>   神楽さんに、協力<br>
-<b>GM</b>   剣術 神剣 操作 いずれも神域です。<br>
-<b>GM</b>   では、士朗さんどうぞ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> あーんじゃ私が行きますか<br>
-<b>GM</b>   あ、どうぞ~<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「ま、それじゃあ日本一の真髄ってヤツ、見せてやろうかねぇ」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> その周囲に精霊が集まり始める<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「さぁってお立会い!」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「其は、拍手ってか!」<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> そう、神楽の言い方を真似て、手を叩く<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> すると、周囲に集まった精霊がその色を変え<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   ―――炎と化した<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「こいつも持ってきなぁっと!」<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> 日本一、その真髄は<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 見たものよりさらに上を目ざす心意気にこそあり!<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> [操作・隠蔽] 絢爛舞踏 日本一 神域で+2 協力で<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   以上<br>
-<b>GM</b>   了解です。<br>
-<b>GM</b>   神楽さんに協力ですね?<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   うい<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> どんどん+されていく!<br>
-<b>GM</b>   では、トリ。士朗さんです。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   うーん、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 行動しない場合はどうするんでしょう?<br>
-
-<b>GM</b>   はい?<br>
-<b>GM</b>   特殊のその他じゃないですか?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> あ、反撃に回避ってできます?<br>
-<b>GM</b>   反撃に回避は、ルール上出来ませんよ。<br>
-<b>GM</b> と言いますか、一丸となって皆が攻撃しているところで、回避ですか。(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> んーそれなら演出的には邪魔でいいんじゃないかと<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> あらまあ、じゃー、もしも反撃されたときに、全員をかばうってのは、できます?<br>
-
-<b>GM</b>   かばう?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 庇うってあったっけ?<br>
-<b>GM</b>   ありませんけれど<br>
-<b>GM</b>   まぁ<br>
-<b>GM</b>   防御がそれに当たりますね。<br>
-<b>GM</b>   複数名防御できるんですよ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   なにぃっ!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ほー、そうなのですか。<br>
-<b>GM</b>   (知らなかった人居るかもしれませんが)<br>
-<b>GM</b>   と言いますか<br>
-<b>GM</b>   士朗さん<br>
-<b>GM</b>   やりたい事やってください。<br>
-<b>GM</b>   演出が素敵でしたら、認めますよ。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   う、うーん。<br>
-<b>GM</b>   とりあえず、ルール上は<br>
-<b>GM</b> 士朗さんのとれる行動は、邪魔 協力 その他。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   回復もあるよ?<br>
-<b>GM</b>   ありませんよ。<br>
-<b>GM</b>   受動行動ですから。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b> あ、そうなのですか。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> うーん、協力しましょう。一応。試合ですし。<br>
-
-<b>GM</b>   別に端っこの方で<br>
-<b>GM</b> お茶入れていても良いですけれど。>その他<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 一応こっち側についてるんですから、正々堂々戦わなくっちゃ。<br>
-
-<b>GM</b>   ですね。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   ってことで、<br>
-<b>GM</b>   演出お願いします。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> バンパイアの心の目、力王の力への干渉、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> それらを使い、神楽さんの攻撃が、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> もっと強くなるようにします。<br>
-<b>GM</b>   どんな風に干渉するのですか?<br>
-<b>GM</b>   格好良く、自己アピール!!<br>
-<b>GM</b>   もうひと超え、演出お願いします!<br>
-<b>GM</b> どんな風に干渉するのか、どんな風に目には見えるのか。<br>
-
-<b>GM</b>   格好良く、動きや台詞を交えて!<br>
-<font color="navy"><strong>士朗 </strong> <font color=
-"#000000"> バンパイアの目で、神楽さんの攻撃がどんなものか理解。</font><br>
-
-<strong>士朗 </strong></font> その力を、さらに、力王の力への理解で、もっと、もっと<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   もっと<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   もっと<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 強い攻撃へと昇華させます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「一応、こっち側についてるので、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> しっかり勝ちに行きますよ?」<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   ってことで、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 剛力・頑強、夜の貴族、力王で、神域のボーナス+2で協力です。<br>
-
-<b>GM</b>   了解です。<br>
-<b>GM</b>   判定行きましょう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ティアくん、麟さん、士朗さんの協力で+3、ボーナスと合わせて+5!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> よほどの事がなきゃ負けないよ!<br>
-
-<b>GM</b>   どうでしょう?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   2d6+5 神楽<br>
-<b>GM</b>   神楽 -&gt; 2D6+5 = [5,2]+5 = 12<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ・・・・・・び、みょうか!?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> うーん、不安な数字ですね。<br>
-<b>GM</b>   ヴィヴィーヴィ、トゥルー効果使います。<br>
-<b>GM</b>   (どーん)<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> あ、DP使ってませんね。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   しまった!<br>
-<b>GM</b>   3d6+2 ヴィヴィーヴィ<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 3D6+2 = [2,6,5]+2 = 15<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   まけたーw<br>
-<b>GM</b>   ちっ。14。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   のん、13<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   相変わらず高いwー<br>
-<b>GM</b>   あ、ですね。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> えーすいんざほえーる使えばだいじょうぶ、かも?<br>
-
-<b>GM</b>   2d6+2 トリッド<br>
-<b>GM</b>   トリッド -&gt; 2D6+2 = [1,4]+2 = 7<br>
-<b>GM</b>   うわ。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   トリッドw<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   よし!<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   またこれかw<br>
-<b>GM</b>   トリッド頑張れよ。(苦笑<br>
-<font color="navy"><font color=
-"#CC0099"><strong>莠世</strong></font><font color=
-"#000000"> (その分ヴィヴィーヴィが頑張ってるんじゃw)</font><br>
-
-<strong>士朗 </strong></font> とりっどさんが死んでしまいます!<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> やっぱ彼悩んでるんでしょうかねぇ士郎のことでw<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   GM、DP3点消費!<br>
-<b>GM</b>   ちょっと待って下さい、神楽さん。<br>
-<b>GM</b>   全部終わってから、です。<br>
-<b>GM</b>   麟、士朗、どうぞ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   む、了解。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> まだ私たちがやっておりませぬ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> おっと、そういえば我々振ってませんな<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   2d6 麟<br>
-<b>GM</b>   麟 -&gt; 2D6 = [5,3] = 8<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   はっはっはw<br>
-<b>GM</b>   2d6+2 ティアティア<br>
-<b>GM</b>   ティアティア -&gt; 2D6+2 = [5,6]+2 = 13<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   2d6+2 士朗<br>
-<b>GM</b>   士朗 -&gt; 2D6+2 = [1,3]+2 = 6<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   えへヘ。<br>
-<b>GM</b>   ……トリッドと良い勝負。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 私達駄目駄目ですなぁw<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> (おーおねーちゃんと一緒の数値だ)<br>
-
-<b>GM</b>   では、DP使用申告どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 世の中間違ってる(シクシク<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> エースインザホール!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 3点消費で達成値に+2! 合計した達成値14!<br>
-
-<b>GM</b>   ……他には、いらっしゃいませんか?<br>
-<b>GM</b>   では、照らし合わせ……トップは神楽。<br>
-<b>GM</b>   彼女には――ダメージなしです。が。<br>
-<b>GM</b>   麟さんにはヴィヴィーヴィの攻撃が<br>
-<b>GM</b> 士朗さんには、ヴィヴィーヴィとトリッドの攻撃が行きますよ。<br>
-
-<b>GM</b>   ティアティア君は、死亡まで埋まります。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> え、来るんだ・・・<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> あ、私も死んじゃいますね。<br>
-<b>GM</b>   あれ?<br>
-<b>GM</b>   はっ<br>
-<b>GM</b>   攻撃神楽さん!?<br>
-<b>GM</b>   見事に全部弾き返された!?<br>
-<font color=
-"#8B0000"><strong>神楽 </strong></font> 反撃失敗だから全部なしだね?<br>
-
-<strong>GM</strong>   では。<br>
-<b>GM</b>   ぶつかる――<br>
-<b>GM</b> 水 泥      炎! 炎! 焔!! 焔!!!<br>
-
-<b>GM</b> ど、お お お お お おぉぉぉぉぉおおおおおお!! !!!<br>
-
-<b>GM</b>   視界が利かなくなる。<br>
-<b>GM</b>   白と 黒と<br>
-<b>GM</b>   青と 赤と<br>
-<b>GM</b>   ――――<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……っ …………」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……、姉様。 …………トリ……ッド……」<br>
-
-<b>GM</b>   全てを弾き返した、炎。<br>
-<b>GM</b>   青き天使も、汚れし泥人形も。<br>
-<b>GM</b> 炎に包まれ……その身体を、消失――いや、焼失させられた。<br>
-
-<b>GM</b>   ヴィヴィーヴィ……重症。<br>
-<b>GM</b>   トリッド……致命。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「がっ、はっ……な、ん…………    。   」<br>
-
-<b>GM</b> すでに足もなく。 腕もなく。 翼も……欠けて。<br>
-
-<b>GM</b>   そして、再生はしない。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「と、とりっどさん!!」<br>
-<b>GM</b> ダメージを受けた部分から、ボロボロと崩れて。 ボロボロと砕けて。<br>
-
-<b>GM</b>   なにかが邪魔しているかのように。……<br>
-<b>GM</b>   翼を失えば、当然――落ちる――。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 落ちないように、助けに行きます!<br>
-
-<b>GM</b>   どうぞ。<br>
-<b>GM</b>   皆様も演出や行動どうぞ?<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……」<br>
-<b>GM</b> かろうじて、姿を保っていたような、ヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b> びしゃびしゃ。 ばしゃばしゃと。 その体が滴り落ちてゆく。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ああ、ヴぃヴぃーヴぃさんも!」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ………… 」<br>
-<b>GM</b>   何かを言う様にして、何も言わない。<br>
-<b>GM</b>   青い液体は、徐々に高度を下げてゆく。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   「ティアくん!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 膝を突き、精根尽きたような姿のまま、ティアティアを呼ぶ。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ボクを・・・・・・ヴィヴィーヴィさんの傍につれてって・・・・・・」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……! はい!」<br>
-<b>GM</b>   翼を広げて!<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……っっ!!」<br>
-<b>GM</b>   痛みに顔を歪めて。<br>
-<b>GM</b> 這いずるように飛びながら、神楽さんを連れて行きます。<br>
-
-<b>GM</b>   ひぅ。 一方、落下して行くトリッド。<br>
-<b>GM</b>   受け止めますか、士朗さん?<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   当然です!<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「…………――」<br>
-<b>GM</b>   ばっ<br>
-<b>GM</b>   がしゃんっっっ!!<br>
-<b>GM</b>   受けた衝撃で、また崩れる身体。<br>
-<b>GM</b> しかし、そのまま落下するよりかは、よほど良い。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ととと、とりっどさん! だいじょうぶですか!」<br>
-
-<b>GM</b> トリッドは、士朗さんの腕の中で、貴方の顔を見上げますよ。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……はは、大丈夫ですよ。 士朗さん」<br>
-
-<b>GM</b>   自分の体を見て。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「ほら……士朗さん。 続きをしようじゃあ、ありませんか?<br>
-
-<b>GM</b>         俺はまだ負けてませんよ?」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「もう、続けられないでしょ! そんな体じゃ!」<br>
-
-<b>GM</b>   笑うトリッド。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「元々不定形の身体です。腕も足も在ったもんじゃないですよ<br>
-
-<b>GM</b>       こんなもの…………、回復、しますよ」<br>
-
-<b>GM</b>   ずる ずる、る、る。<br>
-<b>GM</b> 異様に遅いスピードで。 少しずつ、手足を伸ばそうとします。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ほら、回復も、ほとんどしなくなってるじゃないですか!」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「それがどうかしたんですか? 決着はついてませんよ」<br>
-
-<b>GM</b>   ずず、ず、ずる る<br>
-<b>GM</b> 再生しかけの腕で、士朗さんから逃れ……地面に落ちます。 ずしゃ。<br>
-
-<b>GM</b>   触れられた士朗さんの頬に泥がつきます。<br>
-<b>GM</b>   ――――汚れます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> そんな事させませんよ! 地面には落としません!<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   落とさせません!<br>
-<b>GM</b>   ふむ。<br>
-<b>GM</b>   ではそうしましょう。<br>
-<b>GM</b>   放せと言うように、動きますね。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「ほら、放さないと。 ここで身体を槍に変えますよ?」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そんな事しても、私には勝てませんよ……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「先ほどは追い詰めたじゃないですか。<br>
-
-<b>GM</b>       今だって貴方は負傷している」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「あのていどでは、追い詰めたなんて、言いません。私にとっては」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「この怪我だって、今すぐ治ります」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「へぇ……強がるんですね。らしくなく」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「とりっどさん、死んで欲しくないんですよ……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……」 ふ。<br>
-<b>GM</b>   と、諦めたように微笑みます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「死んだら、私がかったときの、事、できないじゃないですか……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……そうですか……」<br>
-   <br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> しかし・・・士郎さんは本当にトリッド大好きだね!(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ヴぃヴぃーヴぃさんも好きですよ。てぃあてぃあさんも好きですよ。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> というか、みんな好きですよ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ああ・・・士郎さんいい人だ(ほわん。和み中)<br>
-
-<b>見学者2</b> 何つーか・・・人がよすぎる吸血鬼だ・・・w<br>
-
-<b>見学者3</b>   しろー いい人?だ<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> とても吸血鬼とは思えない<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ・・・・・・って、この人「ください」ってお願いして血をもらうんでしたね(苦笑<br>
-
-<b>GM</b>   ところで<br>
-<b>GM</b> 街中泥だらけなのは言うまでもありませんね。<br>
-
-<b>見学者2</b>   掃除が大変ダー。<br>
-<b>GM</b> 魔都全部巻きこんで、泥だらけの水だらけ。しかも触ると<br>
-
-<b>GM</b> トんで言ってしまいそうに幸せになります。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   トリップ!?<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   うはぁw<br>
-<b>GM</b>   近いですねぇ。<br>
-<b>GM</b> まぁ、そう言うわけで。頑張ってください。(苦笑<br>
-
-<b>見学者2</b>   もはや麻薬のようだ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ・・・トリッドとヴィヴィーヴィに手伝わせようw<br>
-
-<b>GM</b> と言うか、トリッドの身体の一部分ですから。>泥<br>
-
-<b>GM</b>   全部彼の身体ですよ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> じゃあ、回収して貰おう。その方が手っ取り早いw<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> みんな助けられるのかなあ……みんな救えるのかなあ……。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 無事に終わりそうですね<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> う~む、何か変なことを思いついてしまったが…どうしようかコレw<br>
-
-<b>GM</b>   変な事?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ほほう、どのようなことですか?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 一発しか仕えない運切の使い道というか<br>
-
-<b>GM</b>   元々一発です。(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> あら、運切は一回しかできないのですか?<br>
-
-<b>GM</b>   いえいえ<br>
-<b>GM</b>   一発勝負ではありますが、何回でも。(笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> そして私はDP的にってことですw<br>
-
-<b>GM</b>   あらま。(苦笑<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   なるほど。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> いやさぁ、まあようは今回って天界の天使が幸せにしろって<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 言い出したのが元もとの原因なわけですよね<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   ああ。そうですね<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> だったらやっぱり臭い匂いは元から断つべきかなぁ…と<br>
-
-<b>GM</b>   ふむふむ?(微笑<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   天界を滅亡させる?<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> ああ、いいねそれw<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> それなら手を貸すよw<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> しろーが全力で阻止しますけど。<br>
-<b>GM</b>   それ<br>
-<b>GM</b>   ヴィヴィーヴィと同じですよ?<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   そうなんです。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> まあ、冗談ですけどw<br>
-<b>GM</b>   と言うか、表。麟さん動いてないですよ。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> あ~トリッドに何か言おうかなぁ、と思ったのですがタイミング逃してw<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> んで、ティアにも何か言おうかなぁ、と思ってタイミング逃しました(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 全ての人を、いっぺんに幸福にするなんて、ある意味壮大だけど、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ある意味、めんどくさがりな方法。やめい!って言いたいな。<br>
-
-   <br>
-<b>GM</b>   さて<br>
-<b>GM</b>   視点を移しましょう。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「くっ …… 」<br>
-<b>GM</b> 片翼で、神楽さんをヴィヴィーヴィの近くに連れていきますよ。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「出来るかどうか・・・・・・わかんないけど・・・・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 型崩れを起こしたようなヴィヴィーヴィの身体。<br>
-
-<b>GM</b>   近くまで来ましたよ。<br>
-<b>GM</b>   はい。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「これだけ歪んだなら・・・・・・きっと!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> その内側からヴィヴィーヴィの魂のみを引き寄せる!<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様…………」<br>
-<font color="darkred"><font color=
-"#000000"><strong>GM</strong> いや、反応しませんね。</font><br>
-
-<strong>神楽 </strong></font> ・・・・・・あ、運切いる?<br>
-<b>GM</b>   それはもう<br>
-<font color="darkred"><font color=
-"#000000"><strong>GM</strong> 物語の流れに、ダイレクトに絡みますからね。</font></font><br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   うぬう。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> そういわれると、無茶もしにくいな。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> もうDPないのですか?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   9点ある。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> なら、やってしまってはどうでしょう?<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ・・・・・・そうだね!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ヴぃヴぃーヴぃさんも、助けてあげてください。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   お願いします。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………、…………」<br>
-
-<b>GM</b>   さて、どうしますか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> GM! 運切を使ってヴィヴィーヴィさんを無理やり復活させるよ!<br>
-
-<b>GM</b>   ふふ。<br>
-<b>GM</b>   演出次第です。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   見よ!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「極めて汚きも滞無ければ穢はあらじ、内外の玉垣清淨と申す!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 脈動する水の身体。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 青い水と、泥と、力と、そして残る諸々の残滓。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 一つ一つは微かな残滓。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ヴィヴィーヴィとしての意識もない、気配すらない残滓。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   だけど!<br>
-<b>GM</b>   むっ!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> トリッドが作り出したヴィヴィーヴィの人形体!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 形作るには、絶対的に核が必要となる!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> それを元に、周囲に散った水、泥から、ヴィヴィーヴィの残滓のみを集め、<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   再結合させる!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   媒体に使うのは、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ペンダント―――〈迦具土の血〉が輝きを増す。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「――掛けまくも畏き火之迦具土神!」<br>
-
-<b>GM</b>   ……<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 新たに神を生み出す、その力。<br>
-<b>GM</b>   ティアティアの剣なんてどうですか?<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   !<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   それだ!<br>
-<b>GM</b>   あ、PCに手を貸してしまいました?(苦笑<br>
-<b>GM</b>   台詞、どうぞ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> そして、ティアティアの持つ、赤き神剣!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 情報体としての資格十分!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「まこと違わず猛く仕え終えしめ給ふと、畏み畏み申す!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   輝く光が、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 水で作り出されたヴィヴィーヴィの内側から、<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   飛び出す!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ティアくん、その剣を貸して!」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……はっ、はい!」<br>
-<b>GM</b>   渡します!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 神剣、そして神生みの血、ヴィヴィーヴィの核!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   全て揃った瞬間!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「万物の霊と同体なるが故に!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 新たなヒトとしての命が!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「為す所の願として成就せずと!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   誕生する!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・いふことなし! 無上霊宝 神道加持!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   閃光!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   瞳を焼く白い光。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 思わず目を覆った瞬間。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……っ」<br>
-<b>GM</b>   ……目を瞑ります。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ティアティアの肩に、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ずしり、と、また新しい重みが加わった。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「う……わっ…………」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・おっしゃあ・・・・・・・・・」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   目を見開く。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   その、肩には。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 羽を失ってこそいるものの。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 間違いなく、自らの姉の姿があった。<br>
-
-   <br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b> やっぱり、復活は神楽ちゃんの力ですか。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 私じゃできませんから。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いや、血を与えれば復活できるんじゃ?<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> あ、本当ですね、出来そうです。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> まあ、別の生物になっちゃいそうだけど(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> しろーのような思考パターンになりますw<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> そんなことはないですよ!……多分。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> しかし、作られた存在である彼が、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 別の「生物」となるなら、それはそれで「幸せ」なこと?<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 作られた存在でも幸せになれますよ。きっと。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  現に、私たちは、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 神様に「作られた」存在なんですから。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   おおーw<br>
-<b>見学者2</b>   かっこいい・・・w<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> いやはや、流石は士郎君だなぁw<br>
-
-   <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ・・・・・・真っ裸かな?<br>
-<b>GM</b> 別に、裸かどうかは、皆様のお好みで。(笑<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……――ね 姉様!!」<br>
-<b>GM</b>   さて、以上ですか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> うぃ、やるだけやったよ!<br>
-<b>GM</b>   完全再生ですか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 天使としての力、空間移動とか?<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 羽を使った能力はトリッドのところに残ってると思う。<br>
-
-<b>GM</b>   成る程。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 水使いくらいは残ってるかな?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> まぁ、そんな感じ。<br>
-<b>GM</b>   あら? と言う事は青い身体?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> いや、残滓と一緒に持ってきちゃっただけ(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 白い肌ですとも、旦那(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 体は青くない? 良かった……。<br>
-<b>GM</b>   成る程。<br>
-<b>GM</b>   ……ジャッジです。<br>
-<b>GM</b>   降神術ですよね。良いでしょう。<br>
-<b>GM</b>   +<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   断る理由もなし+<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   もちろん、+です!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   やったね!+<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………ティ……ア……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様! 姉様!!」<br>
-<b>GM</b> 歓喜に溢れ、ヴィヴィーヴィを抱きしめるティアティア。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 「これが、ティアの望んだこと、望んだ幸せ。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> そのぐらい叶えてやんなよ、姉さんなんだろ」<br>
-
-<b>GM</b> 再生したてゆえか……虚ろな瞳の、ヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……! 大丈夫? 大丈夫?? 身体、痛くない?」<br>
-
-<b>GM</b> 自身が致命傷とも言えるダメージを受けていながら。<br>
-
-<b>GM</b>   ティアティアは、姉を心配する。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………、………………。 ……。 ――――!」<br>
-
-<b>GM</b>   その目が――見開かれる!!<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「――い! いけないっ!!」<br>
-
-<b>GM</b> ばっと、トリッドの方を――――――――みる、ヴィヴィーヴィ!!<br>
-
-<b>GM</b>   ――見よ!!!<br>
-<b>GM</b> 士朗に抱かれたトリッド。 薄く微笑んだ泥塊。<br>
-
-<b>GM</b> 背後に輝く光。 トリッドから……抜けてゆく、ヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィは、復活した。 しかし――。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……士朗さん。 最初から手遅れなんですよ?<br>
-
-<b>GM</b>       いつだって、最初から手遅れなんです。<br>
-
-<b>GM</b>       いつだって、幸せはまやかしだ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「? どういうことですか?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺の幸せがいけないと言うのなら――。 俺達は、<br>
-
-<b>GM</b>         相容れない」<br>
-<b>GM</b>   ぐぶっ<br>
-<b>GM</b>   広がる。<br>
-<b>GM</b>   汚泥。<br>
-<b>GM</b>   ……飲み込む。 全て飲み込む。<br>
-<b>GM</b>   地面から、沸き上がる。<br>
-<b>GM</b>   トリッドから、沸き上がる。<br>
-<b>GM</b>   空中から、降り注ぐ。<br>
-<b>GM</b>   「そう――――」<br>
-<b>GM</b>   「最初の思想が、彼女の思想が」<br>
-<b>GM</b>   「原因でなかったとしたら?」<br>
-<b>GM</b>   「彼女は純粋に『幸せ』を求めて」<br>
-<strong>GM</strong> 「研究を続けて……結果。 何かを間違えて」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「幸せを体現した泥の塊ができてしまったとしたら?」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「それを見て、彼女はその思想を悟ってしまい」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「精神的にも。 物理的にも。 汚泥の侵食を止められなかったとしたら?」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「 ソレヲツクッタノハ、カノジョノココロダ。カノジョノオモイダ 」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「 シアワセヲモトメ、シアワセニヨクアツサレタ、カノジョノ、イノチダ 」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「だとしたら? 向かう先は天界だ。 それを今は止められない」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「だとしたら? いずれその天区は落とされる。 泥も落ちる」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「だとしたら? また天界を目指す。 翼が必要だ」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「だとしたら? その翼になれば。 確実に。 泥の中に入りこめる」<br>
-
-<strong>GM</strong> 「そうしたら? 天界へと次元の扉を開いた瞬間に」<br>
-
-<b>GM</b>   「内側から組成を崩せば」<br>
-<b>GM</b>   「だから――――融合する」<br>
-<b>GM</b> ………………………………………………………………………………<br>
-
-<strong>GM</strong> ぐぁぁぁぁぁぁぁあぁああぁああああああぁぁぁぁああああああああああぁ<br>
-
-<strong>GM</strong> 飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む!!!<br>
-
-<strong>GM</strong> 貪欲に! そう、幸せは貪欲だ――どこまでも!!<br>
-
-<strong>GM</strong> そう、欲求は果てし無い―ーいつまでも!!!<br>
-
-<strong>GM</strong> そう、終わらない――幸せに!!! なってゆく――――<br>
-
-<b>GM</b>   魔都は。<br>
-<b>GM</b>   いや、地上が。<br>
-<b>GM</b>   幸せな泥に。<br>
-<b>GM</b>   塗れてゆく。<br>
-<b>GM</b>   以上。<br>
-<b>GM</b>   ジャッジお願いします。<br>
-<strong>GM</strong> まぁ、覆すのであれば、それ以上の理由が必要ですけれどね。<br>
-
-<b>GM</b> 私は+。 ここからの皆様の覆し、ここからの皆様の思想。<br>
-
-<b>GM</b>   素敵な発想を、期待します。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> おう? -とかやって、そのあとに演出を入れるのですか?<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   (できるよー)<br>
-<b>GM</b>   まぁ<br>
-<b>GM</b>   却下なさるのであれば<br>
-<b>GM</b>   彼の最後の命のあがきに<br>
-<b>GM</b>   対抗するだけの理由が欲しいですねぇ。<br>
-<b>GM</b> どちらかと言うと、このあと運切で、切り返してもらいたいところです。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 返しを信じて + だ<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> では、運切で切り返すので、*<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   運切を信じて+<br>
-<b>GM</b>   可決。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> さて、運切はどうやるんでしたっけ?<br>
-
-<b>GM</b> 広がって、膨らんでゆく。 泥。 触れた瞬間。<br>
-
-<strong>GM</strong> 天国へ極楽へ。 幸せに。幸せ過ぎる幸せに。 溺れてゆく。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ちなみに、ティアくん含むヴィヴィさんとボクは、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 上空からその様子を見てるよ。<br>
-<b>GM</b>   ああ、膨らんでますから<br>
-<b>GM</b>   ティアティアの今の高度じゃ<br>
-<b>GM</b>   飲まれますね!!<br>
-<b>GM</b>   余裕で飲まれます。<br>
-<strong>GM</strong> 致命傷で2人分支えているんですよ?(苦笑<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   そうだった!(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> その前に運切で止めます!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> えーと、「見よ!」と叫べばOK?<br>
-
-<b>GM</b>   ですよ。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   ですね<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   OKです。<br>
-<b>GM</b>   さぁ<br>
-<b>GM</b>   士朗さん、一世一代の見せ場です!!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 信じてますんで、どうぞ好きにやってください!<br>
-
-<b>GM</b> いや、麟さんでも良いんですけれど。(苦笑<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   いえいえw<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   見よ!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そんな事、させません!」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 士朗の体の傷から、血が、溢れ出る。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 大量の、人の体に入っていたとは思え無い程の、血が。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> それが、周囲に広がり、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 泥を、囲い、覆い、塞ぎ、飲み込んでゆく!<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「とりっどさん」<br>
-<b>GM</b>   ………… 返答は、ナイ …………<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「あなたができた原因は、確かにそうなのかもしれません」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ですけど、理由は違うはずなのです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさんは、あなたの言うとおり、間違えたのです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「だから、あなたに、幸せが、『解放』ではないと、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 違うということを、見つけて欲しかったのです。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> だからとりっどさんには、自我があるのです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そして、もう一つ、自我がある理由があるのです」<br>
-
-<b>GM</b>    …… ………… ……<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさんは、あなたに、」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せを、ホントの幸せを、」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「幸せがどういうものなのか、」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「探して欲しかったのです」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「だから、あなたに自我をつけたのです」<br>
-
-<b>GM</b>   ………… ナイ ……<br>
-<b>GM</b>   …… ソンナハズガ、アルワケナイ ……<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「だったら、何でヴぃヴぃーヴぃさんは、<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> てぃあてぃあさんを、幸せにしなかったのですか?」<br>
-
-<b>GM</b>   …… セキニンヲトルタメダ ……<br>
-<strong>GM</strong> …… オレヲ ウミダシテシマッタ カラ ………<br>
-
- …… ソレヲマッショウシナクテハ ナラナイ …………<br>
-
-<b>GM</b>   …… ティアティア ヲ …………<br>
-<b>GM</b>   アア、ソウカ…………<br>
-<b>GM</b>   ティアティアモ、スクウタメニ …………<br>
-<b>GM</b>   シアワセニ、シナカッタンダ …………<br>
-<b>GM</b>   シカシ<br>
-<b>GM</b>   ………… シアワセハ カイホウデ ……<br>
- …… ソレハクツガエセナイ シンジツ デ …… シンリ …………<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「違います!」<br>
-<b>GM</b>    チガワナイ <br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「なぜなら、ヴぃヴぃーヴぃさんは、こう言っていました」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「『貴方の姉と言うのは……私の誇りだったわ。<br>
-
-  それだけは、信じても良い永遠の真実――。』」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「彼女は、解放が真実なんて、思っていなかったんです」<br>
-
-<b>GM</b>  コジツケダ コジツケニスギナイ ソレガサスノハ ベツノイミ ……<br>
-
-<b>GM</b>   ……<br>
-<b>GM</b>   ………… アァ …… アァ …………<br>
-<strong>GM</strong> …… カンガエレバ カンガエルホド オレハヒツヨウナソンザイデ ……<br>
-
-<b>GM</b>   ソレユエニ<br>
-<b>GM</b>   フヒツヨウ スギルソンザイダ ……<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「違いますよ」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「あなたは、必要なんです」<br>
-<strong>GM</strong> …… フヒツヨウ ダ …… サイショカラ イラナカッタ ……<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「存在理由があるのです」<br>
-<strong>GM</strong> …… ソレサエ ヒテイスル ヒトガ イル ……<br>
-
-<b>GM</b>   ソレガ アナタダ<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「だって、死んで欲しくないです」<br>
-
-<b>GM</b>   …… シナナイサ ……<br>
-<b>GM</b>   …… キエルダケダ …………<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「消えてほしくもないです!」<br>
-<strong>GM</strong> ………… ナンニセヨ チカラハ モウ ――――<br>
-
-<b>GM</b>          ツキタ<br>
-<b>GM</b>   もう、何も言いません。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「いまから、私のをあげますよ」<br>
-   <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 士朗さんが締めにはいったね。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> もう、これで終わりそうだな~<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> トリッド・・・ハロウィンのイィィリカ以上に女々しい奴め~~~<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> もう、いらいらして・・・救いたくなっちゃうじゃないかw<br>
-
-<b><font color="lime">譲二</font></b>   ゆぜ(笑)<br>
-<b><font color="lime">譲二</font></b>   君もかわいいなあ。<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 「あ、う。う~~~」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 突然可愛いと言われて赤くなる。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 言い返そうにも何を言ったらいいのか(笑)<br>
-
-<b>見学者2</b> 限りなく必要で、限りなく不必要な存在って、限りなく人間だよなあ・・。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ともあれ、士郎さんここが正念場。彼を救ってあげてね<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 大丈夫、士朗さんが救います。<br>
-<b>GM</b>   ふふん<br>
-<b>見学者2</b>   ガンバレー。<br>
-<strong>GM</strong> 論理的……と言うか、精神的矛盾はぶつけきりましたね。<br>
-
-<strong>GM</strong> 後は、その矛盾を孕んだまま……生きていくことを、許すのでしょうか?<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 矛盾も悩みもなく生きてる人間なんかいないと思うけどねぇ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> それがどうした?生きていく者は矛盾だらけだ<br>
-
-<b>GM</b>   彼は人間じゃなかったんですよ。<br>
-<b>GM</b>   ただのマシーンです。<br>
-<b>GM</b>   自我を持ってしまっただけで。<br>
-<strong>GM</strong> だからヴィヴィーヴィはイレイズしようとしたのです。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 人間ってのはもののたとえさね<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 意志を持ってる存在全て、そういうもんさ<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 自我を持ってる以上、関係あるまい<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> この場合、命と表現すべきかな?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ヴィヴィーヴィにとっては機械かもしれないが、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 士郎にとってはりっぱな「命」だ<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 魔剣だろうが何だろうが結局かわらんもんさw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 命あるものは、なんであれ平等さね。<br>
-
-   <br>
-<b>GM</b>   締めをどうぞ。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 士朗の血が、トリッドに注ぎ込まれる。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 異常な、神ですら殺せ無い程の再生力を持つ、<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  士朗の血が。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  大量に。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 神以上の生命の力を宿す、士朗の血が、<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  大量に、<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> トリッドの中に、流れ込む。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> トリッドの体が、再び、戻ってゆく。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 血を得て、戻ってゆく。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> トリッドの命は、もう、消えない。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  以上?<br>
-<b>GM</b>   ジャッジメント。<br>
-<b>GM</b>   皆様に任せましょう。*<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 後のことは後のこと、士朗さんが一緒なら大丈夫だよ!+<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   はっはっは +<br>
-<b>GM</b>   士朗さん、ご本人です。<br>
-<b>GM</b>   最後に……クロスをどうぞ?<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>    +で。<br>
-<b>GM</b>   可決。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> やったね、可決ー!!<br>
-   <br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> コ、これでいいのでしょうか?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 士朗さん、格好良かったよ!<br>
-<strong>GM</strong> ふふ、泥を吐きそうなくらい、甘い考えですね。(微笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> OK!ご苦労様です!<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   OK!<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> しろーは甘すぎる。自分でも思いますよ(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 何も辛い考えばかりじゃつまらんしw<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 甘くて結構! どうせ現実は苦いんだ!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> なら、そのなかに更に苦みを増やしてもしかたあんめえ<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> コーヒーには砂糖とミルクたっぷりが趣味でねw<br>
-
-<b>GM</b>   あはは<br>
-<strong>GM</strong> その甘味の気持ち悪さを突いたシナリオです。<br>
-
-<strong>GM</strong> しかし、それすらも許容して、飲み込んで。 生きていくのでしょうか。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 残念だけど、ボクらは甘党なんだよ!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 生きてくってのは、そういうことかな<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 人間は苦みも辛みも酸っぱさも、そして甘さもかみしめて生きていくのさw<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> そのどれが欠けても、美味しい料理はできない。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 1つだけ突出しても、まずいだけ<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ふみ。どうやらゆぜが登場することはないな。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> というか、上の台詞ってゆぜの台詞じゃない(笑)<br>
-
-   <br>
-<b>GM</b>   泥が引いて行きます。<br>
-<b>GM</b>   ぱり<br>
-<b>GM</b>   ぱしん<br>
-<b>GM</b>   砕けて、散ってゆく。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br>
-<strong>GM</strong> 複雑な表情で、それを眺めるヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……姉様…………」<br>
-<b>GM</b>   わからない。 わからなさに。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……降りなさい、ティア。<br>
-
-<b>GM</b>           ……体、痛いでしょう? 疲れたでしょう?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……はい、姉様…………」<br>
-
-<b>GM</b>   適当なところに、降ります。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ティアくん、ヴィヴィさん」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……なんでしょう?」<br>
-
-<b>GM</b>   覚悟を決めたような表情で。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽さん……」<br>
-<b>GM</b>   応答します。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・大丈夫なんだよ」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> なにが、とは言わない。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> きっと、すべてが、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「なんとかなるさ、これからも、ね」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……そうですよね。 そうですよね。 そうだよ、ね!」<br>
-
-<b>GM</b>   微笑を、浮かべて。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ね、姉様?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………………………、  。 ええ……」<br>
-
-<b>GM</b>   何か言おうとして。<br>
-<b>GM</b>   凄く苦しいものをかみ締めた表情で。<br>
-<b>GM</b> 無理矢理に、気持ち悪くて苦くて渋いものを飲み込んだ表情で。<br>
-
-<b>GM</b>   答える、ヴィヴィーヴィ。<br>
-<b>GM</b>   目を閉じて。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「そう、ね。 ティア。  」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……ありがとう、ね」 そっと。 彼を抱きしめます。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> /そこには確かな、感情があった。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> /歓喜でも、絶望でもない、曖昧な。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……」 ちょっと頬を赤らめて。 頷くティアティア。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> /けれども、包み込むように暖かな、感情が。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> /・・・・・・ティアティアは、確かな「シアワセ」を感じていた。<br>
-
-<b>GM</b> そしてそこに。 自分の傲慢さと言う、少しの気持ち悪さも、抱いて。<br>
-
-<b>GM</b>   麟さん、何かないですか?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> いや、これで綺麗だし私はいいよ(苦笑<br>
-
-<b>GM</b>   士朗さんのところに移しましょう。<br>
-<strong>GM</strong> ティアティア、神楽、ヴィヴィーヴィの視点から<br>
-
-<b>GM</b>   泥と血が収束していくのが見えます。<br>
-<b>GM</b>   ……<br>
-<b>GM</b>   どうぞ、士朗さん。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   ほあ? 私が先?<br>
-<b>GM</b> 貴方の腕には、五体満足でトリッドが抱かれています。<br>
-
-   <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> そういえば、種族的にトリッドは吸血鬼になったのかな?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> さあ? でも吸血鬼になるならいいんじゃない?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> しろーさんといっしょで(笑<br>
-<b>GM</b>   再生 と言う力を使ったのなら<br>
-<b>GM</b>   トリッドのままかもしれません。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 触媒に血を使ってるけどね。<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b> 吸血鬼の血を受けたわけですからねえ。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   さてねぇw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> あ、ちなみにヴィヴィさんは天使じゃなくなったんだよね~。<br>
-
-<b>GM</b>   えぇぇえぇぇえええええぇぇ!?<br>
-<b>GM</b>   どうするんですか、これから!?(苦笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> いや、属性的には天使なんだけど。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ああ、そう言えば。天使の力はトリッドに残ったって、言ってたな(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> えっと・・・・・・天女?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> さっき唱えた呪文がね、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> (意訳・とっても怖い神様、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> この魂、強いから力を分けて眷族にしましょう。よろしくお願いします)<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> という意味なんだよ(笑<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> なんか、訳すると一気に脱力(笑<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   たははw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> だから、いまやヴィヴィさんは天使にあらず、天女!<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「飛べなくなってしまったわ、ティア」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「えぇ!? どうするの姉様!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「大丈夫、部屋はいっぱいあるんだよ!」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「貴方がいるじゃないの」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「え?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「貴方の羽根を研究して、羽衣でも織るわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「えええぇっ!?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「さ、よこしなさい。研究材料」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ティアティア・・・やっぱり姉ちゃんにこき使われてるんだ(苦笑)<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   たははw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 凄い勢いでティアくんが不運に(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> お姉ちゃん。最強だな(笑<br>
-<b><font color=
-"lime">譲二</font></b> しかもゆぜとあってもきりつけられるしかれ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いや、全力で衝動を抑えるよ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 敵対してたり、攻撃して来なきゃあ基本的に関わるつもりはない。<br>
-
-<b>見学者2</b>   まさに幸せと不幸は表裏一体。<br>
-   <br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……ぅ……」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「……良かった……何とかなりました……」<br>
-
-<b>GM</b>   血塗れで。 泥だらけな、トリッド。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……はぁ……」<br>
-<b>GM</b>   目を開きます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「おはようございます、とりっどさん」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「おはようございます、士朗さん」<br>
-
-<b>GM</b>   眩しそうに、空を見上げます。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「あぁ――――空って、青いんですね」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「? そーですよ。とってもあおいです」」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「今の俺は、真っ赤だ」<br>
-<b>GM</b>   自分の体を見て。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「私も、まっかっかです」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「はぁ…………、なんだか、とっても」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「気持ち悪いです」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そりゃー、血まみれだと気持ち悪いですよ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「ドロドロ、ベタベタ。 ああ――。<br>
-
-<b>GM</b>       貴方の優しさが。俺という存在が。<br>
-
-<b>GM</b>       青い空が。塗れた血が。  こびりついた、泥が。<br>
-
-<b>GM</b>        気持ち悪い。 はぁ」<br>
-<b>GM</b> 目を閉じて。 腕から離れて、立ち上がります。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そんな! ひどいですよ、気持ち悪いだなんて!」<br>
-
-<b>GM</b> 瞼を、ゆっくり開いて。 士朗さんを見つめます。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺には気持ち悪いんですよ。 でもね、士朗さん」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「気持ち悪いって事は、生きてるらしいですね」<br>
-
-<font color="navy"><font color=
-"#000000"><strong>GM</strong> それすらも気持ち悪いというように、地面を足で、とんとん、とします。</font><br>
-
-<strong>士朗 </strong></font>  「そーなんですか?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「――まぁ、良いです。 良いですよ。<br>
-
-<b>GM</b>       俺の力、あらかた壊れてしまったみたいですし」<br>
-
-<b>GM</b>   両手を見ます。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「まあ、生きてれば何とかなりますよ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「えらく楽観的ですね。 ははは」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そーですかね? 私、楽観的ですか?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「飛びきり楽観的です」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「なのですか。まー、悲観的よりはいいじゃないですか」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「まったく。 まったく。 まったく。 反吐が出るほど、<br>
-
-<b>GM</b>         ―――笑えます」<br>
-<b>GM</b>   と言って、放り投げます。<br>
-<b>GM</b>   あの林檎を。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   キャッチします。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「最後の一個ですよ。 あげます」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「おー、ありがとうございます。でも……」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> といって、半分に割ります。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  「半分、どうぞ」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「私が勝ったら、一緒においしいもの、食べるんでしたよね?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……、は。 あはは」<br>
-<b>GM</b>   受け取ります。<br>
-<b>GM</b>   しゃくり、とかじって。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 私もしゃくりとかじります。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺、味覚ってもんないんですけどね。<br>
-
-<b>GM</b>       なかったはずなんですけどね。はぁ……困ったな」<br>
-
-<b>GM</b>   頭を掻きます。<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「?」<br>
-<b>GM</b> そして、食べかけの林檎を指先でくるくる廻し、<br>
-
-<b>GM</b>   上に飛ばして、キャッチして。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……美味いですね」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そうですか! 良かったです!」<br>
-
-<b>GM</b> ふ―― と、 悲しげにも楽しげに。 苦しげにも嬉しげに。 微笑みます。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「あー、幸せ……」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> と、言いながら、しゃくりしゃくりと食べます。<br>
-
-<strong>GM</strong>   さて――<br>
-<strong>GM</strong>   そこへ集まりましょうか、皆様?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ヴィヴィさんと一緒に、ティアくんに運んでもらおう(笑<br>
-
-<b>GM</b>   ちょっと、彼致命傷(苦笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 大丈夫、ボクも致命傷(笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>  ガンバレ~。<br>
-<b>GM</b>   うわぁ<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 戦闘が終わったんだから、誰か治してやんなよw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> おお、そういえば治せるよボク(笑<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「ティア……大丈夫?」<br>
-
-<b>GM</b>   自分がやったとはいえ、酷い傷。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「ごめんなさい……ごめんなさい、ティア……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「良いよ、姉様。僕が勝手でやったんだから……<br>
-
-<b>GM</b>           大丈夫さ。この位……」<br>
-<b>GM</b>   片翼を広げて見せるティアティア。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……そう……」<br>
-<b>GM</b>   弟を。少し眩しそうに見て。 そして。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「なら、私と神楽さんを、トリッドのところまで連れてって」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ええっ!?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「大丈夫なんでしょう? 貴方の責任なのでしょう?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ちょっ……この傷、はっきり言って姉様のせいだよ!?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「自分が原因とさっき明言したじゃない。<br>
-
-<b>GM</b>           ―――男に二言が在るのね」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「う」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「少し逞しくなったと思ったけれど、<br>
-
-<b>GM</b>           ……気のせいだったみたいね。<br>
-
-<b>GM</b>           残念だわ。私は少し悲しいわ、ティア」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「う、うぅ ……うぅ、わ、わかったよ!<br>
-
-<b>GM</b>         わかったよ姉様! 連れていけば良いんだろう!!」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「そう。 ところで」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……何?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「あの程度で論破されるなんて。<br>
-
-<b>GM</b>           まだまだね。頭の方は全然逞しくないわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……………………」<br>
-<b>GM</b>   もぅ、何も言わずに翼を広げますよ。<br>
-   <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ティアくんがパシられてるー!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ヴィヴィさんやっぱり強いー、ってか偉そうー!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> きっと、天界でもこんな力関係なんだろうな(笑<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> ふう、ヴぃヴぃーヴぃさんも、もう心配なさそうですね。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b> てぃあてぃあさんも。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> たはは、確かにねぇw<br>
-<b>見学者2</b> これで待たすごいパシリがまた一人・・・・w<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ああw可哀想に可哀想に(笑)<br>
-<b>見学者2</b> ティア君・・・後で酒でも酌み交わそう・・・。<br>
-
-<b>GM</b>   何だかシンパシー感じてる人がいます。<br>
-<b>GM</b>   て言うか、麟さんいずこ?(苦笑<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   ん?<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いや、現場にはいるでしょ。・・・発言してないだけで<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   さてねぇ(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> どこかで後始末してるかもしれませんw<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ていうか、ティアティア君。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> かぐらん背負って、ヴィヴィーヴィさんは?だっこか?<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   肩の上。<br>
-<b>GM</b>   辛いなぁ。(苦笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「パンチよ、ティア!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「ま゛っ!」<br>
-<b>GM</b>   どこぉん<br>
-<b>GM</b>   違うよ!<br>
-<b>GM</b>   なんだよそれ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   はっはっは!<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 二人も背負って飛んでるんだ(笑)・・・可哀想w<br>
-
-<b>GM</b>   なんだかティアティアと<br>
-<b>GM</b> ある意味ヴィヴィーヴィの人気も上層しそうですね。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ティアくんのは不幸人気だけどね(笑<br>
-
-<b>GM</b>   ヴィヴィは?<br>
-<font color="darkred"><font color=
-"#000000"><strong>GM</strong> セクシーインテリ姉様?</font><br>
-
-<strong>神楽 </strong></font>   女王様人気?(笑<br>
-<b>GM</b>   女王様って。(苦笑<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   トリッドよりも、<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ヴィヴィの方が要注意人物と思うのは、私の気のせいか(笑<br>
-
-   <br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「なんだかなぁ・・・・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 呆れながら、拍子を打つ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「其は、柏手」(パンパン)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「極めて汚きも滞無ければ穢はあらじ、内外の玉垣清淨と申す」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 光が、ティアティアの傷を癒す。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「わ……」<br>
-<b>GM</b>   傷が治っていくのを見ます。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ゴーだよ、ティアくん。馬車馬の如く頑張って」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「行くのよ、ティア」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「結局それなの!?」<br>
-<b>GM</b>   ばっさ、ばっさ、ばっさ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> (かぐらん、馬車馬のようにってw)<br>
-
-<b>GM</b>   と言うわけで、士朗さんの元へ来ますよ。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「はっはっは、ちっと疲れたから・・・・・・あと、よろしく~」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ティアくんの背中で休ませてもらうよ~。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ・・・・・・そういえば、麟さんどこ?<br>
-
-<b>GM</b>   ねぇ、どこですか?<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> さってぇ・・・どうしましょうかねぇ(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 何かここにいても出番なさそうだからさぁ、<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ちょっち後片付けの準備のためにもうココにはいないかなぁ<br>
-
-<b>GM</b>   居なくなってる。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「士朗さん、何か来ましたよ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   何かって(苦笑<br>
-<b>GM</b>   ばっさ、ばっさ。 すた。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「おや? あ、皆さん!」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……ようこそ、ティアティア君。 それと我が生みの親」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「トリッド……」<br>
-<b>GM</b>   それでも恨みがましい顔をしています。<br>
-<b>GM</b>   でも、剣なくなっちゃいましたからね。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「お~す、士朗さん及びにその友人」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ボクに挨拶しなかったのはわざと?(笑」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「ああ、これはどうも。神楽さん……でしたっけ?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「うむ。神楽さんなんだよ、トリッド君」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「おかげで死にかけましたよ。 あはは」<br>
-
-<b>GM</b>   笑います。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「はっはっは、殺す気たっぷりだったよ、あはははは」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   笑います。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ええー!? そうだったんですか!?」>かぐらさん<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ああ、うん、けど・・・・・・今、生きてるよね?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「結果よければ、それでいいのさ!」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……トリッド」<br>
-<b>GM</b>   ティアから離れて、トリッドに言います。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「なんですか? 健康な身体を取り戻したみたいで<br>
-
-<b>GM</b>       ……なんと言いますか。 ええ。 胸糞悪いですね」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「お互い様よ、トリッド。<br>
-
-<b>GM</b>           貴方の存在がこの上なく気持ち悪いわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「言いますね。 貴方が作ったくせに」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「私が作ったからよ。それゆえに、<br>
-
-           ……どうやっても真正面から見据えるしかないのよ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「とりあえず、済んでしまった事はしかたがない。<br>
-
-            私達は――罪深い。<br>
-<b>GM</b>           どこまでも罪深い。 今ならわかるわね?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「わかりますよ。 痛いくらいにわかります。 だから、」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「そう、だから、償わないといけないわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「そうですね。それもありますけど。 俺、思うんです」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「だから、幸せになれると。 幸せを知れると」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……随分、楽観的になったわね。 楽観的過ぎるわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「士朗さんに、影響されたんじゃないですか」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「迷惑な話ね。 とりあえずは、償いよ、トリッド」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「私?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「あなたですよ、士朗さん。 で、償いとは?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「とりあえず町を綺麗にしなさい」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「ああ、成る程。 ……ん?」<br>
-<b>GM</b>   腕を組んで首を傾げます。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……あれ? 俺だけですか?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「私の力は大部分なくなってしまったわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……俺もなんですけれど」<br>
-<b>GM</b>   …………<br>
-<b>GM</b>   沈黙が、続きます。<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> (だぁっはっはっはw)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・肉体労働、かなぁ?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「えっ……姉様が肉体労働とか、無理だと思うけれど」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「いや・・・・・・幸い、傷も癒えてるし」(ぼそっ)<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「わ、私も血が足んなくて、動けないですし」<br>
-
-<b>GM</b> 考えていたヴィヴィーヴィが、顎に当てていた手を外して、言います。<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「しかたないわ。とりあえずどこかで休みましょう」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……そうですか」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「そ、そうしましょう!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ティアくん、運んで~」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「そうしてトリッドを改造して、能力を戻せば良いわ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……結局俺なんですか?」<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「最も効率的で、最も適当だからね」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「あ、とりっどさん、ちょっと構造、変わっちゃったかもしれません」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「私の血、混ぜちゃいましたから」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「とりあえず分析してみてから……ですね。<br>
-
-<b>GM</b>           貴方の血もサンプルに頂きますので、<br>
-
-<b>GM</b>           そのつもりでいらっしゃって下さい」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「と、とりあえずどこかに……って、どこに行くの、姉様?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「戻ろうか? またスメバミヤコに?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「スメバミヤコだそうよ。 ティア」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「は、はあ。じゃあ、とりあえず、スメバミヤコに帰りますか」<br>
-
-   <br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いま、スメバミヤコに帰ると、<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 誕生パーティが開かれてるかもしれません(笑<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   はっ!<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   はっはっはw<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いや、その前に。まだ片づけちゅうか?<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 誕生会に乗り込むと、莠世が襲い掛かってくるのでは?(汗<br>
-
-<b>見学者2</b>   人造天使と元天使?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 普通の天使(ティアティア)もいるよ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いや。もう天使じゃないなら襲いかからない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ティアくんはまだ天然物(天使)だよ~(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> あと、譲二がいるから(笑)<br>
-<b>見学者2</b>   ドンドン平和に・・・w<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> さて、全てをてぃあてぃあさんに押し付けることはできないものですかねえ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> いや、譲二に気を取られてて、天使が現れたくらいじゃ、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 衝動に支配されることはないよ(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ラブパワーで押さえるのか(笑<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> というか、衝動は余裕が無い時に支配されるんですよ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 今は、満ち足りてるので(笑)<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ちょっかいさえかけられなきゃ、押さえ込める<br>
-
-   <br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「あそこ……迷惑じゃないのかなぁ?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「背に腹は変えられないと言うわ。<br>
-
-<b>GM</b>           やむを得ないとも言うわね。<br>
-
-<b>GM</b>           必然的運命事項でしょう。 しかたないわ」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「気にしない気にしない。ティアくん、ゴー」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> そういえば、話してる間も背中から降りてないなぁ(笑<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………結局僕か。 うーぃ」<br>
-
-<b>GM</b>   溜息を吐いて。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ボク怪我人~、もう死にそう。だから頑張って~」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺達どうしましょうか、士朗さん。 俺、今飛べないですし……」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「うーん、私が、がんばって飛びましょう!」<br>
-
-<b>GM</b>   歩けば?(笑<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「……なので、誰か、血、ください……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……僕の血、あげましょうか……」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「貴方の血を飲んだら、<br>
-
-<b>GM</b>           多分……体組成が分解されると思うわ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ええー!? そうなのですか!?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「え、じゃあ、姉様……は?」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b>「私の再構築に、貴方の剣を使ったわよね?<br>
-
-<b>GM</b>           基本構成は同じになっちゃってると思うわよ」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「俺は……泥ですしねぇ」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> たらり、冷たい汗がたれる。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「……じゃー、すみませんけど、かぐらさん、ください」<br>
-
-<b>GM</b>   死ぬな。<br>
-<b>GM</b>   神楽さん死にますね。(笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ダッシュだ! ティアくん!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 「ボクはもはや、一滴の血も無駄には出来ない(!笑」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「えっ!? あっ!? は、はい!」<br>
-
-<b>GM</b>   ば、びゅーーーんっ!!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> というわけで、逃走(笑<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……行っちゃいましたね……」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>   「そ、そんなあ!」<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   (麟さんは?)<br>
-<b>GM</b>   麟さん行方不明。(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> (ここにゃいませんw<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b>  渡り鳥ってのは気がつけばいないのが鉄則ですしねw)<br>
-
-<b>GM</b> (後で、麟さんの場面を作りましょうか。)<br>
-
-<b>GM</b>   (後でお聞きしますので、<br>
-<b>GM</b> 何かアイデアがあったら、暖めておいてくださいな)<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> (はーい、今のところちょっと殴りこみにいく予定でーすw)<br>
-
-<font color=
-"#000080"><strong>士朗 </strong></font> 「り、りんさんは……っていない!?」<br>
-
-<strong>GM</strong>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……仕方ないですね、士朗さん。<br>
-
-<b>GM</b>       俺達は、人間よろしく歩きましょうか」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「……ですね。仕方ないです」<br>
-<b>GM</b>   林檎の最後の一口を口に放りこんで。<br>
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「泥に塗れた大地を、踏みしめて……ですかね」<br>
-
-<b>GM</b>   一歩。一歩。 踏み出します。<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗 </font></b> 「ま、歩くのもたまにはいいもんです」<br>
-
-<b>GM</b>   <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……ははは」<br>
-<b>GM</b>   空は青く。<br>
-<b>GM</b>   青く。<br>
-<b>GM</b>   青い………… 地面は。<br>
-<b>GM</b>   泥に、塗れて、黒くあるべきだ。<br>
-<b>GM</b> 本当にそうなのか。 わからないけれど。 それでも<br>
-
-<b>GM</b> 良いのではないか、と。             思うことも、大切だ。<br>
-
-   <br>
-<b>GM</b>   神楽さんのアパートに住み着くと言う事は<br>
-<b>GM</b>   アパート崩壊の危機ですね。<br>
-<b>GM</b> ヴィヴィーヴィの傍若無人な実験が……………………<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>   傍若無人なんだ(笑<br>
-<b>見学者2</b>   毎日のように爆発が?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 201号室・空部屋 202号室・幽霊<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 203号室・ボク 204号室・士朗さん(幽霊付)<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 今なら二部屋空いてるよ!(笑<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   二部屋!?w<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> なにその都合の良い空き部屋w<br>
-<b>見学者2</b>   今度誰が入居するんだろうねえ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> きっと、201号室はヴィヴィさんが占領して、<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> 202号室にトリッドとティアティア詰め込まれるんだろうね<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>   ひ、ひでぇw<br>
-<b>見学者2</b>   ああ、調度二組の空きがw<br>
-<b>GM</b>   あはは<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> トリッドは士朗さんのところに相部屋じゃないの?<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> んで、201がヴィヴィさんで<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 202がティアくん&実験室<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ああ。それもありかw<br>
-<b>見学者2</b> たぶん稼ぐのもトリッドとティアの二人なんだろうなw<br>
-
-<b>見学者2</b>   弱いぞ!?男衆w<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> いや、ヴィヴィさんが強いんだ(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> パシラレ体質か、二人とも(笑<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世</font></b> ティアティアなんて、かぐらんにも足として使われてるしなw<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>   はっはっは。<br></p>
-<p align="center"><a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/18.html">Back</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/21.html">Next</a></p>
+<p align="left"><br />
+<br />
+<b>GM</b>  さて――<br />
+<b>GM</b>  前回までのところは大丈夫ですね?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  はい、致命~。<br />
+<b>GM</b> イニシアティブを(またしても)ヴィヴィーヴィが取ったところです。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  でしたねえ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  ういうい<br />
+<b>GM</b>  神楽さんは致命傷<br />
+<b>GM</b>  他の方は全回復中です。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 次は先手が取れるように、DP使っていくよ。<br />
+<b>GM</b>  運切ってく方法もありますけれどね。(笑<br />
+<b>GM</b>  では<br />
+<b>GM</b>  能行動宣言です。<br />
+<b>GM</b> ……イニシアティブの時点で、空気中に気体として散ったヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b>  次なる行動は……攻撃、ですね。<br />
+<b>GM</b>  …… …………  ……………………<br />
+<strong>GM</strong> 姿は見えない。 声も聞こえない。 しかし――<br />
+<b>GM</b>  命の気配は、する。<br />
+<strong>GM</strong> 攻撃対象となったのは、神楽、麟、士朗……ティアティア。<br />
+<strong>GM</strong> 彼らは命がある。 生きている。 それ故に、呼吸する。<br />
+<strong>GM</strong> 呼吸と言うのは外気を体内に取りこむ行為――外気の、水蒸気をも。<br />
+<b>GM</b>  そしてヴィヴィーヴィは……<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……………………」<br />
+<strong>GM</strong> 体内で結露し、内側から全員の体組織を――破壊する!!<br />
+<strong>GM</strong> 静かなる、そして確実なる、避けようもなければ防ぎようもなく、耐えようもない<br />
+<strong>GM</strong> どうしようもない、内側からの斬殺攻撃!!<br />
+<strong>GM</strong> 五行使い(水) 超科学 操作 全て神域で使用。 ボーナス+2です。<br />
+<b>GM</b>  受動行動に移りましょう。<br />
+<b>GM</b>  先人を切る方ー?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  ボク、行こうか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  ではどうぞー<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  お願いします。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 不思議な感覚が身を包む。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 今までにも迦具土を身に降ろした事はあったけれど、それとは違う。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  全てがわかる。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  微かな風揺らぎ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  デコボコになった大地の起伏。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  その全てを、掌握している。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  まだ傷は痛いし、全力で動くなんて無理だけど。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  今は―――なにも当たらない気がする。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  〈降神術〉 社会・共感 自我・感覚を神域で使用! <br />
+<b><font>神楽 </font></b>  神の感覚セブンセンシズは全てを読み取る!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  見えざる霧すら例外ではない!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  以上!<br />
+<b>GM</b> 成る程。 自然界と共感しているのですね。<br />
+<b>GM</b> ただし、霧は避けられても水蒸気は避けられるでしょうか?(くすり<br />
+<b>GM</b>  回避、ですね?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  うい。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> んでは、次は私がいきますかねぇ<br />
+<b>GM</b>  はい<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  どうぞ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「さってとぉ、コイツで何処までいけるやらっと」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>ムチが唸る<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>ムチが唸る<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> その音の感覚はどんどんと短くなっていき<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>―――風が吹いた<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 避けられないなら、吹き飛ばしてでもッ<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 絢爛舞踏 日本一 [機敏・移動] 神域で+2<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>以上<br />
+<b>GM</b>  回避ですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  っと、回避です<br />
+<b>GM</b>  了解です。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  次は私?<br />
+<b>GM</b>  ええと<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> とりっどさん、先にしますか?<br />
+<b>GM</b> ティアティアやトリッドに先に動いてもらいたいのであれば、それでも良いですよ。<br />
+<b>GM</b>  では、トリッド行きましょうか。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> では、お願いします。<br />
+<b>GM</b> 空中に浮かびし、何人もの、何体もの、トリッド。<br />
+<strong>GM</strong> 彼らは微笑む。 彼らは、彼らは。 彼らは幸せの象徴。 彼らは『幸せ』そのもの。<br />
+<b>GM</b>  少なくとも――――<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「「――俺はそう、信じています」」<br />
+<b>GM</b>  重なる声。<br />
+<strong>GM</strong> 彼らは青い翼を羽ばたかせ、上空へと上る。<br />
+<strong>GM</strong> 翼から羽毛が舞い散る。 舞い散る。 舞い散る。  <br />
+<strong>GM</strong> とても幻想的に――だけどそれは泥で、汚泥で。 包まれれば幸せになれるけれど、同時に汚れる。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「「どんな幸せも。 どこか汚いもの……」」<br />
+<b>GM</b>  ひらり ふわり<br />
+<strong>GM</strong> それでも 人々は 全ての命は 幸せを 望むのだ。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「「そう言うものでしょう」」<br />
+<strong>GM</strong> そんな思想。 思想が包む。 彼らを包む。 逃れられはしない。 逃がさない。<br />
+<strong>GM</strong> ……空想具現化 形無き者 創造 全て神域で、邪魔行動。<br />
+<strong>GM</strong> ティアティア、行きますか? それとも士朗さん行きますか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> じゃ、私が行きます。<br />
+<b>GM</b>  どうぞ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 空気の中にヴぃヴぃーヴぃさんがいるなら、その空気をすわなければいい。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 息を止めれば、この攻撃は防げる。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> それによって、脳細胞が死に始めても、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> バンパイアと、再生者、二つの再生力によって、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 端から生き返ってゆくだろう。<br />
+   <br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ん?つうか士郎さん。貴方ヴァンパイアなら呼吸しなくても平気なんじゃ?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> そもそもヴァンパイアは、死んでんじゃんw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> な! そ、そうだったんですか!? しらなかった……。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> まあ、魔都のヴァンパイアは呼吸が必要、ということでw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> そ、そうです。しろーには呼吸が必要なのです!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  ……多分。<br />
+<b>見学者1</b> ヴァンパイアは二酸化炭素を吸って酸素を吐き出します<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  w<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  植物!?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  植物ですか!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  木だったんだ(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> じゃあ今度、差入に六甲の美味しい水をあげようw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  血液で育ちます(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  アルラウネ?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 士朗さんみたいなのが大量に!?(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 世の中平和になりそうだ・・・・(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> はっ! ということはどこかにオリジナル士朗さんが(笑<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b> のんびりと自分を育ててる?(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> あーwいいな、それ!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「んー、早く大きくならないですかねー」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  って?<br />
+<b>GM</b>  と言うか<br />
+<b>GM</b>  呼吸しなくても<br />
+<b>GM</b>  外側から攻撃できそうです。(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  あははw<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  そうそう。<br />
+   <br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  ってことで、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 剛力・頑強、夜の貴族、再生者、で、全て神域の+2ボーナスで、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  防御? かな?<br />
+<b>GM</b>  皆様防御に徹しますね。<br />
+<b>GM</b>  ティアティア君、反撃させますか。<br />
+<b>GM</b>  行きます。<br />
+<strong>GM</strong> ティアティアが剣に力を込める。 彼の命がそこへ注ぎ込まれる。<br />
+<strong>GM</strong> 赤く紅に。 チギレタ天使の剣に血がたぎる――! 生命は、沸騰する!!<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「僕の剣は――断つ!」<br />
+<b>GM</b>         天使も悪魔も神も魔王も……姉様が、くれた力だ。<br />
+<b>GM</b>         片翼の僕に潜在した力を取り出して――<br />
+<b>GM</b>         創ってくれた、チカラだ!<br />
+<b>GM</b>         この剣で僕は……姉様も断つ。 断って――引き戻す!」<br />
+<strong>GM</strong> 渾身の力を込めて、彼は振るう――――誰に?<br />
+<b>GM</b>  何に?<br />
+<strong>GM</strong> 決まっている。 ヴィヴィーヴィへ、トリッドへ、そして弱い自分へ。<br />
+<strong>GM</strong> 神剣 剣術 剛力 全て神域で――、ヴィヴィーヴィとトリッドへ、反撃です。<br />
+<b>GM</b>  さて、判定に移りましょう。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> GM、DP4点使って達成値+1とトゥルー効果って同時使用できる?<br />
+<b>GM</b>  ん<br />
+<b>GM</b>  出来ますよ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> うしっ、勝ちに行くよー(笑<br />
+<b>GM</b>  2d6 ヴィヴィーヴィ<br />
+<b>GM</b>  ヴィヴィーヴィ -&gt; 2D6 = [3,5] = 8<br />
+<b>GM</b>  +2<br />
+<b>GM</b>  で、10ですね。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  うぃ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 何とかなりそうかなぁw<br />
+<b>GM</b>  2d6+2 トリッド<br />
+<b>GM</b>  トリッド -&gt; 2D6+2 = [3,5]+2 = 10<br />
+<b>GM</b>  あれ? 全く同じ?(苦笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 馬鹿な! トリッドが普通だ!(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ていうかダイス目も一緒かw<br />
+<b>GM</b>  皆様もどうぞー?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> いや、何か振るの怖くてw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ふう、ようやくだイス神の気がかわったようです(笑)<br />
+<b>GM</b>  と言うか今日は別の人のダイスです。<br />
+<b>GM</b>  2d6 頑張れティアティア<br />
+<b>GM</b>  ティアティア -&gt; 2D6 = [1,4] = 5<br />
+<b>GM</b>  ……<br />
+<b>GM</b>  頑張れ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  (・・・・)<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ぎゃーーー! てぃあてぃあさんしんじゃいますよ!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ・・・ティア大丈夫かソレ・・・<br />
+<b><font>神楽 </font></b> はい、DP4点使用! +1とトゥルー効果!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  3d6+3 神楽<br />
+<b>GM</b>  神楽 -&gt; 3D6+3 = [6,4,6]+3 = 19<br />
+<b>GM</b>  おぉ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  おおっとぉ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 仇はとったよティアくん!(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> (うおおおおお!?)<br />
+<b>GM</b>  神威ですね。<br />
+<b>GM</b>  ただし神楽さん、防御ですので<br />
+<b>GM</b>  相手にダメージ無しです。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  ですねえ(笑)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> さて、これで気軽に振れるw<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  2d6+2 麟<br />
+<b>GM</b>  麟 -&gt; 2D6+2 = [3,2]+2 = 7<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  だっはっはw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  2d6+2 士朗<br />
+<b>GM</b>  士朗 -&gt; 2D6+2 = [2,4]+2 = 8<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  あははは(笑)<br />
+<b>GM</b>  ……<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  ダイス神ー!(泣<br />
+<b>GM</b>  やる気あるのかーっ!(苦笑<br />
+<b>GM</b>  と言うわけで。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ま、まああれだ。神楽さん頼みますw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  どうれ(笑<br />
+<b>GM</b>  鞭の風では防ぎきれない。<br />
+<strong>GM</strong> それは水蒸気。 空気に満遍なく含有された気体。<br />
+<strong>GM</strong> どんな風を引き起こしても――真空には、出来ない。<br />
+<strong>GM</strong> 微少だが、肺の中に入ったヴィヴィーヴィの破片は……麟を内側から切り刻む!<br />
+<strong>GM</strong> 呼吸を止める士朗。 しかしそれは……『内側』からを防いだに過ぎない。<br />
+<strong>GM</strong> 外側から……全方位から、余すところなく。 彼女の青は士朗の身体を蝕んだ。<br />
+<b>GM</b>  と言うわけで、お二方中傷。<br />
+<b>GM</b>  あら?<br />
+<b>GM</b>  トリッドにも負けてますね!<br />
+<b>GM</b>  幸せの羽毛。<br />
+<b>GM</b>  そう。<br />
+<b>GM</b>  麟さんの鞭捌きを邪魔する、羽毛。<br />
+<strong>GM </strong>麟さんのダメージランクが1、上昇します。<br />
+<b>GM</b>  重症ですね。<br />
+<b>GM</b>  士朗さんは、かろうじてセーフ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 中傷、1マス埋めればいいのですね?<br />
+<b>GM</b>  はい。<br />
+<b>GM</b> そして、姉に向かって生命を解き放ったティアティア……<br />
+<b>GM</b> その代償は大きく――そして、彼の思いは届かなかった。<br />
+<b>GM</b>  発散されていく力。 蝕む想水。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……が、あぁぁっ!!」<br />
+<b>GM </b>内側から切り刻まれ――血を吐く、ティアティア。<br />
+<b>GM </b>先ほど忘れていた+2、トリッドの邪魔を換算して――彼は<br />
+<b>GM</b>  致命傷。<br />
+<b>GM</b>  倒れ伏す、ティアティア。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「 くっ うっ ……でも、僕は……っ …………」<br />
+<b>GM</b>  しかし、剣は手放さない。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・ティアくん・・・・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 他に何も、言わない。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ただ、視線に力を込める。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ヴィヴィーヴィを助ける!<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……そろそろ、諦めませんか?」<br />
+<b>GM</b>  何故か困った風に、トリッドは言います。<br />
+<b>GM</b>  しゅるしゅると、一つの身体に戻り。<br />
+<b>GM</b> ひゅるひゅると、その隣にヴィヴィーヴィが姿をまた作る。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺は困りますよ。 俺は皆を幸せにしたいのに」<br />
+<b>GM</b>  手を額に当てます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「なんで苦しむんですか? 苦しむのが幸せなんですか?<br />
+<b>GM</b>       俺はそれすらも捨て去るような幸せを差し上げられますよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ――……――――、 …… 」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「それがわからないあんたに、幸せが作れるとは思えないからさ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「……えーと、とりっどさん」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……はい?」<br />
+<b>GM</b>  見下ろします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「とりっどさんが与えようとしている幸せは、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 幸せじゃないような気がするのです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「と、言いますと?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「全ての命は幸せを望んでるのは、分かるのですけど」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「解放は、幸せではないんじゃないかなー、と、思うのです」<br />
+<b>GM</b>  首を傾げる、トリッド。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「まだ――解説が、必要なんですか?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「全てからの解放って言うのは、『死』、なのです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「いや、これじゃーちょっと弱いですね。『滅』、です」<br />
+<b>GM</b> トリッドは腕を組みますね。 首を傾げたまま目を瞑り。<br />
+<b>GM</b>  答えます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……いけないんですか?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「そりゃそーです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「死だろうが、滅だろうが、それがいけないんですか?<br />
+<b>GM</b>       何がいけないんですか? 何も問題はないでしょう?<br />
+<b>GM</b>        『解放』でしょう?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「全ての命は、幸せよりも先に、『生』を望んでいるのですから」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「そんな事はないでしょう。<br />
+<b>GM</b>       生きていれば死ぬのは当然の帰結です。<br />
+<b>GM</b>       だから、生きて、死ぬまでの間、幸せで居たいのでしょう?<br />
+<b>GM</b>       だから、それを叶えるんです。 叶えられるんです。 俺は」<br />
+<b>GM</b> 腕を広げる。  なにかを、抱きとめるかのように、大きく。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ですから、あなたの幸せをもらうと、全ての命は『滅』んでしまうのです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「全てに命が求めているのは、次への『生』なのです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「次の『生』が……次の、『生』が、その人に。<br />
+<b>GM</b>        何の関係があるんですか」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「関係ありますよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「幸せは各個人各々それだけが持ち得る、<br />
+<b>GM</b>       酷く自己中心的で自分だけの、モノ――」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「それが間違いなのですね」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「次 とか 前 とか 他 とか 外 とか……関係ありませんよ」<br />
+<b>GM</b>  首を傾げます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せは、たくさんの人と感じられます」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せは、次へとまわせます」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せは、前の人に返せます」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せは、外に発することができます」<br />
+<b>GM</b> <strong><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></strong>「…………」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せは、そういうものです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「は――なしに。 話になりませんね<br />
+<b>GM</b>       結局感じているのは、貴方じゃないですか。<br />
+<b>GM</b>       結局感じているのは自分じゃないですか。<br />
+<b>GM</b>       結局感じているのは自覚であり、心であり、その人だけですよ。<br />
+<b>GM</b>       他の人と一緒だろうと、次にまわせようと、<br />
+<b>GM</b>       前に返せようと、外に発せようと……感じられるのは<br />
+<b>GM</b>       ……それ、だけだ。 主観だけなんですよ」<br />
+<b>GM</b>  翼を、広げる。<br />
+<b>GM</b>  カンケイナンテ カンケイナイ<br />
+<b>GM</b>  ケッキョク セカイハ<br />
+<strong>GM</strong> ジブンガ カンジル ハンイニシカ ナイノ ダカラ<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「その世界で。 幸せに、なれば、良い。<br />
+<b>GM</b>       その世界が、幸せならば、それで良いんです。<br />
+<b>GM</b>       結果滅ぶのなら、結果終わるのなら、そのまま幸せのまま<br />
+<b>GM</b>       ――終わるのならば、それで……良いんです」<br />
+<b>GM</b>  ……ぼろり。<br />
+<b>GM</b>  一瞬、彼の腕が崩れる。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……!」<br />
+<b>GM</b>  次の瞬間には直っています。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> /ただ漂っていただけのヴィヴィーヴィの輪郭がぶれる。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> トリッドの動揺に。気持ちの律動に応えるように。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 同時に、その内側に広がる思いに反応するように。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 脈動する、気配があった。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「それが、真実です。 それが醜いと言うのなら、悲しいのなら、<br />
+<b>GM</b>       幸せは、だから――泥まみれなんです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「とりっどさん、あなたを作ったヴぃヴぃーヴぃさんは、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 幸せが解放なんて思ってなかったのかもしれません」<br />
+<b>GM</b>  ……<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……いや、 そんな事はありませんよ」<br />
+<b>GM</b>  ソンナコトハナイ コトニ   ナッタ<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「彼女の思想は、そこで落ち着いたんです」<br />
+<b>GM</b>  ナンデ?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさんは、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「簡単な幸せを求められるのから解放されたくて、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「自分のしてることがいやだから、解放されたくて、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「みんな滅んでしまえば、そんなことしなくていいから、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そんなことしたのかもしれません」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「だって、嫌いな人を幸せにすることなんて、普通しないですもの」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……それは……どうかな。 どうでしょう」<br />
+<b>GM</b>  ふぅ。 と、溜息をついて。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「わかりましたよ。 わかりました。<br />
+<b>GM</b>       戦い、だったんですね。 試合、でしたっけ?<br />
+<b>GM</b>       続行しましょう。   俺は…………」<br />
+<b>GM</b>  …………<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「…………、……………………だから」<br />
+<b>GM</b>  長くなりましたが、次に移りましょう。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 初めての能動行動なんだよ!(笑<br />
+<b>GM</b>  ですよ!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  たははw<br />
+<b>GM</b>  何ができるかわかりますか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  攻撃!<br />
+<b>GM</b>  できますね。<br />
+<b>GM</b>  しますか。(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> えっと、回復と行動の譲渡?<br />
+<b>GM</b>  ですね。<br />
+<b>GM</b>  後特殊、中止です。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  特殊って?<br />
+<b>GM</b> 特殊は、ダメージは与えないけれど重要な行動です。<br />
+<b>GM</b> 能行動1回分消費するような、大掛かりなものですね。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  なるほど。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  でも攻撃!<br />
+<b>GM</b>  了解です。<br />
+<b>GM</b>  演出、対象指定、使用能力宣言、どうぞ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「其は・・・・・・柏手・・・・・・」(パン、パン)<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  約束がある。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「万物の・・・・・・霊と同体なるが・・・・・・故に・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 助けると約束した。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「為す所の・・・・・・願として・・・・・・成就せずと・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> それを、叶えてあげるのが。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・いふことなし! 無上霊宝 神道加持!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  今の―――全て。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  「天津神―――」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 打ち合わせた両の掌、そして胸元のペンダントから迸る力の本流。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  「国津神―――」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 赤というよりは紅。炎というよりは焔。そこに出で賜いしは破壊の象徴。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「八百萬の神達共に聞食せと―――畏み畏み申す!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> されど、それはどこまでも清浄な光。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 〈降神術〉 自我・感覚 知力・創造を神域、ボーナス+2!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「迷い打ち払え! 心清く在れ! 浄化の炎!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 対象、ヴィヴィーヴィ! 清めの火!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「迷うくらいなら――もっと、ティアくん大事にしろぉおおっっっ!!!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 小細工なし! 一直線に突き抜けろ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  以上だ!<br />
+<b>GM</b>  了解です!<br />
+<b>GM</b>  対象……ヴィヴィーヴィだけですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> あ~トリッドも入れたほうがいいと思うよ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> (複数に攻撃可能ですよ~)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 支援されると厄介だし<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  うむむむ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> じゃあ、トリッドも巻き込む感じで!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 主眼はヴィヴィーヴィだけれど。<br />
+<b>GM</b>  了解です。<br />
+<b>GM</b>  受動行動に移りましょう。<br />
+<b>GM</b> 率先して動きたい方、いらっしゃいますか?<br />
+<b>GM</b>  いなければ、いきますよ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  あー先どうぞ<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  どうぞ。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「水を相手に。泥を相手に。炎だなんて<br />
+<b>GM</b>       ……最初から負けているようなものです」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「激情じゃ、歓喜には勝てませんよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……、…………」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……」<br />
+<b>GM</b>  土が、盛り上がる。<br />
+<b>GM</b>  泥が。<br />
+<b>GM</b>  水が。<br />
+<b>GM</b> 青い、蒼い、藍い、水に溶かされた、泥が、土が、汚れが…………<br />
+<b>GM</b> 広がる。 空一杯に広がって、収束して、炎に相対する。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「神を降ろし向かい合うのなら、<br />
+<b>GM</b>       俺は世界を使い……幸せを歌い対峙しましょう」<br />
+<b>GM</b> 世界―― 世界。 世界そのものと言える質量の。<br />
+<b>GM</b>  青く茶色い水と泥。<br />
+<b>GM</b> 醜く汚く嫌悪感が走る色。 べとつきべたつき嫌になる感触。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「どうせ――神とは仲良くなれない存在です」<br />
+<b>GM</b> ぶしゅ ぁ ずしゃ ず ず ず しゃ ぁ ぁぁぁ あぁぁぁあああ!!!<br />
+<b>GM</b>  世界そのものが、落下してくる!!<br />
+<b>GM</b>  包み込み、押し流して行く!<br />
+<b>GM</b>  炎を……飲み込む!!<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ……五行使い(水) 操作 創造 いずれも神域<br />
+<b>GM</b> トリッド……空想具現化 形無き者 創造 いずれも神域<br />
+<b>GM</b>  両者、反撃……対象は。<br />
+<b>GM</b>  神楽 ティアティア 麟 士朗<br />
+<b>GM</b>  です。<br />
+<b>GM</b>  ティアティア、行ってよろしいですか?<br />
+<b>GM</b>  それとも、先にどなたか行きますか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 反撃って攻撃してきた対象以外にもできたのか…<br />
+<b>GM</b>  攻撃してきた対象も含みますけれどね。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ふぅむ、まあ、お先にどうぞ<br />
+<b>GM</b> 理由があれば、他の人も巻き込んで良いですよ。<br />
+<b>GM</b>  では。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「――神楽、さん」<br />
+<b>GM</b> 神楽に声がかけられる。 同じく血に爛れた、ティアティア……<br />
+<b>GM</b> しかし、翼を広げる。それを広げるのは、傷口を広げるのと同じなのに。<br />
+<b>GM</b> 彼が剣を掲げると、神楽の発する炎を巻きこみ<br />
+<b>GM</b>  ……それ自身が熱い熱い炎となります。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ありがとうございます――」<br />
+<b>GM</b> ばぁぁっ いっそう赤く輝く―― ティアティア!!<br />
+<b>GM</b>  神剣を……炎を、振るう!<br />
+<b>GM</b>  神楽さんに、協力<br />
+<b>GM</b>  剣術 神剣 操作 いずれも神域です。<br />
+<b>GM</b>  では、士朗さんどうぞ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> あーんじゃ私が行きますか<br />
+<b>GM</b>  あ、どうぞ~<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「ま、それじゃあ日本一の真髄ってヤツ、見せてやろうかねぇ」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> その周囲に精霊が集まり始める<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「さぁってお立会い!」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「其は、拍手ってか!」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> そう、神楽の言い方を真似て、手を叩く<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> すると、周囲に集まった精霊がその色を変え<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  ―――炎と化した<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「こいつも持ってきなぁっと!」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 日本一、その真髄は<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 見たものよりさらに上を目ざす心意気にこそあり!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> [操作・隠蔽] 絢爛舞踏 日本一 神域で+2 協力で<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  以上<br />
+<b>GM</b>  了解です。<br />
+<b>GM</b>  神楽さんに協力ですね?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  うい<br />
+<b><font>神楽 </font></b> どんどん+されていく!<br />
+<b>GM</b>  では、トリ。士朗さんです。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  うーん、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 行動しない場合はどうするんでしょう?<br />
+<b>GM</b>  はい?<br />
+<b>GM</b>  特殊のその他じゃないですか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あ、反撃に回避ってできます?<br />
+<b>GM</b>  反撃に回避は、ルール上出来ませんよ。<br />
+<b>GM</b> と言いますか、一丸となって皆が攻撃しているところで、回避ですか。(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> んーそれなら演出的には邪魔でいいんじゃないかと<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あらまあ、じゃー、もしも反撃されたときに、全員をかばうってのは、できます?<br />
+<b>GM</b>  かばう?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 庇うってあったっけ?<br />
+<b>GM</b>  ありませんけれど<br />
+<b>GM</b>  まぁ<br />
+<b>GM</b>  防御がそれに当たりますね。<br />
+<b>GM</b>  複数名防御できるんですよ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  なにぃっ!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ほー、そうなのですか。<br />
+<b>GM</b>  (知らなかった人居るかもしれませんが)<br />
+<b>GM</b>  と言いますか<br />
+<b>GM</b>  士朗さん<br />
+<b>GM</b>  やりたい事やってください。<br />
+<b>GM</b>  演出が素敵でしたら、認めますよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  う、うーん。<br />
+<b>GM</b>  とりあえず、ルール上は<br />
+<b>GM</b> 士朗さんのとれる行動は、邪魔 協力 その他。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  回復もあるよ?<br />
+<b>GM</b>  ありませんよ。<br />
+<b>GM</b>  受動行動ですから。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あ、そうなのですか。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> うーん、協力しましょう。一応。試合ですし。<br />
+<b>GM</b>  別に端っこの方で<br />
+<b>GM</b> お茶入れていても良いですけれど。>その他<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 一応こっち側についてるんですから、正々堂々戦わなくっちゃ。<br />
+<b>GM</b>  ですね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  ってことで、<br />
+<b>GM</b>  演出お願いします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> バンパイアの心の目、力王の力への干渉、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> それらを使い、神楽さんの攻撃が、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> もっと強くなるようにします。<br />
+<b>GM</b>  どんな風に干渉するのですか?<br />
+<b>GM</b>  格好良く、自己アピール!!<br />
+<b>GM</b>  もうひと超え、演出お願いします!<br />
+<b>GM</b> どんな風に干渉するのか、どんな風に目には見えるのか。<br />
+<b>GM</b>  格好良く、動きや台詞を交えて!<br />
+<font color="#000080"><strong>士朗 </strong><font color="#000000"> バンパイアの目で、神楽さんの攻撃がどんなものか理解。</font><br />
+<strong>士朗 </strong></font> その力を、さらに、力王の力への理解で、もっと、もっと<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  もっと<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  もっと<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 強い攻撃へと昇華させます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「一応、こっち側についてるので、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> しっかり勝ちに行きますよ?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  ってことで、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 剛力・頑強、夜の貴族、力王で、神域のボーナス+2で協力です。<br />
+<b>GM</b>  了解です。<br />
+<b>GM</b>  判定行きましょう。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ティアくん、麟さん、士朗さんの協力で+3、ボーナスと合わせて+5!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> よほどの事がなきゃ負けないよ!<br />
+<b>GM</b>  どうでしょう?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  2d6+5 神楽<br />
+<b>GM</b>  神楽 -&gt; 2D6+5 = [5,2]+5 = 12<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ・・・・・・び、みょうか!?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> うーん、不安な数字ですね。<br />
+<b>GM</b>  ヴィヴィーヴィ、トゥルー効果使います。<br />
+<b>GM</b>  (どーん)<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あ、DP使ってませんね。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  しまった!<br />
+<b>GM</b>  3d6+2 ヴィヴィーヴィ<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィ -&gt; 3D6+2 = [2,6,5]+2 = 15<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  まけたーw<br />
+<b>GM</b>  ちっ。14。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  のん、13<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  相変わらず高いwー<br />
+<b>GM</b>  あ、ですね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> えーすいんざほえーる使えばだいじょうぶ、かも?<br />
+<b>GM</b>  2d6+2 トリッド<br />
+<b>GM</b>  トリッド -&gt; 2D6+2 = [1,4]+2 = 7<br />
+<b>GM</b>  うわ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  トリッドw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  よし!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  またこれかw<br />
+<b>GM</b>  トリッド頑張れよ。(苦笑<br />
+<font color="#000080"><font color="#CC0099"><strong>莠世</strong></font><font color="#000000"> (その分ヴィヴィーヴィが頑張ってるんじゃw)</font><br />
+<strong>士朗 </strong></font> とりっどさんが死んでしまいます!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> やっぱ彼悩んでるんでしょうかねぇ士郎のことでw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  GM、DP3点消費!<br />
+<b>GM</b>  ちょっと待って下さい、神楽さん。<br />
+<b>GM</b>  全部終わってから、です。<br />
+<b>GM</b>  麟、士朗、どうぞ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  む、了解。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> まだ私たちがやっておりませぬ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> おっと、そういえば我々振ってませんな<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  2d6 麟<br />
+<b>GM</b>  麟 -&gt; 2D6 = [5,3] = 8<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  はっはっはw<br />
+<b>GM</b>  2d6+2 ティアティア<br />
+<b>GM</b>  ティアティア -&gt; 2D6+2 = [5,6]+2 = 13<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  2d6+2 士朗<br />
+<b>GM</b>  士朗 -&gt; 2D6+2 = [1,3]+2 = 6<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  えへヘ。<br />
+<b>GM</b>  ……トリッドと良い勝負。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 私達駄目駄目ですなぁw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> (おーおねーちゃんと一緒の数値だ)<br />
+<b>GM</b>  では、DP使用申告どうぞ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 世の中間違ってる(シクシク<br />
+<b><font>神楽 </font></b> エースインザホール!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 3点消費で達成値に+2! 合計した達成値14!<br />
+<b>GM</b>  ……他には、いらっしゃいませんか?<br />
+<b>GM</b>  では、照らし合わせ……トップは神楽。<br />
+<b>GM</b>  彼女には――ダメージなしです。が。<br />
+<b>GM</b>  麟さんにはヴィヴィーヴィの攻撃が<br />
+<b>GM</b> 士朗さんには、ヴィヴィーヴィとトリッドの攻撃が行きますよ。<br />
+<b>GM</b>  ティアティア君は、死亡まで埋まります。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> え、来るんだ・・・<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あ、私も死んじゃいますね。<br />
+<b>GM</b>  あれ?<br />
+<b>GM</b>  はっ<br />
+<b>GM</b>  攻撃神楽さん!?<br />
+<b>GM</b>  見事に全部弾き返された!?<br />
+<font color="#8B0000"><strong>神楽 </strong></font> 反撃失敗だから全部なしだね?<br />
+<strong>GM</strong>  では。<br />
+<b>GM</b>  ぶつかる――<br />
+<b>GM</b> 水 泥      炎! 炎! 焔!! 焔!!!<br />
+<b>GM</b> ど、お お お お お おぉぉぉぉぉおおおおおお!! !!!<br />
+<b>GM</b>  視界が利かなくなる。<br />
+<b>GM</b>  白と 黒と<br />
+<b>GM</b>  青と 赤と<br />
+<b>GM</b>  ――――<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……っ …………」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……、姉様。 …………トリ……ッド……」<br />
+<b>GM</b>  全てを弾き返した、炎。<br />
+<b>GM</b>  青き天使も、汚れし泥人形も。<br />
+<b>GM</b> 炎に包まれ……その身体を、消失――いや、焼失させられた。<br />
+<b>GM</b>  ヴィヴィーヴィ……重症。<br />
+<b>GM</b>  トリッド……致命。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「がっ、はっ……な、ん…………    。   」<br />
+<b>GM</b> すでに足もなく。 腕もなく。 翼も……欠けて。<br />
+<b>GM</b>  そして、再生はしない。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「と、とりっどさん!!」<br />
+<b>GM</b> ダメージを受けた部分から、ボロボロと崩れて。 ボロボロと砕けて。<br />
+<b>GM</b>  なにかが邪魔しているかのように。……<br />
+<b>GM</b>  翼を失えば、当然――落ちる――。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 落ちないように、助けに行きます!<br />
+<b>GM</b>  どうぞ。<br />
+<b>GM</b>  皆様も演出や行動どうぞ?<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……」<br />
+<b>GM</b> かろうじて、姿を保っていたような、ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> びしゃびしゃ。 ばしゃばしゃと。 その体が滴り落ちてゆく。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ああ、ヴぃヴぃーヴぃさんも!」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「 ………… 」<br />
+<b>GM</b>  何かを言う様にして、何も言わない。<br />
+<b>GM</b>  青い液体は、徐々に高度を下げてゆく。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  「ティアくん!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 膝を突き、精根尽きたような姿のまま、ティアティアを呼ぶ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ボクを・・・・・・ヴィヴィーヴィさんの傍につれてって・・・・・・」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……! はい!」<br />
+<b>GM</b>  翼を広げて!<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……っっ!!」<br />
+<b>GM</b>  痛みに顔を歪めて。<br />
+<b>GM</b> 這いずるように飛びながら、神楽さんを連れて行きます。<br />
+<b>GM</b>  ひぅ。 一方、落下して行くトリッド。<br />
+<b>GM</b>  受け止めますか、士朗さん?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  当然です!<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「…………――」<br />
+<b>GM</b>  ばっ<br />
+<b>GM</b>  がしゃんっっっ!!<br />
+<b>GM</b>  受けた衝撃で、また崩れる身体。<br />
+<b>GM</b> しかし、そのまま落下するよりかは、よほど良い。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ととと、とりっどさん! だいじょうぶですか!」<br />
+<b>GM</b> トリッドは、士朗さんの腕の中で、貴方の顔を見上げますよ。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……はは、大丈夫ですよ。 士朗さん」<br />
+<b>GM</b>  自分の体を見て。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「ほら……士朗さん。 続きをしようじゃあ、ありませんか?<br />
+<b>GM</b>        俺はまだ負けてませんよ?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「もう、続けられないでしょ! そんな体じゃ!」<br />
+<b>GM</b>  笑うトリッド。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「元々不定形の身体です。腕も足も在ったもんじゃないですよ<br />
+<b>GM</b>       こんなもの…………、回復、しますよ」<br />
+<b>GM</b>  ずる ずる、る、る。<br />
+<b>GM</b> 異様に遅いスピードで。 少しずつ、手足を伸ばそうとします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ほら、回復も、ほとんどしなくなってるじゃないですか!」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「それがどうかしたんですか? 決着はついてませんよ」<br />
+<b>GM</b>  ずず、ず、ずる る<br />
+<b>GM</b> 再生しかけの腕で、士朗さんから逃れ……地面に落ちます。 ずしゃ。<br />
+<b>GM</b>  触れられた士朗さんの頬に泥がつきます。<br />
+<b>GM</b>  ――――汚れます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> そんな事させませんよ! 地面には落としません!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  落とさせません!<br />
+<b>GM</b>  ふむ。<br />
+<b>GM</b>  ではそうしましょう。<br />
+<b>GM</b>  放せと言うように、動きますね。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「ほら、放さないと。 ここで身体を槍に変えますよ?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そんな事しても、私には勝てませんよ……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「先ほどは追い詰めたじゃないですか。<br />
+<b>GM</b>       今だって貴方は負傷している」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「あのていどでは、追い詰めたなんて、言いません。私にとっては」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「この怪我だって、今すぐ治ります」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「へぇ……強がるんですね。らしくなく」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「とりっどさん、死んで欲しくないんですよ……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……」 ふ。<br />
+<b>GM</b>  と、諦めたように微笑みます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「死んだら、私がかったときの、事、できないじゃないですか……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……そうですか……」<br />
+   <br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> しかし・・・士郎さんは本当にトリッド大好きだね!(笑)<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ヴぃヴぃーヴぃさんも好きですよ。てぃあてぃあさんも好きですよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> というか、みんな好きですよ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ああ・・・士郎さんいい人だ(ほわん。和み中)<br />
+<b>見学者2</b> 何つーか・・・人がよすぎる吸血鬼だ・・・w<br />
+<b>見学者3</b>  しろー いい人?だ<br />
+<b><font>神楽 </font></b> とても吸血鬼とは思えない<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ・・・・・・って、この人「ください」ってお願いして血をもらうんでしたね(苦笑<br />
+<b>GM</b>  ところで<br />
+<b>GM</b> 街中泥だらけなのは言うまでもありませんね。<br />
+<b>見学者2</b>  掃除が大変ダー。<br />
+<b>GM</b> 魔都全部巻きこんで、泥だらけの水だらけ。しかも触ると<br />
+<b>GM</b> トんで言ってしまいそうに幸せになります。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  トリップ!?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  うはぁw<br />
+<b>GM</b>  近いですねぇ。<br />
+<b>GM</b> まぁ、そう言うわけで。頑張ってください。(苦笑<br />
+<b>見学者2</b>  もはや麻薬のようだ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ・・・トリッドとヴィヴィーヴィに手伝わせようw<br />
+<b>GM</b> と言うか、トリッドの身体の一部分ですから。>泥<br />
+<b>GM</b>  全部彼の身体ですよ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> じゃあ、回収して貰おう。その方が手っ取り早いw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> みんな助けられるのかなあ……みんな救えるのかなあ……。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 無事に終わりそうですね<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> う~む、何か変なことを思いついてしまったが…どうしようかコレw<br />
+<b>GM</b>  変な事?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ほほう、どのようなことですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 一発しか仕えない運切の使い道というか<br />
+<b>GM</b>  元々一発です。(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あら、運切は一回しかできないのですか?<br />
+<b>GM</b>  いえいえ<br />
+<b>GM</b>  一発勝負ではありますが、何回でも。(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> そして私はDP的にってことですw<br />
+<b>GM</b>  あらま。(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  なるほど。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> いやさぁ、まあようは今回って天界の天使が幸せにしろって<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 言い出したのが元もとの原因なわけですよね<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  ああ。そうですね<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> だったらやっぱり臭い匂いは元から断つべきかなぁ…と<br />
+<b>GM</b>  ふむふむ?(微笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  天界を滅亡させる?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ああ、いいねそれw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> それなら手を貸すよw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> しろーが全力で阻止しますけど。<br />
+<b>GM</b>  それ<br />
+<b>GM</b>  ヴィヴィーヴィと同じですよ?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  そうなんです。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> まあ、冗談ですけどw<br />
+<b>GM</b>  と言うか、表。麟さん動いてないですよ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> あ~トリッドに何か言おうかなぁ、と思ったのですがタイミング逃してw<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> んで、ティアにも何か言おうかなぁ、と思ってタイミング逃しました(苦笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 全ての人を、いっぺんに幸福にするなんて、ある意味壮大だけど、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ある意味、めんどくさがりな方法。やめい!って言いたいな。<br />
+   <br />
+<b>GM</b>  さて<br />
+<b>GM</b>  視点を移しましょう。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「くっ …… 」<br />
+<b>GM</b> 片翼で、神楽さんをヴィヴィーヴィの近くに連れていきますよ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「出来るかどうか・・・・・・わかんないけど・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 型崩れを起こしたようなヴィヴィーヴィの身体。<br />
+<b>GM</b>  近くまで来ましたよ。<br />
+<b>GM</b>  はい。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「これだけ歪んだなら・・・・・・きっと!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> その内側からヴィヴィーヴィの魂のみを引き寄せる!<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様…………」<br />
+<font><font color="#000000"><strong>GM</strong> いや、反応しませんね。</font><br />
+<strong>神楽 </strong></font> ・・・・・・あ、運切いる?<br />
+<b>GM</b>  それはもう<br />
+<font><font color="#000000"><strong>GM</strong> 物語の流れに、ダイレクトに絡みますからね。</font></font><br />
+<b><font>神楽 </font></b>  うぬう。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> そういわれると、無茶もしにくいな。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> もうDPないのですか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  9点ある。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> なら、やってしまってはどうでしょう?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ・・・・・・そうだね!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ヴぃヴぃーヴぃさんも、助けてあげてください。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  お願いします。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………、…………」<br />
+<b>GM</b>  さて、どうしますか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> GM! 運切を使ってヴィヴィーヴィさんを無理やり復活させるよ!<br />
+<b>GM</b>  ふふ。<br />
+<b>GM</b>  演出次第です。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  見よ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「極めて汚きも滞無ければ穢はあらじ、内外の玉垣清淨と申す!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 脈動する水の身体。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 青い水と、泥と、力と、そして残る諸々の残滓。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 一つ一つは微かな残滓。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ヴィヴィーヴィとしての意識もない、気配すらない残滓。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  だけど!<br />
+<b>GM</b>  むっ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> トリッドが作り出したヴィヴィーヴィの人形体!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 形作るには、絶対的に核が必要となる!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> それを元に、周囲に散った水、泥から、ヴィヴィーヴィの残滓のみを集め、<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  再結合させる!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  媒体に使うのは、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ペンダント―――〈迦具土の血〉が輝きを増す。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「――掛けまくも畏き火之迦具土神!」<br />
+<b>GM</b>  ……<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 新たに神を生み出す、その力。<br />
+<b>GM</b>  ティアティアの剣なんてどうですか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  !<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  それだ!<br />
+<b>GM</b>  あ、PCに手を貸してしまいました?(苦笑<br />
+<b>GM</b>  台詞、どうぞ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> そして、ティアティアの持つ、赤き神剣!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 情報体としての資格十分!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「まこと違わず猛く仕え終えしめ給ふと、畏み畏み申す!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  輝く光が、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 水で作り出されたヴィヴィーヴィの内側から、<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  飛び出す!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ティアくん、その剣を貸して!」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……はっ、はい!」<br />
+<b>GM</b>  渡します!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 神剣、そして神生みの血、ヴィヴィーヴィの核!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  全て揃った瞬間!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「万物の霊と同体なるが故に!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 新たなヒトとしての命が!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「為す所の願として成就せずと!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  誕生する!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・いふことなし! 無上霊宝 神道加持!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  閃光!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  瞳を焼く白い光。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 思わず目を覆った瞬間。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……っ」<br />
+<b>GM</b>  ……目を瞑ります。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ティアティアの肩に、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ずしり、と、また新しい重みが加わった。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「う……わっ…………」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・おっしゃあ・・・・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  目を見開く。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  その、肩には。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 羽を失ってこそいるものの。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 間違いなく、自らの姉の姿があった。<br />
+   <br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b> やっぱり、復活は神楽ちゃんの力ですか。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 私じゃできませんから。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いや、血を与えれば復活できるんじゃ?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あ、本当ですね、出来そうです。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> まあ、別の生物になっちゃいそうだけど(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> しろーのような思考パターンになりますw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> そんなことはないですよ!……多分。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> しかし、作られた存在である彼が、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 別の「生物」となるなら、それはそれで「幸せ」なこと?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 作られた存在でも幸せになれますよ。きっと。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 現に、私たちは、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 神様に「作られた」存在なんですから。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  おおーw<br />
+<b>見学者2</b>  かっこいい・・・w<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> いやはや、流石は士郎君だなぁw<br />
+   <br />
+<b><font>神楽 </font></b> ・・・・・・真っ裸かな?<br />
+<b>GM</b> 別に、裸かどうかは、皆様のお好みで。(笑<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……――ね 姉様!!」<br />
+<b>GM</b>  さて、以上ですか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> うぃ、やるだけやったよ!<br />
+<b>GM</b>  完全再生ですか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 天使としての力、空間移動とか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 羽を使った能力はトリッドのところに残ってると思う。<br />
+<b>GM</b>  成る程。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 水使いくらいは残ってるかな?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> まぁ、そんな感じ。<br />
+<b>GM</b>  あら? と言う事は青い身体?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> いや、残滓と一緒に持ってきちゃっただけ(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 白い肌ですとも、旦那(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 体は青くない? 良かった……。<br />
+<b>GM</b>  成る程。<br />
+<b>GM</b>  ……ジャッジです。<br />
+<b>GM</b>  降神術ですよね。良いでしょう。<br />
+<b>GM</b>  +<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  断る理由もなし+<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  もちろん、+です!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  やったね!+<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………ティ……ア……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様! 姉様!!」<br />
+<b>GM</b> 歓喜に溢れ、ヴィヴィーヴィを抱きしめるティアティア。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 「これが、ティアの望んだこと、望んだ幸せ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> そのぐらい叶えてやんなよ、姉さんなんだろ」<br />
+<b>GM</b> 再生したてゆえか……虚ろな瞳の、ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様……! 大丈夫? 大丈夫?? 身体、痛くない?」<br />
+<b>GM</b> 自身が致命傷とも言えるダメージを受けていながら。<br />
+<b>GM</b>  ティアティアは、姉を心配する。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………、………………。 ……。 ――――!」<br />
+<b>GM</b>  その目が――見開かれる!!<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「――い! いけないっ!!」<br />
+<b>GM</b> ばっと、トリッドの方を――――――――みる、ヴィヴィーヴィ!!<br />
+<b>GM</b>  ――見よ!!!<br />
+<b>GM</b> 士朗に抱かれたトリッド。 薄く微笑んだ泥塊。<br />
+<b>GM</b> 背後に輝く光。 トリッドから……抜けてゆく、ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィは、復活した。 しかし――。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……士朗さん。 最初から手遅れなんですよ?<br />
+<b>GM</b>       いつだって、最初から手遅れなんです。<br />
+<b>GM</b>       いつだって、幸せはまやかしだ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「? どういうことですか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺の幸せがいけないと言うのなら――。 俺達は、<br />
+<b>GM</b>        相容れない」<br />
+<b>GM</b>  ぐぶっ<br />
+<b>GM</b>  広がる。<br />
+<b>GM</b>  汚泥。<br />
+<b>GM</b>  ……飲み込む。 全て飲み込む。<br />
+<b>GM</b>  地面から、沸き上がる。<br />
+<b>GM</b>  トリッドから、沸き上がる。<br />
+<b>GM</b>  空中から、降り注ぐ。<br />
+<b>GM</b>  「そう――――」<br />
+<b>GM</b>  「最初の思想が、彼女の思想が」<br />
+<b>GM</b>  「原因でなかったとしたら?」<br />
+<b>GM</b>  「彼女は純粋に『幸せ』を求めて」<br />
+<strong>GM</strong> 「研究を続けて……結果。 何かを間違えて」<br />
+<strong>GM</strong> 「幸せを体現した泥の塊ができてしまったとしたら?」<br />
+<strong>GM</strong> 「それを見て、彼女はその思想を悟ってしまい」<br />
+<strong>GM</strong> 「精神的にも。 物理的にも。 汚泥の侵食を止められなかったとしたら?」<br />
+<strong>GM</strong> 「 ソレヲツクッタノハ、カノジョノココロダ。カノジョノオモイダ 」<br />
+<strong>GM</strong> 「 シアワセヲモトメ、シアワセニヨクアツサレタ、カノジョノ、イノチダ 」<br />
+<strong>GM</strong> 「だとしたら? 向かう先は天界だ。 それを今は止められない」<br />
+<strong>GM</strong> 「だとしたら? いずれその天区は落とされる。 泥も落ちる」<br />
+<strong>GM</strong> 「だとしたら? また天界を目指す。 翼が必要だ」<br />
+<strong>GM</strong> 「だとしたら? その翼になれば。 確実に。 泥の中に入りこめる」<br />
+<strong>GM</strong> 「そうしたら? 天界へと次元の扉を開いた瞬間に」<br />
+<b>GM</b>  「内側から組成を崩せば」<br />
+<b>GM</b>  「だから――――融合する」<br />
+<b>GM</b> ………………………………………………………………………………<br />
+<strong>GM</strong> ぐぁぁぁぁぁぁぁあぁああぁああああああぁぁぁぁああああああああああぁ<br />
+<strong>GM</strong> 飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む飲み込む!!!<br />
+<strong>GM</strong> 貪欲に! そう、幸せは貪欲だ――どこまでも!!<br />
+<strong>GM</strong> そう、欲求は果てし無い―ーいつまでも!!!<br />
+<strong>GM</strong> そう、終わらない――幸せに!!! なってゆく――――<br />
+<b>GM</b>  魔都は。<br />
+<b>GM</b>  いや、地上が。<br />
+<b>GM</b>  幸せな泥に。<br />
+<b>GM</b>  塗れてゆく。<br />
+<b>GM</b>  以上。<br />
+<b>GM</b>  ジャッジお願いします。<br />
+<strong>GM</strong> まぁ、覆すのであれば、それ以上の理由が必要ですけれどね。<br />
+<b>GM</b> 私は+。 ここからの皆様の覆し、ここからの皆様の思想。<br />
+<b>GM</b>  素敵な発想を、期待します。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> おう? -とかやって、そのあとに演出を入れるのですか?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  (できるよー)<br />
+<b>GM</b>  まぁ<br />
+<b>GM</b>  却下なさるのであれば<br />
+<b>GM</b>  彼の最後の命のあがきに<br />
+<b>GM</b>  対抗するだけの理由が欲しいですねぇ。<br />
+<b>GM</b> どちらかと言うと、このあと運切で、切り返してもらいたいところです。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 返しを信じて + だ<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> では、運切で切り返すので、*<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  運切を信じて+<br />
+<b>GM</b>  可決。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> さて、運切はどうやるんでしたっけ?<br />
+<b>GM</b> 広がって、膨らんでゆく。 泥。 触れた瞬間。<br />
+<strong>GM</strong> 天国へ極楽へ。 幸せに。幸せ過ぎる幸せに。 溺れてゆく。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ちなみに、ティアくん含むヴィヴィさんとボクは、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 上空からその様子を見てるよ。<br />
+<b>GM</b>  ああ、膨らんでますから<br />
+<b>GM</b>  ティアティアの今の高度じゃ<br />
+<b>GM</b>  飲まれますね!!<br />
+<b>GM</b>  余裕で飲まれます。<br />
+<strong>GM</strong> 致命傷で2人分支えているんですよ?(苦笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  そうだった!(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> その前に運切で止めます!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> えーと、「見よ!」と叫べばOK?<br />
+<b>GM</b>  ですよ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  ですね<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  OKです。<br />
+<b>GM</b>  さぁ<br />
+<b>GM</b>  士朗さん、一世一代の見せ場です!!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 信じてますんで、どうぞ好きにやってください!<br />
+<b>GM</b> いや、麟さんでも良いんですけれど。(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  いえいえw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  見よ!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そんな事、させません!」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 士朗の体の傷から、血が、溢れ出る。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 大量の、人の体に入っていたとは思え無い程の、血が。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> それが、周囲に広がり、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 泥を、囲い、覆い、塞ぎ、飲み込んでゆく!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「とりっどさん」<br />
+<b>GM</b>  ………… 返答は、ナイ …………<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「あなたができた原因は、確かにそうなのかもしれません」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ですけど、理由は違うはずなのです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさんは、あなたの言うとおり、間違えたのです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「だから、あなたに、幸せが、『解放』ではないと、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 違うということを、見つけて欲しかったのです。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> だからとりっどさんには、自我があるのです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そして、もう一つ、自我がある理由があるのです」<br />
+<b>GM</b>   …… ………… ……<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ヴぃヴぃーヴぃさんは、あなたに、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せを、ホントの幸せを、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「幸せがどういうものなのか、」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「探して欲しかったのです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「だから、あなたに自我をつけたのです」<br />
+<b>GM</b>  ………… ナイ ……<br />
+<b>GM</b>  …… ソンナハズガ、アルワケナイ ……<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「だったら、何でヴぃヴぃーヴぃさんは、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> てぃあてぃあさんを、幸せにしなかったのですか?」<br />
+<b>GM</b>  …… セキニンヲトルタメダ ……<br />
+<strong>GM</strong> …… オレヲ ウミダシテシマッタ カラ ………<br />
+ …… ソレヲマッショウシナクテハ ナラナイ …………<br />
+<b>GM</b>  …… ティアティア ヲ …………<br />
+<b>GM</b>  アア、ソウカ…………<br />
+<b>GM</b>  ティアティアモ、スクウタメニ …………<br />
+<b>GM</b>  シアワセニ、シナカッタンダ …………<br />
+<b>GM</b>  シカシ<br />
+<b>GM</b>  ………… シアワセハ カイホウデ ……<br />
+ …… ソレハクツガエセナイ シンジツ デ …… シンリ …………<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「違います!」<br />
+<b>GM</b>   チガワナイ <br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「なぜなら、ヴぃヴぃーヴぃさんは、こう言っていました」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「『貴方の姉と言うのは……私の誇りだったわ。<br />
+  それだけは、信じても良い永遠の真実――。』」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「彼女は、解放が真実なんて、思っていなかったんです」<br />
+<b>GM</b>  コジツケダ コジツケニスギナイ ソレガサスノハ ベツノイミ ……<br />
+<b>GM</b>  ……<br />
+<b>GM</b>  ………… アァ …… アァ …………<br />
+<strong>GM</strong> …… カンガエレバ カンガエルホド オレハヒツヨウナソンザイデ ……<br />
+<b>GM</b>  ソレユエニ<br />
+<b>GM</b>  フヒツヨウ スギルソンザイダ ……<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「違いますよ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「あなたは、必要なんです」<br />
+<strong>GM</strong> …… フヒツヨウ ダ …… サイショカラ イラナカッタ ……<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「存在理由があるのです」<br />
+<strong>GM</strong> …… ソレサエ ヒテイスル ヒトガ イル ……<br />
+<b>GM</b>  ソレガ アナタダ<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「だって、死んで欲しくないです」<br />
+<b>GM</b>  …… シナナイサ ……<br />
+<b>GM</b>  …… キエルダケダ …………<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「消えてほしくもないです!」<br />
+<strong>GM</strong> ………… ナンニセヨ チカラハ モウ ――――<br />
+<b>GM</b>         ツキタ<br />
+<b>GM</b>  もう、何も言いません。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「いまから、私のをあげますよ」<br />
+   <br />
+<b><font>神楽 </font></b> 士朗さんが締めにはいったね。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> もう、これで終わりそうだな~<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> トリッド・・・ハロウィンのイィィリカ以上に女々しい奴め~~~<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> もう、いらいらして・・・救いたくなっちゃうじゃないかw<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  ゆぜ(笑)<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b>  君もかわいいなあ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 「あ、う。う~~~」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 突然可愛いと言われて赤くなる。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 言い返そうにも何を言ったらいいのか(笑)<br />
+<b>見学者2</b> 限りなく必要で、限りなく不必要な存在って、限りなく人間だよなあ・・。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ともあれ、士郎さんここが正念場。彼を救ってあげてね<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 大丈夫、士朗さんが救います。<br />
+<b>GM</b>  ふふん<br />
+<b>見学者2</b>  ガンバレー。<br />
+<strong>GM</strong> 論理的……と言うか、精神的矛盾はぶつけきりましたね。<br />
+<strong>GM</strong> 後は、その矛盾を孕んだまま……生きていくことを、許すのでしょうか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 矛盾も悩みもなく生きてる人間なんかいないと思うけどねぇ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> それがどうした?生きていく者は矛盾だらけだ<br />
+<b>GM</b>  彼は人間じゃなかったんですよ。<br />
+<b>GM</b>  ただのマシーンです。<br />
+<b>GM</b>  自我を持ってしまっただけで。<br />
+<strong>GM</strong> だからヴィヴィーヴィはイレイズしようとしたのです。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 人間ってのはもののたとえさね<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 意志を持ってる存在全て、そういうもんさ<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 自我を持ってる以上、関係あるまい<br />
+<b><font>神楽 </font></b> この場合、命と表現すべきかな?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ヴィヴィーヴィにとっては機械かもしれないが、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 士郎にとってはりっぱな「命」だ<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 魔剣だろうが何だろうが結局かわらんもんさw<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 命あるものは、なんであれ平等さね。<br />
+   <br />
+<b>GM</b>  締めをどうぞ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 士朗の血が、トリッドに注ぎ込まれる。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 異常な、神ですら殺せ無い程の再生力を持つ、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 士朗の血が。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 大量に。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 神以上の生命の力を宿す、士朗の血が、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 大量に、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> トリッドの中に、流れ込む。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> トリッドの体が、再び、戻ってゆく。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 血を得て、戻ってゆく。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> トリッドの命は、もう、消えない。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 以上?<br />
+<b>GM</b>  ジャッジメント。<br />
+<b>GM</b>  皆様に任せましょう。*<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 後のことは後のこと、士朗さんが一緒なら大丈夫だよ!+<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  はっはっは +<br />
+<b>GM</b>  士朗さん、ご本人です。<br />
+<b>GM</b>  最後に……クロスをどうぞ?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>   +で。<br />
+<b>GM</b>  可決。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> やったね、可決ー!!<br />
+   <br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> コ、これでいいのでしょうか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 士朗さん、格好良かったよ!<br />
+<strong>GM</strong> ふふ、泥を吐きそうなくらい、甘い考えですね。(微笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> OK!ご苦労様です!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  OK!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> しろーは甘すぎる。自分でも思いますよ(笑)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 何も辛い考えばかりじゃつまらんしw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 甘くて結構! どうせ現実は苦いんだ!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> なら、そのなかに更に苦みを増やしてもしかたあんめえ<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> コーヒーには砂糖とミルクたっぷりが趣味でねw<br />
+<b>GM</b>  あはは<br />
+<strong>GM</strong> その甘味の気持ち悪さを突いたシナリオです。<br />
+<strong>GM</strong> しかし、それすらも許容して、飲み込んで。 生きていくのでしょうか。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 残念だけど、ボクらは甘党なんだよ!(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 生きてくってのは、そういうことかな<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 人間は苦みも辛みも酸っぱさも、そして甘さもかみしめて生きていくのさw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> そのどれが欠けても、美味しい料理はできない。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 1つだけ突出しても、まずいだけ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ふみ。どうやらゆぜが登場することはないな。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> というか、上の台詞ってゆぜの台詞じゃない(笑)<br />
+   <br />
+<b>GM</b>  泥が引いて行きます。<br />
+<b>GM</b>  ぱり<br />
+<b>GM</b>  ぱしん<br />
+<b>GM</b>  砕けて、散ってゆく。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………」<br />
+<strong>GM</strong> 複雑な表情で、それを眺めるヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……姉様…………」<br />
+<b>GM</b>  わからない。 わからなさに。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……降りなさい、ティア。<br />
+<b>GM</b>           ……体、痛いでしょう? 疲れたでしょう?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……はい、姉様…………」<br />
+<b>GM</b>  適当なところに、降ります。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ティアくん、ヴィヴィさん」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……なんでしょう?」<br />
+<b>GM</b>  覚悟を決めたような表情で。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「神楽さん……」<br />
+<b>GM</b>  応答します。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・大丈夫なんだよ」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> なにが、とは言わない。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> きっと、すべてが、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「なんとかなるさ、これからも、ね」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……そうですよね。 そうですよね。 そうだよ、ね!」<br />
+<b>GM</b>  微笑を、浮かべて。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ね、姉様?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………………………、  。 ええ……」<br />
+<b>GM</b>  何か言おうとして。<br />
+<b>GM</b>  凄く苦しいものをかみ締めた表情で。<br />
+<b>GM</b> 無理矢理に、気持ち悪くて苦くて渋いものを飲み込んだ表情で。<br />
+<b>GM</b>  答える、ヴィヴィーヴィ。<br />
+<b>GM</b>  目を閉じて。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「そう、ね。 ティア。  」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……ありがとう、ね」 そっと。 彼を抱きしめます。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> /そこには確かな、感情があった。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> /歓喜でも、絶望でもない、曖昧な。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……」 ちょっと頬を赤らめて。 頷くティアティア。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> /けれども、包み込むように暖かな、感情が。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> /・・・・・・ティアティアは、確かな「シアワセ」を感じていた。<br />
+<b>GM</b> そしてそこに。 自分の傲慢さと言う、少しの気持ち悪さも、抱いて。<br />
+<b>GM</b>  麟さん、何かないですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> いや、これで綺麗だし私はいいよ(苦笑<br />
+<b>GM</b>  士朗さんのところに移しましょう。<br />
+<strong>GM</strong> ティアティア、神楽、ヴィヴィーヴィの視点から<br />
+<b>GM</b>  泥と血が収束していくのが見えます。<br />
+<b>GM</b>  ……<br />
+<b>GM</b>  どうぞ、士朗さん。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  ほあ? 私が先?<br />
+<b>GM</b> 貴方の腕には、五体満足でトリッドが抱かれています。<br />
+   <br />
+<b><font>神楽 </font></b> そういえば、種族的にトリッドは吸血鬼になったのかな?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> さあ? でも吸血鬼になるならいいんじゃない?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> しろーさんといっしょで(笑<br />
+<b>GM</b>  再生 と言う力を使ったのなら<br />
+<b>GM</b>  トリッドのままかもしれません。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 触媒に血を使ってるけどね。<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b> 吸血鬼の血を受けたわけですからねえ。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  さてねぇw<br />
+<b><font>神楽 </font></b> あ、ちなみにヴィヴィさんは天使じゃなくなったんだよね~。<br />
+<b>GM</b>  えぇぇえぇぇえええええぇぇ!?<br />
+<b>GM</b>  どうするんですか、これから!?(苦笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> いや、属性的には天使なんだけど。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ああ、そう言えば。天使の力はトリッドに残ったって、言ってたな(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> えっと・・・・・・天女?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> さっき唱えた呪文がね、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> (意訳・とっても怖い神様、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> この魂、強いから力を分けて眷族にしましょう。よろしくお願いします)<br />
+<b><font>神楽 </font></b> という意味なんだよ(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> なんか、訳すると一気に脱力(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  たははw<br />
+<b><font>神楽 </font></b> だから、いまやヴィヴィさんは天使にあらず、天女!<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「飛べなくなってしまったわ、ティア」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「えぇ!? どうするの姉様!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「大丈夫、部屋はいっぱいあるんだよ!」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「貴方がいるじゃないの」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「え?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「貴方の羽根を研究して、羽衣でも織るわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「えええぇっ!?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「さ、よこしなさい。研究材料」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ティアティア・・・やっぱり姉ちゃんにこき使われてるんだ(苦笑)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  たははw<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 凄い勢いでティアくんが不運に(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> お姉ちゃん。最強だな(笑<br />
+<b><font color="#00FF00">譲二</font></b> しかもゆぜとあってもきりつけられるしかれ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いや、全力で衝動を抑えるよ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 敵対してたり、攻撃して来なきゃあ基本的に関わるつもりはない。<br />
+<b>見学者2</b>  まさに幸せと不幸は表裏一体。<br />
+   <br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……ぅ……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「……良かった……何とかなりました……」<br />
+<b>GM</b>  血塗れで。 泥だらけな、トリッド。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……はぁ……」<br />
+<b>GM</b>  目を開きます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「おはようございます、とりっどさん」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「おはようございます、士朗さん」<br />
+<b>GM</b>  眩しそうに、空を見上げます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「あぁ――――空って、青いんですね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「? そーですよ。とってもあおいです」」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「今の俺は、真っ赤だ」<br />
+<b>GM</b>  自分の体を見て。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「私も、まっかっかです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「はぁ…………、なんだか、とっても」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「気持ち悪いです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そりゃー、血まみれだと気持ち悪いですよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「ドロドロ、ベタベタ。 ああ――。<br />
+<b>GM</b>       貴方の優しさが。俺という存在が。<br />
+<b>GM</b>       青い空が。塗れた血が。  こびりついた、泥が。<br />
+<b>GM</b>       気持ち悪い。 はぁ」<br />
+<b>GM</b> 目を閉じて。 腕から離れて、立ち上がります。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そんな! ひどいですよ、気持ち悪いだなんて!」<br />
+<b>GM</b> 瞼を、ゆっくり開いて。 士朗さんを見つめます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺には気持ち悪いんですよ。 でもね、士朗さん」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「気持ち悪いって事は、生きてるらしいですね」<br />
+<font color="#000080"><font color="#000000"><strong>GM</strong> それすらも気持ち悪いというように、地面を足で、とんとん、とします。</font><br />
+<strong>士朗 </strong></font> 「そーなんですか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「――まぁ、良いです。 良いですよ。<br />
+<b>GM</b>       俺の力、あらかた壊れてしまったみたいですし」<br />
+<b>GM</b>  両手を見ます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「まあ、生きてれば何とかなりますよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「えらく楽観的ですね。 ははは」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そーですかね? 私、楽観的ですか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「飛びきり楽観的です」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「なのですか。まー、悲観的よりはいいじゃないですか」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「まったく。 まったく。 まったく。 反吐が出るほど、<br />
+<b>GM</b>        ―――笑えます」<br />
+<b>GM</b>  と言って、放り投げます。<br />
+<b>GM</b>  あの林檎を。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  キャッチします。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「最後の一個ですよ。 あげます」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「おー、ありがとうございます。でも……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> といって、半分に割ります。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「半分、どうぞ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「私が勝ったら、一緒においしいもの、食べるんでしたよね?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……、は。 あはは」<br />
+<b>GM</b>  受け取ります。<br />
+<b>GM</b>  しゃくり、とかじって。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 私もしゃくりとかじります。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺、味覚ってもんないんですけどね。<br />
+<b>GM</b>       なかったはずなんですけどね。はぁ……困ったな」<br />
+<b>GM</b>  頭を掻きます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「?」<br />
+<b>GM</b> そして、食べかけの林檎を指先でくるくる廻し、<br />
+<b>GM</b>  上に飛ばして、キャッチして。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……美味いですね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そうですか! 良かったです!」<br />
+<b>GM</b> ふ―― と、 悲しげにも楽しげに。 苦しげにも嬉しげに。 微笑みます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「あー、幸せ……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> と、言いながら、しゃくりしゃくりと食べます。<br />
+<strong>GM</strong>  さて――<br />
+<strong>GM</strong>  そこへ集まりましょうか、皆様?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ヴィヴィさんと一緒に、ティアくんに運んでもらおう(笑<br />
+<b>GM</b>  ちょっと、彼致命傷(苦笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 大丈夫、ボクも致命傷(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ガンバレ~。<br />
+<b>GM</b>  うわぁ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 戦闘が終わったんだから、誰か治してやんなよw<br />
+<b><font>神楽 </font></b> おお、そういえば治せるよボク(笑<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「ティア……大丈夫?」<br />
+<b>GM</b>  自分がやったとはいえ、酷い傷。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「ごめんなさい……ごめんなさい、ティア……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「良いよ、姉様。僕が勝手でやったんだから……<br />
+<b>GM</b>          大丈夫さ。この位……」<br />
+<b>GM</b>  片翼を広げて見せるティアティア。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……そう……」<br />
+<b>GM</b>  弟を。少し眩しそうに見て。 そして。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「なら、私と神楽さんを、トリッドのところまで連れてって」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ええっ!?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「大丈夫なんでしょう? 貴方の責任なのでしょう?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ちょっ……この傷、はっきり言って姉様のせいだよ!?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「自分が原因とさっき明言したじゃない。<br />
+<b>GM</b>           ―――男に二言が在るのね」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「う」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「少し逞しくなったと思ったけれど、<br />
+<b>GM</b>           ……気のせいだったみたいね。<br />
+<b>GM</b>           残念だわ。私は少し悲しいわ、ティア」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「う、うぅ ……うぅ、わ、わかったよ!<br />
+<b>GM</b>         わかったよ姉様! 連れていけば良いんだろう!!」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「そう。 ところで」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……何?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「あの程度で論破されるなんて。<br />
+<b>GM</b>           まだまだね。頭の方は全然逞しくないわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……………………」<br />
+<b>GM</b>  もぅ、何も言わずに翼を広げますよ。<br />
+   <br />
+<b><font>神楽 </font></b> ティアくんがパシられてるー!(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ヴィヴィさんやっぱり強いー、ってか偉そうー!(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> きっと、天界でもこんな力関係なんだろうな(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ふう、ヴぃヴぃーヴぃさんも、もう心配なさそうですね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> てぃあてぃあさんも。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> たはは、確かにねぇw<br />
+<b>見学者2</b> これで待たすごいパシリがまた一人・・・・w<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ああw可哀想に可哀想に(笑)<br />
+<b>見学者2</b> ティア君・・・後で酒でも酌み交わそう・・・。<br />
+<b>GM</b>  何だかシンパシー感じてる人がいます。<br />
+<b>GM</b>  て言うか、麟さんいずこ?(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  ん?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いや、現場にはいるでしょ。・・・発言してないだけで<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  さてねぇ(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> どこかで後始末してるかもしれませんw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ていうか、ティアティア君。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> かぐらん背負って、ヴィヴィーヴィさんは?だっこか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  肩の上。<br />
+<b>GM</b>  辛いなぁ。(苦笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「パンチよ、ティア!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「ま゛っ!」<br />
+<b>GM</b>  どこぉん<br />
+<b>GM</b>  違うよ!<br />
+<b>GM</b>  なんだよそれ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  はっはっは!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 二人も背負って飛んでるんだ(笑)・・・可哀想w<br />
+<b>GM</b>  なんだかティアティアと<br />
+<b>GM</b> ある意味ヴィヴィーヴィの人気も上層しそうですね。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ティアくんのは不幸人気だけどね(笑<br />
+<b>GM</b>  ヴィヴィは?<br />
+<font><font color="#000000"><strong>GM</strong> セクシーインテリ姉様?</font><br />
+<strong>神楽 </strong></font>  女王様人気?(笑<br />
+<b>GM</b>  女王様って。(苦笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  トリッドよりも、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ヴィヴィの方が要注意人物と思うのは、私の気のせいか(笑<br />
+   <br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「なんだかなぁ・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 呆れながら、拍子を打つ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「其は、柏手」(パンパン)<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「極めて汚きも滞無ければ穢はあらじ、内外の玉垣清淨と申す」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 光が、ティアティアの傷を癒す。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「わ……」<br />
+<b>GM</b>  傷が治っていくのを見ます。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ゴーだよ、ティアくん。馬車馬の如く頑張って」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「行くのよ、ティア」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「結局それなの!?」<br />
+<b>GM</b>  ばっさ、ばっさ、ばっさ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> (かぐらん、馬車馬のようにってw)<br />
+<b>GM</b>  と言うわけで、士朗さんの元へ来ますよ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「はっはっは、ちっと疲れたから・・・・・・あと、よろしく~」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ティアくんの背中で休ませてもらうよ~。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ・・・・・・そういえば、麟さんどこ?<br />
+<b>GM</b>  ねぇ、どこですか?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> さってぇ・・・どうしましょうかねぇ(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 何かここにいても出番なさそうだからさぁ、<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ちょっち後片付けの準備のためにもうココにはいないかなぁ<br />
+<b>GM</b>  居なくなってる。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「士朗さん、何か来ましたよ」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  何かって(苦笑<br />
+<b>GM</b>  ばっさ、ばっさ。 すた。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「おや? あ、皆さん!」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……ようこそ、ティアティア君。 それと我が生みの親」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「トリッド……」<br />
+<b>GM</b>  それでも恨みがましい顔をしています。<br />
+<b>GM</b>  でも、剣なくなっちゃいましたからね。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「お~す、士朗さん及びにその友人」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ボクに挨拶しなかったのはわざと?(笑」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「ああ、これはどうも。神楽さん……でしたっけ?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「うむ。神楽さんなんだよ、トリッド君」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「おかげで死にかけましたよ。 あはは」<br />
+<b>GM</b>  笑います。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「はっはっは、殺す気たっぷりだったよ、あはははは」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  笑います。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ええー!? そうだったんですか!?」>かぐらさん<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ああ、うん、けど・・・・・・今、生きてるよね?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「結果よければ、それでいいのさ!」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……トリッド」<br />
+<b>GM</b>  ティアから離れて、トリッドに言います。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「なんですか? 健康な身体を取り戻したみたいで<br />
+<b>GM</b>       ……なんと言いますか。 ええ。 胸糞悪いですね」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「お互い様よ、トリッド。<br />
+<b>GM</b>           貴方の存在がこの上なく気持ち悪いわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「言いますね。 貴方が作ったくせに」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「私が作ったからよ。それゆえに、<br />
+           ……どうやっても真正面から見据えるしかないのよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「とりあえず、済んでしまった事はしかたがない。<br />
+            私達は――罪深い。<br />
+<b>GM</b>           どこまでも罪深い。 今ならわかるわね?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「わかりますよ。 痛いくらいにわかります。 だから、」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「そう、だから、償わないといけないわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「そうですね。それもありますけど。 俺、思うんです」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「だから、幸せになれると。 幸せを知れると」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「……随分、楽観的になったわね。 楽観的過ぎるわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「士朗さんに、影響されたんじゃないですか」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「迷惑な話ね。 とりあえずは、償いよ、トリッド」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「私?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「あなたですよ、士朗さん。 で、償いとは?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「とりあえず町を綺麗にしなさい」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「ああ、成る程。 ……ん?」<br />
+<b>GM</b>  腕を組んで首を傾げます。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……あれ? 俺だけですか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「私の力は大部分なくなってしまったわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……俺もなんですけれど」<br />
+<b>GM</b>  …………<br />
+<b>GM</b>  沈黙が、続きます。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> (だぁっはっはっはw)<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・肉体労働、かなぁ?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「えっ……姉様が肉体労働とか、無理だと思うけれど」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「いや・・・・・・幸い、傷も癒えてるし」(ぼそっ)<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「わ、私も血が足んなくて、動けないですし」<br />
+<b>GM</b> 考えていたヴィヴィーヴィが、顎に当てていた手を外して、言います。<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「しかたないわ。とりあえずどこかで休みましょう」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……そうですか」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「そ、そうしましょう!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ティアくん、運んで~」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「そうしてトリッドを改造して、能力を戻せば良いわ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……結局俺なんですか?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「最も効率的で、最も適当だからね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「あ、とりっどさん、ちょっと構造、変わっちゃったかもしれません」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「私の血、混ぜちゃいましたから」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「とりあえず分析してみてから……ですね。<br />
+<b>GM</b>           貴方の血もサンプルに頂きますので、<br />
+<b>GM</b>           そのつもりでいらっしゃって下さい」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「と、とりあえずどこかに……って、どこに行くの、姉様?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「戻ろうか? またスメバミヤコに?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「スメバミヤコだそうよ。 ティア」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「は、はあ。じゃあ、とりあえず、スメバミヤコに帰りますか」<br />
+   <br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いま、スメバミヤコに帰ると、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 誕生パーティが開かれてるかもしれません(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  はっ!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  はっはっはw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いや、その前に。まだ片づけちゅうか?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 誕生会に乗り込むと、莠世が襲い掛かってくるのでは?(汗<br />
+<b>見学者2</b>  人造天使と元天使?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 普通の天使(ティアティア)もいるよ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いや。もう天使じゃないなら襲いかからない。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ティアくんはまだ天然物(天使)だよ~(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> あと、譲二がいるから(笑)<br />
+<b>見学者2</b>  ドンドン平和に・・・w<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> さて、全てをてぃあてぃあさんに押し付けることはできないものですかねえ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> いや、譲二に気を取られてて、天使が現れたくらいじゃ、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 衝動に支配されることはないよ(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ラブパワーで押さえるのか(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> というか、衝動は余裕が無い時に支配されるんですよ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 今は、満ち足りてるので(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ちょっかいさえかけられなきゃ、押さえ込める<br />
+   <br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「あそこ……迷惑じゃないのかなぁ?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「背に腹は変えられないと言うわ。<br />
+<b>GM</b>           やむを得ないとも言うわね。<br />
+<b>GM</b>           必然的運命事項でしょう。 しかたないわ」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「気にしない気にしない。ティアくん、ゴー」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> そういえば、話してる間も背中から降りてないなぁ(笑<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………結局僕か。 うーぃ」<br />
+<b>GM</b>  溜息を吐いて。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ボク怪我人~、もう死にそう。だから頑張って~」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺達どうしましょうか、士朗さん。 俺、今飛べないですし……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「うーん、私が、がんばって飛びましょう!」<br />
+<b>GM</b>  歩けば?(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「……なので、誰か、血、ください……」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……僕の血、あげましょうか……」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「貴方の血を飲んだら、<br />
+<b>GM</b>           多分……体組成が分解されると思うわ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ええー!? そうなのですか!?」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「え、じゃあ、姉様……は?」<br />
+<b>GM</b> <b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b>「私の再構築に、貴方の剣を使ったわよね?<br />
+<b>GM</b>           基本構成は同じになっちゃってると思うわよ」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「俺は……泥ですしねぇ」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「・・・・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> たらり、冷たい汗がたれる。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「……じゃー、すみませんけど、かぐらさん、ください」<br />
+<b>GM</b>  死ぬな。<br />
+<b>GM</b>  神楽さん死にますね。(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ダッシュだ! ティアくん!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 「ボクはもはや、一滴の血も無駄には出来ない(!笑」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「えっ!? あっ!? は、はい!」<br />
+<b>GM</b>  ば、びゅーーーんっ!!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> というわけで、逃走(笑<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……行っちゃいましたね……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>  「そ、そんなあ!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  (麟さんは?)<br />
+<b>GM</b>  麟さん行方不明。(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> (ここにゃいませんw<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  渡り鳥ってのは気がつけばいないのが鉄則ですしねw)<br />
+<b>GM</b> (後で、麟さんの場面を作りましょうか。)<br />
+<b>GM</b>  (後でお聞きしますので、<br />
+<b>GM</b> 何かアイデアがあったら、暖めておいてくださいな)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> (はーい、今のところちょっと殴りこみにいく予定でーすw)<br />
+<font color="#000080"><strong>士朗 </strong></font> 「り、りんさんは……っていない!?」<br />
+<strong>GM</strong> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……仕方ないですね、士朗さん。<br />
+<b>GM</b>       俺達は、人間よろしく歩きましょうか」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「……ですね。仕方ないです」<br />
+<b>GM</b>  林檎の最後の一口を口に放りこんで。<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「泥に塗れた大地を、踏みしめて……ですかね」<br />
+<b>GM</b>  一歩。一歩。 踏み出します。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 「ま、歩くのもたまにはいいもんです」<br />
+<b>GM</b> <b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……ははは」<br />
+<b>GM</b>  空は青く。<br />
+<b>GM</b>  青く。<br />
+<b>GM</b>  青い………… 地面は。<br />
+<b>GM</b>  泥に、塗れて、黒くあるべきだ。<br />
+<b>GM</b> 本当にそうなのか。 わからないけれど。 それでも<br />
+<b>GM</b> 良いのではないか、と。             思うことも、大切だ。<br />
+   <br />
+<b>GM</b>  神楽さんのアパートに住み着くと言う事は<br />
+<b>GM</b>  アパート崩壊の危機ですね。<br />
+<b>GM</b> ヴィヴィーヴィの傍若無人な実験が……………………<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b>  傍若無人なんだ(笑<br />
+<b>見学者2</b>  毎日のように爆発が?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 201号室・空部屋 202号室・幽霊<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 203号室・ボク 204号室・士朗さん(幽霊付)<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 今なら二部屋空いてるよ!(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  二部屋!?w<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> なにその都合の良い空き部屋w<br />
+<b>見学者2</b>  今度誰が入居するんだろうねえ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> きっと、201号室はヴィヴィさんが占領して、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> 202号室にトリッドとティアティア詰め込まれるんだろうね<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>  ひ、ひでぇw<br />
+<b>見学者2</b>  ああ、調度二組の空きがw<br />
+<b>GM</b>  あはは<br />
+<b><font>神楽 </font></b> トリッドは士朗さんのところに相部屋じゃないの?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> んで、201がヴィヴィさんで<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 202がティアくん&実験室<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ああ。それもありかw<br />
+<b>見学者2</b> たぶん稼ぐのもトリッドとティアの二人なんだろうなw<br />
+<b>見学者2</b>  弱いぞ!?男衆w<br />
+<b><font>神楽 </font></b> いや、ヴィヴィさんが強いんだ(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> パシラレ体質か、二人とも(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世</font></b> ティアティアなんて、かぐらんにも足として使われてるしなw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>  はっはっは。</p>
+<p align="center"><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/18.html">Back</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/21.html">Next</a></p>