「Extra」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Extra」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
-<p><br>
-<b>GM </b>最後のはあまり気にしなくても良いですよ。(笑<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> 意味ありげー!(笑<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 気になりますよー!<br>
-<b>GM </b>林檎を持っていたのは、一体誰だったのでしょう?<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>というか、しろーがやってるような感じもしなくないですねえ。<br>
-
-<b>GM </b>誰でも当てはまりそうなところが、ミソです。<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> たははw<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>っていうか結局、麟さん再登場しなかったね。<br>
-
-<b>GM </b>麟さんは、特に出なくて良かったですか?(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b>まあ、それが俺らしさなんで気にしないで下さいw<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>最後に「また旅に出るぜ!」とかやると思ってたのに(笑<br>
-
-<b>GM </b> (笑<br>
-<b>GM </b> 因みに――<br>
-<b>GM </b>次の日、ヴィヴィーヴィの部屋は様変わりしてました。<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> は?<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> へ?<br>
-<b>GM </b> 何と<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> 何と?<br>
-<b>GM </b> 内側が拡張されていました。<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> の、のーん!!(笑<br>
-<b>GM </b> 次元的に超化学の能力で拡張したらしく<br>
-<b>GM </b> 外見の10倍以上の広さに。(笑<br>
-<b>GM </b> 科学、ですね。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「ほあー、すごいことになってますねー」<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b>内側が?・・・・じゃあ割を食った人はいるのでしょうか?w<br>
-
-<b>GM </b>いえ、何処かと繋いだか……何かを繋げたか、ですね。(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>物理法則を無視すんなぁ!(笑<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>敷金・礼金誰が払ってると思ってるんだよう!(笑<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> ふむw<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「これで良いわ。心置きなく住居出来ます」<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「すごいですねー、ヴぃヴぃーヴぃさん」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「……俺は疲れました……」ふらふら<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>「大家さんになんて言えばー!」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様、何したの……?」<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「と、とりっどさん、お疲れ様です」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「時系列的に、空間は次々と更新されているのよ。<br>
-
-<b>GM </b>          それは破棄され続けていると言っても良いわ。<br>
-
-<b>GM </b>          これはちょっとした空間のリサイクルね。<br>
-
-<b>GM </b>          簡単に説明すると、そう言う事よ」<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>「か、簡単じゃない・・・・・・」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……勝手にやって良いの、こんな事?<br>
-
-<b>GM </b>         大体なんでトリッドは疲れてるのさ」<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「ですです。何でですか?」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「理論を実行に移すためには、技術と道具が必要なのよ、ティア」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「……それで?」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「幸い私の手元には、どんな道具にでも成り得る存在があったわ」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………」<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>「……………」<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「……………」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「一晩、彼女の実験道具兼発明器具をやらされていたんです……俺は」<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>無言で、十字を切る。<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「中々細かい設定に応じてくれなくて、困ったわ」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#AAAA11">トリッド</font></b>「あんな複雑怪奇な変化、させる方が無茶だと思います」<br>
-
-<b>GM </b>初めてトリッドが疲れたところを見るかもしれません。(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「た、大変でしたね。と、とりあえず、お部屋で休んでください」<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>(こそこそ)「ティアくん、ボク戦闘のときから思ってたんだけど・・・・・・」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「(こそこそ)は、はい?」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「ところで、十分な広さを確保できたから……ティア、一緒に住む?」<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>(こそこそ)「ヴィヴィさん、強すぎ」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………(こそこそ)い、いや、えーと。そ、そうかもしれませんね」<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>(こそこそ)「・・・・・・苦労してるんだね、頑張って」<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>涙をぬぐう振りをします(笑<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「? ティア、どうする?」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「え! えっと、うーん……」<br>
-
-<b>GM </b> 考えて<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「僕は……」<br>
-<b>GM </b> ちらり、と神楽さんの方を見て<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「えっと、僕はこのままで良いかな!」<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>「・・・・・・~♪」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「? そう。 あまり効率的ではないけれど、<br>
-
-<b>GM </b>          貴方の選択ならそうしなさい」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00B0E0">ティアティア</font></b>「は、はい、姉様!」<br>
-<b>GM </b> と、言う落ちでした。<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> うん、オチだね(笑<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あ、<br>
-<b>GM </b> む?<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>みんなが部屋に戻って、ヴぃヴぃーヴぃさんと私だけになったら、<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>ちょいと、いいたいことがあるのですが。<br>
-
-<b>GM </b> はい? どうぞ。(笑<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「あ、ヴぃヴぃーヴぃさん」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「はい? 何かご用ですか、士朗さん?」<br>
-
-<b>GM </b> 振りかえって答えます。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「ちょっと遅くなりましたけど、お礼、言いたくて」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「お礼? 何かお礼を言われるような事<br>
-
-<b>GM </b>          ――貴方に利益を与えるような事を、しましたっけ?」<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「ええ、あの、とりっどさん作ってくれて、ありがとうございました」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「私の記憶が正常を保っているのならば、<br>
-
-<b>GM </b>          そして判断力も通常ならば、それはどちらかと言うと<br>
-
-<b>GM </b>          恨まれるべき事なのではないでしょうか?」<br>
-
-<b>GM </b> 首を傾げます。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「いえいえ。だって、とりっどさんに会えただけで、充分な利益です」<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「それに、おかげでヴぃヴぃーヴぃさんや、てぃあてぃあさんにも会えましたし」<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……。ふむ」<br>
-<b>GM </b> ちょっと眉をひそめて<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「それに、とりっどさんがこなかったら、<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>公園で飢え死にしてましたしね、私」えへへと笑う。<br>
-
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「成る程。おかしな方ですけれど、<br>
-
-<b>GM </b>          お優しい方なのですね、士朗さん」<br>
-
-<b>GM </b> ふふっと微笑んで<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「やさしい……ですか?」<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………そうですね。優しいです。<br>
-
-<b>GM </b>          優しさが良い事だとは言いませんけれど、それでも。<br>
-
-<b>GM </b>          そう言う事なら私は、『どういたしまして』と言えますね」<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「です。ありがとうございます」<br>
-<b>GM </b>お辞儀をして。 美しく――こちらも優しい笑みを見せますよ。<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>こちらも、笑顔になります。<br>
-<b>GM </b> <b><font color=
-"#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「それでは<br>
-<b>GM </b>          ……多少今後もご迷惑をおかけする事になるかと思いますけれど、<br>
-
-<b>GM </b>          弟共々よろしくお願いいたしますね」<br>
-
-<b>GM </b> 手を伸ばします。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>「いえいえ、こちらこそ、よろしくです」<br>
-
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 握手します。<br>
-<br>
-<br>
-<b>GM </b> では、終了……ですかね。<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ですね!<br>
-<b>GM </b> はい。<br>
-<b>GM </b>それでは皆様……お疲れ様で御座いました――<br>
-
-<b>GM </b> 凄くお疲れ様でした。<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> お疲れ様<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> お疲れ様でしたー!<br>
-<b>GM </b>そしてありがとう御座いました。 と、色々と申し訳御座いませんでした。(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>お疲れ様でした! 楽しかったーーーーー!<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> 大・団・円、かな?<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 大団円です!<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> はっはっはw<br>
-<b>GM </b> 大団円?<br>
-<b>GM </b>いや、何だか最後明るい話になってしまいましたので<br>
-
-<b>GM </b>あの林檎の描写をラストに入れて、お茶を濁しましょう。<br>
-
-<b>GM </b> と、言う感じでした。<br>
-<b>GM </b> どうとでも取れますね。<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>そういえば結局、実質の犠牲者ゼロじゃない?<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>天使達は復活したわけだし。<br>
-<b>GM </b> ん<br>
-<b>GM </b> 復活したの?<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>・・・・・・してないの?<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> してないですよ。<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 多分。<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> なにぃ!<br>
-<font color=
-"#CC0099">莠世</font>一番の犠牲者は、ティアティアか・・・<br>
-
-<b>GM </b> 罪は罪。罰は罰。<br>
-<b>GM </b> 全員死ぬ可能性もあったのですから。<br>
-<b>GM </b> ティアティアとか殺されそうでしたし。<br>
-<b>GM </b>ヴィヴィーヴィとか消えて無くなりそうだったし。<br>
-
-<b>GM </b>トリッドとかヴィヴィーヴィの策略(?)で分解されそうだったし。<br>
-
-<b>GM </b>むしろ戦闘で皆さんピンチでしたし。(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>良く、みんな無事でしたね(笑)<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> 死んだと思った(笑<br>
-<b>GM </b> 魔都なので<br>
-<b>GM </b>物語が許せば、いくらでも生き返れますけれど<br>
-
-<b>GM </b> 逆に言えば、綺麗に纏まらなければ<br>
-<b>GM </b> 問答無用で死んでいただくことも。(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>仲間の回復を * で返された時は危なかった(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>あの時はもっとピンチになってもいいかなー、<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>とか思っちゃった私がいましたからね。申し訳ないです。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b>はっはっは…えっと、すいません(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>いや、ボクも一味足りないと言われちゃったし。<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> 精進するんだよ。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>でも、あそこでやってもらえなかったら、負けてましたね。ありがとうございます。<br>
-
-<b>GM </b> 終わったので中立にした理由を述べますと<br>
-<b>GM </b>どちらかにもう少し弾けて良かったんですよ。(笑<br>
-
-<b>GM </b>もっと死人が出た状態から復活しても良かったし<br>
-
-<b>GM </b> もっと大打撃になっても良かった。<br>
-<b>GM </b>あと、派手な場面なのに少々演出がしみじみしていた感がありましたね。(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>あのテキスト、本当はヴィヴィさん助けるときに使うつもりだったんだけど、<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>思いのほかピンチだったから使っちゃえ、と思ったんだよ。<br>
-
-<b>GM </b> ああ、それでですか。<br>
-<font color="#CC0099">莠世</font> しみじみ(笑<br>
-<b>GM </b>派手な場面はもっとどかどか行ってしまって良いと思いますよ。<br>
-
-<b>GM </b>逆に、しみじみした場面は、静かに魅せる感じで。<br>
-
-<b>GM </b> 中々難しいものですけれどね。(苦笑<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ですねえ。<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>本当のヴィヴィさん復活のシーンは少し派手になったかな?<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>アドリブだったんで手打ちがおっつかなくて焦ったけど(笑<br>
-
-<b>GM </b> ですねー<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>皆さん、用意しているのですか?<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 演出。<br>
-<b>GM </b> いやいや<br>
-<b>GM </b> 私は全部その場です。(笑<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> あれが!?<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 驚きです!<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> すごいです!<br>
-<b>GM </b>我ながら良くもまぁ指が動くものです。文章になってるかどうかが疑問です。(苦笑<br>
-
-<b>GM </b> まだまだですけれどね!<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>いや、雰囲気でてました!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b>いやはや、すごいですよ<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> 感服!<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 感激!<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> 脱帽!<br>
-<font color="#CC0099">莠世</font> ブラボー!<br>
-<b>GM </b> うわ、何だか誉めちぎられてます。<br>
-<b>GM </b>完全犯罪でも目論んでいるのですか? 誉め殺しされてしまいます。(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>ボクは、通常攻撃のストックはいっぱい持ってたんだよ。<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>・・・・・・結局、一つも使わなかったけど(笑<br>
-
-<b>GM </b>ああ……ダイス目、ちょっと辛かったですね。(苦笑<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> 辛かったw<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ですねえ(笑)<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>全部ヴィヴィさんに持っていかれた(笑<br>
-
-<b>GM </b> 今までやっていて思ったのですけれど、<br>
-<b>GM </b>ダイス目にもっとどんどんDPを費やすべきなのかもしれませんね。<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>先手を取ったのは、DP使ったときだけだしね。<br>
-
-<b>GM </b>そのままですと、運によるところが大きいですからねぇ<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>今回は運が悪かった・・・・・・悪すぎた(苦笑<br>
-
-<b>GM </b> ヴィヴィーヴィ、強かったですね!<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> まったくだw<br>
-<b>GM </b>何だか、精神的にも強くなってしまいました。<br>
-
-<font color="#CC0099">莠世</font> 最強おねーさま伝説(笑<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ははは(笑)<br>
-<b>GM </b>さすがトリッドの作成者と言うのか……口達者ですし。<br>
-
-<b>GM </b>ああ、勿論この後、水の羽衣を作って空を飛べるようになりますよ。<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>なんていうか、あれだ・・・・・・ラスボスだよね(笑<br>
-
-<font color="#00FF00">譲二</font> 助けてよかったの?(笑)<br>
-<b>GM </b> うーーーん?(苦笑<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> 良かったのです!<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>・・・・・・・・・い、いや、ティアくんのためさ!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>ヴぃヴぃーヴぃさんは優しい人です!(目がグルグル)<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>ウウ、ヤサシイヒトデス<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>ああ、でもホントにジョージとヴィヴィは話したいな~。<br>
-
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>面白い事になりそうな、収集つかなそうな。<br>
-
-<font color=
-"#CC0099">莠世</font>早めに無力化しておいたほうが、みなのためだったりして(苦笑<br>
-
-<b>GM </b> 収拾つかなそうな。(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>それを言ってはいけない(笑<br>
-<b>GM </b> まぁ、ティア君はティア君で<br>
-<b>GM </b> ティアティアは貴重な突込みでした。<br>
-<b>GM </b>……私のキャラクターの中で、まともな感覚を持っているのは<br>
-
-<b>GM </b>ティアティアとコイン君くらいです。ね、今の所。<br>
-
-<font color="#CC0099">莠世</font> あはははははは<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ははは(笑)<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>えー? みんなマトモな感覚持ってますよー? 絶対。<br>
-
-<b>GM </b> えー?(苦笑<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>はっ、そうです! とりっどさんも、ヴぃヴぃーヴぃさんも、まともな感覚の持ち主です!<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>マトモナカンカクノモチヌシデス<br>
-<b>GM </b> 常識は持ってるけれど<br>
-<b>GM </b> それに則す気は無い感じですね。<br>
-<b>GM </b> ヴィヴィーヴィとか。<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>常識は知っているだけでは意味がないよ~(苦笑<br>
-
-<font color="#00FF00">譲二</font> 常識は当然持ってますよ。<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>朝はグッモーニンで、夜はグっナイ。車は右車線! 完璧!!<br>
-
-<b>GM </b>そしてラブに向いている人も少ない私のキャラクター、です。<br>
-
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> オトス!<br>
-<font color="#CC0099">莠世</font> かぐらんが萌えてルーー!?<br>
-<font color="#CC0099">莠世</font> あ、変換間違えた(笑<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>一面においては正しい(笑<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>そんな事ないですよ! ヴぃヴぃーヴぃさんも、とりっどさんもできますよ!……きっと。<br>
-
-<b>GM </b>鬱ちゃん、カレス、コイン、ティアティア……当たりが、ねらい目?<br>
-
-<b>GM </b>カレスはまだ、恋愛とかの手前ですね。(苦笑<br>
-
-<font color=
-"#CC0099">莠世</font>トリッドなんかは、けっこうぐらぐらきてるんじゃあ(笑<br>
-
-<b>GM </b> 誰に?(笑<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> 士朗さん(笑<br>
-<b>GM </b> それもいやだなぁ(苦笑<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>トリッドはまだ何も知らないだけですから、これからでしょう。<br>
-
-<font color="#00FF00">譲二</font> あるいみ、カレスと一緒。<br>
-<b>GM </b> まぁ、ハロウィーンの踏襲のような<br>
-<b>GM </b> 設定でしたからね。<br>
-<font color=
-"#CC0099">莠世</font>ああ。生まれたばっかだしね。<br>
-<b>GM </b>滅ぼす存在が作られた存在と同等だっただけで<br>
-
-<b>GM </b> 同等……同一。<br>
-<b>GM </b>助けを求める存在がそれ単独で切り離され、作った存在は滅ぼす存在と同調した。<br>
-
-<b>GM </b>うん。役割分担を散らし変えただけで、大体構図は一緒なのでした。<br>
-
-<b>GM </b>テーマと舞台を少々ずらしたので、印象は違うものになった……と、思いますけれどね。(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>ぜんぜん気付かなかったです……。<br>
-
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>印象が違うだけでこうも違うんだねぇ。<br>
-
-<font color=
-"#CC0099">莠世</font>私も気づかなかったーーー!?<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> うむむ<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>ハロ参加した自分は、同じだなあと感じてましたけど。<br>
-
-<b>GM </b> TKG様だけ?(苦笑<br>
-<font color=
-"#CC0099">莠世</font>しゅーん(ハロウィン参加者)<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>ハロ読み終わったの、最近ですしね。私。<br>
-
-<b>GM </b> あら。如何でしたか?<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>初期の頃、やっぱり居なくてよかったってのは、同じ展開になりそうだと思ったから。<br>
-
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b>おもしろかったです!<br>
-<b>GM </b> どうもありがとう御座います~(笑<br>
-<b>GM </b> ええ。<br>
-<font color=
-"#00FF00">譲二</font>ああ、またジョージを偏見の目で見る人がまた一人!<br>
-
-<b>GM </b>ただあちらは、滅ぼす存在が既に壊れきっていたのに対し<br>
-
-<b>GM </b>こちらはまだ生まれたばかりだったのでしたね。<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>うつさん、かわいいですし、いぃぃりかさん、いい人でしたしね!<br>
-
-<b>GM </b>鬱を可愛いと言ってくれる人は珍しいです。(笑<br>
-
-<b>GM </b> どうも~<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>かわいいですよ、うつさんは。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>とってもかわいいです。<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>うーん、可愛いとは思ったけど・・・・・・士朗さん、さすが士朗さん(苦笑<br>
-
-<b>GM </b>……天然すけこましの素質ありますね、士朗さんも。(苦笑<br>
-
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> ええ!?<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>そこら辺にトリッドはたらされたんだね(笑<br>
-
-<b>GM </b>トリッド、女性にするべきでしたかね?(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>しろーが女になればよいのですよ!<br>
-
-<b>GM </b> それは駄目だ!<br>
-<b>GM </b> 士朗さんは男じゃないと駄目だ!!<br>
-<b><font color="#000080">士朗 </font></b> だめですか?<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>士朗さんが女性キャラと考えると、今までの行動が・・・・・・(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>なんかおかしくなりますっけ?<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>もっと可愛くなる!(笑<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> だははw<br>
-<b>GM </b> いやぁ<br>
-<font color="#CC0099">莠世</font> あはははははw<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>っていうか、トリッドに恋して追いかけてるようにしか見えないって!(笑<br>
-
-<b>GM </b> 私は男の士朗さんがだいすきですから<br>
-<b>GM </b> 認められませんね。<br>
-<b><font color=
-"#000080">士朗 </font></b>ならば最後の運切で!(笑)<br>
-<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b> いやいやいや!<br>
-<b>GM </b> 却下されますよ。(笑<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>士朗さんと一緒にいることで、<br>
-<b><font color=
-"#8B0000">神楽 </font></b>いつか新しい『女性としての個性』を見つけるよ、雌雄同体のトリッドが(笑</p>
-<br>
-<br>
-<p align="center"><font color=
-"#999999">さて、このお話はこれでおしまい。</font></p>
+<p><br />
+<b>GM </b>最後のはあまり気にしなくても良いですよ。(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>意味ありげー!(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>気になりますよー!<br />
+<b>GM </b>林檎を持っていたのは、一体誰だったのでしょう?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>というか、しろーがやってるような感じもしなくないですねえ。<br />
+<b>GM </b>誰でも当てはまりそうなところが、ミソです。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>たははw<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>っていうか結局、麟さん再登場しなかったね。<br />
+<b>GM </b>麟さんは、特に出なくて良かったですか?(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>まあ、それが俺らしさなんで気にしないで下さいw<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>最後に「また旅に出るぜ!」とかやると思ってたのに(笑<br />
+<b>GM </b>(笑<br />
+<b>GM </b>因みに――<br />
+<b>GM </b>次の日、ヴィヴィーヴィの部屋は様変わりしてました。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>は?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>へ?<br />
+<b>GM </b>何と<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>何と?<br />
+<b>GM </b>内側が拡張されていました。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>の、のーん!!(笑<br />
+<b>GM </b>次元的に超化学の能力で拡張したらしく<br />
+<b>GM </b>外見の10倍以上の広さに。(笑<br />
+<b>GM </b>科学、ですね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「ほあー、すごいことになってますねー」<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>内側が?・・・・じゃあ割を食った人はいるのでしょうか?w<br />
+<b>GM </b>いえ、何処かと繋いだか……何かを繋げたか、ですね。(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>物理法則を無視すんなぁ!(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>敷金・礼金誰が払ってると思ってるんだよう!(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>ふむw<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「これで良いわ。心置きなく住居出来ます」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「すごいですねー、ヴぃヴぃーヴぃさん」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「……俺は疲れました……」ふらふら<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>「大家さんになんて言えばー!」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「姉様、何したの……?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「と、とりっどさん、お疲れ様です」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「時系列的に、空間は次々と更新されているのよ。<br />
+<b>GM </b>          それは破棄され続けていると言っても良いわ。<br />
+<b>GM </b>          これはちょっとした空間のリサイクルね。<br />
+<b>GM </b>          簡単に説明すると、そう言う事よ」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>「か、簡単じゃない・・・・・・」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……勝手にやって良いの、こんな事?<br />
+<b>GM </b>         大体なんでトリッドは疲れてるのさ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「ですです。何でですか?」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「理論を実行に移すためには、技術と道具が必要なのよ、ティア」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「……それで?」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「幸い私の手元には、どんな道具にでも成り得る存在があったわ」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>「……………」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「……………」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「一晩、彼女の実験道具兼発明器具をやらされていたんです……俺は」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>無言で、十字を切る。<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「中々細かい設定に応じてくれなくて、困ったわ」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#AAAA11">トリッド</font></b>「あんな複雑怪奇な変化、させる方が無茶だと思います」<br />
+<b>GM </b>初めてトリッドが疲れたところを見るかもしれません。(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「た、大変でしたね。と、とりあえず、お部屋で休んでください」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>(こそこそ)「ティアくん、ボク戦闘のときから思ってたんだけど・・・・・・」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「(こそこそ)は、はい?」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「ところで、十分な広さを確保できたから……ティア、一緒に住む?」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>(こそこそ)「ヴィヴィさん、強すぎ」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「…………(こそこそ)い、いや、えーと。そ、そうかもしれませんね」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>(こそこそ)「・・・・・・苦労してるんだね、頑張って」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>涙をぬぐう振りをします(笑<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「? ティア、どうする?」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「え! えっと、うーん……」<br />
+<b>GM </b>考えて<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「僕は……」<br />
+<b>GM </b>ちらり、と神楽さんの方を見て<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「えっと、僕はこのままで良いかな!」<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>「・・・・・・~♪」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「? そう。 あまり効率的ではないけれど、<br />
+<b>GM </b>          貴方の選択ならそうしなさい」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00B0E0">ティアティア</font></b>「は、はい、姉様!」<br />
+<b>GM </b>と、言う落ちでした。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>うん、オチだね(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>あ、<br />
+<b>GM </b>む?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>みんなが部屋に戻って、ヴぃヴぃーヴぃさんと私だけになったら、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ちょいと、いいたいことがあるのですが。<br />
+<b>GM </b>はい? どうぞ。(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「あ、ヴぃヴぃーヴぃさん」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「はい? 何かご用ですか、士朗さん?」<br />
+<b>GM </b>振りかえって答えます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「ちょっと遅くなりましたけど、お礼、言いたくて」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「お礼? 何かお礼を言われるような事<br />
+<b>GM </b>          ――貴方に利益を与えるような事を、しましたっけ?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「ええ、あの、とりっどさん作ってくれて、ありがとうございました」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「私の記憶が正常を保っているのならば、<br />
+<b>GM </b>          そして判断力も通常ならば、それはどちらかと言うと<br />
+<b>GM </b>          恨まれるべき事なのではないでしょうか?」<br />
+<b>GM </b>首を傾げます。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「いえいえ。だって、とりっどさんに会えただけで、充分な利益です」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「それに、おかげでヴぃヴぃーヴぃさんや、てぃあてぃあさんにも会えましたし」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「……。ふむ」<br />
+<b>GM </b>ちょっと眉をひそめて<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「それに、とりっどさんがこなかったら、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>公園で飢え死にしてましたしね、私」えへへと笑う。<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「成る程。おかしな方ですけれど、<br />
+<b>GM </b>          お優しい方なのですね、士朗さん」<br />
+<b>GM </b>ふふっと微笑んで<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「やさしい……ですか?」<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「…………そうですね。優しいです。<br />
+<b>GM </b>          優しさが良い事だとは言いませんけれど、それでも。<br />
+<b>GM </b>          そう言う事なら私は、『どういたしまして』と言えますね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「です。ありがとうございます」<br />
+<b>GM </b>お辞儀をして。 美しく――こちらも優しい笑みを見せますよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>こちらも、笑顔になります。<br />
+<b>GM </b><b><font color="#00008B">ヴィヴィーヴィ</font></b>「それでは<br />
+<b>GM </b>          ……多少今後もご迷惑をおかけする事になるかと思いますけれど、<br />
+<b>GM </b>          弟共々よろしくお願いいたしますね」<br />
+<b>GM </b>手を伸ばします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>「いえいえ、こちらこそ、よろしくです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>握手します。<br />
+<br />
+<br />
+<b>GM </b>では、終了……ですかね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ですね!<br />
+<b>GM </b>はい。<br />
+<b>GM </b>それでは皆様……お疲れ様で御座いました――<br />
+<b>GM </b>凄くお疲れ様でした。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>お疲れ様<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>お疲れ様でしたー!<br />
+<b>GM </b>そしてありがとう御座いました。 と、色々と申し訳御座いませんでした。(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>お疲れ様でした! 楽しかったーーーーー!<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>大・団・円、かな?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>大団円です!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>はっはっはw<br />
+<b>GM </b>大団円?<br />
+<b>GM </b>いや、何だか最後明るい話になってしまいましたので<br />
+<b>GM </b>あの林檎の描写をラストに入れて、お茶を濁しましょう。<br />
+<b>GM </b>と、言う感じでした。<br />
+<b>GM </b>どうとでも取れますね。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>そういえば結局、実質の犠牲者ゼロじゃない?<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>天使達は復活したわけだし。<br />
+<b>GM </b>ん<br />
+<b>GM </b>復活したの?<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>・・・・・・してないの?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>してないですよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>多分。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>なにぃ!<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>一番の犠牲者は、ティアティアか・・・<br />
+<b>GM </b>罪は罪。罰は罰。<br />
+<b>GM </b>全員死ぬ可能性もあったのですから。<br />
+<b>GM </b>ティアティアとか殺されそうでしたし。<br />
+<b>GM </b>ヴィヴィーヴィとか消えて無くなりそうだったし。<br />
+<b>GM </b>トリッドとかヴィヴィーヴィの策略(?)で分解されそうだったし。<br />
+<b>GM </b>むしろ戦闘で皆さんピンチでしたし。(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>良く、みんな無事でしたね(笑)<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>死んだと思った(笑<br />
+<b>GM </b>魔都なので<br />
+<b>GM </b>物語が許せば、いくらでも生き返れますけれど<br />
+<b>GM </b>逆に言えば、綺麗に纏まらなければ<br />
+<b>GM </b>問答無用で死んでいただくことも。(苦笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>仲間の回復を * で返された時は危なかった(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>あの時はもっとピンチになってもいいかなー、<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>とか思っちゃった私がいましたからね。申し訳ないです。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>はっはっは…えっと、すいません(苦笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>いや、ボクも一味足りないと言われちゃったし。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>精進するんだよ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>でも、あそこでやってもらえなかったら、負けてましたね。ありがとうございます。<br />
+<b>GM </b>終わったので中立にした理由を述べますと<br />
+<b>GM </b>どちらかにもう少し弾けて良かったんですよ。(笑<br />
+<b>GM </b>もっと死人が出た状態から復活しても良かったし<br />
+<b>GM </b>もっと大打撃になっても良かった。<br />
+<b>GM </b>あと、派手な場面なのに少々演出がしみじみしていた感がありましたね。(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>あのテキスト、本当はヴィヴィさん助けるときに使うつもりだったんだけど、<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>思いのほかピンチだったから使っちゃえ、と思ったんだよ。<br />
+<b>GM </b>ああ、それでですか。<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>しみじみ(笑<br />
+<b>GM </b>派手な場面はもっとどかどか行ってしまって良いと思いますよ。<br />
+<b>GM </b>逆に、しみじみした場面は、静かに魅せる感じで。<br />
+<b>GM </b>中々難しいものですけれどね。(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ですねえ。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>本当のヴィヴィさん復活のシーンは少し派手になったかな?<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>アドリブだったんで手打ちがおっつかなくて焦ったけど(笑<br />
+<b>GM </b>ですねー<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>皆さん、用意しているのですか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>演出。<br />
+<b>GM </b>いやいや<br />
+<b>GM </b>私は全部その場です。(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>あれが!?<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>驚きです!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>すごいです!<br />
+<b>GM </b>我ながら良くもまぁ指が動くものです。文章になってるかどうかが疑問です。(苦笑<br />
+<b>GM </b>まだまだですけれどね!<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>いや、雰囲気でてました!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>いやはや、すごいですよ<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>感服!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>感激!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>脱帽!<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>ブラボー!<br />
+<b>GM </b>うわ、何だか誉めちぎられてます。<br />
+<b>GM </b>完全犯罪でも目論んでいるのですか? 誉め殺しされてしまいます。(苦笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>ボクは、通常攻撃のストックはいっぱい持ってたんだよ。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>・・・・・・結局、一つも使わなかったけど(笑<br />
+<b>GM </b>ああ……ダイス目、ちょっと辛かったですね。(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>辛かったw<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ですねえ(笑)<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>全部ヴィヴィさんに持っていかれた(笑<br />
+<b>GM </b>今までやっていて思ったのですけれど、<br />
+<b>GM </b>ダイス目にもっとどんどんDPを費やすべきなのかもしれませんね。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>先手を取ったのは、DP使ったときだけだしね。<br />
+<b>GM </b>そのままですと、運によるところが大きいですからねぇ<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>今回は運が悪かった・・・・・・悪すぎた(苦笑<br />
+<b>GM </b>ヴィヴィーヴィ、強かったですね!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>まったくだw<br />
+<b>GM </b>何だか、精神的にも強くなってしまいました。<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>最強おねーさま伝説(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ははは(笑)<br />
+<b>GM </b>さすがトリッドの作成者と言うのか……口達者ですし。<br />
+<b>GM </b>ああ、勿論この後、水の羽衣を作って空を飛べるようになりますよ。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>なんていうか、あれだ・・・・・・ラスボスだよね(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>助けてよかったの?(笑)<br />
+<b>GM </b>うーーーん?(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>良かったのです!<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>・・・・・・・・・い、いや、ティアくんのためさ!(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ヴぃヴぃーヴぃさんは優しい人です!(目がグルグル)<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>ウウ、ヤサシイヒトデス<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>ああ、でもホントにジョージとヴィヴィは話したいな~。<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>面白い事になりそうな、収集つかなそうな。<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>早めに無力化しておいたほうが、みなのためだったりして(苦笑<br />
+<b>GM </b>収拾つかなそうな。(苦笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>それを言ってはいけない(笑<br />
+<b>GM </b>まぁ、ティア君はティア君で<br />
+<b>GM </b>ティアティアは貴重な突込みでした。<br />
+<b>GM </b>……私のキャラクターの中で、まともな感覚を持っているのは<br />
+<b>GM </b>ティアティアとコイン君くらいです。ね、今の所。<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>あはははははは<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ははは(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>えー? みんなマトモな感覚持ってますよー? 絶対。<br />
+<b>GM </b>えー?(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>はっ、そうです! とりっどさんも、ヴぃヴぃーヴぃさんも、まともな感覚の持ち主です!<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>マトモナカンカクノモチヌシデス<br />
+<b>GM </b>常識は持ってるけれど<br />
+<b>GM </b>それに則す気は無い感じですね。<br />
+<b>GM </b>ヴィヴィーヴィとか。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>常識は知っているだけでは意味がないよ~(苦笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>常識は当然持ってますよ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>朝はグッモーニンで、夜はグっナイ。車は右車線! 完璧!!<br />
+<b>GM </b>そしてラブに向いている人も少ない私のキャラクター、です。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>オトス!<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>かぐらんが萌えてルーー!?<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>あ、変換間違えた(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>一面においては正しい(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>そんな事ないですよ! ヴぃヴぃーヴぃさんも、とりっどさんもできますよ!……きっと。<br />
+<b>GM </b>鬱ちゃん、カレス、コイン、ティアティア……当たりが、ねらい目?<br />
+<b>GM </b>カレスはまだ、恋愛とかの手前ですね。(苦笑<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>トリッドなんかは、けっこうぐらぐらきてるんじゃあ(笑<br />
+<b>GM </b>誰に?(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>士朗さん(笑<br />
+<b>GM </b>それもいやだなぁ(苦笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>トリッドはまだ何も知らないだけですから、これからでしょう。<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>あるいみ、カレスと一緒。<br />
+<b>GM </b>まぁ、ハロウィーンの踏襲のような<br />
+<b>GM </b>設定でしたからね。<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>ああ。生まれたばっかだしね。<br />
+<b>GM </b>滅ぼす存在が作られた存在と同等だっただけで<br />
+<b>GM </b>同等……同一。<br />
+<b>GM </b>助けを求める存在がそれ単独で切り離され、作った存在は滅ぼす存在と同調した。<br />
+<b>GM </b>うん。役割分担を散らし変えただけで、大体構図は一緒なのでした。<br />
+<b>GM </b>テーマと舞台を少々ずらしたので、印象は違うものになった……と、思いますけれどね。(笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ぜんぜん気付かなかったです……。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>印象が違うだけでこうも違うんだねぇ。<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>私も気づかなかったーーー!?<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>うむむ<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>ハロ参加した自分は、同じだなあと感じてましたけど。<br />
+<b>GM </b>TKG様だけ?(苦笑<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>しゅーん(ハロウィン参加者)<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ハロ読み終わったの、最近ですしね。私。<br />
+<b>GM </b>あら。如何でしたか?<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>初期の頃、やっぱり居なくてよかったってのは、同じ展開になりそうだと思ったから。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>おもしろかったです!<br />
+<b>GM </b>どうもありがとう御座います~(笑<br />
+<b>GM </b>ええ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二</font>ああ、またジョージを偏見の目で見る人がまた一人!<br />
+<b>GM </b>ただあちらは、滅ぼす存在が既に壊れきっていたのに対し<br />
+<b>GM </b>こちらはまだ生まれたばかりだったのでしたね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>うつさん、かわいいですし、いぃぃりかさん、いい人でしたしね!<br />
+<b>GM </b>鬱を可愛いと言ってくれる人は珍しいです。(笑<br />
+<b>GM </b>どうも~<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>かわいいですよ、うつさんは。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>とってもかわいいです。<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>うーん、可愛いとは思ったけど・・・・・・士朗さん、さすが士朗さん(苦笑<br />
+<b>GM </b>……天然すけこましの素質ありますね、士朗さんも。(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ええ!?<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>そこら辺にトリッドはたらされたんだね(笑<br />
+<b>GM </b>トリッド、女性にするべきでしたかね?(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>しろーが女になればよいのですよ!<br />
+<b>GM </b>それは駄目だ!<br />
+<b>GM </b>士朗さんは男じゃないと駄目だ!!<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>だめですか?<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>士朗さんが女性キャラと考えると、今までの行動が・・・・・・(苦笑<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>なんかおかしくなりますっけ?<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>もっと可愛くなる!(笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b>だははw<br />
+<b>GM </b>いやぁ<br />
+<font color="#CC0099">莠世</font>あはははははw<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>っていうか、トリッドに恋して追いかけてるようにしか見えないって!(笑<br />
+<b>GM </b>私は男の士朗さんがだいすきですから<br />
+<b>GM </b>認められませんね。<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b>ならば最後の運切で!(笑)<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>いやいやいや!<br />
+<b>GM </b>却下されますよ。(笑<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>士朗さんと一緒にいることで、<br />
+<b><font color="#8B0000">神楽 </font></b>いつか新しい『女性としての個性』を見つけるよ、雌雄同体のトリッドが(笑</p>
+<p> </p>
+<p> </p>
+<p align="center"><font color="#999999">さて、このお話はこれでおしまい。</font></p>
+<p> </p>
+<p> </p>
 <p align="center"><font color="#999999">それではみなさん、</font></p>
-<p align="center"><font color=
-"#999999">またどこかの新宿で。</font></p>
-<br>
+<p align="center"><font color="#999999">またどこかの新宿で。</font></p>
+<p> </p>
 <p align="center"><strong>The End of Devil's City Story...</strong></p>
-<p align="center"></p>
-<p align="center"><a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/21.html">Back</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></p>
+<p> </p>
+<p align="center"> </p>
+<p align="center"><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/21.html">Back</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></p>