「Dream」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Dream」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <center>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color=
-"gray">Dream</font></b></span></h2>
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">Dream</font></b></span></h2>
 </center>
-<center><br></center>
-<p align="left"><br>
-<br>
-<b>GM</b>   士朗さん。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   はい?<br>
-<b>GM</b>   職員室に来なさい。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   ええ!?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> わ、私、何か悪いことしましたか?<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   (びくびく)<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィーヴィ</font></b> メガネをかけて、さらにインテリっぽいヴィヴィーヴィです。</p>
-<p align="left">(以下ヴィヴィ)<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「な、なんでしょうか?」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「そこに座ってください」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 椅子を示します。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「は、はい」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   素直に座ります。<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 向かいに座ります。色っぽく足を組んで。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「……さて、貴方のプレイについて、2つ3つ」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 手に持った書類を眺めながら言います。ページをめくりつつ……<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「な、何か悪いこと、しました?」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   (びくびく)<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「4つ5つ6つ7つ8つ9つ……」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「多っ!」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> パタン、書類をとじて、きっとねめつけて言います。<br>
-
-<b><font color="darkblue">ヴィヴィ</font></b>   「冗談です」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「あ、そ、そうなんですか(ホッとする)」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「まず一つ。自覚しているかしていないかはわかりませんけれど……」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「素敵な発言が多いですね」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「す、素敵な発言?」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「人間味溢れ、暖かい貴方の発言は、周囲を和ませています」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「は、はあ」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「柔らかく自然な故に、かえって真実をついている場合も多く<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> ……その点では、中々見られない逸材ですね。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> この特徴は、今後も伸ばしていった貰いたいものです。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> まぁ、自覚したらかえって伸びないかもしれませんけれど」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b> 「そ、そうなのですか?<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 私、思ったことが口に出てしまっているだけなのですが」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> ぺら、とページをめくって。<br>
-
-<b><font color="darkblue">ヴィヴィ</font></b>   「次に」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「はい」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「押しが弱いですね」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b> 「よく言われます……」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「もっと主張や自己アピールをしていきませんと……」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> めがねを直して、真っ直ぐと見つめてきます。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「忘れられますよ?」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「放っておくと、印象が薄いだけの薄弱キャラです」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「そ、そうですか?分かりました。これから気をつけます……」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「はい。気をつけてください」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 目線を外して、またページをめくります。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「そして三つ目……」<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「(どきどき)」<br>
-<b><font color="darkblue">ヴィヴィ</font></b>   「あなた」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「いつ本気を出すおつもりですか?」<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「ヘ?」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「このまま燻っていてはいけませんよ。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> もっと周りを圧倒するシーンを、この先1度くらいは作った方が<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 物語的にも盛り上がりますし、貴方の株も急上昇となります」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「な、なるほど……で、でも、そういうの、苦手で……」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「現状……駄目駄目天然主人公<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> ただし本領発揮でスーパースター属性を、貴方は持っています<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 一皮向ければ、きっと素敵過ぎるキャラクターに仕上がる事でしょう」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> パタン、と書類を閉じて。めがねを外します。<br>
-
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「は、はあ。」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「……まぁ、全体としては良く頑張ってますし、良く出来ています。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> ちょっと忘れてしまいそうになりますが、<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> キャラの立ち位置としては安定してますし……<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 先生は期待していますので、これからも頑張ってください」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> と、締めくくるヴィヴィーヴィ。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「ど、どうもありがとうございます」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「以上です。帰って良いですよ」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「はい、し、失礼しました」<br>
-<b><font color="darkblue">ヴィヴィ</font></b>   「あ……あと」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「!……なんでしょう?」<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「弟を――ティアを、よろしくお願いしますね」<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> にっこりと、微笑みますよ。<br>
-
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「そして…………………トリッドも」<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「……分かりました。でも……」<br>
-<b><font color="darkblue">ヴィヴィ</font></b>   「でも?」<br>
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> 「あなたも、よろしくお願いします。<br>
-
-<b><font color=
-"navy">士朗</font></b> てぃあてぃあさんや、とりっどさん。そして、あなた自身を」<br>
-
-<b><font color="darkblue">ヴィヴィ</font></b>   くすりと笑って<br>
-<b><font color=
-"darkblue">ヴィヴィ</font></b> 「ふふ、ありがとうございます」<br>
-
-<b>GM</b>   と。<br>
-<b>GM</b>   目が覚める士朗さん。<br>
-<b><font color="navy">士朗</font></b>   「……うあ?夢?」<br>
-<br>
-<br>
-トリッド戦、ヴィヴィーヴィの水に圧殺されかけた瞬間、<br>
-
-一瞬の忘我に浮かんだ夢想、と思ってください。<br></p>
-<center><a href="http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>
+<center> </center>
+<p align="left"><br />
+<br />
+<b>GM</b>  士朗さん。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  はい?<br />
+<b>GM</b>  職員室に来なさい。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  ええ!?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> わ、私、何か悪いことしましたか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  (びくびく)<br />
+<b><font>ヴィヴィーヴィ</font></b> メガネをかけて、さらにインテリっぽいヴィヴィーヴィです。</p>
+<p align="left">(以下ヴィヴィ)<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「な、なんでしょうか?」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「そこに座ってください」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 椅子を示します。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「は、はい」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  素直に座ります。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 向かいに座ります。色っぽく足を組んで。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「……さて、貴方のプレイについて、2つ3つ」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 手に持った書類を眺めながら言います。ページをめくりつつ……<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「な、何か悪いこと、しました?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  (びくびく)<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「4つ5つ6つ7つ8つ9つ……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「多っ!」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> パタン、書類をとじて、きっとねめつけて言います。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b>  「冗談です」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「あ、そ、そうなんですか(ホッとする)」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「まず一つ。自覚しているかしていないかはわかりませんけれど……」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「素敵な発言が多いですね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「す、素敵な発言?」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「人間味溢れ、暖かい貴方の発言は、周囲を和ませています」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「は、はあ」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「柔らかく自然な故に、かえって真実をついている場合も多く<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> ……その点では、中々見られない逸材ですね。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> この特徴は、今後も伸ばしていった貰いたいものです。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> まぁ、自覚したらかえって伸びないかもしれませんけれど」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「そ、そうなのですか?<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 私、思ったことが口に出てしまっているだけなのですが」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> ぺら、とページをめくって。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b>  「次に」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「はい」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「押しが弱いですね」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「よく言われます……」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「もっと主張や自己アピールをしていきませんと……」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> めがねを直して、真っ直ぐと見つめてきます。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「忘れられますよ?」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「放っておくと、印象が薄いだけの薄弱キャラです」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「そ、そうですか?分かりました。これから気をつけます……」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「はい。気をつけてください」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 目線を外して、またページをめくります。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「そして三つ目……」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「(どきどき)」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b>  「あなた」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「いつ本気を出すおつもりですか?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「ヘ?」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「このまま燻っていてはいけませんよ。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> もっと周りを圧倒するシーンを、この先1度くらいは作った方が<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 物語的にも盛り上がりますし、貴方の株も急上昇となります」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「な、なるほど……で、でも、そういうの、苦手で……」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「現状……駄目駄目天然主人公<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> ただし本領発揮でスーパースター属性を、貴方は持っています<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 一皮向ければ、きっと素敵過ぎるキャラクターに仕上がる事でしょう」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> パタン、と書類を閉じて。めがねを外します。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「は、はあ。」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「……まぁ、全体としては良く頑張ってますし、良く出来ています。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> ちょっと忘れてしまいそうになりますが、<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> キャラの立ち位置としては安定してますし……<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 先生は期待していますので、これからも頑張ってください」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> と、締めくくるヴィヴィーヴィ。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「ど、どうもありがとうございます」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「以上です。帰って良いですよ」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「はい、し、失礼しました」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b>  「あ……あと」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「!……なんでしょう?」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「弟を――ティアを、よろしくお願いしますね」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> にっこりと、微笑みますよ。<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「そして…………………トリッドも」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「……分かりました。でも……」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b>  「でも?」<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> 「あなたも、よろしくお願いします。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b> てぃあてぃあさんや、とりっどさん。そして、あなた自身を」<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b>  くすりと笑って<br />
+<b><font>ヴィヴィ</font></b> 「ふふ、ありがとうございます」<br />
+<b>GM</b>  と。<br />
+<b>GM</b>  目が覚める士朗さん。<br />
+<b><font color="#000080">士朗</font></b>  「……うあ?夢?」<br />
+<br />
+<br />
+トリッド戦、ヴィヴィーヴィの水に圧殺されかけた瞬間、<br />
+一瞬の忘我に浮かんだ夢想、と思ってください。</p>
+<center><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>