「Thief」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Thief」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <center>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color="gray">A
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">A
 MysteriousThief</font></b></span></h2>
-<br>
-<p align="left"><br>
-<br>
-<b><font color="purple">シグムンド</font></b>(以下シグ)
- さて、神楽嬢。そろそろ始めるかね?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 具体的になにを(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 何でも構いませんよ?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 戦闘でも日常でもそれこそ何でも。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    戦闘!?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ボクは何度か死に掛けたよ(汗<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ちなみにコイツの服装は黒いスーツにモノクル。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 怪盗時はステッキ+マント+シルクハットが!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- それは焼きがいがありそうな、高級スーツなんだよ(笑<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- では無難にスメバミヤコで出会うかい?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    では。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    ガランガラン。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    「失礼するよ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「いらっしゃいませー!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- なぜかウェイトレス(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    バイト代稼ぎ?w<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「お客様、おタバコはお吸いになられますか?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「いや、タバコは吸わない。禁煙席を頼もうか」シヴイ声で。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「では、初心者には少々危険な無能席、カウンターへどうぞ!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「マスター、カウンター入りまーす!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふむ、無能席?良くはわからないが」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    と座りましょうw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「お客様は、異能者でしょうか?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    格好を見て言う。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ははは、それはどうだろうね?私自身はただの人間さ」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「マスター。いつものようにお薦めを頼む」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 実は前に一回Lさんと対談してたりw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    なんと!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- しかし、ウェイトレスなんかになったから、<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 口調が神楽っぽくないんだよ(笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    困った困った(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「さて…そう聞いてくるとはお嬢さん。君はどうなのかな」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    と言いましょう。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「ボク? ボクは・・・・・・」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /しかし、神楽はその言葉を発することは出来なかった<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふむ。人間、かね。しかし特殊な力を持っているようだ」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    「っ!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    違和感。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ああ、悪いね。少し君の言葉を『盗』ませてもらった」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- どこかで・・・・・・見たことがある?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- カラン、とグラスの中の氷が音を立てる。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- (そういえば、シルクハットにスーツ・・・・・・コイツは!)<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 今はスーツとモノクルしかないがw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- な、なんだってー!(笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 怪盗のくせにアイデンティティを捨てないでよ!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 怪盗時にしかつけないんだってばw>シルクハットとかw<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /突如、シグムンドの手の中のグラスが熱を持ち始める。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「おっと、お痛はいけないな、お嬢さん」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /グラスの熱は一瞬にして消える。何故ならば…<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「私は何でも『盗める』。その事を忘れたわけでもないだろう?」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「・・・・・・そのキザっぽい言動と、盗みの能力・・・・・・」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「キミは・・・・・・怪盗シグムンド!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふふ、少し悪戯で記憶を『盗』んでいたのだが。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  思い出してくれたようだね?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ばっ、と距離をとり、指先に火を灯す!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /だが、その炎は出てこない!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    「!!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「まったく、この場で戦うのは無粋だよ、フロイライン?」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「思い出した・・・・・・いや、取り返したのかな?」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「前のときも、同じやり口だったよね。シグムンド!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ナイン。取り返したのではない。返しただけさ。私がね」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /歩き巫女として全国を行脚中、たまたま頼まれた警護依頼。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /それが、神楽の始めての敗北だった。<br></p>
-<center><br>
-*  *  *<br>
-<p align="left"><br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「はっはっは、今晩は、美しいお嬢さん?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「むぅ? おじさん、ひょっとして情報にあった泥棒さん?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふふ、おじさんとは少し酷いかな?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  まぁ、そこを通してくれないかね?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「悪いけど、ボクの生活費のため、そのお願いは聞けないな~」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 言いながら、指先に火を灯す。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふむふむ生活費ときたか。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  悪いが私も自らの信念の為退けなくてね?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  では、お相手つかまつろう」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「軽く火傷するけど、捕まったら療養する時間はいっぱいあるし、<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
-  ―――いいよね?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ・・・・・・では、模擬戦といこうか?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「はっはっは。捕まえられるかな?フロイライン?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    行きましょうか。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- じゃあ、対話フェイズ?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- は、もう終わったのかな?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    ですな。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    あ、まだある~。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    む、どうぞ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「私の名前はシグムンド。怪盗と呼ばれている。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  勇敢なお嬢さん、貴方のお名前をお聞きしよう」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「ボクは巫女の神楽」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「覚えなくてもいいよ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「泥棒に名前を覚えてもらっても、うれしくないからね!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「それは残念。私としては是非とも覚えておきたいところなのだがね」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「じゃあ、忘れないように頑張ってね!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 火が、手を伝い、身体を取り巻く。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「もっとも、忘れられないと思うけどね!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふふふ、では少し努力するとしようか。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  最近、手応えがなくて退屈していたところなのだよ」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「では楽しませてもらうとしよう!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- バッとマントを翻す!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ではイニシアチブフェイズ?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    ですな。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- えーと、能力とかを組み合わせるんだよね。最大3つ。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 一つならダイスだけ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 二つでボーナス+1.<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    三つで+2です。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ただ、神域の能力と達人の能力とかを組み合わせると、<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ランクは低い方、達人として扱われます。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- じゃ、『知力・創造』+『怪盗』+『手品師』で組み合わせ。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    これで+2か。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- あとは、否、状況を演出して。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- いかに格好よく決めるのかがポイント(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- うむ、そこら辺は見てわかってるw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- アレだったら、先にやろうか?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ではダイス振るとしますか。ちなみに全部『神域』<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    2d6<br>
-<b>GM</b>   シグムンド -&gt; 2D6 = [3,6] = 9<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    11だ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    不許可!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    おう?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- いや、いいんだけどね。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- イニシアは、全員が演出した後にダイスを降るの。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ああ、そういうことか。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ではまずセリフと演出、ということですな?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    あいあい。では。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- それから、2d6+2ってやった方が計算が楽だよ?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    それくらいかな?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    あい。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「私の名前は怪盗シグムンド。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  だがもう一つの方に聞き覚えはないかな、フロイライン?」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    「?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 彼はマントで体を隠しながら告げる。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 己がもう一つの名を。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「知らないのならば覚えておきたまえ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  私の名は『奇術師』シグムンド。それが私のもう一つの名前だ」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- マントの向こうで、不敵に笑う。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- こんな感じでオーケーですか?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- どう移動しているのか判断つきづらいですが、<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- まぁ、奇術の前ふりにはなってるのでいいのでは?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- シグムンドは移動はしてませんよ?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- マントを翻し、立っているだけ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- それで先行を取るなら、それっぽい説明が必要ですぜ?<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- どの能力との組み合わせで、どういう効果なのか、とか。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ああ、ではちょっとやりたい演出(?)あるので<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 最初は受動でもこちらは構いませぬ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「さて、先手をゆずってあげようじゃないか、お嬢さん」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- じゃあ、とりあえずボクのイニシアに行くね。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 警護任務である以上、あまり無茶は出来ない。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 室内の状況を的確に判断し敵を追い詰める必要がある。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「人間が相手なんだから、簡単だよ!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 神楽は、相手の動きを予測して周囲に炎を撒き散らした。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 知力・創造 社会・共感 〈神秘なる力〉を神域で使用! ボーナス+2<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 状況を判断し、地形を利用して炎の壁を作る!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 相手の動きを抑制する事で、先手を取る!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- それは特殊になるのかな?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- いや、一応イニシア。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 先手を譲られたけど、やっておかないと(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- おう、これから攻撃が来るのですな。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- んじゃあ、能動フェイズ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「諸々の禍事、罪、穢有らむをば、<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
-  祓へ給ひ・清め給へと申す事を――聞食せと畏み畏み申す!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    「………」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 閃光が迸る。どこまでも清浄な輝きが、あらゆる禍事を浄化せんと押し包む。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- シグムンドはその様を黙って見ている。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「焼き尽くせ、バーニング・フラッシュ!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 炎が、微動だにしないシグムンドに襲い掛かる!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 〈神秘なる力〉で迦具土の火を〈創造〉し〈感情〉の意志の強さで増強する<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 神域のボーナス+2.<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    以上!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ふむ、ではこちらは神楽から見て、<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 何も行動を起こしていないように見える。だが!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- それこそが奇術。それこそが手品。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 神の域まで達した奇術に種も仕掛けも必要はない!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- そう! そう思えば自らの身代わりを瞬時に作ることも!<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 花瓶の中に隠れることも! いつの間にか後ろにいても!<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- まさに自由自在! それこそが『奇術師』シグムンドの本領!<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- さらにそれだけではない―――<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 彼は何よりもまず『怪盗』なのだ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 『怪盗』シグムンド。彼に盗めぬものなど何もない。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 天地神明森羅万象有形無形能力光闇魂心命生死人天使悪魔神<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- これでもまだ形容し足りぬ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- そう。ならば。この無形の炎も盗んで魅せよう。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ということでさっきの組み合わせでいきましょうか。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 知力の怪盗で手品師?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 知力というより創造の方かな、主なのは。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ちなみに防御? それとも回避?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    回避。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- なるほど、では攻撃側、ダイス行きます!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    2d6+2<br>
-<b>GM</b>   神楽 -&gt; 2D6+2 = [1,2]+2 = 5<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    低っ!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 惜しいね、1ゾロなら神威だったのにw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- なんだ、このショボイ炎は!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    2d6+2<br>
-<b>GM</b>   シグムンド -&gt; 2D6+2 = [1,3]+2 = 6<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    低っ!!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- こっちもショボイが勝った!(笑)<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- な、なんて低レベルな争いだ・・・(笑<br>
-<b>見学者1</b>
- (な、なんて低レベルな・・・って!先に言われたーーw)<br>
-
-<b>見学者2</b>   あはははははは(笑)<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- まぁともかく演出いれますか。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 神楽の炎は、勢いよくシグムンドを目指す。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 炎がシグムンドを捕らえた!かのように見えた…<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 焼き尽くされる人影。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- だが。だがそれに生命の息吹は感じられない…?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- シグムンドの奇術? 幻惑に惑う神楽。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 感情の揺らぎにフィードバックするように、炎の勢いが衰える。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふふふ…はっはっはっはっは…」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- どこからか響く笑い声<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    「! どこ!?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    辺りを見回す。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「はっはっは、ここだよ」彼はテーブルの上に座っている。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「いやいやここさ」本棚の横にも彼がいる<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「本物は私だよ?」暖炉の前に。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    「なっ!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    戸惑い。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    どれが本物?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「さぁ、どうだね?これが本物の『手品』というものだ」そして。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    神楽の後ろにも。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    「!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ばっと、振り返ります!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    パチン!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 後ろにいるシグムンドが指を鳴らすと、他のシグムンドは消え去る。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「どうだね?楽しんでもらえたかな?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /しかし、余裕を感じさせる立ち姿に反し、<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /高級そうなシグムンドのスーツは端が微かにこげていた。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    ジャッジ<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    ―<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ちっ、まあいいです。-<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    はい、否決~。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 二人だと、票が割れたらどうするんだろう?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- そもそも2人じゃやらないと思うなぁw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- まぁ、とりあえず次の能動フェイズに行きましょう。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ショボイとはいえ、今度はそっちが能動です。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    はっはっはw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    1の差がなぁ(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「さて、それではフロイライン。今度はこちらの番としようか」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 彼はただ手を少し動かすだけ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- だが、それだけで充分なのだ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 彼の本質。彼の生業。彼の誇り。それは『怪盗』<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 人でありながら全てを盗む。それが彼。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ならばほんの一動作。本来ならばそれだけで。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- それだけで、その場にいながら全ての『もの』を盗めるのだ。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- だがそれをしないのは、それでは『つまらない』から。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 彼は今、最大の喜びの前にいる。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 罠を越え、敵を地に伏させ。自らが欲するものの前に立つ。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- それこそが彼にとって最大の楽しみなのだから。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    それならば。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 己が全身全霊を以ってしてこの目の前の少女を破ろう。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- その炎、盗んで魅せよう。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ということでさっきと同じく<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 『手品師』+『怪盗』+『創造』神域で行きましょう。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    むぅ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- いまいち、何をしようとしているのか想像できない。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>   え?『盗む』だけw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    むぅ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- まぁ、その前の前フリで手品使うが。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    おk、把握した。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- とりあえず、ここは全力で応えよう!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    来なさいw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- チリチリと、脳裏を過ぎる危険信号。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 危険、危険、危険!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- この男は、危険だ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 人間だから、とか関係ない。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 殺さないように手加減していたら、こっちがやられる!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 守っていたら―――負ける!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 打ち合わせた両の掌、そして胸元のペンダントから迸る力の本流。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「天津神、国津神、八百萬の神達共に聞食せと 畏み畏み申す!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 赤というよりは紅。炎というよりは焔。そこに出で賜いしは破壊の象徴。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「サモン、火之迦具土神! 全部焼けッ!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 極大の炎が神楽を中心に爆発する!!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 自我・感覚、&lt;神秘なる力&gt;、〈降神術〉でボーナス+2。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- その身に神を宿し、全身全霊を持って迎撃する!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    反撃です。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ほいほい。ではダイスですな?<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- ではトゥルー効果宣言。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    これで3d6。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    3d6+2<br>
-<b>GM</b>   シグムンド -&gt; 3D6+2 = [1,2,1]+2 = 6<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    神威か!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    ゾロ目!神威!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 神威の4・・・・・・か。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- えーと、この場合神威の4って言われた~。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- こっちもトゥルー効果を使っていかないと勝てない!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- うしっ、行くよ~!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    3d6+2<br>
-<b>GM</b>   神楽 -&gt; 3D6+2 = [6,1,3]+2 = 12<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    だめだった~!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 神威にはならずだねぇ。では演出いこうか。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    うい。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    シン…<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- その炎は、起こらない。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「どうしたね?フロイライン?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「そ・・・ん、な・・・・・・」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 呆然と、ただ呆然とする神楽。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ドクンッ! 衝動が、胸の内を突き抜ける。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 無理やりに抑えられた神の力が、<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 体内から神楽の精神に衝撃を加える!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふむ、悪いが君の『全ての能力』、盗ませてもらった」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「がっ・・・・・・あ、く!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /ところが。その衝撃は、急に治まる。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「ぁ・・・・・・はぁ・・・かぁ・・・・・・?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「言っただろう?私は『怪盗』。この世もあの世も」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「それがたとえ『神』であろうと」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「盗めぬものなどないのだよ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    喪失感。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 確かにあった筈の力。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    自身の自信の源。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- それを失った今、自分は・・・・・・無力だった。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- と、手首を翻し。その先にあるのは花束。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「・・・・・・ぅ?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「さてさて。なかなかに面白かったよフロイライン。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  この花束はそのお礼だ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「・・・・・・なんのつもり?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「はっはっは、言っただろう? お礼だよ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  それでは失礼するよ、美しいお嬢さん。ではまた会おう」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「まっ・・・・・・!」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- だが、その場にはもういない。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 怪盗シグムンドは、既にいなかった。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /立ち、追いすがろうとした瞬間、花束から微香が漂う。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /それは甘い香り。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /全てを夢現にしてしまうほど、とろける様な。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /そして、その記憶も。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /そして、そこには一つのメッセージカード。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /「力は返しておこう。そして、もう一つおまけをつけて、ね」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /と書かれたカードと。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /怪盗シグムンドが予告を出し、見事盗み出した、<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /神楽の護衛対象である宝石があった。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /気づいたとき、相手の顔も、名前も思い出せなかったけれど。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /その存在は、確かに神楽の内に刻み込まれた。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /敗北感と、感嘆と。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- /いずれ、越えるべき敵として。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ・・・・・・と、記憶を盗まれた演出を入れてみたが?<br>
-</p>
-<center><br>
-*  *  *<br></center>
-<p align="left"><br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「思い出してくれたかな、フロイライン?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 回想が終わった(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    終った~w<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「・・・・・・今度は、この新宿で仕事をするつもり?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「いやいや。仕事はもうしていないよ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  普通の『怪盗』としての仕事はね」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「? どういうこと?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふふ、ここは魔都新宿。そして、ここはあまりに面白い」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「それに、私はたしかに『怪盗』だ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
-  だが、紳士でもあるのだよ、フロイライン?」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「困ってる人間を助けたところで、バチはあたるまい?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    と、ウインク。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「・・・・・・いつか、その余裕もへし折られる事になると思うよ?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「はっはっは、それはどうかな?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「ふふん。笑っていられるのも今のうちさ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「けど。けれども・・・・・・これだけは言っておこうかな?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- /その言葉は発せられず。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「魔都へようこそ、かな?」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ちっちっち、とどこぞの日本一のように指をふり。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「―――ようこそ、新宿へ」<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- そして、営業用ではないスマイルを浮かべる。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 「ごゆっくりどうぞー」<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 「ふ、はっはっは、まったく。マスター、もう一杯貰おう」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- ・・・といったところで、神楽フェードアウト。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- こうして、魔都新宿。平凡な一日が過ぎていく…<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 以上! 戦闘までやっちゃった対談でしたー!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 付き合ってくれてありがとうございましたー!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    面白かったー!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    同じく~!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- けど、シグちー強すぎ!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- はっはっは!演出考えたモン勝ちさ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- なんだろう、青雨時は最強攻撃力を誇ったはずなのに、<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 神殺しの炎があっさり盗まれた(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 手玉に取っちゃったねぇ(笑)<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- まぁ、あれは回想だし!(笑<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- なんにせよ過去だよ過去!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    今なら勝てるさ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- データは一緒だけど!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- でもこの人、一応通常攻撃も出来るよ?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 『命』盗んでしまえばいいんだし。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- なんと、怪盗のくせに攻撃しようってか!<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 殺しをした時点で〈強盗〉だよ~!<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 攻撃っていうか盗むなんだけどねぇw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- 結果・死亡なら一緒さね~。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- まぁ、そんなことはしないけどさ。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 悪人なら、『悪事をしよう』という『心』を盗む。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b> 
- 殺しはしない。それこそ怪盗w<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- おのれー、この完璧超人めー。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    はっはっはw<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- っと、それじゃあボクはそろそろ堕ちようかな?<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>   お疲れ様でした~。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b>    お疲れ様~。<br>
-<b><font color="darkred">神楽</font></b> 
- セッションのときは教えてね~。<br>
-<b><font color="purple">シグ</font></b>    はい!<br></p>
-<center><a href="http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>
+ 
+<p align="left"><br />
+<br />
+<b><font color="#800080">シグムンド</font></b>(以下シグ)  さて、神楽嬢。そろそろ始めるかね?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   具体的になにを(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   何でも構いませんよ?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   戦闘でも日常でもそれこそ何でも。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    戦闘!?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ボクは何度か死に掛けたよ(汗<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ちなみにコイツの服装は黒いスーツにモノクル。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   怪盗時はステッキ+マント+シルクハットが!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   それは焼きがいがありそうな、高級スーツなんだよ(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   では無難にスメバミヤコで出会うかい?<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    では。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    ガランガラン。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    「失礼するよ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「いらっしゃいませー!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   なぜかウェイトレス(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    バイト代稼ぎ?w<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「お客様、おタバコはお吸いになられますか?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「いや、タバコは吸わない。禁煙席を頼もうか」シヴイ声で。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「では、初心者には少々危険な無能席、カウンターへどうぞ!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「マスター、カウンター入りまーす!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふむ、無能席?良くはわからないが」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    と座りましょうw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「お客様は、異能者でしょうか?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    格好を見て言う。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ははは、それはどうだろうね?私自身はただの人間さ」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「マスター。いつものようにお薦めを頼む」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   実は前に一回Lさんと対談してたりw<br />
+<b><font>神楽</font></b>    なんと!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   しかし、ウェイトレスなんかになったから、<br />
+<b><font>神楽</font></b>   口調が神楽っぽくないんだよ(笑<br />
+<b><font>神楽</font></b>    困った困った(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「さて…そう聞いてくるとはお嬢さん。君はどうなのかな」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    と言いましょう。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「ボク? ボクは・・・・・・」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /しかし、神楽はその言葉を発することは出来なかった<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふむ。人間、かね。しかし特殊な力を持っているようだ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    「っ!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    違和感。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ああ、悪いね。少し君の言葉を『盗』ませてもらった」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   どこかで・・・・・・見たことがある?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   カラン、とグラスの中の氷が音を立てる。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   (そういえば、シルクハットにスーツ・・・・・・コイツは!)<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   今はスーツとモノクルしかないがw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   な、なんだってー!(笑<br />
+<b><font>神楽</font></b>   怪盗のくせにアイデンティティを捨てないでよ!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   怪盗時にしかつけないんだってばw>シルクハットとかw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /突如、シグムンドの手の中のグラスが熱を持ち始める。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「おっと、お痛はいけないな、お嬢さん」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /グラスの熱は一瞬にして消える。何故ならば…<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「私は何でも『盗める』。その事を忘れたわけでもないだろう?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「・・・・・・そのキザっぽい言動と、盗みの能力・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「キミは・・・・・・怪盗シグムンド!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふふ、少し悪戯で記憶を『盗』んでいたのだが。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    思い出してくれたようだね?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ばっ、と距離をとり、指先に火を灯す!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /だが、その炎は出てこない!<br />
+<b><font>神楽</font></b>    「!!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「まったく、この場で戦うのは無粋だよ、フロイライン?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「思い出した・・・・・・いや、取り返したのかな?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「前のときも、同じやり口だったよね。シグムンド!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ナイン。取り返したのではない。返しただけさ。私がね」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /歩き巫女として全国を行脚中、たまたま頼まれた警護依頼。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /それが、神楽の始めての敗北だった。</p>
+<center><br />
+*  *  *
+<p align="left"><br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「はっはっは、今晩は、美しいお嬢さん?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「むぅ? おじさん、ひょっとして情報にあった泥棒さん?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふふ、おじさんとは少し酷いかな?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    まぁ、そこを通してくれないかね?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「悪いけど、ボクの生活費のため、そのお願いは聞けないな~」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   言いながら、指先に火を灯す。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふむふむ生活費ときたか。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    悪いが私も自らの信念の為退けなくてね?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    では、お相手つかまつろう」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「軽く火傷するけど、捕まったら療養する時間はいっぱいあるし、<br />
+<b><font>神楽</font></b>    ―――いいよね?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ・・・・・・では、模擬戦といこうか?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「はっはっは。捕まえられるかな?フロイライン?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    行きましょうか。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   じゃあ、対話フェイズ?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   は、もう終わったのかな?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    ですな。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    あ、まだある~。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    む、どうぞ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「私の名前はシグムンド。怪盗と呼ばれている。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    勇敢なお嬢さん、貴方のお名前をお聞きしよう」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「ボクは巫女の神楽」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「覚えなくてもいいよ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「泥棒に名前を覚えてもらっても、うれしくないからね!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「それは残念。私としては是非とも覚えておきたいところなのだがね」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「じゃあ、忘れないように頑張ってね!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   火が、手を伝い、身体を取り巻く。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「もっとも、忘れられないと思うけどね!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふふふ、では少し努力するとしようか。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    最近、手応えがなくて退屈していたところなのだよ」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「では楽しませてもらうとしよう!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   バッとマントを翻す!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ではイニシアチブフェイズ?<br />
+<b><font>神楽</font></b>    ですな。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   えーと、能力とかを組み合わせるんだよね。最大3つ。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   一つならダイスだけ。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   二つでボーナス+1.<br />
+<b><font>神楽</font></b>    三つで+2です。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ただ、神域の能力と達人の能力とかを組み合わせると、<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ランクは低い方、達人として扱われます。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   じゃ、『知力・創造』+『怪盗』+『手品師』で組み合わせ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    これで+2か。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   あとは、否、状況を演出して。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   いかに格好よく決めるのかがポイント(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   うむ、そこら辺は見てわかってるw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   アレだったら、先にやろうか?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ではダイス振るとしますか。ちなみに全部『神域』<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    2d6<br />
+<b>GM</b>  シグムンド -&gt; 2D6 = [3,6] = 9<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    11だ。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    不許可!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    おう?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   いや、いいんだけどね。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   イニシアは、全員が演出した後にダイスを降るの。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ああ、そういうことか。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ではまずセリフと演出、ということですな?<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    あいあい。では。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   それから、2d6+2ってやった方が計算が楽だよ?<br />
+<b><font>神楽</font></b>    それくらいかな?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    あい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「私の名前は怪盗シグムンド。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    だがもう一つの方に聞き覚えはないかな、フロイライン?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    「?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   彼はマントで体を隠しながら告げる。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   己がもう一つの名を。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「知らないのならば覚えておきたまえ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    私の名は『奇術師』シグムンド。それが私のもう一つの名前だ」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   マントの向こうで、不敵に笑う。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   こんな感じでオーケーですか?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   どう移動しているのか判断つきづらいですが、<br />
+<b><font>神楽</font></b>   まぁ、奇術の前ふりにはなってるのでいいのでは?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   シグムンドは移動はしてませんよ?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   マントを翻し、立っているだけ。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   それで先行を取るなら、それっぽい説明が必要ですぜ?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   どの能力との組み合わせで、どういう効果なのか、とか。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ああ、ではちょっとやりたい演出(?)あるので<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   最初は受動でもこちらは構いませぬ。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「さて、先手をゆずってあげようじゃないか、お嬢さん」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   じゃあ、とりあえずボクのイニシアに行くね。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   警護任務である以上、あまり無茶は出来ない。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   室内の状況を的確に判断し敵を追い詰める必要がある。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「人間が相手なんだから、簡単だよ!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   神楽は、相手の動きを予測して周囲に炎を撒き散らした。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   知力・創造 社会・共感 〈神秘なる力〉を神域で使用! ボーナス+2<br />
+<b><font>神楽</font></b>   状況を判断し、地形を利用して炎の壁を作る!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   相手の動きを抑制する事で、先手を取る!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   それは特殊になるのかな?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   いや、一応イニシア。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   先手を譲られたけど、やっておかないと(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   おう、これから攻撃が来るのですな。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   んじゃあ、能動フェイズ!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「諸々の禍事、罪、穢有らむをば、<br />
+<b><font>神楽</font></b>    祓へ給ひ・清め給へと申す事を――聞食せと畏み畏み申す!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    「………」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   閃光が迸る。どこまでも清浄な輝きが、あらゆる禍事を浄化せんと押し包む。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   シグムンドはその様を黙って見ている。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「焼き尽くせ、バーニング・フラッシュ!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   炎が、微動だにしないシグムンドに襲い掛かる!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   〈神秘なる力〉で迦具土の火を〈創造〉し〈感情〉の意志の強さで増強する<br />
+<b><font>神楽</font></b>   神域のボーナス+2.<br />
+<b><font>神楽</font></b>    以上!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ふむ、ではこちらは神楽から見て、<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   何も行動を起こしていないように見える。だが!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   それこそが奇術。それこそが手品。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   神の域まで達した奇術に種も仕掛けも必要はない!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   そう! そう思えば自らの身代わりを瞬時に作ることも!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   花瓶の中に隠れることも! いつの間にか後ろにいても!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   まさに自由自在! それこそが『奇術師』シグムンドの本領!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   さらにそれだけではない―――<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   彼は何よりもまず『怪盗』なのだ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   『怪盗』シグムンド。彼に盗めぬものなど何もない。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   天地神明森羅万象有形無形能力光闇魂心命生死人天使悪魔神<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   これでもまだ形容し足りぬ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   そう。ならば。この無形の炎も盗んで魅せよう。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ということでさっきの組み合わせでいきましょうか。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   知力の怪盗で手品師?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   知力というより創造の方かな、主なのは。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ちなみに防御? それとも回避?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    回避。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   なるほど、では攻撃側、ダイス行きます!<br />
+<b><font>神楽</font></b>    2d6+2<br />
+<b>GM</b>  神楽 -&gt; 2D6+2 = [1,2]+2 = 5<br />
+<b><font>神楽</font></b>    低っ!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   惜しいね、1ゾロなら神威だったのにw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   なんだ、このショボイ炎は!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    2d6+2<br />
+<b>GM</b>  シグムンド -&gt; 2D6+2 = [1,3]+2 = 6<br />
+<b><font>神楽</font></b>    低っ!!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   こっちもショボイが勝った!(笑)<br />
+<b><font>神楽</font></b>   な、なんて低レベルな争いだ・・・(笑<br />
+<b>見学者1</b> (な、なんて低レベルな・・・って!先に言われたーーw)<br />
+<b>見学者2</b>  あはははははは(笑)<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   まぁともかく演出いれますか。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   神楽の炎は、勢いよくシグムンドを目指す。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   炎がシグムンドを捕らえた!かのように見えた…<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   焼き尽くされる人影。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   だが。だがそれに生命の息吹は感じられない…?<br />
+<b><font>神楽</font></b>   シグムンドの奇術? 幻惑に惑う神楽。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   感情の揺らぎにフィードバックするように、炎の勢いが衰える。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふふふ…はっはっはっはっは…」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   どこからか響く笑い声<br />
+<b><font>神楽</font></b>    「! どこ!?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    辺りを見回す。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「はっはっは、ここだよ」彼はテーブルの上に座っている。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「いやいやここさ」本棚の横にも彼がいる<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「本物は私だよ?」暖炉の前に。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    「なっ!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    戸惑い。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    どれが本物?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「さぁ、どうだね?これが本物の『手品』というものだ」そして。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    神楽の後ろにも。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    「!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ばっと、振り返ります!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    パチン!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   後ろにいるシグムンドが指を鳴らすと、他のシグムンドは消え去る。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「どうだね?楽しんでもらえたかな?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /しかし、余裕を感じさせる立ち姿に反し、<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /高級そうなシグムンドのスーツは端が微かにこげていた。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    ジャッジ<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    ―<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ちっ、まあいいです。-<br />
+<b><font>神楽</font></b>    はい、否決~。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   二人だと、票が割れたらどうするんだろう?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   そもそも2人じゃやらないと思うなぁw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   まぁ、とりあえず次の能動フェイズに行きましょう。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ショボイとはいえ、今度はそっちが能動です。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    はっはっはw<br />
+<b><font>神楽</font></b>    1の差がなぁ(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「さて、それではフロイライン。今度はこちらの番としようか」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   彼はただ手を少し動かすだけ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   だが、それだけで充分なのだ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   彼の本質。彼の生業。彼の誇り。それは『怪盗』<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   人でありながら全てを盗む。それが彼。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ならばほんの一動作。本来ならばそれだけで。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   それだけで、その場にいながら全ての『もの』を盗めるのだ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   だがそれをしないのは、それでは『つまらない』から。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   彼は今、最大の喜びの前にいる。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   罠を越え、敵を地に伏させ。自らが欲するものの前に立つ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   それこそが彼にとって最大の楽しみなのだから。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    それならば。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   己が全身全霊を以ってしてこの目の前の少女を破ろう。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   その炎、盗んで魅せよう。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ということでさっきと同じく<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   『手品師』+『怪盗』+『創造』神域で行きましょう。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    むぅ。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   いまいち、何をしようとしているのか想像できない。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   え?『盗む』だけw<br />
+<b><font>神楽</font></b>    むぅ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   まぁ、その前の前フリで手品使うが。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    おk、把握した。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   とりあえず、ここは全力で応えよう!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    来なさいw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   チリチリと、脳裏を過ぎる危険信号。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   危険、危険、危険!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   この男は、危険だ!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   人間だから、とか関係ない。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   殺さないように手加減していたら、こっちがやられる!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   守っていたら―――負ける!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br />
+<b><font>神楽</font></b>   打ち合わせた両の掌、そして胸元のペンダントから迸る力の本流。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「天津神、国津神、八百萬の神達共に聞食せと 畏み畏み申す!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   赤というよりは紅。炎というよりは焔。そこに出で賜いしは破壊の象徴。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「サモン、火之迦具土神! 全部焼けッ!」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   極大の炎が神楽を中心に爆発する!!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   自我・感覚、&lt;神秘なる力&gt;、〈降神術〉でボーナス+2。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   その身に神を宿し、全身全霊を持って迎撃する!<br />
+<b><font>神楽</font></b>    反撃です。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ほいほい。ではダイスですな?<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   ではトゥルー効果宣言。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    これで3d6。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    3d6+2<br />
+<b>GM</b>  シグムンド -&gt; 3D6+2 = [1,2,1]+2 = 6<br />
+<b><font>神楽</font></b>    神威か!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    ゾロ目!神威!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   神威の4・・・・・・か。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   えーと、この場合神威の4って言われた~。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   こっちもトゥルー効果を使っていかないと勝てない!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   うしっ、行くよ~!<br />
+<b><font>神楽</font></b>    3d6+2<br />
+<b>GM</b>  神楽 -&gt; 3D6+2 = [6,1,3]+2 = 12<br />
+<b><font>神楽</font></b>    だめだった~!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   神威にはならずだねぇ。では演出いこうか。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    うい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    シン…<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   その炎は、起こらない。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「どうしたね?フロイライン?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「そ・・・ん、な・・・・・・」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   呆然と、ただ呆然とする神楽。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ドクンッ! 衝動が、胸の内を突き抜ける。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   無理やりに抑えられた神の力が、<br />
+<b><font>神楽</font></b>   体内から神楽の精神に衝撃を加える!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふむ、悪いが君の『全ての能力』、盗ませてもらった」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「がっ・・・・・・あ、く!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /ところが。その衝撃は、急に治まる。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「ぁ・・・・・・はぁ・・・かぁ・・・・・・?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「言っただろう?私は『怪盗』。この世もあの世も」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「それがたとえ『神』であろうと」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「盗めぬものなどないのだよ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>    喪失感。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   確かにあった筈の力。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    自身の自信の源。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   それを失った今、自分は・・・・・・無力だった。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   と、手首を翻し。その先にあるのは花束。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「・・・・・・ぅ?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「さてさて。なかなかに面白かったよフロイライン。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    この花束はそのお礼だ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「・・・・・・なんのつもり?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「はっはっは、言っただろう? お礼だよ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    それでは失礼するよ、美しいお嬢さん。ではまた会おう」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「まっ・・・・・・!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   だが、その場にはもういない。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   怪盗シグムンドは、既にいなかった。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /立ち、追いすがろうとした瞬間、花束から微香が漂う。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /それは甘い香り。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /全てを夢現にしてしまうほど、とろける様な。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /そして、その記憶も。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /そして、そこには一つのメッセージカード。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /「力は返しておこう。そして、もう一つおまけをつけて、ね」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /と書かれたカードと。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /怪盗シグムンドが予告を出し、見事盗み出した、<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /神楽の護衛対象である宝石があった。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /気づいたとき、相手の顔も、名前も思い出せなかったけれど。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /その存在は、確かに神楽の内に刻み込まれた。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /敗北感と、感嘆と。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   /いずれ、越えるべき敵として。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ・・・・・・と、記憶を盗まれた演出を入れてみたが?</p>
+<center><br />
+*  *  *</center>
+<p align="left"><br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「思い出してくれたかな、フロイライン?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   回想が終わった(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    終った~w<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「・・・・・・今度は、この新宿で仕事をするつもり?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「いやいや。仕事はもうしていないよ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    普通の『怪盗』としての仕事はね」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「? どういうこと?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふふ、ここは魔都新宿。そして、ここはあまりに面白い」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「それに、私はたしかに『怪盗』だ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    だが、紳士でもあるのだよ、フロイライン?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「困ってる人間を助けたところで、バチはあたるまい?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    と、ウインク。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「・・・・・・いつか、その余裕もへし折られる事になると思うよ?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「はっはっは、それはどうかな?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「ふふん。笑っていられるのも今のうちさ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「けど。けれども・・・・・・これだけは言っておこうかな?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   /その言葉は発せられず。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「魔都へようこそ、かな?」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ちっちっち、とどこぞの日本一のように指をふり。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「―――ようこそ、新宿へ」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   そして、営業用ではないスマイルを浮かべる。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   「ごゆっくりどうぞー」<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   「ふ、はっはっは、まったく。マスター、もう一杯貰おう」<br />
+<b><font>神楽</font></b>   ・・・といったところで、神楽フェードアウト。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   こうして、魔都新宿。平凡な一日が過ぎていく…<br />
+<b><font>神楽</font></b>   以上! 戦闘までやっちゃった対談でしたー!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   付き合ってくれてありがとうございましたー!<br />
+<b><font>神楽</font></b>    面白かったー!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    同じく~!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   けど、シグちー強すぎ!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   はっはっは!演出考えたモン勝ちさ!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   なんだろう、青雨時は最強攻撃力を誇ったはずなのに、<br />
+<b><font>神楽</font></b>   神殺しの炎があっさり盗まれた(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   手玉に取っちゃったねぇ(笑)<br />
+<b><font>神楽</font></b>   まぁ、あれは回想だし!(笑<br />
+<b><font>神楽</font></b>   なんにせよ過去だよ過去!<br />
+<b><font>神楽</font></b>    今なら勝てるさ!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   データは一緒だけど!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   でもこの人、一応通常攻撃も出来るよ?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   『命』盗んでしまえばいいんだし。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   なんと、怪盗のくせに攻撃しようってか!<br />
+<b><font>神楽</font></b>   殺しをした時点で〈強盗〉だよ~!<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   攻撃っていうか盗むなんだけどねぇw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   結果・死亡なら一緒さね~。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   まぁ、そんなことはしないけどさ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   悪人なら、『悪事をしよう』という『心』を盗む。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   殺しはしない。それこそ怪盗w<br />
+<b><font>神楽</font></b>   おのれー、この完璧超人めー。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    はっはっはw<br />
+<b><font>神楽</font></b>   っと、それじゃあボクはそろそろ堕ちようかな?<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>   お疲れ様でした~。<br />
+<b><font>神楽</font></b>    お疲れ様~。<br />
+<b><font>神楽</font></b>   セッションのときは教えてね~。<br />
+<b><font color="#800080">シグ</font></b>    はい!</p>
+<center><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>
 </center>
 </center>