「Family」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Family」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
-<p align="left"><br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「さぁ、存分に『お父さん』と呼びたまえ!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「断るっ!」<br>
-<br></p>
+<p align="left"><br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「さぁ、存分に『お父さん』と呼びたまえ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「断るっ!」<br />
+ </p>
 <center>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color=
-"gray">シュテルビー家</font></b></span></h2>
-<br>
-<p align="left"><br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>多分一般常識とか覚えてもらって、<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>孤児院の仕事を手伝ってもらうこととかになるかな?>カミュ<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>無論一人立ちさせてもいいけど。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>性格は素直無口かな、一般常識ほとんど知らないし。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>クールになるかシュールになるかは決まってないが!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>シュールにはならんでいい(笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>いっそ、ピュアになりなさい!<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>シグムンドに教育一任すると<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>何処に出しても恥ずかしくないレディに成長するw<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>もしかすると表の方の後継者になるかもね。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 孤児院?<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>と、会社。陣・シュテルビーの方の後継者。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>って言うか、シグムンドいい歳なんだから、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>結婚して嫡子を作んなさいよ(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ふっふっふ、爺と同じようなことを言わないでくれたまえよ、神楽」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「誰だってそう言うっての!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ははは、そうかね?まぁ、縁がない。それだけさ」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> カラン。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>グラスの中の氷が音をたてる。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「それだけ、じゃすまないの!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>バン、とテーブルを叩く。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「いい歳したおっさんがマントなんか着て泥棒三昧!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 子供の教育に悪いんだよ!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>彼の目は、グラスの氷を見ながら何処か遠くを見ているような。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「せめて、幸せな家庭を魅せてあげなきゃ、カミュが可哀想だよ!」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ふむ…案外現状も幸せな家庭と思うが」と苦笑する。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「まぁ、母親が不在なのは認めるがね」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「温かい家庭って物を教えてあげないと」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「カミュは、これからどんどん幸せになっていくんだから」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>と、いうわけで、ドサッ!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>とシグムンドの前にパンフレットのような物を積みます。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ん?これは何だね、神楽?」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「執事のおじいさんから預かってきた、見合い写真」(笑<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「…百枚くらいあるのだが?」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「それだけ溜めたからでしょ」<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 「いやしかしだな…」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「この人なんかどうかな?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 優しそうだし、カミュとなかよくしてくれそう」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>シグムンドの意見は無視(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> (…ふぅ。まったく)<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>その言葉を聞きながらシグムンドは思う。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「こっちの人は、ちょっと固そうな感じだね?<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> うーん、教育ママさんかな?」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>とっかえひっかえ写真を開き、その場に並べる。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>温かい家庭。そう、今まさに自分を包んでいるものに微笑んで。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> (………)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「ちょっと、シグムンド?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ちゃんと見なよ、きちんと選ばないとカミュが困るんだよ!」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>少し。少しだけ。哀しく、遠い目をする。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「その手の話は苦手なのだがなぁ…」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>だが、それもほんの一瞬で。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>神楽がこちらを向いた時には、もういつもの苦笑い。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「まぁ、こういう時は…」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>何気なくグラスの中身を飲み干し。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「三十六計逃ぐるに如かず、とね」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> パチン<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「っぅえ!?」<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 次の瞬間。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>カウンターには飲んだ分より若干多いお金が乗っている。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>キョロキョロと、周囲を見回す。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>その代り。彼の姿は見えない。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>「に、にげんなー!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「はっはっは! 釣りはいらないよ。それではまた会おう、神楽!」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>と、姿は見えねど声はして。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「こんの…………」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「くそオヤジィイイィイイイイっ!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>シグムンドが常連となって以来、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>恒例となったような叫びが今日もスメバミヤコ響き渡った。<br>
-</p>
-<center><br>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color=
-"gray">義親子ケンカ?</font></b></span></h2>
-<br>
-<br>
-<p align="left"><br>
-<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>最近しつこい見合い話。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>神楽はシグムンドと顔を合わせるたびに。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「見合いしろー」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「はっはっは!また会おう!」<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> と繰り返していた。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>さぁ、ゆいちー! ここに混ざるんだ(笑<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「暖かい家庭ー!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「今でも充分じゃないかね?」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>と、のらりくらりとかわす不良親父w<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「姉だけじゃなくて母親もいるんだよー!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>と、熱弁を振るう娘。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「はははは、大丈夫さ、<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> うちのお姉さんは下手な母親より母親してるじゃないか」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>余裕の笑みで返す父親。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「設定で見たら3歳しか違わないんだよ!」(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>無茶言うな、と返します。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「年の差なんて関係ないさ。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> それを言ったら彼女は私が17歳の時の子だ」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 同じく無茶で返す。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「ジイやさんから聞いた過去の罪状からかんがみるに、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 充分、ありえそうだよ!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>内部情報で畳み掛けます(笑<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ほほう?こちらから手を出したことも出されたことも一切ないが」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> まだまだ余裕。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「むぅ、こうなったら仕方が無い! 実力行使だよ!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>ばっ、と手を振り上げ。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「はっはっは!神楽に出来るかな!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 余裕で構えて。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「一人ならね! おいでませ、ゆいちー!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>と、援軍を呼びます。<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「老師(ラオシー)も大変だねえ・・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>二人のやり取りをジュース飲んでみてます。<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>老師はシグムントのこと。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「これも中々楽しいものだがね?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 本当に楽しそうに。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「ジュースなんか飲んでないで手伝ってよ!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> この馬鹿オヤジを懲らしめるよ!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「報酬は、え~っと、この前食べた満漢全席!」<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「見合いの一つや二つぱあっとしたら?実際母親は必要だし」<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>手のひらを返したようにw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>ゆいちー が 仲間になった(笑<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ふむ、月嬢も敵にまわったか。これはしたり。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> むこう一ヶ月のフランス料理フルコース無料」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 「しかも三食」<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「でもこういうのってタイミングだから、<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b> 急ぐ必要もないんじゃないかな?」<br>
-
-<b><font color="orange">ユィ </font></b> 月は寝返ったw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>ゆいちー が パーティから外れた(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「え~っと、それじゃあ、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> ケチ臭い怪盗が絶対に出してこない、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 秘蔵のお酒なんてどうかな?」<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「高校生がお酒なんて・・・ボ○ドーの79年物で」(おっ<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ケチ臭い?君達は未成年だから薦めてないだけだが。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> まぁ、どうしても言うなら60年ものの泡盛も、<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> 50年ものワインもあるが」<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「ああ泡盛・・・・50年物なんて・・・・」よだれだらだらw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「むむぅ、このぶるじょわじーめ!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 「というか神楽。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> 君はまさかその歳で飲んでるわけではあるまいな?」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> にっこり笑顔で反撃w<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「カミュが知ったらどう思うかな?」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「ぐっ!」<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 痛いところを(笑<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「月嬢も20歳までお預けだ。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> その頃に丁度良く熟成しているぞ、その泡盛は」<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「うう・・・こっそり寝酒も駄目か・・・、」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>でも、お姉ちゃんはカミュの為にがんばるんだよ!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「ふっ……甘いよ父親」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ふむ。まだ奥の手があるとでも?」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「こと、この件(見合い)に関してはジイやさんはボクの味方さ!」(笑<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 「む…」<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> シャッター、オン!<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>どこにいたのか知らんが、周囲がシャッターで覆われる!<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>「逃げ場はないよ!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「くくくく、この怪盗、奇術師シグムンドも甘く見られたものだな!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> バッ!<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 翻る黒いマント。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>その渦の中心に、また黒いシルクハット。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>腕ほどの長さのステッキを右手に持ち。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>金の鎖をつけたモノクルを右目に。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「それでは奇術師、シグムンドの大脱出ショー!<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> とくと魅せてやろう!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>指先にポッ、と灯る火。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「そうそう逃がしはしないんだよ!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>あー、丁度ゆいちーもいることだし、また模擬戦でもしておく?<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 2対1かい!(笑)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>はっはっは、状況は当方有利だ!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「というか部屋で飲んでる分には老師にばれないんじゃ、<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b> ―――ッて何この状況!?」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>それとも月嬢はまだ凹んでる?>酒ダメ<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>ゆいちーが戦線離脱? じゃあ、また一対一?(汗<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「ま・・・まけないぞー!」流されたw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>よしっ! 二対一だ!(笑<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「はっはっは!20歳になったら一甕進呈するから<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> それから浴びるように飲みたまえ!」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 「ボルドー72年物」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「耳をかしちゃダメだー!」(笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>いかん、このままだと一対二になりかねん!(笑<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「何、月嬢。君は何もしなくていい。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b> 何もしなければ3年後には珠玉の味、だぞ?」<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「ああああ一番の豊作年ー♪」駄目だこの娘w<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ふっふっふ、これで1対1だな神楽!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「くっ! 卑怯な!」(笑<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「ははは!これも策略だ!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「大人気ないぞ父親ー!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「何とでも言いたまえ娘!」<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「ああ誘惑に揺れるいけないわたし・・・・」物欲MAXw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>っていうか、ぶっちゃけゆいちーにも<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>戦闘システムに慣れて欲しかったんだが。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> まずは見学じゃない?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> なるほど。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>それにシグムンドは参考にならないぞ?w<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>だって攻撃しないし!(笑)<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>神楽も微妙に特殊だ(笑<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>わたしなんて仙術と言霊だよ?<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>さて、では対話はまだある?<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>いや、もう言う事はない!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> よし!w<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「それでは逃げさせてもらおう!」<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だー」<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> シグムンドの目的。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>それは目の前にいる神楽を打ち倒すことではない。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>逃げるだけで充分なのだ!<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「それでは奇術の名前は『自由への逃走』!」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>彼はステッキを振る。それだけだ!それだけで奇術を完成させる!<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「まかり通らせてもらう!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>知力+隠蔽+手品師!神域+2!<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「このままじゃにげられちゃうよ!?」急にシリアスにw<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 「させないよ!」<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>でもその目には『酒!』と書いてあるw>月嬢<br>
-
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>むしろ物欲!(もはや天使じゃないw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「逃がさないと言った!」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>神楽の目的。それは逃げようとするシグムンドを倒す事ではない。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>逃げられないようにすれば充分なのだ!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「この時に清く潔きことあり、諸々の法は影と形の如し、<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> 清く潔ければ仮にも穢るることなし!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>打ち合わせた手の内から光が溢れる!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>同時に、清浄な空気が場を満たし、正しく正す!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「結界! ただし内側向きバージョン!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>知力・創造 社会・共感 〈神秘なる力〉で+2!<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>二人して移動の演出じゃないイニシアだ(苦笑<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 私は移動だがw<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 月嬢はどうする?<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>今回は行動しない。下手な行動は邪魔になるし。<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>というか私の能力、移動の必要ないし。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> では、ダイス目勝負!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> おうさ!<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 2d6+2<br>
-<b>GM</b> シグムンド -&gt; 2D6+2 = [5,4]+2 = 11<br>
-<b><font color="orange">ユィ </font></b> どきどきだ!<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 2d6+2<br>
-<b>GM</b> 神楽 -&gt; = 2D6+2 = [4,5]+2 = 11<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 同値だと!?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 互角!(笑<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>こういう場合、どうするんだろう?<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> もう一回振る。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> うい。<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「すごい・・・二人とも互角!?」<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 2d6+2<br>
-<b>GM</b> シグムンド -&gt; 2D6+2 = [3,4]+2 = 9<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 下がった!?<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 2d6+2<br>
-<b>GM</b> 神楽 -&gt; 2D6+2 = [5,1]+2 = 8<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>もっと下がった!(笑<br>
-<b><font color="purple">シグ </font></b> よぉし!<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>ああ!神楽ちゃん負けてる!<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>「はーっはっはっは!さらばだ神楽~!」<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> 光の結界。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>それは確かに張られたはずなのに。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> ポフン!<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「惜しかったね、神楽ちゃん・・・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>ヴェールのように広がったそれは、<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>シグムンドはそんな音と煙を立てて。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>ステッキの一振りであっさり霧散した。<br>
-
-<b><font color="purple">シグ </font></b> 演出が混じっているw<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>後に残るはせい寂のみ。<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>こちらとしては後に残っているのは、<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>シグムンドのデフォルメ人形のみ。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「ま、また負けた……」<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「ん~・・・どうしたもんかな・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>一瞬の硬直状態はあった。<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>だが、地力で押し切られた。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> それだけの差が、<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>自分とシグムンドの間にはあるということなのだろう。<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「―――ぅあんの………」<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>「くそオヤジぃぃぃいいっつ!!!!」<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>八つ当たりに、等身大シグムンド人形は灰になった(笑<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>/その後。自分で張った結界の解除に四苦八苦する神楽であった。<br>
-
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b> しまった!(笑<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「式つけておいたけど剥がされてそうだなあ・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>無論、その式は人形に移し変えてあるw<br>
-
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b>じゃあ、もう燃えてるね(笑<br>
-<b><font color=
-"orange">ユィ </font></b>「むう・・・まだまだクンフーが足りないな・・・・」人形に付いた式を見て<br>
-
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>こんな感じで見合い編の日常w<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>騒がしい日常だ(苦笑<br>
-<b><font color=
-"purple">シグ </font></b>これこそ魔都ってことさぁw<br></p>
-<center><a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/29.html">Back</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">シュテルビー家</font></b></span></h2>
+ 
+<p align="left"><br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>多分一般常識とか覚えてもらって、<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>孤児院の仕事を手伝ってもらうこととかになるかな?>カミュ<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>無論一人立ちさせてもいいけど。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>性格は素直無口かな、一般常識ほとんど知らないし。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>クールになるかシュールになるかは決まってないが!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>シュールにはならんでいい(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>いっそ、ピュアになりなさい!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>シグムンドに教育一任すると<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>何処に出しても恥ずかしくないレディに成長するw<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>もしかすると表の方の後継者になるかもね。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>孤児院?<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>と、会社。陣・シュテルビーの方の後継者。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>って言うか、シグムンドいい歳なんだから、<br />
+<b><font>神楽 </font></b>結婚して嫡子を作んなさいよ(苦笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ふっふっふ、爺と同じようなことを言わないでくれたまえよ、神楽」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「誰だってそう言うっての!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ははは、そうかね?まぁ、縁がない。それだけさ」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>カラン。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>グラスの中の氷が音をたてる。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「それだけ、じゃすまないの!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>バン、とテーブルを叩く。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「いい歳したおっさんがマントなんか着て泥棒三昧!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 子供の教育に悪いんだよ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>彼の目は、グラスの氷を見ながら何処か遠くを見ているような。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「せめて、幸せな家庭を魅せてあげなきゃ、カミュが可哀想だよ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ふむ…案外現状も幸せな家庭と思うが」と苦笑する。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「まぁ、母親が不在なのは認めるがね」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「温かい家庭って物を教えてあげないと」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「カミュは、これからどんどん幸せになっていくんだから」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>と、いうわけで、ドサッ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>とシグムンドの前にパンフレットのような物を積みます。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ん?これは何だね、神楽?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「執事のおじいさんから預かってきた、見合い写真」(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「…百枚くらいあるのだが?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「それだけ溜めたからでしょ」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「いやしかしだな…」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「この人なんかどうかな?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 優しそうだし、カミュとなかよくしてくれそう」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>シグムンドの意見は無視(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>(…ふぅ。まったく)<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>その言葉を聞きながらシグムンドは思う。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「こっちの人は、ちょっと固そうな感じだね?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> うーん、教育ママさんかな?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>とっかえひっかえ写真を開き、その場に並べる。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>温かい家庭。そう、今まさに自分を包んでいるものに微笑んで。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>(………)<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「ちょっと、シグムンド?<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ちゃんと見なよ、きちんと選ばないとカミュが困るんだよ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>少し。少しだけ。哀しく、遠い目をする。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「その手の話は苦手なのだがなぁ…」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>だが、それもほんの一瞬で。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>神楽がこちらを向いた時には、もういつもの苦笑い。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「まぁ、こういう時は…」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>何気なくグラスの中身を飲み干し。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「三十六計逃ぐるに如かず、とね」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>パチン<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「っぅえ!?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>次の瞬間。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>カウンターには飲んだ分より若干多いお金が乗っている。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>キョロキョロと、周囲を見回す。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>その代り。彼の姿は見えない。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「に、にげんなー!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「はっはっは! 釣りはいらないよ。それではまた会おう、神楽!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>と、姿は見えねど声はして。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「こんの…………」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「くそオヤジィイイィイイイイっ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>シグムンドが常連となって以来、<br />
+<b><font>神楽 </font></b>恒例となったような叫びが今日もスメバミヤコ響き渡った。</p>
+<center> 
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">義親子ケンカ?</font></b></span></h2>
+ 
+<p align="left"><br />
+<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>最近しつこい見合い話。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>神楽はシグムンドと顔を合わせるたびに。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「見合いしろー」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「はっはっは!また会おう!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>と繰り返していた。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>さぁ、ゆいちー! ここに混ざるんだ(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「暖かい家庭ー!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「今でも充分じゃないかね?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>と、のらりくらりとかわす不良親父w<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「姉だけじゃなくて母親もいるんだよー!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>と、熱弁を振るう娘。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「はははは、大丈夫さ、<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> うちのお姉さんは下手な母親より母親してるじゃないか」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>余裕の笑みで返す父親。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「設定で見たら3歳しか違わないんだよ!」(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>無茶言うな、と返します。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「年の差なんて関係ないさ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> それを言ったら彼女は私が17歳の時の子だ」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>同じく無茶で返す。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「ジイやさんから聞いた過去の罪状からかんがみるに、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 充分、ありえそうだよ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>内部情報で畳み掛けます(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ほほう?こちらから手を出したことも出されたことも一切ないが」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>まだまだ余裕。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「むぅ、こうなったら仕方が無い! 実力行使だよ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>ばっ、と手を振り上げ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「はっはっは!神楽に出来るかな!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>余裕で構えて。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「一人ならね! おいでませ、ゆいちー!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>と、援軍を呼びます。<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「老師(ラオシー)も大変だねえ・・・・」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>二人のやり取りをジュース飲んでみてます。<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>老師はシグムントのこと。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「これも中々楽しいものだがね?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>本当に楽しそうに。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「ジュースなんか飲んでないで手伝ってよ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b> この馬鹿オヤジを懲らしめるよ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「報酬は、え~っと、この前食べた満漢全席!」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「見合いの一つや二つぱあっとしたら?実際母親は必要だし」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>手のひらを返したようにw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>ゆいちー が 仲間になった(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ふむ、月嬢も敵にまわったか。これはしたり。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> むこう一ヶ月のフランス料理フルコース無料」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「しかも三食」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「でもこういうのってタイミングだから、<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b> 急ぐ必要もないんじゃないかな?」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>月は寝返ったw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>ゆいちー が パーティから外れた(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「え~っと、それじゃあ、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> ケチ臭い怪盗が絶対に出してこない、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 秘蔵のお酒なんてどうかな?」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「高校生がお酒なんて・・・ボ○ドーの79年物で」(おっ<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ケチ臭い?君達は未成年だから薦めてないだけだが。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> まぁ、どうしても言うなら60年ものの泡盛も、<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> 50年ものワインもあるが」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「ああ泡盛・・・・50年物なんて・・・・」よだれだらだらw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「むむぅ、このぶるじょわじーめ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「というか神楽。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> 君はまさかその歳で飲んでるわけではあるまいな?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>にっこり笑顔で反撃w<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「カミュが知ったらどう思うかな?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「ぐっ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>痛いところを(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「月嬢も20歳までお預けだ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> その頃に丁度良く熟成しているぞ、その泡盛は」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「うう・・・こっそり寝酒も駄目か・・・、」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>でも、お姉ちゃんはカミュの為にがんばるんだよ!(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「ふっ……甘いよ父親」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ふむ。まだ奥の手があるとでも?」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「こと、この件(見合い)に関してはジイやさんはボクの味方さ!」(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「む…」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>シャッター、オン!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>どこにいたのか知らんが、周囲がシャッターで覆われる!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「逃げ場はないよ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「くくくく、この怪盗、奇術師シグムンドも甘く見られたものだな!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>バッ!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>翻る黒いマント。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>その渦の中心に、また黒いシルクハット。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>腕ほどの長さのステッキを右手に持ち。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>金の鎖をつけたモノクルを右目に。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「それでは奇術師、シグムンドの大脱出ショー!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> とくと魅せてやろう!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>指先にポッ、と灯る火。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「そうそう逃がしはしないんだよ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>あー、丁度ゆいちーもいることだし、また模擬戦でもしておく?<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>2対1かい!(笑)<br />
+<b><font>神楽 </font></b>はっはっは、状況は当方有利だ!(笑<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「というか部屋で飲んでる分には老師にばれないんじゃ、<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b> ―――ッて何この状況!?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>それとも月嬢はまだ凹んでる?>酒ダメ<br />
+<b><font>神楽 </font></b>ゆいちーが戦線離脱? じゃあ、また一対一?(汗<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「ま・・・まけないぞー!」流されたw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>よしっ! 二対一だ!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「はっはっは!20歳になったら一甕進呈するから<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> それから浴びるように飲みたまえ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ボルドー72年物」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「耳をかしちゃダメだー!」(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>いかん、このままだと一対二になりかねん!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「何、月嬢。君は何もしなくていい。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b> 何もしなければ3年後には珠玉の味、だぞ?」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「ああああ一番の豊作年ー♪」駄目だこの娘w<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ふっふっふ、これで1対1だな神楽!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「くっ! 卑怯な!」(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「ははは!これも策略だ!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「大人気ないぞ父親ー!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「何とでも言いたまえ娘!」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「ああ誘惑に揺れるいけないわたし・・・・」物欲MAXw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>っていうか、ぶっちゃけゆいちーにも<br />
+<b><font>神楽 </font></b>戦闘システムに慣れて欲しかったんだが。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>まずは見学じゃない?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>なるほど。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>それにシグムンドは参考にならないぞ?w<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>だって攻撃しないし!(笑)<br />
+<b><font>神楽 </font></b>神楽も微妙に特殊だ(笑<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>わたしなんて仙術と言霊だよ?<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>さて、では対話はまだある?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>いや、もう言う事はない!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>よし!w<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「それでは逃げさせてもらおう!」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だー」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>シグムンドの目的。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>それは目の前にいる神楽を打ち倒すことではない。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>逃げるだけで充分なのだ!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「それでは奇術の名前は『自由への逃走』!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>彼はステッキを振る。それだけだ!それだけで奇術を完成させる!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「まかり通らせてもらう!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>知力+隠蔽+手品師!神域+2!<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「このままじゃにげられちゃうよ!?」急にシリアスにw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「させないよ!」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>でもその目には『酒!』と書いてあるw>月嬢<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>むしろ物欲!(もはや天使じゃないw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「逃がさないと言った!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>神楽の目的。それは逃げようとするシグムンドを倒す事ではない。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>逃げられないようにすれば充分なのだ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「其は、柏手!」(パンパンッ!)<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「この時に清く潔きことあり、諸々の法は影と形の如し、<br />
+<b><font>神楽 </font></b> 清く潔ければ仮にも穢るることなし!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>打ち合わせた手の内から光が溢れる!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>同時に、清浄な空気が場を満たし、正しく正す!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「結界! ただし内側向きバージョン!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>知力・創造 社会・共感 〈神秘なる力〉で+2!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>二人して移動の演出じゃないイニシアだ(苦笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>私は移動だがw<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>月嬢はどうする?<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>今回は行動しない。下手な行動は邪魔になるし。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>というか私の能力、移動の必要ないし。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>では、ダイス目勝負!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>おうさ!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>2d6+2<br />
+<b>GM</b>シグムンド -&gt; 2D6+2 = [5,4]+2 = 11<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>どきどきだ!<br />
+<b><font>神楽 </font></b>2d6+2<br />
+<b>GM</b>神楽 -&gt; = 2D6+2 = [4,5]+2 = 11<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>同値だと!?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>互角!(笑<br />
+<b><font>神楽 </font></b>こういう場合、どうするんだろう?<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>もう一回振る。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>うい。<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「すごい・・・二人とも互角!?」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>2d6+2<br />
+<b>GM</b>シグムンド -&gt; 2D6+2 = [3,4]+2 = 9<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>下がった!?<br />
+<b><font>神楽 </font></b>2d6+2<br />
+<b>GM</b>神楽 -&gt; 2D6+2 = [5,1]+2 = 8<br />
+<b><font>神楽 </font></b>もっと下がった!(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>よぉし!<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>ああ!神楽ちゃん負けてる!<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>「はーっはっはっは!さらばだ神楽~!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>光の結界。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>それは確かに張られたはずなのに。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>ポフン!<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「惜しかったね、神楽ちゃん・・・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>ヴェールのように広がったそれは、<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>シグムンドはそんな音と煙を立てて。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>ステッキの一振りであっさり霧散した。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>演出が混じっているw<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>後に残るはせい寂のみ。<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>こちらとしては後に残っているのは、<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>シグムンドのデフォルメ人形のみ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「ま、また負けた……」<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「ん~・・・どうしたもんかな・・・」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>一瞬の硬直状態はあった。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>だが、地力で押し切られた。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>それだけの差が、<br />
+<b><font>神楽 </font></b>自分とシグムンドの間にはあるということなのだろう。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「―――ぅあんの………」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>「くそオヤジぃぃぃいいっつ!!!!」<br />
+<b><font>神楽 </font></b>八つ当たりに、等身大シグムンド人形は灰になった(笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>/その後。自分で張った結界の解除に四苦八苦する神楽であった。<br />
+<b><font>神楽 </font></b>しまった!(笑<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「式つけておいたけど剥がされてそうだなあ・・・」<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>無論、その式は人形に移し変えてあるw<br />
+<b><font>神楽 </font></b>じゃあ、もう燃えてるね(笑<br />
+<b><font color="#FFA500">ユィ </font></b>「むう・・・まだまだクンフーが足りないな・・・・」人形に付いた式を見て<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>こんな感じで見合い編の日常w<br />
+<b><font>神楽 </font></b>騒がしい日常だ(苦笑<br />
+<b><font color="#800080">シグ </font></b>これこそ魔都ってことさぁw</p>
+<center><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/29.html">Back</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>
 </center>
 </center>