※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「メモ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

メモ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ==中見出し ==
-*MADSECTA
-【まっどせくた】
-|ジャンル|FPS(一人称視点シューティング)|~|
-|対応機種|Wii(Wiiウェア)|~|
-|発売元|ハドソン|~|
-|開発元|シェード|~|
-|発売日|2009年3月3日|~|
-|定価|1,000 Wiiポイント|~|
-|レーティング|C(15歳以上対象)|~|
-
-
-
-**ストーリー
->外惑星“HS-0204”からの救助信号。&br()それは、数年前に行方不明になった「探査船」からのものであった。&br()すぐさま、先発隊として「調査隊」が組織され、行方不明となった探査船が不時着したと思われる外惑星“HS-0204”へ向かうことになった。&br()数週間後に発見した探査船の残骸は、何かに食い荒らされたような無残な姿。&br()そして、その周りには得体の知れない巨大生物の足跡が大量に残されていた・・・
-
-(公式HPより) 
-
-**特徴
--今作はWiiウェアでは珍しいフィールドで昆虫群と戦うFPS。
---敵は種類は少なくボスを含めても7種類であり、フィールドを埋め尽くすほどの数で押し寄せてくる。
--基本ステージは殲滅ミッション、防衛ミッション、突破ミッションの三つ。
---殲滅ミッションはフィールド内の巣穴を全て破壊すればクリアできる。
---防衛ミッションは一定時間護衛対象の破壊、敵のエリア進入を阻止すればクリア。
---突破ミッションはゴールを目指してひたすら突き進むステージでゴールに到達すればクリア。
----これらをクリアすると巨大ボスステージがあり、ボスを倒すとクリア。
--メイン武器はアサルトライフル、サブマシンガン、ショットガン、ロケットランチャーの4種類。
---サブ武器は手榴弾とムチ2種類である。
----これらにはそれぞれLV2、LV3がある。
--敵にはそれぞれ弱点となる部位がありガンガン敵を倒せる。
---逆にそれ以外の場所を狙うとあまり効果はない。
--また、ストーリーモード以外にもWifi通信で協力プレイも出来る。
-
-**操作性
--Wiiリモコンを上手く使った操作。
---ポインターで照準を動かし弾を打つ、ヌンチャクスティックで移動。
---リロードはリモコン振るだけでできる。手榴弾やムチはヌンチャクを使う。
---敵の体液が体に付着した場合ヌンチャクを振って素早く拭き取らないとダメージを受ける。
----これらの動作にwiiによくある無理が全くない。
--敵を倒す爽快感。
---敵がとにかくたくさん現れて数で押してきて撃ちまくる楽しさがある。
---撃つ時のエフェクトや効果音も爽快なものである。
-
-**グラフィック・BGM
--1000円分のWiiウェアの中でもトップレベルに入るグラフィック。
---ステージは意外と似たような背景の物が多く、敵のバリエーションも多くないがそれでも及第点は十分超えている。
---また処理オチやバグなどは全くない。
--またBGMはテクノ調で地味ながらいい仕事をしている。
---曲はテンポがよいBGMや不気味なBGMで、世界観によくあった曲である。
-
-**Wifi通信
--