レッドストーン

レッドストーンに関する基礎知識のページ。
応用した様々なテクニックはテクニック/レッドストーン回路のページを参照。

レッドストーンダストとは

レッドストーンダスト」とはこの粉状のアイテム。
レッドストーン鉱石を鉄のツルハシ以上のツルハシで破壊すると4~5個入手できる。                 




レッドストーンダストをブロックに複数設置または後述する入力装置と並べると、自動的に連結する(ワイヤー)。
ワイヤーは0(OFF)1(ON)の状態を持っており、ON信号のワイヤーが赤く光る。
この様子はさながら電線であり、レッドストーンダストは信号を送る道筋だと捉えると分かりやすい。
電気と違いプラスやマイナスはないが、代わりに指向性(方向)を持っている。

レッドストーン鉱石

レッドストーン鉱石」とは、Y座標2~16に生成される鉱石(Ore)である。
前述の通りレッドストーンダストは鉄以上のツルハシでしか回収できず、
石以下のツルハシや素手、他のツールで破壊するとレッドストーンダストをドロップしない。
シルクタッチのエンチャントが付いた鉄以上のツルハシで破壊するとレッドストーン鉱石を回収でき、
かまどで精錬してレッドストーンダストにすることも可能だが鉱石1個につき一つしか手に入らないので非推奨。
ドロップ数に上限があるが幸運のエンチャントが有効。

動作方法


入力装置と出力装置を直接、またはレッドストーンダストで接続する事で動作させる事ができる。
感圧式スイッチ・ボタン・レバーなどを、ドアやレッドストーンランプなどに繋げてみよう。TNTの着火もできる。
レールの中間で加速するためのパワードレールには、ON信号を出力し続けるレッドストーントーチやレバーを隣接させましょう。


関連アイテム/ブロック

このページで使用される遅延時間の 1tick は 100ミリ秒(1/10秒・0.1秒)のRedstone Tickです。
MOBのスポーン周期などに使われるGame Tickは 1tick 50ミリ秒(1/20秒・0.05秒)で、1redstonetick=2gametickです。
左から1tick、2tick、3tick、4tick

入力装置

動作を受けて信号を生み出すものを入力装置と呼ぶ。
プレイヤーの行動(右クリック等)や、日光やアイテムの重みなどの外部入力を受けることによって、初めてON信号を発する。
板材の感圧板
(Wooden pressure plate)
板材:2
不透過ブロックの上面に設置できる
MOBやプレイヤーなどエンティティ等が上に乗っている間、設置されているブロックとスイッチ本体が動力源化する。
反応する条件は、プレイヤー、生物、ドロップアイテム、釣りの浮き、刺さった矢、すべてのカート、ボート。
一瞬だけ検知させても10tickの間出力する。
石の感圧板
(Stone pressure plate)
石:2
不透過ブロックの上面に設置できる
MOBやプレイヤーなどエンティティ等が上に乗っている間、設置されているブロックとスイッチ本体が動力源化する。
反応する条件は、プレイヤー、生物、生物の乗ったカート。
一瞬だけ検知させても10tickの間出力する。
石の感圧板の回収にはツルハシが必要。
磨かれたブラックストーンの感圧板
(Polished Blackstone Pressure Plate)
磨かれたブラックストーン:2
不透過ブロックの上面に設置できる
MOBやプレイヤーなどエンティティ等が上に乗っている間、設置されているブロックとスイッチ本体が動力源化する。
反応する条件は、プレイヤー、生物、生物の乗ったカート。
一瞬だけ検知させても10tickの間出力する。
磨かれたブラックストーンの感圧板の回収にはツルハシが必要。
軽量用感圧板
(Light weighted pressure plate)
金インゴット:2
レッドストーン回路の入力装置のひとつ。不透過ブロックの上面に設置できる
感圧板の上にエンティティ(ドロップアイテムや生物等)が乗っている間、設置されているブロックとスイッチ本体が動力源化する。
信号の強さはエンティティの数を示し、合計15で最大となる。
エンティティである為、刺さった矢、釣りの浮き、カートやボートでも同様に反応する。
一瞬だけ検知させても4tickの間出力する。
ドロップアイテムの場合、重なっている物を1とする為アイテムの個数とは一致しない。
回収にはツルハシが必要。
重量用感圧板
(Heavy weighted pressure plate)
鉄インゴット:2
レッドストーン回路の入力装置のひとつ。不透過ブロックの上面に設置できる
感圧板の上に乗っているエンティティ(ドロップアイテムや生物)が乗っている間、設置されているブロックとスイッチ本体が動力源化する。
信号の強さは乗っているエンティティの数の1/10を表すが、数量が 1 である場合にも出力が保証される。
したがって、1+10×14=141 が最大数となる。
エンティティである為、刺さった矢、釣りの浮き、カートやボートでも同様に反応する。
一瞬だけ検知させても4tickの間出力する。
ドロップアイテムの場合、重なっている物を1とする為アイテムの個数とは一致しない。
現在はMobが25匹以上になるとダメージを受けて死んでしまうので3レベル以上を測ることはできない。
回収にはツルハシが必要。
ボタン
(Button)
板材/石/磨かれたブラックストーン:1
ボタンを押すと一定時間、設置されているブロックとスイッチ本体が動力源化する。
ver1.8から不透過ブロックの全ての面に設置できるようになった。
木のボタンは矢が刺さった場合にも反応する。
木のボタンは15tick、石のボタンと磨かれたブラックストーンのボタンは10tickの間出力する。
レバー
(Lever)
棒:1 丸石:1
クリックでON/OFFを切り替えできる。
ONにすると、スイッチ本体、スイッチが設置されているブロックを動力源化する。
不透過ブロックのすべての面に設置できる。
トリップワイヤーフック
(Tripwire Hook)
鉄インゴット:1 棒:1 板材:1
不透過ブロックの側面に設置できる。
対面に設置し、その間をトリップワイヤーで接続する事で入力装置として動作する。
トリップワイヤーに接触するエンティティを感知すると、フックが設置されたブロックとフック自体が動力源化する。
糸はレッドストーンパウダーと同じくブロック表面にも設置できるが、その場合は信号を出力しない。
糸を途中で曲げると機能しないが、2つのワイヤーを交差する事は可能で、最大40マス分の長さまで有効。
刺さった矢、釣りの浮き、カートやボートでも同様に反応する。一瞬だけ検知させても4tickの間出力する。

・対人トラップとしての特性
感知ワイヤーは極めて視認性が低く、また叩いて壊した時も一度だけスイッチが反応してしまう。
ただしハサミを持って叩けば、穏便に切断したものとして反応させずに撤去できる。
トラップチェスト
(Trapped Chest)
トリップワイヤーフック:1 チェスト:1
トラップチェストを開けると、チェスト本体と真下のブロックが動力源化する。
出力される信号は、同時に開けている人数に応じた強度で出力される。
そのためシングル環境では最低出力のみしか出力できない。
上面に不透過ブロックを設置すると開かなくなるため、信号を取り出すには真下のブロックか側面から直接取り出す必要がある。
通常のチェスト/ラージチェストの隣に隣接しても設置できる。
チェストとほぼ同じデザインだが、取手の周りの部分が少し赤い。
日照センサー
(Daylight Detector)
ガラス:3 ネザークォーツ:3 板材のハーフブロック:3
自然光を検知すると設置されたブロックと日照センサー自体を動力源化する。
信号の強さは、時間や天候によって変化する自然光の強さを0~15の16段階で表す。
また、右クリックすることで反転モードとなり、暗さに応じて信号を発生させる。
ディテクターレール
(Detector Rail)
鉄インゴット:6 石の感圧板:1 レッドストーンダスト:1
石の感圧板を組み合わせたレール。
真上にトロッコが乗ると、レール自体と設置されているブロックを動力源化する。
レールと違い曲げることはできない。
ディテクターレールの横にコンパレーターの後ろ側を接続すると、
チェスト付きトロッコやホッパー付きトロッコの内容量を信号の強さで出力できるようになった。
なお、その場合、通常のトロッコには反応せず、生物が乗っていても出力されない。
オブザーバー
(Observer)
丸石:6 レッドストーンダスト:2 ネザークォーツ:1
顔の模様が付いた面に接する1ブロックを監視する。
監視しているブロックに変化(更新)があると、反対側から信号を1tick発する。
BUD回路の機能を1個のブロックで実現させたもの。

詳しくはユーティリティを参照。

(Target)
レッドストーンダスト:4 干草の俵:1
飛び道具が当たると当たった位置に応じた強さのレッドストーン信号を4Tick出力する。
的の中心に近づけば近づくほど出力が大きくなる。
重量感圧板などと異なり、矢やトライデントが刺さったまま残っていても4Tick経過すれば出力が終了する。
卵や雪玉など投擲アイテム全般、トライデント、釣り竿の浮き、ラマの飛ばしたツバなどにも反応する。
これは別のブロックに刺さっていた矢やトライデントが支えを失って落下した場合も含まれる。

出力装置

レッドストーン信号を受けて動作する装置・設置物のリンクを列挙。
ここでは動作そのものを出力と呼ぶので、さらに信号を発生させるかどうかは無関係。

名称 レシピ参照 レッドストーン信号(ON)を受けた状態の動作概説
ディスペンサー  レシピ  信号を受けた直後のみ、内部インベントリにあるアイテムをランダムに1つ射出
条件によりアイテムの使用、排出、設置、装備が行われる
ドロッパー  レシピ  信号を受けた直後のみ、内部インベントリにあるアイテムをランダムに1つ排出
排出先がインベントリを持つブロックの場合はアイテムを送り込む
ピストン  レシピ  伸縮面が伸長、詳細はテクニック/ピストンを参照
粘着ピストン  レシピ  同上
TNT  レシピ  着火し爆発のカウントダウンを開始
音符ブロック  レシピ  信号を受けた直後のみ、音符ブロックの真下にあるブロックに応じた音を発する
ホッパー  レシピ  アイテムの回収・送付動作を停止
レール  レシピ  カーブのレール接続方向が変化
パワードレール  レシピ  この状態で上を通過するトロッコに推進力を与える
アクティベーターレール  レシピ  この状態で上を通過するトロッコに特定の動作を与える
ドラゴンの頭 口が開閉する
レッドストーンランプ  レシピ  点灯し15レベルの明かりを放つ
木のドア  レシピ  開いた状態になる
鉄のドア  レシピ 
木のトラップドア  レシピ 
鉄のトラップドア  レシピ 
フェンスゲート  レシピ 
コマンドブロック 信号を受けた直後のみ、入力されたコマンドが実行される


レッドストーン関連装置

レッドストーン回路の基本となる素子。信号の発信・受信を行う側面を持つものなど特殊な動作をする。
レッドストーントーチ
(Redstone Torch)
レッドストーンダスト:1 棒:1
レッドストーン関連装置の基本的な回路素子。
特記事項が多いため詳細は後述。
レッドストーンブロック
(Block of Redstone)
レッドストーンダスト:9
常にON信号を出力する特殊なブロック。
天井に設置したり、ピストンで押す事ができる。
隣接ブロックを動力源化しない。
レッドストーンリピーター
(Redstone Repeater)
レッドストーンダスト:1 レッドストーントーチ:2 石:3
後ろ側に信号を受け取ると、前側の不透過ブロックを強度15で動力源ブロック化する。
本体や真下のブロックは動力源化しない。
ワイヤーだけでは最大15ブロックまでしか届かない信号を延長(リピート)したり、
信号の伝播を指定間隔で遅延(ディレイ)させたりすることができる。
設置後に右クリックすれば遅延間隔を1tick~4tickに指定可能。
ダイオードのように極性があり、一方向にのみ信号を伝える。
リピーターロック
真横から別のリピーターの信号を直接受け取ると、その間はON/OFFが切り替わらなくなる。
また、側面から信号を受けているときは前の状態を保持することができる。
レッドストーンコンパレーター
(Redstone Comparator)
レッドストーントーチ:3 ネザークォーツ:1 石:3
後ろ側に信号を受け取ると、前側の不透過ブロックを下記法則に従った信号強度で動力源化。
リピーターと同様に1tick遅延。本体や真下のブロックは動力源化しない。
設置後右クリックでモードを切り替えることができ、前方のトーチ部分でモードを判別できる。

・消灯時:比較モード
横からの信号強度が後ろより強い場合は出力なし
逆の場合は後ろと同じ信号強度で出力

・点灯時:減算モード
後ろからの信号を横からの信号で引いた強度で出力
0以下になる場合は出力なし
両端から信号を受けた場合は弱い方の信号が優先される

・信号取り出し機能
後ろに繋げたユーティリティの、内容量や種類に応じた強度の信号を出力する。
エンドポータルフレーム大釜ジュークボックス等内容を出力する。
ディテクターレールに繋ぐと、チェスト付きトロッコやホッパー付きトロッコが乗っている時に内容量に応じてを出力する。
対象がコンテナ類の場合、ユーティリティのインベントリが開けないときは信号を出力しない。
【チェスト・ホッパー・醸造台・かまど・ドロッパー・ディスペンサー】
信号強度=[内容量÷最大容量×14]+1 ※[]は切り捨て記号
・空(内容量=0)の場合は信号を出力しない
・最大容量=スロット数×64
・内容量=アイテム別に1スタックの上限個数で重み付けした和 ※上限個数で64になるように計算される
・[1スタック64個]1個につき「1」:通常アイテム・ブロックの大半
・[1スタック16個]1個につき「4」:雪玉・看板など
・[1スタック1個]1個につき「64」:ポーション・道具など
【ケーキ】
信号強度=ケーキの残りの量 ※それぞれのスライスの信号強度は2
【大釜】
信号強度=瓶で組みだせる水の量 ※満杯で強度3
【コンポスター】
信号強度=堆肥レベルの数 ※収穫可能な段階で強度8
【エンドポータルフレーム】
信号強度=エンダーアイがはめ込まれているかどうか ※はめ込まれていれば強度15強度、なければ強度0
【額縁】
信号強度=飾られているアイテムの向き ※強度8が上限
【ジュークボックス】
信号強度=レコードの種類
【書見台】
信号強度=開いているページの数
【養蜂箱・ミツバチの巣】
信号強度=蜜レベルの数 ※満たされた段階で強度5
【リスポーンアンカー】
信号強度=チャージの残量の数 ※0、3、7、11、15

レッドストーントーチについて

レッドストーントーチ(以下、関連アイテムはRSトーチ、RSリピーター等と略記)は、
そのままではON信号を出力し続けるのみだが、他の要素と重なる事で特性を発揮する。
RSトーチは基本は信号を発する装置だが、後述する動力源ブロックから信号を受け取る事ができる。
この時、RSトーチ本体から発信される信号はONからOFFに変わる。
伝達された信号を反転するため、主にセンサー系からの信号の制御にも使われる他、
2つ使用すれば信号を戻しつつ強度(後述)を回復、ワイヤーの延長ができる。
ただし、RSトーチ同士や、他の入力装置から直接RSトーチへ信号を伝達する事はできない。
RSトーチを通じて送られる信号は、システムの仕様で遅延が発生する。
正確にはRSトーチのON/OFFの切り替わりに発生するタイムラグであり、
約100ミリ秒(1/10秒・これを1tickと呼ぶ)遅延する。
ただし動作環境によってはそれ以上遅延する場合もある。
RSトーチの複合装置であるRSリピーターには、この遅延を4段階に制御できる機能が付与されている。


信号・ワイヤーについて

信号の強度


ワイヤーに沿った信号は一瞬で伝達するが、この時、ワイヤー1ブロック分につき1レベルずつ信号の強度が減衰していく。
基本的に1以上の強度であれば信号としてはONと見做されるものの、多くの入力装置が発する信号強度が15であるため、
結果としてワイヤーは最大15ブロックまでしか信号を伝達しない事になる。
これを延長するには、RSトーチやRSリピーターなどの装置又は回路を中間に配する(強度15に回復)。

ワイヤーの繋がり方

. 
ワイヤーは隣接したワイヤー同士や、1段上下して隣接したワイヤーに自動的に繋がる。
この時、接続部の角に導体ブロックを置くと遮られるが、右図の通り、ガラスなどの不導体ブロック、階段、ハーフブロック単体などは切断しない。
RSトーチが設置されたブロックの上に回路をつないでいる場合も、同じように遮ると、回路が切断される。

ワイヤーの指向性

. 
ワイヤーの指向性とは、ワイヤーの伸びている先に信号を伝える効果を指す。
ワイヤーは、入力装置に対してはワイヤー同士と同じく自動接続するが、出力装置に対しては接続しない(左図)。
出力装置は伸びているワイヤーの方向(指向性)の先になければ稼動しないため、ワイヤーの配置には工夫が必要。
例外として、他のワイヤーと繋がっていない点状態のワイヤーのみ、前後左右4方向に指向性を持つ(右図)。
見た目と違い十字になっているものと捉えると分かり易い。

ここまでは指向性の説明のため便宜的に「出力装置はワイヤーの方向の先になければ稼動しない」としたが、
実際に信号を伝える方法はこれに限らない。指向性と共に、下記の動力源ブロックも重要になる。


解説

導体/不導体ブロック

ほとんどの不透過ブロックは導体ブロックで、ON信号を受け取ると、後述する動力源ブロックとなる。
逆に、透過ブロックは信号を受け取る事ができず、ワイヤーの切断もしない。こちらは不導体(絶縁体)ブロックと呼ぶ。
不導体ブロックは、トーチ等を設置する事ができない点などが共通する。
(例外として、グロウストーンにはワイヤーを、ガラスには上面にのみRSトーチを設置できる。また、上付きハーフブロックや上付き階段には
上面のみワイヤーやスイッチ類を設置できるが、ワイヤーのつながり方に不具合がある。)

動力源ブロック

ON信号を受けた状態の導体ブロックの事。
動力源ブロックは接触しているワイヤーや出力装置に信号を伝えるが、ワイヤーから入力を受けた動力源ブロックはワイヤーへ出力できないという制限がある。
また、動力源ブロックにRSトーチを設置すると、そのRSトーチはOFF状態になる特徴がある。

導体が動力源ブロックになる配置(全てON状態に限る)
RSトーチの真上 RSリピーターの正面にある 入力装置が設置されている
ワイヤーが設置されている 指向性を持つワイヤーの正面にある
 

動力源ブロックから信号を受け取れる配置
隣接した出力装置・逆向きのRSリピーター 動力源ブロックに設置されたRSトーチ
隣にあっても動力源ブロックに刺していないRSトーチでは受け取れない
真下を含む隣接したワイヤー ただし前述の通り、ワイヤーからの信号のみで動力源化した場合は
ワイヤーへは信号を伝えられない


その他

回路の信号方向

. 
レッドストーントーチなどを使用すると、自動的に信号の流れが特定方向に固定される。
延長したワイヤーは必然的に一方通行となり、単体で双方向での信号のやり取りは不可能となる。
(左図) 左側から右側へは信号を伝える事ができるが、右側から左側へは何をしても干渉できない。
(右図) 左右のどちらからでも中央がONになるが、RSリピーターの極性によって阻まれ、反対側のスイッチ回路にあるランプまでは干渉できない。

RSトーチの焼き切れ


RSトーチは、2tick未満の間隔で信号がON/OFFが入れ替わると動作が停止する、通称『焼き切れ』が発生する。
この状態の間は信号が伝わらなくなり、ON/OFFさせずに1秒ほど放っておく事で復活する。
上図例のような猛烈な速度でON/OFFが繰り返される回路の場合、RSリピーター等を配して一定以上の遅延を挟むとよい。

縦方向への信号の延長


RS信号を垂直に上方向へ延長する場合、上図のような上半ブロックを交互に並べて伝える方法、またはRSトーチと導体ブロックを交互にならべて伝える方法がある。
ver1.7以前では下方向に垂直に伝えるのは難しかったが、ver1.8以降ではスライムブロックとピストンを利用した方法で上下どちらの方向にも信号を届けることが容易になった。


準接続(Quasi-Connectivity)

「接続性」「ピストン接続」、「間接動力」や「BUDバグ」とも呼ばれる。
ディスペンサー、ドロッパーそしてピストンはその上のブロックに変化があった場合もONになる。
(部品の2ブロック以内にあるレッドストーンの変化を含む)

TIPS

  • 一部の出力装置(ディスペンサー・ドロッパー・音符ブロック)は導体ブロックでもある事に注意。
    • ホッパーでディスペンサーやドロッパーに搬入を行う際など、これらにON信号が来ると、隣接しているホッパーも信号を受け取り動作を止めてしまう。
      この場合はディスペンサー側に直接レッドストーンを繋がないで、動力源ブロックを隣接させるなど工夫が必要。
  • ドアに隣接しているどのブロックに信号が来ても、ドアは作動する。
    • ハッチについても同様。ピストンは押し出し部分以外のブロックで作動する。
  • また、ワイヤーはプレイヤーキャラクターから最大で300マス離れると動作しなくなる。
    • より短い距離で動かなくなる場合も。無限マップになったことで一度に読み込まれるマップサイズの限界がある。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板Minecraft Japan Forum、雑談等はMinecraft Japan Forumにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
  • スマートフォンのブラウザ上の問題に関するものはPCでは判断できかねますので「SPモード」や「スマホ」と記載するようにしてください。
  • オブザーバーは?(1.11) - 名無し 2016-11-18 17:56:00
  • 時刻が◯◯のとき日照センサーは○○個分信号を出力するって書いてくれません? - 自称 レッドストーンにわか 2017-01-03 17:08:55
    • 明かりの項目に書いてありますよ - 名無しさん 2017-06-12 14:52:06
  • マルチプレイ環境の時にある程度レッドストーンから離れると作動しませんか? - 名無しさん 2017-10-19 23:01:40
    • 例えば 自分のところにボタンがあり信号が500M先のピストンにつながっています。しかし離れすぎているので、ピストンは作動しませんよね? - 名無しさん 2017-10-19 23:03:26
      • マルチというより、チャンクの読み込み範囲の話かと思われる - 名無しさん (2020-05-11 21:57:33)
  • アットウィキのimageプラグイン仕様変更に伴う修正 - 名無しさん (2018-11-10 06:53:18)
  • レッドストーン→レッドストーンダストへ変更 - 名無しさん (2019-11-14 07:36:53)
  • レシピ画像を1.14に更新 - 名無しさん (2019-12-04 14:31:46)
  • レッドストーンコンパレーターについての詳細な情報を追記 - 名無しさん (2020-01-23 16:40:44)
  • ディスペンサーのHANABIの説明が違う - 名無しさん (2020-03-12 10:46:24)
    • 修正されています - 名無しさん (2020-09-22 08:15:29)
  • 追記しました。 - らだおくん (2020-03-24 09:24:43)
  • 信号取り出し機能について「対象のユーティリティのインベントリが開けないとき信号を出力しない」を追加してください - 名無しさん (2020-03-25 19:20:29)
    • 追記しました。 - 名無しさん (2020-05-12 09:12:32)

This page's images are copyright Mojang Studios.
This page's (part of) images were originally uploaded on the Gamepedia Minecraft Wiki Project.
最終更新:2020年10月31日 13:34