サーバー



サーバーについて

Minecraftにおけるサーバーとは、マルチプレイをする手段を提供するソフトウエアを指す。
Minecraftにおいて、サーバーを建てることがマルチプレイをする主な手段となっている。(LAN公開では不具合が多い上、Windowsの場合、追加のソフトウェアを必要とする。)
このページでは、バニラ(公式)サーバーを基本としています。

サーバーの種類

サーバーは、サーバー管理者によって様々な方向性でサーバーを作ることが出来る。

バニラ(公式)サーバー

Minecraft Launcherからダウンロードできるjarファイルで立ち上げるサーバー。
初期状態では画面がないMinecraftという解釈でよい。Minecraftそのままを楽しむことを目的としている。
このページではバニラ(公式)サーバーについてのことが基本的に書かれている。

サーバーMOD

バニラ(公式)サーバーに拡張を加えたサーバー全般を指す。例えば、MODサーバーやプラグインサーバーが当てはまる。
詳しくはサーバーMOD、そしてMinecraftForgeを確認すること。

Bukkitプラグインサーバー

多種多様なBukkitプラグインをサーバーへ導入し、Minecraftを拡張して楽しく遊ぶことを基本的な目的とする。
特にPVPに特化したものをPVPサーバー、ミニゲームに特化したものをミニゲームサーバーと呼ぶ。
公開サーバーとしてはこのサーバーが主流(主にSpigot)となる。詳しくはBukkitプラグインCraftBukkitSpigotを確認すること。

サーバーを作るための環境の確認等

サーバーを立てられる環境かどうかを調べる必要がある。

サーバーにするためのスペック

Minecraftのサーバーは、参加人数が増え、導入プラグインが多い程、必要な処理が増え、高性能なマシンを要求する。
  • メモリ
バニラサーバーを快適に動作させるには、最低8GBのメインメモリ(割当は4096MB以上)が推奨。人を多く迎えるのであれば、更に必要となる。(JVMの引数で細かく制御できるため、調べること。)

  • ストレージ
ワールドデータ等を読み込む必要があるので、メモリ上に仮想ストレージを作成して実行させたり、書き換え寿命を気にしないのであればSSD推奨。
ですが、それらのバックアップを取っておかないと面倒なので、定期的にバックアップを取ること。

  • CPU
Minecraft 1.8以降、マルチコアを効率的に使うようになったため、Intel Core i3-9100T等の4コア以上を推奨する。
公式サーバーを含め、一定のサーバーは一つのコア程度しか使わないことが多いため、できれば単一コアの性能が高いデュアルコア以上のCPU推奨。(OSの動作ためにシングルコアでは厳しい)
※BungeeCordを使うことで、この問題をある程度回避は可能。

  • ネットワーク
他の人があなたのサーバーに参加するために、インターネット回線を使用する。最低300Mbps、推奨は1Gbpsの光回線。

  • ポート開放
マンションなどの集合住宅では、ポートの開放ができない場合がある。ルータの説明書などを確認してください。
※Hamachi等のサービスについてはこちらを参照。

  • OS
現在、32bitOSを積極的に選ぶ理由はないので64bitOSにすること。
クライアントOSではライセンス上同時接続数が制限されているため、規定の接続数を超えて外部より接続を受けるとライセンス違反となる。
(ライセンス違反のチェックや違反したためOSの使用を禁止される事例はほぼないが、使用する者として規定は守るべき。)
(「本ソフトウェアを使用することにより、これらすべての条項に同意し、ライセンス認証中およびお客様が本ソフトウェアを使用する際に第 3 条に記載されているプライバシーに関する声明に従って特定の情報が送信されることに同意するものとします。
お客様がこれらの条項に同意せず、またこれらの条項を遵守しない場合、本ソフトウェアまたはその機能を使用することはできません。
」とWindows 10 ProのEULAに記載されているため、ライセンス上はOSの使用を禁止。
C:\Windows\System32\license.rtfにEULAが保存されているので、確認すること。)
OS エディション 接続数
Windows XP Home Edition
Professional
5
10
Windows Vista Home Premium
Business
Ultimate
5
10
10
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1

全エディション

20
Windows 10 Home Edition
Pro
サーバーとして使うことはグレーとなります・20
Windows 10 他のエディション 不明
Mac OS X 無制限
Linux(Unix) 無制限

※大規模サーバーを構築する際、多くがLinux(CentOS,Ubuntu等)であることが多い。理由として、ライセンス上やシステム上の制限がなく汎用的であり、商用のサーバーとしても使われることが多いため。

  • ネットワークやパソコンについての十分な知識があるか
十分な知識がないとトラブルに対処が出来ず、最悪不正アクセスの被害に遭う可能性がある。最低限ファイアウォールぐらいは理解すること。

  • やる気と根気があるか
サーバーを構築する上で、必ず多くの問題にぶつかる。諦めず、自分で対処しようとする根気が必要。
「何か起こったら誰かに聞けばいい」「英語はわからないから読みたくない」などと考えている人はサーバー構築には向いていない。考えを改めること。
それでも誰かに助けを求める時がある。そんな時は非公式フォーラム等で聞くと良い。ただし、質問等をする時はルールを遵守すること。誰もあなたに手を差し伸べなくなる。
また、Googleで検索ができるようになること。自分で対処する一番の手口は検索。検索で情報を得れるようにすること。

サーバーの建て方

以下バニラ(公式)サーバーの建て方。
プラグイン(Bukkitプラグイン)を入れたサーバーであれば、サーバーMOD/Spigot(現在主流)かサーバーMOD/CraftBukkit(以前主流)、
MODを入れたサーバーであれば、MOD解説/MinecraftForgeを参照。
exe版はLinuxで使用不可・公式非推奨。jar版で説明する。

サーバーのダウンロード

ダウンロードすると、MINECRAFT エンド ユーザー ライセンス条項,Privacy Policyに同意したこととなる。

Minecraft Launcherを起動し、「起動構成」「新規作成」の順に進む。
ダウンロードしたいバージョンを選択し、数秒後にバージョンの右横に「サーバー↓」とあるのでクリックするとブラウザが開き自動でダウンロードされる。

+以下の方法もあるが、1.12.2までしか入手できないため、非推奨
https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/x.x.x/minecraft_server.x.x.x.jar
x.x.xに入手したいバージョンを入れることでできます。

サーバーの配置

サーバーのjarを適当なフォルダに配置。念の為に日本語などの2バイト文字がパスに入らないようにすることを推奨。
(例: C:\Server)

起動について

サーバーはGUIで起動するか、CUI(コンソールを利用)して起動するかを選択できます。
それは、起動の引数にnoguiを入れるかで選択できます。詳細は、技術的情報集を参照して下さい。
ちなみに、サーバーを起動するために起動用スクリプトが無くても可能。(ある事でメモリの割当や引数の設定が出来る)また、コマンドライン(BashやPowerShell)からの実行も可能。

起動用スクリプトの作成

スクリプトファイルはプログラムをコマンドラインから起動したりする一連の動作を予め書き込み、そのファイルを実行するだけでその一連の動作を行うことが出来るようにするファイル。
Windowsではbatファイル、UNIX系OS(Mac OSX/Linux)ではshファイルと命名されている。
※今回のスクリプトではnoguiを入力し、CUIで起動するようにスクリプトを組んでいるが、起動時にGUIを表示したい場合は入力せずに保存すること。
※また、今回のスクリプトはあくまでも一例。実際の運用時には引数のチューニングをすることが多いため、知識があれば読み飛ばすこと。

Windows(batファイル)

batファイルを作成するには、右クリック→新規作成→テキスト文書を作成→拡張子をbatに変更する事で可能。
batファイルを編集するには、batファイル上を右クリック→編集からメモ帳を起動しそこに書き込み、保存。
※拡張子について知らなかったり、それが表示されなかったりした時は各自で調べて解決すること。

@echo off
java -Xms2048M -Xmx2048M -jar <サーバーのjar> nogui
pause

Mac OS X/Linux

shファイルを作成し、下記の内容を書き込み、保存。
#!/bin/bash
java -Xms2048M -Xmx2048M -jar <サーバーのjar> nogui
※<サーバーのjar>は起動したいjar(例:server.jar)によって変わるので、各自で書き換えること。

起動と終了のやり方

初めての起動以降(下記)は、起動用スクリプト(先程作成したファイル)を実行することで、サーバーを起動することが出来る。
終了をするにはコンソールにstopと入力し、実行。
なお、stop無しでの終了は、ワールド/プレイヤーデータが破損する恐れがあるため避けること。

初めての起動

一度、起動用スクリプト(先ほど作成したファイル)を実行すると黒い画面(コンソール)が表示され、いくらかファイルが生成される。コンソールにstopと打ち、サーバーを終了。

起動が出来なかった時

まず、起動スクリプトの作成段階において打ち間違え等が無いかを確認。
エラーログが出ていれば、それを参考に問題を解決すること。簡単なエラーログについては、技術的情報集を参照。

解決できなければ、非公式フォーラム|質問:マルチサーバー運用などを利用すると解決する場合がある。
※ただしフォーラムを使用する際は、ルール(1,2,3)をしっかり読んでから質問等をすること。(100%答えが返ってくる保証はない)

EULA(MINECRAFT エンドユーザーライセンス)の同意

サーバーの初回起動時はMinecraftのEULA(エンドユーザーライセンス条項)に同意する必要がある。
MINECRAFT エンドユーザーライセンス条項目を通した上で同意する場合は eula.txt 内のeula=falseをeula=trueに変更。

接続確認

ゲームを起動し、サーバーを起動した状態でマルチプレイからダイレクト接続サーバーを追加を選択してサーバーアドレスlocalhostもしくは127.0.0.1(どちらもPC自身を指す)と入力して接続。接続できれば成功。

外部への公開

事前に荒らし対策を講じてから外部に公開すること。外部へ公開するには、ポート開放・ファイアウォールで通信を許可すること。
OSやルーターによって設定が異なるので自身で調べること。

また、他の人が参加するには参加する方グローバルIPを教える必要がある。グローバルIP確認サイト: IPアドレス確認|CMAN
ただし、グローバルIPは多くのプロバイダにおいては変動する場合が多いため、DDNSを利用することをお勧めする(一部プロバイダではIPアドレスが変動しない場合もある)。

ファイアーウォールを設定している場合にはその許可を、ルーターを通してる場合にはポート開放する必要がある。
デフォルトではTCP25565を開放すること(UDPの開放は不要)。開放するポートは設定ファイルから変更することが可能。

localhostなどで成功し、外部からの接続に失敗した場合はポート開放が失敗している可能性が高い。
開放できているか確認する方法の一例としてこのサイトにグローバルIPとポートを入力すると確認作業を行うことができる。
確認サイト: ポートチェック|CMANマイクラサーバ情報表示 Flash|kukulu
※この際、ポートを使用していなければ確認することができないため、サーバーを起動させておいてください。
ちなみに、自分のPCからグローバルIPで接続することは不可能のため、注意して下さい。

Hamachiについて

一部解説動画やリファレンス内において、ポート開放が不要になる手段としてHamachiというソフトが用いられている場合があります。
これはVPNをつくることで、ポート開放を行わずにローカルに通す事が可能となっています。
しかし、ローカルに安易に参加者を招くことは推奨できず、最低限のネットワーク・セキュリティ知識がなければ扱うことは推奨しません。
ただし、ポート開放であっても最低限のネットワーク・セキュリティ知識は必要です。
これらに留意して、ご利用ください。

サーバーの設定

サーバーのファイル

バニラ(公式)サーバーで生成されるファイル類です。
他のサーバー(MODサーバー,CraftBukkit,Spigot等)では追加のファイルがありますが、ある程度の基本的なファイルは同じものが生成されます。
また、一部ファイル(JSON形式)は設定ファイルに直接変更を加えるよりも、コマンドを用いて行うことの方が楽です。
ファイル/フォルダ名 説明 追加説明
logs(フォルダ) 起動時からのサーバーのログファイルが入っています。起動をすることで新しいファイルが生成されます。 基本的に「西暦-月-日(-同日に複数回起動した際に生成される).log.gz」のように生成されます。lastest.logは最新のログファイル(その時起動している時/最後に生成された)ものとなります。
world(フォルダ) これは、初期状態で生成されるワールドデータです。 このデータを消すことで、ワールドを再生成がすることが出来ます。
banned-ips.json これは、IPBANのデータが入っています。
IPBANとは、指定したIPからの接続を拒否することです。
直接編集することは推奨しません。
banned-players.json これは、プレーヤーBANのデータが入っています。
プレーヤーBANとは、指定したプレーヤーからの接続を拒否することです。
直接編集することは推奨しません。
eula.txt(1.7.10以降) EULAに同意するか書き込むためのファイルです。 EULAについてはEULAの同意を確認して下さい。
minecraft_server.<サーバーバージョン>.jar サーバーファイルです。 exe版では拡張子がexe、jar版では拡張子がjarとなります。<サーバーバージョン>には、サーバーバージョン(1.7.10,1.10など)が入ります。
ops.json OPの設定のためのデータが入っています。
OPとは、サーバーの管理者で一部の管理用コマンドなどが使用可能になります。
直接編集することは推奨しません。
server.properties サーバーの設定を変更することが出来るファイルです。 詳細はserver.propertiesでの設定変更を参照して下さい。
usercache.json プレーヤーの情報を保存しているようです。 -
whitelist.json ホワイトリストの設定のためのデータが入っています。
ホワイトリストとは、指定したユーザーIDのみの接続を許可することです。
有効にするには、server.properties内のwhite-listの項目が有効にする必要があります。
直接編集することは推奨しません。

サーバーアイコンのやり方

  • 1.7.2より可能になりました。
  • なお、公式サーバー以外ほぼ可能です。
  1. 64×64のpng形式で画像を作成
  2. 名前を「server-icon.png」にする
  3. サーバーのjarがあるフォルダに配置する。
  4. サーバーを起動して サーバー一覧のところに画像があったら成功です。

op権限の付与

コンソールでop <MinecraftID>を入力するとそのユーザーはゲーム内で管理コマンドを使えるようになります。(<>は不要)
ops.txtを開いてMinecraftIDを入力する方法は1.7.2まで可能ですが、それ以降はUUID方式に変更されたため、コマンドから実行することをおすすめします。
  • その他コマンドに関してはコマンドの項目を参照して下さい。

サーバーのバージョンを変更する方法

  1. 変更したいバージョンのサーバーを新規に建てます。
  2. 古いサーバーのワールドデータを新規に建てたサーバーのワールドデータと置き換えて下さい。

ワールドデータは、デフォルトもしくはserver.properties内のlevel-nameを変更していない時は、worldフォルダのことです。
なお、変更している場合はその名前のフォルダとなります。

ただし、バックアップをとってから取ってから行って下さい

バックアップのやり方

バックアップはそのファイルを別の場所に保管することです。(参考: バックアップ(Wikipedia))
例えば、もしもサーバーが誤って削除されたり、サーバーのワールドデータが破損してしまった場合に備えるために行います。
基本はワールドデータのみをバックアップするだけで良いはずです。
なお、サーバー管理者であるならば絶対にバックアップを忘れないようにして下さい。バックアップを怠っていると惨めな思いをすることになります。

server.properties デフォルト設定(Ver.1.9)

+隠されています
#Minecraft server properties
#(作成された日時)
generator-settings=
op-permission-level=4
allow-nether=true
level-name=world
enable-query=false
allow-flight=false
announce-player-achievements=true
server-port=25565
max-world-size=29999984
level-type=DEFAULT
enable-rcon=false
level-seed=
force-gamemode=false
server-ip=
network-compression-threshold=256
max-build-height=256
spawn-npcs=true
white-list=false
spawn-animals=true
hardcore=false
snooper-enabled=true
resource-pack-sha1=
online-mode=true
resource-pack=
pvp=true
difficulty=1
enable-command-block=false
gamemode=0
player-idle-timeout=0
max-players=20
max-tick-time=60000
spawn-monsters=true
generate-structures=true
view-distance=10
motd=A Minecraft Server

server.propertiesでの設定変更

設定変更をした後は、サーバーを再起動して下さい。

(入力の際<>は不要です)
※stringは文字列です。
コマンド デフォルト 説明
allow-flight=<true/false> false true:飛行が許可される(飛ぶには飛行modを導入する必要がある)
false:飛行が禁止される(プレイヤーが5秒間空中にいた場合自動でキックする)
allow-nether=<true/false> true true:ネザーゲートが有効化される
false:ネザーゲートが無効化される
announce-player-achievements=<true/false> true true:実績が解除された時にチャットでアナウンスされる
false:アナウンスされない
difficulty=<0-3> 1 難易度を設定する
0=Peaceful
1=Easy
2=Normal
3=Hard
enable-query=<true/false> false GameSpy4 protocol serverの許可
enable-rcon=<true/false> false コンソールへのリモート接続の許可
enable-command-block=<true/false> false true:コマンドブロックが実行される
false:コマンドブロックが実行されない
force-gamemode=<true/false> false true:常にデフォルトのゲームモードでログイン
false:ログアウトした時のgamemodeでログイン
gamemode=<0-2> 0 ゲームモードを設定する
0: サバイバル
1: クリエイティブ
2: アドベンチャー
3: スペテクターモード
generate-structures=<true/false> true true:建物を生成する
false:建物を生成しない
generator-settings=<string> スーパーフラットのカスタマイズ
記述するものは、
http://minecraft.gamepedia.com/Superflat
http://minecraft.gamepedia.com/Customizedを参照してください。
hardcore=<true/false> false true:ハードコアを有効にする。ただし、ワールド生成前に設定しワールドをハードコアにしなくてはならず、途中からハードコアのワールドへ変更することはできない模様。
false:ハードコアを無効化する。
復活方法
level-name=<name> world マップを保存するフォルダの名前
level-seed=<seed> ワールド作成時のシード値
level-type=<DEFAULT/FLAT/LARGEBIOMES/AMPLIFIED> DEFAULT マップ生成時の地形
DEFAULT=通常
FLAT=平坦
LARGEBIOMES=大きなバイオーム
AMPLIFIED=高低差のあるワールド
max-build-height=<0-2147483647> 256 ブロックをおける高さの限界
max-players=<0-2147483647> 20 プレイヤーの最大同時接続数
adminは含まれない
motd=<string> A Minecraft Server サーバーリストに表示されるメッセージ(サーバー名の下)
network-compression-threshold=<-1-256> 256 ネットワークの通信の圧縮設定
パケットが"設定した値(byte)"かそれより大きい場合は圧縮され、"設定した値(byte)-1"であったら圧縮をせず、そのまま通信を行います。よって値が小さいほど多くの通信が圧縮されます。
-1: 圧縮の無効化
0: 全通信を圧縮
online-mode=<true/false> true true:Minecraft公式サーバーに接続してユーザー認証を行う。
false:認証無しでユーザーをサーバーに接続させることが出来る。
ただしこれにより、割れユーザーをサーバーに入れてしまうことになるため、割れサーバーとなり非推奨。一方、オフラインのLAN内でサーバーを建てる場合はfalseにする必要がある。(つまり、割れのための機能ではないことに留意すること。)
op-permission-level=<1-4> 4 opの権限の設定 数値が大きいほど高位の権限となる。
1=spawn-protectionの範囲の編集可能
2=シングルのチートコマンド
3=stopを除くマルチ専用コマンド
4=stopを含む全てのコマンド
player-idle-timeout=<0-2147483647> 0 指定した時間(n分)操作がなかった場合自動でkickする
0で無効
pvp=<true/false> true true:プレイヤー間の攻撃有効
false:プレイヤー間の攻撃無効
query.port=<1-65534> 25565 GameSpy4 protocol serverのポートを指定
rcon.password=<string> リモート接続のパスワード
rcon.port=<1-65534> 25575 リモート接続のポート
resource-pack=<string> サーバーリソースパックの指定
server-ip=<string> NICが複数ある場合等にバインドするIP
空欄推奨
server-name=<string> Unknown Server サーバーの名前
server-port=<1-65534> 25565 サーバーで使用するポート
変更後は、クライアントからの接続の際のIPアドレスで「IPアドレス:ポート番号」と入力する必要がある。
snooper-enabled=<true/false> true true:http://snoop.minecraft.net/にsnoopingデータを送信する
false:送信しない
spawn-animals=<true/false> true true:動物が自然にスポーンする
false:自然にスポーンしない
falseでも既に出現している動物は死ぬまで消えない
spawn-monsters=<true/false> true true:モンスターがスポーンする
false:モンスターがスポーンしない
falseにするとスポナー以外からスポーンしなくなる
ピースフルと違いfalseでも既に出現しているモンスターは消えない
spawn-npcs=<true/false> true true:村人がスポーンする
false:村人がスポーンしない
spawn-protection=<0-> 16 スポーン地点から半径nメートルのブロックを編集できなくなる
op-permission-level=1以上で編集できる
0で無効 1でスポーン地点を中心に3x3のブロックが編集できなくなる
use-native-transport=<true/false> (存在しない) Linux上サーバーのパフォーマンスを向上させるパケットの最適化
true:最適化を行う
false:最適化を行わない
view-distance=<3-15> 10 サーバーが許可するチャンクの表示範囲
サーバーが重いと感じる場合は、この数字を小さくすることで、改善する事もある。
white-list=<true/false> false true:ホワイトリスト以外のプレーヤーはサーバーに接続できなくなる。
false:

大規模サーバーを建てたい

この項目では20人以上のサーバーを作るための事を紹介しています。
+...

大規模サーバーにするためのスペック

Minecraftのサーバーは、参加人数が増える程、高性能なマシンを要求します。
また、導入プラグインが多い程、処理が重たくなります。

  • メモリ
サーバーは人が増えるほど多くのメモリを消費します。目安として6GB以上のメモリ割り当てが妥当だと思います。
(またJVMの引数からいろいろできるのでそちらの勉強をしたほうがいいかもしれません)

  • ストレージ
ワールドデータ等やプラグインを読み込む必要があるので、RAMDisk上で実行させたり、SSD上で起動させることをおすすめします。
ですが、それらのバックアップをHDDで取っておかないと面倒なので、バックアップは怠らないようにしましょう。
特に、サバイバルサーバーだとデータを無くしてしまえば信用を失い人が減ってしまうおそれがあるので、注意しましょう。

  • CPU
ほとんどのサーバーは一つのコア程度しか使わない事が多いので(らしい)、できれば単一コアの性能が高いデュアルコア以上のCPUをおすすめします。(OSの動作ためにシングルコアでは厳しい)
BungeeCordを使うことで、この問題をある程度回避することは出来るます。

  • ネットワーク
50人以上であると光回線でないと厳しいです。または、専用回線を使うべきです。
あと絶対にマンションで作成しないで下さい。他の人が困ります。

  • ポート開放
普通にポート開放が出来るようにしましょう。
Hamachi等は、セキュリティの観点からおすすめできません。

  • OS
クライアントOSではライセンス上同時接続数が制限されているため、規定の接続数を超えて外部より接続を受けるとライセンス違反となることがあります。(上記)
よって選択肢はWindows ServerかLinux(Macも可だがあまり情報がないため非推奨)となる。
Windows Serverでも構わないが、かなり高額なため、通常はLinuxのディストリビュージョンの何かを使うことをおすすめします。
一応選択肢は様々ありますが、Ubuntu ServerかCentOSがよく使われると思います。
また32bitOSであると、メモリを4GB以下した認識しないため64bitOSでなければなりません。
この項目ではCentOSを使用していきたいと思います。

運用

サーバーの選択

大規模サーバーであれば荒らしが出てくる可能性があるので、Bukkitサーバー(プレーヤーに対して制限をかけれるため)をおすすめする。その中でもSpigotが、大規模サーバー運用のために改良がされているためおすすめである。
SpigotについてはSpigotを見て構築をすれば良い。

RAMDisk

RAMDiskは、HDDやSSDの書き込みを減らしたり、読み込みを早くする効果がある。
※root権限で説明をします。
まず、RAMDiskをするためのフォルダを作成、権限を777(全ユーザーアクセス許可)にします。
mkdir /ramdisk
chmod 777 /ramdisk
fstab を編集して、RAMDiskを作成する。
vi /etc/fstab
最終行に以下を追加する。(xxxxはメモリの大きさ)
/dev/shm /ramdisk tmpfs size=xxxxm 0 0
マウントをする。
mount -a
以下を実行して、設定したものが出たら完了です。
df -h | grep ramdisk

小規模(LAN内)サーバーを建てたい

その場に居る人だけでマルチプレイをしたい人向けの記事です。
+...

LAN内サーバーのメリット

  • ポート開放が要らない
手順が複雑だったり、環境に制約があったりと面倒なポート開放をする必要がない。
  • セキュリティー関連のリスクが小さい
(設定を間違わなければ)LAN内の人からしかアクセスされないので、外部からの攻撃などのリスクがない。
  • 荒らしのリスクが小さい
身内しかサーバーに参加しないので、知らない荒らしユーザーが来るなどの心配がない。もちろん、身内に荒らされればどうしようもないが。
  • ラグが少ない
インターネットを経由しないので、ラグが少ない。

そのため、友人同士や家庭内でなど、プレイヤーが一堂に会してマルチプレイをしたい場合にはLAN内でサーバーを建てる選択が有用。「LANに公開」機能を使用したマルチプレイとは仕組みが別物なので注意。

設定など

基本的な手順は通常通りサーバーを建てる時と同じなので「サーバーを建てる」の章を参照。

ルーターのポート開放は必要なく、ipアドレスはグローバルipではなくローカルip(192.168.で始まるもの)を使う。windowsではコマンドプロンプトにipconfigと打つことで確認可能。

ただし、ファイアウォールの設定は必要であり、またネットワークに関する知識もある程度は要求される。最低限、設定を変更する際には自分が変更しようとしているものがどういったものなのか調べるなどしてきちんと理解しておくことを強く推奨する。

より技術的には
+...
ポート開放は外部インターネットから内部にあるサーバーにアクセスするためのもの、例えるならルーターとインターネットの間にあるものなので、LAN内からのアクセスだけなら必要ない。一方、ここでのファイアウォールは厳密には「パーソナル・ファイアウォール」のことであり、OSやウイルス対策ソフトに付属していることが多い。PCとネットワークとの間での通信を制限するものであるので、他のコンピューターがPC内部のMinecraftサーバーにアクセスするためには適切に設定を行う必要がある。

LANの用意

LANが無い場合、ルーターを購入するのが手っ取り早い。公共のwifiを使うのは迷惑となりうるのでやめるべき。

PCからwifi(無線LAN)を飛ばすソフトもあるので、それを使うのも良い。

LANがオンラインかオフラインかで、以降の設定が少し変わるので確認しておくこと。(Windowsの場合、オンラインの場合は「インターネット アクセス」、オフラインの場合「インターネット アクセス無し」と表示される。)

server.propatiesの設定

  • online-mode
LANがオフラインの場合、online-mode=trueだと「認証サーバーがメンテナンス中」とエラーになりログインできなくなる。そのため、online-mode=falseと書き換える必要がある。
LANがオンラインの場合は、特に書き換える必要は無い。

  • allow-flight
チート対策のものだが、身内でチーターが居なければラグで引っかかった人が蹴られるだけになるのでtrueにして構わない。

  • spawn-protection
同じく荒らし対策のものだが、身内でプレイする場合は保護が邪魔になるケースが多いので0にして構わない。

入れない場合の対処

  • 自分は入れるのに、他の人は入れない
localhostでログインできて他の人は入れない場合、インターネットの問題か、ファイアウォールの問題である可能性が高い。
ipアドレスは合っているか、全員が同じLANに繋がっているか、ファイアウォールは適切に設定されているか確認すること。セキュリティーソフトを入れている場合、そちらの設定も合わせて確認する必要がある。

  • 自分も入れない、pingも通らない
サーバーが正しく建っているか確認する。EURAの同意を忘れていて止まっていたり、エラーで落ちていたりすることがある。

  • 認証サーバーがメンテナンス中
大抵は、サーバーを建てているマシンがインターネットにつながっていないことが原因。online-mode=falseにする。

よくある質問

  • サーバーファイルダウンロードしたら拡張子がzipになってたんだけど?
    拡張子をjarに変更して下さい。それでほぼ問題は起こりません。

  • exe版からjar版にしたいんだけどどうすればいい?
    exe版とjar版に差異は殆どないためサーバーの実行ファイルをjar版に置き換えるだけでよいです。(起動用スクリプトを作成するが)

  • 相手が接続できないんだけど?
    ポート開放は済んでいますか?ファイアーウォールは適切に設定していますか?各環境で設定方法が違うため、それぞれ各自で検索して下さい。

  • サーバーを拡張出来ないの?
    可能です。例えばマルチ版のMODを使用するだったり、Bukkitプラグインというものを使用することで可能です。

  • BukkitプラグインとかMOD入れたいんだけど?
    Bukkitプラグインであれば、SpigotというサーバーMODを使用することで、可能です。参考: サーバーMOD/Spigot
    MODを入れたければ、MinecraftForgeのサーバーを使用して下さい。参考: MOD解説/MinecraftForge

  • サーバーを「たてる」の漢字って立てる、建てるどちらですか?
    サーバーを建てるが意味的に正しいです。(参考元:サーバーを立てるor建てる?)

  • 「配布ワールド」もしくは「クライアントのワールド」をサーバーに持ってきたいんだけど?
    まず、クライアントのバージョンと同じバージョンのサーバーを建てて下さい。そしてクライアントのワールド(場所については各自調べて下さい)を、サーバーのjarがある場所へコピーして下さい。
    次に、サーバー内のworldフォルダを削除し、クライアントのワールドの名前をworldにするか(設定変更しない場合)、server.properties内のlevel-nameを持ってきたいクライアントのワールドの名前に変更(設定変更する場合)し、起動して入ったらそのワールドであったら成功です。

  • 配布ワールドが上手く動かないんだけど?
    基本的に配布ワールドはバニラサーバーで動かして下さい。また、server.properties内のenable-command-blockをtrueにすることで解決する場合が殆どです。
    しかし、各配布ワールドによってMOD導入等が必要だったりする場合があるため、配布サイトで確認して下さい。配布ワールドについては配布ワールドデータの項目を確認して下さい。

  • なんか変な長い文字が色々出てきたけど大丈夫?
    おそらくエラーログだと思われます。エラーログについてはエラーログを確認して下さい。

  • ハードコアモードからの復活って可能ですか?
    可能です。上記のserver.propertiesでの設定変更に記載されていますが、
    "/world/players/プレイヤー.dat"を削除後、"/pardon プレイヤー"コマンドを入力する事で可能です。

  • IPアドレスが変わって面倒なんだけど、どうすればいいの?数字のアドレスじゃなくて名前とかに出来ないの?
    変動するIPをドメインに変換するサーピス(DDNS)を用いる事で可能です。詳細はDDNSを確認して下さい。

  • どこで質問したら良いの?
    基本Wikiでは質問を受け付けていません。代用としての場所として非公式日本ユーザーフォーラムを使って下さい。ただし使う際はルールを守って質問をして下さい。

よくあるエラー

エラーログを参照して下さい。

表記の統一(呼称について)

表記(呼称)の統一をして検索しやすくしようとしています。
それらの表記(呼称)については呼称について|技術的情報集にまとめてありますので、そちらを参照して下さい。

ツール紹介(ツールより)

サーバ管理補助ツール
ツール名 説明 Windows Mac Linux
MCSC 公式サーバ向けで、自動バックアップや簡易Permission機能付き。.NET Framework 2.0が必要で、Windows XP/2003以降で動作する。
省略名称はMCSC、正式名称はMinecraft Server Controller。
× ×
MIME(マイム) ポート解放やコマンドのマクロ機能、サーバーファイルのバックアップなどの機能付き。使用には.NET Framework4.5の導入が必要なためWindows Vista以降のOSに限られる。
省略名称はMIME、その読み方はマイム。正式名称はMinecraft Server Integrated Management Environment。
× ×
Auto Minecraft Server プロファイル管理によるサーバーデータの切り替えとマルチサーバーの設営簡易化(jarのダウンロードも自動化,ポート開放)が出来るソフトです。(引用) (未)
BungeeCord
BungeeCord(Wiki内解説)
サーバーとサーバーを繋げるような事ができるソフト。

参考リンク

このページの一部はBukkitJapanWiki(運営停止)を許可を得て使わせていただいています。


編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板Minecraft Japan Forum、雑談等はMinecraft Japan Forumにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
  • ダウンロードページが変わったので説明を変更しました。 - smk7758 2016-05-08 18:36:23
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    質問は非公式日本ユーザーフォーラムでお願いします。
    - smk7758 2016-06-10 0:53:50
  • ダウンロードページ変更の更新。 - smk7758 2016-06-10 23:35:37
  • 規約の同意のところ、"eula=true"を"eula=false"に変更ではなくて、"eula=false"を"eula=true"に変更するんじゃないんですか? - 名無しさん 2016-08-30 19:40:25
    • 修正させていただきました - chiino 2016-08-30 22:34:56
  • server.propertiesでの設定変更の所のview-distance=<3-15>の項目の説明で"数字を減らす可能性"ではなくて、"数字を減らす必要"の方が良いと思います。 - 名無しさん 2016-10-20 00:46:22
    • ご指摘ありがとうございます。該当箇所の文言が恐らく抜けていたので意味が通るように修正しました。 - smk7758 2016-11-05 23:46:02
  • hamachiの説明を「デメリットが多い」という個人的感情論で片付けて説明を拒否するのはいかがなものかと。 - 名無しさん 2017-09-10 03:10:37
    • 了解です。Wikiにおいて主観が入ってしまいました。
      - smk7758 (2018-07-25 22:58:47)
  • windowsに20人制限があるとのことですが、microsoftの規約を読むとd.(iii) の20人の接続制限の用途には当てはまらないかと。 - 名無しさん (2018-09-17 00:35:32)
    • むしろ『お客様は、任意の数のデバイスに、デバイス間でデータを同期するために、ライセンスを取得したデバイス上の本ソフトウェアにアクセスすることを許可することができます。』とあるので、接続人数に制限はないのでは? - 名無しさん (2018-09-17 00:36:05)
    • 以前から議論になってきましたが、結局のところ公式回答を得るしかないという結論に至っています。実際に公式回答を問い合わせようとした人がいましたが、返答にお金がかかる形式でのみしか受け付けていないと回答を得たため、保留となっています。グレーゾーンに入るならばLinux等を使うべきというのが現状です。 - smk7758 (2018-11-07 09:34:36)
  • 先月、フォーラムは質問場所としての機能は停止してしまったので、質問をする場所としては消した方がよいのではないでしょうか - 名無しさん (2019-08-15 20:02:24)
    • かといってここで質問を受け付けるわけにもいきませんし。新しいフォーラムもあるみたいですがそこは運営の判断に任せるほかないかと。 - 名無しさん (2019-08-16 04:13:03)
  • 「サーバーを建てるが意味的に正しいです。」とか言ってる場合じゃないですよこのページ、推薦って書いてあるところ全部推奨に書き換えないといけない状態でしたよ、まったく。 - 名無しさん (2019-08-16 04:19:57)
    • 編集にかかわらない内容のコメントを削除しました。 - 名無しさん (2019-08-16 04:26:13)
  • ローカルネットワーク内部でサーバーを建てて運用する方法などについて追記しました。インターネット上を検索しても情報が少ないので、詳しい方いらっしゃったら追記お願いします。 - 名無しさん (2020-05-12 14:01:55)
最終更新:2020年05月12日 13:44