MOD解説 > OptiFine


MOD名 OptiFine
製作者 sp614x
配布場所 OptifineフォーラムOptifineダウンロードサイト
前提MOD なし
使用class 1.7.10 mq mr qd qe qh qi qj agu agy agz aho bbj bbk bbl bbm bbn bbu bef blg blh blm blo blt blu blv blw bma bmb bmc bmh bmi bmv bmx bmy bpz bqa bqc bqd bqe bqf bqg bqi bsx bsy bsz buu
競合MOD 【MinecraftExtended】、【CCTV】、【BetterThanWolves】、【ModLoader(1.5.1で互換性復活)】、【Water Shader(1.4.7、1.5.2は対応済み)】
【MCPatcher HD Fix】の同梱MOD(OptiFineで代用可能、D5 for 1.4.6/1.4.7からBetter Skiesも代用可能に)
【MinecraftForge】(Forge併用時と非使用時で導入方法が異なる。下記導入方法を参照。ただし対応しているForgeのバージョンに注意)
【美咲フォント】(Optfine導入後に導入すれば競合しない)
また、Optifineに同様の機能が内包されたために下位互換となり、同時に導入する必要のなくなったMODも多く存在する。
関連MOD 1.7.10以前OptiFine日本語化MOD


目次

OptiFineについて

  • PCスペックなどの問題でMinecraftの動作が重い場合に、「フォグ発生距離」等、"Video Settings"に様々な設定を追加し諸々の処理によってプレイ中のフレームレートを向上させるMOD

  • 環境によっては劇的に重さが改善し、プレイの快適性が向上する(最近のバージョンでは軽量化にはほとんど効果がない)。ただMODの性質上、同じく描画方面での処理に変更を加える系のMODとは、高い確率で競合を起こす。
  • MC 1.7.10以降のOptifineはShaders Modの機能が追加され、Shader Packが利用できる。
  • Cキーor左Ctrlキーでズームする機能も追加される。
  • 最新版を導入していない場合、どこかのワールドに入った際に最新版のお知らせが表示されるようになる。

OptiFineの導入方法

1.6.2 C4以降

MinecraftForge併用時
  1. Optifineダウンロードサイトへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. MOD解説/MinecraftForgeに沿ってMinecraftForgeを導入済みの.minecraftを用意
  3. modsフォルダにOptiFine_x.x.x_HD_x_xx.jarを展開などせず.jarのまま配置
  4. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功

Fabric併用時
  1. Optifineダウンロードサイトへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. MOD解説/Fabricに沿ってFabricを導入済みの.minecraftを用意
  3. modsフォルダにOptiFine_x.x.x_HD_x_xx.jarを展開などせず.jarのまま配置
  4. modsフォルダにOptiFabricのjarファイルを配置
  5. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功

バニラに導入時
  1. Optifineダウンロードサイトへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. DLしてきたOptiFine_x.x.x_HD_x_xx.jarを右クリックし、プログラムから開くのJava(TM) Platform SE binaryをクリック
  3. インストーラーが起動するのでInstallをクリック
  4. ランチャーを起動するとOptiFineというプロファイルが作成されているので選択
  5. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功

ModLoader併用時
  1. 配布Forumへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. .minecraft内のversionフォルダ内の導入したい(バージョン名)フォルダのさらに中にある(バージョン名).jarの中にOptiFine_x.x.x_HD_x_xx.jarの中身のファイルをすべてコピー
  3. META-INFフォルダを削除
  4. もしいじっていなければjsonファイルの中身を編集(編集の仕方はこちら)
  5. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功

+1.6.2 B5以前
1.6.2 B5以前
MinecraftForge併用時
  1. 配布Forumへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. minecraft.jarへ解凍したフォルダ内のclassファイルをすべてコピー
  3. META-INFフォルダを削除
  4. ProfileのJVM Argumentsに "-Dfml.ignoreInvalidMinecraftCertificates=true -Dfml.ignorePatchDiscrepancies=true"を追加("←これはいらない)
  5. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功

ModLoader併用時
  1. C4以降と同様

バニラに導入時
  1. 配布Forumへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. .minecraft内のversionフォルダ内の導入したい(バージョン名)フォルダのさらに中にある(バージョン名).jarの中にOptiFine_x.x.x_HD_x_xx.jarの中身のファイルをすべてコピー
  3. META-INFフォルダを削除
  4. もしいじっていなければjsonファイルの中身を編集(編集の仕方はこちら)
  5. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功

+1.5.2 以前
1.5.2 以前
MinecraftForgeと併用する場合はMinecraftForgeを事前に導入しておくこと。
  1. 配布Forumへ行き、DLして解凍。いくつかあるリンクのうち、一番上のもの、数字の大きなものをダウンロードすればいい。
  2. minecraft.jarへ解凍したフォルダ内のclassファイルをすべてコピー
  3. META-INFフォルダを削除
  4. Minecraftを起動後、ゲームメニュー>オプション>ビデオ設定を開き、設定項目が増えていれば導入成功


種類と更新内容の解説

対応環境(現在はUltraタイプのみ)

OptiFine 1.14.4 HD U F5
  • ◆Minecraft 1.14.4

OptiFine 1.13.2 HD U F5
  • ◆Minecraft 1.13.2

OptiFine 1.12.2 HD U F5
  • ◆Minecraft 1.12.2

OptiFine 1.11.2 HD U F5
  • ◆Minecraft 1.11.2

OptiFine 1.10.2 HD U H5
  • ◆Minecraft 1.10.2

OptiFine 1.9.4 HD U H5
  • ◆Minecraft 1.9.4

OptiFine 1.8.9 HD U L5
  • ◆Minecraft 1.8.9

OptiFine 1.7.10 HD U E7
  • ◆Minecraft 1.7.10

更新情報

OptiFine 1.14.4_HD_U_F5
  • fixed crash when reloading textures (#3125)
  • fixed invisible mobs around the player
  • fixed shaders integer texture formats (#3109)
  • compatible with Forge 28.1.56
(04.12.2019)

OptiFine 1.13.2_HD_U_F5
  • fixed crash when reloading textures (#3125)
  • fixed invisible mobs around the player
  • fixed shaders integer texture formats (#3109)
  • internally compatible with Forge 25.0.90 (can't be installed yet)
(04.12.2019)

OptiFine 1.12.2_HD_U_F5
  • fixed crash when reloading textures (#3125)
  • fixed invisible mobs around the player
  • fixed shaders integer texture formats (#3109)
  • fixed CEM for horse, villager and illagers
  • fixed CTM corners with innerSeams
  • compatible with Forge #2847
(04.12.2019)

+過去の更新情報
過去の更新情報
:OptiFine HD U D1 Ultra for Minecraft 1.10.2
  • Minecraft 1.10.2用のバージョン(1.10.2用の初出はC1)。
  • C3からの変更点
    • 看板のカスタムフォントの色の不具合を修正
    • Forgeとの適合性を修正
    • カスタムモデルアニメーションを追加
    • 無効なモデルのレンダリングを修正
    • エンティティのカスタムモデルに対応
    • 直立時のエンティティのレンダリングを修正

OptiFine HD D6 Ultra for Minecraft 1.8.7
  • 画面が赤くなる不具合を修正
  • mobが見えなくなる不具合を修正

OptiFine HD B2 Ultra for Minecraft 1.8.1
  • Minecraft 1.8.1に対応
  • オプション「Chunk Loading」を削除
  • アンチエイリアス・異方性フィルタリングは未実装
  • (リリース時点で1.8.1対応Forgeなし)

OptiFine HD B1 Ultra for Minecraft 1.7.10
  • 多数のバグ修正
  • Forge #1240に対応

OptiFine HD A4 Ultra for Minecraft 1.7.10
  • Minecraft 1.7.10に対応
  • Railcraft及びIC2との互換性を修正
  • Forge #1170に対応
1.7.4以前の情報 → MOD解説/OptiFine/古い更新内容

各設定項目解説

OptiFine 1.14.4 HD U F5・OptiFine 1.7.10 HD U E7をもとに編集。Standardは一部の機能が未実装。
1.5から、テクスチャーパックは設定のメイン画面に移動。
ゲーム内ビデオ設定かゲームディレクトリ内のoptionsof.txt・optionsshaders.txtから設定変更できる。

  • 設定の説明
設定名
(英語)
選択肢名1(英語):初期化後のデフォルト設定
選択肢名2以降(英語):クリック順のその他選択肢
設定の説明

グラフィックス
(Graphics)
描画優先(Fancy):高品質、高負荷
処理優先(Fast):低品質、低負荷
描画全般の一括設定。
処理優先にすると透過処理が簡略化されたりする。
(一例:木の葉のブロックが透けなくなる)
描画距離
(Render Distance)
8 普通(Normal):128m(中負荷)
2 最短(Tiny):32m(より低負荷)
4 短い(Short):64m(低負荷)
16 遠い(Far):256m(高負荷)
32 最遠(Extreme):512m(超高負荷)
描画距離の設定。
つまみで1チャンク16mずつ距離を調整可能。
描画されない距離から向こうは霧がかかったような表示になる。
1.6.2以前ではチャンク数は表示されず、距離の基準(「Normal」等)から1チャンク増えるごとに+16という表記となる。
スムースライティング
(Smooth Lighting)
最大(Maximum):ブロックの継ぎ目なく滑らかに描画する(最高負荷)
オフ(OFF):ブロックごとに描画する(低負荷)
最小(Minimum):1.4.7以前の「オン」で、単純なスムースライティング(高負荷)
照明計算の方式を切り替える。
最大フレームレート
(Max Framerate)
無制限(Unlimited):フレームレートを制限しない
5–255 fps:フレームレートを設定した値までに制限する
垂直同期(VSync):モニターのフレームレートに合わせる(60, 30, 20)
フレームレートの設定。
つまみで5fpsずつ程度を調整可能。
フレームレートが高いほど描画がなめらかになるがPCに掛かる負荷は多くなる。
スムースライティングの程度
(Smooth Lighting Level)
100%:暗い影
50%:明るい影
オフ(OFF):影なし
照明計算の程度を調整する。
つまみで程度を調整可能。
100%に近いほどブロックの陰影が濃くなる。
※スライダーが左端場合は「オフ」となるが、スムースライティング自体がオフになるわけではない。
画面の揺れ
(View bobbing)
オン(ON):移動時に画面が揺れる効果
オフ(OFF):移動時も画面が揺れない
GUI の大きさ
(GUI Scale)
自動(Auto):最大サイズ
小さい(Small):1倍
普通(Normal):2倍
大きい(Large):3倍
メニューや文字の大きさを設定する。
VBO の使用
(Use VBOs)
オン(ON):
オフ(OFF)
頂点バッファオブジェクトの設定。描画方式を
置き換え、通常より5–10%処理を軽くできる。
明るさ
(Brightness)
暗い(Moody):通常
+1–99%:大きいほど明るい
明るい(Bright):最も明るい
ゲーム画面の明るさを変更する。
つまみで程度を調整可能。
主に明るさレベルが低い箇所に影響する。
攻撃力変動の表示
(Attack Indicator)
クロスヘア(Crosshair):中央の下
ホットバー(Hotbar):ホットバーの横
オフ(OFF):表示しない
攻撃速度の表示位置。
臨場感ある光源
(Dynamic Lights)
オフ(OFF):持っている光源を光らせない
処理優先(Fast):500ミリ秒ごとに位置を更新する
描画優先(Fancy):リアルタイムに位置を更新する
光源となるアイテムを手に持っているか
ドロップしている時に光源が発生する。
臨場感ある視野角
(Dynamic FOV)
オン(ON)
オフ(OFF)
飛翔・ダッシュ・弓の引き絞り時に、視野角(FOV)を変えるかどうか。
シェーダーの詳細設定...
(Shaders...)
シェーダー切り替え・設定 品質の設定...
(Quality...)
見た目についての設定
細部の設定...
(Details...)
詳細設定 パフォーマンスの設定...
(Performance...)
処理についての設定
アニメーションの設定...
(Animations...)
アニメーションについての設定 その他の設定...
(Other...)
その他の設定
+1.7.10
グラフィックス
(Graphics)
描画優先(Fancy):高品質、高負荷
処理優先(Fast):低品質、低負荷
描画全般の一括設定。
処理優先にすると透過処理が簡略化されたりする。
(一例:木の葉のブロックが透けなくなる)
描画距離
(Render Distance)
8 普通(Normal):128m(中負荷)
2 最短(Tiny):32m(より低負荷)
4 短い(Short):64m(低負荷)
16 遠い(Far):256m(高負荷)
32 最遠(Extreme):512m(超高負荷)
描画距離の設定。
つまみで1チャンク16mずつ距離を調整可能。
描画されない距離から向こうは霧がかかったような表示になる。
1.6.2以前ではチャンク数は表示されず、距離の基準(「Normal」等)から1チャンク増えるごとに+16という表記となる。
スムースライティング
(Smooth Lighting)
最大(Maximum):ブロックの継ぎ目なく滑らかに描画する(最高負荷)
オフ(OFF):ブロックごとに描画する(低負荷)
最小(Minimum):1.4.7以前の「オン」で、単純なスムースライティング(高負荷)
照明計算の方式を切り替える。
最大フレームレート
(Max Framerate)
無制限(Unlimited):フレームレートを制限しない
5–255 fps:フレームレートを設定した値までに制限する
垂直同期(VSync):モニターのフレームレートに合わせる(60, 30, 20)
フレームレートの設定。
つまみで5fpsずつ程度を調整可能。
フレームレートが高いほど描画がなめらかになるがPCに掛かる負荷は多くなる。
1.6.2以前では項目名が「パフォーマンス(Performance)」、最大値は190 FPSまでとなる。
スムースライティングの程度
(Smooth Lighting Level)
100%:暗い影
50%:明るい影
オフ(OFF):影なし
照明計算の程度を調整する。
つまみで程度を調整可能。
100%に近いほどブロックの陰影が濃くなる。
※スライダーが左端場合は「オフ」となるが、スムースライティング自体がオフになるわけではない。
画面の揺れ
(View bobbing)
オン(ON):移動時に画面が揺れる効果
オフ(OFF):移動時も画面が揺れない
GUI の大きさ
(GUI Scale)
自動(Auto):最大サイズ
小さい(Small):1倍
普通(Normal):2倍
大きい(Large):3倍
メニューや文字の大きさを設定する。
Advanced OpenGL オフ(OFF)
処理優先(Fast)
描画優先(Fancy)
オクルージョンカリング(Occlusion Culling)を実行し、
見えない位置のブロックを描画しないようにする。
画面の見た目は変わらず、ゲームの実行効率やfpsに影響する。
(ハイエンドグラフィックカード向けの設定)
明るさ
(Brightness)
暗い(Moody):通常
1–99%:大きいほど明るい
明るい(Bright):最も明るい
ゲーム画面の明るさを変更する。
つまみで程度を調整可能。
主に明るさレベルが低い箇所に影響する。
Chunk Loading
※Ultraのみ
Default:従来の読み込み方法
Smooth:フレームレート低下を抑制
Multi-Core:マルチコアを利用してさらにフレームレート安定化
チャンクの読み込み方法。
ただしCPUの省電力機能が有効な場合、スタッターが発生し易くなる。
Multi-Coreにする場合はグラフィックボードのコントロールパネルで「スレッドした最適化」をオフにすること。
最良の結果を得るにはjava.exeやjavaw.exeだけでなく、グローバル設定でオフにすること。
臨場感ある光源
(Dynamic Lights)
オフ(OFF):持っている光源を光らせない
処理優先(Fast):500ミリ秒ごとに位置を更新する
描画優先(Fancy):リアルタイムに位置を更新する
光源となるアイテムを手に持っているか
ドロップしている時に光源が発生する。
臨場感ある視野角
(Dynamic FOV)
オン(ON)
オフ(OFF)
飛翔・ダッシュ・弓の引き絞り時に、視野角(FOV)を変えるかどうか。
シェーダーの詳細設定...
(Shaders...)
シェーダー切り替え・設定 品質の設定...
(Quality...)
見た目についての設定
細部の設定...
(Details...)
詳細設定 演出の設定...
(Performance...)
処理についての設定
アニメーションの設定...
(Animations...)
アニメーションについての設定 その他の設定...
(Other...)
その他の設定

シェーダーの詳細設定...(Shaders...)

なし
(OFF)
デフォルトのシェーダーなしの状態。
アンチエイリアス設定のみ可能。
アンチエイリアス
(Antialiasing)
オフ(OFF):アンチエイリアスを行わない(低負荷)
FXAA 2x:アンチエイリアスされた輪郭(中負荷)
FXAA 4x:アンチエイリアスされた輪郭(高負荷)
輪郭のギザギザやシャープな色の変化を滑らかにする後処理効果。
(内部シェーダー)
((internal))
右側の各種設定が可能な内部シェーダー。 法線マップ
(Normal Map)
オン(ON)
オフ(OFF)
シェーダーパックが平坦なモデルの表面における
立体的な形状をシミュレーションするために用いられる。
各種シェーダー
(shaderpacks)
shaderpacksフォルダー内のシェーダー一覧。
リソースパックのように切り替えられ、
フォルダ内の変更が即時反映される。
表示名称はzipファイル名。
アルファベット順の下に
装飾文字付きシェーダーが表示される。
鏡面反射マップ
(Specular Map)
オン(ON)
オフ(OFF)
シェーダーパックが特殊な反射効果を
シミュレーションするために用いられる。
描画の品質
(Render Quality)
1x:標準(中負荷)
1.5x:高負荷
2x:高い(最高負荷)
0.5x:低い(最低負荷)
0.7x:低負荷
シェーダーパックに渡すテクスチャのサイズ制御。
低い値は4Kディスプレイに有用で、
高い値はアンチエイリアスをかけたかのように働く。
陰影の品質
(Shadow Quality)
1x:標準(中負荷)
1.5x:高負荷
2x:細密な、繊細な影(最高負荷)
0.5x:厳格でない、荒い影(最低負荷)
0.7x:低負荷
シェーダーパックが用いるシャドウマップテクスチャのサイズ制御。
手部被写界深度
(Hand Depth)
1x:標準
2x:カメラから遠い手
0.5x:カメラに近い手
手に持ったものがカメラからどれだけ遠いかの制御。
OpenGL 現在使用中のGPUの情報。 古い手持ち光源
(Cloud Shadow)
デフォルト(Default):シェーダーパックによる制御
オン(ON):古い手持ち光源システムを用いる
オフ(OFF):新たな手持ち光源システムを用いる
メインハンドの光源アイテムしか
認識できないシェーダーパックを
オフハンドも認識できるようにする。
シェーダーフォルダー
(Shaders Folder)
クリックでshaderpacksフォルダーが開く。 古い照明効果
(Old Lighting)
デフォルト(Default):シェーダーパックによる制御
オン(ON):古い照明効果を用いる
オフ(OFF):古い照明効果を用いない
バニラがブロックの側面に
適用した明かりの描画を制御する。
シェーダーのダウンロード
(Download Shaders)
シェーダーフォルダー右の↓ボタンから
Minecraft Shaders Wikiのページを開ける。
シェーダーのオプション設定...
(Shader Options...)
各シェーダーごとの固有設定。
+1.7.10
なし
(OFF)
デフォルトのシェーダーなしの状態。
アンチエイリアス設定のみ可能。
アンチエイリアス
(Antialiasing)
オフ(OFF):アンチエイリアスを行わない(低負荷)
FXAA 2x:アンチエイリアスされた輪郭(中負荷)
FXAA 4x:アンチエイリアスされた輪郭(高負荷)
輪郭のギザギザやシャープな色の変化を滑らかにする後処理効果。
(内部シェーダー)
((internal))
右側の各種設定が可能な内部シェーダー。 法線マップ
(Normal Map)
オン(ON)
オフ(OFF)
シェーダーパックが平坦なモデルの表面における
立体的な形状をシミュレーションするために用いられる。
各種シェーダー
(shaderpacks)
shaderpacksフォルダー内のシェーダー一覧。
リソースパックのように切り替えられ、
フォルダ内の変更が即時反映される。
表示名称はzipファイル名。
アルファベット順の下に
装飾文字付きシェーダーが表示される。
鏡面反射マップ
(Specular Map)
オン(ON)
オフ(OFF)
シェーダーパックが特殊な反射効果を
シミュレーションするために用いられる。
描画の品質
(Render Quality)
1x:標準(中負荷)
1.5x:高負荷
2x:高い(最高負荷)
0.5x:低い(最低負荷)
0.7x:低負荷
シェーダーパックに渡すテクスチャのサイズ制御。
低い値は4Kディスプレイに有用で、
高い値はアンチエイリアスをかけたかのように働く。
陰影の品質
(Shadow Quality)
1x:標準(中負荷)
1.5x:高負荷
2x:細密な、繊細な影(最高負荷)
0.5x:厳格でない、荒い影(最低負荷)
0.7x:低負荷
シェーダーパックが用いるシャドウマップテクスチャのサイズ制御。
手部被写界深度
(Hand Depth)
1x:標準
2x:カメラから遠い手
0.5x:カメラに近い手
手に持ったものがカメラからどれだけ遠いかの制御。
古い手持ち光源
(Cloud Shadow)
デフォルト(Default):シェーダーパックによる制御
オン(ON):古い手持ち光源システムを用いる
オフ(OFF):新たな手持ち光源システムを用いる
メインハンドの光源アイテムしか
認識できないシェーダーパックを
オフハンドも認識できるようにする。
OpenGL 現在使用中のGPUの情報。 古い照明効果
(Old Lighting)
デフォルト(Default):シェーダーパックによる制御
オン(ON):古い照明効果を用いる
オフ(OFF):古い照明効果を用いない
バニラがブロックの側面に
適用した明かりの描画を制御する。
シェーダーのフォルダー
(Shaders Folder)
クリックでshaderpacksフォルダーが開く。 シェーダーのオプション設定...
(Shader Options...)
各シェーダーごとの固有設定。

シェーダーの導入方法

  1. 設定画面の「シェーダーフォルダー」ボタンをクリックしてゲームディレクトリに生成されるshaderpacksフォルダを開く
  2. その中にダウンロードしたShaderPackをzipファイルのままコピー&貼り付けする。
  3. シェーダーの詳細設定...画面に表示されたら導入成功。

シェーダー画像解説





品質の設定...(Quality...)

ミップマップレベル
(Mipmap Levels)
最大限:最大限のスムージング
1–3:指定分のスムージング
オフ(OFF):スムージングを行わない
ミップマップの設定。数値が多いほど
遠くのテクスチャが潰れないように表示する。
遠くの物体における視覚効果を
テクスチャのスムージングによって改善する。
ミップマップを使用した時の画像
ミップマップの種類
(MipMap Type)
ニアレストネイバー補間(Nearest):おおまかなスムージング(低負荷)
線形補間(Linear):近傍の2ミップマップ間のみの補間
バイリニア補間(Bilinear):最も近いミップマップ内の近傍4テクセルから補間(中画質)
トライリニア補間(Trilinear):近傍の2ミップマップから近傍各4テクセル、合計8テクセルから補間(高画質・高負荷)
適用するミップマップの種類。
異方性フィルタリング
(Anisotropic Filtering)
※Ultraのみ
オフ(OFF):通常のテクスチャ描画(低負荷)
2–16:数字が大きいほど滑らかに表示する(数字が大きいほど高負荷)。
アニソトロピックフィルタリング
別名:異方性フィルタリングとは、
3次元画像の奥行き斜め方向のチラツキを抑え
よりリアリティを高めることができる技術のこと
ミップマップと組み合わせることで効果を発揮する。
アンチエイリアス
(Antialiasing)
※Ultraのみ
オフ(OFF):アンチエイリアスを行わない(低負荷)
2–16:数値が大きいほどシャギーを軽減する(数値が大きいほど高負荷)
アンチエイリアス(別名:スムージング)
アンチエイリアスとは、物体の輪郭のシャギー(ギザギザ)を軽減し目立たなくする技術のこと
設定を変えた場合、Minecraftを再起動しないと設定が反映されないので注意
発光効果テクスチャ
(Emissive Textures)
オン(ON):発光効果テクスチャを用いる
オフ(OFF):発光効果テクスチャを用いない
最大の明るさを持ったオーバーレイ描画。
対応リソースパックが必要。
ランダムエンティティ
(Random Entities)
オン(ON):外見ランダム化
オフ(OFF):通常
エンティティの外見をランダムに変化させる。
対応リソースパックが必要。
より良い芝生
(Better Grass)
オフ(OFF):通常の側面のテクスチャを用いる(低負荷)
処理優先(Fast):側面も草で覆う(高負荷)
描画優先(Fancy):土ブロックを草で覆う(上面と草ブロックと繋がっている側面・最高負荷)
草ブロックの側面テクスチャを上面同様にする設定。
より良い雪
(Better Snow)
オフ(OFF):通常の雪
オン(ON):より良い雪有効
雪景色の景観を修正する機能の設定。
隣に積雪があると、草や花やフェンス等の根元に
地肌が見える設置物も雪の上にあるように見せかける。参考画像
ただし地肌が見える全ての設置物に適用されるわけではない。
カスタムフォント
(Custom Fonts)
オン(ON):カスタムフォント表示
オフ(OFF):デフォルトフォント表示
カスタムフォント表示設定。リソースパック側で
フォントが用意されている場合がある。
カスタムカラー
(Custom Colors)
オン(ON):カスタムカラー使用
オフ(OFF):デフォルトカラー
カスタムカラーの表示設定。
リソースパックによってはこの機能が使われている場合がある。
継ぎ目ないテクスチャ
(Connected Textures)
描画優先(Fancy):L字に設置した時に処理優先と違い角が補完されて綺麗なつなぎ目になる。
オフ(OFF):通常
処理優先(Fast):隣接した該当ブロック同士の繋ぎ目を消す。
一部のブロック(ガラス・本棚・砂岩等)の繋ぎ目の設定。
defaultまたは対応リソースパックが必要。
非対応パックでOFF以外にすると該当ブロックの
デザインが強制変更される。参考画像
自然なテクスチャ
(Natural Textures)
オフ(OFF):通常
オン(ON):自然なテクスチャを用いる
一部のBlock(草ブロック・砂・土等)
の見た目を90・180・270度回転させ
より自然(ランダム)に見えるようにする。参考画像
カスタムスカイ
(Custom Sky)
オン(ON):カスタムスカイを用いる
オフ(OFF):通常の空
キューブマップを使用し、空の表現を豊かにする。
対応リソースパックが必要。
描画距離がNormal以上でないと反映されない。
カスタムアイテム
(Custom Items)
オン(ON):カスタムアイテムを用いる
オフ(OFF):通常のアイテムテクスチャを用いる
カスタムアイテム用のテクスチャ設定。
対応リソースパックが必要。
カスタムエンティティモデル
(Custom Entity Models)
オン(ON):カスタムエンティティモデルを用いる
オフ(OFF):通常のエンティティモデル
カスタムエンティティモデル表示設定。
対応リソースパックが必要。
カスタムGUI
(Custom GUIs)
オン(ON):カスタムGUI
オフ(OFF):通常のGUI
カスタムGUIの有効無効設定。
対応リソースパックが必要。
+1.7.10
ミップマップレベル
(Mipmap Levels)
4:最大限のスムージング
1:最小限のスムージング
オフ(OFF):スムージングを行わない
ミップマップの設定。数値が多いほど
遠くのテクスチャが潰れないように表示する。
遠くの物体における視覚効果を
テクスチャのスムージングによって改善する。
ミップマップを使用した時の画像
ミップマップの種類
(MipMap Type)
ニアレストネイバー補間(Nearest):おおまかなスムージング(低負荷)
線形補間(Linear):近傍の2ミップマップ間のみの補間
バイリニア補間(Bilinear):最も近いミップマップ内の近傍4テクセルから補間(中画質)
トライリニア補間(Trilinear):近傍の2ミップマップから近傍各4テクセル、合計8テクセルから補間(高画質・高負荷)
適用するミップマップの種類。
異方性フィルタリング
(Anisotropic Filtering)
※Ultraのみ
オフ(OFF):通常のテクスチャ描画(低負荷)
2–16:数字が大きいほど滑らかに表示する(数字が大きいほど高負荷)。
アニソトロピックフィルタリング
別名:異方性フィルタリングとは、
3次元画像の奥行き斜め方向のチラツキを抑え
よりリアリティを高めることができる技術のこと
ミップマップと組み合わせることで効果を発揮する。
アンチエイリアス
(Antialiasing)
※Ultraのみ
オフ(OFF):アンチエイリアスを行わない(低負荷)
2–16:数値が大きいほどシャギーを軽減する(数値が大きいほど高負荷)
アンチエイリアス(別名:スムージング)
アンチエイリアスとは、物体の輪郭のシャギー(ギザギザ)を軽減し目立たなくする技術のこと
設定を変えた場合、Minecraftを再起動しないと設定が反映されないので注意
水の透過
(Clear Water)
オフ(OFF):通常
オン(ON):より水を透かす
水の透明度の設定。
ONにした場合シングルでプレイ中のみ、水の光の吸収率も下げる。
そのため水中にも草ブロックが伝播するようになる。
Random Mobs オン(ON):外見ランダム化
オフ(OFF):通常
Mobの外見をランダムに変化させる。対応リソースパックが必要。
より良い芝生
(Better Grass)
オフ(OFF):通常の側面のテクスチャを用いる(低負荷)
処理優先(Fast):側面も草で覆う(高負荷)
描画優先(Fancy):土ブロックを草で覆う(上面と草ブロックと繋がっている側面・最高負荷)
草ブロックの側面テクスチャを上面同様にする設定。
より良い雪
(Better Snow)
オフ(OFF):通常の雪
オン(ON):より良い雪有効
雪景色の景観を修正する機能の設定。
隣に積雪があると、草や花やフェンス等の根元に
地肌が見える設置物も雪の上にあるように見せかける。参考画像
ただし地肌が見える全ての設置物に適用されるわけではない。
カスタムフォント
(Custom Fonts)
オン(ON):カスタムフォント表示
オフ(OFF):デフォルトフォント表示
カスタムフォント表示設定。リソースパック側で
フォントが用意されている場合がある。
カスタムカラー
(Custom Colors)
オン(ON):カスタムカラー使用
オフ(OFF):デフォルトカラー
カスタムカラーの表示設定。
リソースパックによってはこの機能が使われている場合がある。
湿地帯色
(Swamp Colors)
オン(ON):湿地帯カラーを使用
オフ(OFF):通常バイオームカラーを使用(低負荷)
湿地帯の色設定。
バイオームを滑らかに表示
(Smooth Biomes)
オン(ON):バイオームをなめらかに表示する
オフ(OFF):バイオームをなめらかに表示しない
バイオームの表示方法。周囲の色の平均をとって
バイオーム間の境界を滑らかにする。
継ぎ目ないテクスチャ
(Connected Textures)
描画優先(Fancy):L字に設置した時に処理優先と違い角が補完されて綺麗なつなぎ目になる。
オフ(OFF):通常
処理優先(Fast):隣接した該当ブロック同士の繋ぎ目を消す。
一部のブロック(ガラス・本棚・砂岩等)の繋ぎ目の設定。
defaultまたは対応リソースパックが必要。
非対応パックでOFF以外にすると該当ブロックの
デザインが強制変更される。参考画像
自然なテクスチャ
(Natural Textures)
オフ(OFF):通常
オン(ON):自然なテクスチャを用いる
一部のBlock(草ブロック・砂・土等)
の見た目を90・180・270度回転させ
より自然(ランダム)に見えるようにする。参考画像
カスタムスカイ
(Custom Sky)
オン(ON):カスタムスカイを用いる
オフ(OFF):通常の空
キューブマップを使用し、空の表現を豊かにする。
対応リソースパックが必要。
描画距離がNormal以上でないと反映されない。
- -

細部の設定...(Details...)


(Clouds)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):雲を2Dで表示する
描画優先(Fancy):雲を3Dで表示する
オフ(OFF):雲を表示しない
雲の表示方法の設定。
雲の高さ
(Cloud Height)
オフ(OFF):通常
100%:最大まで高くする
雲の高さの設定。つまみで程度を設定可能。

(Trees)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):葉を非透過ブロックとして表示(最低負荷)
スマート(Smart):葉を透過ブロックとして表示(低負荷)
描画優先(Fancy):葉を透過ブロックとして表示(高負荷)
葉の描画方法の設定。
雨と雪
(Rain & Snow)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):雨・雪の描画を減らす(低負荷)
描画優先(Fancy):雨・雪の描画を増やす(高負荷)
オフ(OFF):雨・雪を表示しない(最低負荷)
雨・雪の描画設定。

(Sky)
オン(ON):空を表示する
オフ(OFF):空を表示しない(太陽・月は表示される)
空の描画有無設定。

(Stars)
オン(ON):夜空に星を表示する(描画距離が最短でも表示可能)
オフ(OFF):夜空に星を表示しない
星の描画有無設定。
太陽と月
(Sun & Moon)
オン(ON):空に太陽と月を表示する(描画距離が最短でも表示可能)
オフ(OFF):空に太陽と月を表示しない
太陽と月の描画有無設定。
マントの表示
(Show Capes)
オン(ON):マントを表示する
オフ(OFF):マントを表示しない
マントの表示有無設定。
霧の種類
(Fog)
処理優先(Fast):プレイヤーを中心に四角形の霧(低負荷)
描画優先(Fancy):高負荷な霧
オフ(OFF):霧なし(最低負荷)
霧の種類の設定。
霧の距離
(Fog Start)
0.8:プレイヤーと霧の距離を最も遠くする
0.2:プレイヤーと霧の距離を最も近くする
0.4:プレイヤーと霧の距離を近くする
0.6:プレイヤーと霧の距離を遠くする
プレイヤーと霧の距離の設定。
半透明のブロック
(Translucent Blocks)
描画優先(Fancy):半透明ブロックを奥から手前の順に描画し、違和感を減らす(高負荷)
処理優先(Fast):奥のブロックが手前のブロックの後に描画されることがあり、違和感が発生する(低負荷)
色付きガラス等、半透明ブロックの描画順に関する設定。
持ち替え時アイテム名表示
(Hold Item Tooltips)
オン(ON):アイテム名を表示する
オフ(OFF):アイテム名を表示しない
アイテム持ち替え時のアイテム名表示有無設定。
落ちているアイテムの表示
(Dropped Items)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):2Dで表示
描画優先(Fancy):3Dで表示
ドロップアイテムのレンダリング種類の設定。
エンティティの影
(Entity Shadows)
オン(ON)
オフ(OFF)
エンティティの影の表示有無設定。
視界端の影
(Vignette)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):視界端の影を表示しない(低負荷)
描画優先(Fancy):視界端の影を表示する(高負荷)
視界端の影の有無設定。
代替ブロック
(Alternate Blocks)
オン(ON)
オフ(OFF)
幾つかのブロックで代替モデルを使用する。
対応リソースパックが必要。
湿地帯色
(Swamp Colors)
オン(ON):湿地帯カラーを使用
オフ(OFF):通常バイオームカラーを使用(低負荷)
湿地帯の色設定。
バイオームの重なり度合
(Biome Blend)
5x5:通常の重なり
15x15:バイオーム境界を最大限なめらかに表示する
オフ(OFF):バイオーム境界をなめらかに表示しない
バイオームの表示方法。周囲の色の平均をとって
バイオーム間の境界を滑らかにする。
つまみで2m分ずつ範囲を調整可能。
+1.7.10

(Clouds)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):雲を2Dで表示する
描画優先(Fancy):雲を3Dで表示する
オフ(OFF):雲を表示しない
雲の表示方法の設定。
雲の高さ
(Cloud Height)
オフ(OFF):通常
100%:最大まで高くする
雲の高さの設定。つまみで程度を設定可能。

(Trees)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):葉を非透過ブロックとして表示する
描画優先(Fancy):葉を透過ブロックとして表示する
葉の描画方法の設定。
Grass デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):側面のテクスチャにバイオームカラーを適用しない(低負荷)
描画優先(Fancy):側面のテクスチャにバイオームカラーを適用する(高負荷)
草ブロックの側面の色。
Water デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):1Pass描画(低負荷・visual artifactsが残る可能性有り)
描画優先(Fancy):2Pass描画(高負荷・visual artifacts無し)
水の描画方法の設定。
雨と雪
(Rain & Snow)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):雨・雪の描画を減らす(低負荷)
描画優先(Fancy):雨・雪の描画を増やす(高負荷)
オフ(OFF):雨・雪を表示しない(最低負荷)
雨・雪の描画設定。

(Sky)
オン(ON):空を表示する
オフ(OFF):空を表示しない(太陽・月は表示される)
空の描画有無設定。

(Stars)
オン(ON):夜空に星を表示する(描画距離が最短でも表示可能)
オフ(OFF):夜空に星を表示しない
星の描画有無設定。
太陽と月
(Sun & Moon)
オン(ON):空に太陽と月を表示する(描画距離が最短でも表示可能)
オフ(OFF):空に太陽と月を表示しない
太陽と月の描画有無設定。
Optifineマントの表示
(Show Capes)
オン(ON):マントを表示する
オフ(OFF):マントを表示しない
Optifineマントの表示有無設定。
霧の種類
(Fog)
処理優先(Fast):プレイヤーを中心に四角形の霧(低負荷)
描画優先(Fancy):高負荷な霧
オフ(OFF):霧なし(最低負荷)
霧の種類の設定。
霧の距離
(Fog Start)
0.8:プレイヤーと霧の距離を最も遠くする
0.2:プレイヤーと霧の距離を最も近くする
0.4:プレイヤーと霧の距離を近くする
0.6:プレイヤーと霧の距離を遠くする
プレイヤーと霧の距離の設定。
Depth Fog オン(ON):岩盤付近で視界減少霧を発生させる
オフ(OFF):発生させない
岩盤付近で発生する視界減少霧の設定。
持ち替え時アイテム名表示
(Hold Item Tooltips)
オン(ON):アイテム名を表示する
オフ(OFF):アイテム名を表示しない
アイテム持ち替え時のアイテム名表示有無設定。
半透明のブロック
(Translucent Blocks)
※1.7.2以降
描画優先(Fancy):半透明ブロックを奥から手前の順に描画し、違和感を減らす(高負荷)
処理優先(Fast):奥のブロックが手前のブロックの後に描画されることがあり、違和感が発生する(低負荷)
色付きガラス等、半透明ブロックの描画順に関する設定。
落ちているアイテムの表示
(Dropped Items)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):2Dで表示
描画優先(Fancy):3Dで表示
ドロップアイテムのレンダリング種類の設定。
視界端の影
(Vignette)
デフォルト(Default):グラフィックスの設定に合わせる
処理優先(Fast):視界端の影を表示しない(低負荷)
描画優先(Fancy):視界端の影を表示する(高負荷)
視界端の影の有無設定。
- -

パフォーマンスの設定...(Performance...)

FPS安定化処理
(Smooth FPS)
オフ(OFF):初期設定
オン(ON):フレームレート安定化
グラフィックドライバによっては効果が無い。
サーバー負荷を分散
(Smooth World)

オフ(OFF):何もしない
オン(ON):FPS安定化
サーバの負荷を分散させてフレームレートを
安定化させる。ローカルワールド及び
シングルコアCPUでのみ有効。
描画の最適化
(Fast Render)
オフ(OFF):通常の描画
オン(ON):最適化された描画(低負荷)
GPUのロード回数を減らした方式によって
実質的なFPSを向上する。シェーダーと併用不可。
計算の最適化
(Fast Math)
オフ(OFF):通常の数学関数を利用する
オン(ON):精度を落として高速化した数学関数を利用する
チャンク読込方法
(Chunk Updates)
1:標準
2–5:数値が大きいほどワールドの読み込みが早くなるが負荷は高くなる
フレームあたりのチャンクの更新。
動的な読み込み
(Dynamic Updates)
オフ(OFF):標準
オン(ON):プレイヤーが静止している間、より多くのチャンクを更新する
チャンクの更新設定。
領域描画
(Render Regions)
オフ(OFF):領域描画を用いない
オン(ON):領域描画を用いる
描画距離が広い場合に素早い地形描画を可能にする。
VBO の使用がオンの場合より効果的。
チャンク読み込みの遅延
(Lazy Chunk Loading)
オフ(OFF):通常のサーバーチャンク読み込み
オン(ON):遅延サーバーチャンク読み込み(滑らか)
チャンクの読み込みを遅延させる。
チャンク生成時に欠けが発生する場合
オフにするとエラーが軽減される。
スマートアニメーション
(Smart Animations)
オフ(OFF):スマートアニメーションを用いない
オン(ON):スマートアニメーションを用いる
見える範囲でのみテクスチャの
アニメーション処理が行われる。
- -
+1.7.10
FPS安定化処理
(Smooth FPS)
オフ(OFF):初期設定
オン(ON):フレームレート安定化
グラフィックドライバによっては効果が無い。
サーバー負荷を分散
(Smooth World)

オフ(OFF):何もしない
オン(ON):FPS安定化
サーバの負荷を分散させてフレームレートを
安定化させる。ローカルワールド及び
シングルコアCPUでのみ有効。
Load Far オフ(OFF):現在の描画距離の距離に制限する
オン(ON):常に16までのチャンクを読み込む
チャンクを読み込む距離の制限。ONの場合
描画距離切り替え時に再読み込みが発生しない。
Preloaded Chunks オフ(OFF):通常
2:32m先の新しいチャンクを読み込む
4:64m先の新しいチャンクを読み込む
6:96m先の新しいチャンクを読み込む
8:128m先の新しいチャンクを読み込む
新しいチャンクの読み込み領域の設定。
チャンク読込方法
(Chunk Updates)
1:標準
2–5:数値が大きいほどワールドの読み込みが早くなるが負荷は高くなる
フレームあたりのチャンクの更新。
動的な読み込み
(Dynamic Updates)
オフ(OFF):標準
オン(ON):プレイヤーが静止している間、より多くのチャンクを更新する
チャンクの更新設定。
計算の最適化
(Fast Math)
オフ(OFF):通常の数学関数を利用する
オン(ON):精度を落として高速化した数学関数を利用する
チャンク読み込みの遅延
(Lazy Chunk Loading)
オフ(OFF):通常のサーバーチャンク読み込み
オン(ON):遅延サーバーチャンク読み込み(滑らか)
チャンクの読み込みを遅延させる。
チャンク生成時に欠けが発生する場合
オフにするとエラーが軽減される。
描画の最適化
(Fast Render)
オフ(OFF):通常の描画
オン(ON):最適化された描画(低負荷)
GPUのロード回数を減らした方式によって
実質的なFPSを向上する。シェーダーと併用不可。
- -

アニメーションの設定...(Animations...)


(Water Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
水のアニメーションの設定。
溶岩
(Lava Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
溶岩のアニメーション設定。

(Fire Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
火のアニメーション設定。
ネザーゲート
(Portal Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
ネザーポータルのアニメーション設定。
レッドストーン
(Redstone Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
レッドストーンのアニメーション設定。
爆発
(Explosion Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
爆発のアニメーション設定。
松明やかまど
(Flame Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
松明やかまどの炎のアニメーション設定。

(Smoke Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
煙のアニメーション設定。
奈落のパーティクル
(Void Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
岩盤付近の粒子の描画設定。
水中のパーティクル
(Water Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
水中の粒子の描画設定。
雨の水しぶき
(Rain Splash)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
雨の水しぶきのアニメーション設定。
ポータルのパーティクル
(Portal Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
ポータルの粒子の描画設定。
ポーションのパーティクル
(Potion Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
ポーションの粒子の描画設定。
水/溶岩の滴り
(Dripping Water/Lava)
オン(ON):効果あり
オフ(OFF):効果なし
水/溶岩が下のブロックに滴る効果。
地形アニメーション
(Terrain Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
地形アニメーションに対応している
テクスチャを使用した場合設定。
テクスチャアニメーション
(Texture Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
テクスチャアニメーションに
対応しているテクスチャの設定。
花火のパーティクル
(Firework Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
花火のパーティクルの描画設定。
パーティクルの表示
(Particles)
すべて(All):すべて表示する
少し(Decreased):一部表示しない
最小(Minimal):粒子を表示しない
粒子全般の描画設定。
全てオン/全てオフ
(All ON/OFF)
オン(ON):すべてのアニメーションをONにする
オフ(OFF):すべてのアニメーションをOFFにする
全てのアニメーションの一括設定。
- -
+1.7.10

(Water Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
水のアニメーションの設定。
溶岩
(Lava Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
溶岩のアニメーション設定。

(Fire Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
火のアニメーション設定。
ネザーゲート
(Portal Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
ネザーポータルのアニメーション設定。
レッドストーン
(Redstone Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
レッドストーンのアニメーション設定。
爆発
(Explosion Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
爆発のアニメーション設定。
松明やかまど
(Flame Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
松明やかまどの炎のアニメーション設定。

(Smoke Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
煙のアニメーション設定。
奈落のパーティクル
(Void Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
岩盤付近の粒子の描画設定。
水中のパーティクル
(Water Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
水中の粒子の描画設定。
雨の水しぶき
(Rain Splash)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
雨の水しぶきのアニメーション設定。
ポータルのパーティクル
(Portal Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
ポータルの粒子の描画設定。
ポーションのパーティクル
(Potion Particles)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
ポーションの粒子の描画設定。
水/溶岩の滴り
(Dripping Water/Lava)
オン(ON):効果あり
オフ(OFF):効果なし
水/溶岩が下のブロックに滴る効果。
地形アニメーション
(Terrain Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
地形アニメーションに対応している
テクスチャを使用した場合設定。
Items Animated オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
Items Animatedに対応している
テクスチャを使用した場合の設定。
※注意 これをOFFにするとコンパスなどの
アニメーションもOFFになるためコンパスが動かなくなる
テクスチャアニメーション
(Texture Animated)
オン(ON):アニメーションあり
オフ(OFF):アニメーションなし
テクスチャアニメーションに対応している
テクスチャを使用した場合の設定。
パーティクルの表示
(Particles)
すべて(All):すべて表示する
少し(Decreased):一部表示しない
最小(Minimal):粒子を表示しない
粒子全般の描画設定。
全てオン/全てオフ
(All ON/OFF)
オン(ON):すべてのアニメーションをONにする
オフ(OFF):すべてのアニメーションをOFFにする
全てのアニメーションの一括設定。
- -

その他の設定...(Other...)

ラグメーター
(Lagometer)
オフ(OFF):グラフを表示しない
オン(ON):デバッグ画面の下部にグラフを表示する
デバッグ画面にフレームレート等を記録したグラフを表示する。
デバッグプロファイラ
(Debug Profiler)
オフ(OFF):円グラフを表示しない
オン(ON):デバッグ画面の右側に円グラフを表示する
デバッグ画面にメモリ使用量の割合を示す円グラフを表示する。
FPSを表示
(Show FPS)
オフ(OFF):通常の表示
オン(ON):画面左上にFPSを表示する
コンパクトなFPSと描画情報を表示する。
F3デバッグモードより軽量。
C: - チャンク描画
E: - エンティティ描画
U: - チャンクアップデート
高度なツールチップ
(Advanced Tooltips)
オフ(OFF):高度なツールチップを非表示
オン(ON):高度なツールチップを表示
アイテムID・耐久値の情報を表示する。
天候
(Weather)
オン(ON):天候あり
オフ(OFF):天候なし(天候が変化しなくなる)
天候の有無の設定。
クリエイティブの時刻
(Time)

デフォルト(Default):通常
昼のみ(Day Only):常に昼にする
夜のみ(Night Only):常に夜にする
時間の設定(クリエイティブモードのみ有効)
/gamerule doDaylightTickとは異なり時間は停止せず、
夜または昼の時間帯を飛ばすこととなる。
フルスクリーン
(FullScreen)
オフ(OFF)
オン(ON)
フルスクリーンのON/OFF
オートセーブ
(Autosave)
6分(6min):6分ごとに自動セーブ
12分(12min):12分ごとに自動セーブ
24分(24min):24分ごとに自動セーブ
45秒(45s):45秒ごとに自動セーブ
90秒(90s):90秒ごとに自動セーブ
3分(3min):3分ごとに自動セーブ
3分(3min):3分ごとに自動セーブ
オートセーブ間隔の設定。
スクリーンショットのサイズ
(Screenshot Size)
デフォルト(Default):1倍
2x:2倍
3x:3倍
4x:4倍
スクリーンショットサイズの倍率設定。
描画の最適化、アンチエイリアスとは共存できない。
OpenGLエラーの表示
(Show GL Errors)
オン(ON):表示する
オフ(OFF):表示しない
チャットにOpenGLのエラーが表示される。
無効にしてもエラーはエラーログに記載されるままで
大幅なFPSの下降の原因となり続ける。
Fullscreen Mode 現在の設定(Current):デスクトップスクリーンの解像度
640x480–1920x1080:指定解像度
フルスクリーン時の画面サイズ設定。
つまみで解像度を調整可能。
ビデオ設定を初期化する...
(Reset Video Settings...)
すべての設定を初期設定に戻す。
+1.7.10
ラグメーター
(Lagometer)
オフ(OFF):グラフを表示しない
オン(ON):デバッグ画面の下部にグラフを表示する
デバッグ画面にフレームレート等を記録したグラフを表示する。
デバッグプロファイラ
(Debug Profiler)
オフ(OFF):円グラフを表示しない
オン(ON):デバッグ画面の右側に円グラフを表示する
デバッグ画面にメモリ使用量の割合を示す円グラフを表示する。
FPSを表示
(Show FPS)
オフ(OFF):通常の表示
オン(ON):画面左上にFPSを表示する
コンパクトなFPSと描画情報を表示する。
F3デバッグモードより軽量。
C: - チャンク描画
E: - エンティティ描画
U: - チャンクアップデート
オートセーブ
(Autosave)
3分(3min):3分ごとに自動セーブ
30分(30min):30分ごとに自動セーブ
デフォルト(2秒)(Default (2s)):2秒ごとに自動セーブ(バニラ)
20秒(20s):20秒ごとに自動セーブ
オートセーブ間隔の設定。
天候
(Weather)
オン(ON):天候あり
オフ(OFF):天候なし(天候が変化しなくなる)
天候の有無の設定。
クリエイティブの時刻
(Time)

デフォルト(Default):通常
昼のみ(Day Only):常に昼にする
夜のみ(Night Only):常に夜にする
時間の設定(クリエイティブモードのみ有効)
/gamerule doDaylightTickとは異なり時間は停止せず、夜または昼の時間帯を飛ばすこととなる。
1.7.10 E7の時点では「Default」が2つ存在するが、両者の違いは不明。
フルスクリーン
(FullScreen)
オフ(OFF)
オン(ON)
フルスクリーンのON/OFF
フルスクリーンの種類
(Fullscreen Mode)
デフォルト(Default):デスクトップスクリーンの解像度
640x480–1920x1080:指定解像度
フルスクリーン時の画面サイズ設定。
3Dアナグリフ
(3D Anaglyph)
オフ(OFF):通常の表示
オン(ON):赤青3Dメガネ用の表示にする
- -
ビデオ設定を初期化する...
(Reset Video Settings...)
すべての設定を初期設定に戻す。 - -

Optifineを使って自分のPCで出せる限りのフレームレートを出したい場合の設定

  • グラフィックス(Graphics): 処理優先(Fast)
  • 描画距離(Render Distance): 2 最短(Tiny)/4 短い(Short)
  • スムースライティング(Smooth Lighting): オフ(OFF)
  • 最大フレームレート(Max Framerate): 無制限(Unlimited)
  • Advanced OpenGL: 処理優先(Fast)
  • 雲(Clouds): オフ(OFF)
  • 霧の種類(Fog): オフ(OFF)
  • アニメーションの設定...(Animations...): 全てオフ(All OFF)
  • 空(Sky): オフ(OFF)
  • 星(Stars): オフ(OFF)

ブロックが点滅したり透明になったりする問題がある場合 (HD C3 Multi-Core)

A. グラフィックボードのコントロールパネルで「スレッドした最適化」をオフにする
B. グラフィックボードのコントロールパネルで「垂直同期」を強制的にオンにするかオプションの「パフォーマンス」をVSyncにする

OptiFineに寄付する

OptiFineが気に入って、作者に寄付する価値があると感じたら是非寄付しよう。
寄付者にはOptiFine使用者に表示される寄付者専用のマントが付与される。

+寄付の仕方
Optifineサイトの寄付ページに行く
Optifine

説明...
①のMinecraft IDはマルチで表示されるID。大文字小文字が区別されるので、正確に入力する必要がある。
画像通りに進行




説明...
画像通りに進行




説明...
画像通りに進行




説明...
  • プリペイド番号入力
画像では1,024円になっているがドルは時が経つにつれ変化するので注意
2016/2/13 時 1,132円




説明...
画像通りに進行


ご利用サイトにもどるをクリックしたら完了

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトやMinecraft Japan Forumなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/OptiFine
+上記の内容を守れる方のみご利用ください。
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • 新ランチャーになってから1.8.9(optifine)が動かなくなった。 - DAMN 2017-02-12 21:46:44
  • Optifine HD D7 Ultra 1.7.10日本語化されてます - ALIA 2017-04-10 00:54:29
    • 一応1.7.10であればほぼローカライズされているみたいです。参考程度に、 - jhon.dho 2017-07-31 07:15:12
  • 1.12.2のOptifine最新版で描画距離が64chunksまで選択可能になりました。 - 名無しさん 2018-03-17 20:06:10
  • Optifineを導入した場合、ビデオ設定 ( Video Settings ) 内の演出 (Performance setting) の所にあるサーバー負荷を分散( Smooth Worlds )をオフにしておかないと,スポーンチャンクに作った製鉄所が、スポーンチャンクを離れた時点で稼働しなくなりました。 - 名無しさん (2018-09-17 07:54:05)
    • ビデオ設定 ( Video Settings ) 内の演出 (Performance setting) の所にあるサーバー負荷を分散( Smooth Worlds )をオフにすることで、スポーンチャンクに作った製鉄所が、スポーンチャンクを離れても稼働するようになりました。 - 名無しさん (2018-09-17 07:56:31)
  • 1.13.1版、preview版が出てるっぽい - 名無しさん (2018-10-05 12:32:25)
  • 私の環境ではSmooth FPSをONにしているとある日から突然FPSが急激に落ちます。重くなったときはSmooth FPSをOFFにしてみてください。 - 名無しさん (2018-12-03 20:31:33)
  • 1.14版のPreview versionsでてるね。不具合も多そうだけど - 名無しさん (2019-05-22 15:39:26)
  • FabricとOptifine使うならOptiFabric+Optifineらしい - 名無しさん (2019-05-25 13:02:43)
  • 1.14.2のPVでてた - 名無しさん (2019-05-30 19:48:18)
    • Optifabric 1.14.2でfabric+Optifineができます。fabricのModsに入れます - 名無しさん (2019-06-01 08:56:54)
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。 MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトやMinecraft Japan Forumなどにて質問して下さい。 - 名無しさん (2019-11-02 06:22:43)
    • 質問など編集に関わらない内容のコメントを削除しました - 名無しさん (2019-11-02 06:24:03)