ジ・エンド


※このページはネタバレ要素を多く含みます。


ジ・エンド(The End)


ver1.0から追加
ジ・エンドはネザーとはまた違う、もう一つの別次元である。
名前から推測できる通り、多数のエンダーマンと、マインクラフトのボスであるエンダードラゴンが生息している。
エンダードラゴンが支配する次元と言っても過言ではなく、エンダードラゴンを倒さなければ生きて通常世界に帰ることが出来ない。

通常世界との共通点(ネザーとの相違点)
  • 水が液体で存在でき、溶岩の流れ方も通常世界と同じ。
  • 松明などの光源によってモンスターの自然スポーンを阻害でき、湧き潰しが可能。*1
  • リスポーンアンカーを使おうとすると爆発する。
ネザーとの共通点
  • 見た目上の昼夜のサイクルや天候の変化がなく、常に薄暗い。
  • 松明などの光源がなくても若干の視界が確保される。
  • コンパス・時計が正しく動作しない。
  • ベッドで寝ようとすると爆発する。
  • 死ぬと、通常の世界にリスポーンするが、アイテムは死んだ場所に残ったまま。
ジ・エンドのみの特徴
  • 1.7.10まで岩盤の上面に点いた炎が時間経過では消えない。
  • 世界の上下に岩盤が無い。浮遊島から落ちると即奈落ダイブ。
    • 1.8.9までエンドストーンで構成された小さな浮遊島が一つあるだけの世界で、それ以外は暗く何もない空間が広がっている。
    • 1.9からX,Z座標0地点を基点に直線距離で1000ブロック離れた辺りからも無数の浮遊島群が生成されるようになった。
  • ネザーポータルを作成できない。(黒曜石の門に火打ち石を使っても普通に火が付くだけ)

要塞とエンドポータル

ジ・エンドへは通常世界にある要塞(Stronghold)の「儀式の間」にあるポータルを通って行くことができる。

要塞(Stronghold)



エンダーパールとブレイズパウダーから作成出来るエンダーアイを使う事で、要塞を見つけることができる。
エンダーアイを右クリックで放り投げると、地面に落ちるまでの数秒間、要塞の方面へ飛んで行く。(以前のバージョンでは儀式の間の真上へ飛んで行っていたが、1.9くらいから(要検証)必ずしも儀式の間ピンポイントには行かなくなった。)
卵や雪玉などと異なり運が良ければ何度も使える。たまに消滅するので、捜索の際は複数持って行くと良い。
必ずしも洞窟等とつながっているわけではなく、完全に地面に埋まっている場合もある。

要塞を効率的に見つけるには最初に出来るだけ遠く離れた地図の2点から投げると良い。
投げた点から飛んで行った方向に線を引くと、線と線の交点が要塞の位置となるため、
その付近で数回投げて要塞の真上を確認し、そこから下へ向けて掘ると見つけやすくなる。
但し、直下掘り(真下に掘ること)をすると溶岩に落ちることがあるので注意。

エンドポータル(End Portal

通常世界からジ・エンドに行くための門。地上の要塞の「儀式の間」に生成される。
ネザーポータルとは異なり、サバイバルでは作ることができない。
初期状態では起動しておらず、ポータルを構成する12個のエンドポータルフレームにエンダーアイをはめ込むと起動する。
いくつかのフレームはすでに埋まっていることが多いため、必ずしも12個必要というわけでもない。
ポータル部分に触れると強制的にジ・エンドに転送され、エンダードラゴンを倒さないと生きたまま帰ることはできない。
ver1.3.1からクリエイティブモードで作ることができる。





↓エンダーアイをはめ込む





  • 儀式の間にあるものは最初から数個はまっているものもある。
  • 儀式の間は、時々どこの部屋ともつながらず独立して存在していることがある。さらに稀に、洞窟や廃坑などと重なるなどすることで生成されないこともある。
    • コマンドが使えるなら、スペクテイターモードにすることで非常に楽に探せる。
    • それでも無い場合、あきらめてほかの要塞を探すしかない。

  • サバイバルモードでも待機時間が無く、触れた瞬間転送される。そのことを除けばネザーポータルと性質は同じで、騎乗状態でないMobやアイテムも転送される。
    また、高い所から飛び降りた時の落下距離も維持されたままになる。

  • 転送直後は5×5の黒曜石の真上に立っている。
    • 転送時に下の5×5×1が黒曜石に、その上の5×5×3が空間になる。
    • 転送先が開けた空間の場合、転送直後にエンダードラゴンの攻撃で奈落へ突き落されることもある。
      • 十分な注意が必須。油断しているとすぐ死ぬ。

  • ポータルはブロック扱い。火と空気以外のブロックがあると起動できないネザーポータルと違い、
    ポータル生成部に置いてあったブロックは何であろうと置き換えられて消滅する。
  • クリエイティブモードを除きポータルとフレームは破壊できない。
    • クリエイティブモードでエンドポータルフレームを破壊してもポータル部分は消滅しない。
    • ポータル部分を殴るとその箇所1ブロック分が消滅する。

  • クリエイティブモードで作成する場合は、通常の儀式の間のポータルと同じサイズ(3x3)でなければならない。
  • 向きの設定もあり、正しい向きでないと起動しない。
    • 中心から放射線に配置して向きを調整
クリエイティブでのポータルの作り方参考


外縁の島々(浮遊諸島)

 
1.9にてジ・エンドに追加された、祭壇のある島から距離約1000付近に多数生成される地形。
ブロックで橋をかけて強引に到達することもできるが、後述のエンドゲートウェイポータルを使用することでより容易に辿り着ける。
島の大きさは直径10ブロック程度から、中央の島より大きいものまで様々。
エンドシティが生成されることがあるが、大きな島なら必ず存在する、というわけではない。
場合によっては浮遊島の間、奈落の上に50~150ブロックの橋を何度もかけてようやく見つかることもある。
作業中の転落に注意し、十分な用意をしてから挑むようにしよう。


エンドシティ


1.9にてジ・エンドに追加された、外縁の島々にある自然生成物。
エンドシティは主にエンドストーンレンガやプルプァブロックとその派生ブロックで構築された、背の高い城か木のような構造物である。
光源はエンドロッド。シュルカーがマップ生成時にスポーンする。
また、ときどきエンドシティの周りにエンドの船(エンドシップ)が生成されることがある。
ドラゴンの頭が船首にあり、1.16現在サバイバルモードでの入手方法はここだけである。


モンスター

主にエンダーマン
(Enderman)
エンダードラゴン
(Ender Dragon)
シュルカー
(Shulker)
詳細は生物/モンスターの項目にて。

ブロック

エンドストーン
(End Stone)
エンドストーンレンガ
(End Stone Bricks)
黒曜石
(Obsidian)
岩盤
(Bedrock)
エンドロッド
(End Rod)
プルプァブロック
(Purpur Block)
プルプァの柱
(Purpur Pillars)
プルプァのハーフブロック
(Purpur Slab)
プルプァの階段
(Purpur Stairs)
紫色の色つきガラス
(Purple Stained Glass)
コーラスプラント
(Chorus Plant)
コーラスフラワー
(Chorus Flower)
鉄格子
(Iron Bars)
エンドクリスタル
(End Crystal)
詳細はブロックの項目にて。

設置物

  • 黒曜石の土台(スタート地点)
5×5の広さの足場で、ジ・エンドに入るとまず最初にここに転送される。
土台の中心部の座標はワールドのシード値に関係なくX=100,Y=48,Z=0で固定。
この土台を壊しても、入り直しで復活している。
また、この土台から上に3マスにあるブロックも入り直しで消える。
松明などはアイテム化する。
  • 黒曜石の柱
島に幾つか点在しており、その頂上にはエンダークリスタル(Ender Crystal)が設置されている。
エンダークリスタルの台座部分には岩盤が使われている為、サバイバルモードでは柱を完全に破壊する事はできない。
1.8から1.8.9のみ岩盤が無く、すべて解体できた。
1.8.9まで柱は下端が浮遊島に乗るようにして生成される。
1.9から祭壇を円形に囲うように生成される。柱の下部は浮遊島を貫き高度Y=0まで続く。また一部の柱の頂上にはエンダークリスタルを覆う鉄格子が生成されるようになった。
  • 帰還ポータル
エンダードラゴンが倒されると生成される、岩盤で構成された帰還用のポータル。
台座中心部の頂上にはドラゴンの卵が配置されている。
ポータルに入ると初回のみエンドロールとスタッフロールが始まり、その後リスポーン地点に転送される。
帰還先は最後に登録したリスポーン位置。登録してないか使用できない場合は初期リスポーン位置。
下手にエンドポータルの近くでリスポーン位置の登録をすると帰還ポータルに触れた瞬間に
ジ・エンドに再び転送され、積み状態に陥る場合がある。
エンドロール及びスタッフロールはEscキーで飛ばすこともできる。
1.8.9までエンダードラゴンが討伐された場所の下付近に生成される。
1.9から岩盤部分はジ・エンドのX,Z座標0地点に最初から生成される。エンダードラゴンを討伐するとポータル部分とドラゴンの卵が生成される。
1.8.9以前のワールドから1.9以降にアップデートした場合、帰還用ポータルが生成される予定地であるエンドの原点(X,Z座標0地点)に何らかの建造物等が建てられていると、原点に存在するブロックでY軸が最も高い位置にあるブロックの上面に帰還用ポータルの底面が接する様に生成されるため、アップデートをする前にエンドを開拓していた場合は注意。
  • エンドゲートウェイポータル
1.9にて追加。
エンダードラゴン討伐後、中央島付近の空中に生成されるポータル。
岩盤に囲まれ直接触れることはできないため、利用するにはエンダーパールを投げ込む必要がある。
転送先は浮遊島群の近く、対になるポータル付近になっている。帰還する際は転送先側のポータルにエンダーパールを投げ込めばよい。
ただし、転送後の出現位置が少々特殊。ポータル周囲に十分な広さの足場がないと、転落寸前の場所に転送されることがあるので注意。

ドラゴンの再召喚(Re-summoning the Dragon)

復活の儀式とも。

※祭壇の上のドラゴンの卵は、復活の時に設置する必要はない。
ドラゴンを倒した後、図のように祭壇の指定位置にエンドクリスタルを4つ設置することでドラゴンをリスポーンさせることができる。
最後の1個を設置した瞬間に祭壇からエンドポータルが消え、周囲の黒曜石の柱へビームが次々に伸びて黒曜石の柱ごとエンドクリスタルが再生成され、すべてのエンドクリスタルが再生成された後、ドラゴンが再スポーンする。


Tips

  • エンドポータルは触れただけでジ・エンドへ飛ばされてしまう。意図せず事故によって来てしまった!
    貴重なアイテムや装備を持っている、ロストしたくない!…という場合は、まず落ち着いて所持品を周辺のブロック上に投棄しよう。
    その上で奈落へとダイブすればひとまずは安心(ジ・エンドにいない間は投棄したアイテムが時間経過で消える事はない)。
    自暴自棄になってアイテムを持ったまま奈落に落ちる方がよっぽどマズい。
    • その後は、エンダードラゴンを倒さずとも、エンダーチェストを作成し持ち込めば話が早い。
      エンダードラゴンの体当たりはチェストをも破壊してしまうが、エンダーチェストは壊されても中身に被害がないからだ。
      ジ・エンドの出現位置の傍にこれを設置し、先ほど投棄したアイテムを回収し詰め込もう。
      一度に入りきらなくても複数回行き来すればよい。
  • MODやコマンドなどで通常世界に強引にエンダードラゴンをスポーンさせて倒した後にできるポータルに入った場合もリスポーン地点に転送される。
  • ネザーと同じ明るさの処理がされており、植物の苗や芽は植えても成長してくれない。
    • 松明などで光量を補ったり骨粉を撒けば育つが、ただ植えただけでは成長も枯れもしない。
    • カボチャとスイカは骨粉で成長促進はできるが光がないと実を付けない。ただしキノコ、サトウキビ、サボテン、つるはゆっくりとだが増殖する。
  • ジ・エンド内でキノコを骨粉で巨大キノコにするとなぜか正しく描画されないバグがある。
    • 隣接ブロック更新で解消される。
  • エンダードラゴンを撃破した後のジ・エンドは単なるエンダーマンの巣窟と化す。
    • 高さ2ブロック分の空間を確保した屋根を作り、ひたすらエンダーマンに視線を向けて誘き出す→接近してきた個体の足元を攻撃する、を繰り返せば気が済むまでエンダーマンを狩る事が出来る。エンダーチェスト用にエンダーパールを大量確保したい場合などに有用。視界の通る開けた丘の上を確保し、ワープ対策に屋根上に水を敷いておけば万全。
    • 1.9にて浮遊島群やエンドシティが追加された。探索することでシュルカーの殻やエリトラなどの有用なアイテムを手に入れることができる。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板Minecraft Japan Forum、雑談等はMinecraft Japan Forumにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
  • 初期位置がすげえ離れ小島で、大量のブロックが必要&本島に辿り着く前にエンダードラゴンに落とされるで詰んでる… - 名無しさん (2018-05-13 00:01:15)
    • とにかくブロックを10~20個程度持ってゾン凸していく、エンダーパールを使うなどの方法は一応ございます。3か月もたっているので見ていないかもしれませんがご参考までに - 名無しさん (2018-08-15 02:01:21)
  • エンドゲートウェイポータルが生成される座標の追記をお願いします。 - 名無しさん (2018-06-16 23:25:06)
  • エンドシティの最終行、「ドラゴンの頭が船首にあり、1.11.2現在サバイバルモードでの入{所}方法はここだけである。」の誤字 入所⇒入手 - 名無しさん (2018-10-26 18:47:32)
    • 修正しました - Takaking0419 (2019-04-20 20:18:25)
  • アットウィキのimageプラグイン仕様変更に伴う修正 - 名無しさん (2018-11-10 06:50:54)
  • 1.8.9から1.9へのアップデートに伴うエンドの帰還用ポータル生成に関する注意を追記 - 名無しさん (2019-08-21 09:09:31)
  • エンドポータルが全く生成されない要塞もあるようです(他の自然生成ダンジョンと衝突したのでしょう)。ヤフーの質問箱で頻繁にこれに関する質問がなされているので、「ない場合もある」ことはきちんと表記した方が良いと思います。最近、始めたマップでスポーンからの近場3か所のうち2か所でポータルがないという珍しいマップを引き当てました。 - 名無しさん (2019-09-03 05:16:46)
    • なお、この現象はver1.9からと思われます(要塞が3つから一気に128個存在するようになったので) - 名無しさん (2019-09-03 05:20:41)
    • そうなんですねえ - ある神 (2019-10-05 13:44:22)
  • 再召喚について記載 - 名無しさん (2019-09-07 05:47:49)
  • ブロック画像を1.14へ更新 - 名無しさん (2019-12-20 18:00:30)
  • プルパー > プルプァ へ変更 - 名無しさん (2019-12-20 18:37:22)
  • 指定の4方向にエンドクリスタルおいても再召喚できない、古いバージョンで倒してるとこうなるのね - 名無しさん (2020-04-24 15:47:50)


This page's images are copyright Mojang Studios.
This page's (part of) images were originally uploaded on the Gamepedia Minecraft Wiki Project.
最終更新:2020年07月30日 15:23